「町山智浩」タグアーカイブ

紗倉まな~山田宏一まで著名人絶賛コメント!映画『早春 デジタル・リマスター版』


映画情報どっとこむ ralph 1972年の日本初上映以来長らく劇場上映の機会がなく、ソフト化もされていないことからカルト的が高まっていた、イエジー・スコリモフスキ監督映画『早春 デジタル・リマスター版』が、いよいよ今週1月13日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA他にて待望の劇場公開。本作はロンドンの公衆浴場に就職した15歳のマイク(ジョン・モルダー=ブラウン)が、婚約者がいながら奔放な 性生活を働く年上の女性スーザン(ジェーン・アッシャー)の恋心を抱き、徐々にエスカレートしていく彼女への執着を描いた伝説の青春映画。

イエジー・スコリモフスキ監督独特の映像美がデジタル・リマスター版として鮮やかによみがえります!
この度本作の公開に寄せて 、 著名人より絶賛のコメントが到着しました!

映画情報どっとこむ ralph 恋は何故こんなにも人を面倒臭くさせるのだろうか。’好き’が次々と爆発して、どうしても真っ直ぐに進めない、その不器用さ。いつまでも観たくなりました。
紗倉まな(AV女優/作家)

映像の時代的古めかしさはむしろ新鮮で、おしゃれにすら映って楽しめる。少年の恋を思春期の危うさとともに描いているが、片思いのいら立ちを知っている者ならきっと感情移入する。これは確かに、「死ぬほどの恋」だ。
蒼井ブルー(作家/写真家)

誰もが気恥ずかしくも夢中で一度は死ぬほどの恋をする。滑稽で悲痛な、甘美で苦しい、初恋。スコリモフスキの『早春』は永遠に危うく不安な青春映画の傑作だ。
山田宏一(映画評論家)

童貞をこんなにも美しく、残酷に描いた映画があるだろうか。プールに浮かぶ少年と美女の看板のラブシーンは永遠に不滅だ。
町山智浩(映画評論家)

黄色いコートに身を包んだナイフみたいなジェーン・アッシャー。彼女が切り裂いた少年の心から流れた血が、透明な水にたゆたう。無垢が潰える瞬間をこんなにも残酷に、硬質に、甘美にとらえた映画も他にない。
山崎まどか(コラムニスト)

子供と大人の狭間。美しさと汚さの狭間。現実と夢の狭間…。どちらにも転ばない全てが危ういバランスで成り立つ儚い世界! 段々と笑えてきさえする青臭さ全開な主人公の行動が最高に愛おしいと思いました…!
テンテンコ(アーティスト)

「青春映画の幻の古典」とされているが、ロンドンのポップと東欧の暗さが絶妙にミックスされている混血的珍品。とまれ、様々な元ネタの塊である、魅力的で斬新なショットの数々。デジタルリマスターの威力ハンパねえ。
菊地成孔(音楽家/文筆家)

映画情報どっとこむ ralph ★イエジー・スコリモフスキ監督直筆ロゴをデザインしたオリジナルTシャツ限定販売!

サイズS.M.L 各3,800円(税込)で1月13日より劇場にて販売開始!

★劇場公開記念!映画批評家・廣瀬純トークショー

「暴力は色彩表面においてそのdeep endに達する」
1/19(金) YEBISU GARDEN CINEMA19:30上映終了後に開催決定!

映画情報どっとこむ ralph 早春 デジタル・リマスター版

1月13日よりYEBISU GARDEN CINEMAにてロードショー

***********************************

監督・脚本:イエジー・スコリモフスキ
脚本:イエジー・スコリモフスキ、イエジー・グルザ、ボレスワフ・スリク
撮影:チャーリー・スタインバーガー
出演:ジェーン・アッシャー、ジョン・モルダー=ブラウン、ダイアナ・ドース、カール・マイケ ル・フォーグラー、クリストファー・サンフォード、エリカ・ベール音楽:キャット・スティーヴンス、CAN 1970年
イギリス・西ドイツ
原題:Deep End
カラー
92分
デジタル・リマスター
提供:マーメイドフィルム、ディスクロード
配給:コピアポア・フィルム
宣伝:VALERIA
協力:ディスクユニオン
© 1971 Maran Films & KeRledrum ProducUons Inc. All Rights Reserved.
     


