「田口トモロヲ」タグアーカイブ

玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太ら登壇!「パラレルワールド・ラブストーリー」完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 累計発行部数130万部を超える東野圭吾のベストセラー小説「パラレルワールド・ラブストーリー」が、ついに映画化・完成し、5月31日(金)より公開となります。

そして、その完成を記念し、レッドカーペットセレモニーと完成披露試写会が行われました。

舞台挨拶には、玉森裕太さん、吉岡里帆さん、染谷将太さん、筒井道隆さん、美村里江さん、清水尋也さん、石田ニコルさん、田口トモロヲさん、森義隆監督
が登場!撮影のエピソードトークを繰り広げ、さらに登壇者が謎解きにも挑戦しました!


日程:4 月16 日(火)
場所:丸の内ピカデリー
レッドカーペット:有楽町マリオン1F
登壇: 玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太、筒井道隆、美村里江、清水尋也、石田ニコル、田口トモロヲ、森義隆監督

映画情報どっとこむ ralph 多くのファンが詰めかけた会場で、
幕が降りるとともに玉森裕太さん、吉岡里帆さん、染谷将太さんが登場すると会場は熱狂の渦!
ものすごい数のフラッシュがたかれます。

さらに
筒井道隆さん、
美村里江さん、
清水尋也さん、
石田ニコルさん、
田口トモロヲさん、
森義隆監督が登場!
登壇者たちが登場すると、会場は大きな歓声と拍手に包まれた。

順番にレッドカーペットに降り立つと、あまりの至近距離にファンからは悲鳴にも似た歓声があがり、会場のボルテージはマックスに!”自撮りは苦手”という玉森が携帯を構え登壇者、ファンと自撮りに挑戦する一幕も。

最後に

玉森さん:本当に皆さんの魂を込めた作品です。頭フル回転のミステリーを映画館で皆さんも一緒に楽しみながらご覧いただけたら。

と締め、大盛り上がりのなかレッドカーペットセレモニーは終了。

映画情報どっとこむ ralph 映画館に会場を移して行われた舞台挨拶は、客席のみならずマスコミ席も超満員でスタート。

主人公の崇史は2つの世界に迷い込むなかで愛する麻由子が自分の恋人なのか、親友の智彦の恋人なのか、パラレルワールドを行き来しながら苦悩する難しい役だったこともあり、終始緊張感のあった現場だったという玉森さん。

撮影現場の思い出を聞かれると

玉森さん:基本ずっと緊張感のあった現場で、にこやかな空気ではなかったんですけれども、麻由子と思い出の写真を撮るシーンで大きい滑り台があったんですね。その滑り台で監督が一番楽しそうに遊んでいた姿を見たときに、僕の心は穏やかになりました。

と撮影の思い出を振り返った。

パラレルワールドを行き来する役の役作りについては

玉森さん:自分には経験のないことですし、役作りも苦労しましたが、監督からもいっぱいアドバイスをいただいて現場に挑みました。

と大きな覚悟をもって崇史を演じたことを明かした。2つの世界をつなぐ謎の女性・麻由子を演じる吉岡さんは撮影時を振り返り、

吉岡さん:監督がドSすぎる…味わったことのないくらいストイックな現場でした!

とこぼすし、そのエピソードを聞かれると

吉岡さん:玉森さんが染谷さんとの大事なシーンで、鼻血を出されていて。追い込まれて出た鼻血だったのかな。

という驚きの話題を披露し、

玉森さん:智彦とのすごく大事なシーンで自分も熱が上がり過ぎちゃったのか、鼻血が垂れてきて…

と当時の様子を振り返ると、すかさず

森監督:暴力はなかったですよ!

