「白石和彌」タグアーカイブ

劇団KAKUTAの「ひとよ」を白石和彌監督が佐藤健で映画化


映画情報どっとこむ ralph この度、鶴屋南北戯曲賞、読売文学賞戯曲・シナリオ賞などを受賞した注目の劇作家・桑原裕子率いる劇団KAKUTAの代表舞台作品「ひとよ」が、豪華キャストで実写映画化決定、今秋全国となります。

15年前、ある家族に起きた一夜の事件。それは、母とその子どもたち三兄妹の運命を大きく狂わせた。一家はあの晩の出来事に囚われたまま別々の人生を歩み、15年後に再会。葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうともがき続ける。抗うことのできなかった家族の岐路と15年越しに向き合う一家が辿り着く先とは−−。〈家族の絆〉〈究極の愛のかたち〉を問いかける、感涙のヒューマンドラマが誕生する。

映画情報どっとこむ ralph
監督は、『凶悪』を送り出して以降、『日本で一番悪い奴ら』(16)、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)、『孤狼の血』(18)など、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、いま、俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとりである白石和彌。

これまでにもタッグを組んで数々の印象的な作品を生み出している脚本・髙橋泉と共に、崩壊と再生を軸にした家族の物語に挑む。

映画情報どっとこむ ralph
主演は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)で第41回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、昨年には、『いぬやしき』(18)、『億男』(18)、そしてNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(18)、TBS系連続ドラマ「義母と娘のブルース」(18)など、話題作への出演が続き、幅広い年齢層から支持されている実力派俳優・佐藤健さん。

佐藤健さんコメント 
現場に入るのが非常に楽しみです。白石監督の作品はほとんど観させてもらっていますが、是非いつかご一緒できたらと思っていた方ですので、今回は念願が叶いました。
素晴らしい脚本、共演者、スタッフの皆様との仕事ということで、僕が気負い過ぎずとも良い映画になるであろうというある種の確信をすでに持っておりますが、こんな環境で映画作りに励めることを当然と思わずに、幸せを噛み締めながらも精進していく撮影期間であればと思います。今回のお声がけ大変光栄でした。有難う御座います。


15年前の事件に縛られ、家族と距離をおき、東京でうだつのあがらないフリーライターとして働く稲村家の次男、雄二を演じる。しがない町の電気屋に勤務し、三兄妹で唯一自身の家庭を持つが夫婦関係に思い悩み、幼少期より人とのコミュニケーションに苦手意識を持つ長男の大樹を、NHK大河ドラマ「西郷どん」(18)で主役を務め、『燃えよ剣』(20年公開予定)などへの出演が決定している鈴木亮平さん。

鈴木亮平さんコメント
複雑な家族の関係、過去の事件と妻子への思い、吃音の症状。この作品は自分にとって大きな挑戦になるだろうことを今から確信しています。と同時に、この役を「鈴木にやらせてみたい」と思っていただけたことに感謝しています。
白石監督、そして素晴らしい共演者の方々と、丁寧に、時に乱暴に心を通い合わせ、皆さんの心に突き刺さる「ひとよ」を作り上げていきたいと思います。


大樹と雄二の妹で、事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる園子を『勝手にふるえてろ』(17)、『万引き家族』(18)の松岡茉優さん。

松岡茉優さんコメント 
熱い視線でずっと作品を追っていた白石和彌監督とご一緒させて頂けることは私にとって大変嬉しいことでありつつも、今の自分は何が出来るのかバレバレになってしまうだろうなと今から眉尻を下げています。
己を知れるというのはとても良いことですから、真っ直ぐ向かっていこうと思います。

家族のお話です。どんな雰囲気になるのか実は想像がつきません。
スタッフ、キャストの皆様、宜しくお願い致します。
映画ファンの皆様、少し待っていてください。

が演じ、映画・テレビドラマと活躍が目覚ましい注目俳優陣が三兄妹として競演する。

さらに、15年ぶりに三兄妹との再会を果たす母・こはるを、数々の映画・ドラマへ出演し、近年では日本テレビ系連続ドラマ「anone」(18)などでの芝居が記憶に新しい、名優田中裕子さんが演じる。

映画情報どっとこむ ralph 白石組初参加となる人気・実力を兼ね備えたオールスターキャストが集い、至高の家族ドラマへ挑むこととなった。

「ひとよ」

本作は今年5月よりクランクインし、公開は今秋を予定している。

今秋 全国ロードショー
www.hitoyo-movie.jp

***********************************

監督:白石和彌
脚本:髙橋泉
原作:桑原裕子「ひとよ」
出演:佐藤健 鈴木亮平 松岡茉優 ・ 田中裕子
製作幹事・配給:日活
企画・制作プロダクション:ROBOT
(c)2019「ひとよ」製作委員会


『麻雀放浪記2020』小松政夫が淀川長治でスペシャル解説&予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 主演 斎藤工さん。
映画『麻雀放浪記2020』が、4月5日(金)より、全国公開となります。

この度、出目徳を演じる小松政夫さんが、淀川長治に扮し本作を解説するスペシャル予告映像が解禁となりました!

