「田中泯」タグアーカイブ

葛飾北斎 生誕260周年 柳楽優弥 & 田中泯 W主演で映画化 『HOKUSAI』


映画情報どっとこむ ralph このたび、19世紀にフランスにジャポニズムブームを巻き起こし、名だたるアーティストたちに影響を与え、西洋近代絵画の源流となった、世界で最も有名な日本人・葛飾北斎の知られざる生涯を初めて描く映画「HOKUSAI」が、S・D・P配給にて2020年初夏に全国公開する事が決定!
葛飾北斎 神奈川沖浪裏
★常識にとらわれず、“自由”を求め走り続けた北斎の、誰も知らない物語が今、明かされるー

平均寿命が40歳と言われた時代に享年91歳という長寿人生を送り、彼の代表作となる「富嶽三十六景」を描いたのはなんと72歳の時、生涯を通して描き残した作品は3万点以上と言われています。
しかしながら、彼の<人生>に関しては残っている資料は少なく、故に様々な逸話が生まれ、今までしっかりと描かれたことがありませんでした。
本作は構想約3年、数少ない史実をもとに独自の視点と解釈によって生まれた新たな物語です。
青年期の北斎を目覚めさせた稀代の版元・蔦屋重三郎。
そして老年期の北斎のパートナーとなる人気戯作者・柳亭種彦。
この二人とのエピソードを軸に「人間・北斎」と、彼が描いた「三つの波の秘密」が生まれるに至った物語を描きます。
監督を務めるのは、『探偵はBARにいる』シリーズ、『相棒』シリーズの橋本一。

映画情報どっとこむ ralph 柳楽優弥 & 田中泯 阿部寛 瑛太 玉木宏『HOKUSAI』葛飾北斎
★世界で活躍する主役級の超豪華キャストが集結!

葛飾北斎に挑むのは柳楽優弥さんと田中泯さんのW主演。

その才能は認められながらも、売れない絵師として葛藤の中で筆をとり続けた青年期の北斎を柳楽さんが、芸術家としての情熱を失うことなく孤独に自らの画才を磨き続けた老年期の北斎を田中さんがそれぞれ演じます。

さらに、青年期の北斎を見出した名プロデューサー・蔦屋重三郎には阿部寛さん、老年期の北斎とパートナーを組む人気戯作者・柳亭種彦を瑛太さん、青年期の北斎がライバル意識を向ける美人画の大家・喜多川歌麿を玉木宏さんと、全員主役級の超豪華キャストが集結!
是枝裕和監督作『誰も知らない』で映画初出演にして、第57回カンヌ国際映画祭で最優秀主演男優賞を日本人初、史上最年少で受賞した柳楽さん、ルーブル美術館で海外デビューを果たすなど、俳優としてだけでなく舞踊家として世界を舞台に活躍する田中さんという、海外からも高い評価を受ける2人をはじめ、日本を代表する実力派俳優たちが紡ぎあげる知られざる北斎の物語を世界に届けます。

出演者の皆さんと監督からコメントも到着!

■柳楽優弥(葛飾北斎・青年期/壮年期)さんコメント
僕が演じさせていただいた若い頃の北斎は、あまり情報もなく、謎に包まれていたので、初めはどの様に演じるべきかとても迷いました。様々な資料を読んだり、監督と相談していく中で、逆に知られていないからこそ、僕たちで「北斎像」を作り上げていこうと現場に臨ませていただけたことは、とても楽しくやりがいを感じました。
絵を描くことが本当に好きで、数々の壁にぶち当たりながらも徹底的に追求する「好きこそものの上手なれ」ということわざを体現したような世界的スターである北斎さえも、売れない時期や苦しい時代があったということを知れて嬉しかったですし、夢を感じました。世界中にいる北斎の熱狂的なファンの方達にもぜひ観て頂きたいです。

