「白石晃士」タグアーカイブ

松坂桃李が危険!手首ペロリにアゴクイ衝撃画像解禁『不能犯』


映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』2月1日(木)より公開となります。



この度、松坂演じる宇相吹のセクシーすぎて危険すぎる衝撃の写真が解禁!


頻発する変死事件の容疑者として、警察はようやく宇相吹(松坂)の身柄を確保し、ベテラン刑事の夜目(矢田)が任意で取り調べる。すると、「僕は、やってません」という宇相吹の言葉にピクリと反応する夜目。

以前、夜目が電車で痴漢した高校生を現行犯逮捕したのだが、彼は無実を主張した末に、留置所で自殺してしまった。それは、夜目の心に影を落としている自殺した高校生が何度も繰り返し訴え続けた言葉だったのだ。

次に宇相吹は、夜目の手首に虫がついていると指摘。
動揺する夜目だが、側にいた多田(沢尻)には何も見えなかった。

「あー…噛まれましたね…」と呟いた次の瞬間、夜目の手首をベロリと舐め上げる宇相吹。

結局、何の証拠も掴めぬまま宇相吹が帰った後、夜目の手首が腫れ上がる。

その後、夜目の身に降りかかる悲劇とは…?


またもう一方の写真では、夜目の唇を押さえつけながら、アゴクイをする姿も押さえられており、今後の展開が気になってしまう。

映画情報どっとこむ ralph 原作の宇相吹のビジュアルを徹底的に作り込み、宇相吹のトレードマーク(?)である「ニタァ」という不気味な笑い方も日々研究するなど、役作りに余年のない松坂さん。
現場では、直前まではいつも通り穏やかにスタッフと談笑しているものの、いざ宇相吹モードに入るとその雰囲気は激変。カメラが回り始める瞬間に宇相吹のスイッチが入る松坂の怪演は、日々迫力を増していったそう。

白石監督:松坂さんは実際はとても好青年なので、今回はカッコ良くセクシーで、でも怖いキャラクターでいて欲しいとお願いしました。結果彼の持っている優しさと、私の思っていた宇相吹の邪悪さがいい感じに中和していると思います。

と大絶賛!

映画情報どっとこむ ralph 是非動いている松坂さんを劇場で。

『不能犯』

2018年2月1日(木)、全国ロードショー
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正(松坂桃李)。電話ボックスに殺人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明するー。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していくー。果たして多田は宇相吹を止められるのか?そして宇相吹の真の目的とはー。


公式サイト:funohan.jp/
公式twitter:@FunohanMovie
Instaglam:funohan_movie

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也
岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 
原作:宮月新/画:神崎裕也) 
監督:白石晃士 
脚本:山岡潤平、白石晃士  
配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 
    


真野恵里菜 風俗嬢役をエネルギッシュにと白石晃士絶賛!『不能犯』


映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李がダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。

本作は、「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也が作画、原作を宮月新が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画が原作。

両親の離婚が原因で姉の理沙(芦名星)とは別々に育ち、今は風俗で働く優(真野恵里菜)。父親の借金返済に苦しんだ自分と違って、母親に引き取られて幸せに育ち、もうすぐ大病院の院長候補の男と結婚をする順風満帆な姉への嫉妬と憎悪から宇相吹(松坂桃李)に依頼をしてしまう。宇相吹は、“願い”を叶えてくれる一方で、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招く男。

果たして、優の依頼は愚かな結果を招いてしまうのか?

この度、風俗嬢・優を演じる真野が、依頼をするに至る“ある出来事”の前の不安げな目つきと艶っぽい姿が印象的な場面写真を初解禁いたします!!

優の背後には、ニタァと不気味な笑みを浮かべる宇相吹(松坂)の姿も映し出されていますが、宇相吹はターゲットに対しどんな手口で死に導くのか?優の迎える結末も気になる画像となっています。

映画情報どっとこむ ralph 『新宿スワン』(15)、『ラブ&ピース』(15)、『リアル鬼ごっこ』(15)など園子温監督作品で高く評価され、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16)、「逃げるは恥だが役に立つ」(16/TBS)、直近では11月25日に公開となったばかりの映画『覆面系ノイズ』など、話題作に続々出演を果たし、女優としての評価もうなぎのぼりとなっている真野。

白石監督:今回はたくさんの美しい人たち…芦名星さん、矢田亜希子さん、真野恵里菜さんに出演してもらいましたが、皆さん難しい役どころをエネルギッシュに演じてくれています。

と称賛のコメントを寄せています。

映画情報どっとこむ ralph 様々な人間がもつ心の闇が依頼内容からあぶりだされ、宇相吹のターゲット、依頼人がどんな末路を辿るのかも見どころのひとつである本作。嫉妬と憎悪に満ちた、借金まみれの風俗嬢というキャラクターを真野さんがどう演じるのか?

