「白石和彌」タグアーカイブ

「PFFアワード2019」受賞結果速報!!グランプリは 『おばけ』中尾広道監督


映画情報どっとこむ ralph 9月7日に開幕した「第41回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」。本日、映画祭のメインプログラムである自主映画のコンペティション「PFFアワード2019」の表彰式が、会場の国立映画アーカイブにて行われ、最終審査員「斎藤 工(俳優・映画監督)、白石和彌(映画監督)、西川朝子(映画プロデューサー)、野村佐紀子(写真家)、山下敦弘(映画監督)」により、各賞が発表されました。495本の応募作品の中から一次審査、二次審査を経て18作品が入選し、本映画祭で各2回ずつ上映されました。 明日21(土)は、受賞作品の上映を行います。
「PFFアワード2019」
受賞結果は下記の通りです。

グランプリ

『おばけ』監督:中尾広道 (39歳/大阪府出身/上映時間:64分)  
PFFアワード2019【グランプリ】『おばけ』中尾広道監督 グランプリ 『おばけ』中尾広道監督 受賞コメント
生きているうちに評価して頂けて良かったです。いまの自分にできることを全部注いで命を削ってつくりました。PFFが大好きで、この映画祭で自主映画の魅力を知りました。PFFがあるから背中を押され支えてもらい、やりたいことをやってこれました。この受賞でそれを肯定して頂けたことを真摯に受け止め、これからもやりたいことをやるという純粋な気持ちを持ち自主映画を撮り続けていきたいです。
PFFアワード2019【グランプリ】『おばけ』中尾広道監督
映画情報どっとこむ ralph 準グランプリ
『雨のやむとき』監督:山口優衣 (22歳/千葉県出身/上映時間:28分) 
PFFアワード2019【準グランプリ】『雨のやむとき』山口優衣監督
審査員特別賞
『きえてたまるか』監督:清水啓吾 (23歳/島根県出身/上映時間:29分) 
PFFアワード2019【審査員特別賞】『きえてたまるか』清水啓吾監督
『くじらの湯』監督:キヤマミズキ (26歳/大阪府出身/上映時間:7分) 
PFFアワード2019【審査員特別賞】『くじらの湯』キヤマミズキ監督
『ビューティフル、グッバイ』監督:今村瑛一 (31歳/愛知県出身/上映時間:113分) 
PFFアワード2019【審査員特別賞】『ビューティフル、グッバイ』今村瑛一監督
エンタテインメント賞(ホリプロ賞)
『スーパーミキンコリニスタ』監督:草場尚也 (27歳/長崎県出身/上映時間:101分
PFFアワード2019【ジェムストーン賞(日活賞)】『スーパーミキンコリニスタ』草場尚也監督
映画ファン賞(ぴあニスト賞)
『OLD DAYS』監督:末松暢茂 (36歳/東京都出身/上映時間:54分)
PFFアワード2019【観客賞】『OLD DAYS』末松暢茂監督
[特別設置]ひかりTV賞
『アボカドの固さ』監督:城 真也 (25歳/東京都出身/上映時間:96分) 
PFFアワード2019【ひかりTV賞】『アボカドの固さ』城真也監督
映画情報どっとこむ ralph ▼最終審査員5名による審査講評 (敬称略/登壇順)

白石和彌(映画監督)
初めてPFFの審査員をして、どういう才能に会えるかなと思っていたのですが、会えるどころの騒ぎでない、これはつくった人と僕とのケンカだと思って気合いを入れて観ました。技術的にもレベルが高い作品が多く、映画を撮る衝動や作品の核だけでない部分でも評価される時代に入ってきたと思います。

野村佐紀子(写真家)
入選作18作を5回、6回、7回くらい物凄く観ました。監督たちの本気を観落としていないかという思いで何度も。それはとても良い経験です。
この18人の監督がつくる作品はこれからも同じように何度も何度も観たい、楽しみにしています。

西川朝子(映画プロデューサー)
プロデューサーという立場で観て、皆さんの企画力、プロデュース力が非常に高かったです。自主映画と商業映画の境目が全くなく、自分たちも気合いを入れ直さなきゃと思いました。

