「白石和彌」タグアーカイブ

北原里英卒業発表後初の主演作 白石和彌監督『サニー/32』サントラ発売!


映画情報どっとこむ ralph アイドルグループNGT48・北原里英のグループ卒業発表後初の主演作、『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』など話題作を世に送り続ける、白石和彌監督最新作『サニー/32』のオリジナル・サウンドトラックが作品の全国公開に先駆け2018年2月14日(水)に発売することが決定しました。

そして本作の劇伴を担当するのは、TVアニメ「ピンポン」や映画『聲の形』の劇伴も手がけた牛尾憲輔。ソロユニット”agraph”としても活動し、電気グルーヴのライブサポートメンバーとしても活動する注目のアーティストが初の実写映画の劇伴を手掛けた。
さらに元NUMBER GIRLの田渕ひさ子が歌う本作の主題歌「pray」や『南極料理人』『モヒカン故郷へ帰る』の沖田修一監督が歌う劇中歌「もっともかわいいマーダーはサニー」も収録されるなど、映画同様サウンドトラックも話題性に事欠かない仕上がりとなっている。
今回のサウンドトラックに収録される主題歌「pray」に関して、

牛尾憲輔さん:監督から主題歌を頼まれ、歌って頂く方を考えました。作中での赤理の向井に向けた母性的な眼差しや、監督から頂いた”祈り”というキーワードの純粋さを表せる歌声を、と思い、田渕さんにお願いしました。

とコメントを寄せています。

まさに映画の予測不能なストーリー展開が音楽にも反映され、様々な楽曲が本編を彩っている。映画を見た人も、見ていない人も堪能できる内容となりそうだ。

2018年2月17日(土)の全国劇場公開前に一足早くこのサウンドトラックで映画『サニー/32』の世界を体感してみてはいかがだろうか。

リリース情報
映画『サニー/32』オリジナル・サウンドトラック
音楽:牛尾憲輔
2018年2月14日(水)Release

PCCR-00668 \2,500+税
発売元・販売元:ポニーキャニオン 
(C)2018『サニー/32』製作委員会

映画情報どっとこむ ralph 本作は脚本の髙橋 泉をはじめ、2013年に公開され、国内映画賞を席巻した『凶悪』のスタッフ、キャストが再集結した話題作。「犯罪史上、最も可愛い殺人犯」と呼ばれ、ネットなどで神格化し世間を騒がせた11歳の少女“サニー”。事件から14年後、仕事も私生活も今一つの中学教師・藤井赤里(北原里英)が、柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)という“サニー”の狂信的信者から拉致をされ、雪深い山麗の廃屋に監禁されてしまうところから始まる予測不能の物語。

映画『サニー/32』情報

2月17日(土)全国公開  2月9日(金)新潟・長岡先行公開

公式サイト
http://movie-32.jp/

物語・・・
仕事も私生活も今ひとつの中学校教師・藤井赤理(北原里英)は、24歳の誕生日に2人組の男に誘拐されてしまう。誘拐犯の柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)は、「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」と呼ばれ世間を騒がせた少女サニーの狂信的な信者で、赤理を「サニー」と呼んで監禁するのだが……。

***********************************

北原里英
ピエール瀧・門脇麦・リリー・フランキー
駿河太郎 音尾琢真(特別出演)
山崎銀之丞 カトウ シンスケ 奥村佳恵 大津尋葵 加部亜門 松永拓野 蔵下穂波 蒼波 純

スーパーバイザー:秋元 康 脚本:髙橋 泉  音楽:牛尾憲輔
監督:白石和彌
(C)2018『サニー/32』製作委員会


原作ファン光浦、本作を観て十和子って綺麗だったと気づく『かの鳥』イベント


映画情報どっとこむ ralph 蒼井優、阿部サダヲ、白石監督『彼女がその名を知らない鳥たち』が10月28日(土)より新宿バルト9他、全国ロードショーとなります。

そしてこの度、蒼井優さん、阿部サダヲさん、白石和彌監督、そして大の沼田まほかる ファンを公言する光浦靖子さんがヴィレッジヴァンガード渋谷本店にて公開記念トークイベントを行いました!
W 主演の2人、監督、原作ファンと、それぞれの立場から本作への熱い想いがあふれ出し、キャスティングや撮影の裏話も飛び 出す非常に濃厚なイベントとなりました!

