「瑛太」タグアーカイブ

生田斗真、瑛太、瀬々敬久監督が少年犯罪とその後-映画『友罪』を通して明治大学で特別講義


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督待望の衝撃の最新作『友罪』が5月25日(金)より全国公開となります。

本作は、デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞したミステリー界の旗手で、少年犯罪を取り巻く人々を繊細に描き続ける薬丸岳が、2013年に発表したベストセラー小説「友罪」の映画化。

隣りで静かに微笑む友が、かつて日本中を震撼させた“あの事件”の犯人だったら。元ジャーナリストの益田を生田斗真さん。少年Aだった過去を持つ鈴木を瑛太さんが演じている本作。
この度、公開を前に、「少年犯罪」を学ぶ大学生と、罪を犯した友や家族との向き合い方、友情についてなど、本作が投げかける問いに対して、主演の2人と監督が、生の意見を交わす特別授業が行われました。

映画『友罪』特別授業イベント
特別授業“少年犯罪とその後-映画『友罪』を通して”
日時:5月14日(月)
会場:駿河台キャンパス
講義:明治大学文学部文学科文芸メディア専攻 伊藤氏貴准教授 

特別ゲスト:生田斗真、瑛太、瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph 明治大学文学部文学科文芸メディア専攻で少年犯罪を学ぶ学生さんは、前回の講義で本作を鑑賞。その続きを掘り下げる目的で、文学部文学科文芸メディア専攻 伊藤氏貴准教授が仕掛けたのが
本作の監督の瀬々敬久さん、そして、生田斗真さん、瑛太さんを呼んでのティーチイン。准教授の呼び込みで登場した三名と
学生さんは少し緊張気味?


まず、薬丸岳先生の作品の中でもDEEPな作品を映画化したのは
瀬々監督:薬丸先生の「天使のナイフ」を読んで14歳ぐらいの少年の犯罪のお話。そして、友罪まで少年犯罪を追いかける執念のようなものを感じて心を動かされました。それを描きたいなと。神戸の児童殺傷事件はショックでした。現在どうとらえ直せばよいのかと。どう生きていけば良いのか。加害者だけでなく、周りの人達も含めて描こうと作りました。

と本作の映画化への想いを伝えました。実話ベースの難しい作品でしたが
生田さん:映画化前に「友罪」は読んでいて、映像化すべきだと思っていた作品だったので、その話をいただいて、世に送り出そうというスタッフの熱さを感じました。

と、この題材だからこそ出演を決めたと話す生田さん。瑛太さんは
瑛太さん:神戸の事件が起きた時はショックでしたからね。先ず少年Aを創るうえで、何を人に伝えるのか疑問があったので。監督スタッフとよく話をして、少年Aの手記を読んで臨みました。初年Aの環境や衝動を読み進めていくとどこか全否定できないところがあって、、、想像を超える衝動があるのではと。役を愛して演じたいので、自分の想いを載せていきました。

難しい役を作るには、深い思慮が必要だったご様子。

ここで、教授が神戸の児童殺傷事件のことを知っているか学生にと尋ねるとちらほら。実は集まった学生さんが生まれた位の事件。


映画情報どっとこむ ralph もし友達が重大な罪を起こしていたことを知ってしまったら、友達を続けるか?と言う質問に、学生の多くは続けると回答。

生田さん:難しい。。一度油状が芽生えたのだから続けたいし。綺麗ごとかな・・・でも、少しでも将来が変わってくれっればと支えたい気持ちはあります。

と言う生田さんに対して瑛太さんは

瑛太さん:距離をとるかもしれないですね。向き合うとは思いますが、警戒心も生まれるだろうし・・・自分の家に呼べるのかと?少しづつ距離を置いて友達を辞めるかもしれません。

ここで瀬々監督は、別の事件を持ち出して
瀬々監督:別の事件で少年に妻子を殺された夫が少年法で守られて、無期懲役になった少年を、司法が裁けないならこの手で!とテレビで言って・・・・・最終的に死刑になるのですが、その少年に会うと、知り合ってしまったのだから死んでほしくないと。それが人間の心の在り方ではないかと、僕は感じて欲しいなと。関係を前向きにしたいなと思っています。

と、本作にもつながるエピソードを話しました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、学生さんからQ&A

Q:実際に誰かを傷つけてしまって後悔したことはありますか?

