「玉城ティナ」タグアーカイブ

行定勲監督「自分が『チワワちゃん』を映画化したかった!」二宮健監督とのトークイベントで


映画情報どっとこむ ralph 「ヘルタースケルター」や「リバーズ・エッジ」など、80 年代~90 年代にかけて時代を代表する多くの人気作を手掛け、今なお熱狂的な支持を受ける漫画家・岡崎京子が 1994 年に発表した「チワワちゃん」が若手実力派キャストと弱冠27歳の新鋭・二宮健監督の手によって映画化!

新たな青春のバイブル、映画『チワワちゃん』が1月18日(金)に全国公開となった。本作の監督である二宮監督は、公開前から同じく岡崎京子作品を実写化した行定勲監督との対談を熱望していたことから、本日1月27日(日)、遂にその願いが叶い、新宿バルト9にて二宮監督、行定監督によるスペシャルトークイベントが開催された。

映画『チワワちゃん』公開記念舞台挨拶
日時:1月27日(日)
場所:新宿バルト9
登壇:二宮健監督、行定勲監督、森直人(映画評論家)

映画情報どっとこむ ralph 司会として登壇した映画評論家の森直人から作品の感想について聞かれ

行定監督:巧みだね。映像が饒舌過ぎないかと思いながらも(笑)

と冗談を交えつつ好評価。
森さんから実は行定監督も「チワワちゃん」を映画化したがっていたという話が明かされると、

ベルリンで『リバーズ・エッジ』が公開された後に岡崎先生に『チワワちゃん』を映画化させて欲しいと言いに行こうと思っていて、その頃に二宮と会ったらチワワをやるって言われて(笑)

とコメント。
更に主演の吉田志織さんに対しても、

行定監督:吉田志織は昔ワークショップで教えたことがあって。ある時会ったらチワワを演じたって言われまして。その時はあんまり出ないんだなと思ったんですね、チワワ不在で描くんだろうなと。そしたら何このチワワちゃん(笑)俺好きになっちゃったもん。(笑)

と二宮監督に続いて、主演の吉田さんとも接点があって悔しさが滲む行定監督。
作品を現代的なアプローチで描いたことに対しては、

行定監督:SNSで繋がってんだけど何も分かってなかったんじゃないかていうのが、確かに今の人達が観た時に重なっていくものがあると思う。

とコメント。自身が描くなら90年代で描いただろうと語る行定監督に対し、二宮監督は初めて原作を読んだのが3、4年前だと語り、

森監督:91年生まれで90年代を正直知らないんですよね。だから単純に自分の世代の話に置き換えられちゃったし、自分に重なっちゃったというか。丁度20代前半で、このまま遊んでいる訳にもいかないなと思ってる時に読んだので。今しか出来ないぞって気がしましたね。

と語った。

逆に行定監督のリバーズ・エッジをどう思ったのかという質問に

二宮監督:チワワの撮影準備中に観たんですよね。映画化するっていう情報も準備中に知ったのでビックリしちゃって。てっきり『ヘルタースケルター』の次は『チワワちゃん』だと思ってたんで。

と行定監督が「チワワちゃん」の映画化に驚いたのと同様に、自身も驚いたとコメント。

実際に作品を観た感想を聞かれると、

森監督:行定さんは職人として真っ当にやり切ったから、僕は好きにしようってある意味背中を押して貰えたというか。これがあるなら『チワワちゃん』を現代にしても大丈夫だなと自信を持てましたね。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 行定監督の映画作りは引き算的で二宮監督は足し算的に思えるという森さんの質問に対して

二宮監督:チワワちゃんは引いたら原作のページが無くなっちゃう(笑)前半はオリジナルストーリーで後半は原作に忠実なんですよね。映画にするんだったらチワワちゃんと皆が過ごした時間って一体何だったのっていう部分を象徴的にやってそれが後半に効いてくるものをやりたいなと。30ページの漫画だったら成立するけど、映画だとそこをやらなきゃと思ったので。僕の青春に対する記憶も憧れも全部置いていこうと思ってやりましたね。

と自身の演出の狙いを明かした。

また『チワワちゃん』に出演した役者達に対してどう思ったかという質問に対しては行定監督が良い役者が揃っていたとコメント。

行定監督:次使おうとも思った役者もいたし、気になっていた役者でも、寛 一 郎くんは違う顔を見た気がしました。(村上)虹郎もいいよね、自由じゃないのがいい(笑)本人傍若無人なのにあんな繊細なキャラクターを演じていて(笑)それがとても良かったです。成田君もキャラクター的に難しいのに上手かった。でも何よりチワワちゃんですね。良かった。

