「田中圭」タグアーカイブ

映画『mellow』今泉力哉監督「小さい頃、花屋になりたかった頃がある」今泉力哉監督 x 香内斉スペシャルトークイベントで


映画情報どっとこむ ralph 恋愛映画の旗手・今泉力哉監督 と田中圭との初タッグで話題の映画『mellow』(メロウ) が、大ヒット全国公開中。

その公開を記念して、1月 18 日(土)、本作のメガホンをとった今泉力哉監督と、本作に花監修として参加した香内斉の「映画×フラワ ーアート」をテーマにしたトークイベントが伊勢丹新宿店出ました行われました。
15 日(水)~21 日(火)の 1 週間の期間限定で、伊勢丹新宿 店の本館 2 階、TOKYO クローゼット/集いの場内「mellow」特設スペースにて、
香内斉が装飾する映画『mellow』を彷彿とさせるお花 の展示が展開されおり、好評を博している中でのトークイベントということで、会場には開始時間前から行列ができ、満員のファンが集まりました。

映画『mellow』 伊勢丹新宿店イベント
場所:伊勢丹新宿店 本館 2 階=TOKYO クローゼット/集いの場内「mellow」特設スペース

1月15日(水)〜1月21日(火)映画『mellow』コラボ装飾展示
1月18日(土)17:30〜18:00 今泉力哉監督×香内斉トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 『パンとバスと2度目のハツコイ』、『愛がなんだ』など、オリジナリティ溢れる世界観でファンを魅了する恋愛映画の旗手・今泉力哉監督と、2019年にドラマ「あなたの番です」での好演もあり、今最も勢いのある俳優・田中圭との初タッグで話題の映画『mellow』(メロウ)が、大ヒット全国公開中。
その公開を記念して、1月18日(土)、本作のメガホンをとった今泉力哉監督と、本作に花監修として参加した香内斉の「映画×フラワーアート」をテーマにしたトークイベントが伊勢丹新宿店で実施された。15日(水)~21日(火)の1週間の期間限定で、伊勢丹新宿店の本館2階、TOKYOクローゼット/集いの場内「mellow」特設スペースにて、香内斉が装飾する映画『mellow』を彷彿とさせるお花の展示が展開されおり、好評を博している中でのトークイベントということで、会場には開始時間前から行列ができ、満員のファンが集まった。

映画情報どっとこむ ralph
香内は、「花屋をメインにする映画って、なかなかないですよね。話がきた時は、花屋とラーメン屋!?という驚きもあったけど、今泉監督ぽいなと思いました」と話し、田中圭×花屋の着想を聞かれた監督は、「むかし映画館のバイトをしている時の知り合いを通じて、香内さんと知り合いになったんです。でも、そもそもなんで花屋の映画にしようとしたのか、よく聞かれるので考えていたのですが、1つ思い出したことがあって、実は小さい頃、花屋とケーキ屋になりたいと思っていた時期があったんです。」と意外な小さい頃の夢を語った。さらに「花をいつ仕入れるとか、値段を書いていない花屋とか、知らないことばかりだったので、香内さんへの取材でそれを教えてもらって良かったです。キャスティングはその後で、脚本の第一稿が上がったあたりの時に、田中さんが決まったんです。」と裏話を交えながらコメント。撮影について聞かれた香内は、「青木家のお花は田中さんがお花を入れ替るというシーンもあったので、その時は、わざとしおれさせたお花を用意しなきゃいけなくて、冬だったので中々枯れなれくて大変でした」と撮影ならではの大変さを語った。続けて、演技中の田中の印象を聞かれると、「撮影中は、いつも仕事している時のことを話しただけです。田中さんは、凄く話しやすかったです。呑み込みが早い方だったので、準備中に僕が花のセットをしている時もずっと見ていて、本番になった時には細かい動きまでを真似ていて、すごいなと思いました。」と感激。さらに、花屋になったきっかけを聞かれた香内は、「昔たまたま自転車で、とある花屋の前を通った時に、『何この花屋さん!?』と思って、通い詰めたんです。その後そのまま働かせてくださいと言ったのがきっかけです。その前はインテリアの仕事をしていました。そこに植物とかあったらいいなと思っていたので、花に興味はありました」とコメント。また、なぜ花に値札が付いていない花屋なのかを聞かれると、「値札のついていないのは師匠のお店が元々そういうお花屋さんで。花も生ものなので、その日によって値段が変わるんですよね。毎日値段を書き換えている時間が、もったいないなと思っていて。刺身と同じです。(笑)」と笑顔で答えた。作品内の花束をどう構成していったか聞かれた監督は、「香内さん任せでした(笑)、最後の花束を最初に決めて、劇中に何箇所かある花束が被らないように、それぞれのキャラクターのイメージに合わせて、話し合いながら決めていきました。」とコメント。完成した映画を見た感想を聞かれた香内は、「温かい映画だなと思いました。みんなが真剣に取り組んで出来上がったものって良いですよね。撮影の雰囲気も温かくて、その雰囲気が映画に出てるように感じました。初めての映像作品だったので携われて嬉しかったです。」と喜びを語った。香内は、「今日の話を聞いてお花を送る相手を想いながら観て頂けるとさらに面白くなると思います。」とコメント。監督は「この映画を見た帰りに、特別じゃない日でも花屋さんに寄って花を買って帰ったりしてくれれば嬉しいです。」と答え、最後はファンからの写真撮影の要望に応えつつ、トークイベントは終了した。

映画情報どっとこむ ralph 映画『mellow』(メロウ)

大ヒット全国公開中

公式HP:
mellow-movie.com
『mellow』ポスター
***********************************


出演:田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、SUMIRE、山下健二郎(友情出演)(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、ともさかりえ/小市慢太郎

監督・脚本:今泉力哉
主題歌:並木瑠璃「花になる」 
音楽:ゲイリー芦屋
製作プロダクション:ダブ
配給:関西テレビ放送 ポニーキャニオン 
©2020「mellow」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