生田さん:幼いころ、クラスの中に輪に入れない子がいて。その子にみんなで一緒にと手を差し伸べてきたのだろうかと?故意ではないけど知らず知らずではあるのかもしれないですね。

瑛太さん:サッカーが上手いチームメイトがいて、彼が白髪があってからかってしまって。。いやがらせしてた。でもその一週間後に白髪が生えてきて。。。罰が当たりました。
他にも、ラストシーンを演じた時の想いや様子を質問したり、就活・仕事の話などの質問に、とても丁寧に学生に返されていました。

逆に生田さんと瑛太さんから質問

生田さんからは宣伝活動で記者に多くされた質問「あなたにとって友達とは?」を学生に問うと

「自分の位置、指標になる鏡」「暫くあってないときに会いたくなる人」

瑛太さんからは「生田斗真と瑛太どっちが好きですか?」と言う質問に・・・

なんと、負けるつもりの瑛太さんが圧勝!
瑛太さん:ごめん!斗真くん!

とあたふた。
理由を聞くと・・・
「瑛太さんの方がエロいと思うので好き」(男子生徒)、「瑛太さんのメンヘラっぽいことが好き」(女子生徒)と若干瑛太派が多い場内に、勝ち誇った様子の瑛太が「斗真、ごめんな(笑)」と笑顔を見せると、生田も負けじと「生田派の意見も聞きたい!」と応戦。「『脳男』を見て、演技の振れ幅がすごいなと感じた。あと、やっぱり顔がカッコいいです!」と、女子生徒が答えると、照れ笑いを浮かべながら「これからもよろしくお願いします!」とお辞儀をし、場内はさらに盛り上がりました。

最後に・・・

監督:この映画は、人生にはかけがえのない、宝石のような瞬間があると思いますが、そういう瞬間が人の救いになれば良いなと。加害者もきっとかけがえのない瞬間を感じることで、その尊さを奪ったことを悔いるものだと僕は思います。このかけがえのない瞬間が、友情や家族の関係の中にあると思う。皆さんも青春の真っただ中で、かけがえのない瞬間を生きていると思います。その瞬間を大切にしながらこれからを生きていってほしい。今日はどうもありがとうございました。

と、特別講義を終えました。

友罪

公式サイト:http://gaga.ne.jp/yuzai/

ある町工場で働き始めた、元週刊誌ジャーナリストの益田(生田斗真)と、他人との交流を頑なに避ける鈴木(瑛太)。共通点は何も無かった二人だが、同じ寮で暮らすうちに少しずつ友情を育ててゆく。そんな折、彼らが住む町の近くで児童殺人事件が起こり、世間では17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が指摘される。当時14歳だった犯人の少年Aはすでに出所しており、その後の行方を知る者は少ない。果たして今回の事件も彼の犯行なのか…。驚きと疑問に突き動かされ、ネットに拡散していた少年Aの写真を見た益田は愕然とする。そこにはまだ幼さの残る鈴木が写っていた。
 
「心を許した友が、かつての凶悪事件の犯人だったら…。」

***********************************

監督・脚本:瀬々敬久 (『64-ロクヨンー前編/後編』)
原作:「友罪」薬丸岳(集英社文庫刊)
出演:生田斗真 瑛 太 夏 帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市

配給・宣伝:ギャガ
(c)薬丸 岳/集英社
(c)2018映画「友罪」製作委員会




「この映画はっきり言って問題作です!」生田斗真、瑛太登壇『友罪』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督待望の最新作『友罪』が5月25日(金)より全国公開となります。

本作は、デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞したミステリー界の旗手で、少年犯罪を取り巻く人々を繊細に描き続ける薬丸岳が、2013年に発表したベストセラー小説「友罪」の映画化。赦しのない罪に問われた者たちの過去と現在が交錯していき、やがて辿り着く衝撃の真実―――。

