「白石ユキ」タグアーカイブ

首筋に吉沢亮ヤバすぎです!な『あのコの、トリコ。』ビジュアル到着


映画情報どっとこむ ralph 「恋をすると、オトコは変わる―」というキャッチコピーとともに、地味で冴えないはずの主人公・頼(吉沢 亮)が、恋する“あのコ”のためにメガネをはずし、超絶かっこいいオトコに変貌をとげるー 小さい頃から大好きだった“あのコ”雫(新木優子)を大胆に抱きよせ、少しはにかみながらもセクシーな 視線をおくるビジュアル。うなじに吉沢亮ヤバすぎです!!

実はこのシーン、原作でも人気の画をオマージュし、 2次元と3次元の絶妙なバランスを表現、女子の憧れを詰め込み、妄想を掻き立てています。
そして、輝く笑顔をふりまくヒロイン・雫(新木優子)と、頼の最強ライバルとなる超人気イケメン俳優・昴 (杉野遥亮)幼なじみ3人の視線が交差し、もどかしくすれ違いながらも“恋と夢が絡み合う”ストーリーを 連想させるビジュアルとなっています。 「美の暴力」とまで言わしめる吉沢 亮を筆頭に、美しすぎる3人の ポスタービジュアルが遂にお披露目、日本中の女子を“トリコ”にします!

超絶美しい吉沢 亮が“あのコ”を抱きしめる!?セクシーな瞳に悶絶!! 笑顔のヒロイン・新木優子とイケメンライバル・杉野遥亮の視線が交差する 人気原作をオマージュしたポスタービジュアル解禁&前売券発売開始!

また、8月1日より全国の上映劇場にて、上記ポスタービジュアルの絵柄を使用したA4オリジナルクリアファイル付きのムビチケカ ード(カード型前売り券)発売が決定!そのムビチケカードの絵柄は、ドレスアップをした頼・雫・昴の幼なじみ3人が目指す芸能界 を思わせる、夢のある1シーンとなっています。(クリアファイルは数量限定/販売は一部劇場を除きます。)

映画情報どっとこむ ralph この秋大本命!誰しもが憧れるシンデレラ・ラブストーリー!!

ドキドキの恋とキラキラな夢を追いかける、吉沢 亮主演作『あのコの、トリコ。』

は、10月5日(金)より、全国にて公開となります。


toriko-movie.jp

【STORY】
「大好きな“あのコ”のために、ボクは変わる――」 田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生・鈴木 頼(吉沢 亮)は、東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から好きだった立花 雫(新木優子)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、彼女が所属する芸能プロダクションに頼まれ、雫の付き人として現場に同行するようになる。

ランジェリーの広告撮影の日、共演するはずだった頼と雫の幼なじみでもあり人気俳優の東條 昴(杉野遥亮)が、あるアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を受けることに! 頼がカメラの前に立つと別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずときめいてしまう。そして、この広告が話題となり、頼と雫、昴の未来を変えていく―。

「思い出したんだ。僕にも小さい頃、俳優になりたいって夢があったなぁって」 昴が遂に雫に告白、しかも自分が主演する恋愛映画の相手役に雫を指名する。それを聞いた頼は複雑な想いを抱えるが、話題を呼んだランジェリー広告が監督の目に留まり、自身もアート系の恋愛映画の主演に抜擢される。雫のそばにいられなくなることで出演を迷っていた頼を雫は叱咤激励、頼は映画に出ることを決意する。そして、頼と雫は互いの夢に一歩ずつ近づくにつれ、少しずつすれ違っていき……。

「やっと気づいた。好きだけじゃそばにいられない。」 そんな中、ある日昴が頼を呼び出し「雫は渡さない」と宣戦布告。
「僕は別に……」と煮え切らない頼に重ねて「諦めろ。お前は最初から俺に負けてるんだから」と言い放つ。しかし雫への想いが抑えられなくなった頼は、昴に無謀な勝負を挑む。恋と夢が複雑に絡み合う、3人の想いの行方は……?

***********************************

吉沢 亮 新木優子 杉野遥亮 水上剣星 大幡しえり ・ 内田理央 古坂大魔王/高島礼子(友情出演)/岸谷五朗

原作:白石ユキ『あのコの、トリコ。』(小学館 Sho-Comiフラワーコミックス刊)
監督:宮脇 亮
脚本:浅野妙子
音楽:吉俣 良
主題歌:「トリコ」Nissy(西島隆弘)
配給:ショウゲート
©2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会


吉沢 亮 × 新木優子 × 杉野遥亮「あのコの、トリコ。」予告到着&”Nissy”(西島隆弘)”初” の映画主題歌に決定!


