「玉城ティナ」タグアーカイブ

絶望の青春を彩る映画『惡の華』主題歌はリーガルリリーの書き下ろし楽曲に決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』の公開日が9月27日(金)より全国公開。

鬱屈とした青春と、行き場のない衝動を描き、思春期の暗黒面をえぐり出した本作で主役・春日高男を務めるのは、今最も勢いに乗る若手俳優の伊藤健太郎。
春日の中に自分と通ずる何かを見つけ、執拗につきまとう仲村役には、「ViVi」の専属モデルを卒業後、女優として大躍進を続ける玉城ティナ。
この度、ガールズ・スリーピースバンド リーガルリリーが主題歌として書き下ろしの新曲「ハナヒカリ」を提供したことが明らかになりました!リーガルリリーにとっては、初の映画タイアップとなります。

本作の涌田秀幸プロデューサーは彼女たちへのオファー理由を「映画を製作していく上で原作漫画にはない「音」を付けていくという作業は、実はとても慎重に取り組んだ事の1つでした。舞台化やアニメ化はしているものの、原作の世界観を大事にしたい。そこで偶然出会ったのがリーガルリリーさんの「overture」という曲に出てくる、「君は景色を殺せるのだよ」という歌詞、そして更に決め手となったのは「リッケンバッカー」という曲の「おんがくも人をころす」という強烈なワードでした。彼女達の音楽を聴いた時、何故か春日と仲村二人の姿が浮かんできました。春日と仲村達に年齢が近く、その年代にしか書けない「哲学」を見事に表現していたのがリーガルリリーさんだったのです。音楽、歌詞、そして歌声、どれもが惡の華の主題歌をお願いする上で、これ以上ない理想的なものを持っていたのです。」と語る。
映画情報どっとこむ ralph 元々原作者押見修造の大ファンで、原作コミックを読んでいたというVo.Gt.たかはしほのか コメントが到着しています!

「惡の華」は、高校生の時に何度も読み返した漫画の1つで、当時の、自分が宝物にしていた記憶が映画の中でも感じられました。役者さんも、まるで漫画の中の行間も表現するように、自然な雰囲気をまとっていました。とても素晴らしい作品でした。

挿入歌「魔女」は、高校生の頃、「惡の華」をよく手にとっていた頃に作りました。私の内なる爆発物は、音楽にすることによって、
叫んでもだれにも怒られません。映画チームの方がこの曲を気に入ってくれて、この話をいただいたので、とても嬉しかったです。
偶然は素敵なものです。作品と、監督、役者、この曲の全ての爆発が交わるシーンは、とても素敵なものでした。

主題歌には「ハナヒカリ」という曲を書き下ろしました。
高校生から4年ほど経ちましたが、爆発は、形を変えて、音にすると、かなしみといらだちを行ったり来たりするだけになりました。
なぜ、そこで爆発できないのかというと、もうだれも守ってくれないからです。
次は自分が誰かを守るようになるのです。そういうことを思って書きました。

映画情報どっとこむ ralph なお、本作の挿入歌として1stミニアルバム「the Post」収録の再録版となる「魔女」が使用されていることもあわせて解禁となった。
「魔女」はたかはしほのかが「惡の華」を読んでいた、高校生の時期に制作した楽曲でもあり、こちらもとても縁深いものとなった。
さらに映画公開週の9月25日(水)には「ハナヒカリ」と「魔女」を収録した1st Single「ハナヒカリ」をリリースすることも決定。
儚く透明感のある詞世界を音の渦に乗せて切り裂くように届けるリーガルリリーと伊藤健太郎・玉城ティナといった若いパワーが集結して
完成した映画『惡の華』、ぜひ公開をお楽しみにお待ちください。

映画『惡の華』

9月27日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
akunohana-movie.jp 

twitter:
@akunohana_movie

あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。
仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。
そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・

***********************************

伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ 
北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか 
高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾

原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)  監督:井口昇  脚本:岡田麿里  
主題歌:リーガルリリー「ハナヒカリ」(Office Augusta / Bandwagon) 
製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会 


遂に開店!“イカレた”殺し屋大集合!映画『Diner ダイナー』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映像化不可能と言われた原作小説『ダイナー』(平山夢明著・ポプラ社「ポプラ文庫」)が、藤原竜也×蜷川実花の運命の初タッグで映画化!