と補足し、会場に笑いが広がった。



玉森さんと緊迫のシーンを演じた智彦役の染谷将太さんは、緊迫した現場中では

染谷さん:お弁当を選ぶ時だけ(玉森さんと吉岡さん)笑みがこぼれるのが、唯一の心の救いでした。玉森くんと一緒にいる時間が長かったので、お弁当も一緒に食べていたけど、なぜか会話もなく食べていましたね・・・・。

というエピソードを披露。「なんでだろうね?」と玉森とお互い不思議がっていたが、その実態は違和感なく、長年連れ添った親友のように自然と会話がないと言うことだったよう。

メイン3人が緊迫した現場に追い込まれている一方、崇史の通う研究所の教官・小山内を演じた筒井道隆さんや、崇史の先輩・景子役で出演した美村里絵さんは

美村さん:まさか主演俳優が鼻血を出すほど追い込まれた現場だったとは…

と驚きが隠せない様子。自らは楽しく現場に臨んでいたという美村さんは初めて脚本を読んだ際に

美村さん:これは大変な設計図の映画になるという印象でした。まず複雑な原作を脚本に起こす苦労があって、それを撮影している最中の俳優の苦労があって、編集でももうひと勝負!という、これはチーム全体が一致団結しないと大変な現場だなと感じました。

という。崇史と智彦の後輩・篠崎を演じた清水尋也さんは現場入りした際に

清水さん:こんなぴりっとした大人の雰囲気の現場と知らなくて…落ち着いたストイックな現場だったので、『ああ、そう言う感じね』と思って、僕もそういう雰囲気を出していました。

と登壇者最年少19歳のコメント。崇史の友人・夏江を演じた石田ニコルさんは

石田さん:緊迫した雰囲気の現場で明るい夏江を維持するのがちょっと大変でした。

と、本作唯一の陽気な人物ともいえる夏江ならではの苦労を語った。一方シリアスなシーンの多かった崇史と智彦の上司・須藤役の田口トモロヲさんは

田口さん:玉森さんは緊張し過ぎて鼻血を出してらっしゃいましたけど、僕は緊張し過ぎてお腹を壊してやばかったです。

とこちらもストイックな現場の影響が出ていたことを明かしながらも

田口さん:その現場のいい緊張感は作品にみなぎっています。

と自信をのぞかせた。


ここまで現場の雰囲気が話すキャストによってストイックとほっこりと別れているのは

森義監督:映画を見てもらえればその謎はわかります。

と語る森義隆監督。

改めて8名のキャストが揃ったことで

森義監督:キャスティングがうまくいったなと改めて感じます。各々マイペースな雰囲気の俳優が揃って、交わるようで交わらないパラレルワールドのようなキャスティングですよね。

と振り返りつつ、主演の玉森さんについては

森義監督:僕は今回”映画俳優・玉森裕太”を生み出す気持ちでこの作品に臨んでいたし、彼が誕生しないとこの映画は成功しないと思っていました。

と多大な期待を寄せていたことを明かし、

森義監督:その期待に応えてくれた”映画俳優・玉森裕太”がこの映画では見られるのでぜひご覧ください!

とコメントした。

また、本作のタイトルにちなんで「自分が迷い込んでもいいなというパラレルワールドは?」という質問が振られると、

玉森さん:ずーっと晴れの日。
染谷さん:体力がなくならない世界。あと台本を読んだら一瞬で覚えられる世界。

とお茶目な一面を見せた。

そして最後に、ミステリー映画である本作にちなみ登壇者全員で謎解きに挑戦!当然の出題に微動だにせず考える登壇者たちだったが、玉森さんがしっかりと正解を導き出し、

最後に・・・

玉森さん:lこの『パラレルワールド・ラブストーリー』は全員で魂を込めた作品で、自信を持って皆さんにお届けできます。頭フル回転のミステリーに楽しみながら挑戦していただきたいと思います!

とコメントし舞台挨拶を締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph パラレルワールド・ラブストーリー

5月31日(金)全国ロードショー




公式サイト:
parallelworld-lovestory.jp

公式Twitter:
@paralove_movie


***********************************


出演:玉森裕太
吉岡里帆 染谷将太
筒井道隆 美村里江 清水尋也 水間ロン 石田ニコル / 田口トモロヲ

原作:東野圭吾「パラレルワールド・ラブストーリー」(講談社文庫)
監督:森義隆
脚本:一雫ライオン
音楽:安川午朗
©2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会
©東野圭吾/講談社




塚本晋也監督『鉄男』30年!!体感せよ!シリーズ3作 極上音響上映!