『彼女がその名を知らない鳥たち』公開記念トークイベント
日時:10月17日(火)
会場:ヴィレッジヴァンガード渋谷本店
登壇:蒼井優、阿部サダヲ、白石和彌監督 / スペシャルゲスト:光浦靖子

映画情報どっとこむ ralph ヴィレッジヴァンガード渋谷本店初の映画イベント。会場から溢れんばかりに集まった報道陣と立ち見も出るほどの観客の前に、蒼井優さん、阿部サダヲさん、白石和彌監督が登場すると大きな歓声が上がりました。光浦靖子さんがスペシャルゲストとして登場。

光浦さん:すごくおもしろかったのと、映画も原作の通りだなと。あと、十和子って綺麗だったんだと(笑)。小説では気付かなかったんです、でも十和子は蒼井さんのような美人じゃなきゃつじつまが合わないということを改めて知りましたし、蒼井さんの、味というか、ぱっと見では出ていない魅力がありましたね。阿部さんのパンプアップしてない体も非常に陣治っぽくて(笑)、背中のラインとか、役作りだったなら凄いなーと。映画で謎が解けました。

と原作ファンならではの視点で熱く語ると、

蒼井さん:ほどよい顔だと思うんです(笑)。こういう顔は芸能界にいそうでいなかったりするので。本当の美人さんが来たらもっと幸せになってるはずなので、ほどよいんだと思ってます。

とすると、白石監督がキャスティングについて

白石監督:登場人物が彼女に惹きつけられていかなくてはいけないので、すごく魅力的じゃなければ、と感じたのでぜひ蒼井さんに、という思いがありました。阿部さんは汚し甲斐のある人で、十和子との年齢差も重要だと思いました。汚れることもいとわず、なおかつ純粋なものを抱えてなくてはいけない。阿部さんにやっていただいて気付いたのは、目は汚せないんだなと。一番重要なのは阿部さんの美しい瞳でした。

映画情報どっとこむ ralph
共感できない登場人物を演じた本作について問われると、

阿部さん:演じてるときは楽しいんです、どこまでも汚くして良くて、それはなかなか普段できない。お店で食べていても汚く食べちゃいけないと育ってきたので、それができる楽しさもあるし、監督やスタッフさんからもアイディアがすごく出てくる。昔、ロケ弁に陰毛が入ってたことがあって、共演の方に話したらそれは腋毛かもしれないと言われ、思い込みはいけないなと感じたことを思い出しました。なんでこんなことを話してるんでしょうか?(笑)

と衝撃的なエピソードを披露し会場を沸かせ、

蒼井さん:脚本を読んでいるときは最低だと思ったんですが、松坂桃李さんや竹野内豊さんが自分よりもっと最低な役なので、あんまり自覚せずにいられました。

と話すと、

光浦さん:共感できなかったんです、何かを読むときってやっぱり誰かを応援しながら読むんですけど、この作品は誰一人応援せずに最後まで(笑)。全員が切なくて。可哀そうだと言われることはよくあるけど、他人のことを可哀そうだとあまり言ったことはなくて、でもこの作品は小さすぎる世界、エンドのない地獄にハマっちゃった人たちに見えて可哀そうになっちゃいました。

としみじみ語ると、

白石監督:タイトルに“鳥”とあるように、鳥かごから出られない人たちだと思ってやっていました。タイトルについてはまほかる先生からずっと宿題を出されたまま撮影をしていたような感じで、“彼女”はもちろん十和子なので、“鳥”はこの物語で気づく誰かの愛、なのかな。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph 原作の沼田まほかる先生に話が及ぶと、大のまほかるファンを公言する光浦さんが

光浦さん:例えば言葉のチョイス、小さい単語一つ逃したくないです。どうなっても言葉に感情が誘導されてしまう。すごく好きなんです。

とその愛が止まらない様子で語り

蒼井さん:どういう人生経験をされてきたら、何を見てこられたらこんな描写が描けるのか、まほかるさんご自身に興味がわきました。なかなかいない経歴をお持ちですし。あんまり一人の方の本を読み込むことはしないんですが、ご本人に惹かれていってしまい、この映画の話をいただいていからまほかる先生のいろんな本を買って読みました。

とすっかり魅了されていることを明かしました。
劇中の舞台が大阪ということで関西弁に挑戦した蒼井さんと阿部さん。両親が大阪出身という蒼井さんは

蒼井さん:耳なじみはあったのですが、大阪なまりが入っていると言われてきたのですが、実際100パーセントでしゃべろうと思うとこんなに難しいのかと。聞いているだけに自分で違いが分かるし、余計に気持ちわるくて。大変でした。

と苦労を振り返ると、

阿部さん:感情がのっかってくると合ってるか本当にわからなくなる。難しかったです。でも大阪キャンペーンに行ったときに現地のアナウンサーさんたちが大丈夫だと言ってくれた。すごく厳しい方言指導の方に教わったのでよかったですね。