蜷川監督にヒロインとして大抜擢された玉城ティナを迎え、さらに窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、さらに、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華俳優たちも、全員“殺し屋”役で集結。

本能を極限まで刺激するノンストップ・エンターテイメント映画『Diner ダイナー』が、本日7月5日(金)に公開、丸の内ピカデリーにおいて初日舞台挨拶が開催されました‼

『Diner ダイナー』初日舞台挨拶
『Diner ダイナー』 初日舞台挨拶
日時:7月5日(金)
登壇:藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、真矢ミキ、奥田瑛士、蜷川実花監督(敬称略)
場所:丸の内ピカデリー

映画情報どっとこむ ralph 藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、真矢ミキ、奥田瑛士、蜷川実花監督が壇上に姿を現すと、会場からは大きな歓声が!

藤原さん:この濃いメンバーに囲まれて一か月半撮影を行ってまいりました。今日は宜しくお願い致します。皆さんの反応を聞くのは武田さんに任せます(笑)

とコメント。それを受け

武田さん:皆さんこんにちは‼僕ら勢揃いして皆さんの反応そんなものですか!?まだちょっと元気ないみたいなので皆さん一回スクワットしますか?

と彼らしい挨拶で会場を一気に盛り上げました。

蜷川監督:ものすごく濃いメンバーで駆け抜けて、魂を懸けて作った作品です。是非面白かったら宣伝お願い致します!

と作品に懸ける思いを笑顔で語りました。


MCから初日だからこそお互いに話せる事、言いたいことを聞かれ

藤原さん:順調に撮影していたので特に無いです。

と回答するも、監督から即座に

蜷川監督:雨のシーンはブーブー言ってたじゃん(笑)

とツッコミが。


藤原さん:雨ね!後半ずっと12時間位雨に打たれながら撮影していたのですが、真矢先輩が入ってきて全部持って行くという(笑)真矢さんが立ちまわりをやると全スタッフから拍手が起きるんですよ。待て、待てと(笑)こっちは12時間打たれているのに拍手の1つもないじゃんか(笑)

と過酷なアクションシーンの思い出を笑いながら語りました。

玉城さん:なんで監督はカナコという役に私を当てはめたのかな、不安じゃなかったのかなっていうのを聞きたかったです。

と質問。

蜷川監督:確かにそんなにたくさんお芝居をやっている訳ではなかったと思うのですが、何の不安も無かったです。それは皆さんに対してもそうで、大好きな人達ばかりだし、絶対凄いものになると決まっていると思ってモニター前にいました。

と力強く回答し、玉城はホッとした様子を見せました。


窪田さんは武田さんに対してスペイン語をどの位練習したのかと質問。


武田さん:現場で聞いてくれたら良かったのに(笑)監修の方がご自身でスペイン語を喋っている動画を送って下さったんですけど、その方が何故か山手線の中でスペイン語の台詞を言っているんですよ。駅に降りるとかもっと場所があったんじゃないですかね。不思議な事前資料が送られてきました(笑)

と素朴な疑問から会場の笑いをきっちりとる見事なトークを展開すると、

窪田さん:流石っす・・・!

とコメント。


本郷さんは窪田さんが演じるスキンの耳が欠けている理由を監督に質問。

本郷さん:自分としてはスキンが大きいピアスをしていて、セーターを着ている時に引っかけてやっちゃったんじゃないかと思っている。

とコメントすると、

蜷川監督:実際はノリで決めちゃったんですけど(笑)理由はセーターです!まさか当てられるとは!