田中圭「今泉監督の着眼点がすごい!」 映画『mellow』初日舞台挨拶レポート


映画情報どっとこむ ralph 『パンとバスと2度目のハツコイ』、『愛がなんだ』など、オリジナリティ溢れる世界観でファンを魅了する恋愛映画の旗手・今泉力哉監督と、2019年にドラマ「あなたの番です」での好演もあり、今最も勢いのある俳優・田中圭との初タッグで話題の映画『mellow』(メロウ)が、本日1月17日(金)に全国公開。

そしてこの度、新宿バルト9にて、初日舞台挨拶が行われました。


映画『mellow』 初日舞台挨拶
日時:1 月 17 日(金)
場所:新宿バルト 9
登壇:田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、ともさかりえ、今泉力哉監督

映画情報どっとこむ ralph 主演の田中圭をはじめ、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、ともさかりえ、本作のメガホンをとった今泉力哉監督が登壇すると大きな拍手が沸き起こりました。

MCから、本作の脚本を初めて読んだ時の印象を聞かれ

田中さん:着眼点が凄いなと思いました。大きな出来事は特に起きないんですけど、当たり前に日常あるようなことを丁寧に丁寧に紡いでいっているので。こんなに温かい物語を描くのはどんな方なんだろうなと思っていました。
と監督の最初の印象を語り、役作りついても

田中さん:現場で監督や皆さんと一緒に1つ1つシーンを作っていって、そこで生まれる役の方が結果良いんじゃないかと思うので、役作りはしないですね。

とその場の空気感を大切にしていることを語った。
⽥中さんの演じた夏⽬は、

田中さん:こんなにモテるキャラではなかった。

と語っていたことについて監督は、「そうなんです。もう少し“好き“の矢印がばらついていたばずなんですけど、話を書いているうちに全部田中さんに矢印がいってしまって、でもただのモテる役だったら嫌な人になっていたと思うんですよね。でも田中さん自身がちゃんと考えて演じてくれていたからこそ、この雰囲気が出せたんだと思います」と絶賛。続けて、夏目について聞かれた田中は、「モテることを考えていた時に、ふと実はそこまでモテてないな、と気づいたんですよね。想いを告げて満足する人。これから恋愛をしていく練習台みたいな、優しさであったり、寄り添ってくれたことによって好きになる、恋まで発展しない手前の人みたいな」と夏目像にコメント。

監督との仕事について聞かれ

岡崎さん:日常感を凄く大切にされていて。いざ現場でやってみたら凄く難しかったけど、監督の出すとても優しい空気感の中で挑戦出来て、自分の中で凄く刺激になり、新しい引き出しが増えました。ありがとうございました。
と感謝の気持ちを伝えた。
そして、宏美役の役作りについて聞かれ

志田さん:バスケ部の役なんですけど、実は球技がとても苦手で、友達にマンツーマンで教えてもらっていたんですけど、リハーサルでも全然出来なくて。でも本番では一発で出来て自分でも驚いてしまって。平然を装うのが大変でした。
と明かした。

映画情報どっとこむ ralph また、陽子について聞かれ

松木さん:1つ後悔していることがあって、みんなでラーメンを食べているシーンがあるんですけど、監督から私にだけチャーシューを食べてくださいという指示が無くて食べられなかったのが後悔です(笑)
と明かすと、

田中さん:監督!食べさせてあげて下さいよ!(笑)

とツッコミが入り、

監督:すいません!覚えてないです(笑)今度チャーシューを食べるためだけにご一緒したいです!

と会場は笑いに包まれた。

田中さんとの共演について
白鳥さん:圭さんが休憩中とかに花束を作る練習をしていて、すごいな。と思いました。
と大人顔負けのコメントに

田中さん:見てくれてたんだね!ありがとう!

と感激している様子だった。


役作りや意識したことについて聞かれ

ともさかさん:あまり演じる上で面白くしようとは思わず、真面目にやったつもりなんですけど、第三者からみたら当たり屋みたいじゃないですか、夏目さんに申し訳ないと思いました。
と話すと会場から笑いが起こった。ともさかさんとの撮影について

田中さん:異様な空気の青木夫婦に、現場では夏目を演じていたので、ビビってたんですけど、完成した本編を観て、あのシーンからギアチェンジするくらい面白くなっていました。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

監督:女性同士や結婚していたり、不登校だったり、普通は咎める部分を優しい雰囲気に包まれ、認めることを意識して作った映画です。

と語り、

田中さん:誰かを想うだけで温かい気持ちになることを教えてくれる凄く素敵な優しい映画です!この作品を観て、ラーメン食べに行って、誰かを想ってお花屋さんに行って、メロウな気持ちになってください!

と挨拶し、終始優しい雰囲気に包まれながら、イベントは幕を閉じた。

公式HP:
mellow-movie.com

『mellow』ポスター
***********************************

出演:田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、SUMIRE、山下健二郎(友情出演)(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、ともさかりえ/小市慢太郎

監督・脚本:今泉力哉
主題歌:並木瑠璃「花になる」
音楽:ゲイリー芦屋
製作プロダクション:ダブ
配給:関西テレビ放送 ポニーキャニオン 
©2020「mellow」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、今泉力哉監督『mellow』完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『パンとバスと2度目のハツコイ』、『愛がなんだ』など、オリジナリティ溢れる世界観でファンを魅了する恋愛映画の旗手・今泉力哉監督と、2019年にドラマ「あなたの番です」での好演もあり、今最も勢いのある俳優・田中圭との初タッグで話題の映画『mellow』(メロウ)が、2020年1月17日(金)に全国公開する。

この度新宿バルト9にて、本作の完成披露試写会が実施された。主演の田中圭をはじめ、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、そして本作のメガホンを握った今泉力哉監督が登壇すると、会場からは黄色い歓声が上がった。


映画『mellow』完成披露舞台挨拶
日時:12月10日(火)  
場所:新宿バルト9
登壇:田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、今泉力哉監督