映画情報どっとこむ ralph このたび、映画「鉄男」生誕30周年の節目で、記念上映イベントを行います。

1989年、ローマファンタスティック映画祭グランプリ受賞。金属に侵食されていく男の爆裂劇をメタリックな美術、音響、機関銃のようなリズムのコマ撮りで、パワフルに映像化した『鉄男』。その後、たちまち世界中に広がり、マーチン・スコセッシ、クエンティン・タランティーノ、ダーレン・アロフノスキーなどの熱狂的なファンを作り出した。第1作の誕生から今年で30年、伝説のカルトエンタテイメントムービーが、立川シネマシティの極上音響上映でスクリーンに蘇ります。

上映作品はシリーズ3作、『鉄男』(’89),『鉄男Ⅱ BODY HAMMER』(’92)、『鉄男 THE BULLET MAN』(’09)を1週間ずつ、今回の上映のためにあらたに調整した音響で上映します。立川シネマシティでの極上音響上映は、映像と音響で魅せる『鉄男』シリーズにとって、パワフルで最も豪華な上映になることは間違いありません。
また、各上映の初日には、各作品の主演者が登壇。『鉄男』、『鉄男Ⅱ BODY HAMMER』の初日は、『鉄男』で映画界に飛び出し、今や日本映画には欠かせない名優として活躍の場を広げている田口トモロヲ、そしてこの映画で監督出演デビューし、『野火』や『斬、』でも監督出演を続け、庵野秀明監督「シン・ゴジラ』やマーチン・スコセッシ監督『沈黙ーサイレンス』などにも出演した塚本晋也が登壇し、久しぶりのトークイベントを開催します。『鉄男 THE BULLET MAN』の初日には、エリック・ボシック、桃生亜希子、中村優子、塚本晋也と豪華な顔ぶれが結集。各回の司会には、最も『鉄男』に造詣の深い方々が登壇します。

一昨年、逝去した石川忠の音楽は各作品欠かせなく、『鉄男 THE BULLET MAN』のエンディングはナイン.インチ・ネイルズバージョンと石川忠バージョンがありますが、今回は石川忠バージョンでの上映、トリの上映で豪快に鳴り響きます。

また、『鉄男』30周年を記念し、Tシャツを4種類発売します。劇場で『鉄男』シリーズを鑑賞した記念に。また遠方の方には、一緒に30年を盛り上げていただけるようネットでの販売もあります。

映画情報どっとこむ ralph 塚本晋也監督コメント
平成の幕開けとともに誕生した『鉄男』。節目の年に30年を迎えました。映像と音響でライブハウスにいるような感覚で体感してもらいたいと願って作った映画です。今回の立川シネマシティでの極上音響上映は、『鉄男』にとっての大きなひとつの達成になると思っています。30年を記念して、そして未来にも広がっていくよう最高の環境で観ていただけるよう企画しました。この機会に、『鉄男』を直に感じていただければ、と思います。
(photo:塚本晋也監督:斬、初日より)

塚本晋也公式HP:
http://tsukamotoshinya.net/

映画情報どっとこむ ralph 立川シネマシティ Cスタジオ 
JR中央線立川駅北口・多摩都市モノレール立川北駅より徒歩6分
cinemacity.co.jp

①『鉄男』
5月11日(土)~17日(金)
②『鉄男Ⅱ BODY HAMMER』
5月18日(土)~24日(金)
③『鉄男THE BULLET MAN』
5月25日(土)~31日(金)

舞台挨拶
①初日5/11 上映前 
田口トモロヲ、塚本晋也トークあり。司会=三留まゆみ
②初日5/18  上映前 
田口トモロヲ、塚本晋也トークあり。司会=塩田時敏
③初日5/25 上映前 
エリック・ボシック、桃生亜希子、中村優子、塚本晋也トークあり。司会=森直人

5/11(土)・5/18(土)・5/19(土)
トークショー開催日は18時00分ゲストトークショースタート。
トークショー後上映。
※上記トークショー開催日以外の上映時間は、シネマシティホームページにてご確認下さい。
 