斎藤 工(俳優・映画監督)
フィルムメーカーとして、欲望の見える人に賞をあげたいという気持ちが強くありました。メイドインジャパン、日本映画は世界と戦っていく時代に来ていると思います。今回選ばれた作品は世界に誇りたい5本だと思います。

山下敦弘(映画監督)
今日の表彰式を見ていて、監督たちの目が綺麗だなと(笑)。PFFには入選してませんが、自分も昔はこちら側だったなと思うと感慨深いです。
入選18作品は本当に自主映画らしい自主映画ばかりで、とても刺激を受けました。この時代に映画をつくることを選んだ、それだけでもう僕ら仲間、同業者だと思ってます。スクリーンで上映されて僕らと同じラインに立った、ということで、これから一緒に頑張っていきましょう。

***********************************

(C)PFF




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤健・白石和彌監督『ひとよ』特別コメント&メイキング映像到着


映画情報どっとこむ ralph 『凶悪』を世に送り出して以降、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとり、白石和彌監督の最新作『ひとよ』が11月8日(金)全国公開となります。

この度、佐藤健さん、鈴木亮平さん、松岡茉優さん、白石監督の撮影現場でのコメントを収めた、特別映像が解禁!



本作で、稲村家の三兄妹を演じた佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優は、いずれも白石組初参加。

兄妹たちは、母・こはるが子供たちを守るために父を手にかけたことで運命を狂わされ、事件から15年後にこはるが帰ってきたことで、葛藤と戸惑いの中“家族”と向き合うことになる。今回到着した特別映像では、もともと白石和彌監督作品のファンだと語る主演の佐藤が「芝居としてやりがいがありそうだな、すごくいい台本だなと思いました」と本作出演に対する気持ちを明かしている。佐藤の雄二役は、企画の時点で白石監督が熱望していたこともあり、今回まさに相思相愛のキャスティングが実現!
石和彌監督、佐藤健&田中裕子『ひとよ』 佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優『ひとよ』 吃音が原因でコミュニケーションに苦手意識を持つという難役・大樹を演じた鈴木は、「ああこれが白石組かと思って楽しんでました」と撮影を振り返り、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを獲った『万引き家族』での熱演も記憶に新しい松岡は、「私たちがちゃんと(映画の中で)生きていないと面白くないから、試されるなと思いました」とコメント。共に俳優として白石組で演技することへの喜びや強い意志を持って挑んでいたことを語っている。
また映像では、連続する緊迫の本編シーンと対極的に、スタッフ陣と笑顔でモニターを見つめたり、クランクアップ時に花束を受け取って白石監督と熱い抱擁を交わす佐藤の姿など、微笑ましいメイキングも収録!キャストと製作陣の絆の強さがうかがえる映像となっている。

映画情報どっとこむ ralph << 新着情報 >>
『ひとよ』のムビチケと小説の発売情報をお知らせいたします。下記もぜひご紹介いただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。

●ムビチケ発売情報
9月20日より発売開始。

●書誌情報
「ひとよ」
著:長尾徳子 原作:桑原裕子

2019年9月20日発売
集英社文庫刊
定価:本体640円+税
ISBN:978-4-08-744030-0

あの日、母は父を、殺した。そして15年後――母は、帰ってきた。家族の崩壊と再生を描く衝撃作、小説化。
ある夜。タクシー運転手のこはるは、家族に暴力を振るう夫を殺害してしまい、15年後に必ず戻ると約束して自首する。そして――15年後。母は約束通り帰ってきた。母が起こした事件によって人生が大きく変わってしまった三人の子どもたちは、再会した母とどう接するか戸惑い……。家族の崩壊と再生を描く、劇作家・演出家・俳優の桑原裕子が主宰する劇団「KAKUTA」の代表作を小説化。

●著者プロフィール
長尾徳子(ながお・のりこ)
脚本家・フリーランスライター。出版社勤務を経て独立。漫画・小説のレビューやインタビュー構成を多数手がける。音響制作の企画・構成・プロデュース後、脚本家としてデビュー。代表作はテレビアニメ「伯爵と妖精」の全脚本・シリーズ構成。ノベライズを担当した著書に『僕達急行 A列車で行こう』(森田芳光監督作品)がある。