映画『不能犯

絶対に立証不可能な方法でターゲットを殺す主人公・宇相吹正役を松坂桃李、宇相吹が唯一コントロールできない、正義感溢れる女刑事・多田友子役を沢尻エリカが演じている他、宇相吹に翻弄される人々に新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星 水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍という豪華キャストが出演。そして主題歌は、今大注目の男女二人組ロックユニットGLIM SPANKY(グリム・スパンキー)の書き下ろし楽曲「愚か者たち」に決定するなど、話題を集めています。

都会のど真ん中で次々と起きる変死事件。
警察は証拠を一切見つけられないでいたが、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の殺し屋・宇相吹正。電話ボックスに殺人依頼の紙を貼ると、宇相吹がターゲットを必ず死に追いやるという。しかし、その死因は病死や自殺に事故という罪には問われない<不能犯>だった。誰もが持つ妬みや嫉妬、人間の心の闇を暴く、【立証不可能犯罪】スリラー・エンターテインメントが誕生しました。


【不能犯】とは─ 〈呪い〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。

あらすじ・・・
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正(松坂桃李)。電話ボックスに殺人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明するー。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していくー。果たして多田は宇相吹を止められるのか?そして宇相吹の真の目的とはー。


公式サイト:funohan.jp/

公式twitter:@FunohanMovie 
公式facebook:@FunohanMovie 
Instaglam:funohan_movie

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 
原作:宮月新/画:神崎裕也) 
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会  


沢尻エリカの男前エピソードを白石晃士監督が吐露!映画『不能犯』


映画情報どっとこむ ralph 俳優・松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。

本作は、「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也が作画、原作を宮月新が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画が原作。

見つめるだけで相手を死に追いやる主人公・宇相吹(うそぶき)正(ただし)役を松坂桃李さん、宇相吹が唯一殺すことのできない、正義感溢れる女刑事・多田友子役を沢尻エリカさんが演じている他、宇相吹に翻弄される人々に新田真剣佑さん、間宮祥太朗さん、真野恵里菜さん、忍成修吾さん、今野浩喜さん、芦名星さん、矢田亜希子さん、安田顕さん、小林稔侍さんという豪華キャストが出演。

そして主題歌は、今大注目の男女二人組ロックユニットGLIM SPANKY(グリム・スパンキー)の書き下ろし楽曲「愚か者たち」に決定するなど、話題を集めています。

そして!

嘘と曲がったことが大嫌いで、口は悪いが部下や改心した前科者の面倒見がよく、人望厚い姐御肌の“デキる”刑事、多田友子。

宇相吹が唯一コントロールできない存在であり、影ひとつない純白の正義を貫く多田を演じるのは、現代の日本映画界において、最も芝居が熱く最も眼力の強い沢尻エリカさん。本作で初の刑事役に挑戦、キレのあるアクションも披露する沢尻さんの演技も見どころのひとつとなっています。

この度、“デキル女”オーラをビシビシと放つ、男前の女刑事多田演じる沢尻さんの場面写真が解禁です。

映画情報どっとこむ ralph 原作では、男性のキャラクターである多田刑事ですが、女性に支持されるかっこいい女性刑事を沢尻さんに演じてもらいたいというプロデューサーたっての希望でオファー。

そのキャスティングは功を奏したようで、

白石監督:沢尻エリカさんはとても感じがよく、なおかつとても可愛らしい方でした。実は朝イチでヒールで走るシーンがあったんですが、そこで足を痛めてしまったんです。それでもだましだまし、根性で最後までやり切ってくれて感謝しています。

と大満足の様子で振り返っています。

脚本を読んだときの印象について

沢尻さん:もともとアクションに興味があって、いつかやってみたかった。

と明かしますが、アクション演技は予想以上に難しかったそうで

沢尻さん:いざ自分でやってみると難しく、ひとつひとつの動きをカッコ良く演じなければならなかったので、色々と挑戦でした。

と当時を振り返っています。
映画情報どっとこむ ralph 不能犯とは
〈呪い〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。
あらすじ
都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。
彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故――
宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。
多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。
彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。
公式サイト:
http://funohan.jp/
公式twitter:
@FunohanMovie

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍

原作:『不能犯』
(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士

配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会
    


映画『不能犯』<松坂桃李VS沢尻エリカ>互いの印象コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。

都会のど真ん中で次々と起きる変死事件。警察は証拠を一切見つけられないでいたが、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の殺し屋・宇相吹正。電話ボックスに殺人依頼の紙を貼ると、宇相吹がターゲットを必ず死に追いやるという。しかし、その死因は病死や自殺に事故という罪には問われない<不能犯>だった。誰もが持つ妬みや嫉妬、人間の心の闇を暴く、【立証不可能犯罪】スリラー・エンターテインメントが誕生しました。

生まれも経歴も不詳、常にスタイリッシュな黒スーツをまとい、赤く光る目で見つめるだけで、人の心を操り、社会の悪や闇を抱える者たちを死に追いやる男・宇相吹正(松坂桃李)。