1945年の戦後日本で、斎藤工さん演じる“坊や哲”と鎬を削る人気キャラクター・出目徳を演じる小松政夫さん。俳優だけでなくコメディアンとしての顔も持つ彼の十八番である、昭和の名映画評論家・淀川長治氏のモノマネと、『麻雀放浪記2020』の夢のコラボレーションが実現。
劇中では、勝つためには手段を選ばず、完膚なきまでに相手を叩き潰す冷静な雀士を演じる小松さんが、お馴染みの太い眉毛(手動式)と大きなメガネを携え、チャーミングに大変身。本作で描かれている、≪新たに起こった世界大戦により東京オリンピックが中止となった2020年≫という舞台設定を、面白おかしく・そしてスリリングに紹介いたします。「テポドン」や「トランプ政権」と言った私たちの生きる日本の時事問題を引き合いに出しながら、“坊や哲”がやってくる2020年の戦後日本を伝える小松さんの姿にクスリと笑いながらも、その奥に隠された映画の描く≪起こりうるかもしれない未来≫にゾッとするでしょう。

そして淀川長治さんと言ったらこの台詞、「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」。

小松さんによる愛のこもったオリジナルアレンジは爆笑必至!ぼんやりと光が灯る背景や、そこに浮き出る映画タイトルなど、随所に見られる淀川長治さん・日曜洋画劇場へのリスペクトにも注目です。

さらに小松は、和田誠版『麻雀放浪記』(84)が公開になった際、毎年映画のパロディを披露するフジテレビの『新春かくし芸大会』で、なんと出目徳役で『麻雀放浪記』のパロディドラマに出演していたそう。

そして本作での坊や哲のように時を超えて、『麻雀放浪記2020』にていま再び出目徳役を演じるという奇跡が奇跡を呼び、結実したこのスペシャル映像を、是非お見逃しなく!



映画情報どっとこむ ralph 小松政夫さんからのコメント

東映の撮影スタッフさんのおかげで、自分でも「淀長さんが『麻雀放浪記2020』の解説をしている!?」と、一瞬錯覚するほどの出来栄えとなりました。ありがとうございました。本編は、主演の斎藤工さんをはじめ出演者の皆さん、そして白石和彌監督をはじめスタッフの皆さんの熱意と努力で、迫力満点の作品になっています。お楽しみに!!

映画情報どっとこむ ralph 『麻雀放浪記2020』

4月5日(金)全国ロードショー!

公式HP:
mahjongg2020.jp

***********************************

キャスト:斎藤工 もも(チャラン・ポ・ランタン) ベッー 的場浩司 岡崎体育 ピエール瀧 音尾琢真 小松政夫 / 竹中直人 ほか

監督:白石和彌

企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会


白石和彌監督映画に欠かせないピエール瀧×音尾琢真 参戦発表!斎藤工主演『麻雀放浪記2020』


映画情報どっとこむ ralph 2019年4月5日(金)全国公開の新作映画『麻雀放浪記2020』。

不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」が、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化いたします。主演は、映画版『麻雀放浪記』を生涯ベストの1つと公言している斎藤工。
メガホンを執るのは『凶悪』(13)、『孤狼の血』(18)など“いま日本映画で一番攻める作品を撮る”と言われる日本映画界のトップランナーであり、『孤狼の血』で現在行われている賞レースを総ナメにしている白石和彌が務めます。

そして今回、白石組の顔とも言える、ピエール瀧・音尾琢真の“狂喜”のビジュアルが解禁になりました!

