「玉木宏」タグアーカイブ

玉木宏探、広瀬アリスら登壇「探偵ミタライの事件簿 星籠の海』初日


映画情報どっとこむ TJ 島田荘司先生原作の御手洗潔シリーズ。その最新作「星籠(せいろ)の海」(講談社刊)が、映画『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海』として待望の映画化、6月4日(土)より全国にて公開となりました!

そして、初日舞台挨拶が、玉木宏、広瀬アリス、石田ひかり、谷村美月、小倉久寛、和泉聖治監督が登壇して行われました。
探偵ミタライの事件簿_初日舞台挨拶
日時:6月4日(土)
場所:丸の内TOEI① (東京都中央区銀座3−2−17)
登壇:玉木宏、広瀬アリス、石田ひかり、谷村美月、小倉久寛、和泉聖治監督

映画情報どっとこむ TJ 探偵ミタライの事件簿玉木宏
玉木さん:島田先生が全身全霊をかけたシリーズで原作ファンが多い役ですので、非情に緊張感がありましたが、やりがいのある役でした。多くの方の思いがこの初日となったこと嬉しく思っています。

明日が撮影クランクアップからちょうど1年目と言うことで。
広瀬さん:やっと初日を迎えられて嬉しいです。
石田さん:1年たったんだなと感慨深いです。
谷村さん:一癖ある役柄、重厚感のある作品で楽しみな映画です。
小倉さん:ワクワクして待ってました。審判を仰ぐ子羊の思いです。
和泉監督:公開初日、感謝しております。

とご挨拶からスタート!

映画情報どっとこむ TJ MC:玉木さん、ミタライの人物像は?

玉木さん:一言で語りつくせない人物です。今回御手洗とは向き合う時間が多かったですね。演じる上では、ベースはIQ300以上あって頭脳明晰で、無機質で機械的な人を目指しました。でも人間に不器用な部分も持つ人間らしさもだすように心がけました。

MC:広瀬さんの役は映画オリジナルですが

広瀬さん:お話はシリアスですが、私の役はとても明るくて・・あえて浮いていこうと思いました。作品にそぐわないキャラで。。。でも、そこがいいなと。いい感じで御手洗さんと噛合わない感じで。

玉木さん:普段からかみ合わないですけどね。それが良かったのかもしれませんね。
探偵ミタライの事件簿玉木宏_広瀬アリス
MC:石田さんは撮影現場の福山は以前に行かれたことがあると?

石田さん:尾道で映画「ふたり」を撮っていて、お休みの日に高校生の私はローカル線に乗っていきました。鞆の浦は変わってなかったですね。昔より賑やかになってはいましたけど。映画では瀬戸内はとっても天候が良くってきれいな景色が随所に観られます。

MC:谷村さん、難しい役でしたが。

谷村さん:非常に緊張したのを覚えています。映画の現場だったので。。

玉木さん:映画ですよ。

谷村さん:なんか違う流れがあって・・私の役はいろんなことがあって、自分でも未知な部分もあって・・貴重な体験でした。玉木さんは涼しい顔を通り越して、こんな人いないなって思いました。

と、どうやら本編を観ていないお客さんには言えないことが多すぎて回答が難しそう。玉木さん優しくフローで助け舟を出すもかみ合いません。
探偵ミタライの事件簿玉木宏_谷村美月
映画情報どっとこむ TJ MC:小倉さんがIQ300あったら?

小倉さん:世の中に凄く役立つ発明して、特許料で遊んで暮らす!ですね。

MC:監督は映像にするにあたって

監督:原作いただいて大変だなと思ったのですが、玉木さんをみて、僕は彼を見つめるような形で撮影しました。

玉木さん:良い緊張感で任されている所もあったのですが、監督がいい距離感を作ってくださいました。

探偵ミタライ初日舞台挨拶 MC:もしも近くに探偵ミタライがいたら?

