「瑛蓮」タグアーカイブ

コメントが次々到着!澤田サンダー商業デビュー作『ひかりのたび』予告解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、9月16日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開する『ひかりのたび』の予告編が一般解禁。

10年ほど前から中国資本による日本への不動産投資の話題を耳にし、とくに北海道の水源地を含んだ森林の買収が目立ち、目的は投資、居住、別荘など様々だという。その事実に切り込んだ本作。絵本「幼なじみのバッキー」で岡本太郎現代芸術賞に入選、監督自身が不動産ブローカーとして働いた体験を元に着想したというオリジナルストーリー。豊かな経歴から作品を生み出す新たな才能。澤田サンダー監督の商業デビュー作です。

長編映画初主演を果たしたのは、ティーン向けファッション誌「ピチレモン」の専属モデルを務めたネクストブレイク必至の若手女優・志田彩良さん。

本予告編では志田さん演じるヒロイン・女子高生の奈々の日常と、その父親で不動産屋の植田がやり手のブローカーとして暗躍する様が描かれ、父と娘の姿が対比するように映し出されます。あえてカラーを排したモノクロームの丹念な演出によって未来や過去、現実や空想ともつかない曖昧で不確かな映像世界をエモーショナルに表現します。

映画情報どっとこむ ralph さらに本作の作家の横山秀夫氏を始めとする各界の著名人からも絶賛コメントも届きましたのでご紹介。


横山秀夫/作家
地方と都会を、作為と不作為を、善意と悪意を、ビジネスバッグを持ったトリックスターがモノクロの糸で縫い上げてゆく。「心理劇」ならぬ「真理劇」。澤田サンダー監督、恐るべし、である。

大塚英志/漫画原作者(「多重人格探偵サイコ」)
誰かが一方的に喪失した世界のなかで、「他者」として生きるヒロインが、その逆説の中に、確かな希望を描き出す。あらゆる表現が「順接」としてしか語られない今、「逆説」としての映画をひさしぶりにみた。

副島隆彦/評論家
大きな泥臭いお金の話を正直にしないで作られて来た、これまでの社会派映画の限界が、この映画で明らかになった。人間の営み(人生)のあらゆる場面に、こういう交渉ごとと掛け引きがある。企業で働き続ける人間にも企業(経営者)や上司、同僚との日々の掛け引きがある。幼い頃から、そういう親の姿を見ながら、子供は自分の人生環境を運命(与件(よけん)。既に与えられてしまったもの)として引き受けながら生きてゆく。

ヴィヴィアン佐藤/美術家・非建築家
里山の風景や、町の長の家訓、土地、それらは消滅しつつある日本の精神的原風景そのものである。成長し続ける経済という神話を盲信してきたツケが廻ってきたに過ぎない。虚無に満たされた者の身体は完全に糸が切れた凧のようで私たち日本人すべての象徴である。しかし、もう後戻りは許されない。ある男が言ったように、進歩という激しい強風に煽られ飛ばされていく歴史の天使を、いまや世界中の至る処で見つけることができるのだ。

森チャック/キャラクターデザイナー
(代表作:「いたずらぐまのグル~ミ~」「汎用うさぎ」など)
本音と建て前、世間体、協調性、金、憎悪。そんな煩わしさだけで構築されたような日常。結局、人はみな自分が一番かわいい。極端に言えば孤立を恐れない勇気の持ち主だけが幸せになれるのかもしれない。居場所は一つではないのだから。

映画情報どっとこむ ralph “故郷”を裏切り続ける父の秘密、
失われた“郷里”に焦がれる娘の罪
とある地方都市に冷酷非情なやり方で成り上がった不動産ブローカーの男がいた。
高校三年生の娘は父親が荒らしたこの町に愛着を持っている。表立たずに暗躍し町にとって異分子である男と、男の裏の顔に気付きながらも共に暮らす娘。父娘の交差する思いは紆余曲折しながら結びついていく。
不動産売買というテーマを巡ってモノの価値、さらには人間の本質的な真価を冷静に見極める怖さと危うさを描いた本作。
hikarinotabi.com

