「生理ちゃん」タグアーカイブ

二階堂ふみらが語る“生理”の環境の変化『生理ちゃん』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 11月9日(土)に映画『生理ちゃん』の公開記念舞台挨拶が行われました。
今まで取り上げられることの少なかった「生理」をポップに擬人化し大きな話題を呼び、本年度の手塚治虫文化賞短編賞を受賞したコミック「生理ちゃん」。WEBメディア「オモコロ」で連載開始後女性たちから「共感しかない」と大反響を呼び、累計2,000万PV超えを果たし、今年の7月に第二巻「生理ちゃん 2日目」が発売された大ヒットコミックが、まさかの実写映画化!11月8日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国公開中となりました。

そして、その公開を記念して、主演の二階堂ふみ、伊藤沙莉、松風理咲、須藤蓮、品田俊介監督、生理ちゃんがユナイテッド・シネマアクアシティお台場に集結!日本で誕生したブサカワな生理ちゃんの世界進出が発表され、キャストと監督が生理ちゃんをお祝いしました!
1109「生理ちゃん」公開記念舞台挨拶
開催日:11月9日(土)
登壇者:二階堂ふみ、伊藤沙莉、松風理咲、須藤蓮、品田俊介監督、生理ちゃん
司会:mic

映画情報どっとこむ ralph 映画『生理ちゃん』の公開を記念し、本作出演の二階堂ふみさん、伊藤沙莉さん、松風理咲さん、須藤蓮さん、品田俊介監督が登壇。キャストと監督に続いて会場に駆けつけた生理ちゃんが舞台上に登場すると、ひときわ温かい空気に包まれました。「映画『生理ちゃん』、いかがでしたか?」という司会からの問いかけに、来場された観客から大きな拍手がわき、

二階堂ふみさん:タイトルが『生理ちゃん』ということもありますが、男性も女性も半々くらい来ていただけて、とても嬉しく思います。

と男女関わらず多くのお客さんに作品が届いた喜びを共有しました。

司会:監督デビュー作がついに公開初日を迎えられた現在のお気持ちを、一言お願いします。

監督:去年、小山健さんの書いた心温まる原作をやりたいですと手を挙げたものの、正直今まで見たことのないジャンルの作品を映像化できるのかなと、心配で毎日を過ごしたのですが、スタッフの皆さんやキャストの皆さん、こうして実物の生理ちゃんが誕生して、映画という作品を一緒に作り上げることができ、劇場に足を運んでいただいたお客様に作品をお届けすることができて感謝の気持ちでいっぱいです。

と、感無量のご様子。

司会:これまで誰も見たことがないジャンルで「生理」を扱うことが斬新ではありますが、最近では多くのメディアで生理特集が組まれるなど、ムーブメントが起こり、私たちを取り巻く 「生理」の環境がだんだんと変わってきていると思いますが、皆さんはこの映画の出演をきっかけに「生理」に関する世の中の変化を実感することはありますか?

と、問うと

二階堂さん:生理という女性が生きていたら向き合っていくものを題材に、男性の作者が描いて、男性の監督とプロデューサーが映画を作るということが、一つ新しいことだと思います。

伊藤さん:自分の中では、もともと禁句的なことではなかったのですが、自分自身というよりは、こういう日だからちょっとキツイかもといった時の、周りの男性の反応が、私の知らないくらいの昔と比べたら全然違うのが最近の流れではないかなと思います。

松風さん:今回『生理ちゃん』という作品に関わって、高校の同級生から『すごい面白そう、観てみたい』という声が沢山届いたので、この映画をきっかけに、より生理に対する感じ方が変わっていくのかなと思うと嬉しいです。

須藤さん:体験することができないことだからこそ、映画や台本で深く考えることが大事だなと思うので、向き合う機会をいただけたことが僕にとって貴重な経験でした。


司会:男性からのレビューの中で、生理中の人に気づかないように、気づいてあげることが大事なんだなというコメントもあり、今回男性のお客様も沢山来られていて嬉しいものがありますか。