桑原裕子(くわばら・ゆうこ)
東京都出身。劇団KAKUTA主宰。1996年劇団「KAKUTA」を結成。2001年より劇作・演出を手がける他、俳優としても出演し、中心的な役割を担っている。外部プロデュース公演や映像作品への脚本提供、外部での演出、出演も多数。08年『甘い丘』で第52回岸田國士戯曲賞最終候補、09年再演時には作家・演出家として第64回文化庁芸術祭新人賞を受賞。15年『痕跡』で第59回岸田國士戯曲賞候補、第18回鶴屋南北戯曲賞受賞。18年『荒れ野』で第70回読売文学賞受賞。
http://www.kakuta.tv/

映画情報どっとこむ ralph 佐藤健・鈴木亮平・松岡茉優・田中裕子『ひとよ』 子供たちのために罪を犯した母親は、家族を救ったのか?
それとも、家族を破滅に追いやったのか?
15年の年月を経た“家族”の再会がもたらす試練は、各々の“善悪”の在処を揺り動かしながら、激しくも魂を震わせる結末を導いてゆく─!

2019年最も豪華な俳優陣が集結した、感涙のヒューマンドラマの大力作『ひとよ』は、11月8日(金)全国公開!

公式サイト:
www.hitoyo-movie.jp

佐藤健×白石和彌『ひとよ』
あらすじ
あまりに切ない“母なる事件”から15年。希望を夢見た者たちのゆく末は━
どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った—。たった一晩で、その後の家族の運命をかえてしまった夜から、時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤 健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先はー

***********************************


監督:白石和彌
脚本:髙橋泉 
原作:桑原裕子「ひとよ」 
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子
製作幹事・配給:日活 企画・制作プロダクション:ROBOT
(c)2019「ひとよ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

白石和彌監督、佐藤健&田中裕子の名演を「吸い込まれそう…」と激賞!『ひとよ』場面写真一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph 『凶悪』を世に送り出して以降、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとり、白石和彌監督の最新作『ひとよ』が11月8日(金)全国公開となります。
白石和彌『ひとよ』佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子
主演の佐藤健は、フリーライターとして働く稲村家の次男・雄二を演じるにあたり、これまでの華やかなオーラを封印。役作りとして初めて無精ヒゲを生やし、ヘアスタイルは無造作にかき上げたオールバックと、これまでにない“やさぐれ感”を見事に醸し出している。緊迫した表情でシャツ姿の男につかみかかる様子を収めたカットをはじめ、どのカットでも眉間にしわを寄せ、鋭い眼差しでピリついた様子を見せる佐藤の新境地に注目だ!
佐藤健×白石和彌『ひとよ』
一方、田中裕子が演じたのは、子供たちの幸せを守るため、愛する夫を手にかけてしまうも、15年ぶりに帰って来る母・こはる。互いに神妙な面持ちで雄二と向き合っているカットは、彼がこはるに15年分の想いをぶつけて詰め寄る緊迫のシーン。
石和彌監督、佐藤健&田中裕子『ひとよ』 撮影時は、演じる佐藤と田中の目力の強さがあまりに印象的だったため、白石監督がモニター越しに思わず「吸い込まれそうだ…」と漏らしたという。久々に再会した嬉しさから園子を抱きしめるカットもあり、三兄妹それぞれとの関係がどのように再構築されていくのか、その変化も大きな見どころとなっている。
田中裕子『ひとよ』
映画情報どっとこむ ralph 佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優『ひとよ』 また、鈴木亮平は、三兄妹の中で唯一自分の家庭を持つ長男・大樹を演じる。昨年、NHK大河ドラマ「西郷どん」で西郷隆盛を演じ、来年は映画『燃えよ剣』で新選組の局長・近藤勇役に決定しているなど、力強い役柄を演じることが多い鈴木。本作ではこれまでとは異なり、吃音が原因でコミュニケーションに苦手意識を持つ役で、新たな一面を披露している。眼鏡に作業服という地味な出で立ちでこの難役をどのように演じるのか、期待が高まる。