キャリア史上最難の役に挑んだ主演の生田斗真さん、瑛太さん。佐藤浩市さん、夏帆さん、山本美月さん、富田靖子さんら日本映画界を代表する名優が日比谷に集結。監督も合わせ完成披露試写会が行われました。

『友罪』完成披露試写会
日付:4月24日(火)
場所:TOHOシネマズ日比谷
登壇:生田斗真、瑛太、夏帆、山本美月、富田靖子、佐藤浩市、瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph 客席の中を通ってW主演の生田さんと瑛太さんが登場すると割れんばかりの歓声と拍手の渦。

生田さん:今日は小雨の中わざわざお越しくださってありがとうございます!この映画・・ハッキリ言って問題作です。賛否両論沸き起こると思います。ただ瀬々監督指揮の元、キャスト・スタッフ尋常じゃない覚悟で臨んだ作品です。しっかりと受け取って欲しいです!
と、熱くゆっくり噛みしめるように挨拶する生田さん。そして、

瑛太さん:撮影時雨が降って・・・・生田斗真=雨男だから。今日も雨で(笑)。本当にすごい素晴らしい映画が出来上がりましたので楽しんでください。

夏帆さん:なかなか体力のいる作品だと思いますが、構えずに楽しんで下さい。

山本さん:問題作です。どんな気持ちで皆さんが劇場を後にするのか楽しみです。

富田さん:台本を読んだ時に、やらなきゃいけないと思った作品です。皆さんに思いが届けばいいなと思っています。

佐藤さん:どうも!登壇する前に、宣伝部の方にネガティブなことを言うなと言われましたが・・・ネガティブな役なんですよ!(笑)

瀬々監督:こういう素敵な面々と映画を創りました!この新しい映画館は音響も映像も素晴らしいです。ハリウッド映画のように観て下さい!

映画情報どっとこむ ralph 生田さん:これはやらなくてはいけない題材だと思いましたが、とはいえ製作中も、そして今もこの映画を創ってよかったのだろうか?と考えながら創りました。同じ時代に生きてきたものとしては、必要ではないかと覚悟して演じました。小説も脚本も真に迫ってくるものがありましたので最大限表現しました。

少年A役のオファーを受けて

瑛太さん:衣装合わせで監督に、僕が俳優だったらこの役は受けないけどね。と言われました(笑)。

と、笑わせながらも

瑛太さん:覚悟をもって、少年Aにある光のようなものを演じられればと。

と、思いを込めて演じたことが伝わる口調。

元AV女優で問題を抱えている役の夏帆さんは

夏帆さん:瀬々さんの過去作を観て瀬々組参加してみたいと思っていたのでお話を受けた時に、率直にうれしかったんです。ただ、本を読んでいくとなかなか覚悟のいる役で・・・正直悩みました。ただこの難しい題材をどう瀬々監督が演出するのか。覚悟を決めてオファーを受けました。監督は演出を実演してくださるんです。絡みのシーンもこういう風に!なかなか瀬々組凄いなと。

記者役の山本さんは・・・

山本さん:衣装合わせの時に、唯一普通の人だから!と監督に言われました。普通って何だろう?と。考えて演じました。

どうやら、瀬々監督の演出の第一歩は衣装合わせの時の「一言」から始まることが判明!

富田さんは瑛太さん演じる鈴木を救おうとするも。。。な役。
富田さん:瑛太さんとのシーンが少なくて・・・もう少し。悔やまれますが。できあ上がった作品を観ると出てよかったなと思いました。瀬々監督の撮影は熱かったですね!

と吐露。佐藤さんは4度目の瀬々組。

佐藤さん:物事は多面的だと。昨今白か黒か勝った負けたとか2面的なものの考え方が多いですが、いろんな見方があるんだと。瀬々さんがこういうものに取り組むのは非常によくわかります。

映画情報どっとこむ ralph 生田さん:瀬々監督と仕事をすると大好きになると聞いていて、瀬々さんを見ていたらとても純粋で。撮影していてもはっきりしていて、判断が速いんですね。それから、号泣したり。入り込んじゃうんです。好きになるなと。