とそれぞれの演技を絶賛した。

行定監督絶賛のチワワちゃんのオーディションには特に力を入れたと語る二宮監督が、行定監督ならどうオーディションしますかと尋ねると、

行定監督:多分、おっぱい(笑)肉体は絶対重要だと思っていて、それが余すことなく披露されてますよね。

とコメント。それに対して

二宮監督:原作では巨乳で身長が低い設定なんですよね。でも吉田さんはそうじゃないので、チワワが喋る時は常に位置関係で上にいるようにしてましたね。身長を感じさせないようにしつつ、それによってチワワちゃんに抑圧されてる皆、みたいなのもやりたくて。

と思わぬ裏話も飛び出した。

映画情報どっとこむ ralph 青春の幻影を描いた本作について

行定監督:27歳で撮るかと(笑)あれはおっさんが撮るものだよ。おっさんが青春の幻影を追い求めてるものなんだよ!

とちょっぴり恨み節(笑)コメント。

それに対し
二宮監督:いや僕でも青春が終わっていく感じはしますから(笑)。後、そういう青春の終わりってものを感じなきゃっていう義務感がどっかで芽生えて。終わっていくのにお前なにやってんのと。自分は映画を撮る事しか出来ないから、じゃあ青春を終わらせる映画を撮らなきゃという使命感がありました!

と映画化に懸けた思いを熱く語った。

最後に

行定監督が二宮監督に対して、

行定監督:器用貧乏になって欲しくないなと思いますね。俺もだけどプロデューサー的な能力があるからならないと思うんだけど。これからは砂漠を歩いて行くような感じになると思うので、いいオアシス、いい人を見つけてね、補給しながらやっていって貰えればと思いますね(笑)

とコメントし、イベントを締めくくった。


チワワちゃん

公開中です!是非!
チワワちゃん役の吉田志織さん注目です!

公式HP:
chiwawa-movie.jp

***********************************

門脇 麦
成田 凌 寛 一 郎、玉城ティナ 吉田志織/村上虹郎
仲万美、古川琴音、篠原悠伸、上遠野太洸、松本妃代、松本穂香/成河
栗山千明(友情出演)/浅野忠信
監督・脚本:二宮 健
原作「チワワちゃん」岡崎京子著(KADOKAWA刊)
主題歌:Have a Nice Day!”僕らの時代“ ©ASOBiZM
挿入歌:Pale Waves”Television Romance”©Kobalt Music Publising Ltd ©2017Dirty Hit

製作「チワワちゃん」製作委員会 企画 東映ビデオ
企画協力:KADOKAWA
制作プロダクション:ギークサイト
配給:KADOKAWA R-15
2019年/日本/カラー/シネマスコープ/ DCP 5.1ch/104分
©2019『チワワちゃん』製作委員会


カメラマン浅野忠信の痛烈な一言!! 戸惑うチワワ!映画『チワワちゃん』本編映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 新たな青春のバイブル、映画『チワワちゃん』が全国公開中!!


SNS上では作品を鑑賞した方々から絶賛の声が相次いでいて、

「一瞬の眩しさが幻みたいな女の子だった……愛に飢えてて いつも笑ってるけどすごい寂しそうで、儚げなチワワちゃんの存在感に泣いた」、

「チワワちゃんとその周りの人達が繰り広げる極彩色の青春が見てて眩しかったしどこか寂しい感じがしました」、

「オープニング最高すぎて中毒になる映像ドラッグ」、

「チワワちゃんめちゃくちゃよかった〜〜脳内麻薬がやべえことになった、いますぐもっかい観たい、いや何度も観たい」

など、作品への賞賛とタイトルロールであるチワワの魅力に対する声が数多く見受けられる!

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、そんなチワワを浅野忠信演じるベテランカメラマン・サカタが強烈に口撃するシーンが解禁となった!

カメラマン・浅野忠信の痛烈な一言!! 戸惑うチワワ本編映像解禁!!