■田中泯(葛飾北斎・老年期/晩年期)さんコメント
葛飾北斎はもともと大好きでしたが、役の年頃が、ちょうど今私自身が差し掛かっている年齢でもあり、とんでもないタイミングでこの様なお話が来たな、とご縁を感じました。大勢の人の前で北斎になることができる、というチャンスをいただけたことは本当に幸せなことだと思います。おそらく僕が日常的にやろうとしてもたどり着かない“ある高み”へ引っ張り上げてもらえる、架空からまるで現実の時間のように変わっていく、起こらないことを起こしていくということが、この映画の持つ力なのだと思います。僕は、彼のような才能をこれっぽっちも持っていない人間ですが、ある種の世の中に対する、耐えられないものをずっと持ち続けて生きていることにはすごく共感しました。映画に出てくる北斎のいくつもの重要な言葉がわかると、彼が、単に絵だけで評価されているわけではないということがわかると思います。

■阿部寛(蔦屋重三郎)さんコメント
僕は、若き日の葛飾北斎を見つけ、才能を見抜きそして育てた、蔦屋重三郎という役をやらせて頂きました。今でいうプロデューサーであり、北斎や歌麿、写楽など様々な才能を集めて、自身の手で育てていくという先見の明を持ち、絶えず新しいことを作り出していった人物です。おもしろい役でした。 果たしてこの人物をどうやって演じようかと、色々と調べましたが、最終的には、現場で実際に柳楽くんたちと対峙することによって作っていきました。北斎を演じた柳楽くんは、動物的というか反射神経というか、彼ならではのお芝居で、“思いのほか柔らかく、思いのほか強く”こういう感じで来るだろうという予測を大体外してきたので、一緒にやっていて楽しかったです。それぞれの絵師たちの生き様、そして僕の演じた蔦屋重三郎の生き様をぜひ見てほしいと思います。

■瑛太(柳亭種彦)さんコメント
時代背景問わず、今の日本でも芸術的な事に身を置く人間として何を覚悟して人前に立つのか、田中泯さん演じ、
葛飾北斎から教わりました。共演は出来ませんでしたが、柳楽優弥くんの葛飾北斎も心から楽しみにしています。

■玉木宏(喜多川歌麿)さんコメント
喜多川歌麿という人物を、絵師ということを大前提にしながらも、ちょっとしたエロティシズムというか、どこかちょっと危うい感じになればと思い、いかにキャラクターのインパクトや作品のメッセージを残すか考え、演じさせていただきました。絵師たちと蔦屋重三郎との関係は、僕らの仕事とも通ずるものがあるように思います。プロデューサー的な存在が蔦屋重三郎で、僕らはアーティスト。皆それぞれに新しい芽が出てくるとそこに対して嫉妬心が生まれたり、プライドや孤独を感じながら自分と向き合っていく。それは現代にも通ずる、この作品の面白さであると思います。登場する浮世絵やセットも色彩豊かで、心に残る、心に響く、日本ならではの作品になっていると思います。

■橋本一監督コメント
葛飾北斎、という人物を、どう描く。後世に残された作品を見て観て診て魅て、想像逞しく9割創造1割事実、なれど10割真実を目指し、撮影開始。彼岸の北斎先生、如何なる思いかは、知る由も術もなく。梅雨の京都、1ヶ月半の撮影中、一度たりとも夢枕に立たざりしは、呆れての無視ではなく、好きにおやりよ、と言う励ましと勝手に解釈、当代一級の出演者陣のチカラを借りての、精一杯の人間絵巻。出来上がるのは、青春活劇か、江戸群像劇か、性と暴力の寓話か、老と妄想の夢幻劇か。そのいずれもが正体にして正体にあらずの摩訶不思議な作品に仕上がれば、齢五十の未熟者の本望。ご期待あれ!

映画情報どっとこむ ralph ★来年は北斎生誕260周年!<HOKUSAI2020プロジェクト>始動!

パリ中心部のフランス国立グランパレ美術館で2014年に開催された過去最大規模の「北斎展」では約36万人の総入場者を記録、2017年にロンドンの大英博物館で行われた「北斎展」では、英デイリーメールやオブザーバー紙が5つ星評価をつけ、前売り券が完売、連日当日券を求めて長蛇の列が発生するなど、日本国外でも愛される葛飾北斎。
そして本作が公開するのは、北斎生誕260周年となる2020年。
オリンピックイヤーとして改めて世界の目が日本に注がれる中、マンガやアニメなど日本オリジナルのコンテンツの原点である北斎の知られざる人生を伝えるべく、海外映画祭への参加や海外配給を視野に入れた全世界同時プロモーションを展開し、世界中でHOKUSAIムーブメントを巻き起こします!