二階堂さん:観終わった方々と時間を共有させていただいて、この映画は生理を題材に扱っていますが、女性VS男性ということではなく、他人の辛さや痛みを100%理解することができなくても、なるべくその人に寄り添ってあげたいよねというメッセージが込められた映画だと思うので、女性、男性の皆さんに観ていただきたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 〜ここで生理ちゃんの世界進出(中国、香港、台湾、マカオ、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、など8つの国と地域での映画の配給権利が販売)のニュースが発表!〜

世界進出の発表を受けて、生理ちゃんも「グー!」のポーズを見せて喜びを全身で表現。
先月、オランダの映画祭に参加された監督に、現地の反応を伺うと、「ヨーロッパでも日本と同じようにタブー視しているところもあるようですが、日本よりフランクに考えているのかなという印象をもちました。」と海外の生理に対する受け入れ方の違いについてコメントしました。


司会:海外で本作をご覧になるお客様に対して質問したいことはありますか。

二階堂さん:国によっては独自の文化を発展させていることも多いですよね。日本では布ナプキンが流行ったりしましたけど、それをアメリカの友達に話したら、『ありえない!(紙)ナプキンは遅れている』という子もいました。国によって全然事情が違うと思うので、各国から女性を集めて話をしても面白いかもしれないですね。


伊藤さん:周りの男性の反応や対応は日本とどう違うのか、文化の違いでどう変わっていくのか気になります。

監督:海外の劇場でお客さんと一緒に観させていただいたときに、全く考えてもみなかった言葉には表せない感覚が伝わってきました。世界共通なんだなと思ったのは、性欲くんのくだりはヨーロッパの方も同じように大爆笑してくれました。(笑)

最後に・・・・

監督:皆様、今日は本当にありがとうございます。タイトルは少し刺激的だったり、抵抗がある人もいるかと思いますが、だからこそ、『生理ちゃん』が世代や性別関係なく、生理のことを考えたり知ったりするきっかけになれば良いと思っていますので、劇場から出た後も生理ちゃんを応援していただけるとありがたいです。皆様、本当にありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph 映画『生理ちゃん』

11月8日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国公開中

■公式HP :
https://seirichan.official-movie.com/

二階堂ふみ『生理ちゃん』Poster
***********************************

二階堂ふみ/伊藤沙莉 松風理咲 須藤蓮 狩野見恭兵 豊嶋花 信太昌之 藤原光博(リットン調査団)
中野公美子 鈴木晋介 広岡由里子 笠松伴助 小柳津林太郎 八木橋聡美 安藤美優 竹村仁志 田宮緑子 飯田愛美/岡田義徳
原作:小山健「生理ちゃん」(ビームコミックス/KADOKAWA 刊) 監督:品田俊介 脚本:赤松新
音楽:河内結衣 主題歌:「する」the peggies(Epic Records Japan)
制作:吉本興業/フジテレビジョン
制作プロダクション:フィルムメイカーズ
製作・配給:吉本興業
(C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA2019 年/日本/75 分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル 
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

二階堂ふみ、伊藤沙莉、松風理咲登壇!映画『生理ちゃん』完成披露上映会


映画情報どっとこむ ralph 10月6日(日)に映画『生理ちゃん』の完成披露上映会が行われました。

今まで取り上げられることの少なかった「生理」をポップに擬人化し大きな話題を呼び、本年度の手塚治虫文化賞短編賞を受賞したコミック「生理ちゃん」。WEBメディア「オモコロ」で連載開始後女性たちから「共感しかない」と大反響を呼び、累計2,000万PV超えを果たし、今年の7月に第二巻「生理ちゃん 2日目」が発売された大ヒットコミックが、まさかの実写映画化!11月8日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次公開となります。公開に先駆け、主演の二階堂ふみ、伊藤沙莉、松風理咲、品田俊介監督がメイン館であるヒューマントラストシネマ渋谷に集結!今旬の女優達がブサカワな生理ちゃんと一緒に、舞台挨拶に登壇しました。
映画『生理ちゃん』完成披露舞台挨拶_集合写真
開催日:10月6日(日)
登壇者:二階堂ふみ、伊藤沙莉、松風理咲、品田俊介監督
司会:伊藤さとり

映画情報どっとこむ ralph 品田俊介監督:今日は足を運んでいただきありがとうございます。感慨深いです。想像では女性の方ばかりかと思っておりましたが、男性の方も沢山来て頂いて嬉しいです。

司会:今回WEBコミックで人気があったものを実写化するに当たって、どんな事に心がけをしましたか?