鉄男Tシャツを着て30周年を盛り上げよう!
劇場で下記販売。
遠方の方のためにネット販売も行います。(実際の商品と多少異なる場合がございますがご了承くださいませ)
ネット販売はSUZURI のサイトからkaijyushopで検索ください。
各2880円(税抜)

映画情報どっとこむ ralph 鉄男
1989年、ローマファンタスティック映画祭グランプリ。金属に侵食されていく男の爆裂劇をメタリックな美術、音響、機関銃のようなリズムのコマ撮りで、パワフルに映像化!マーチン・スコセッシ、クエンティン・タランティーノ、ダーレン・アロフノスキーなど世界中に熱狂的なファンを作り出す。


監督・脚本・撮影・特殊効果・美術・照明・編集:塚本晋也/音楽:石川忠
出演:田口トモロヲ、藤原京、叶岡伸、塚本晋也、六平直政、石橋蓮司
1989年/海獣シアター/モノクロ/スタンダード/67分/ニューHDマスター/ブルーレイ上映/R指定
©️SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER


鉄男Ⅱ BODY HAMMER
「鉄男」のSFアクション版。1年をかけて圧倒的な美術を作り撮影。完成後も1年をかけて世界中の映画祭を回り、その後の日本映画海外進出の先駆けとなる。ポルト国際映画祭、ブリュッセル国際映画祭、タオルミナ国際映画祭、シッチェス国際映画祭、モントリオール・ファンタスティック国際映画祭、高崎映画祭、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭などで多数受賞。


監督・脚本・撮影・美術・照明・編集:塚本晋也/音楽:石川忠
出演:田口トモロヲ、叶岡伸、塚本晋也、金守珍
1992年/東芝EMI、海獣シアター/カラー/スタンダード/82分/ニューHDマスター/ブルーレイ上映/R指定
©️1993 TOSHIBA-EMI, KAIJYU THEATER


鉄男 THE BULLET MAN
「鉄男」から20年、“鉄男アメリカ”としてクエンティン・タランティーノも製作に名乗りを上げた幻のプロジェクト。『鉄男Ⅱ BODY HAMMER』同様、過去2作の続編でもリメイクでもない。大都市・東京を舞台に、男の体が鋼鉄と化すモチーフを継承しながらも、主役にアメリカ人俳優を据え、全篇英語の作品として製作された。エンディングテーマは、ナイン・インチ・ネイルズバージョンと石川忠バージョンがある。今回は一昨年逝去した石川忠バージョンを上映。


監督・撮影・美術・造形・編集:塚本晋也/音楽:石川忠
出演:エリック・ボシック、桃生亜希子、中村優子、ステファン・サラザン、塚本晋也
2009年/TETSUO THE BULLET MAN GROUP /カラー/ドルビーデジタル/ヨーロピアンビスタ/71分/ブルーレイ上映/PG12/全篇英語、日本語字幕
©TETSUO THE BULLET MAN GROUP 2009

***********************************

  


岡田将生×木村文乃 映画「伊藤くん A to E」のBlu-ray&DVD化が決定


映画情報どっとこむ ralph 岡田将生×木村文乃 主演初出し!映画舞台挨拶や1/10「伊藤くんの日」イベントなど豪華俳優陣のイベント裏側が見られる約120分に及ぶ特典映像が満載!

映画「伊藤くん A to E」のBlu-ray&DVD化が決定しました!!

女性から圧倒的な支持を得ている柚木麻子の小説が映画化された本作は、岡田将生演じるイケメンなのに自意識過剰で無神経、モンスター級に痛い男(痛男)“伊藤くん”が、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆という豪華女優陣を無様に振り回すことでも話題になった恋愛ミステリー!その「痛男」こと“伊藤くん”に立ち向かう崖っぷちアラサー脚本家・矢崎莉桜を演じる木村文乃の、腹黒く無様で振り切った演技も注目を集めました。
Blu-ray&DVDの映像特典では、映画公開まで行われた数々のイベントの裏側を一挙にお見せいたします!