いよいよ始動した<HOKUSAI2020プロジェクト>。

来るHOKUSAIイヤーに向けて続報にご期待ください!

HOKUSAI

2020年初夏 全国ロードショー

公式サイト:www.hokusai2020.com
公式SNS:@hokusai2020
ハッシュタグ:#HOKUSAI

***********************************


出演:柳楽優弥 田中泯 / 阿部寛 瑛太 玉木宏 ほか
監督:橋本一

配給:S・D・P
©2020 HOKUSAI MOVIE




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

芦田愛菜、石橋陽彩、浦上晟周、森崎ウィン、田中泯、渡辺歩監督『海獣の子供』完成報告会見


映画情報どっとこむ ralph 映画『海獣の子供』が6月7日(金)に全国公開となります。

この度、5月9日(木)に本作の完成報告会見を行ないました。
会見には、芦田愛菜さん、石橋陽彩さん、浦上晟周さん、森崎ウィンさん、田中泯さん、渡辺歩監督が登壇!
完成した作品を見た感想や監督自らがキャストの横に立ってディレクションされたというアフレコ時のエピソードなどを語りました。

さらに会見の途中で予告編第2弾を初披露!キャストも初めて見る新しい予告編には、米津玄師の新曲「海の幽霊」が使用されており、自身初の映画主題歌となる書き下ろしの楽曲が初公開されました。(予告第2弾は10日10時解禁)

映画『海獣の子供』完成報告会見
日付:5月9日(木)
場所:帝国ホテル
登壇:芦田愛菜、石橋陽彩、浦上晟周、森崎ウィン、田中泯、渡辺歩監督

映画情報どっとこむ ralph ■完成した作品を見て

芦田さん:映像がとても綺麗で、水の表現がダイナミックで躍動感があって、水が生きているみたいだなと感じました。その映像に音楽が加わることで、お互いがお互いを引き立て合って、作品に命を感じました。ラストの30分は私自身色々なことを感じて考えました。生命の起源や神秘などが描かれていて、明確な答えの出ない作品ですが、その時、身体全体で感じたことを大切にしていただきたいです。

石橋さん:言葉では表現しきれない感覚になりました。頭で考えるより、心で感じる作品だと思います。風や海の匂いを感じたり、風景がとても素敵です。「海」と琉花が一緒に歩きながらソフトクリームを食べるシーンが好きで、「甘~い」というセリフに「海」の可愛らしさが出ています。

浦上さん:後半は宇宙の神秘や生命の誕生など、壮大に膨らんでいくのですが、完成した作品を観た後は、久石さんの迫力のある音楽とキレイな映像に圧倒されて言葉が出ませんでした。先日、海を通りかかったときに、ここで実際に映画で観た“祭り”が行われているのではないかと感じました。壮大なテーマですが、日常で起こっているようなリアリティーもあると思います。後半の大きな山場でもある、“誕生祭”のシーンが好きで、原作の漫画も絵だけで迫力があってページをめくる手が止まらなかったのですが、映像になったときに、映像美や迫力はもちろんですが、久石さんの音楽にも圧倒されました。

森崎さん:完成した作品を観た時は、頭にキレイな「?」が浮かびました。こんなに考えさせられる、想像させられる作品はないと思います。でも押し付けられている感じはなく、想像の自由を与えてくれている作品だと感じました。劇場で見ないと損です!映像美と音楽の奥行きを劇場で体感して欲しいです。

田中さん:原作を読んで、自分の中の好奇心が動きました。小さな時から持ち続けているたくさんの好奇心が、笛を吹かれて大集合した感覚になりました。完成した映画を観て、この作品に関わり、そして、このような場に呼んでいただけて、本当に嬉しく、ほろほろと泣くような気分です。