映像では撮影スタジオで村上虹郎演じるナガイとチワワがじゃれ合う中、サカタが颯爽と登場。
圧倒的な存在感で無言の空間を作り出すとチワワを無言で見つめるサカタ。
そこまで常に笑顔だったチワワの顔からいつもの笑顔が消え、初めて素の表情が垣間見える。
そしていざ撮影が始まり何枚か立て続けに撮影したあと、サカタはチワワに、「今、人より少し可愛いってだけで俺の前に立ってるけど、10年後、20年後君は何をやっているのかな?」と痛烈な言葉をぶつける。

面食らったチワワは何かを言い返そうとするも「考えているわけないよね」と更に重ねて追い詰めるシーンとなっている。

果たしてこの後この2人の関係性がどうなっていくのか



映画情報どっとこむ ralph 映画『チワワちゃん

公式HP:
chiwawa-movie.jp

チワワちゃんを取り囲む若者たちの回想を軸に進む本作。
主人公のミキ役には、『愛の渦』(2014)のヒロインで注目を浴び、以後、実力派若手女優として数々の作品に出演し続けている門脇 麦。チワワちゃんの元カレ・ヨシダ役には若手最注目俳優
の成田 凌、ヨシダの親友カツオ役には2017年に俳優デビューを果たし既に注目作品に引っ張りだこの寛 一 郎、チワワちゃんの親友ユミ役には、同年代女性から支持されモデル
・女優として活躍する玉城ティナ、チワワちゃん役には新人ながら大抜擢された吉田志織、さらにチワワちゃんに想いを寄せるナガイ役には、映画・TV・舞台と幅広く活動している村上虹郎と20代の実力派俳優が集結し、等身大の若者を熱演しています!

***********************************


門脇 麦
成田 凌 寛 一 郎、玉城ティナ 吉田志織/村上虹郎
仲万美 古川琴音 篠原悠伸 上遠野太洸 松本妃代 松本穂香/成河
栗山千明(友情出演)/浅野忠信
監督・脚本:二宮 健
原作「チワワちゃん」岡崎京子著(KADOKAWA刊)
主題歌:Have a Nice Day!”僕らの時代“ cASOBiZM
挿入歌:Pale Waves”Television Romance”
cKobalt Music Publising Ltd c2017Dirty Hit
製作「チワワちゃん」製作委員会 企画 東映ビデオ
企画協力:KADOKAWA
制作プロダクション:ギークサイト
配給:KADOKAWA R-15

2019年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP 5.1ch/104分
c2019『チワワちゃん』製作委員会


『チワワちゃん』吉田志織600万を持って夜の都会を逃走!本編映像初解禁


映画情報どっとこむ ralph 漫画家・岡崎京子が 1994 年に発表した「チワワちゃん」。
時代を超えて愛される傑作青春物語が、若手実力派キャストと弱冠26歳の新鋭・二宮健監督により門脇 麦主演にて映画化!

『チワワちゃん』は2019年1月18日(金)に公開となります!

チワワちゃんを取り囲む若者たちの回想を軸に進む本作。
チワワちゃんの元カレ・ヨシダ役には成田 凌、ヨシダの親友カツオ役に寛 一 郎、チワワちゃんの親友ユミ役には、玉城ティナ、チワワちゃん役には新人ながら大抜擢された吉田志織、さらにチワワちゃんに想いを寄せるナガイ役には、村上虹郎と20代の実力派俳優が集結し、等身大の若者を熱演しています!

そして!
この度、チワワたちがクラブで600万を奪って逃げだす疾走感満載な本編映像が解禁となりました!!

クラブミュージックをBGMに、若者たちが走る姿を激しくカットの切り替わる映像で映し出し、映画冒頭から観客のテンションを上げていきます!
果たして彼らは逃げ切れるのか、そして盗んだ600万の行方は…!?。この後の展開に期待が高まる映像となっています!

映画情報どっとこむ ralph チワワちゃん

公式HP: chiwawa-movie.jp

SNSが普及した現代の東京。ありったけの若さを謳歌する男女のグループ。そのマスコット的存在だった“チワワちゃん”が、ある日バラバラ遺体となって発見された。残された仲間たちが集まり、それぞれがチワワとの思い出を語りだすが、分かったことは誰もチワワの本名も境遇も本性も知らないままバカ騒ぎしたり、恋愛したり、エッチしたりしていたということだった。


***********************************

門脇 麦
成田 凌 寛 一 郎、玉城ティナ 吉田志織/村上虹郎
仲万美 古川琴音 篠原悠伸 上遠野太洸 松本妃代 松本穂香/成河
栗山千明(友情出演)/浅野忠信
監督・脚本:二宮 健
原作「チワワちゃん」岡崎京子著(KADOKAWA刊)
主題歌:Have a Nice Day!”僕らの時代“ ©ASOBiZM
挿入歌:Pale Waves”Television Romance”©Kobalt Music Publising Ltd ©2017Dirty Hit
製作「チワワちゃん」製作委員会 企画 東映ビデオ
企画協力:KADOKAWA
制作プロダクション:ギークサイト
配給:KADOKAWA R-15
2019年/日本/カラー/シネマスコープ/ DCP 5.1ch/104分
©2019『チワワちゃん』製作委員会


井口昇監督『惡の華』キャストは伊藤健太郎・玉城ティナ・秋田汐梨・飯豊まりえに!


