「瑛太」タグアーカイブ

瑛太・緒形直人が登壇!時代劇「闇の歯車」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 時代劇専門チャンネルにて2月9 日(土)よる8 時からの放送に先駆け、1 月19 日(土)より全国5 大都市を中心に期間限定上映される時代劇専門チャンネル開局20 周年記念作品「闇の歯車」の初日舞台挨拶が丸の内TOEIで行われました。

舞台挨拶には、主演の瑛太さん、緒形直人さん、山下智彦監督が登壇。

昨年の12 月に終えたばかりの撮影を振り返り、撮影現場での裏話や、時代劇、そして日本映画の今後への熱い想いを語りました。

日付:1月19日
場所:丸の内TOEI
場所:瑛太、緒形直人、山下智彦監督

映画情報どっとこむ ralph また、体調不良で急遽駆けつけることができなかった橋爪功さんからの手紙が読み上げられました。

橋爪さんからの手紙:瑛太さん、今回初めての共演でしたが、また時代劇で一緒にやりたい。二人で芝居をしていて伝わってくるなんとも言えない色気、こちらの想像を超えてくる芝居に、気持ちよく乗せてもらいました。緒形さん、山下監督、舞台挨拶で緊張しているかも知れない瑛太を盛り立ててやってください。

と、大先輩からの温かいメッセージも届きました。


映画情報どっとこむ ralph 瑛太 コメント
大河で1年以上出演した後の時代劇だったのですが、また時代劇に挑むモチベーションが保てるか、正直自問自答しました。しかし、山下監督と初めてお会いした時、監督の持つ勢いと作品への愛情を強く感じ、大事にこの役を演じようと心に決めました。また、今回橋爪さんとは初めての共演で、たくさん勉強させていただきましたし、すごくリラックスして撮影に臨むことができました。お金をかけた派手なアクションやコメディの時代劇が増えている中、こうしたサスペンスやアウトローを描いた本格的な時代劇は少なくなっているように思います。日本人として、誇りを持って時代劇を演じられる俳優として、技術も心も磨いていきたいです。

緒形直人 コメント:
本作は、京都の正に”時代劇のプロ”が集まっている現場でやらせていただきました。監督の掛け声を始め、現場の熱い空気に触れて、出来ることならもう一度このキャスト・スタッフでやりたいなという気持ちです。時代劇の瑛太さんはとても自然体で、着流しも色気があって、また共演できるのが本当に楽しみでした。まるで、若かりし日の高倉健さんのような佇まいを感じましたね。ぜひこれからの時代劇界を引っ張っていってもらいたいです。

映画情報どっとこむ ralph 闇の歯車

時代劇専門チャンネルにて2 月9 日(土)よる8 時放送
放送に先駆けて、1 月19 日(土)より丸の内TOEI ほか全国5 大都市を中心に期間限定上映中!

公式サイト:
yaminohaguruma.jp

公式ツイッター:
@yaminohaguruma



【あらすじ】
逢魔 おうま が刻 とき
それは、黄昏―。 人の顔は闇に溶け、静けさが街を支配する一瞬の時間。江戸時代、人々は、魑魅魍魎が蠢 うごめ くと言われるその時刻を畏れをもって迎えた・・・ 初秋の頃、江戸・深川。闇の世界で日々の糧を得る佐之助は、行きつけの酒亭おかめで、謎の男・伊兵衛と出会う。 「儲け話があるんですよ。一口、乗っちゃくれませんか」 危険な匂いを感じ、席を蹴る佐之助。同じ頃、ふとしたきっかけでおくみという女と暮らすことに・・・。彼女との未来に仄かな希望を抱く佐之助は、 やがて伊兵衛の誘いに乗る。しかし、仲間となる男たちは、浪人、若旦那、白髪の老人―いつもおかめで顔を合わせながら、 口を聞いたこともない男たちだった・・・。佐之助らいずれも押し込みなどしたことがない素人四人。そして、伊兵衛。 ―狙うのは、逢魔が刻、さる商家に眠る七百両。 回りだす闇の歯車。しかし―それぞれを取り巻く女たちをも巻き込んで、彼らの人生の歯車は静かに狂い始める・・・。