と、苦戦した関西弁でもあるにもかかわらず、白石監督が現場で突然どんどんセリフを追加してきたことについて

阿部さん:関西弁でアドリブなんてできないのに監督がどんどん足すんです。

蒼井さん:10行以上足されたのに結局まるまるカットでしたね(笑)

とクレームも。
映画情報どっとこむ ralph 最後に。。。

白石監督:この作品を見てよかったよーとハグを求めてくれるのは陣治寄りの汚いオッサンが多いんです。僕もどちらかというとそちら側なので、自分にはたまらない終わり方です。ハッピーであってほしい。何をどう託したかを見てほしい映画になりました。

と語り、全員のこの作品への熱い想いがあふれ、終了してしまうことが名残惜しくなる空気に包まれた非常に濃厚なイベントとなりました。


物語・・・
八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。
下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める――

『彼女がその名を知らない鳥たち』

10月28日(土) 新宿バルト9他全国ロードショー

公式サイト:
http://kanotori.com
公式twitter:
@kanotori_movie
公式Facebook:
@kanotori.movie/

***********************************

蒼井優 阿部サダヲ
松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊


監督:白石和彌
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
配給:クロックワークス
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

2017年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/123分 【R15】


警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ『孤狼の血』劇場版特報解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」 生き残りをかけた男達の激闘が幕を開ける!

映画『孤狼の血』は、2018年5⽉12⽇(土)公開です。


原作は柚月裕子、監督に白石和彌、そして役所広司、松坂桃李ら日本を代表するキャストが集い、 今から圧倒的な期待と注目を集めています。

この度本作より、⼀度⾒たら最後、魂に焼き付く【 劇場版特報 】が解禁!「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」この⾔葉と鋭い視線で、男たちの闘いが幕を開けます!


31秒の特報・・・ですが、銃声が響き、命を奪い合う男たち。それぞれの「正義」を掲げぶつかり合う彼らは、その背中に何を背負い、何を求 め夜の闇に消えていくのか……これはまさに、“魂に焼き付く、暴⼒とカタルシス”。 抑えることのできない「暴⼒」に正⾯から挑み、男達の「⽣き様」を描いた本作への期待は、留まるところを知りません!

迫力の特報は是非大きなスクリーンで!劇場では10/7(⼟)より特報映像が流れます!

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。
所轄署に配属となった日岡秀⼀は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、⾦融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同⼠の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー⼩説「孤狼の血」が、2018年5⽉12⽇、待望の映画化!

映画『孤狼の血

2018年 5⽉12⽇(⼟) ROADSHOW

***********************************

キャスト:
役所広司,松坂桃李,真木よう子,音尾琢真,駿河太郎,中村倫也,阿部純⼦,中村獅童竹野内豊、滝藤賢⼀,⽮島健⼀,田口トモロヲ,ピエール瀧,石橋蓮司,江口洋介
ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(⾓川⽂庫刊) 
監督:白石和彌 
配給:東映 
©2018「孤狼の血」製作委員会


熱き男達を支える阿部純子、映画『孤狼の血』で白石組に仲間入り!


映画情報どっとこむ ralph 2018年5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』。

原作は柚月裕子先生、白石和彌監督。そして役所広司さん、松坂桃李さんら日本を代表するキャストが集い、圧倒的な期待と注目を集めていますが・・・この度映画オリジナルキャラクターで阿部純子さんが仲間入り。白石組初参戦への想いがつまった本人コメントが到着しました!

本作で演じたのは、松坂桃李さん演じる日岡を手当てし、親交を深めていく薬局の店員・桃子。それぞれの正義を掲げ激しくぶつかり合う男達の“仁義の世界”で、生き抜く術をもつ彼女は、唯一原作にはない「映画オリジナル」のミステリアスな存在。
「呉弁でのセリフに苦労した」という阿部さんですが、そのコメントからは、白石組の「激しさ」に飛び込んだ彼女の決意と本作への自信がうかがえます。


映画情報どっとこむ ralph
阿部純子さんからのコメント

撮影を終えた感想
阿部さん:撮影では白石監督や尊敬する役者さんたちにたくさん支えていただきました。
作品の猛々しさとは打って変わって、現場は和やかな雰囲気だったので、とても演じやすかったです。
唯一苦労したところは、広島の呉弁でのセリフです。微妙なイントネーションの違いなどがあり、時間を見つけては方言指導の方と練習しました。
その甲斐もあって、作品で当時の呉が蘇ったのではないかな、と思っています。