松岡茉優が演じるのは、美容師になる夢を諦め、スナックで働く長女・園子。松岡は毛先をブリーチした明るい髪色にし、あか抜けきらない雰囲気を醸し出す役作りで、撮影に臨んだ。現場では積極的に提案をし、カンヌ国際映画祭で最高賞・パルムドールを受賞した『万引き家族』や、主演作『勝手にふるえてろ』でも披露した、真に迫る演技は必見!
佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優『ひとよ』
その他にも、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」への出演が決定した佐々木蔵之介や、白石監督作品への参加が通算9作目となる音尾琢真、主演映画『よこがお』が公開中の筒井真理子、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」「相棒」シリーズなどの浅利陽介、出演作で常に存在感を放つ韓英恵、『孤狼の血』に続き白石組へ2度目の参加となるMEGUMI、そしてバラエティで引っ張りだこの大悟(千鳥)など、多彩なキャラクターたちが重厚なストーリーを彩る。

映画情報どっとこむ ralph 15年前の事件により、決定的に運命が変わってしまった稲村家。三兄妹たちはそれぞれ傷を抱えたまま時が経ち、突如こはるが帰って来るが、果たして彼らは、壊れてしまった絆を再び深めることが出来るのか―。
佐藤健×白石和彌『ひとよ』
2019年最も豪華な俳優陣が集結した、感涙のヒューマンドラマの大力作

『ひとよ』

は、11月8日(金) 全国ロードショー!

公式サイト:
www.hitoyo-movie.jp




あらすじ
あまりに切ない“母なる事件”から15年。希望を夢見た者たちのゆく末は━
どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った—。たった一晩で、その後の家族の運命をかえてしまった夜から、時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤 健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先はー

***********************************

監督:白石和彌 脚本:髙橋泉 原作:桑原裕子「ひとよ」 
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子
製作幹事・配給:日活
企画・制作プロダクション:ROBOT
(c)2019「ひとよ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤健×白石和彌『ひとよ』特報&ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『凶悪』を世に送り出して以降、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとり、白石和彌監督の最新作『ひとよ』が11月8日(金)全国公開。

どしゃ降りの雨降る夜、ある家族に起きたひとつの事件。それは、母親とその子どもたち三兄妹の運命を激変させた。その夜から、心の傷を抱えたまま別々の人生を歩んだ家族は、15年後に再会。葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した家族の絆を取り戻そうともがき続けた先に訪れる結末とは―――。

解禁となった映像は、主人公である次男・雄二(佐藤健)が母親・こはる(田中裕子)と再会し、15年越しの想いを吐露するシーンから始まる。15年前、子どもたちの幸せを守るため、愛する夫を手にかけてしまったこはる。約束した時を経て、再会を果たすが、雄二たち三兄妹は、事件の夜にそれぞれが想い願った未来とは違う人生を歩んでいた。母親・こはるに対して雄二は、「子供たちの人生がめちゃくちゃになってるとき、何しに帰ってきたんですか?」と痛烈な問いを投げかけ、長男・大樹(鈴木亮平)は「俺らは間違った方ばっかいってるよ!」、末っ子・園子(松岡茉優)は、「お母さんはあの人から、私たちを助けてくれたんじゃん!」と、三者三様にそれぞれの感情が溢れ出し、すれ違う母親と子どもたちが映し出されてゆく。佐藤健と田中裕子が魅せる圧巻の【静】の芝居、鈴木亮平と松岡茉優が、想いの丈を咆哮する【動】の芝居。それぞれの強く儚い表情が印象的に映し出され、感情がぶつかり合う芝居が凝縮された映像に、いま俳優たちが最も出演を熱望する監督、白石和彌渾身の最新作への期待が高まる。

映画情報どっとこむ ralph さらに、特報映像とあわせてポスタービジュアルも解禁に。夜明けの埠頭でそれぞれの想いを胸に秘めながら、空を見上げた家族像、そして映像のラストでも登場した「壊れた家族は、つながれますか。」というメッセージが、エモーショナルな感情をかき立てる。
佐藤健×白石和彌『ひとよ』
あまりに切ない“母なる事件”から15年、再会を果たした家族がたどりつく先とは。

映画情報どっとこむ ralph 2019年最も豪華な俳優陣が集結した、感涙のヒューマンドラマの大力作

『ひとよ』

は、11月8日(金)全国公開!