1/10(いとうくんの日)に主演の岡田将生・木村文乃が着物姿で登場した「新年の誓いイベント」をはじめ、公開初日マスコミシャットアウトで行われた門外不出の舞台挨拶の模様も収録。豪華俳優陣のイベントの裏側が見られるプレミア映像になっております。

映画情報どっとこむ ralph 映画「伊藤くん A to E」豪華特典映像詳細

<Making of 映画「伊藤くん A to E」>
・1月10日「伊藤くんの日」新年の誓いイベント
・完成披露試写会
・公開記念舞台挨拶「第1部」
・公開記念舞台挨拶「門外不出、マスコミシャットアウトver」

<特典(DVD、Blu-ray共通)>
★映像特典・・・Making of 映画「伊藤くんA to E」
★封入特典・・・豪華ブックレット

商品情報
★Blu-ray&DVD
【Blu-ray】¥5,800+税 VPXT-71593
【DVD】¥4,800+税 VPBT-14710

★DVDレンタル同時スタート ※本編のみ  
★特典内容や仕様は予告なく変更になる可能性があります。ご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph 伊藤くん A to E

公式サイト:http://www.ito-kun.jp

ストーリー

20代半ばで手掛けた大ヒットTVドラマ「東京ドールハウス」で一躍有名になったものの、ある出来事がきっかけで新作を書けずにいる落ち目のアラサー脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)。ドラマプロデューサー田村(田中 圭)からも勧められ、自身の講演会に参加した【A】~【D】4人の女性たちの切実な恋愛相談を、再起をかけた新作脚本のネタにしようと企んでいる。そんな彼女たちを悩ませ、振り回している男の名前が偶然にもすべて“伊藤”。莉桜は心の中で「こんな男のどこがいいのか?」と毒づきながら、脚本のネタのために「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導する。そして、莉桜は彼女たちの取材を重ねるうちに、【A】~【D】の女たちが語る【痛い男】=“伊藤”が同一人物ではないかと考えはじめる。
そんなある日、莉桜が講師を務めるシナリオスクールの生徒のひとり、容姿端麗、自意識過剰、口先ばかりでこれまで1度も脚本を書き上げたことのない28歳フリーターの“伊藤誠二郎”(岡田将生)が、4人の女【A】~【D】たちを題材にしたドラマの企画を持ち込んできたと、田村に聞かされる。なんと、これまで4人の女たちを振り回してきた【痛男】の正体は、莉桜が最も見下していた自分の生徒、“伊藤”だったのだ。しかも莉桜が再起をかけて取り組んできた渾身のネタを彼に奪われるかもしれない……。さらにそこには、莉桜のネタにはない5人目【E】の女が存在し…。二重の衝撃の事実にショックを受ける莉桜。実は“伊藤”の中では莉桜が5人目【E】の女になっていた。“伊藤”の狙いは一体何なのか―。

莉桜は、徐々に追い詰められていく。

容姿端麗、自意識過剰、無神経、童貞、28歳フリーター 
超モンスター級【痛い男】“伊藤誠二郎”が女たちの運命を狂わせる―

***********************************

岡田将生 木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 田口トモロヲ・中村倫也 田中 圭
監督:廣木隆一
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫)
脚本:青塚美穂
音楽:遠藤浩二
主題歌:androp「Joker」(image world)
制作プロダクション:ドリマックス・テレビジョン
配給:ショウゲート
©「伊藤くん A to E」製作委員会


『伊藤くん A to E』イラっとする“伊藤くん”特別動画解禁!


映画情報どっとこむ ralph 女性から圧倒的支持を受ける柚木麻子の傑作小説「伊藤くん A to E」が、岡田将生さんと木村文乃さんのW主演で遂に映画化、2018年1月12日(金)より全国ロードショー。
岡田将生さん演じる自意識過剰で無神経、超モンスター級の【痛男】“伊藤くん”と、木村文乃さん演じる崖っぷちアラサー【毒女】矢崎莉桜を中心に繰り広げられる未だかつて見たことのない恋愛ミステリーの本作。

この度、自意識過剰で無神経、勘違い発言連発の【イラっとする“伊藤くん”特別動画】が解禁!