監督:原作を読んだときから、(自分は男なので)こちらの女性お三方含め女性スタッフに比べると生理ちゃんに対する理解度が浅いというのは仕方なく、準備の間にいつも以上に女性の知人や友達にリアルな恋や仕事の悩みや経験談を聞いて、作品に反映させるように心がけました。

映画『生理ちゃん』完成披露舞台挨拶_二階堂ふみ
二階堂さん:今回“生理”という女性の体の中で起きる事をテーマにしているのですが、“男性対女性”という事ではなくて、一番大事なのは、自分とは違う人が抱えている悩みや苦しみを、自分のものさしで計るのではなく、なるべくその人に寄り添いながら理解してあげられたらいいのかな、と感じながら参加させていただきましたn。

伊藤さん:(自らが演じた)りほという女性は自分に自信がなかったり、自分で自分に呪いをかけたりする役なのですが、そういうことを抱えた方々が、何か背中をポンと押される感覚を受け取れることができればいいな、と思って演じさせていただきました。

松風さん:原作同様この映画も、“生理”というものをコミカルに明るく表現しているので、沢山の人にスッと見ていただける作品だと思います。ひかるは高校生の恋と受験と生理に悩みながら葛藤していく役で、私も当時受験の年だったので、リアルに演じられることを心がけました。

と其々。

司会「もしこの作品のように、自分の生理ちゃんがいつも自分の側にいたら、どうですか?」

二階堂さん:今日は涼しかったのでお互い気持ちよく一緒に過ごせると思うのですが、昨日みたいに暑い日に近くに居られるとちょっと嫌かもしれないです。(もし生理ちゃんに励ましてもらうならば)頑張れー!て言ってほしいです。

伊藤さん:自分と一心同体だから、自分が感じた感情を全て担ってほしい。自分以上に怒ったりしてくれたら自分が楽かなと、常に感情をシェアしてくれたらいいなと思います。
映画『生理ちゃん』完成披露舞台挨拶_伊藤沙莉
松風さん:今寮に住んでいるのであんまり家で喋ることがなく、独り言が増えているので、生理ちゃんに話し相手になってほしいです。あと朝起こしてほしいです。(笑)

と、会場を沸かせました。

映画情報どっとこむ ralph 〜ここでスペシャルゲストの生理ちゃんが登場!〜

司会「こちらの生理ちゃんは実際に劇中に出てくる生理ちゃんですが、一緒に出演していかがでしたか?」

二階堂さん:最初は生理ちゃんを背負ったりするのが大変で、少しでも生理ちゃんの影が見えるとオッ!と思っていたのですが、終盤になってくると、もうあと何日で会えなくなるという寂しさがあったので、久々に今日お会いできて嬉しいです。

伊藤さん:なんとも言えない表情で訴えかけられてくるので、いつも見守られて、心の支えでした!公園のデートシーンでも、遠くで小さな指でジェスチャーしてくれて、元気や勇気やプラスイオンを沢山もらい、癒されました。

松風さん:私の生理ちゃんは小さかったのですが、二階堂さんの生理ちゃんは大きかったので、生理ちゃんにもたれて座っていらして、一心同体というか微笑ましかったです。

司会「最後にご登壇の皆さまを代表して、監督と二階堂さんから、会場の皆さまへメッセージをお願い致します。」

監督:『生理ちゃん』は子供から大人まで幅広くいろいろな方に見ていただきたいので、もしこれを見てちょっとでもよかったと思われて、老若男女に関わらずいろんな方に伝えていただければと思います。本日はありがとうございました!