映画情報どっとこむ ralph 2020年、第三次世界大戦が勃発し、東京オリンピックが中止となった衝撃の日本に、白石組常連・個性爆発の2名が集いました。

元五輪組織委員会・会長の杜(もり)役をピエール瀧、AbemaTV麻雀番組のプロデューサー役を音尾琢真が務めます。ピエール瀧演じる杜は、2020年、第三次世界大戦が勃発し、開催中止となってしまった元五輪組織委員会の会長です。一世一代の世界の祭典の中止を受け、ナインボットに跨がり左目にスカウターを装着したサイバーチックでド派手な風貌で一体何を企むのか?白石監督との抜群の信頼関係が織りなすグルーヴを以て、観る者の想像を超える劇的なキャラクターとなって“坊や哲”の運命を揺れ動かします。
■ピエール瀧 コメント
白石監督の作品にまた出演できて嬉しく思います。
白石さんの演出は「この人ふざけているのか?」
と思わされる事が多いのですが、今回は確実にふざけてました。
本編のできが楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph そして対する音尾琢真は、AbemaTV麻雀番組のプロデューサーとして立ちはだかります。
テレビも全自動麻雀卓もない1945年の日本からやってきた“坊や哲”に、時代のトレンドを網羅するザ・プロデューサーが劇中仕掛ける“脱ぎ脱ぎ女子麻雀番組”。さらに音尾が魅せる某女優とのヴァーチャルVRセックスの実態とは!?白石監督作品の名物と言っても過言ではない“音尾イジリ”も過去最高の過激さと面白さで観客の期待を超えていきます。
■音尾琢真 コメント
白石和彌監督に、今回も出演を熱望したところ、麻雀番組のプロデューサーという栄えある
役を頂きました。白石作品への出演は前人未踏の6作品目。いつも感謝しています、ありがとうございます。この場を借りて(笑)
そのせいか、監督からシマウマの鳴き声を出してください、などと無茶振りをされましたが、粛々と応えてまいりました。
斎藤工さん、ももさん、竹中直人さんらが積み上げる素晴らしい世界に入れて、感無量です。是非ご覧ください。

映画情報どっとこむ ralph 『日本で一番悪い奴ら』(16)『サニー/32』、『孤狼の血』(18)と過去3作に渡り、白石組で観客を魅了し続けてきた両者。異例の4作目競演となる本作は、白石組常連としてのユーモアの集大成であり、独特の存在感を発する狂喜の演技が、荒唐無稽とブラックジョークの狭間で揺れる奇天烈な2020年の日本で見事に炸裂します!

■白石和彌監督 コメント
大真面目に奇想天外なコメディを作るに当たり、瀧さんと音尾さんは必要不可欠な方々でした。
真摯にくだらないことをしてくれて愛を感じました。いつも出て頂いてありがとうございます


強烈なストーリーとピエール瀧・音尾琢真の個性がぶつかり合い、新たな“麻雀放浪記2020”の中で、一体どんな活躍を魅せるるのか⁉是非とも心待ちにしてください!


また、映画公式ツイッター(@mahjongg2020)限定で、ピエール瀧演じる杜の特別映像もご覧いただけます!!

ジャンルを超えて混然一体となったキャストたちの玉石混合オールスタースーパーセッションと、ハードなアウトサイダーを描き続けている白石和彌監督が、後にも先にもない最高のエンターテイメントを完成させます。ギャンブル・スペクタクルに、ぜひ、ご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 宣伝さんが困るほど、公開できるギリライン!?で攻めている監督、最もエキサイティングで危険な問題作

『麻雀放浪記2020』

2019年4月5日(金)全国ロードショー
***********************************


企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)

キャスト:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、
岡崎体育、ピエール瀧、音尾琢真、小松政夫 / 竹中直人 ほか

監督:白石和彌
   


斎藤工が爆発!?『麻雀放浪記2020』ポスター到着!予告は・・・・


映画情報どっとこむ ralph 2019年4月5日(金)全国公開の東映配給の新作映画『麻雀放浪記2020』。

不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也先生の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」が、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化します。

主演は、映画版『麻雀放浪記』を生涯ベストの1つと公言している斎藤工さん。

斎藤さんは10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。

この度、ベールに包まれてきた本作のポスタービジュアルがついに解禁となりました!

今回解禁となった映画の本ポスターでは、斎藤工演じる“坊や哲”の頭が爆発している、という衝撃的なビジュアルを披露しています。
真っ赤に染まったポスターには、【ボーッと生きてんじゃねえよ、ニッポン!】という痛烈なメッセージも刻まれており、それは、1945年の【戦後】から2020年の【戦後】へ突入したギャンブラー“坊や哲”からの決死のメッセージであることが表現されています。彼が、【禁断の未来】で一体なにを目撃したのか?そこで、どんな血戦が彼を待ち受けているのか?それに対する、彼の覚悟とその魂の叫びを一枚に収めたポスターに仕上がりました。

映画情報どっとこむ ralph あるサプライズが仕掛けられた予告編が、2月22日(金)より、各劇場で掲出開始されますが・・・
WEB解禁はしないそうなので・・・・。

斎藤工さんの“シークレット爆笑メッセージ”が組み込まれた、禁断の未来を暴く衝撃の予告編は、是非劇場の大スクリーンでお楽しみください!