渡辺監督:企画から完成に5年近くかかり「完成するのか?」と思いながら作りました(笑)キャスト・スタッフ一同、心を込めて描き切り、演じ切りました。音楽は、もともと久石さんの大ファンだったので、ダメ元でオファーしました。作品の世界に共感してくれて、新しい形の映画音楽を作り上げていただきました。音楽にも注目していただきたいです。

■アフレコについて

芦田さん:監督が同じブースにいて、隣でディレクションしてくれました。監督とお話ししながら琉花というキャラクターが形作られていき、演じやすかったです。

石橋さん:ここは「海」は明るく言うんじゃないかと思っていたセリフを「もっとトーンを変えてみたら」との監督のアドバイス通りにやってみると、僕が演じているのですが、「海」が本当にしゃべっているのではないかと、よりしっくりと感じました。

浦上さん:アニメ声優は初挑戦だったので不安でしたが、監督が隣にいてくれて安心感がありました。「空」は何を考えているか分からないキャラクターですが、アフレコ前に監督とお話しして、大人びていたりつかみどころがない役でしたが、「ここはもう少し少年っぽく」など、芝居の自由がきく演出をしてくれました。

森崎さん:声の仕事は別の世界だと思っていました。実際にやってみるととても難しかったです。田中さんと一緒にアフレコしたのですが、大先輩なので緊張して、とにかく震えていました。監督と二人三脚で役を作り上げていく経験は楽しかったです。

田中さん:ヘッドホンから聞こえる自分の声を聞き、さらに声を出す。自分の身体を忘れて、声と空間だけになっているような、海の中にいるような感覚になりました。森崎さんの声と合わさっていく感覚は、言葉が戦っていなくて、楽しかったです。

■予告編第2弾や米津玄師の主題歌「海の幽霊」について

芦田さん:米津さんの曲は歌詞が好きで、よく聞いています。今回主題歌とお聞きして、びっくりしましたし、とても楽しみでした。映画の中で、田中さん演じるジムの「人間は言葉にしないと思っていることの半分も伝えられない」と言う言葉が印象的で、米津さんの主題歌にも「大切なことは言葉にならない」というフレーズがあり、私自身も世の中には言葉にできないことはたくさんあるけれど、それを言葉にするより、その時感じたことそのものを心に留めておくことが大切だとこの映画を通して思ったので、米津さんの曲はすごく心に響きました。

渡辺監督:全体的な映画音楽は久石さんが作ってくれて、最終的に、映画を総括する主題歌、キャラクターのその時における帰結点を代弁できるものが欲しいと思っていました。米津さんはもともと原作を読んでくださっていたので、非常に作品に対して親和性の高い楽曲を作っていただきました。「大切なことは言葉にならない」、言葉にならないことは「無い」ことではない、そこを的確に表現できる唯一のアーティストが米津さんだと思っています。

映画情報どっとこむ ralph
映画『海獣の子供』

は6月7日(金)全国ロードショー

映画公式サイト:
www.kaijunokodomo.com

映画公式twitter:
@kaiju_no_kodomo


光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。
巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。
<本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた―――。

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。

琉花の父は言った――「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」

明るく純真無垢な“海”と何もかも見透かしたような怖さを秘めた“空”。琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく。三人の出会いをきっかけに、地球上では様々な現象が起こり始める。夜空から光り輝く流星が海へと堕ちた後、海のすべての生き物たちが日本へ移動を始めた。そして、巨大なザトウクジラまでもが現れ、“ソング”とともに海の生き物たちに「祭りの<本番>が近い」ことを伝え始める。
“海と空”が超常現象と関係していると知り、彼等を利用しようとする者。そんな二人を守る海洋学者のジムやアングラード。それぞれの思惑が交錯する人間たちは、生命の謎を解き明かすことができるのか。
“海と空”はどこから来たのか、<本番>とは何か。

これは、琉花が触れたの物語。

***********************************

【キャスト】芦田愛菜 石橋陽彩 浦上晟周 森崎ウィン
      稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹 / 田中泯 富司純子
【監督】渡辺 歩 【音楽】久石譲 【主題歌】米津玄師「海の幽霊」
【アニメーション制作】STUDIO4℃ 【配給】東宝映像事業部
©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