完成した作品を見て

阿部さん:正義を貫く男性の背中に心を鷲掴みにされ、ただ身じろぎもせずスクリーンを見つめてしまいました。上映時間があっという間に感じられるほどでした。
わたしの役柄は、唯一原作にはない、ミステリアスな存在です。仁義の世界で、生き抜く術を身につけています。そんな女性ならではの強さにも注目していただければ幸いです。
このようなインパクトのある映画に参加できて本当に感謝の気持ちしかありません。


映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

孤狼の血

2018年5月12日(土)公開です

***********************************

キャスト:役所広司、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、中村獅童、矢島健一、田口トモロヲ、ピエール瀧、石橋蓮司、江口洋介ほか
原作:柚月裕子「孤狼の血」(角川文庫刊) 
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会


“竹野内豊史上初” 観たい!? 映画『孤狼の血』コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 白石監督のオファーに「出演即決」! 若頭・呉弁・ド派手衣装&パーマの新たな役柄に挑戦! “史上初”な竹野内豊が映画『孤狼の⾎』に堂々参戦!

2018年5⽉12⽇(⼟)公開の映画『孤狼の血』。
原作は柚月裕⼦、監督に白石和彌、そして役所広司、松坂桃李ら日本を代表するキャストが集い、今から圧倒的な期待と注⽬を集めています。

そんな本作より解禁となったのは、新キャスト・竹野内豊!
竹野内にとって“史上初”となる役柄を演じた熱いコメントも到着しました! 本作が白石監督作品2作⽬となった⽵野内が演じたのは、バリバリの「呉弁」と「ド派⼿衣装&パーマ」が⽬ を引く暴⼒団加古村組若頭・野崎康介。

江口洋介演じる⼀之瀬守孝が若頭を務める、尾⾕組と敵対する加古 村組の若頭・野崎康介は、ストーリー冒頭から登場し、強烈な存在感を放ちます。⽵野内にとって、この役柄に加え「呉弁」そして「ド派手衣装&パーマ」は、本⼈にとっても初の挑戦!まさに⽩⽯組の⼀員として 本作に「挑んだ」⽵野内の覚悟と興奮は、今回解禁されたコメントを⾒ても明らかです。

映画情報どっとこむ ralph ⽵野内豊 コメント

①初挑戦となった暴⼒団役(野崎)を演じてみての感想
「彼⼥がその名を知らない⿃たち」撮影直後に、白石監督から、「今度、⽵野内さんに出て欲しい作品がある」と⾔われ、台本も読まずに、「はい」と返事をして いたので(笑)台本を読ませて頂いた時は、完成度の⾼さに「素晴らしい作品になる!」とわくわくしました。今まで、いい⼈だったり、エリート的な役が多かっ たので、また⼀つ、⽩⽯監督の現場で新たな役に挑戦出来る事が嬉しかったです。

②初挑戦となった広島弁(呉弁)で苦労した点
以前から、⽅⾔のある役をとにかくやってみたかったんです。 呉弁は、抑揚が激しかったり、イントネーションを間違えると関⻄弁の様に聞こえてしまったりするので難しかったですが、呉出⾝のスタッフの⽅と確認しながら 取り組める事が 楽しかったです。⾃分の演じた野崎の呉弁は、暴⼒的な⾔い回ししかしないのですが、本来の呉弁は、とても温かみがあって、どこか⼈間臭さを含 んでいます。 また是⾮チャンスがあれば、呉弁を話す役柄に出逢いたいです。

③初挑戦となったきつめのパーマをかけた経緯や感想
衣装が想像していたものと全く違って、、とにかく派⼿でした(笑) ですので⾓刈りはやめ、⾐装に合う髪型をヘアーメイクさんと話しながら作って頂きました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『孤狼の血

2018年 5⽉12⽇(⼟) ROADSHOW
物語・・・
舞台は、昭和63年、暴⼒団対策法成⽴直前の広島。所轄署に配属となった⽇岡秀⼀は、暴⼒団との癒着を噂される刑事・⼤上章吾とともに、⾦融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常 軌を逸した⼤上の捜査に⼾惑う⽇岡。失踪事件を発端に、対⽴する暴⼒団組同⼠の抗争が激化し…。
***********************************

キャスト:役所広司、松坂桃李、真⽊よう⼦、滝藤賢⼀、⾳尾琢真、駿河太郎、中村倫也、中村獅童、⽮島健⼀、⽥⼝トモロヲ、ピエール瀧、⽯橋蓮司、江⼝洋介ほか
原作:柚⽉裕⼦「孤狼の⾎」(⾓川⽂庫刊)
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員