木村文乃さんが演じる崖っぷちの脚本家・莉桜が開催するシナリオスクールで、「登場人物が街でばったり会うシーンについて、皆さんどう思います?」という莉桜の問いに対し、否定的な態度を示す生徒ばかりの中で、聞こえてきた「僕はあるんだな~」の声に全員が後ろを振り返り、注目する。その視線の先には「こないだ好きな子とばったり会ったよ。」と自慢げに語る伊藤くんの姿が!!

「きたきた~」「やっぱ俺らとは違う~」などとやっかみを入れられても全く気にすることなく、「ロマンがないね~、それでドラマ書けるの?」と全員を煽り、「会えばけんかばっかりだったけれど、お互い深いところで理解し合っていた気がするんだ。だから偶然出会うなんて奇跡も起きたんじゃないかな?」と自分に酔いながら回想する。そしておもむろに席を立ち、「僕ってやっぱ『持ってる』のかなあ。僕、運命の人って絶対いると思うんですよね、矢崎女史」とドヤ顔で莉桜にアピールすると、「はーい、今日のまとめは街でばったり会うこともある、ただし、イケメンに限る!でした~」と皮肉たっぷりに莉桜が講義を終わらせると、教室内から笑いが起こるも、関係なしと言わんばかりに「やだなぁ。矢崎女史」とまんざらでもない顔をする伊藤くんだった。これぞモンスター級の【痛男】伊藤くんの真骨頂と言うべき、イラっとする瞬間が収められた映像となっている。

映画情報どっとこむ ralph さらに、2018年1月12日(金)の映画公開を目前に控え、全国各地のイトウさん110人【1(い)10(とう)人】から、コメントが続々到着!!

「主人公の伊藤くんにはドン引きしましたが、あえて空気を読まず自分のスタイルを貫くさまに、強い生存本能を感じてしまいました。(伊藤一朗 アーティスト/Every Little Thing)」、「伊藤くんに翻弄される5人の女性のぶざまな様子が印象的でした。全国のイトウさん、本作を見て伊東温泉に足を運んでください!(伊東市市長)」や、「戦わなければ負けることはない。こうしたくても出来ない人、ついついこうなっちゃう人、どちらも自分ごとに置き換えて観ることができる映画。同じ伊藤としても、他人事とは思えなかったです。伊藤彬彦(androp Drums)」など伊藤くんに対する共感や激励のコメントが多くある中で、同じイトウという名前だからこその苦情⁉共感!?コメントも多く寄せられており、「この”伊藤”のせいで”伊藤”が皆こうだと思わないで欲しい。だって私はこういう殿方に泣かされたことがある”伊藤”ですから。いとうあさこ(お笑い芸人)」や「娘よ!この手の「伊藤」には、気をつけろ!!ママより~無様な涙の夜もあった旧姓「伊藤」より~ 伊藤裕子(女優・主婦)」など、強烈なインパクトで大暴走するモンスター級に【痛い男】“伊藤くん”だからこそ、反応も110人110色!!

◆110人のイトウさんからのコメントは、本日より特設サイト


にて紹介されています。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
落ち目の脚本家・矢崎莉桜は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚本のネタにしようと企んでいる。心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前に“伊藤”が現れる。“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての脚本を書いていくのだ。しかもそこには、莉桜のネタにはない5人目【E】の女が存在し…。“伊藤”の狙いは一体何なのか――。莉桜は、徐々に追い詰められていく。

公式サイト:ito-kun.jp 

***********************************

出演:岡田将生 木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 田口トモロヲ・中村倫也 田中 圭
監督:廣木隆一  
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫) 
脚本:青塚美穂 音楽:遠藤浩二
主題歌:androp「Joker」 (image world) 
配給:ショウゲート 
©「伊藤くん A to E」製作委員会  


佐々木希がホテルに誘うも逃げられる映像到着「伊藤くん A to E」


映画情報どっとこむ ralph 他人の恋愛を覗き見ているような体感と、ヒリヒリするような共感のリアルさが話題沸騰となったドラマ「伊藤くん A to E」が、一層過激になり、岡田将生×木村文乃W主演で映画化、2018年1月12日(金)より全国ロードショーとなります。

この度、佐々木希演じる【A】の女・島原智美が、伊藤をホテルに誘うも、ダッシュで逃げられてしまうという衝撃の本編映像が公開となりました!