二階堂さん:今日はこの映画に合うようなあたたかい舞台挨拶で、皆さんの笑顔を見ると、楽しめていただけたのかなと思いました。とても面白い作品になっていると思うので、また劇場へ足を運んでいただけたら嬉しいです、本日はありがとうございました。

と、イベントを締めました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『生理ちゃん』

公式サイト:
https://seirichan.official-movie.com/


***********************************


二階堂ふみ/伊藤沙莉 松風理咲 須藤蓮 狩野見恭兵 豊嶋花 信太昌之 藤原光博(リットン調査団)
中野公美子 鈴木晋介 広岡由里子 笠松伴助 小柳津林太郎 八木橋聡美 安藤美優 竹村仁志 田宮緑子 飯田愛美/岡田義徳

原作:小山健「生理ちゃん」(ビームコミックス/KADOKAWA 刊)

監督:品田俊介 
脚本:赤松新
音楽:河内結衣
主題歌:「する」the peggies(Epic Records Japan)
制作:吉本興業/フジテレビジョン
制作プロダクション:フィルムメイカーズ
製作・配給:吉本興業
(C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA2019 年/日本/75 分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

二階堂ふみが走る!伊藤沙莉が叫ぶ! 女性の共感度1000%の映画『生理ちゃん』予告編到着


映画情報どっとこむ ralph 今まで取り上げられることの少なかった「生理」をポップに擬人化し大きな話題を呼び、本年度の手塚治虫文化賞短編賞を受賞したコミック「生理ちゃん」。

WEBメディア「オモコロ」で連載開始後女性たちから「共感しかない」と大反響を呼び、累計2,000万PV超えを果たし、今年の7月に第二巻「生理ちゃん 2日目」が発売された大ヒットコミックが、まさかの実写映画化!11月8日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次公開となります。


理解のないヤツには生理パンチをお見舞いし、時に暴言、時に名言を放つ最強のブサカワキャラ生理ちゃん。

この度完成した予告編では実写版生理ちゃんの映像が初解禁!大人気ガールズバンドthe peggiesによる主題歌「する」にのせて、二階堂ふみが生理ちゃんを背負って走り、伊藤沙莉が生理ちゃんに叫ぶ、女性の共感度1000%のパワフルな予告編となりました。



映画情報どっとこむ ralph 同時に二階堂ふみに寄り添う生理ちゃんのインパクトが特大のキービジュアルも解禁となります。
二階堂ふみ『生理ちゃん』Poster
映画情報どっとこむ ralph 突然やって来る “生理ちゃん”に振り回されながらも仕事にも恋愛にも一生懸命な主人公の青子を演じるのは誰もが知る実力派女優の二階堂ふみ。夢を諦め実家生活を送りながら SNS に毒を吐き続けるフリーターのりほを幅広い演技力で大ブレイク中の伊藤沙莉が見事演じています。その他、松風理咲、須藤蓮などのフレッシュな若手から、実力派の岡田義徳、 お笑い芸人リットン調査団の藤原光博など、多彩なキャストたちがそれぞれの“生理ちゃんたち”に向き合う姿は、いつしか見ている側も応援したくなること必至!

『生理ちゃん』二階堂ふみ
「生理ちゃん」

11月8日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次公開

公式サイト:
https://seirichan.official-movie.com/

<STORY>
女性ファッション誌の編集部でバリバリ働く主人公・青子(二階堂ふみ)。仕事中でもデート中でも容赦なくやって来る生理ちゃんを、青子は常に背負いながら何気ない顔でやり過ごすしかない。そんな煩わしい生理ちゃんだけど、悩んだ時や迷った時も青子の一番そばにいてくれる。そしてもう一人の主人公・りほ(伊藤沙莉)。青子の働く編集部で清掃のバイトをしながら、人生を半ば諦めているりほはSNSで毒のある投稿を続けている。そんなりほにも生理ちゃんは容赦なくやって来て…。

***********************************

二階堂ふみ/伊藤沙莉 松風理咲 須藤蓮 狩野見恭兵 豊嶋花 信太昌之 藤原光博(リットン調査団)
中野公美子 鈴木晋介 広岡由里子 笠松伴助 小柳津林太郎 八木橋聡美 安藤美優 竹村仁志 田宮緑子 飯田愛美/岡田義徳
原作:小山健「生理ちゃん」(ビームコミックス/KADOKAWA 刊) 監督:品田俊介 脚本:赤松新
音楽:河内結衣 主題歌:「する」the peggies(Epic Records Japan)
制作:吉本興業/フジテレビジョン 制作プロクション:フィルムメイカーズ 製作・配給:吉本興業 (C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA 2019 年/日本/75 分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

二階堂ふみ!今度は、生理に悩む女性役でハジける!『生理ちゃん』映画化!