***********************************

瑛太
緒形直人 大地康雄 中村 蒼
蓮佛美沙子 高橋和也 石橋静河
津嘉山正種 中村嘉葎雄/橋爪 功

配給:東映ビデオ
制作:時代劇専門チャンネル/スカパー!/カンテレ/マイシアターD.D./東映

(C)2019「闇の歯車」製作委員会  写真:江森康之


瑛太 × 橋爪功「闇の歯車」待望の予告編が初公開


映画情報どっとこむ ralph 時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品として制作するオリジナル時代劇最新作「闇の歯車」は放送に先駆けて全国5大都市を中心に1月19日(土)より期間限定上映となります。

そして、その予告が解禁となりました。

主演の瑛太、その好敵手を務める橋爪功に加え、緒形直人、大地康雄、中村蒼、中村嘉葎雄らが演じる居酒屋「おかめ」の常連客たちが、一攫千金を夢見て“完全犯罪”にかかわることに。人の顔が闇に溶け、静けさが街を支配するその一瞬=「逢魔(おうま)が刻(とき)」が完全犯罪の決行の時。蓮佛美沙子、石橋静河ら、女性キャストが華も添え、商家の金庫に眠る700両を巡り、サスペンスを主軸にラブストーリーも描いたスリリングかつ
緊迫感溢れる予告編に、期待は高まるばかりです!


映画情報どっとこむ ralph 勝負を賭ける男たちの結末は如何に!

闇の歯車

2019年2月9日(土)よる8時放送
放送に先駆けて全国5大都市を中心に1月19日(土)より期間限定上映

公式サイト:
yaminohaguruma.jp

公式ツイッター:
@yaminohaguruma


***********************************


瑛太
緒形直人 大地康雄 中村 蒼
蓮佛美沙子 高橋和也 石橋静河
津嘉山正種 中村嘉葎雄/橋爪 功

配給:東映ビデオ
制作:時代劇専門チャンネル/スカパー!/カンテレ/マイシアターD.D./東映

(C)2019「闇の歯車」製作委員会  写真:江森康之


瑛太、橋爪功と共に“完全犯罪”に挑む時代劇『闇の歯車』メインビジュアルを初公開!


映画情報どっとこむ ralph 時代劇専門チャンネル開局20 周年記念作品として制作するオリジナル時代劇最新作「闇の歯車」(原作:藤沢周平 主演:瑛 太)のメインビジュアルと豪華キャストの全貌を発表しました。

豪華キャスト6人が顔を揃えるメインビジュアルを初公開!

メインビジュアルを飾るのは主演の瑛太、その好敵手を務める橋爪功に加えて、新たな豪華キャストとして発表された緒形直人、大地康雄、中村蒼、中村嘉葎雄ら6人。

居酒屋の常連客4人と店主、そこに現れた謎の男とそれぞれの立場から、 “完全犯罪”にかかわることになる人物たちの謎めいた表情が、作品の緊迫感を漂わせます。さらに、作品に華を添える蓮 佛美沙子、石橋静河らが共演に名を連ね、サスペンスを主軸にラブストーリーもからめて描き、スリリングな物語が展開し ます。キャッチコピーは「逢魔 おうま が刻 とき の完全犯罪。」決行は、人の顔が闇に溶け、静けさが街を支配するその一瞬。一攫千金 を夢見て勝負を賭ける男たちの結末にご注目ください。


本作は時代劇専門チャンネルにて2月9日(土)よる 8時より TV 初放送。

さらに、放送に先駆けて、1月19 日(土)よ り丸の内TOEI ほか全国 5大都市を中心に期間限定上映も実施。既に発表されている東京、愛知、京都、大阪、福岡などの 劇場に加えて、追加上映も決定しています。

映画情報どっとこむ ralph 『闇の歯車』

放送情報:
時代劇専門チャンネルにて 2019 年2月9日(土)よる 8時放送

上映情報:
放送に先駆けて、2019 年1月19 日(土)より丸の内TOEI ほか全国 5大都市を中心に期間限定上映決定!

