「生田智子」タグアーカイブ

福地桃子ら登壇『あまのがわ』初日舞台挨拶 OriHime開発者 吉藤オリィも登場!


映画情報どっとこむ ralph 母との確執により心を閉ざしてしまった女子高生と、交通事故により体の自由を失った青年が、ロボット・OriHimeを通じて心の交流をし、成長していく姿を描いた福地桃子主演映画『あまのがわ』が、2月9日に全国公開となりました。 。

そして、その初日舞台挨拶が行われ、主演の福地桃子、共演の生田智子、水野久美、住岡梨奈、渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)、園田あいか (校庭カメラアクトレス)、そして古新舜監督が参加した。


『あまのがわ』初日舞台挨拶
日程:2月9日(土)
場所:有楽町スバル座
登壇:福地桃子、生田智子、水野久美、 住岡梨奈、渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)、園田あいか (校庭カメラアクトレス)、古新舜監督
スペシャルゲスト:OriHime開発者 吉藤オリィ

映画情報どっとこむ ralph 映画初出演・初主演の福地さんは

福地さん:皆さんに初めて観てもらうと思うとドキドキです。

と全国公開に期待と不安が入り混じったご様子。
母親役の生田さん、祖母役の水野さんらベテラン女優に

福地さん:沢山助けていただきました。劇中では親子関係が大事なので、撮影以外ではこちらが力を抜いて話せるような瞬間を作っていただきました。

と感謝。

すると祖母役の水野さんは自らのデビュー当時を振り返り

水野さん:デビュー作というのは一番よく覚えているもの。だから私も初心に戻ろうと努力しています。

と笑わせた。

映画情報どっとこむ ralph また和太鼓の練習場所で二十歳の誕生日を迎えた福地さんは

福地さん:生田さんから二十歳の誕生日をサプライズで祝ってもらい、生田さんの娘さんとおそろいのリュックをプレゼントしてもらいました。

と嬉しそう。劇中では福地さんに厳しく当たる母親という役どころを演じる生田さんは、

生田さん:普段の私はボーッとしていますが、娘を思う気持ちや愛情は同じ。娘に対して間違った方向に行ってほしくないという思いが、厳しい接し方になってしまったんだと思う」と同じ親として役柄に共感を寄せていた。



主題歌も担当している住岡さんは

住岡さん:屋久島の撮影を終えた後に、作品の持つテーマを織り込みながら作った思い入れのある曲。

と紹介すると、

古新監督:僕が昭和歌謡が好きなので、『木綿のハンカチーフ』のような楽曲をリクエストしました。でも住岡さんはその曲をご存じないようで、そこにジェネレーションギャップを感じました。

と笑いを交えて楽曲誕生秘話を明かした。

高校生役の渡邉さんは

渡邉さん:私は現役高校生ではないので、久しぶりに制服を着てテンションが上がりました。お弁当を食べるシーンも『高校時代はこうだったよなぁー』と思い出しながら演じました。

と“JK”再体験に喜び。
一方、高校生役とは言え撮影時中学3年生だった園田さんは

園田さん:すごく寒い撮影だったけれど、スタッフさんが気遣ってくれて優しかった。

と慣れない撮影現場での思い出を振り返っていた。

現場の温かい雰囲気について

福地さん:この映画の現場は、みんなで作ろう!という雰囲気があった。私は映画出演も主演も初めてで不安だったけれど、この現場特有の温かさがあり、スタッフさんとの距離感を含めて、コミュニケーションをとる機会が多かった。

とアットホーム感を強調。それに対し、

古新監督:手作り感のある映画ですが、限られた時間の中で、いかにポジティブに向き合うかを大切にしました。現場スタッフの『いけるよ、いけるよ』という励ましの言葉に救われた。

と苦楽を共にした現場スタッフに感謝を込めた。

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶には、物語で重要な役割を担うロボットOriHimeとともに、開発者である吉藤オリィ氏も登壇。