映画情報どっとこむ ralph 初お披露目となる今の気持ちを聞かれ
田中さん:メロウな気持ちですよ。『mellow』の完成披露で、メロウな仲間と、メロウな観客の皆さんと、メロウな記者様と過ごせて、メロウな気分です(笑)。

と、タイトル『mellow』に絡めたコメントをすると、

監督:今日メロウって何回言うんだみたいになりますよ!(笑)

とツッコミが入り、会場は笑いに包まれた。田中との共演を聞かれ

岡崎さん:初日からフランクに接してくださって。本当に優しい方でした。現場に入ってもそんなに緊張することなく、リラックスしてその場にいられたのは田中さんのおかげです。ありがとうございます。」と感謝の気持ちを吐露。


また『パンとバスと2度目のハツコイ』に続き、監督の2度目のタッグについて聞かれ

志田さん:前回のパンバスの時も今回の『mellow』もなんですけど、今泉さんはもちろん、スタッフの皆さんが本当に温かくて、優しい方しかいないので、監督の現場が私はとっても好きなんです。今泉さんはどの役に対しても平等に愛情を注いでくださって、丁寧に向き合ってくださるので、今回も安心してただただ楽しんでいました。

と回答すると、

田中さん:めっちゃ良いこと言うね!俺もメロウ、メロウ言ってる場合じゃないな(笑)

と感心しきりの様子だった。さらに、初の映画出演について聞かれ

松木さん:初めてのことだらけで、最初は大丈夫かな、上手くできるかな、と緊張していたんですけど、現場に入った時に最初に見えるのが、スタッフさんや共演者の皆さんの笑顔だったので、その笑顔を見たら、頑張ろうと思えるような、それこそメロウな雰囲気が流れている凄く素敵な現場だったので、私も安心してお芝居に臨むことが出来ました。
とコメント。すると

田中さん:めっちゃ上手いこと言えるね!メロウの使い方天才か!

と。


本作の着想について聞かれた
監督:もともと『パンとバスと2度目のハツコイ』と同じチームでお話を頂いて。初めはなかなか書けなくて、締め切りを2・3回飛ばしたんですよ。そしたら人生で初めて、しかもこのご時世に“ホテル取りますか?”って言われたんです(笑)

と作品が出来るまでの裏話を語ってくれた。そうして出来上がった脚本について聞かれ

田中さん:凄く面白かったんですよね。でも、なんでこの話を映画にしようと思ったのか、僕ら全員が経験したことあるような話なんだけど、みんなが見過ごすような小さな気持ちを凄く凄く大事に寄せ集めているような脚本だったので、なるべく監督の言うことを忠実にやろうと意識していました。

と語り、このことに対して

監督:基本的に僕のやり方は1回通しで演じてもらうんです。そうすると自分が思っている以上にキャストが広げてくれるんですよね。今回も田中さんが自分が思っていた真っ当ないい人の夏目を人間らしくしてくれました。

とコメントした。


映画情報どっとこむ ralph 花を誰かに送ったことがあるかという質問に

田中さん:今までお花にあまり興味がなかったのですが、母が亡くなってから初めて花束をお花屋さんに行って、自分で1本1本選んだりとか、誰かを想いながら作るというのを体感したんです。そんな風にお花に興味を持ち始めたときに、このお話をいただいたので何かの縁を感じましたね。

と作品と実生活の繋がりを語ってくれた。本作のように、どこか見たことのあるような身近な風景を切り取った演出が魅力の今泉監督作品。そんな本作での役づくりについて聞かれ

岡崎さん:やってみると全然難しくて、学ぶことがたくさんありました。日常を意識するようにおっしゃって頂いていたので、セリフをひとつ言うにも“えーっと”など、何気なく使う言葉を入れていいということだったので、そういうのは意識していないと意外と出てこなくて、難しく感じました。

と語ってくれた。



最後に・・・

田中さん:この映画を見て僕が1番思ったことは、誰かに興味を持つことって、凄く大事なことだなと思いました。興味を持たない限り、その人って他人なんですよね。その人の事を考えたりとか、その人の為にとか、好きっていう感情ももちろん素敵ですし、でもそのきっかけが1つ興味だと思うので、こういう映画がたくさんの人に愛されて、みんなが興味の持てる人が増えて、今より他人という感覚が無くなれば良いな、と凄く思いました。本作を観てメロウな気持ちになってください!

と挨拶し、イベントは大盛況で終了した。

映画情報どっとこむ ralph 映画『mellow』

公式HP:
mellow-movie.com

20年1月17日(金) 新宿バルト9・イオンシネマ シアタス調布 ほか全国公開

***********************************


出演:田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、SUMIRE、山下健二郎(友情出演)(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、ともさかりえ/小市慢太郎

監督・脚本:今泉力哉
主題歌:並木瑠璃「花になる」 

音楽:ゲイリー芦屋
製作プロダクション:ダブ
配給:関西テレビ放送 ポニーキャニオン 
©2020「mellow」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

長野五輪スキージャンプテストジャンパーたち―主演:田中圭『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』


映画情報どっとこむ ralph 1998年長野五輪、日本中が歓喜に沸いたスキージャンプ団体、悲願の金メダル。この栄光を陰で支えた25人のテストジャンパーたちの知られざる感動秘話が映画化、オリンピックイヤーとなる来年2020年6月に全国公開されることが決定いたしました!

