「玉木宏」タグアーカイブ

広瀬アリス 映画『星籠の海 探偵ミタライの事件簿』オリジナルキャラに決定!!!


御手洗シリーズ 最新作「せいろ星籠の海」を玉木宏さんで映画化

せいろ星籠の海 探偵ミタライの事件簿

本作では、天才探偵・御手洗潔と一緒に難事件の謎を解く、映画オリジナルキャラクターが登場します!
そのヒロイン 小川みゆき役に、映画・ドラマ・CMで人気を集める女優 広瀬アリスさんが決定しました!

(c)映画「星籠の海」製作委員会
今回、御手洗潔シリーズの初の映画化にあたって、886ページにも及ぶ原作を、原作・島田荘司と和泉聖治監督が大胆に再構築。

天才探偵・御手洗潔と一緒に事件を追いかける、映画オリジナルの女性キャラクターを登場させることになりました。

その彼女の名は、小川みゆき。

小説家・石岡和己が書く御手洗潔シリーズの担当に自らがなるべく、御手洗潔が勤める大学に押しかけ数々の怪奇事件を持ち込みます。そこで、御手洗が唯一興味を示したのは、「次々と死体が流れ着く島」という怪奇事件。舞台となる瀬戸内海・福山市に二人は飛び、その明るくキュートなキャラクターをもって、御手洗と共に難事件解決に走ります。


その小川みゆき役には、セブンティーンモデルとして大活躍し、映画『銀の匙』、ドラマ「まほろ駅前番外地」、「ルーズヴェルト・ゲーム」など、映画、ドラマ、CMなど、各ジャンルで出演オファーが殺到する、広瀬アリスに!

今回の抜擢に関して廣瀬アリスさんと玉木宏さんからコメントが届いてます!

広瀬アリスさん/ 小川みゆき役

映画「星籠の海 探偵ミタライの事件簿」の映画オリジナルキャラクターが、本当に自分でいいのかという気持ちがまだ大きいです。クランクインしてから、数日が経ちました。現場のチームワークが本当によくてお芝居がしやすい環境でカメラの前に立たせて頂いております。

『星籠の海』広瀬アリスがヒロイン決定②原作が、「御手洗シリーズ」の大人気作家・島田荘司さん、監督が「相棒」シリーズの和泉聖治監督と、とても大きな現場に、参加させて頂けるだけで大きなことだと思っています。

広瀬アリスといったら映画「星籠の海 探偵ミタライの事件簿」だよねと思っていただけるように、エネルギッシュで元気なみゆき役を精一杯演じたいと思っています。微力ながらがんばります。


玉木さん/ 御手洗潔役

一見すごく落ち着いて見えますが、話すとまだ二十歳らしい、元気なところや明るさがある女性ですね。これから一緒に事件の謎に向かっていこうと思います。

和泉聖治 監督

前回、「相棒」のスペシャルドラマでご一緒させて頂いた際、本当に根性のある方だなと思っていました。またこの作品で久々にお会いして立派な女性になったなと感じております。

まだ始まったばかりですが、広瀬さんにムードメーカーとして本当にかわいく演じて頂いておりますので、最後までこの調子で撮影できたらと思っております。これからがとても楽しみです。


(c)映画「星籠の海」製作委員会
********************************************************************



玉木宏が天才探偵 ミタライに挑む!「星籠(せいろ)の海」


島田荘司・御手洗シリーズ 最新作「星籠(せいろ)の海」が、

映画『星籠(せいろ)の海 探偵ミタライの事件簿

として、いよいよ待望の映画化することが決定いたしました!

御手洗潔シリーズは、1981年「占星術殺人事件」からはじまり、総部数330万部を更新し続けているミステリー作家・島田荘司さんの大人気シリーズ。

シリーズ第一作目の「占星術殺人事件」は、2014年1月にイギリスの有力紙「ガーディアン」で「世界の密室ミステリーベスト10」の第2位として認められるほどの本格ミステリー作品なんです。

映像化を拒み続けてきた原作者・島田荘司が、ただ一人「彼であれば……」と出演を熱望したのが玉木宏。さらに映画オリジナルの女性キャラクターも登場し、御手洗潔と共にシリーズ最大の難事件に挑んでいきます!