椎木里佳こういう成功の仕方もある『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』


映画情報どっとこむ ralph ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』が7月29日(土)より全国公開となります。

その一般試写会が行われ、上映後知られざる〝マクドナルド“誕生のウラにさらに切りこむべく、映画評論家の町山智浩さんと高校時代より“女子高生社長”として知られる若手起業家・株式会社AMF代表取締役社長 の椎木里佳さんが登壇しトークイベントが行われました。

日程:7月3日(月)
会場:神楽座
登壇:町山智浩(映画評論家)、椎木里佳(株式会社 AMF 代表取締役社長)

映画情報どっとこむ ralph 観終わったばかりの観客を前に、

町山さん:(主人公の)レイ・クロックは、最初はいい人かと思うん ですけどね、だんだん本性がでてきますよね。

椎木さん:だんだん最後はもうレイ・クロックさんの事嫌い になりませんでしたか?!良い人だってもっていたのが悔しくなるくらい後半は嫌な人になっていまし た。

と両極面を見せるマイケル・キートン演じるレイ・クロックという人物についてフォーカス。

町山さん:レイは、ポジティブシンキングを最初に提唱したノーマン・ヴィンセント・ピール牧師の自己啓 発本のレコードを持ち歩き聴いている。あんな気合いの入れ方すごいですよね(笑)。
<成功した 自分を想像しろ、成功してからの自分を想像していない人は成功しない!>
という考えです。日本 でも未だに売れていてベストセラーになっていますが、あの本のいちばんの問題はあのドナルド・トランプが唯一師匠として仰いでるのがピール牧師ということ。トランプは彼の教会で最初の結婚式も挙げてるくらいで・・・。レイ・クロックとトランプは同じ師匠をもった兄弟みたいなものなんですよ!

と明かすと会場はへぇ~とどよめき、頷く人の姿も。 椎木は「成功した時の自分をイメージする、大きな目標を立てる、ということはしてはいました。人を 踏みつけてまで登りつめたい、というその欲求はすごい。私自身は彼のようなビジネスには憧れません が・・・ビジネマンとしてはすごいと思いました。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph マクドナルドがもたらしたこと

町山さん:マクドナルドが出現したことによって、アメリカという国は均一化されていったんです。フォード自動車のすごかっ たところは、画期的な流れ作業のシステムを作ったこと。マクドナルド兄弟の作ったスピードサービシシステムで、アメ リカ中どこの店に行っても同じ味が食べられるようになった。50年代、マクドナルドが出来たことでアメリカの味が均 一化されたんです。面白いのが、看板メニューのビッグマックは出来たのは、勝手に支店がオリジナルメニューを作ったことで生まれました。同じメニューを提供するために勝手なことをするな、と言うけど皆それぞれ味を変えちゃうんで す。掟を破って、生まれていく。(笑)でも、ビックマックの発明者も最後はマクドナルドに権利取られちゃったんで すけどね・・・。それとは別ですが、映画にも登場する二番目の妻は慈善家としてアメリカでは有名です。よく言われ ているのが、貧しい人たちの最初のきっかけを作るという取組みが知られています。そういう意味では世の中の役に は立っているのかもしれません。

さらに、現在のアメリカでは、映画『スーパーサイズミー』や「ファースト・フードネイシ ョン(邦題:ファストフードが世界を食いつくす)」が出版されるなど、アメリカではここ 2 年位減収していること、均一化というマクドナルドのビジネスモデルが終わりにむかっているという現状も語った。

―名前の由来 劇中レイ・クロックがマクドナルドという名前を欲しがったエピソードに触れ、椎木の会社「AMF」の由来を聞く と、

椎木さん:家訓で『感謝(appreciation)、謙虚(modesty)、全力(fullpower)』の頭文字からとり ました。

と話し、祖父の家に額装して飾ってあるという意外な(?)由来が明かされる一幕も。 アメリカの映画の在り方 マクドナルド本社と本作の関わりについてMCから聞かれると、

町山さん:この作品はオーソライズ(公認)がされていないからマクドナルドのマーク(M)も勝手に使っているんです。この映画と似ている所もある Facebook の創始者を描いた映画『ソーシャル・ネットワーク』も非公認でしたが、芸術を作るのに許可なんかいらない、これが出来ないと面白くならないんです!どんどんやった方が良い、日本も真似するべき。<フェアユース>といって無許可でやれ るんですが、日本は名前をちょっと変えたりするけど誰かがやれば凡例ができる!