佐々木希さんが演じる智美は、誰もが認める才色兼備の女性でありながら、5年間、一方的に付き合っていると信じ込んでいる“伊藤くん”と一度もSEXをしたことがなく、いつもぞんざいに扱われてしまっているという切ない役どころ。いつも伊藤の気まぐれに振り回されうんざりしながらも、たまに呼び出されるたびに「もしかしたら…」と期待してしまう典型的な【都合のいい女】だ。そんな智美が伊藤をホテルへ誘うも、断られてしまうという衝撃シーンが解禁!


智美は久々に伊藤に呼び出されたことにはしゃいで飛んでいくが、連れていかれたのはラーメン屋で、そのうえ彼に「好きな人ができたから応援してくれ」と言われてしまう。


伊藤にとって自分は彼女ではなく、用事があるときだけ呼ばれる、ただの【都合のいい女】でしかなかったことを自覚してしまうのだ。そこで、伊藤に尽くしてきた5年間が無駄でなかったことを証明するため、意地でも伊藤に抱いてもらおうと捨て身の覚悟で伊藤にすがるが…。智美の痛々しくも切実な想いがこのシーンに表れている。

映画情報どっとこむ ralph 佐々木希といえば、「世界で最も美しい顔100人」ランキングに6度ランクインしているほどの、世界も認める絶世の美女。
今回解禁された映像には、そんな佐々木希演じる智美が上目遣いでホテルに誘うも断られ、最後にはダッシュで逃げられてしまうという、他では決して観ることの出来ない姿が収められている。

伊藤は、最初は「ごめんな」と言いながら良い男を装い智美の頭をぽんぽんする。

しかし、引き下がろうとしない智美を見て、腕を思いっきり振り払い、おびえた様子で走り去ってしまうのだ。「ねえ、待ってよ!」「もっと一緒に居たい!」と何度も食い下がり、すがりつく様子は、伊藤にとってもはや【都合の良い女】以下のウザい女となった智美の悲壮感をより引き立てるシーンになっている。

映画情報どっとこむ ralph 劇中では、他にも【B】自己防衛女・野瀬修子(志田未来)、【C】愛されたい女・相田聡子(池田エライザ)、【D】ヘビー級処女・神保実希(夏帆)、そして木村演じる崖っぷちの【毒女】矢崎莉桜、5人の女たちが超モンスター級【痛男】伊藤によって運命を狂わされる姿が描かれる。甘い恋愛に秘められた嫉妬、執着、苛立ち、優越感…人間なら誰しもが抱く【毒】が抉り出される震撼恋愛ミステリーをぜひお見逃しなく!

物語・・・
伊藤(あいつ)にさえ、出会わなければ―
落ち目の脚本家・矢崎莉桜は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、
新作脚本のネタにしようと企んでいる。心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、
そんな莉桜の前に“伊藤”が現れる。
“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と
同じ4人の女たちについての脚本を書いていたのだ。しかもそこには、莉桜のネタにはない5人目【E】の女が存在し…。
“伊藤”の狙いは一体何なのか―。莉桜は徐々に追い詰められていく。

公式サイト:ito-kun.jp

過去記事:
女優達からクズ!のレッテル!岡田将生がタジタジ(笑) 『伊藤くん A to E』完成披露試写会
http://eigajoho.com/90720


***********************************

出演:岡田将生 木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 田口トモロヲ・中村倫也 田中 圭
監督:廣木隆一  原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫) 脚本:青塚美穂 音楽:遠藤浩二
主題歌:androp「Joker」 (image world) 配給:ショウゲート 
(C)「伊藤くん A to E」製作委員会