映画情報どっとこむ ralph 快進続く二階堂ふみ!今度は、生理に悩む女性役でハジけまくり!

どんな女の子にも容赦なく、面倒なアイツがツキイチでやってくる…。

“生理”を擬人化した衝撃作をついに実写映画化!!『生理ちゃん』

今まで取り上げられることの少なかった「生理」をポップに表現した、インパクトのあるキャラクターが登場する人気短編コミック作品。女性から『共感しかない』と大反響を呼び累計1000万PVを超えし、2018年6月には書籍化。早くも7刷の大重版した小山健原作(ビームコミックス/KADOKAWA刊)「生理ちゃん」がついに待望の映画化となりました。
漫画としての面白さだけではなく、感動する物語や名言も多く、女性だけではなく男性への「生理」に対する理解のきっかけになるなど、幅広い支持と共感を集めている、この衝撃作品の主演を務めるのは卓越した演技力で話題の二階堂ふみが主演を務めます。脇を固めるのは伊藤紗莉、松風理咲、そして藤原光博(リットン調査団)、岡田義徳という豪華キャスト。

この度、全キャスト、主題歌、場面写真、そして主演・二階堂ふみさんのコメントを沖縄国際映画祭でのワールドプレミア上映に先駆け解禁!

映画情報どっとこむ ralph 気になる物語は・・・

あまね出版「ZooE」の編集部で働く米田青子(二階堂ふみ)は、仕事もプライベートも充実している。そんな青子の彼氏、久保勇輔(岡田義徳)は、2年前に奥さんを亡くし、一人娘かりん(豊嶋花)がいる。11歳だが、普通の女の子よりも少しマセていて、お母さんのことを大切に思っている。忙しい時、悩んでいる時、はっきり言って面倒くさい…月に一回のものがやってくる。締切り間近の編集部で、青子の後輩の山内裕(須藤蓮)は、担当しているエッセイの先生と連絡を取れなくなって困っていた。上司の渋谷誠(藤原光博(リットン調査団)に休載するつもりなのかと迫られていた。

山内は休載を避けるべく、以前から面白いと思っていた“煮え湯飲み子”を青子と一緒に探すことに。

「大変なのを生理のせいにできないから大変なんです」

ドカッと生理パンチを食らわし、血を抜き取り、痛さと辛さの極みをみんなにもたらしている。有無も言わさぬそんな嫌われ者のような側面がありながら、実は生理ちゃんには優しい面があり、そっと寄り添ってくれ、生きるヒントをくれる。イタイ、ツライ、メンドクサイを吹き飛ばしてしまう…すべての女性、生理の辛さを知らない男性へ向けたメッセージ。

いつか全部ひっくるめて良かったと思える日が来ると思っている青子は仕事を選ぶのか、恋を選ぶのか…それとも両方上手くいくのか。

青子の職場で清掃の仕事をしている山本りほ(伊藤紗莉)。バイトはやっているが独自のイラストやレトロゲームが好きで、自虐的で籠りがち。生理なんていらないとさえ思っている。

あることをきっかけに人生の転機を迎えるが、自分と向き合うことができない。そんなりほが選んだ道は…。

青子の妹で受験生のひかる(松風理咲)はいつもタイミング悪く大事な模試の当日に生理がやってくる。幼なじみのゆきち(狩野見恭兵)とひかるは関係を進展させたいが…

果たしてその行方は…。

映画情報どっとこむ ralph ◆二階堂ふみさんコメント

思わずクスッと笑ってしまうシュールな世界観と、多くの女性が共感する身体の変化や人生のタイミングについて描かれている原作に惹かれました。実写版の生理ちゃん、楽しみにして頂けたらと思います!