映画情報どっとこむ ralph 主人公の地味で 冴えないメガネ男子・頼が大好きなあのコ・雫のためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、そして昴の幼なじみ3人が恋と夢を追いかけるストーリーが人気を博した白石ユキ先生のコミック「あのコの、トリコ。」が実写映画化、10月5日(金)より、 全国公開となります。

そして!

この度、吉沢 亮さん本人がナレーションを務める本作の予告編映像が完成しました!

唯一無二の美しさを誇る俳優 吉沢さんが地味で冴えない主人公・頼に扮し、新木優子さん演じるヒロイン・雫の夢を叶えるために献身的に 尽くす姿には、萌えること間違いなし!吉沢さんが凄まじくかっこよく覚醒していく【メガネをはずす】シーンは悶絶必須です!


原作コミックの中でも衝撃的で、圧倒的な人気を誇る【頼(吉沢)と雫(新木)のランジェリー広告撮影】のシーンの再現力と美しさも必見!
さらには、頼と雫の水族館デートで頼がずぶぬれになる一幕や、目に涙を浮かべる雫のウエディングドレス姿、昴(杉野)が雫を抱きしめるシーンなど、頼、雫、昴3人のそれぞれの想いが溢れ出し、ドキドキがとまりません!

頼と雫、そして昴、幼なじみ3人の恋と夢の行方に、 期待が高まる映像に仕上がっています。


映画情報どっとこむ ralph そして映画本編はもちろんのこと、この予告編映像を彩る本作の主題歌、Nissy(西島隆弘)さんが作詞作曲を手がけた楽曲「トリコ」も解禁。


Nissyさんは、本作のために書き下ろしたこの楽曲で初の映画主題歌を担います。 プロデューサー陣からの「映画館から明るい気持ちで帰れるような曲を」というリクエストを受け、今年は Nissyとしてステージに立ってから 5年目ということもあり、並々ならぬ気合いで制作に臨んでいます。

作品の世界観やメッセージに沿った歌詞には「雫」という言葉が印象的 に散りばめられ、映画のエンドを飾るにふさわしい、HAPPYな楽曲が誕生しました!「トリコ」は9月30日(日)リリース予定となっています。


Nissy(西島隆弘)さんからコメントが届いています!

Nissyさん:Nissyとして映画の主題歌のお話をいただいたのは初めてだったので、とても嬉しかったです。

脚本とコミックを読ませていただいて、男の子2人よりも雫ちゃんの気持ちが描かれていることも多かったので、2人の感情を いい意味でも振り回したり、ドキドキさせたり、といったストーリーにそった歌詞を作ってみるのも面白いと思いました。 3 人の友情や恋愛を、 音楽としてのストーリー展開に構成できたら『あのコの、トリコ。』の違った面白さが増すのかなと思いま す。

今まで、今回の『あのコの、トリコ。』のような三角関係のラブソングを書いたことがなかったのですが、原作を読ませて頂いて「く っつく の?くっつかないの?」とドキドキさせられたり、両極端な男性像が描かれたりしているなと感じて、ただ観ている女性の 方は、両方とも理想の男性像なんだろうなと思いました。 それをどのように歌にのせたら、ちょっと恥ずかしくなってしまいそうな部分も表現できるかなと考え、例えば、じっとしているより動 いたほうが恥ずかしさが紛れるのかなと考え振り付けに取り入れたりして、「ドキドキするハッピーソングを!」と思って作らせてい ただきました。 ぜひ、映画を観てその後に流れるこの曲でも、HAPPYになっていただけたらなと思います。

映画情報どっとこむ ralph ドキドキの恋と、芸能界を目指すキラキラな夢を追いかける、幼なじみ3人のシンデレラ・ラブストーリー。 吉沢 亮主演

あのコの、トリコ。

は、10月5日(金)より、全国にて公開します。

toriko-movie.jp


物語・・・
田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生の鈴木 頼(吉沢 亮)は、東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から好きだった立花 雫(新木優子)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、彼女が所属する芸能事務所に頼まれ、雫の 付き人として現場に同行するようになる。ランジェリーの広告撮影では、共演するはずだった、頼と雫の幼なじみでもあり人気俳優の東條 昴(杉野 遥亮)が、あるアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を受けることに!そして、頼がカ メラの前に立つと別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずときめいてしまう。そしてこの広告が話題となり、頼、そして雫と昴の未来を変えていく。

***********************************

吉沢 亮 新木優子 杉野遥亮 水上剣星 大幡しえり ・ 内田理央 古坂大魔王/高島礼子(友情出演)/岸谷五朗

原作:白石ユキ『あのコの、トリコ。』(小学館 Sho-Comiフラワーコミックス刊)
監督:宮脇 亮
脚本:浅野妙子
音楽:吉俣 良

主題歌:「トリコ」Nissy(西島隆弘)
配給:ショウゲート
(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会