公式サイト:
yaminohaguruma.jp

公式ツイッター:
@yaminohaguruma


【あらすじ】
逢魔 おうま が刻 とき
それは、黄昏―。 人の顔は闇に溶け、静けさが街を支配する一瞬の時間。江戸時代、人々は、魑魅魍魎が蠢 うごめ くと言われるその時刻を畏れをもって迎えた・・・ 初秋の頃、江戸・深川。闇の世界で日々の糧を得る佐之助は、行きつけの酒亭おかめで、謎の男・伊兵衛と出会う。 「儲け話があるんですよ。一口、乗っちゃくれませんか」 危険な匂いを感じ、席を蹴る佐之助。同じ頃、ふとしたきっかけでおくみという女と暮らすことに・・・。彼女との未来に仄かな希望を抱く佐之助は、 やがて伊兵衛の誘いに乗る。しかし、仲間となる男たちは、浪人、若旦那、白髪の老人―いつもおかめで顔を合わせながら、 口を聞いたこともない男たちだった・・・。佐之助らいずれも押し込みなどしたことがない素人四人。そして、伊兵衛。 ―狙うのは、逢魔が刻、さる商家に眠る七百両。 回りだす闇の歯車。しかし―それぞれを取り巻く女たちをも巻き込んで、彼らの人生の歯車は静かに狂い始める・・・。

***********************************


原作:藤沢周平(講談社文庫/文春文庫)
出演:瑛太 緒形直人 大地康雄 中村 蒼 蓮佛美沙子 高橋和也 石橋静河 津嘉山正種 中村嘉葎雄/橋爪 功

監督:山下智彦
脚本:金子成人
音楽:遠藤浩二
企画・プロデュース:宮川朋之(時代劇専門チャンネル)
プロデューサー:秋永全徳(時代劇専門チャンネル)清野正一郎(スカパー ! )目黒正之(東映)井元隆佑(東映)
配給:東映ビデオ
制作:時代劇専門チャンネル/スカパー ! /カンテレ/マイシアターD.D./東映



原作:藤沢周平 主演:瑛太 オリジナル時代劇「闇の歯車」劇場上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 藤沢周平の傑作<サスペンス時代長編>、待望の映像化!
時代劇専門チャンネルは、「時代劇の灯を消すな」というスローガンのもと、これまで18作品に及ぶ本格的な時代劇作品を手掛けてまいりました。

そのいずれも時代劇のスタンダードともいえる「義理人情」の世界を描いています。

しかし、開局20周年の節目を迎え、“次の20年を見据えて”、藤沢周平が犯罪という人間のダークサイドに切り込んだ傑作サスペンス 時代小説「闇の歯車」を映像化いたします。本作は、藤沢周平作品では珍しい「サスペンス」を描いた作品です。 とある謎めいた男の呼びかけで集まった四人の男。現金強奪という犯罪に、一獲千金の夢を見た男たちの運命は、果たし て事件のあとでどう変わっていくのか?その息をもつかせぬ展開と結末にご注目ください。
豪華キャスト・スタッフが一体となって描き出す、平成最後のオリジナル時代劇!

主演には、若い世代を中心に圧倒的な支持を集める瑛太さんを起用。
【瑛太さん コメント】
藤沢周平作品は、時代劇の中でも特別な世界観を感じます。 その中で念願かない、大先輩である橋爪さんと対決することになるのがとても 楽しみです。初日に橋爪さんと目と目が合う芝居だけで、武者震いを隠せませ んでした。そして、時代劇に精通している山下監督のもとで主演を務めること は、自分にとても大きな意味を持つことになるでしょう。監督は明るく面白いが、 勢いがある。まさに「怪物」。初日の 1 カット目、威勢よすぎる掛け声「スターツ」 を聞き、〝作品に命を懸けて向き合っている”ことを感じました。刺激を与えてく れる存在でありながら、温かい目でも見てくれる。そんな監督だからこそ、キャ スト、スタッフは全力で監督についていく。そして現場全体に安心感が生まれる のでしょう。このスタッフ、キャストで作っていけば、台本を読んで想像した以上 のものが生まれていくと確信してます。


そして、その好敵手を橋爪功さんが務めます。
【橋爪功さん コメント】
時代劇専門チャンネルのオリジナル時代劇に出演するのは、「鬼平外伝 老盗 流転」「吹く風は秋」に続いて 3 作目になりますが、こうして再び声をかけてもら えることが嬉しく、楽しく演じさせていただいています。これからお年寄りの 方々が増えていく中で、シニア世代が楽しめるエンターテインメントが必要だと 感じています。今回の作品は「義理人情」ではなく「サスペンス」が主軸。たくさ ん悪党が出てきて、誰に注目したらいいのかわからないくらい、色々な視点か らお楽しみ頂けると思います。こうした新しい形の時代劇も味わって頂ければ 嬉しいです


監督は「鬼平 犯科帳 THE FINAL」「剣客商売(北大路欣也版)」「三屋清左衛門残日録」シリーズを手掛ける山下智彦監督。豪華キャスト・ス タッフが一体となって描き出す、オリジナル時代劇。

映画情報どっとこむ ralph そして、新しいウインドウ展開!