映画情報どっとこむ ralph 『生理ちゃん』

2019年公開

***********************************

原作: 小山 健「生理ちゃん」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
脚本 : 赤松 新(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
監督: 品田 俊介(フジテレビジョン) 
ドラマ「隣の家族は青く見える」「人は見た目が100%」「ナオミとカナコ」「信長協奏曲」「世にも奇妙な物語」
企画: 稲葉 直人(フジテレビジョン)
ドラマ「絶対零度=未然犯罪潜入捜査=」映画「テルマエロマエ」「今夜、ロマンス劇場で」「信長協奏曲」     
「バンクーバーの朝日」「真夏の方程式」「SP 野望篇/革命篇」
制作プロダクション : フィルムメイカーズ
制作:
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
フジテレビジョン
製作 : 吉本興業
出演者:二階堂ふみ、伊藤紗莉、松風理咲、須藤蓮、狩野見恭兵、豊嶋花、信太昌之、
藤原光博(リットン調査団)、中野公美子、鈴木晋介、広岡由里子、笠松伴助、小柳津林太郎、
八木橋聡美、安藤美優、竹村仁志、田宮緑子、飯田愛美、岡田義徳

主題歌:「する」the peggies
作詞・作曲:北澤ゆうほ
編曲:the peggies、 川口圭太
(Epic Records Japan)
©吉本興業、小山健/KADOKAWA




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』×マンガ「生理ちゃん」奇跡のコラボ決定!


映画情報どっとこむ ralph 衛生的なナプキンが手に入らず生理障害に苦しむインドの女性たちの現状、そして男性が“生理”について語るだけでも奇異な目で見られるインド社会の中で公開した本作は初登場no.1の大ヒット!

12月7日(金)より公開される映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』と、 今話題のマンガ「生理ちゃん」との奇跡のコラボレーションが決定しました!

生理の女性のもとにやってくる不思議な生きものを描いたマンガ「生理ちゃん」 (小山健著) 。Webマガジン「オモコロ」での連載時から人気で累計1000万PVを超える話題作となった「ツキイチ!生理ちゃん」が、KADOKAWAから「生理ちゃん」というタイトルで 6月11日に出版されました(現在は『月刊コミックビーム』で連載中)。
女性の生理を描いたマンガの作者が男性であることも注目を浴び、マスコミにも多数取り上げられました。作品の中には日本で生理用ナプキンを販売するために奔走した「パッドマン」「パッドウーマン」とも言える人々のエピソードも入っており、映画を一足先に見た人たちからも「『パッドマン』はぜひ生理ちゃんとコラボすべき!」との熱い声がSNSで上がっていました。映画を見て気に入っていただいた小山先生に映画の応援イラストを描き下ろし!
生理ちゃんの作者 小山健さんによる 『パッドマン』映画レビューマンガ12月上旬解禁予定!

お楽しみに!

映画情報どっとこむ ralph 映画『パッドマン 5億人の女性を救った男

公式HP http://www.padman.jp/


12月7日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国公開

公式twitter
https://twitter.com/padmanjp

物語・・
インドの小さな村で新婚生活を送る主人公の男ラクシュミは、貧しくて生理用品が買えず 不衛生な布で処置をしている最愛の妻を救うため 清潔で安価なナプキンを手作りすることを思いつく。日々 研究とリサーチに明け暮れるラクシュミの行動は 村中の人から奇異な目で見られ 数々の誤解や困難に直面、ついには村を離れるまでの事態に。それでも諦めることなく 彼の熱意に賛同した女性パリーとの出会いと協力もあり ついに低コストで大量生産できる機械を発明、農村の女性たちに ナプキンだけでなく 彼が発明した機械を使って働く機会をも与えようと奮闘する最中、彼の運命を大きく変える出来事が訪れる――。


***********************************

2018年/インド映画/2時間17分 
監督・脚本:R.バールキ
出演:アクシャイ・クマール/ソーナム・カプール/ラーディカー・アープテー




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