***********************************

出演:志田彩良 高川裕也 / 瑛蓮 杉山ひこひこ 萩原利久 山田真歩 浜田晃

監督・脚本:澤田サンダー 
製作:テンカラット HIR マグネタイズ 
配給:マグネタイズ 
配給協力・宣伝:太秦
2017年/日本/モノクロ/シネマスコープ/DCP/91分   
©2017『ひかりのたび』製作委員会
 


澤田サンダー商業デビュー作『ひかりのたび』ビジュアル&公開日解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『ひかりのたび』が9月16日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開することが決定。
映画化された小説『クライマーズ・ハイ』『64』で知られる作家の横山秀夫氏から【澤田サンダー監督、恐るべし、である。】と称賛のコメントが届いた本作は、新星・澤田サンダーの商業映画デビュー作です。

本作にて長編映画初主演を果たしたのは、宮崎あおい、長澤まさみ、夏帆など多くの女優を輩出してきたティーン向けファッション誌「ピチレモン」の専属モデルを務めたネクストブレイク必至の若手女優・志田彩良。

志田演じるヒロインのあどけなくもアンニュイな表情が印象的なビジュアルも初解禁となりました。
そして、圧倒的な透明感と瑞々しさたっぷりに悪の一面を持つ父に寄り添うヒロインを演じる。父親は「カンブリア宮殿」のナレーションでおなじみの高川裕也。『ソロモンの偽証』では問題児の父親を演じたバイプレーヤーが、裏がありつつも礼儀正しく誠実で奇妙な男を見事に体現している。脇を固める俳優陣に瑛蓮、萩原利久、山田真歩、浜田晃が名を連ね、音楽を「乃木坂46」の映像作品をプロデュースする狩生健志が担当し、個性豊かに作品を彩る。

映画情報どっとこむ ralph 横山秀夫氏コメント全文

地方と都会を、作為と不作為を、善意と悪意を、ビジネスバッグを持ったトリックスターがモノクロの糸で縫い上げてゆく。「心理劇」ならぬ「真理劇」。澤田サンダー監督、恐るべし、である。                         
横山秀夫 作家 

映画情報どっとこむ ralph “故郷”を裏切り続ける父の秘密、

失われた“郷里”に焦がれる娘の罪
とある地方都市に冷酷非情なやり方で成り上がった不動産ブローカーの男がいた。高校三年生の娘は父親が荒らしたこの町に愛着を持っている。表立たずに暗躍し町にとって異分子である男と、男の裏の顔に気付きながらも共に暮らす娘。父娘の交差する思いは紆余曲折しながら結びついていく。

不動産売買というテーマを巡ってモノの価値、さらには人間の本質的な真価を冷静に見極める怖さと危うさを描いた本作。あえてカラーを排したモノクロームの丹念な演出によって未来や過去、現実や空想ともつかない曖昧で不確かな映像世界をエモーショナルに映し出す。

2007年に絵本「幼なじみのバッキー」で岡本太郎現代芸術賞に入選、映画制作だけにとらわれない新たなる才能・澤田サンダー監督の商業映画デビュー作。伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2015では、史上初の二度目のグランプリに輝いた。同映画祭開催の町、群馬県中之条町をメインロケ地とし誰もが持つ愛郷心や地域コミュニティへの帰属意識を通して郊外の暗部に切り込んだ作品が生まれた。

ひかりのたび

9月16日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開

hikarinotabi.com

***********************************

キャスト:
志田彩良 高川裕也
瑛蓮 杉山ひこひこ 萩原利久
山田真歩 浜田晃

監督・脚本:澤田サンダー
2017年/日本/モノクロ/シネマスコープ/DCP/91分   
©2017『ひかりのたび』製作委員会


金×暴力×欲望 シリーズ初15禁『闇金ドッグス 4』予告到着!