玉木さん:小学生の頃の親友が引っ越ししてしまって、二人で遊んでたんでね。彼の消息が知りたいですかね?

探偵ミタライ初日舞台挨拶‗トーク広瀬さん:私、足が小さくて街中で転ぶんで。

玉木さん:それは、探偵じゃなくてお医者さんかスポーツトレーナーに行って!

映画情報どっとこむ TJ ここで、本編が探偵ミタライが難事件を紐解くことから、玉木さんが、くすだまのひもを解くという企画へ!

MC:難事件なら!
観客&キャスト:喜んで!の合図で玉木さんがくす玉のひもを引くと

「極上の本格ミステリー誕生!!」の垂れ幕が!

探偵ミタライの事件簿玉木宏_広瀬アリス2
最後に

玉木さん:小説と言うのは目と想像力で楽しみ、映画は目と耳と想像力で楽しむものだと思います。上質なミステリー最後まで楽しんでください。

で、笑いが絶えない舞台挨拶となりました。

映画『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海

全国公開中です。

********************************************************************

探偵ミタライの事件簿ポスター玉木 宏
広瀬アリス 石田ひかり 要 潤 谷村美月 小倉久寛 吉田栄作

原作:島田荘司『星籠の海』((講談社刊) 
脚本:中西健二 長谷川康夫 音楽 岩代太郎 
監督:和泉聖治

製作委員会:クロスメディア/ツネイシグループ/青山商事/講談社/ポニーキャニオン/サマンサタバサジャパンリミテッド/日東製網/ホーコス/一心グループ/中国新聞社/アオイコーポレーション/フューレック

後援:広島県福山市 
特別協賛:ツネイシみらい財団/福山商工会議所/広島県経済同友会福山支部 

協賛:アシードホールディングス/福山電業/エブリイ/ベッセル/にしき堂 

© 2016 映画「星籠の海」製作委員会




玉木宏、広瀬アリスら 『探偵ミタライの事件簿』完成披露イベント


世界が認めたミステリー界の巨匠・島田荘司の≪天才探偵・御手洗潔シリーズ≫初の映画化!!

それが6月4日(土)より全国にて公開となる『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海』。

その完成披露イベント&舞台挨拶が新宿バルト9で行われ、玉木宏、広瀬アリス、石田ひかり、小倉久寛、吉田栄作、和泉聖治監督が登壇しました。

ここではバルト9の9階ロビーで行われたイベントの模様をご紹介。
探偵ミタライの事件簿_完成披露イベント 完成披露イベント
日時:5月11日(水)  
場所:新宿バルト9
登壇:玉木宏、広瀬アリス、石田ひかり、小倉久寛、吉田栄作、和泉聖治監督

大きな拍手と歓声の中、階段をキャスト、監督が下りてくる演出で登場。
ミタライ玉木 玉木さん:お忙しいところ、そして偶然お集まりいただきました皆様。ありがとうございます。IQが高く見えるように努めました。今日は宜しくお願いいたします。
とスタート。

MC:IQ300以上で探偵。ミタライの魅力は?

玉木さん:周りにはこんな常人離れした人はいません。演じる上で無機質な人間。でも時折見せる人間らしさが人を魅了するのだと思います。プラス事件を鮮やかに解決する、そこに説得力があって魅力的だと思います。

和泉監督:原作の島田荘司先生が、ずっと映像化を認めていなかったのを玉木君ならとOKしたと聞いています。ミタライを演じてもらうために今回は現場でも玉木君とは距離を置いていました。
監督
MC:ミタライの魅力的だったところは?

広瀬さん:女性としてですよね。。。うーん。
玉木さん:考えてなかったの?
探偵ミタライの事件簿イベント
石田さん:スマートに謎解きするところじゃないですか?

MC:では、ミタライを演じた玉木さんは?