映画情報どっとこむ ralph この度、累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』の主要キャストが解禁となりました。

鬱屈とした青春と、行き場のない衝動を描いた本作で主役・春日高男を務めるのは、『デメキン』で映画初主演を飾り、現在はドラマ「今日から俺は!!」などで人気急上昇中の伊藤健太郎。中学2年生、思いがけず憧れの女子の体操着を盗んだところをクラスの問題児・仲村佐和に目撃されてしまい、そのことを秘密にする代わりに彼女との「契約」を持ちかけられる役どころを演じます。

◆伊藤健太郎さんコメント
思春期は誰もが通ってきた道だと思います。ただ、誰と出会ってきたか、どんなものを見たか、どんなものを読んだかでその先の道が決まっていくと思います。その道はたくさんあって、何かに反発したり春日のような人がいたり。春日を理解するのは難しいかもしれません。ただ、誰もがどこかに共感は出来ると思うんです。『惡の華』を観た大人の方にはこういう思春期があったなと思い出して欲しいですし、まだ思春期を迎えていない人達にもこの映画がどう映るのかが非常に楽しみです。 

映画情報どっとこむ ralph 春日の中に自分と通ずる何かを見つけ、執拗につきまとう仲村役には、『わたしにXXしなさい!』で映画初主演を務め、モデルとしても数多くの女性に支持される玉城ティナ。

◆玉城ティナさんコメント
10代から20代の短い時期に感じた感情や気持ちは、これからの人生において
色褪せてほしくないし色褪せるべきでもないと思います。その時に得た感情をマイナスに捉えるだけではなく、
その時期の感情を否定せずにいてほしい。『惡の華』を観て、
この作品に光る共通のものを皆さんが見つけてくれたらいいなと思います。

春日が片思いをするクラスのマドンナ・佐伯奈々子役には、雑誌「ニコラ」で注目を集める15歳の次世代モデル、秋田汐梨が数百人以上のオーディションを経て大抜擢されました。

◆秋田汐梨さんコメント
私は今高校生で今回の登場人物達に年齢が一番近いのですが、自分の学生生活とは全然違うので初めは戸惑いました。仲村さんの事は全然わからない!笑 この映画は迫力のあるシーンがたくさんあって、私自身も挑戦的なシーンが多かったので大変でした。自分の中学生時代と比較して見てもらえると面白いかなって思います!あ、あと監督がふわふわしていて癒されました! 


そして、今回初の映像化となる高校時代、お互い文学が好きなことをきっかけに春日と交流を深める常磐文役に、雑誌、テレビ、映画など多岐に渡ってその活躍の場を広げている飯豊まりえが務めます。

◆飯豊まりえさんコメント
私はこの作品に出会って凄く衝撃を受けました。人それぞれの思春期だったり環境だったりでこの作品は見方が変わるなって思っています。誰しもが本来持っている、内に秘めている部分と普段は見せない部分を思い出させてくれる作品だと思います。この映画を観た人が、それぞれの惡の華を語り合ってくれたらいいなと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 原作「惡の華」は、別冊少年マガジンに2009年から5年間に渡って連載され、「このマンガがすごい!2011」にランクイン、「マンガ大賞2012」にもノミネートされ、コミック連載中にはテレビアニメ化・2016年に舞台化を果たしました。そして今回、原作者からの逆指名を受けた井口昇監督のもと、今を時めく若手俳優が集結し、従来のイメージを打ち破って思春期のトラウマと魂の再生を描きます。

映画『惡の華』

公式サイト:
akunohana-movie.jp 
twitter:
@akunohana_movie

物語・・・
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
僕と彼女の地獄めぐりは妖しくて、そして甘美な時間だった。あの出来事が起こるまでは…
高校生の春日高男(伊藤健太郎)は、同じクラスの人気者・常磐文(飯豊まりえ)が本屋で詩集「惡の華」を読んでいるのを目撃する。かつて「惡の華」に憧れを抱く内向的な文学少年だった春日は、中学時代の過去を思い出していた…。
山々に囲まれた地で閉塞感のある日々に息苦しさを感じていた中学2年のある日、春日は教室でクラスのマドンナ佐伯奈々子(秋田汐梨)の体操着を見つける。誰もいない放課後、胸が高揚しているその時、春日は人の気配を感じて咄嗟に体操着を掴み逃げ出してしまう。後日、その一部始終をクラスの変わり者、仲村佐和(玉城ティナ)に見られてしまっていたことが発覚。
「秘密をばらさない代わりに私と契約しよう」。
こうして仲村と春日の奇妙な共犯関係がはじまった。仲村の命令が日々エスカレートしていくと同時に、春日は「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じていく。ところがある日、町の夏祭りで起きた事件がふたりの関係を決定的に変えてしまう…。