映画情報どっとこむ mari 金×暴力×欲望を鋭くえぐる、裏金融人気シリーズ『闇金ドッグス』!シリーズ

最新作『闇金ドッグス4

が 2016 年 12 月 10 日(土)よりシネマート新宿・心斎橋にて公開となります。
%e3%80%8c%e9%97%87%e9%87%91%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%b94%e3%80%8d%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc この度、あまりにヤバすぎる内容からシリーズ初の 15 禁となった本作の、予告編とポスタービジュアル& 場面写真が解禁となりました。



映画情報どっとこむ mari 主演はパート1・2に続き山田裕貴。

映画『ふきげんな過去』『HiGH&LOW THE MOVIE』『青空エール』『闇金ウシジマく んPart3』など話題作に立て続けに出演。最新作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の公開も12月にあり、2017年 も『あゝ、荒野』、『二度めの夏、二度と会えない君』の公開を控えるなど、ブレイク中の実力派俳優が本作で強烈な演技を見せる。
%e3%80%8c%e9%97%87%e9%87%91%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%b94%e3%80%8d
共演には、ドラマ『仮面ライダー鎧武/ガイム』に戦極凌馬役でレギュラ-出演、舞台『瞑るおおかみ黒き鴨』の主演などで注目を浴び、舞台『パタリロ!』(2016年12月開演)、映画『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る』(2017年全 国公開)など多数出演が控える新星・青木玄徳。
%e9%9d%92%e6%9c%a8%e7%8e%84%e5%be%b3
その他、NHK連続テレビ小説「あさが来た」で主人公の父親役を好演し、『八重子のハミング』(2016/10月29日公開)では初の長編映画主演を務めた升毅。
%e5%8d%87%e6%af%85
映画『バニラボーイ トゥモロ ー・イズ・アナザースカイ』、清水崇監督最新作『雨女』(2016年10月15日公開)の高橋ユウ。
%e9%ab%98%e6%a9%8b%e3%83%a6%e3%82%a6
映画『ジャッジ!』『花と蛇 ZERO』など俳優としても活躍するお笑いタレントの木村祐一ら豪華キャストが集結した!
%e6%9c%a8%e6%9d%91%e7%a5%90%e4%b8%80
映画情報どっとこむ mari 『闇金ドッグス』!

2016年12月10日(土)よりシネマート新宿ほか順次公開です。

公式HP :yamikin-dogs.com
Twitterハッシュタグ: #闇金ドッグス本当にヤバい

%e3%80%8c%e9%97%87%e9%87%91%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%b94%e3%80%8d%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc物語・・・
ラストファイナンスの社長・安藤忠臣(山田裕貴)。若くしてヤクザの親分になったものの、稼業を引退し て、闇金の世界へ足を踏み入た。元イケメンホストだった須藤司(青木玄徳)と共に、癖のある債務者を追い 込む毎日。ある日、ヤクザ時代の大兄貴分の豊田(升毅)が10年のお勤めを経て、シャバに戻ってくる。

もう、あの塀の中には戻りたくないと、足を洗う事を宣言した豊田。男として、ヤクザとして、常に目標としてき た豊田に、忠臣は放免祝いとして30万を包む。常に債務者には冷徹な忠臣の意外な態度に、司は突っかか るが、「優遇は一度まで。次に融資する時は、きっちり回収する」とその信念は変わらない。

しかし、出所した 元ヤクザには、世間の風当たりも厳しく、就職先もままならない。それでも堅気になると誓い、喫茶店で慣れ ない履歴書に向かう日々を過ごす。そんな豊田の姿を微笑ましく見ていた喫茶店の店員・元子(高橋ユウ) の前に、突然チンピラが現れる。元子を拉致ろうとするチンピラを、圧倒的な腕力でぶっ飛ばし、元子と共に逃げる豊田。金銭トラブルを抱える元子と元ヤクザの豊田。頼る相手がいない二人は、束の間の安息を得て、共に惹かれあうのであった。幸せな時間を守る為、元子の借金を肩代わりする事を決めた豊田が向かったのは、ラストファイナンスであった・・・。