広瀬さん:玉木さんは、よくゴキブリのおもちゃを投げてきていて、ある日、朝ドラの話で波留さんが玉木さんがゴキブリ投げてくるって書いてあって、まだやってるんだと。チャーミングです。
探偵ミタライの事件簿広瀬アリス
玉木さん:アラ技ですけど、現場ではコミュニケーションとらないといけないのでね。

MC:吉田さんはミタライいかがでしたか?

吉田さん:カッコ良かったですよ。IQ300。服装はカジュアルでジーンズにTシャツ。にジャケットで。こっちやりたかったなと。

玉木さん:昔の栄作さんのスタイルですものね。

小倉さん:玉木君はミタライ乗り移っている感じでした。監督がワンショットで長回しするのでセリフ大変なはずなのに。良くしゃべるしイタズラするし。ゴキブリはアリスちゃんだけじゃなくて僕にもやってくるんで。変人と頭が良いのが同居してますからね。

MC:謎解きミステリーなので人生最大の謎を教えてください。

玉木さん:ハワイ島でのポルターガイスト現象!ホテルの部屋でね。何かの仕業かなと。
探偵ミタライの事件簿_玉木宏謎

広瀬さん:両親日本人なのにハーフ顔!三兄妹でも私だけ。
探偵ミタライの事件簿広瀬アリス謎 玉木さん:はっきりしてる。でも、妹さんも最近にて来てない。

広瀬さん:カルタとってる姿とか!


石田さん:宇宙のロマンです。謎ですよね。あと、劇中のアリスちゃんのセリフにもひっかけてます。
探偵ミタライの事件簿_石田ひかり
小倉さん:種類。玉木君見て、吉田栄作さん見て僕を見ると人間って、なんか種類あるのかなと。謎です。
探偵ミタライの事件簿_小倉久寛謎
吉田さん:カリホルニアの白い鳥。ジャンボジェットが飛んでて、でも羽ばたいていて。ジャンボサイズの鳥?と謎なんです。
探偵ミタライの事件簿_吉田栄作謎
和泉監督:UFOです。
探偵ミタライの事件簿_和泉監督謎
最後にメッセージ。

玉木さん:6月4日から公開です。凶悪な事件とか難解な事件が起きたらミタライはとても頼りになると思います。上質なミステリーになってます。この作品を見届けていただければと思います。
探偵ミタライの事件簿_玉木宏
探偵ミタライの事件簿ポスター
探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海

2016年6月4日 全国ロードショー!

公式サイト:http://www.mitarai-movie.jp/
探偵ミタライの事件s3気になる物語は・・・

瀬戸内海の小さな島に裸の男の死体が半年に6体流れ着き、その身元は不明のままという怪事件が起こるところから始まります。みゆきから知らされ、事件に興味を持った御手洗潔は、早速瀬戸内海へ飛びます。

探偵ミタライの事件s26体が福山市から流れ着いたことを突き止めたものの、さらに女の変死体が、滝つぼに口と目をふさがれた男女が…。

続けて目の前に現れる3つの怪事件。それぞれはつながっているのか。事態は、戦国時代、そして幕末の歴史ミステリーもひもときながら、驚異のクライマックスへと進んでいきます。

****************************

玉木 宏
広瀬アリス 石田ひかり 要 潤 谷村美月 小倉久寛 吉田栄作

原作:島田荘司『星籠の海』((講談社刊) 
脚本:中西健二 長谷川康夫 音楽 岩代太郎 
監督:和泉聖治

製作委員会:クロスメディア/ツネイシグループ/青山商事/講談社/ポニーキャニオン/サマンサタバサジャパンリミテッド/日東製網/ホーコス/一心グループ/中国新聞社/アオイコーポレーション/フューレック

後援:広島県福山市 
特別協賛:ツネイシみらい財団/福山商工会議所/広島県経済同友会福山支部 

協賛:アシードホールディングス/福山電業/エブリイ/ベッセル/にしき堂 

© 2016 映画「星籠の海」製作委員会




神様はバリにいる




神様はバリにいる


内容
『デトロイト・メタル・シティ』の李闘士男監督が豪華キャストで贈る「自分を変えたい」大人たちに捧げる、 実話が生んだ開運エンタテインメント!