嘘と曲がったことが大嫌いで、口は悪いが部下や改心した前科者の面倒見がよく、人望厚い姐御肌の“デキる”女刑事、多田友子(沢尻エリカ)。

映画情報どっとこむ ralph 警察はようやく宇相吹の身柄を抑え、任意で取り調べを始めるが、ベテランの刑事でさえも手玉に取られる。そんな中、多田刑事だけが唯一、宇相吹のコントロールが効かないことが判明する。果たして、多田刑事は宇相吹を止められるのか?そして、宇相吹の真の目的とは─?二人の対決が見どころのひとつである本作ですが、この度、松坂演じる宇相吹と沢尻演じる多田の火花飛び散るガチンコの対決画像を初解禁いたします!!
取調べ室で若干なめた表情ながら、多田刑事に追い詰められる宇相吹、と思いきや次の画像では、形勢逆転といった雰囲気。一体2人の間に何が起きたのか!?

互いの印象について、

松坂さん:お芝居に貪欲な方だなと思いました。監督の話す言葉をひと言も聞き漏らすまいとされている姿を見て、素敵だなと。多田はこの作品の希望であり、なくてはならない存在なので、沢尻さんの凛とした感じはとても合っていたように思います。

と明かし、一方の

沢尻さん:松坂さんは、本当に漫画から出てきたんじゃないかと思うほどイメージ通りのミステリアスな宇相吹を演じられていました。役者として尊敬できる素晴らしい方でした。

と明かすなどお互い大絶賛!!

希望と絶望・光と影・正義と悪を背負った<謎の殺し屋VS正義の女刑事>の対決の行方は?!ターゲットを翻弄し、次々と死に追いやっていく宇相吹は、影ひとつない純白の正義を貫く多田を前にしてどんな動きをみせるのか?!ストーリーが進むにつれて交わる二人の関係性、その結末は劇場で!

映画情報どっとこむ ralph 【不能犯】とは─ 〈呪い〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。

2018年2月1日(木)、全国ロードショー

公式サイト:funohan.jp/
公式twitter:@FunohanMovie
公式facebook:@FunohanMovie
Instaglam:funohan_movie
あらすじ・・・
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正(松坂桃李)。電話ボックスに殺人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明するー。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していくー。果たして多田は宇相吹を止められるのか?そして宇相吹の真の目的とはー。

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也) 
監督:白石晃士 
脚本:山岡潤平、白石晃士  
配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会
  


死んでも見つめられたい!? 松坂桃李“ニヤリ”笑いを完全再現映画『不能犯』


映画情報どっとこむ ralph この度、俳優・松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。

本作は、「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也先生が作画、原作を宮月新先生が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画が原作。

とある電話ボックスに殺人の依頼を残しておくと、“願い”を叶えてくれるという、SNSで都市伝説化されている殺し屋は、年齢も経歴も不詳、常にスタイリッシュなスーツをまとい、赤く光る目で見つめるだけで、人の心を操ることができる宇相吹正。宇相吹といえば、「ニヤリ」という不気味な笑みがトレードマークのひとつだが、この度、そんな「ニヤリ」顔を松坂が完全再現した、場面写真が初解禁されました!!
映画情報どっとこむ ralph 今回、松坂が挑むのは見つめるだけで人を死に導くことができる、危険で魅惑的なダークヒーロー。松坂の起用理由について、中畠義之プロデューサーは「原作の宇相吹のビジュアルを見た時、松坂桃李さんしか思いつかなかった」と断言するほど見事なハマり役となりました。

先日ポスタービジュアルも解禁され、原作の宮月新先生は「松坂桃李さんかっこいいなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!」、作画の神崎裕也先生もツイッターで「松坂さんの宇相吹が邪悪でとても麗しい」、とツイートするなど、太鼓判を押されています。

髪型・衣裳、映画オリジナルとなる指のタトゥーまで、徹底的にこだわって作り込まれ、役に合わせて髪も伸ばした松坂は、特に宇相吹のトレードマークである「ニヤリ」という不気味な笑い方にも徹底的に取り組み、

松坂さん:人生でここまで口角をあげたことはないです(笑)

とコメントするほど。

映画情報どっとこむ ralph さらに、白石晃士監督は、本作を映画化するにあたり、あえて原作の宇相吹がもつ人間味を排除したそうで

白石監督:松坂さんが持っている本来の人の良さが出ると、宇相吹が優しくなりすぎてしまうのでは?とユーモラスなシーンはなくしていきました。実際の松坂さんは本当に好青年で、とても感じのいい俳優さん。宇相吹の持つ邪悪な雰囲気は全くないので(笑)かっこよくてセクシーでそして怖いキャラクターにしてほしいと話しました。

と明かしています。まさに自分とは正反対のキャラクターにどのように挑んだのか、29歳を迎え、さらなる飛躍を続ける松坂の新境地に是非ご注目ください!

あらすじ
都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故――宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。

公式HP:
funohan.jp  

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会