浦上晟周・森崎ウィン・田中泯 映画『海獣の子供』追加キャストに!コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 漫画家・五十嵐大介先生の「海獣の子供」を、映画化『海獣の子供』が6月7日(金)に全国公開となります。

この度、本作の追加キャストが解禁となりました!
主人公「琉花」と共に物語の鍵を握るジュゴンに育てられた二人の少年「海」と「空」。
石橋陽彩さん演じる「海」の兄である「空」役を新たに浦上晟周さんが演じることが決定。さらに、二人の少年の謎を追う天才海洋学者・アングラード役を森崎ウィンさんが、アングラードのかつての相棒で「海」と「空」を保護している海洋生物学者・ジム役を田中泯さんが演じることに。

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」で堺雅人演じる真田幸村の嫡男・大助を好演した他、バラエティ番組「痛快TV スカッとジャパン」の番組内ドラマでの丁寧かつ細かな演技も話題を呼び、本年秋には宮崎駿のオリジナル作品で国内初の舞台化となった「最貧前線」にも出演が決定している浦上晟周さん。

空 役/浦上晟周さんコメント
原作の漫画を読み終えたとき、自分の周りの世界が、少し違って見えました。僕にとってアニメの声を演じさせて頂くのは初めての経験でした。最初は不安が大きかったですが、声を吹き込ませて頂く過程はすごく楽しかったです。「空」が醸し出す雰囲気は異質で、台詞のテンポやリズムも独特です。渡辺監督と色々お話をさせて頂きながら、大人びている喋り方と、時折見せる少年らしさのバランスを意識しました。映画館を出たときに、周りの世界が少し違って見えるような作品になったら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph また、ダンスボーカルユニット・PRIZMAXのメインボーカルとして活躍しながら、俳優としてはスティーヴン・スピルバーグ監督にその才能を見出され、映画『レディ・プレイヤー1』で青年トシロウ役に抜擢された森崎ウィンさん。

アングラード役/森崎ウィンさんコメント
アニメーションの声優は初挑戦ということで、収録用の映像を何度も見返して本番に臨みました。『レディ・プレイヤー1』では、自分で演じたキャラクターの吹替え版だったので、感情を掴みやすかったのですが、アニメーションの場合は、「絵の中にいるキャラクターと一緒に呼吸をしなくてはいけない」と感じました。
今回でいうとアングラードと僕、二人で一人という感覚で、その息がピタっ!とはまった瞬間はすごく気持ちがよかったです。それから、「一枚一枚絵を作って下さった方との呼吸でもある」ということも感じました。僕とアングラードとアニメーターさんとのフィルムの中での共演を是非見届けて下さい。


さらに、数々の映画作品に出演する他、アニメーション作品では、映画『鉄コン筋クリート』の“ネズミ”という独特なキャラクターを演じ、13年ぶりにSTUDIO4℃作品に帰ってきたダンサーの田中泯さん。

ジム役/田中泯さんコメント
オファーを頂き、海獣の子供の原作本が届き、一息で読みました。「参加せよ!」と何処からか聞こえる気がしたのです。好奇心の脈動に震える僕に安堵したのでした。
収録については、大きなヘッドホンからの自分の声に包まれて言葉を出す、まさしく声もカラダなのだ、と思い、演じることの面白さと際どさを同時に感じるお仕事でした。水の星・地球、緑のふるさと・地球、ヒトのふるさとは何処!