嘘のような実話から生まれた笑いあり涙ありの開運エンタテインメント! 原案はサクセスハウツー本として大ヒットしたクロイワ・ショウの『出稼げば大富豪』(KKロングセラーズ刊)。
婚活ビジネスに失敗し借金を背負った元起業家の祥子は、失意の中バリ島へ。そこで自称"爽やか”だけど爽やかじゃない日本人の大富豪アニキと出会う。 破廉恥で胡散臭そうな風貌のアニキだが、バリ島のお年寄りから子供まで様々な人たちから慕われていた。アニキを尊敬する謎めいた青年リュウも何やらワケありのよう。さらに日本からはストーカーが追いかけてくる始末。 祥子は藁をもつかむ思いで、お金持ちになるコツを学ぶためにアニキに弟子入りするが・・・。
情報 出演: 堤真一, 尾野真千子, ナオト・インティライミ, 菜々緒, 玉木宏
監督: 李闘士男
形式: Color, Widescreen
リージョンコード: リージョンフリー
画面サイズ: 1.78:1
ディスク枚数: 2
販売元: ポニーキャニオン
発売日 2015/06/17
時間: 106 分
関連ビデオ
********************************************************************


玉木宏&松岡茉優が浴衣姿で『ジュラシック・ワールド』舞台挨拶!




オープンを待ちに待った『ジュラシック・ワールド』が、8月5日(水)封切られNo.1を記録。これで封切された69か国全てで1位となりました!

そして、大ヒットを記念し日本語吹替え版声優で主役のオーウェン役を演じた玉木宏さん、恐竜に襲われる兄弟の弟グレイ役を演じた松岡茉優さんが浴衣姿で舞台挨拶に登壇!

自分で考えた恐竜を描いて発表したり、デートで行くならどんなテーマパーク?などの質問に回答などいろいろ詰め込んだイベントとなりました。

ジュラシックワールドNo1ヒット舞台挨拶大入り2
映画『ジュラシック・ワールド』超大ヒット公開記念イベント 詳細 

日時:8月11日(火)
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇者:玉木宏(日本語吹替え版:オーウェン役)
    松岡茉優(日本語吹替え版:グレイ役)

平日の昼間ですが超満員。ほとんどが2回目以上。
玉木さん、松岡さんが浴衣で登場!

玉木さん:こんにちは、本日はありがとうございます。全世界で大ヒットした作品に50パーセントくらい関われ、凄く嬉しく思っていますが、すでに次回作が決まっているので、次は100%出たいなと考えてます!最後まで楽しんでいってください。
玉木宏2
松岡さん:こんにちは!最初の作品はまだ生まれていなかったんですけど、最近見返しましてやっぱり面白いなと思っていたところ、シリーズ最新作に、初の少年役の初の声優で子の吹き替え本当に楽しかったです。ワクワクが伝わると嬉しいです。
松岡1
MC:お二人の浴衣は?
松岡さん:柄がリンゴで帯がパイナップルで草食恐竜に食われるイメージ。中身は肉体なので肉食恐竜でも。どっちからもOKな気持ちで。
玉木さん:食われるつもりで来たの?
松岡さん:はい!肉食からも草食からも好かれる私。がコンセプトです。

玉木さん:僕は時代劇を撮っているので、毎日着物な感じなのでよく着ています。
松岡さん:格好いいです。お似合いです。先程、控え室でお会いしたんですが、後光が差しているようでしたよ!!

玉木さん:あれは本当に後ろにライトがあったからですよ!(笑)

MC:担当シーンで注目してほしいところは?