***********************************

山田裕貴 升毅 高橋ユウ 坂田聡 ジェントル 瑛蓮 百瀬朔 副島淳 / 木村祐一 青木玄徳

監督:元木隆史
脚本:池谷雅夫
企画・配給:AMG エンタテインメント
製作:「闇金ドッグス 4&5」製作委員会(AMG エンタテインメント/JVC ケンウッド・ビクターエンタテインメント)
2016 年/日本/88 分/カラー/シネマスコープ
(C)2016「闇金ドッグス 4&5」製作委員会


金×暴力×欲望を鋭くえぐる『闇金ドッグス4&5』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 裏金融人気シリーズ『闇金ドッグス』!続編『闇金ドッグス4』が2016年12月10日(土)より、『闇金ドッグス5』が2017年1月14日(土)よりシネマート新宿・心斎橋にて連続公開することに決定しました。
%e9%97%87%e9%87%91%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%b9 金に魅せられ、金に苦しみ、金に群がる人間模様は、観る者を強烈に引きつける『闇金ドッグス』シリーズはテレビドラマや大型映画では描ききれない、闇の世界を恐れもなく描いて人気のシリーズ。

実際に起きた事件にインスパイアーされたストーリー。
金×暴力×欲望を鋭くえぐる、新・闇金映画の新作が登場!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
女性債務者から、絶大の信頼を得ているラストファイナンスの須藤司(青木玄徳)は、かつて、街金から金を騙し取る為に、結婚離婚を繰り返し、戸籍上の名字を忘れてしまっている。そんなある日、銀行系のローン会社から、電話が入り、「あなたの奥様が借金んをして、飛んだ。夫である貴方には支払いの義務がある」と。困り果てている司には、にべもなく、社長の安藤忠臣(山田裕貴)から、新規の客をあてがわれる。その客は、大手電機メーカーの下請け会社でエアコンの設置業者の契約社員として働く、沼岸光夫(菅原大吉)。ブラック企業では人扱いをされず、冷遇のなか必死にしがみついている。それは、ひとえに認知症を患っている母の為。だが、薄給で生活費もままならず、致し方なくラストファイナンスを利用している。沼岸の状況は悪くなるばかりで、理不尽な理由で急に解雇されてしまう。困った沼岸は、生活保護の申請をするも断られ、無職になったので、司から追加融資も受けられずにいた。そんな沼岸の前に、NPO法人で貧困ビジネスを営む五条礼(荒木宏文)が現れ、申請が通った生活保護費を不正に搾取されてしまう。母の病も進行が速くなり、生活は究極に困窮する。藁をもすがる思いで、沼岸はラストファイナンスを再び訪れた。 

映画情報どっとこむ ralph %e5%b1%b1%e7%94%b0%e8%a3%95%e8%b2%b4<山田裕貴コメント>
(やまだゆうき)

パート1・2・3経て、こうやってパート4・5が出来る事が本当に嬉しいです。シリーズを重ねていく事で、役に対してより深く深く掘り下げられると思います。パート4では、忠臣の過去が出てきます。その中で見せる今までにない忠臣の表情などを楽しめて演じれたらと思います。今回の2作のテイストは、ちょっと切なかったり、お金の怖さから生まれる悲しさだったり、現実にあった事件を映し出したり、そういうリアルな部分を、ちゃんと見せていきたいです。忠臣はまっすぐ生きているので、厳しい男ではありますが、かと言って悪い奴ではなく、時には人を思いやります。ただ、人を思いやるが故に、その人の人生を狂わせてしまったりする。何が正しい事なのかを教えてくれる映画だと思っています。今までのシリーズもご覧になっていなくても、最近僕を知ってくれた方にも、大きなスクリーンでこの映画を見て頂けるように、全身全霊で頑張りたいと思います。