時代劇専門チャンネルの 放送に先駆けて、2019年1月19日(土)より丸の内TOEIほか全国5大都市を中心に期間限定上映を実施。
(映画ではないですが劇場公開と言うことでODS扱いで掲載)

放送は、時代劇専門チャンネルにて2019年2月9日(土)テレビ初放送となります。


物語・・・

逢魔が刻
それは、黄昏―。 人の顔は闇に溶け、静けさが街を支配する一瞬の時間。江戸時代、人々は、魑魅魍魎が蠢 うごめ くと言われるその時刻を畏れをもって迎えた・・・ 初秋の頃、江戸・深川。闇の世界で日々の糧を得る佐之助は、行きつけの酒亭おかめで、謎の男・伊兵衛と出会う。 「儲け話があるんですよ。一口、乗っちゃくれませんか」 危険な匂いを感じ、席を蹴る佐之助。同じ頃、ふとしたきっかけでおくみという女と暮らすことに・・・。彼女との未来に仄かな希望を抱く佐之助は、 やがて伊兵衛の誘いに乗る。しかし、仲間となる男たちは、浪人、若旦那、白髪の老人―いつもおかめで顔を合わせながら、 口を聞いたこともない男たちだった・・・佐之助らいずれも押し込みなどしたことがない素人四人。そして、伊兵衛。 ―狙うのは、逢魔が刻、さる商家に眠る七百両。 回りだす闇の歯車。しかし―それぞれを取り巻く女たちをも巻き込んで、彼らの人生の歯車は静かに狂い始める・・・。

***********************************


原作:藤沢周平(講談社文庫/文春文庫)
出演:瑛太 橋爪功 ほか
監督:山下智彦 脚本:金子成人 音楽:遠藤浩二
企画・プロデュース:宮川朋之(時代劇専門チャンネル)
プロデューサー:秋永全徳(時代劇専門チャンネル)清野正一郎(スカパー ! )目黒正之(東映)井元隆佑(東映)
劇場配給・宣伝:東映ビデオ
制作:時代劇専門チャンネル/スカパー ! /東映 ほか
「闇の歯車」瑛太 
(C)2019「闇の歯車」製作委員会  写真:江森康之

瑛太 アーティスト写真
(C)Takuma Suda


夏帆&瀬々監督登壇!『友罪』公開記念ティーチイン 夏帆、悩みながらの役作りを語った!


映画情報どっとこむ ralph “衝撃の問題作”生田斗真&瑛太主演最新作『友罪』。

この度、TOHOシネマズ新宿にて、本作のメガホンを取った瀬々敬久監督と、キャスト陣を代表して、瑛太演じる元少年A・鈴木に惹かれていく藤沢美代子役に挑んだ夏帆さんを迎え、ティーチイン形式での公開記念トークイベントを行いました。
日付:6月7日
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:夏帆、瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph 多数のリピーター鑑賞者の集まる会場に、盛大な拍手に包まれ登壇した夏帆さんと瀬々監督。

「隣にいる友人が、かつて世間を震撼させた事件の元少年Aだったら」という、難解なテーマを扱った本作へのオファーに、

夏帆さん:正直即決で決められた訳ではなかったですね。

と少なからず出演への迷いがあったことを告白したであったが、瀬々組には以前から憧れを抱いていたようで、

夏帆さん:以前、別の作品でご一緒したスタッフの方が、「今までで一番印象に残っているのが瀬々監督の現場だった」と話されていたのがすごく印象に残っていて。初めて瀬々組に参加させていただけるのがすごく楽しみでした。

と、役への不安よりも興味が勝ったオファー当時の心境を吐露。

現場での瀬々の熱意溢れる演出には沢山の刺激を受けたとし、

夏帆さん:(瀬々監督は)誰よりも真直ぐに作品と向き合っていて、熱量がとにかくすごい。私たちもそんな瀬々監督に引っ張られ、瀬々監督のために映画を作りたいと思える現場でした。