***********************************

監督:井口昇
脚本:岡田麿里
原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)
出演:伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 飯豊まりえ 
製作:ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ
製作幹事:ハピネット  
共同幹事:ひかりTV
製作プロダクション:角川大映スタジオ
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会 


門脇麦主演 映画『チワワちゃん』青春の爆発と終わり、そして・・・本予告映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 「ヘルター・スケルター」や「リバーズ・エッジ」など、80 年代~90 年代にかけて時代を代表する多くの人気作を手掛け、今なお熱狂的な支持を受ける漫画家・岡崎京子が 1994 年に発表した「チワワちゃん」。

時代を超えて愛される傑作青春物語が、若手実力派キャストと弱冠26歳の新鋭・二宮健監督により新たな青春のバイブル、映画『チワワちゃん』として2019年1月18日(金)に公開となります!

そしてこの度、本作の本予告映像が解禁となりました!

この度解禁された本予告映像は、

冒頭「バラバラ殺人事件の被害者の身元が判明した」という衝撃的な一言から幕を開けます。被害者の名前は千脇良子。主人公のミキ(門脇麦)は、それが自分の知っている“チワワちゃん”のことだとは思わなかったと続け、チワワと過ごした日々を回想します。「あたしねぇ絶対いつかビッグになってやるんだ」と満面の笑みで語るチワワ。事件の悲惨さとは対照的な、カラフルで派手な映像がクラブミュージックにのせて続きます。そして、栗山千明演じるファッション誌のライター・ユーコに頼まれ、当時の仲間にチワワの話を聞いて回るミキ。そこで明らかになるのは〈精神的にキていた?〉〈友達に何か酷いことを言った?〉〈意外と料理が上手い?〉など、ミキの知らないチワワの姿ばかり。さらに浅野忠信演じるカメラマンのサカタに未来像を追及され涙するチワワの表情。皆が知るいつもハイテンションで笑顔だった“チワワちゃん”からはかけ離れた姿が浮き彫りになっていきます。ミキや友人たちがかつて一緒に遊んだり、キスしたり、バカ話をしたりした“チワワちゃん”。でも、「本当はみんな 誰もチワワちゃんのことを 何も知らなかった」―。

爆発的な青春を謳歌する若者たちの姿。Have a Nice Day!による主題歌「僕らの時代」がエモーショナルな感覚を呼び起こし、眩いまでの光を放つ映像が、青春の儚さを予感させる予告映像となっています。

映画情報どっとこむ ralph 一瞬で過ぎ去る青春の日々を駆け抜ける若者たちのリアルな姿を描いた本作。青春の爆発と終わり、そしてそこから始まろうとする“なにか”とは一体何なのか―。本編の公開に期待が高まります!

また、本日11月30日(金)よりムビチケが各劇場、オンラインにて発売開始となります。特典はオリジナルの「ロゴ入りPVCネオンポーチ」(数量限定)。ムビチケオンラインでは同日正午より一週間限定で通常1400円(税込)が1200円(税込)になるタイムセールも実施!! 


「チワワちゃん」

2019年1月18日(金) 全国ロードショー!
公式HP:
chiwawa-movie.jp


***********************************


門脇 麦
成田 凌 寛 一 郎、玉城ティナ 吉田志織/村上虹郎
仲万美 古川琴音 篠原悠伸 上遠野太洸 松本妃代 松本穂香/成河
栗山千明(友情出演)/浅野忠信
監督・脚本:二宮 健
原作「チワワちゃん」岡崎京子著(KADOKAWA刊)
主題歌:Have a Nice Day!”僕らの時代“ ©ASOBiZM
挿入歌:Pale Waves”Television Romance”©Kobalt Music Publising Ltd ©2017Dirty Hit
製作「チワワちゃん」製作委員会 
企画 東映ビデオ
企画協力:KADOKAWA 
制作プロダクション:ギークサイト
配給:KADOKAWA R-15
2019年/日本/カラー/シネマスコープ/ DCP 5.1ch/104分 ©2019『チワワちゃん』製作委員会