主人公はスキージャンパーの西方仁也(にしかた・じんや)。1994年のリレハンメル五輪スキージャンプ団体戦で日本代表を牽引するも、エース原田雅彦のジャンプ失敗で金メダルを逃し、長野五輪での雪辱を誓うも故障で代表落選。テストジャンパーとなって日本代表選手たちを裏方として支えた人物です。

物語は、西方の金メダルへの強い想い、それを打ち砕く挫折、原田との友情、そして怒りと嫉妬、それでも仲間の為に、日本の為に、命の危険を顧みずテストジャンプに挑む、深い人間ドラマを映し出します。また、長野五輪での手に汗握る団体戦の攻防、吹雪による競技中断、そんな中、競技が再開できるかを図るために行われた、西方率いる25人のテストジャンパーたちの決死のテストジャンプを、史実に基づいてダイナミックに描くオリジナルストーリー。

原田選手が金メダル獲得後インタビューで語った「俺じゃないよ。みんななんだ。みんな。」という言葉は、岡部・斉藤・船木ら代表選手だけでなく、裏方に徹し日本選手団を支えた親友・西方、そしてテストジャンパーたちに向けられた言葉だったのです。4人の代表選手と25人のテストジャンパーたち、そして彼らを支える家族や関係者たちの、熱い想いと絆を知った時、誰もが心を打たれる感動のヒューマンドラマです!!

その主人公・西方仁也役に「おっさんずラブ」シリーズ、ドラマ「あなたの番です」、『図書館戦争』シリーズなど、人気実力共に今最も旬な俳優・田中圭。西方の揺れ動く内面、葛藤を、圧倒的な存在感と演技力で力強く演じ切ります。監督には、「荒川アンダーザブリッジ」で大きな注目を集め、様々な分野で才能を発揮する映像作家・飯塚健。秀逸なテンポ感の中で、しっかりと人間模様を描く演出力に定評があり、感涙無くしては見られない感動作品を描き上げます!

映画情報どっとこむ ralph 撮影は2020年1月~2月。実際に長野五輪のスキージャンプが行われた長野県白馬村でも撮影が行われます。公開は、オリンピックイヤー2020年となります。
■主演:田中圭コメント
冬は寒いので苦手なのですが、この作品のおかげでワクワクしています。雪山も楽しみです。
みなさんが知っている話の中に、みなさんが知らない人間ドラマが沢山ありました。
力をもらえる脚本ですし、撮影が楽しみです。
スタッフ・キャスト全員で一丸となって、映画のK点越えを目指していきたいと思います!
楽しみにしていてください!応援宜しくお願いします!

■監督:飯塚健コメント
オリンピック22 年振りの国内開催の年に、オリンピックに関する映画をつくれること、たいへん光栄に思います。大逆転の金メダルの裏側には、記録に残らない戦いがありました。1 メートル先も見えない吹雪の中で、バトンを繋ぐように、たすきを繋ぐように、スタートを切ったテストジャンパーたちの物語です。過酷な場所での撮影となりますが、我々チームもそのソウルを見習い、無事に着地を決めたいと思います。また、現場ではお会いしたことがなかった田中圭さんとようやくご一緒できることも、本当に楽しみです。初のセッション、ご期待下さい。

■西方仁也氏 コメント
1998年の長野オリンピックで日本が団体戦(チームジャンプ)で金メダルを取ることができた事が映画化
されることで、金メダルを取れた選手とテストジャンパー達の気持ちが一つになって獲得できたという事実が、伝えられたらいいと思います。テストジャンパーは皆、オリンピックを目指していましたが、出ること
ができなかった選手の集まりです。初日から日を増すごとに日本人の活躍を応援する気持ちが強くなってきて、団体戦(チームジャンプ)当日の悪天候の時には皆が一つになって日本の為に何とかしたいと言う気持ちになっていました。私の役を演じて頂くのが田中圭さんと聞き大変驚きました。田中さんと言えば、ドラマ、映画、CMと大活躍されておりテレビで見ない日はありません。コメディでもシリアスでも、そして善人役、悪役でもすべての役をご自身のものにされる、素晴らしい演技のできる俳優の方だと思います。そんな田中
さんの出演されている作品を見ていると私の若い時を思い出しました。スキージャンプをしていたおかげで
今の自分があると思っております。田中さんにもこの作品を通してスポーツ選手達の辛さや嬉しさ、優しさ、悲しさなどを伝えていただきたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 日本中が東京オリンピックへの期待で盛り上がりを見せる2020年、金メダルの裏に隠された感動秘話を、壮大なスケール感のもと、日本人らしい葛藤や心の機微を繊細且つ鮮やかに描いた、実話の感動超大作が誕生します!

『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』

公式HP:
http://hinomaru-soul.jp

公式Twitter:
hinomaru_soul



あらすじ
1998年長野五輪。日本スキージャンプチームは国民の期待を一身に背負ってラージヒル団体で日本初の金メダルを狙っていた。そこに、エース原田のジャンプを特別の想いで見守る男がいた。
元日本代表・西方仁也だ。

前回大会・リレハンメル五輪で西方は原田とともに代表選手として出場。西方は日本代表最高飛距離135mを飛び、金メダル目前だったが、原田がジャンプを失敗。銀メダルに甘んじた。西方は4年後の長野五輪での雪辱を誓い練習に打ち込むが、腰の故障により代表を落選。悔しさに打ちひしがれる中、テストジャンパーとして長野五輪に参加して欲しいと依頼される。テストジャンパーとは、競技前にジャンプ台に危険がないかを確かめ、競技中に雪が降った際には何度も飛んでジャンプ台の雪を踏み固めるジャンパーのこと。西方は裏方に甘んじる屈辱を感じながらも、様々な思いを抱えて集まっていたテストジャンパーたちと準備に取り掛かる。そして、五輪本番。団体戦の1本目のジャンプで、またしても原田が失敗。日本は4位に後退してしまう。しかも猛吹雪により競技が中断。このまま競技が終れば、1本目のジャンプの結果のみで順位が決定してしまう。そんな中、審判員たちの判断は、「テストジャンパー25人が全員無事に飛べたら競技再開する」というものに。

奇しくも、日本の金メダルへの道は、西方率いる25人のテストジャンパーたちへ託されたのだった…!