玉木宏(c)映画「星籠の海」製作委員会
共演は、石田ひかり、小倉久寛、要潤、谷村美月、吉田栄作ら実力派の豪華俳優陣が固めます。そして、監督は数多くのテレビドラマや映画を手掛け、近年では「相棒シリーズ」で大ヒットを続けている、和泉聖治。人間の深い心理描写とクライマックスのスペクタクルをご期待ください!

玉木さん、原作者や監督そして福山市市長からコメントが届いています。
(c)映画「星籠の海」製作委員会
玉木宏 
脳科学者 天才探偵・御手洗潔役


ミタライシリーズ最新作のスケールの大きさが、福山ロケなどで表現できたら、すごく見応えのある映画になると思っています。難しいのは、膨大なセリフと戦わなくてはいけないことです。

でも、登場人物の中でたった一人、事件を解決していくキャラクターなので、すごく心地良いです。楽しみながら演じています。是非、ご期待下さい。

島田荘司
原作「星籠(せいろ)の海」(講談社刊)著者

あの御手洗潔が、いよいよ映画館の大スクリーンに登場、興奮しますね。
長年原作ファンでいて下さった方々、そして私自身にとっても、これは悲願でしたからね。みんなで祝杯をあげたい気分です。理想的な御手洗さん役者・玉木さんとも出逢えたし、原作にとって最も幸福なかたちになりました。

和泉聖治 
映画『星籠(せいろ)の海 探偵ミタライの事件簿』 監督

極上のミステリーでありエンターテインメントである御手洗シリーズを、これから料理できるのかと思うと、今とても心が躍っています。人とは全く発想、着眼点が違う天才・御手洗潔をどう撮っていくか腕が鳴りますし、玉木さんは御手洗に対して非常に情熱やアイディアをもっているので、二人で挑みたいと思います。原作をグッと凝縮させつつ、歴史ロマンを感じる福山、そして瀬戸内海を舞台に大きなスケールで活躍する御手洗を描きます。

福山市 
羽田市長

本市は、2016年(平成28年)7月に市制施行100周年という大きな節目を迎えます。
本作は、島田先生が100周年を記念して、初めて地元 福山市を舞台として書き下ろされた作品で、先生の人気シリーズ「御手洗 潔」で初めて映画化されるものです。
撮影は鞆の浦を始め、市内各地で行われる予定であり、映画『ウルヴァリン:SAMURAI』や
ドラマ『流星ワゴン』などに続いて、映像を通じて福山市の魅力が全国に発信されることとなり、100周年に向けて、さらなる都市ブランド力の向上につながるものと期待しています。

③(c)映画「星籠の海」製作委員会今回、映画化となる「星籠の海」は、島田さんが「天才探偵・御手洗潔が国内の事件を解決する最後の作品」と宣言し、シリーズの集大成となる作品。また、自身の作品で初めて故郷である広島県・福山市を舞台にしています。

読者はもちろん、はじめて御手洗潔さんに触れる観客たちにも、その圧倒的な存在感を感じさせる物語になっています。

星籠(せいろ)の海 探偵ミタライの事件簿

2016年全国公開です!

(c)映画「星籠の海」製作委員会
********************************************************************



明日 東京国際映画祭に豪華スターゲストが続々


第26回東京国際映画祭いよいよ明日17日(木)開幕!!

TIFF_2013オープニング・グリーンカーペット参加予定ゲストが続々登場予定です!
グリーンカーペット:16時00分~(予定)
場所:六本木ヒルズアリーナ

◆コンペティション国際審査委員: チェン・カイコー、ムン・ソリ、クリス・ブラウン、クリス・ワイツ、寺島しのぶ
◆フェスティバル・ミューズ:栗山千明
◆フェスティバル・ナビゲーター:斎藤工、山崎紘菜

トム・ハンクス、フランシス・フォード・コッポラから役所広司まで、豪華過ぎるラインナップ!