玉木さん:クリス・プラットさん演じるオーエンは頼もしくって頼りになる人なので力強くと思って声を入れました。突然ラブシーンが始まったりすんるので。洋画ならではの魅力かなと。
恐竜の調教師は想像してやるしかなかったんですが、高圧的にならないようにしましたね。

松岡さん:タイ・シンプキンスくんが演じたグレイはまだ彼が声変わりする前だったのかな?
驚いて声が裏返るところがたくさんあったんですが、私はもう声変わりもして、女の子なので、裏返った声を出すのが大変でしたし、叫ぶシーンも多くて。(笑)お風呂で練習したんですが、(収録の)3日前に声が枯れてしまってやめました。プレミアの時に(パーク総責任者クレアの吹替えを担当した)木村佳乃さんが収録に3日かかったっと伺ったんですが、私は2日かかったんです。でも玉木さんは4時間と聞いて、本当にびっくりしました。

ジュラシックワールドNo1ヒット舞台挨拶 MC:続いてはお二人にご質問です。『ジュラシック・ワールド』は恐竜のテーマパークですが、
もしデートで行くとしたら、どのようなものをテーマにしたテーマパークに行ってみたいですか?

玉木さん:「ジュラシック・ワールド」のようなテーマ・パークがあれば行ってみたいですが、
行きたくないテーマ・パークがあります・・・ケニアにボゴリア湖という場所があってそこにはフラミンゴが何千羽と集まるんですよ。
僕、フラミンゴが大嫌いなんです。全てが嫌なんですが、ミョウガみたいだし足が細すぎて。元々は体が白いってご存知ですか?エサのせいでピンク色になるんですよ!

松岡さん:私は今20歳なんですが、30~60代と人生を先取りできるテーマ・パークに行きたいですね。そのパークには、30代の部屋、40代の部屋といった風にいくつも部屋があってそこに、先に起こることを教えてくれる人がいるんですよ。このテーマ・パーク良いと思いませんか!

玉木さん:映画のようなテーマ・パークですね。(笑)

松岡さん:映画化の際はぜひ私を。

MC:さて、本作には遺伝子操作された新種の恐竜が登場しますが、
ご自身がもしオリジナルのハイブリッド恐竜を創るとしたらどのようなものを創りたいか、お手元のフリップに描いていただけますでしょうか?

玉木画伯0 真剣に描く二人。そして、

松岡さん:(後ろのスクリーンに自身の絵が映し出され焦る松岡さん、会場から笑いが起こる)
もしもモササウルスが空を飛んだらどんな恐竜になるかを描いてみました!Tレックスにも負けないんじゃないかって思って。
松岡画伯
玉木さん:(松岡さんの絵に対し)すごく迫力がありますね!

玉木さん:(会場から笑いが起こり「可愛い!」という声も)
僕は2つ描きました。新種の恐竜で良いんですよね?小型の肉食恐竜です。一家に一体、番犬ならぬ番恐竜です!(笑)散歩もできるんですが、繋いでおかないと危ないですが、守ってくれます。もう1匹は、首長竜です!羽も生やしてみました。
玉木画伯
松岡さん:(玉木さんの絵に対し)超格好良いじゃないですか!

そして、ナンバーワンヒットを受けて、

玉木さん・松岡さん:ジュラシックワールド!
観客:ナンバーワン!

で、卵から大きな爆発音とともに特効テープが噴出!!松岡さんの驚きっぷりが凄い!
ジュラシックワールドNo1ヒット!
映画を見終えたお客さんに大入り袋が配られました。
ジュラシックワールドNo1ヒット舞台挨拶大入り MC:では、最後にメッセージをいただきたいと思います。

松岡さん:「ジュラシック」シリーズファンの方はクライマックスでは涙なくしては観られないんじゃないでしょうか。そして初めてご覧になる方も恐竜がたくさん登場しますし、ワクワクして楽しめると思います!暑い時期ですが、映画を観てハラハラドキドキさらに汗をかいてもらえたらなと思います。今回、声の吹替えをやらせていただけて幸せでした。

玉木さん:非常に夢のある作品です。老若男女しっかり楽しめる映画だと思います。最近、日本でも海にサメが出没していますが、楽しくて安全なテーマ・パークを是非楽しんでください。
ありがとうございました!