と力説した。

映画情報どっとこむ ralph そして最後に、本作のみどころについて、

椎木さん:ビジネスパーソンとしては(レイは)確実にすごい人。特に若い人はこういう成功の仕方もあるのかと、知ることができる作品なので観てもらいたい。

町山さん:まさにアメリカンドリー ムの話。元は移民であった男の良い面、悪い面両側面を描いた、<これぞアメリカ>という映画になっていると思う。

と締めくくりイベントは終了した。



ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
原題『The Founder』

物語・・・
1954 年アメリカ。52 歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな 店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店<マクドナルド>があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。

次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいく。

公式サイト:thefounder.jp

***********************************

監督:ジョン・リー・ハンコック
脚本:ロバート・シーゲル(『レスラー』)
出演:マイケル・キートン、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン
2016 年/アメリカ/英語/カラー/115 分/

© 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
提供:KADOKAWA、テレビ東京、BS ジャパン、テレビ大阪
配給:KADOKAWA
  


熱い!町山智浩x樋口毅宏『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 5月20日(土)よりイタリア映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』がヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて公開となります。
公開に先立ち5月17日(水)、ユーロ ライブにて映画評論家・町山智浩さんと、作家・樋口毅宏さんをサプライズゲストトークイベント付き一般試写会 が行われ『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』の感想を熱く語りました。

『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』のトークイベント付き一般試写会
日付:5月17日(水)
会場:ユーロライブ
登壇:映画評論家・町山智浩、作家・樋口毅宏

映画情報どっとこむ ralph 本作は永井豪原作アニメ「鋼鉄ジーグ」をモチーフにして作られたイタリア発のダークヒーロー・エンターテインメント。

2016 年のイタリア・アカデミー賞と呼ばれているダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で、長編デビュー作ながら 16 部門にノミネートされ、結果的に新人監督賞を含む最多 7 冠受賞という快挙を果たした快作である。 冒頭。。興奮気味に語り始め

樋口さん:子どもの頃はじめて買ってもらった超合金ロボが、アニメ「鋼鉄ジーグ」で、すごく思い入れの強い作品。この映画は全編を通して本当に日本アニメへのリスペクトを感じる作品。

と絶賛。それに対し

町山さん:日本アニメのリスペクトを感じつつも、これはヤクザ映画。2008 年に公開された衝撃作 『ゴモラ』でも描かれていたイタリアにいる世界最悪のヤクザ・カモッラに立ち向かう地元のチンピラが、ヒーローになる作品。

と 解説。 また町山さんが、作品を鑑賞した直後から敵役・ジンガロを面白がっていることに樋口さんが触れると、そこから2人は敵役・ジンガロの話題で大盛り上がりに!

樋口さん:彼は主人公よりキャラが立っている!

との言葉を発端に、

町山さん:キャラがすごく濃くて、何も考えてないところがめちゃくちゃおもしろい。彼はアメリカのスーパーヒーローものには 絶対に登場できないキャラクターで、すごくおもしろい!

と、すっかり敵役・ジンガロの虜に。

さらにジンガロのキャラクター設定 にもふれ、“イタリアン・ポップスのオタク”“80 年代の歌謡曲ばっかり歌うヤクザ”と次々に例えていく町山さん。さらにヒートア ップし実際に町山さん自ら、観客がイメージしやすいように日本の80年代の歌謡曲を口ずさみながらジンガロを分析したところで、会場にはドッと笑いが。

そんな町山さんの発言に終始同調しながら、樋口さんもジンガロに対して

樋口さん:日本の小学生かよ!