一方・・・

瑛太さん:笑った顔が好きですね。(笑)空気感が素晴らしいんです。

佐藤さん:人は其々感じ方がありますね!(笑)
と会場を笑わせ、和気藹々な舞台挨拶になりました。

映画情報どっとこむ ralph 友罪

公式サイト:http://gaga.ne.jp/yuzai/

ある町工場で働き始めた、元週刊誌ジャーナリストの益田(生田斗真)と、他人との交流を頑なに避ける鈴木(瑛太)。共通点は何も無かった二人だが、同じ寮で暮らすうちに少しずつ友情を育ててゆく。そんな折、彼らが住む町の近くで児童殺人事件が起こり、世間では17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が指摘される。当時14歳だった犯人の少年Aはすでに出所しており、その後の行方を知る者は少ない。果たして今回の事件も彼の犯行なのか…。驚きと疑問に突き動かされ、ネットに拡散していた少年Aの写真を見た益田は愕然とする。そこにはまだ幼さの残る鈴木が写っていた。
 
「心を許した友が、かつての凶悪事件の犯人だったら…。」
***********************************


監督・脚本:瀬々敬久 (『64-ロクヨンー前編/後編』)
原作:「友罪」薬丸岳(集英社文庫刊)
出演:生田斗真 瑛 太 夏 帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市

配給・宣伝:ギャガ
(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会


生田斗真、瑛太を主演に瀬々敬久監督作品『友罪』スペシャル映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 江戸川乱歩賞を受賞しデビュー、その後も数々の賞に輝くミステリー界の旗手・薬丸岳が2013年に発表し、神戸児童連続殺傷事件を彷彿とさせ話題を呼んだ「友罪」(集英社文庫刊)の映画化。

瀬々敬久監督待望の最新作『友罪』が2018年5月25日(金)より全国公開となります。


キャリア史上最難の役に挑む生田斗真、瑛太を主演に、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子と日本映画界を代表する名優が集結した本作で描かれるのは、かつて世間を震撼させた事件を起こした少年Aの“その後”と、周囲の人々の葛藤――。

それぞれの過去と現在が絡み合い、疑心や後悔に囚われた様々な人間模様が交錯し、やがて人間存在の謎に満ちた深みへと導く、慟哭のヒューマンサスペンス。

劇場ロビー用スペシャル映像が公開となりました。

ある町工場で働き始めた、元週刊誌ジャーナリストの益田(生田斗真)と、他人との交流を頑なに避ける鈴木(瑛太)。共通点は何も無かった二人だが、同じ寮で暮らすうちに少しずつ友情を育ててゆく。そんな折、彼らが住む町の近くで児童殺人事件が起こり、世間では17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が指摘される。当時14歳だった犯人の少年Aはすでに出所しており、その後の行方を知る者は少ない。果たして今回の事件も彼の犯行なのか…。驚きと疑問に突き動かされ、ネットに拡散していた少年Aの写真を見た益田は愕然とする。そこにはまだ幼さの残る鈴木が写っていた。
 
「心を許した友が、かつての凶悪事件の犯人だったら…。」

劇場ロビー用特別映像に収録されたメイキング映像では、瀬々監督とともに真剣な表情で撮影に挑む生田斗真と瑛太の姿が捉えられているが、生田は緊張感漂うシーンの撮影中、益田が抱える様々な葛藤に共鳴し、自然と涙が止まらないこともあったという。「益田という人物も、友人の鈴木と同様に過去の罪を背負って生きている。一筋縄ではいかないキャラクターだったと思います。」続く瑛太も、「罪を背負いながらも、償うということが分からない人間でも映画の2時間位の中で変化していく。それは、自分の中で作っていきたいと思いながらやっていた」と振り返り、主演の2人が本作に懸ける想いの強さが感じられる。

30代を迎え、俳優としての新たなステージへ覚悟を持って挑み続ける、生田斗真と瑛太だからこそ作り出せた“血の通った”2人のキャラクターは、日本映画史に残る圧倒的なリアリティ!“友情”の本質を想起させる本作には、各界から感嘆の声が続出している。

全キャストが“本気”でぶつかり合う魂の競演作『友罪』は、5月25日(金)より全国ロードショー!