ジュラシック・ワールド』(原題:Jurassic World)

公開表記:大ヒット上映中
映画公式サイト:http://www.jurassicworld.jp

********************************************************************

原題:Jurassic World
監督:コリン・トレボロウ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、トーマス・タル
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー
脚本: リック・ジャッファ&アマンダ・シルヴァーandデレク・コノリー&コリン・トレボロウ
ストーリー: リック・ジャッファ & アマンダ・シルヴァー
キャラクター原案:マイケル・クライトン
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン

配給:東宝東和
(C)2015 Universal Pictures


トレボロウ監督吹き替え文化に触れる『ジュラシック・ワールド』来日記者会見


ハリウッド最高のヒットメーカー:スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めたシリーズ最新作

ジュラシック・ワールド』。

8月5日(水)に満を持して日本に上陸いたします!

この世界的メガヒット作を引っさげ、この度、ヒロイン:クレア役のブライス・ダラス・ハワード、クレアの甥:グレイ役のタイ・シンプキンス、同じくザック役のニック・ロビンソン、さらに初来日となるスピルバーグのお墨付き、コリン・トレボロウ監督が来日!!

日本語吹替え版声優を務める玉木宏さん、木村佳乃さん、松岡茉優さんと共に来日記者会見に参加。トレボロウ監督は「プロモーションでいろんな国をめぐってきましたが、吹替えをされた方々に会うのは初めてです!」と日本のカルチャーに驚かれていました。
『ジュラシック・ワールド』来日記者会見
『ジュラシック・ワールド』来日記者会見イベント

実施日:7月13日(月)
会場:ザ・リッツ・カールトン東京

登壇者:ブライス・ダラス・ハワード(クレア役)、タイ・シンプキンス(グレイ役)、ニック・ロビンソン(ザック役)、コリン・トレボロウ監督

日本語吹替え版声優
玉木宏(オーウェン役)、木村佳乃(クレア役)、松岡茉優(グレイ役)

MC:本日は『ジュラシック・ワールド』記者会見にお越しいただき誠にありがとうございます。それでは、さっそくお迎えいたしましょう。
『ジュラシック・ワールド』来日
まずは、本作のメガホンを取りました、コリン・トレボロウ監督です。

監督:こんにちは。プロモーションのワールドツアー最後の地が日本なんですが、とても楽しみにしていましたし、今日この場に来られて本当に嬉しいです。美しい日本に来られたことが光栄ですし、嬉しいです。

22年前、創設者のジョン・ハモンドが思い描いていた恐竜たちを間近で見る、触ることのできる「ジュラシック・パーク」が現実になったらどうなるのか。彼の夢を叶えることができました。
コリン・トレボロウ監督
MC:続いて、ヒロインのクレア役を演じましたブライス・ダラス・ハワードさんです。

ブライス:こんにちは。ブライス・ダラス・ハワードです。よろしくお願いします。(日本語)日本に来られて嬉しいです。みんな日本に行けることを待ち遠しく思っていました。皆さんに歓迎していただけて嬉しいです。

私が12歳の時に『ジュラシック・パーク』を観た時と同じように、現代の若者たちも同じ体験をしていると思います。私たちは『ジュラシック・パーク』に敬意を表しています。
ブライス・ダラス・ハワード
MC:ザック役のニック・ロビンソンさん、ご挨拶をお願いします。

ニック:こんにちは。今、とても興奮しています。美しい国、日本の多くの皆さんに映画を観てもられたら嬉しいです。それからみんな恐竜好きなことを願っています。ジュラシックシリーズに参加できてすばらしい体験になったし、本当に嬉しいです。
ニック・ロビンソン
MC:最後にグレイ役のタイ・シンプキンスさん、ご挨拶をお願いします。