www.hitoyo-movie.jp

あらすじ
あまりに切ない“母なる事件”から15年。希望を夢見た者たちのゆく末は━
どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った—。たった一晩で、その後の家族の運命をかえてしまった夜から、時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤 健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先はー
『ひとよ』佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子 『ひとよ』音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介
***********************************

監督:白石和彌
脚本:髙橋泉
原作:桑原裕子「ひとよ」 
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子

製作幹事・配給:日活
企画・制作プロダクション:ROBOT
(c)2019「ひとよ」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤健 x 白石和彌監督 最新作『ひとよ』佐々木蔵之介、音尾琢真ら第2弾キャスト解禁


映画情報どっとこむ ralph 『凶悪』を世に送り出して以降、昨年公開『孤狼の血』など、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとりである白石和彌監督最新作『ひとよ』が11月8日(金)全国公開します。

15年前、ある家族に起こった一夜の事件。
それは、母とその子どもたち三兄妹の運命を大きく狂わせた。一家はその晩の出来事に囚われたまま別々の人生を歩み、15年後に再会。葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうともがき続ける。抗うことのできなかった家族の岐路と向き合う一家が辿り着く先とは−−−−。
『ひとよ』 15年前の事件に縛られ家族と距離をおき、東京でうだつのあがらないフリーライターとして働く稲村家の次男・雄二を演じるのは、佐藤健。しがない町の電気屋に勤務し、三兄妹で唯一自身の家庭を持つが夫婦関係に思い悩み、幼少期より人とのコミュニケーションに苦手意識を持つ長男・大樹に鈴木亮平、事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる末っ子の妹・園子に松岡茉優、そして、15年ぶりに三兄妹との再会を果たす母・こはるを田中裕子が演じる。

映画情報どっとこむ ralph この度、稲村家を取り巻く人物たちである、第2弾キャストを解禁!
ひとよ
別れた妻との間に17歳の息子を持ち、稲丸タクシーの生真面目そうな新人ドライバー・堂下道生(どうした・みちお)に、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」への出演が発表された佐々木蔵之介。堂下が抱える息子への想いが、稲村家の行く末にも大きく影響を与えることになる。

堂下道生(どうした・みちお)役 佐々木蔵之介 コメント

初参加の白石組は、撮影の流れ、段取り、雰囲気がとても良く、この空気は良い作品になると感じました。丁寧に作られた作品になっていることは間違いないです。親子、兄弟、家族…日本に限らず世界に共通する問題で、非常に普遍的な映画になる気がしています。映画をご覧いただく皆さんが、特別な家族に、どれだけの感情を乗せていただけるか、もし乗ってきていただけたとしたら高いハードルを越えてきてくださったことになるので、この映画はそういう面で挑戦した作品になっていると思います。同じ観客の立場としても、出来上がりの作品を楽しみにしています。


稲丸タクシーの2代目社長であり、稲村こはる(田中裕子)の甥にあたる、丸井進(まるい・すすむ)を演じるのは、高校の先輩でもある白石監督作品への参加が通算9作目となり、白石組には欠かせない存在となった音尾琢真。

丸井進(まるい・すすむ)役 音尾琢真 コメント

白石監督は温厚な方なので、相変わらず現場の雰囲気は良くて、落ち着くお家に帰ってきたような、故郷に帰ってきたような感覚になりました。作品の手ごたえは自分には分からないですが、ただ白石監督が撮っているのだから大丈夫だと思っています。この作品も世界に羽ばたき、日本だけでなく世界中の皆さんに楽しんでいただけるようなものになったらいいなと思っています。


亡人で一人娘を養う、稲丸タクシーの事務員・柴田弓(しばた・ゆみ)に、来月公開の『よこがお』で再び深田晃司監督とのタッグを組む筒井真理子。

柴田弓(しばた・ゆみ)役 筒井真理子 コメント

白石監督の作品を数多く拝見していて、作風から緊張感のある現場かなと思っていましたが、すごく柔らかくてみんな楽しげで、ちょっと意外でした。良い意味で緊張感を抜いていただける現場で、リラックスして監督の思う世界に入れたかと思います。出来上がりを楽しみにしています。