と、ダンサーとして、カラダで表現するものとしての共通点をアニメーションに見い出した。

映画情報どっとこむ ralph 本年劇場公開の長編アニメーション映画の中で、ひときわ異彩を放つ映画『海獣の子供』は、芦田愛菜さん、石橋陽彩さん、浦上晟周さん、森崎ウィンさん、稲垣吾郎さん、蒼井 優さん、渡辺 徹さん、田中泯さん、富司純子さんという、完成に向けて更なる期待が膨らむ個性を自由自在に共鳴させる異才キャスト布陣となりました。

最後に、当初「空」役としてキャスティングが決まっていた窪塚愛流さんは次の理由により出演をご辞退される事となりました。

変声期のために安定した声を出すことが困難だったため、スタッフの皆さまにご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。大変残念ですが出演を辞退させて頂くことを決めました。この悔しさをバネにしながら、作品の完成を楽しみにしています。

『海獣の子供』

6月7日(金)全国ロードショー

映画公式サイト:
www.kaijunokodomo.com

映画公式twitter:
@kaiju_no_kodomo

***********************************

【原作】五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX刊)
【キャスト】芦田愛菜 石橋陽彩 浦上晟周 森崎ウィン
      稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹 / 田中泯 富司純子
【スタッフ】監督/渡辺 歩 音楽/久石 譲 キャラクターデザイン・総作画監督・演出/小西賢一 美術監督/木村真二  CGI監督/秋本賢一郎 色彩設計/伊東美由樹 音響監督/笠松広司 プロデューサー/田中栄子
【アニメーション制作】STUDIO4℃ 
【製作】「海獣の子供」製作委員会 
【配給】東宝映像事業部

©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

篠原涼子:最後まで、思いっきり泣いて!「人魚の眠る家」第31回東京国際映画祭 完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれ、発行部数100万部突破のベストセラー「人魚の眠る家」を映画化。

篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリーが11月16日(金)に公開となります。


この度、10月29日(月)に東京国際映画祭にてワールドプレミア・レッドカーペット&スクリーニング舞台挨拶イベントが行われ、主演の篠原涼子さん、共演の西島秀俊さん、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、田中泯さん(完成披露舞台挨拶のみ)、堤幸彦監督が登壇されました。

大熱狂のレッドカーペットイベントの後、舞台をTOHOシネマズ六本木ヒルズに移し完成披露舞台挨拶を行いました!


日付:10月29 日(月)
【レッドカーペットセレモニー】
17:10〜 18:15@六本木ヒルズアリーナ
登壇:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、堤幸彦監督
【GALAスクリーニング】
18:45~19:30 @TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中泯、堤幸彦監督

映画情報どっとこむ ralph 今回の東京国際映画祭からオープニング作品、クロージング作品と並ぶ新設部門「GALAスクリーニング作品」として上映される『人魚の眠る家』だが、その上映に先立ち、完成披露舞台挨拶がTOHOシネマズ六本木にて行われました。

レッドカーペットを歩き終えた篠原涼子さん、共演の西島秀俊さん、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、山口紗弥加さん、堤幸彦監督に加え、ここからは西島秀俊さん演じる和昌の父親・田津朗を演じた田中泯さんも登壇。

MCに役名と共に紹介されると、

田中さん:紹介されて、いま映画の中の私の名前をやっと思い出しました!
とコメントし、会場を笑わせました。

そのうえで本作について

田中さん:この映画で描かれる、本質的にもっている人間の喜怒哀楽の渦というんでしょうか、その影響を受けて、役名を忘れてもわたし個人の中で答えのない質問が頭の中ぐるぐるかけめぐっています。みんなが考えて、なにか答えをみつけなくてはならないんだなということをこの映画は提案してくれているのではないでしょうか

と本作のテーマでもある答えのない問いにどのように向き合うのかについてコメントした。

共演は3度目、映画では初共演となる篠原さんと西島さんだが、本作では離婚寸前のすれ違う夫婦を演じていることについて聞かれると、作品を通して2人の共演する作品は必ず「篠原さんが西島さんを振り回す」という共通点があることが発覚!しかし、本作ではお互いが実際に家族を持ってから、初めての夫婦役ということで

篠原さん:すごくお互いいろんな話をしたし、考えさせられることがありましたよね。
と感慨深げに語り、西島さんは実際に母になった篠原さんの母親の演技について

西島さん:実人生で積み重ねて来た演技の重みというか、深さを感じられました。
と絶賛した。

篠原さんを筆頭に、出演者が全員圧倒的な迫力の演技を披露している本作だが、演出についてどう言った点に苦労したか聞かれた堤監督は
堤監督:作品のストーリーにおける出演者の感情を順番に形作ることが大切だと思ったので、今回はほぼ順撮りといって物語の始まりから順番に撮っていく方法をとりました。だからこそ丁寧に感情を表現することができたと思います。