「コミュニケーションテクノロジーによって人類の孤独を解消する」というコンセプトにもとづいて開発されたOriHimeが、医療現場や高齢者介護の現場だけにとどまらず、より多くの人の日常生活に寄り添うロボットとしての多様な可能性について言及。

吉藤さん:OriHimeを使えば、海外に行くのが難しい祖父母を、ハワイの結婚式に連れていくこともできます。

などと語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・昨年の東京国際映画祭での上映を振り返り

福地さん:たくさんの海外の方々にも観ていただき、日本の素晴らしい技術や屋久島の豊かな自然を感じてもらえたと思います。

と手応えを口にし

福地さん:誰かの背中を押すことのできるようなきっかけの作品になれたら嬉しい。誰かに元気を与えられることを願っています。

とアピール。OriHimeについても

福地さん:映画同様に現実世界でもたくさんの人を助けているロボット。もっともっと広まってほしいです。

とさらなる認知に期待を込めた。

映画『あまのがわ

公式サイト:
amanogawa-movie.com

物語・・・
母と2人で暮らす高校生の琴浦史織(福地桃子)は、大好きな太鼓を母(生田智子)に反対され、母との関係性が上手くいかず、不登校になっていた。母も家も友達との関係も、全てが嫌になってしまった史織は、次第に心を閉ざしていく。ある日、祖母(水野久美)のいる屋久島を訪れた史織は、そこで1台のロボットと出会う。会話ができるAIロボットに興味を示し、自分の心の内を吐露していく史織。ロボットとの不思議な交流の中で、やがてロボットは史織にとって唯一心を許せる友達になっていく。一方、交通事故で半身不随になってしまった鷲尾星空(柳喬之)は、病室の中で生きる目的も見失い、空虚な日々を過ごしていた。そしてそんな星空を献身的の様子に心を痛める母(杉本彩)。心を無くした史織と、身体を無くした星空には何の接点もないはずだったが…。そして、いつも史織と一緒に過ごしていたロボットには、ある秘密が隠されていたのだった―。

***********************************


出演:福地桃子/柳喬之、吉満寛人、マツモトクラブ、住岡梨奈、西田聖志郎、渡邉幸愛、園田あいか/杉本彩、生田智子、水野久美 他

監督・脚本・原作:古新舜
主題歌:住岡梨奈「あまのがわ」
(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
配給:アークエンタテインメント
©あまのがわフィルムパートナーズ
   


永野芽郁 x 北村匠海で月川翔監督が贈る『君は月夜に光り輝く』特報到着!


映画情報どっとこむ ralph 第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)にて、応募数4878作品の中で選考員から圧倒的な支持を受け大賞を受賞した佐野徹夜先生のデビュー作『君は月夜に光り輝く』。胸をつく感動的なストーリーと、若者に絶大な支持を得ているイラストレーターloundrawの装丁の人気もあいまって、新人作家のデビュー作ながら異例のヒットをとばし、累計発行部数30万部を突破(2018年12月時点)! そしてこの度実写映画化が決定、2019年3月15日(金)に、新時代の純愛物語が誕生します。

死期が近づくにつれて肌が光る原因不明の不治の病“発光病”を患い、病院から出ることが許されない余命ゼロの少女・渡良瀬まみずには永野芽郁さん。まみずと出会い、彼女が叶えることの出来ない願いを“代行体験”という形で叶えていく少年・岡田卓也には北村匠海さん。監督には『君の膵臓をたべたい』の月川翔。

そしてこの度、ポスタービジュアル&特報が解禁となりました! 
ポスターは“あなたのせいで、生きたくてしょうがない”という胸に突き刺さるようなコピーと共に、大きな満月の前で手を取り合う笑顔のまみず(永野)と卓也(北村)の姿が大きく写された1枚となっています。二人の息をピッタリと合わせないと撮れないポーズでしたが、永野と北村が互いに「せーの」と声を掛け合うなど明るく和やかな雰囲気の中での撮影となりました。そして特報は、まみずが卓也へ自分の叶えられない願いの“代行体験”をお願いするところからスタート。卓也の代行報告を通じて心を通わせ合っていく2人の様子や、儚くも美しい笑顔を見せるまみずと、まみずを見つめて一粒の涙を流す卓也の姿が印象的な映像に仕上がりました。