***********************************


田中さんアー写©YOSHITOMO TAKASHIMA
西方さんスキージャンプ写真『毎日新聞社提供』


主演:田中圭
監督:飯塚健
脚本:杉原憲明、鈴木謙一
企画プロデュース:平野隆
製作:「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」製作委員会
©2020映画「ヒノマルソウル」製作委員会
配給:東宝
撮影スケジュール:2020年1月~2月(予定)
撮影場所:長野県ほか関東近郊にてロケ
公開:2020年6月全国東宝系公開予定




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

田中圭が、恋を咲かせる“メロウ『mellow』”なポスタービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、主演・田中圭×監督・今泉力哉、ヒロイン・岡崎紗絵『mellow』が2020年1月17日(金)全国公開となります。

そして、そのポスタービジュアルが解禁となりました!

映画『mellow』は、街で一番オシャレな花屋と、廃業寸前のラーメン屋を舞台にした「不器用な片想いたち」の物語。今泉力哉監督のオリジナルストーリーで、今泉監督が得意とするキャラクター描写や、クスリと笑えるセリフのやりとり、じわりと胸に響くストーリー展開はそのままに、滑稽さやカッコ悪さも含めて、包み隠さず「恋愛」を描きだし、メインコピーにある「その想い、この花とまれ」とあるように、田中圭を中心にキャラクターそれぞれの物語が交差し、様々な恋愛模様が描かれていく恋愛群像劇となっている。そして、このたび、ポスタービジュアルが解禁。
『mellow』ポスター アートディレクターは今泉力哉監督作品『パンとバスと2度目のハツコイ』でもタッグを組んだ松本弦人が担当。葉っぱをモチーフに登場人物たちの絡み合う展開が表現されており、今泉力哉監督もこだわり抜いたデザインに仕上がっている。さらに、チラシデザインも完成しており、物語の可笑しみと暖かさが伝わるデザインとなっている。近々、公式サイトで発表される公開劇場にてチラシ設置が始まる。映画『mellow』の味わいを堪能できるチラシやポスターにぜひご注目ください。

映画情報どっとこむ ralph 映画『mellow』

mellow-movie.com

主演:田中圭 × 監督:今泉力哉 


不器用な片想いたちの物語。

街で一番オシャレな花屋「mellow」と、廃業寸前のラーメン屋を舞台に、その周辺の様々な人々のたくさんの実らない恋が描かれていく。それでも一切暗くなることなく、いっそ美しく、面白おかしな物語が展開される。「誠一おじさんはどうして男なのに花屋になったの?」花屋の男とラーメン屋の女。「アイデア段階ではこんなにモテる予定じゃなかったんだけどなあ、夏目誠一。」と語る今泉力哉監督による渾身のオリジナルストーリー。主演は今最も注目を集める俳優・田中圭。ヒロインは、ドラマ「パーフェクトワールド」で見せた透明感ある演技が記憶に新しい注目の若手女優・岡崎紗絵。さらに共演に志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、SUMIRE、山下健二郎(友情出演)、ともさかりえ、小市慢太郎と個性豊かな俳優陣が集まった。主題歌は、透き通った力強い歌声が心に響く新星・並木瑠璃の「花になる」。『パンとバスと2度目のハツコイ』『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』などオリジナリティ溢れる世界観でファンを魅了する恋愛映画の旗手、、今泉力哉監督と、田中圭との初タッグに期待が高まる。滑稽さやカッコ悪さも含めて、包み隠さず「恋愛」を描きだす、今泉ワールド全開の恋愛群像エンターテインメントが誕生した! 

***********************************


出演:田中圭
岡崎紗絵 志田彩良 松木エレナ 白鳥玉季 SUMIRE 山下健二郎(友情出演)(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)
ともさかりえ/小市慢太郎
監督・脚本: 今泉力哉
主題歌:並木瑠璃『花になる』 
音楽 ゲイリー芦屋 
製作プロダクション:ダブ
配給:関西テレビ放送 ポニーキャニオン 
©2020「mellow」製作委員会
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

不器用な片想いたちの物語『mellow』主演・田中圭×監督・今泉力哉 ヒロイン・岡崎紗絵 公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、田中圭主演最新作『mellow』(メロウ)が、2020年1月17日(金)に全国公開することが決定しました。

俳優としての長いキャリアが裏付ける実力がありながら、2016年のドラマ「おっさんずラブ」での大ブレイク、2019年1月から異例の2クール連続ドラマ「あなたの番です」での好演もあり、今最も勢いのある俳優・田中圭。ヒロインには、ドラマ「パーフェクトワールド」で見せたナチュラルな演技が記憶に新しい注目の若手女優、岡崎紗絵を迎えます。

映画情報どっとこむ ralph mellow[田中圭] 田中圭が演じるのは、独身、彼女無し、好きな花の仕事をして、穏やかに暮らしているオシャレ花屋の店主・夏目誠一。

●田中圭コメント
今泉監督とは初タッグで、お会いした時に独特の空気感を感じ、それこそ存在がmellowでした。台本を読んで、本当にmellowだと思いましたし、花屋とラーメン屋で繰り広げられる人間模様、人が人を想う気持ちの愛しさ、登場するキャラクター。なんだか全部がmellowでした。オリジナルなので、やり甲斐がありましたし、撮影スケジュールは全然mellowではありませんでしたが、流れている空気感はずっとmellowでした。
みなさんにも、僕がmellowを連発する理由が伝わると思うので、是非見に来てください!