と本作への自信をのぞかせた。

映画情報どっとこむ ralph シビアなシーンがあるものの、和気藹々とした雰囲気で進んだという本作の撮影現場。
各登壇者、楽しかった思い出を聞かれると、

山口さん:回想のシーンでこどもたちと一緒に庭で鬼ごっこをしたんですが、服がびちょびちょになるくらい汗をかいて遊びました。
と子役とたくさん遊んだ思い出を、川栄さんは坂口さんとのデートシーンでもんじゃを食べていたシーンを挙げ、

川栄さん:坂口さんはカットがかかってもずっともんじゃ焼きを食べてました!
というエピソードを披露し、会場も和やかな空気となった。


最後に・・・

堤監督:たくさん作品を撮って来ましたが、自信もってみなさんにお届けできる作品となっています。ただ、この作品の答えはひとつではありません。ご覧になった方によって作品の印象が変わってくるかと思いますが、ぜひそれぞれの立場でみていただきたいと思います。
と挨拶をすると、

篠原さん:本当に最後まで、思いっきり泣いていただきたいと思います!!!

と力強く締めくくり、舞台挨拶は幕を閉じた。


レッドカーペットイベントの模様はこちら


映画情報どっとこむ ralph 愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦―それは愛か、欲望か?この愛の結末に涙が止まらない―
衝撃と感涙の東野圭吾ミステリー誕生!!

「人魚の眠る家」
公式サイト:
ningyo-movie.jp

【STORY】
二人の子を持つ播磨薫子(はりま・かおるこ:篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(かずまさ:西島秀俊)。娘の小学校受験が終わったら、離婚すると約束した夫婦のもとに、突然の悲報が届く。娘の瑞穂(みずほ)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか。究極の選択を迫られた夫婦は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始する。治療の結果、娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻していくが、その姿は薫子の狂気を呼び覚まし、次第に薫子の行動はエスカレートしていく。それは果たして愛なのか、それともただの欲望なのか。過酷な運命を背負うことになった彼らの先には、衝撃の結末が待ち受けていた――。

映画情報どっとこむ ralph
第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************

原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)
監督:堤幸彦
脚本:篠﨑絵里子 音楽:アレクシス・フレンチ  
主題歌:絢香「あいことば」(A stAtion)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子  
配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会
©TIFF




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎らに大熱狂「人魚の眠る家」東京国際映画祭でレッドカーペット


映画情報どっとこむ ralph 東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれ、発行部数100万部突破のベストセラー「人魚の眠る家」を映画化。

篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリーが11月16日(金)に公開となります。

この度、第31回東京国際映画祭にてワールドプレミア・レッドカーペットイベントが10月29日(月)に行われ、主演の篠原涼子さん、共演の西島秀俊さん、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、堤幸彦監督が登場&ファンサービス!!黄色い歓声が飛び交う大熱狂イベントとなりました。


日 程:10月29 日(月)

【レッドカーペットセレモニー】
17:10〜 18:15@六本木ヒルズアリーナ
登壇者:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、堤幸彦監督

【GALAスクリーニング】
18:45~19:30 @TOHOシネマズ六本木ヒルズ
篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中泯、堤幸彦監督

映画情報どっとこむ ralph 主演に篠原涼子を迎えた映画『人魚の眠る家』が11月16日に公開する。
それに伴い、10月29日に現在開催中の東京国際映画祭にてワールドプレミア・レッドカーペットイベントを六本木ヒルズアリーナで開催し、主演の篠原涼子さん、共演の西島秀俊さん、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、山口紗弥加さん、そして堤幸彦監督が登壇した。

本作の予告編が流れた巨大LEDパネルが左右に開き、キャストと監督が登場すると、会場は悲鳴にも似た大きな歓声に包まれた。

篠原さん:とても切ないテーマではありますが、東野圭吾先生の原作なので、クライマックスまでどうなるかわからない、ハラハラする見応えのある作品になっています。
という挨拶から始まると、篠原さん演じる薫子の夫として共演した

西島さん:とても深い深い、狂気すら帯びる母の愛がテーマの素晴らしい感動作で、遂にワールドプレミアでみなさんにみてもらえることに非常に興奮しています。
とワールドプレミアを無事に迎えられた喜びを語った。

続いて播磨夫妻の娘・瑞穂の延命治療に協力する技術者・星野を演じた坂口健太郎さんが紹介されると、観客の女性陣からはこの日一番の黄色い声援が!