公式サイト:
http://gaga.ne.jp/yuzai/

***********************************

監督・脚本:瀬々敬久 (『64-ロクヨンー前編/後編』) 
原作:「友罪」薬丸岳(集英社文庫刊)

出演:生田斗真 瑛 太 夏 帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市

配給:ギャガ

(c)薬丸 岳/集英社
(c)2018映画「友罪」製作委員会 


生田斗真×瑛太 瀬々敬久監督最新作『友罪』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 『64-ロクヨンー前編/後編』(2016)で興行収入36億超えの大ヒットを記録した瀬々敬久監督待望の最新作『友罪』(ゆうざい)。

本作は、デビュー作で江戸川乱歩賞受賞のミステリー界の若手旗手として注目される作家・薬丸岳が2013年に発表し、神戸児童連続殺傷事件を彷彿とさせ話題を呼んだ「友罪」(集英社文庫刊)の映画化で、かつて世間を震撼させた事件を起こした少年Aの“その後”を描く重厚な人間ドラマです。

この度、本作の公開日が、2018年5月25日(金)に決定しました!

瀬々監督のもと、友を想い、互いに疑心や後悔と向き合い葛藤する難役に挑むのは、映画や舞台での活躍も目覚しく、今年のウディネ・ファーイースト映画祭では主演作『彼らが本気で編むときは、』が最高賞となる観客賞を受賞した【生田斗真】と、『64-ロクヨン―前編/後編』『殿、利息でござる!』など話題作への出演が続き、主演ドラマ「ハロー張りネズミ」でも話題を呼んでいる【瑛太】。
本作では、ともに心に闇を抱え、大きな罪に囚われ続けながらも、同じ時を過ごす中で心を通じ合わせていく二人の友情、また疑心や後悔に囚われた人間模様を、圧倒的にリアルな演技力で挑みます。
そして!

経験はもとより、実力派俳優としても名高い生田斗真&瑛太の俳優2人がスクリーンで勝負する、“本気のぶつかり合い”も大きな見所になってくる本作。その他、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子ら世代を問わず日本映画の光と影を支え続ける魂系実力派キャストが集結。


友罪』は、5月25日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほか全国ロードショーです・

公式サイト:
http://gaga.ne.jp/yuzai/

***********************************

監督:瀬々敬久 (『64-ロクヨンー前編/後編』)
原作:「友罪」薬丸岳(集英社文庫刊)

出演:生田斗真 瑛太 夏帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市

製作幹事:WOWOW/ハピネット
配給:ギャガ
(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会


新垣結衣×瑛太W主演『ミックス。』が5月2日待望のBlu-ray & DVDで発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 新垣結衣×瑛太W主演で大ヒットした奇跡のロマンティックコメディ『ミックス。』が5月2日待望のBlu-ray & DVDで発売決定!

昨年10月21日より全国劇場公開され、興行収入14.6億円超え(1/14現在)の大ヒットとなっている、恋×笑い×感動のロマンティックコメディ『ミックス。』が、早くもファン待望のBlu-rayとDVDとなって5月2日に発売されることが決定しました。

映画『ミックス。』は世界中が注目するTVドラマ「リーガルハイ」シリーズ、「デート~恋とはどんなものかしら~」などのヒットメーカー・古沢良太の待望の作品。今や国民的女優との呼び声も高い新垣結衣と話題作への出演が絶えない実力派俳優・瑛太のW主演で話題を呼び大ヒットを記録した。


主演の2人に加え、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、斎藤 司(トレンディエンジェル)、蒼井 優、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、遠藤憲一、小日向文世ら、超豪華キャストも集結した、最高の笑いと感動、そして思わずキュンとさせる 切ない恋を“ミックス”した、極上のエンターテインメント映画。
映画情報どっとこむ ralph 今回発売となるBlu-ray & DVDの豪華版にはここでしか見ることができない現場の裏側を収録したメイキングや各種イベント集、豪華キャストの素顔が垣間見えるオフィシャルインタビュー集などを収録予定。劇場で観た人も、まだの人も、何度でも楽しめる内容となっている。