タイ:こんにちは。(日本語)タイです。日本は美しいし、とてもお気に入りの国です!実は、いろいろなところに観光に行っていて、京都にも行きました。こんなに素晴らしい作品に参加できて夢が叶いました。
タイ・シンプキンス
記者からの質疑応答

Q:(キャスト全員への質問)恐竜との共演はいかがでしたか。また思い出に残っている撮影エピソードはありますか。

ジュラシック・ワールド3ブライス:アニマトソニクスのおかげで、本当に恐竜がいるのだと思いまいた。だから恐竜に対してしっかり演技をしなくてはいけないと思いました。もちろん想像力を働かせて演技をしましたが、本当に恐竜がいたらと思うとワクワクしました。そんな環境を作ってくださった監督に感謝しています。

ニック:チャレンジすることも、大変なことも多かったです。お気に入りのシーンはタイとバンの後ろに乗って恐竜に追いかけられるシーンです。特殊効果もたくさん使っていて、まさにあのシーンは映画を楽しむための要素がたくさん詰まっています。

タイ:撮影は全部楽しくて想像力をたくさん使って演技をしました。でも何よりも大変だったのは、高所恐怖症なのに、滝から飛び降りなくてはいけないシーンがあって・・頑張りました!

Q:(監督への質問)本作の総製作指揮のスティーヴン・スピルバーグから監督を指名された時、どんな気持ちでしたか。

監督:スピルバーグは私に最も影響を与えた人と言っても過言ではありません。彼は「ジュラシック」シリーズの続編をずっと製作したがっていましたが、ただ作る意味があるのであればと言っていました。私の挑戦はただ『ジュラシック・パーク』を模倣するのではなく、新しいことをする、現代の若者たちへ贈る作品を作ることした。そして私は達成することができました。

Q:(監督への質問)撮影には新しい技術を使われましたか。

監督:いろいろ新しい技術を取り入れましたし、開発しました。その1つにアニマトロニクスがあります。恐竜の質感など本物のように再現することができました。ラプトルはモーションキャプチャーを使っていますが、人が演じることによってよりリアルに、実際いるかのように感じそして感情移入できるようになりました。

Q:(監督、&タイへの質問)球体の乗り物ジャイロスフィアのシーンはいかがでしたか。

ジュラシック・ワールドILMUPaAE監督:ジャイロスフィアは僕らがデザインしました。恐竜を間近に見ることのできる乗り物ですが、後々悪いアイデアだったと気付かされてしまいます。グレイとザック兄弟が恐竜に襲われてしまう。ジャイロスフィアが実際に作って2人に乗ってもらい、ジャングルで撮影しました。
その結果、よりリアルなものにすることができました。

ニック:あの乗り物はとても精巧にできています。ガラスの光の反射角度などにもこだわりがあるんですが、見事に造られています。

タイ:ジャイロスフィアのことを聞いた時、すごい!面白そうと思っていて、実物を見たとき「イケてる!」と感じました。撮影には2ヶ月ほどかかったんですが、イスは硬いし居心地が悪かったので、エアコンまわりとかイスとかもう少しどうにかならないかなぁと思っていました。

MC:ではここで、日本語吹替え版キャストの皆様にご登壇いただきましょう。日本語吹替え版でグレイ役を演じられた松岡茉優さん、クレア役の木村佳乃さん、そして、主人公オーウェン役の玉木宏さんです。まずは玉木宏さん、一言ご挨拶をお願いします。

玉木:オーウェン役の吹替を演じた玉木宏です。13歳の時に『ジュラシック・パーク』を観て夢中になりました。まさかこんな形で参加させていただけるなんて光栄ですし、喜びを感じながら楽しく演じられました。オーウェンを演じるクリス・プラットの演技に合わせつつ、恐竜の怖さもしり、そして彼らに愛情を持っている役であるということを意識しました。