坂口さん:作品を初めて見たときにいろんな感情が自分の中に残ったので、観客のみなさまにもいろんな感情で見てもらえたら嬉しいです。
とコメント。

星野の恋人・真緒を演じた川栄さんは

川栄さん:私自身この映画を観て本当号泣してしまって、こんな素晴らしい作品に出演してお芝居をできたことが光栄です。
と感涙必至の作品であることをアピールした。

映画情報どっとこむ ralph 出演のオファーをもらった当初は実は出演をためらっていたという篠原さんは、なぜ本作への出演を決めたのかと聞かれると、

篠原さん:いろんな思いがあったけれど主人がこんな素晴らしい作品をやらないのは損だよ、と背中を押してくれて、それでもう一度ちゃんと読んでみようと思いました。

と俳優であり夫の市村正親さんに背中を押されたことがきっかけとなり、改めて原作を読み直した結果、本作に出演したいという気持ちが固まったという秘話を明かした。

そして話題は、母親である薫子が我が子を守りたいという強い気持ちゆえに常軌を逸した行動をとる衝撃のラストシーンについての話題へ。鬼気迫る演技をしていた篠原さんを、

西島さん:段取りの段階で号泣していて、撮影も2日くらいこのシーンの撮影をしていたので大丈夫かなと心配だったんですが、篠原さんをはじめ、現場のみんながすさまじい集中力で、子役の子もカットがかかっても泣きやまないくらいのめりこんでいて…みんなで抱き合いながら、お互い慰めながら撮影していました。

と撮影当時の様子を振り返ると、薫子の妹・美晴役として現場にいた

山口さん:薫子の感情の爆発を目の当たりにしていたら途中息ができず、めまいを起こしてしまうくらい大変でした。でもとにかく素晴らしくて、今思い出しても目頭が熱くなります。
と撮影後は自身もぐったりしてしまうほど壮絶な撮影だった様子を明かした。

堤監督:クライマックスシーンが素晴らしく、客観的に冷静にみないといけない立場だが、今回はそうできなかったほど、キャストの演技が素晴らしかった。生きること死ぬことにまつわるテーマ、メッセージが伝わる作品になっています。
と締めくくり、篠原さん&西島さん、川栄さん&坂口さん、山口さん&堤監督のペアで男性陣が女性陣をエスコートする形でレッドカーペットへ!
そして大歓声の中、サインや握手を求めるファンとの交流を楽しみながらレッドカーペットを歩きました。


完成披露舞台挨拶へ続く


映画情報どっとこむ ralph 「人魚の眠る家」

公式サイト: ningyo-movie.jp


【STORY】
二人の子を持つ播磨薫子(はりま・かおるこ:篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(かずまさ:西島秀俊)。娘の小学校受験が終わったら、離婚すると約束した夫婦のもとに、突然の悲報が届く。娘の瑞穂(みずほ)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか。究極の選択を迫られた夫婦は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始する。治療の結果、娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻していくが、その姿は薫子の狂気を呼び覚まし、次第に薫子の行動はエスカレートしていく。それは果たして愛なのか、それともただの欲望なのか。過酷な運命を背負うことになった彼らの先には、衝撃の結末が待ち受けていた――。

映画情報どっとこむ ralph
第31回東京国際映画祭 TIFF
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************

原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)
監督:堤幸彦
脚本:篠﨑絵里子 音楽:アレクシス・フレンチ  
主題歌:絢香「あいことば」(A stAtion)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子  
配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会
©TIFF
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