瀬々組の熱さを語りました。

現場では、瀬々から常々「「限界を超えてくれ」と言われていた」と明かした夏帆さん。壮絶な過去に人生を振り回される美代子というキャラクターに対しては

夏帆さん:演じていても、頭では理解できても、生理的に理解できなかった。美代子は、私の日常の延長線上で演じられる役柄ではないと思っていました。もし恋人または惹かれている相手が、過去に大きな罪を犯していることを知ったら私自身はどういう選択をするのだろう、と撮影中もずっと考えていましたが、答えはまだ出ていません。理想では一緒に生きていきたいのですが、現実では沢山の障壁があるんだとも思いますし…。撮影が終わった時も、これで終わりかぁといった感じで(笑)。最後まで役柄を完璧に掴めてはいなかったと思います。

と役作りへの苦しみを打ち明けました。

一方で

瀬々監督:そんな偉そうな言い方してたっけ?(笑)パワハラにあたるのかな…。

と苦笑いを浮かべながらも、

夏帆さん:いえ、瀬々監督は全然偉そうな感じで仰ってはなかったですよ!

とフォローする夏帆に対して、

瀬々監督:(美代子を演じるのは)すごく大変だったかと思います。夏帆さんも本当に現場で悩みながら演じられているなと感じました。ラストシーンでの、美代子の横顔は素晴らしくて印象的でした。

と美代子を見事に演じきった夏帆さんへ称賛の言葉を贈りました。

映画情報どっとこむ ralph 観客とのティーチインでは「単純な善悪では割り切れないほど登場人物に多面性があって、見るほどに深まっていく映画だった」と、今日が3回目の鑑賞だという男性から賛辞とともに「見ていて心が痛くなるような“被害者”を演じた夏帆さんはどんな心境で演じ切ったのか」との質問が及ぶと、

夏帆さん:演じていて正直本当にしんどかったです。自分の見たくない弱い部分を、見なければならない感じがして…、出口がなかったです。でも、私自身がそうして悩んでいたことも、役のためになっていたのかなと完成した映画を観て感じました。

と振り返りました。続く別の男性からも、「美代子は、夏帆さん以外の女優さんを想像しづらいほどだった」との感想が飛ぶと照れ笑いを浮かべる夏帆さん。「瀬々監督は、もし次回夏帆さんを主役に映画を撮るならどんな役を演じてもらいたいか」との質問に

瀬々監督:『ミスター・グッドバーを探して』(78)のような、“昼は女教師、夜は娼婦”みたいな役とか…

とが回答すると、夏帆さんさすがに苦笑い。これには

瀬々監督:まずい!セクハラだとは思わないでください…!

と懇願し、場内には笑いが起きました。

また、別の男性からは「瑛太さん演じる鈴木に漂うリアリティがとにかくすごかった!」との感想が。主演の生田斗真や瑛太、そして瀬々組常連の佐藤浩市ら錚々たる俳優陣に囲まれた夏帆さんは、中でも共演シーンの多かった瑛太の演技について

夏帆さん:私もすごく圧倒されました。瑛太さんの芝居を、受け止められるのかという怖さはずっと感じていましたね。今でも忘れられない鈴木の表情が沢山あって、本当にすごい役者さんだなと。

と絶賛。

瀬々監督:夏帆さんにとっても、瑛太さんが横にいたのが大きいと思う。あの独特な空気感で、いい化学反応になったと思います。

と二人を改めて絶賛しました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
瀬々監督:『友罪』は、僕らも答えを探しながら作った映画です。生田さん演じる益田が鈴木を飲みに誘うシーンで、鈴木が少し嬉しそうに「コンビニでつまみでも買って」と言うシーンは、加害者が何気ない、でもかけがえのない時間を感じる、個人的にも好きなシーンです。こういう宝物のような時間が、犯罪者だった人の何かを解き放ったり、逆にかけがえのない時間を奪ってしまったと気付く、そういうこともあると思います。そして、そういったかけがえのない瞬間を与えられるのは、家族だったり友人なのかなと。僕自身、完成した映画を観て、新たに発見しました。千差万別でも良いので、皆さんにもこの映画を通して、何かを感じ取っていただきたいです。

と訴えました。続いて

夏帆さん:正直、賛否はあるかと思いますが、もし観ていただいた方の心に何か引っかかるものがあれば、家族やお友達にも伝えていただいて、皆さんで話してもらえたら嬉しいです。

と監督と共に、アピールしました。

友罪

公式サイト:
http://gaga.ne.jp/yuzai/

***********************************

監督・脚本:瀬々敬久 (『64-ロクヨンー前編/後編』)
原作:「友罪」薬丸岳(集英社文庫刊)
出演:生田斗真 瑛 太 夏 帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市
配給・宣伝:ギャガ
(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会