【商品情報】
ミックス。豪華版Blu-ray
品番:PCXC.50137
価格:¥6,700(本体)+税/2枚組:本編Blu-ray+特典DVD

ミックス。豪華版DVD
品番:PCBC.52628
価格:¥5,800(本体)+税/2枚組:本編DVD+特典DVD

ミックス。通常版Blu-ray
品番:PCXC.50138
価格:¥4,700(本体)+税

ミックス。通常版DVD
品番:PCBC.52629
価格:¥3,800(本体)+税

《特典情報》
豪華版特典(予定)
☆特製アウターケース付
☆封入特典:未定
☆特典映像収録内容:
①クランクインからクランクアップまですべてを網羅した、ここでしか見ることができない現場の裏側を完全収録!
キャストが卓球を猛練習している様子などファン必見映像が満載!
②『ミックス。』の各種イベントにカメラが潜入!
③豪華キャストの素顔が垣間見えるオフィシャルインタビュー集!

豪華/通常版共通特典

☆特典映像:予告編集

発売日:2018年5月2日(水) 
※DVDレンタル同日開始
発売元:フジテレビジョン 販売元:ポニーキャニオン
※仕様、特典内容や名称は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください

映画情報どっとこむ ralph 新垣結衣×瑛太W主演『ミックス。』

公式HP:
http://mix-movie.jp/

物語・・・
母のスパルタ教育により、かつて“天才卓球少女”として将来を期待された多満子(新垣結衣)は、母の死後、普通に青春を過ごし普通に就職する平凡な日々を送っていたが、会社の卓球部のイケメンエース・江島(瀬戸康史)に告白され付き合うことに。

ついにバラ色の人生が!と思った矢先、新入社員の美人卓球選手・愛莉(永野芽郁)に江島を寝取られてしまう。
人生のどん底に落ち、逃げるように田舎に戻った多満子。
しかし、亡き母が経営していた卓球クラブは赤字に陥り、自分の青春を捧げた活気のある練習風景はそこにはなく、さらにクラブのメンバーも、妻と娘に見捨てられた新入部員の萩原(瑛太)をはじめ、全く期待が持てない面々ばかり。
しかし江島と愛莉の幸せそうな姿を見た多満子は、クラブ再建と打倒江島・愛莉ペアを目標に、全日本卓球選手権の男女混合(ミックス)ダブルス部門への出場を決意。
部員たちは戸惑いながらも、大会へ向け猛練習を開始する。
多満子は萩原とミックスを組むものの、全く反りが合わずケンカばかり。
しかし、そんな二人の関係にも、やがて変化が訪れ―。
果たして、フラワー卓球クラブは奇跡の全日本選手権出場を叶えることができるのか?
そして、がけっぷち女子・多満子の恋の行方は!?

***********************************

新垣結衣 瑛太
広末涼子 瀬戸康史 永野芽郁 佐野勇斗 森崎博之/蒼井 優
山口紗弥加 中村アン 久間田琳加 神尾 佑 平山祐介 斎藤 司(トレンディエンジェル)
佐野ひなこ 鈴木 福 谷 花音 平澤宏々路 関 太(タイムマシーン3号)
真木よう子/吉田鋼太郎 池上季実子 松尾 諭 生瀬勝久/
田中美佐子 遠藤憲一 小日向文世

監督:石川淳一 脚本:古沢良太 音楽:末廣健一郎
主題歌:SHISHAMO「ほら、笑ってる(movie ver.)」(GOOD CREATORS RECORDS / ユニバーサル シグマ)

製作:石原隆 市川南 プロデューサー:成河広明 梶本 圭 古郡真也 アソシエイトプロデューサー:片山怜子 大坪加奈 ラインプロデューサー:関口周平
撮影:佐光 朗 照明:加瀬弘行 録音:髙須賀健吾 編集:河村信二 美術:相馬直樹 美術進行:福田 宣 装飾:田中 宏 衣裳:田中まゆみ メイク:塚原ひろの
VFX:山本雅之 VFXプロデューサー:赤羽智史 選曲:大森力也 音響効果:壁谷貴弘 記録:加藤 彩 監督補:湯浅 真 助監督:下畠優太 制作担当:竹井政章

製作:フジテレビジョン 東宝   
制作プロダクション:FILM