映画情報どっとこむ ralph 君は月夜に光り輝く

映画公式サイト:
https://kimitsuki.jp/

公式Twitter:
@kimitsuki0315

2019年3月15日(金)全国東宝系にてロードショー

物語・・・
高校生の岡田卓也(北村匠海)はクラスの寄せ書きを届けるため行った病院で、入院中の同級生・渡良瀬まみず(永野芽郁)と出会う。明るく振舞う彼女が患う病気は“不治の病・発光病”。
細胞異常により皮膚が発光し、その光は死が近づくにつれて強くなるという。そして、成人するまで生存した者はいない―。 卓也は病院から出ることを許されないまみずの“叶えられない願い”を代わりに実行し、その感想を伝える【代行体験】を行うことに。代行体験を重ねるごとに、まみずは人生の楽しみを覚え、卓也は彼女に惹かれていく。
しかしその反面、迫りくる死の恐怖が2人を襲う。そして卓也に隠された”ある過去”を呼び覚ます。
命の輝きがが消えるその瞬間。まみずが卓也に託した最期の代行体験とは――?

***********************************

出演:永野芽郁、北村匠海
甲斐翔真、松本穂香、今田美桜、優香、生田智子、長谷川京子、及川光博
原作:佐野徹夜『君は月夜に光り輝く』(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
監督・脚本:月川翔(『君の膵臓をたべたい』『センセイ君主』)
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝
©2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会
  


福地桃子らがロボットとレッドカーペット第31回東京国際映画祭『あまのがわ』


映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭が、昨日10月25日(木)に開幕。特別招待作品部門で選出された映画「あまのがわ」森武彦(プロデューサー)、古新舜監督、吉藤オリィ(製作)、井上孝之(製作)、ロナ(製作)、福地桃子、生田智子 らがオープニングレッドカーペットイベントに登場した。
映画「あまのがわ」は、大好きな太鼓を母に反対され、心を閉ざして不登校になった高校生・史織(福地)と、交通事故で体の自由が効かなくなり生きる目的すらも見失った青年・星空の心の成長を描く物語。

第 31 回東京国際映画祭出展作「あまのがわ

2019 年 2 月、全国順次公開

〈公式 HP〉
http://amanogawa-movie.com

◇ストーリー
母と 2 ⼈で暮らす高校生の琴浦史織(福地桃子)は、大好きな太鼓を母に反対され、母との関係性が上手くいかず、不登校になっていた。母も家も友達との関係も、全てが嫌になってしまった史織は、次第に心を閉ざしていく。ある日、祖母のいる屋久島を訪れた史織は、そこで 1 台のロボットと出会う。会話ができる AI ロボットに興味を示し、自分の心の内を吐露していく史織。ロボットとの不思議な交流の中で、やがてロボットは史織にとって唯一心を許せる友達になっていく。一方、交通事故で半身不随になってしまった鷲尾星空(柳喬之)は、病室の中で生きる目的も見失い、空虚な日々を過ごしていた。心を無くした史織と、 身体を無くした星空には何の接点もないはずだったが…。そして、いつも史織と一緒に過ごしていたロボットには、ある秘密が隠されていたのだった―。


***********************************


福地桃子/柳喬之、吉満寛⼈、マツモトクラブ、住岡梨奈、⻄⽥聖志郎、渡邉幸愛、園⽥あ
いか/杉本彩、生⽥智子、⽔野久美 他 〈監督・脚本・原作〉 古新舜 〈主題歌〉 住岡梨奈「あまのがわ」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
〈配給〉アークエンタテインメント
©コスモボックス