岡崎紗絵_mellow 岡崎紗絵が演じるのは、父親から代替わりし今では廃業寸前のラーメン屋を営む女店主・木帆。物語は、街で一番オシャレな花屋と廃業寸前のラーメン屋を舞台に、様々な恋愛模様が描かれていく、不器用な片想いたちの物語となっています。

●岡崎紗絵コメント
今泉監督の『愛がなんだ』が大好きで何度も観に行った作品だったので、今回ご一緒させて頂ける事になって本当に嬉しかったです。実際に撮影をしてみて、セリフや仕草や間の取り方など、日常を切り取って積み重ねているようで今泉監督はリアルを大切にされているなと思いました。
私が演じる木帆は優しさの中に芯があってまっすぐな女性です。そんな木帆に同じ目線で寄り添ってくれる夏目さんと関わっていく中で、木帆自身も成長していきます。
人と人との関わり方、愛の形、私たちの日常を優しい時間の流れで感じることの出来る映画になっていると思いますので是非沢山の方に観て頂きたいです。

映画情報どっとこむ ralph さらに、物語の主要キャラクターとして、ピュアな女子中学生役に、これまでの今泉作品でも起用され、透明感のある演技が魅力の志田彩良、本作が映画初出演となる松木エレナらのフレッシュな演技が光ります。さらに、白鳥玉季、SUMIRE、山下健二郎(友情出演)らが、個性的なキャラクターを演じてしっかりと脇を固め、ともさかりえ、小市慢太郎の演技が物語に深みを与えます。また主題歌は新星・並木瑠璃の「花になる」。透き通った力強い声が、印象的に仕上がりました。

映画情報どっとこむ ralph 監督は、オリジナル映画『パンとバスと2度目のハツコイ』で恋愛こじらせ女子の恋模様を描き多くの若者に支持を得て、2019年4月公開の『愛がなんだ』では、連日満席、立ち見がでて公開館が拡大される大ヒット。9月20日(9月13日宮城県先行)に公開が控える伊坂幸太郎原作、三浦春馬、多部未華子出演の『アイネクライネナハトムジーク』にも期待がよせられる恋愛映画の旗手、今泉力哉。田中圭との初タッグに期待が高まる。クスリと笑えるセリフのやりとり、じわりと胸に響くストーリー展開。滑稽さやカッコ悪さも含めて、包み隠さず「恋愛」を描きだす、今泉力哉オリジナルならではの今泉ワールド全開の恋愛群像エンターテインメントとなっています。

●監督・脚本 今泉力哉コメント
田中圭さんの安定感と遊び心、岡崎紗絵さんの明るさとひたむきさに頼って、オリジナル脚本の恋愛映画を撮らせていただきました。好き勝手に書いたら、どうしてでしょう、やっぱり片想い祭りになってしまいました。
お洒落な花屋の店主・夏目誠一とその周辺の人々のたくさんの実らない恋。
それでも一切暗くなることなく、いっそ美しく面白おかしな物語になっていったのは、やはりこの映画の真ん中に田中圭さんがいたからだと思います。
「誠一おじさんはどうして男なのに花屋になったの?」
花屋の男とラーメン屋の女。
アイデア段階ではこんなにモテる予定じゃなかったんだけどなあ、夏目誠一。
田中圭を筆頭に登場人物、全員かわいい映画です。あ、怒られるかな。
ぜひ、お楽しみください。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、特報映像も解禁となります。花屋の中で花を一輪一輪ラッピング作業をする田中圭の静寂のシーンに”不器用な片想いたちの物語。”というコピーが入り。そこから一転、並木瑠璃の主題歌が響き、“その想い、この花とまれ”という、まっすぐなメッセージ。女性が次々に愛を告白するシーンがテンポよく続き、最後に田中圭の暖かい笑顔が出迎える今泉監督作品らしい特報に仕上がっています。



田中圭主演最新作『mellow

2020年1月17日(金)新宿バルト9・イオンシネマ シアタス調布 ほか全国公開

公式HP:
mellow-movie.com

***********************************

出演:田中圭 岡崎紗絵 志田彩良 松木エレナ 白鳥玉季 SUMIRE 山下健二郎(友情出演)(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE) ともさかりえ/小市慢太郎
監督・脚本:今泉力哉
主題歌:並木瑠璃「花になる」
音楽:ゲイリー芦屋
製作プロダクション:ダブ
配給:関西テレビ放送 ポニーキャニオン 
©2020「mellow」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

田中圭 林遣都 吉田鋼太郎・・・『劇場版おっさんずラブ 』初日を全員でお祝いしたお


映画情報どっとこむ ralph 待ちに待った初日を全員でお祝いしたお♡
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』公開初日。
『劇場版おっさんずラブ-~LOVE-or-DEAD~』11キャラ 主演の田中圭さんはじめ、主要キャストたち全員が初日舞台挨拶に登壇し、「おっさんずラブ」を愛して公開を心待ちにしてくれていたファンへの感謝を次々に語ったほか、劇場版のキャッチコピー「ラブが、とまらない」にちなみ登壇者それぞれが愛してやまない「●●が、とまらない」が発表され、まさかの珍回答から感動の回答!

さらにこの舞台挨拶の模様は全国131カ所の会場にも生中継されており、日本列島を「おっさんずラブ」一色に染めあげる大盛り上がりのイベントとなりました!

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台挨拶
日時:8月23日(金)
場所:TOHOシネマズ 日比谷
登壇:田中圭 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉 ・ 沢村一樹 志尊淳 ・ 眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎 / 瑠東東一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 連続ドラマ最終話の放送から約1年2ヶ月、待ちに待ったこの劇場版で完結となるとあって、上映終了直後の余韻冷めやらぬ会場。

興行収入30億円超を狙える大ヒットスタートを切った本作の初日舞台挨拶として、田中圭さん、林遣都さん、内田理央さん、金子大地さん、伊藤修子さん、児嶋一哉さん、沢村一樹さん、志尊淳さん、眞島秀和さん、大塚寧々さん、吉田鋼太郎さん、瑠東東一郎監督が、劇場内の後方通路から登場!
『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶 (田中圭) 満員の観客とハイタッチしながら練り歩く嬉しいサプライズ演出に、喜びのあまり涙を流すファンも多数、会場の興奮は一気に最高潮!

田中さん:初日にこんなにたくさん、全国131カ所も生中継で!本当にありがとうございます!おっさんずラブという作品を僕たち以上に愛して、応援してくださった皆さんのおかげで、僕たちが”映画化”のプレゼントをもらったので、ちゃんとお返ししなくてはと思っていました。映画としてパワーアップして、恩返しできる作品になったと誇りに思っています。また皆さんが大切に、いい感じにしてくれると嬉しい(笑)。感謝しかないです!