と思わず突っ込んでしまうほどの盛り上がり。

映画情報どっとこむ ralph このような映画の感想はもちろんのことアニメ「鋼鉄ジーグ」が放映された当時の日本のテレビ事情から、昨今多く見かける ようになった日本アニメにオマージュを捧げる海外作品についてのお話し、さらには 2020 年のオリンピックの話まで、あらゆるテーマを縦横無尽に駆け巡りながら、終始 2 人の本作への愛が感じられたひと時。サプライズゲストとして登壇した 2 人の トークを聞いた観客にとっては、まさに“胸熱”な時間となった。

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
原題:Lo Chiamavano Jeeg Robot

5/20(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!
www.zaziefilms.com/jeegmovie/



***********************************

監督・音楽・製作:ガブリエーレ・マイネッティ
脚本:二コラ・グアッリャノーネ
撮影:ミケーレ・ダッタナジオ
編集:アンドレア・マグオーロ
美術:マッシミリアーノ・ストュリアーレ
衣装:メリ・モンタルト
録音:ヴァレンティーノ・ジャンニー
音楽:ミケーレ・ブラガ 出演:クラウディオ・サンタマリア、ルカ・マリネッリ、イレニア・パストレッリ、ステファノ・アンブロジ、マウリツィオ・テゼイ、フランチェスコ・フォルミケ ッティ、ダニエーレ・トロンベッティ、アントニア・トルッポ、サルヴォ・エスポジト。ジャンルカ・ディ・ジェンナー
2015/イタリア/カラー/119 分

日本語字幕:岡本太郎
提供:ザジフィルムズ/朝日新聞社
配給:ザジフィルムズ
©2015 GOON FILMS S.R.L. Licensed by RAI Com S.p.A. – Rome, Italy. All rights Reserved.


したコメ後夜祭で『エクスペンダブルズ3』の日本プレミア決定!


コメディ映画の祭典「第7回したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。
2014 年9 月12 日(金)~16 日(火)に開催です。

そして、この度「映画秘宝」presents 映画秘宝まつり にて
映画『エクスペンダブルズ3』上映決定!

映画に愛を持って接する奇跡の雑誌「映画秘宝」とのコラボ企画。
4日間だった開催期間を1日延ばし、したコメ初となる「後夜祭」で、「映画秘宝まつり」に相応しい破壊力抜群の、『エクスペンダブルズ3』の日本最速プレミア上映が決定いたしました!「映画秘宝」の総大将・町山智浩氏、水道橋博士氏を招いての爆裂映画トークで、したコメ総決算!

エクスペンダブルズって、コメディーでしたっけ?
って、突っ込まみたいですが....

まあ、あれだけ強いと既にギャグってことですかね。

『エクスペンダブルズ3』

(2014 年/アメリカ/126 分/ポニーキャニオン、松竹)
2014 年11 月1 日全国ロードショー
日時:2014年9 月16 日(火)17:00 開場/18:00 開演 予定
会場:浅草公会堂
ゲスト:町山智浩、水道橋博士
監督:パトリック・ヒューズ
出演:シルベスター・スタローン、メル・ギブソン
ハリソン・フォード、アーノルド・シュワルツェネッガー ほか

今度のエクスペはハリソン・フォード、メル・ギブソン他感涙のヒーローたちが集結!
33 兆円軍団が世界を駆け巡る!
エクスペンダブルズ3 ⒸEX3 Productions, Inc. All Rights Reserved. (C)Phil Bray
エクスペンダブルズ3
ⒸEX3 Productions, Inc. All Rights Reserved. (C)Phil Bray

エクスペンダブルズ最新作はシリーズ史上最高の顔合わせが実現した!一国の国家予算に匹敵する驚愕のドル箱スターたちが集結し、我々の想像力を超える奇跡の競演を果たした!!これまでの無骨なイメージから一挙に伝説のヒーロー軍団へとバージョンアップしたエクスペンダブルズ!今回は世界を舞台に大暴れする!!

コメディ映画の祭典
「第7回したまちコメディ映画祭in台東」
2014 年9 月12 日(金)~16 日(火) 開催です!
公式HP:www.shitacome.jp

観たい!方は
8 月9 日(土)AM10:00より、チケットぴあにて一般発売開始!
記者会見 8 月9 日(土)、「第7回したまちコメディ映画祭in 台東」記者会見をUSTREAM にて生放送決定です!

********************************************************************