MC:続いて木村佳乃さん、ご挨拶をお願いします。

木村:こんにちは。木村佳乃です。本日はお集まりいただきありがとうございます。『ジュラシック・パーク』は観ていて大好で、今回参加できて嬉しいです。もしこの続編にキャストとしてオファーされたとしたら、夢のようなお話ですよね!私は動物が好きで、また馬術部にも入っていたこともありますので、オーウェンのような女版恐竜調教師役をやってみたいですね。

MC:そして松岡茉優さん、ご挨拶をお願いします。

松岡:はじめまして。松岡茉優です。今回、大好きなシリーズで初吹替えをさせていただいたのですが、タイ君の口元をずっと観察する生活を2週間くらいしていました。タイ君の役は、いろいろと悩みを抱え憂いを帯びている少年だったんですが、恐竜が大好きで元気な男の子を演じようと心がけました。そして今日、初めてタイ君に会って何だか初恋の人に会ったような気持ちがしてドキドキしてしまいました。

タイ:不思議な気持ちです。ちょっとテレますね。


MC:玉木さん、今や映画史に残るオープニング歴代記録を打ち立てた本作、そして監督に一言いただけますでしょうか?

玉木:本当におめでとうございます!とてつもない記録を打ち立てているという素晴らしいニュースを見ました。日本でも公開を待ち望んでいるファンがたくさんいます。日本でも大ヒットすると思います。

監督:プロモーションでいろんな国をめぐってきましたが、吹替えをされた方々に会うのは初めてです。声は個人のキャラクターが出ます、そして観客と映画を繋ぐ大事な部分です。今日3人にお会いして素晴らしい俳優さんたちだと確信しました。

MC:それでは最後に、歴史を塗り替えた映画『ジュラシック・ワールド』に携わった皆さんから、世界で最後に公開される日本の観客のみなさんにこれだけは言っておきたいという一言をお願いします!

監督:この作品は是非、家族みんなで映画館で観てもらいたいです。笑って、叫んで、ワクワクドキドキできる老若男女、全ての人が楽しめる作品です。

ブラス:私が11歳の時、父が監督をした作品のプロモーションで日本に初来日しているんです。日本の皆さんは映画に愛情を持っていて、そして温かいです。そんなすばらしい皆さんに本作を是非、楽しんでもらいたいです。

ニック:映画を楽しんでほしいです。そしてこの映画の素晴らしさを是非、広めてもらえたら嬉しいです。

タイ:なんといっても「ジュラシック」シリーズ最新作なので、是非観てほしいです!

玉木:本作には、誰も見たことのない恐竜の夢があります。そして、恐竜に対して愛情が詰まっています。最新技術を駆使した映像にドキドキハラハラすると思います。

木村:最高のアドベンチャー作品に仕上がっています。是非、字幕版と吹替版の両方を観ていただきたいです。

松岡:『ジュラシック・パーク』ファンは、公開を待ち望んでいると思いますが、是非、劇場に観に行ってほしいです。ザックとグレイの兄弟の絆にも注目してほしいです。お兄ちゃんがだんだんたくましくなっていき、そして弟はお兄ちゃんとの距離を縮めていきます。是非、劇場でご覧ください。

ジュラシック・ワールド
ジュラシック・ワールド』(原題:Jurassic World)

公式サイト:http://www.jurassicworld.jp

8月5日(水)よりジュラシック・ワールド開園!

********************************************************************

監督:コリン・トレボロウ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、トーマス・タル
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー
脚本: リック・ジャッファ&アマンダ・シルヴァーandデレク・コノリー&コリン・トレボロウ
ストーリー: リック・ジャッファ & アマンダ・シルヴァー
キャラクター原案:マイケル・クライトン

キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン

配給:東宝東和
(C)2015 Universal Pictures