と高らかに挨拶し、ブチョー!の声援を照れ臭そうに受け止めて・・・・

吉田さん:ヒロイン・黒澤武蔵を演じた、オオシマです!

と続けたところすかさず

児嶋さん:こじまだよ!やり方違うむちゃくちゃ!吉田だよ!!

とさっそく伝統芸?で会場を沸かせ、

林さん:皆さんの熱気を受けて、改めてすごい作品に参加していたんだと実感しました。

と喜びのコメント。
『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶 (田中圭 林遣都 沢村一樹) 劇場版からおっさんずラブに参戦を果たして

沢村さん:こんなに公開にドキドキするのは初めて、待ち遠しかった。僕はこの作品ではじめて、一人二役。難しかったー。

と謎の告白を始め、キャストも観客も大きくザワつくのもお構いなしに

沢村さん:気が付かなかった?狸穴役と、ゆいP役の二役やってたんです!楽しんでいただけましたかね!思い残すことは何もありません!

とエスカレートする一方。同じく本作から参戦して

志尊さん:ちょっと私情になるんですが…。今年のはじめに応援して下さるファンのお父様から、『亡くなった娘の生きる糧が志尊君でした。ありがとうございました』と手紙をいただきました。すごく胸を打たれたときにこのジャスティス役のお話をいただいて、皆さんの愛に触れることができて、この役を通して感じた気持ちを胸に後悔のないよう生きようと思いました。皆さんも少しでも想いを伝えようと思ってくれたら嬉しいです。

と、この作品への特別な想い入れを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 本作のキャッチコピー「ラブが、とまらない」にちなみ、登壇者それぞれが愛してやまない「●●が、とまらない」を発表することに!
事前に記入したパネルが配られる中、まず

監督:皆さんが深く深くやってくださったお芝居を見返すと、新たな発見がたくさんある。あの時の感情ってこうだったのかな、とたくさん想像してもらえる作品なので!

ということで【想像が、とまらない】と披露。

続いてMCから「ではオオシマさん!」と振られ「こじまだよ!でもいい振りありがとうございます!」と再びツッコんだ児嶋が書いたのはなんと【こじまだよが、とまらない】!

児嶋さん:森三中の大島に振ったのにこじまだよ!ってツッコんじゃったり、正しく紹介されてるのにこじまだよ!ってツッコんじゃったり、とにかく止まらないんです!

と盛り上げました。

続いて伊藤さんが発表した【香港映画熱が、とまらない】に、

田中さん:ご覧になった皆さん気づきましたかね?伊藤さんが香港ロケのシーンで春田の後ろにいるの。

とファンも気づかなかった衝撃発表に会場も騒然!

伊藤さん:どうしても香港で観たい映画があって、その日に香港でロケをやっていると聞いて軽い気持ちで見学に行ったらエキストラ参加に…(笑)

と振り返りました。


金子さんは、眞島さんを見つめながら【眞島愛が、とまらない】と告白し、

金子さん:撮影中に眞島さんがふわっといなくなるところが背中だけ見えたのでついていったら、見せ場のシーンをめっちゃ練習してて!もう止まらない!と思いました!

と金子さんに暴露され

眞島さん:言わなくていいから!影の努力は!

とタジタジ。


大塚さんは【キュンキュンが、とまらない】と発表し、

大塚さん:この作品はドラマでも映画でも皆さんのお芝居に心を動かされて、細胞からキュンキュンする。おっさんずラブはキュンキュンする映画です!

とアピール。

眞島さんは【ソフトクリームが、とまらない】としたため

眞嶋さん:最近ものすごくおいしいところを見つけて通るたびに買ってしまう。甘すぎずさらっとしていて、今日はどうかなと思っても食べると美味しい。本当に止まらないものはこれです!

と宣言し、内田さんもゲームセンターの【ゾンビ倒しが、とまらない】と個人的なブームの披露が続いてきたところで、

吉田さん:本当にソフトクリーム?好感度を気にして?

と一つ前の眞島さんにツッコんだり、内田さんにも

吉田さん:どこでゾンビ倒してるの?ゲームセンターよく行くの?

と話がとまらなくなり周囲から「もういいよ!」と制止される一幕も。

『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶 (志尊淳) 志尊さん:競走馬のドキュメンタリーを観てから【お馬ラブが、とまらない】。最近は血統とかいろんなことを探るのが趣味になってきたまし!

と明かした際にも、

吉田さん:ほんとにそのまま?裏はないの?

ととまらず会場は笑いの渦に包まれました。


沢村さん:さっきも言ったんですが役作りが大変だったのでなかなか抜けなくて。

と満を持して【おかすクラブが、とまらない】とまさかの”天丼”で笑いを誘いながら、

沢村さん:ゆいP役で助演女優賞を獲れると思っています!
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』速水薫子(ゆいP) とブレず、

田中さん:本当に沢村さんがゆいPをやっていたら賞獲って世界に出られると思います(笑)

と乗っかってしまう始末。

林さんは【感謝が、とまらない】と出し、

林さん:本当にファンの皆さまあっての作品で、連続ドラマからここまで応援していただいて、自分の頑張り以上のご褒美を経験させてもらいました。おっさんずラブには感謝してもしきれないです。

と感慨深げに述懐。それを見つめていた吉田さんは「お世辞でも何でもない」と言いながら【田中圭が、とまらない】と書き上げ、
『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶 (田中圭 吉田鋼太郎) 吉田さん:3年前の単発ドラマから、エゴサーチをしてみたら物凄い数の反響が入り始めていて、そこまでのことはこれまでなかった。連続ドラマになって社会現象を巻き起こして、いま映画になって、と、この仕事に携わっているものとして夢のよう。その中心に田中圭がいる。田中圭はひょっとしたら、全国の人に愛された寅さんのようになってくれるんではないかと思っているんです。この映画が何本も続いて、代表作としてずっと演じ続けていってくれたらいいなと。田中圭はとまらない、とまってほしくない!