稲丸タクシーのドライバーで雄二(佐藤健)の同級生・歌川要一(うたがわ・よういち)に「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」「相棒」シリーズなどで幅広い演技力をみせる浅利陽介。

歌川要一(うたがわ・よういち)役 浅利陽介 コメント

白石組が初めてなので、自分が持っている引き出しや芝居のアプローチがうまく白石監督や他の役者さんのヒントになるといいなと思い、撮影に挑みました。クランクアップして、撮影が終わったという達成感と、もう少し撮影現場に居たかったという気持ちが入り混じっています。稲丸タクシーの現場は、ゆったりした時間が流れていたのでリラックスした状態で撮影ができました。台本を読んだ限り、ズシッと残るものがあり、最後に家族の愛っていいなと思ったので、皆さんにも伝われば嬉しいなと思います。それぞれの個性的なキャラクターが相まって、どんなクライマックスになるのか、期待しています。



同じく雄二の同級生で女性ドライバーの牛久真貴(うしく・まき)に鈴木清順監督に見出された『ピストルオペラ』でデビュー以来、存在感を放つ韓英恵。

牛久真貴(うしく・まき)役 韓英恵 コメント

モー(牛久真貴の愛称)はヤンキーながら、稲丸タクシーを支えていく気持ちがあり、頼り甲斐のあるキャラでありたいと思い演じました。白石監督とは助監督時代にご一緒したことはありますが、監督作品への参加は初めてでした。撮影当初は不安もありましたが、監督が役者の芝居にきちんと向き合ってくれて、のびのびと演じることができました。全力を出し切ったのでクランクアップして率直に寂しく、まだあの世界に浸っていたい気持ちが残っています。



別居中の大樹(鈴木亮平)の妻・稲村二三子(いなむら・ふみこ)には、『孤狼の血』に続き白石組への出演を果たし、多才ぶりを発揮するMEGUMI。

稲村二三子(いなむら・ふみこ)役 MEGUMI コメント

スタッフの方全員の想いが一つになった空気感が、本当に気持ちが良く、私もこの場にいれて幸せだなという思いとプロフェッショナルさを感じた現場でした。役柄と同じく私も子供がいるので、感情移入できた部分があり、心が震えるような場面が何度もありました。出演するほぼ全シーンが怒りに震えていて、激しくて、台本を最初に読んだ時よりも何百倍も肉体的に削られましたが、精神的には鈴木亮平さんに監督、そしてスタッフさんに今までの自分にないものを引き出していただき感謝しています。インターネットが流通し、実際に会話するよりもテキストや絵文字でのやりとりがメインになっている世の中とは真逆で、自分の辛さ、弱さ、喜びをぶつけ合っている、すごく人間らしい家族の話です。観た方もちょっと思ったことを言ってみようかなとか、家族に辛いことや喜びをシェアするような、共感のきっかけになったらいいなと思います。


そして、稲丸タクシーに乗りあわせるチンピラ・友國淳也(ともくに・じゅんや)に、バラエティ番組で大活躍中の大悟(千鳥)。

友國淳也(ともくに・じゅんや)役 大悟(千鳥) コメント

白石監督は、『孤狼の血』とかを観て、勝手にめちゃくちゃ怖い人かなと思っていたら、すごい物腰の柔らかい方でビックリしました。「クセ」は強くなかったですね。とても優しい、紳士な方でした。撮影は、緊張しました。フワッフワしたまま、こんなことになるんや、と思いました。

映画情報どっとこむ ralph 今回、佐々木蔵之介、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、大悟(千鳥)は、白石組に初参加。

実力派俳優、芸人、タレントとバラエティ富んだ演者たちが、それぞれの家族が抱える問題に真摯に向き合いながら、物語を紡いでいく。2019年最も豪華な俳優陣が集結し、〈家族の絆〉を問いかける感涙のヒューマンドラマ『ひとよ』は、11月8日(金)全国公開!

www.hitoyo-movie.jp

***********************************

監督:白石和彌
脚本:髙橋泉
原作:桑原裕子「ひとよ」

出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子

製作幹事・配給:日活 企画・制作プロダクション:ROBOT
(c)2019「ひとよ」製作委員会





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