白石和彌が贈る。
今、日本で一番攻めている監督が禁断の日本を暴く、最もエキサイティングで危険な問題作

『麻雀放浪記2020』

2019年4月5日(金)全国ロードショー


***********************************

企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)

キャスト:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、
岡崎体育、ピエール瀧、音尾琢真、小松政夫 / 竹中直人 ほか

監督:白石和彌
  


ご結婚で話題のベッキー 『麻雀放浪記2020』で一人二役AI搭載アンドロイド役も!


映画情報どっとこむ ralph 大胆不敵!舞台は2020年。そこで、いったい何がおころうとしているのか!?描かれているのは、社会への警鐘か?ブラックジョークか?

主演は、構想10年・念願の企画となる斎藤工! 白石和彌監督・最新作!!

2019年4月5日(金)全国公開の東映配給の新作映画『麻雀放浪記2020』。

映画情報どっとこむ ralph そしてベッキーは、麻雀クラブ「オックス」のママ役に加え、【AI搭載アンドロイド】というハードな役で 一人二役に挑んでいることが、この度解禁となりました!

1945年の【戦後】で斎藤工演じる坊や哲が通っていた麻雀クラブのママ・八代ゆき役として出演が明かされたベッキーには、何ともう一つの顔がありました。


それは、2020年の新たな【戦後】で、哲の前に現れる謎のAI搭載アンドロイド・ユキ。
技術が発展し、科学と時代の進歩と共にあらゆる欲望を容易に手に入れることができるようになった人類。そのなか国家は、東京オリンピックの中止を清算するため、新たな国策利用の為に「セクサロイド」としてユキを創造します。
ベッキーの端正な顔立ちと佇まいは、人工知能のもたらす利便性の裏に潜む無機質ゆえの不気味さそのもの。今までに直面したことのない≪畏れ≫へと、坊や哲を、そして観る者を誘うでしょう。

これが結婚後初の映画出演となるベッキーは、「ヒト」と「アンドロイド」というハードな2つの役どころに、白石監督の過激な演出を味方につけながら果敢に挑み、これからの人類が対峙するであろう≪シンギュラリティ(人工知能が人類の知能を超える転換点)の行く末≫という強烈なテーマを大胆不敵に体現しました。

科学の発展の先には、本当に幸福があるのか。2020年に突然迷い込んだ「坊や哲」というフィルターを通して見る、想像を超えたモラル崩壊の世界が、観る者の倫理観を極限まで揺さぶります。これは全くの虚構なのか、それとも起こりうる現実なのか?我々人類が心血注いできた科学の進歩の象徴でもある人工知能は、果たして未来を明るく照らす希望の存在となるのか。それとも国を戦争へと導く、或いは人類の欲望を満たす玩具でしかなくなるのか…?


■ベッキーコメント
二役もやらせていただけて嬉しかったです。二役と言っても、“人間と人間”ではなく“人間とAI”なので、かなりやりがいがありました。AIに心はないけれど、AIなりの心の動きがほんの少し伝わったらいいなぁと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 共演した斎藤工さんは

■斎藤工コメント
ベッキーさんは演じるを超えて、ほぼ”憑依”されていました。麻雀も体得されていて、特にAIユキのハマり具合は衝撃的。ベッキーさんにしか務まらない役柄でした。


映画情報どっとこむ ralph ジャンルを超えて混然一体となったキャストたちのセッションと、一貫して社会に溶け合えないアウトサイダーを描き続けている白石和彌監督が、後にも先にもない最高のエンターテイメントを完成させます。

白石和彌監督コメント
ベッキーさん結婚おめでとうございます。麻雀放浪記2020の中でオックスのママ・八代ゆきとの二役でAIユキも演じていただきました。感情を持たないAIという難役で大変だったと思いますが、見事に演じてくれました。AIという役の経験は結婚に は役立たないかもしれませんが、八代ゆきの妖艶さは是非とも結婚生活に役立ててください!


熱き男が躍動するギャンブル・ドラマに、ぜひ、ご期待ください!

2019年4月5日(金)全国ロードショー

麻雀放浪記2020

公式HP:
mahjongg2020.jp

【ストーリー】
主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。なぜ?人口は減少し、労働はAI(人 口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている・・・。そしてそこは“東 京オリンピック”が中止となった未来だった・・・嘘か?真か!?1945年の“戦後”から やってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲー ム“麻雀”での死闘とは!?

***********************************

企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
キャスト:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、 岡崎体育、堀内正美、小松政夫 / 竹中直人 ほか
監督:白石和彌
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会