と座長へのアツい言葉を投げかけながら、「僕もついでにずっと出させてほしい(笑)」と抜け目なさを発揮。


最後となった田中さんは【おっさんずラブが、とまらない】とこれ以外には考えられないフレーズを披露し、
『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶 (田中圭 林遣都 吉田鋼太郎) 田中さん:みんなもっとボケ倒してくるかと思ってた…最後は真面目に、と思ってたのに…(笑)劇場版おっさんずラブをより大切な作品にしてほしい思いを込めたのと、おっさんずラブの公式の場でこのメンバーが集まれるのはきっと最後ですが、また会えると思える大切な仲間をくれたのもおっさんずラブ。おっさんずラブに出会えてよかったと言って下さるたくさんのファンの皆さんにとっても、心が元気になるきっかけとして一緒に育ってくれればといいなと思う。そして、これからもとまらないところまで行けばいいな、と願ってこれにしました!

と力を込めました。

おっさんずラブがとまらない会場は終始、登壇者も観客も全員とびきりの笑顔がとまらず、

映画情報どっとこむ ralph 最後には・・・

「みんなに出会えてよかった。」のメッセージを1文字ずつ持ちあうさすがのチームワークの良さも見せつけた一同。熱狂的な「O(おっさんず)L(ラブ)民(ファン)」、
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台挨拶 通称”OL民”待望の映画化ということで、名残惜しまれながらもこの先の大ヒットへむけて大いに期待高まる舞台挨拶となりました。

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』

全国東宝系にて大ヒット公開中!

映画公式サイト 
ossanslove-the-movie.com

***********************************


監督:瑠東東一郎
脚本:徳尾浩司
音楽:河野伸
出演者:田中圭 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉 ・ 沢村一樹 志尊淳 ・ 眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎
主題歌:スキマスイッチ「Revival」(AUGUSTA RECORDS/UNIVERSAL MUSIC LLC)

製作:テレビ朝日ほか ©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

あなたは中村倫也・田中圭どちらを選ぶ?映画『美人が婚活してみたら』のDVD発売が決定


映画情報どっとこむ ralph タブーなしの婚活女性の本音を、実在の登場人物のリアルなエピソードを基に曝け出し、人気漫画アプリ「Vコミ」で累計1000万PVを突破し、長期間ランキング1位を獲得!読者を“感動”と“衝撃”で粉砕した、号泣必至の禁断のコミックを実写映画化して話題を呼んだ、映画『美人が婚活してみたら』のDVD発売が決定しました!
美人が婚活してみたら_中村倫也 美人が婚活してみたら_田中圭 メガホンをとったのは、第30回東京国際映画祭観客賞受賞、第27回日本映画プロフェッショナル大賞 第1位など、各方面で高い評価を得て大ヒットした松岡茉優主演『勝手にふるえてろ』など、毒っ気とユーモアと優しさを含んだ現代女性のリアルな描写に定評のある大九明子監督。脚本を手がけたのは、大九監督も「大ファン」であり「天才」と絶賛する、お笑いコンビ「シソンヌ」のじろう。原作のベースにある、結婚に対する女性心理や女の友情といった未知の領域にチャレンジしながら、男の本音はもちろんのこと、コント師らしい多種多様な笑いのスパイスをふりかけています。
美人が婚活してみたら_黒川芽以
《商品概要》
タイトル:美人が婚活してみたら
発売日:2019年10月2日(水) ※レンタル同時解禁
価格:3,800円+税
品番:YRBN-91332
POS:4571487580690
DVD1枚組/片面2層・カラー/16:9/ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/聴覚障がい者対応日本語字幕


≪収録内容≫
本編/特典映像(メイキング/舞台挨拶/予告編)予定
≪収録分数≫
本編:89分
特典映像:未定

<DVD先着購入特典>
●全国共通先着購入特典:ポストカード
下記対象店舗で映画「美人が婚活してみたら」DVDをご予約・ご購入の方に先着で、DVD1枚につき
上記特典を1枚プレゼント致します。
【対象店舗】
・Sony Music Shop
・よしもとネットショップplus(Yahoo!店/楽天市場店/Amazon.co.jp店/本店)
※特典の数には限りがあります。無くなり次第終了となりますので、予めご了承ください 。
※特典の有無に関しましては、直接各対象店舗にお問い合わせください。
※一部お取り扱いのない店舗もございますので、予めご了承ください。

★対象店舗は随時更新致しますので、よしもとミュージックサイトよりご確認ください。
http://yoshimoto-me.co.jp/

映画情報どっとこむ ralph ≪キャスト≫
黒川芽以/臼田あさ美/中村倫也/田中圭/村杉蝉之介/レイザーラモンRG/市川しんぺー/矢部太郎/平田敦子/成河

≪スタッフ≫
監督:大九明子
原作:とあるアラ子 
脚本:じろう(シソンヌ)


≪ストーリー≫
主人公のタカコは道行く誰もが振り返る美女。WEBデザイナーという仕事にも恵まれ、愚痴を聞いてくれるケイコという親友もいる。しかし、長くつきあってから相手が結婚していることが発覚するという恋愛が3回も続き、気づけば32歳になっていた。不毛な恋愛に疲れ果てたタカコの口から「死にたい……」という言葉がこぼれ出たその夜、タカコは結婚を決意し、婚活サイトに登録する。マッチングサイトで出会った本気で婚活に励む非モテ系の園木とデートを重ねながら、シングルズバーで知り合った結婚願望のないバツイチ・イケメン歯科医の矢田部に惹かれていくタカコ。実は自身の結婚生活に悩んでいたケイコは、タカコが結婚後についてまったく考えていないことに苛立ち始め、2人はとうとう本音を激しくぶつけあう大げんかをしてしまう。

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