<特別招待作品>
◆オープニング作品『キャプテン・フィリップス』:トム・ハンクス、ポール・グリーングラス監督
◆クロージング作品『清須会議』:役所広司、三谷幸喜監督
◆『映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス』:
谷原章介、生天目仁美、寿美菜子、渕上舞、宮本佳那子、釘宮理恵
◆『潔く柔く きよくやわく』:長澤まさみ、岡田将生、新城毅彦監督
◆『すべては君に逢えたから』:玉木宏、高梨臨、木村文乃、甲斐恵美利、山崎竜太郎
◆『晴れのち晴れ、ときどき晴れ』:松本利夫(MATSU from EXILE)、宮﨑香蓮、内片輝監督
◆『オー!ファーザー』:岡田将生、忽那汐里、佐野史郎、河原雅彦、宮川大輔、村上淳、藤井道人監督 奥山和由プロデューサー
◆『ジンクス!!!』:ヒョミン、山崎賢人、熊澤尚人監督
◆『ベヨネッタ ブラッディフェイト』:木崎文智、橋本真帆
◆『サカサマのパテマ』:藤井ゆきよ、岡本信彦、吉浦康裕監督
◆『ブリングリング』:ソフィア・コッポラ監督、エレノア・コッポラ、フランシス・フォード・コッポラ

<コンペティション>
◆『ほとりの朔子』:深田晃司監督、杉野希妃プロデューサー、鶴田真由
◆『ルールを曲げろ』:ネダ・ジェブライーリ、ベーナム・べーザディ監督
◆『捨てがたき人々』:三輪ひとみ、美保純、榊英雄監督
◆『エンプティ・アワーズ』:クリッスティアン・フェルレル、アロン・フェルナンデス監督
◆『オルドス警察日記』:チェン・ウェイハン、ジア・ツイピン、ワン・ジンチュン、ニン・イン監督、
◆『ある理髪師の物語』:ペルシ・インタラン、トニー・ローズ、イクイン・アチェーホ、オマール・プルデンナ・ソルティーハス、
ユージン・ドミンゴ、ジュン・ロブレス・ラナ監督

<日本映画スプラッシュ>
◆『友だちと歩こう』:上田耕一、高橋長英、山田キヌヲ、緒方明監督
◆『なにもこわいことはない』:高尾祥子、吉岡睦雄、岡部尚、山田キヌヲ、斎藤久志監督
◆『そして泥船はゆく』:渋川清彦、高橋綾沙、飯田芳、戸田古道、渡辺紘文監督
◆『死神ターニャ』:芹澤興人、小堀友里絵、岡田あがさ、竹田尚弘
◆『自分の事ばかりで情けなくなるよ』:黒川芽以、大東駿介、山田真歩、松居大悟監督
◆『楽隊のうさぎ』:山田真歩、鈴木卓爾監督
◆『FORMA』:谷中史幸、坂本あゆみ、松岡恵望子、梅野渚、ノゾエ征爾、仁志原了
◆『サッドティー』:岡部成司、青柳文子、内田慈、今泉力哉監督
◆『夜とケイゴカー』:板倉武志、活野 創、富永 茜、市川悠輔監督

<アジアの未来>
◆『今日から明日へ』:ワン・タオティエ、イン・シャンシャン、ワン・ツオジエ、ワン・ヤーシー、スン・テイエン、ツオ・ヤンミン、
ヤン・フイロン監督
◆『祖谷物語 -おくのひと-』:武田梨奈、大西信満、蔦哲一朗監督
◆『祈りの雨』:ラヴィ・クマール監督
◆『リゴル・モルティス/死後硬直』:ジュノ・マック監督、清水崇(プロデューサー)

<ワールド・フォーカス>
◆『シチリアの裏通り』:エレナ・コッタ
◆『高雄ダンサー』:安藤紘平、ディラン・テイラー、小林美也子、クライ・ホアン、ホー・ウェンシュン監督、ファン・ウチョル監督
◆2013東京/沖縄・中国映画週間:温碧霞、陳廷嘉、桂綸.
◆TIFF学生応援団
◆円谷プロ創立50周年企画:ウルトラ怪獣総選挙TOP5 の怪獣(ゼットン、バルタン星人、メトロン星人、カネゴン、ゴモラ)

◆オープニングセレモニー/クロージングセレモニー司会:笠井信輔、服部真湖
他(順不同、敬称略)

※上記ゲストの来場は、全て予定です。変更になる場合もございますのでご了承下さい。

第26回東京国際映画祭は10月17日(木)より10月29日(木)が開催されます!ぜひ六本木に!

第26回東京国際映画祭 公式HP: http://tiff.yahoo.co.jp/2013/jp/


********************************************************************