%e9%9d%92%e6%9c%a8%e7%8e%84%e5%be%b3<青木玄徳コメント>
(あおきつねのり)

いやー、ヤバいんじゃないですか。ヤバい。この一言で内容を表現できます。前回よりも話がめっちゃ重くなって行きますので、「闇金ドッグス」のファンになって頂いている方には、愛して貰えるんじゃないかなと思います。現実にあった事件を引用させて頂いているシーンもありますので、しっかり表現して、皆さんに伝えられたらなと思います。かなりヤバい事になると思います。


%e5%8d%87%e6%af%85<升毅コメント>
(ますたけし)

忠臣の過去をよく知るヤクザ役という事で、初めて見る方はもちろん、シリーズを楽しみにされているお客様の期待に応えられるよう準備しています。裕貴くんと久しぶりにガッチリ芝居できることも、とても楽しみにしています。


%e9%ab%98%e6%a9%8b%e3%83%a6%e3%82%a6<高橋ユウコメント>
(たかはしゆう)

シリーズ3作品あって、今回のパート4で、今まで続いてきた作品に関わらさせて頂く事が嬉しく思います。そして、元子という役で生きる事が出来るのが嬉しいと共に、凄く過酷で、胸の痛い日々になるんだろうなと思います。孤独と愛の形を、探しながら、求めながら、作品を撮って行けたらいいなと思います。


%e8%8f%85%e5%8e%9f%e5%a4%a7%e5%90%89<菅原大吉コメント>
(すがわらだいきち)

今、日本のどこかで現実に起きているであろう問題がこの作品にはたくさん含まれてます。特にこの母と息子の親子関係がとても切なく、そして切実に描かれていて、とても見ごたえのある作品になると思います。


%e8%8d%92%e6%9c%a8%e5%ae%8f%e6%96%87<荒木宏文コメント>
(あらきひろふみ)

闇金ドッグス5に出演させて頂きます。この5では、実際に問題視されたりニュースに上がったりもした「ある事」が物語に組み込まれています。僕個人として、同じD-BOYSの山田裕貴が1から作り上げて、ここまで続けてきた事を心から尊敬し、敬意を払い、精一杯自分の役を努めて参りたいと思います。また青木玄徳君とも、以前一緒に仕事をさせてもらっており、こうやって違う現場で再会できる事を嬉しく思っています。いただいた役も、役者として挑戦したい事がたくさんあります。皆さんが楽しみ、考えてもらえるよう、現場ではたくさんのことに挑戦しながら精錬された最高の作品を届けられるよう精一杯挑みたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 『闇金ドッグス4』公開表記 : 
2016年12月10日(土)よりシネマート新宿ほか順次公開
『闇金ドッグス5』公開表記 : 
2017年1月14日(土)よりシネマート新宿ほか順次公開


公式HP : 
yamikin-dogs.com 
Twitterハッシュタグ:
#闇金ドッグスヤバい

***********************************

【闇金ドッグス4 CAST】
山田裕貴
升毅 高橋ユウ 坂田聡 ジェントル 瑛蓮 百瀬朔 副島淳 / 木村祐一
青木玄徳

【闇金ドッグス5 CAST】
青木玄徳
菅原大吉 美谷和枝 牧野ステテコ 蒲生純一 副島淳 / 荒木宏文
山田裕貴

監督:元木隆史
脚本:池谷雅夫 
企画・配給:AMGエンタテインメント 
製作:「闇金ドッグス4&5」製作委員会(AMGエンタテインメント/JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)
2016年/日本//カラー/シネマスコープ 
(C)2016「闇金ドッグス4&5」製作委員会