と本郷の妄想が公式設定になる結果となりました。

真矢さんは監督に対して、豪華なセットの中でも一番思い通りにいった部分について質問。

蜷川監督:横尾忠則さんですかね。ダイナーのメインセットに横尾さんの画を使うと決めた時に一気に色んなものが動いたんです。映画を世界と戦えるビジュアルにする為に日本の魂が入っているものにしたかったので、思いついた時はやった!と思いましたし、映像になった時も日本らしさが横尾さんを通じて出たんじゃないかと思います。

と答えた。

奥田さん:監督から“この映画どうですか”と聞かれた時に、“女性にしか撮れない映画だ”ということを申し上げたんです。でも2,3日たって考えた時にそうじゃない。“この映画は蜷川実花しか撮れない映画”と言うべきだった思い、この場にて訂正させて頂きます。

とコメントし、会場からは大きな拍手が起こりました。

映画情報どっとこむ ralph そして、明後日が7月7日の七夕ということで、店主も客も全員殺し屋のぶっとんだダイナーにちなんで、事前に【ここでしか言えないぶっ飛んだ願いごと】を記入した短冊型パネルをキャスト全員が披露。

藤原さんが【Diner ダイナー2撮影ALLメキシコロケ‼】、窪田さんは【Diner ダイナー世界へ】、武田さんは【Diner ダイナー2がありますように・・・】と書かれた短冊を披露し、各々続編や世界進出などへの意欲を見せました。

最後に監督が全員の願い事から一番ぶっとんだものを選ぶ流れとなり、

蜷川監督:メキシコで2、いっちゃいましょうかね!

と続編への期待を覗かせました。


最後に・・・

藤原さん:今日が初日ですので、しっかりと宣伝していきたいと思っております。皆さんのお力も借りられますと嬉しいです。今日はありがとうございました!

と挨拶し、イベントは大盛況のまま幕を閉じました。


映画『Diner ダイナー』

公式サイト:diner-movie.jp
公式 Twitter:@DinerMovie
#ダイナー

千客万来‼大ヒット公開中!!

***********************************


藤原竜也 玉城ティナ / 窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ /小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二


原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花
音楽:大沢伸一
主題歌:DAOKO✕MIYAVI 「千客万来」(ユニバーサル ミュージック) 監督:蜷川実花


窪田正孝 恍惚の食事シーン解禁!! 『Diner ダイナー』“至福×陶酔”スフレを愛するスキン


映画情報どっとこむ ralph 映像化不可能と言われた原作小説『ダイナー』(平山夢明著・ポプラ社「ポプラ文庫」)が、監督:蜷川実花×主演:藤原竜也の運命の初タッグで映画化!ヒロインに玉城ティナを迎え、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華俳優たちも、全員“殺し屋”役で集結。
スキン(窪田正孝)Diner ダイナー そしてこの度、窪田正孝 演じるスキンが自身の好物である“スフレ”を恍惚とした表情で食すシーンが解禁となった‼

スキンは腕は超一流だが心根は優しい殺し屋。全身傷だらけの容姿と裏腹に端正な顔立ちの男。

ひと足早く本編を観た観客からは

「窪田正孝が、最高にエロくて犯罪レベル!」

「心臓停止レベル。私が危惧するのは、窪田正孝にハマりすぎて、日常生活に支障を来たすという生活の安全保障問題」

「窪田くんがかっこよくて可愛いくて優しくて狂気的で美しい映画だった」

とスキンの色気溢れる殺しぶりにはまる人が続出!


スフレはスキンにとって殺された母親の思い出の味であり、それを食べることが彼の唯一の生き甲斐となっていた。

ボンベロはそんなスキンのために母親の味を完璧に再現したスフレを毎回与えていた。ある一点を除いて……。

その日も新しくウェイトレスとして働くことになったカナコに「絶対に間違えるな。これは“スキンのスフレ”だ」と念押ししてスキンのもとへと運ばせた。
スフレを口にしたスキンは「あいつは本当に天才だよ、昔母さんの作ってくれたスフレの話をしたら、母さんとまったく同じ味のスフレを作り上げた。そんなマネができる奴は世界中どこを探してもいない」、「俺はこのスフレを味わうためだけに生きてるんだ」と恍惚とした表情で饒舌にその味を語る。
しかし、スフレの中に入っていた異物に気づいた途端に落ち着きを取り戻すスキン……。

スフレの味を完璧にまで再現できる超一流の腕を持つボンベロは、いったいなぜスフレに異物を仕込んだのか?

そして数日後、カナコの“過ち”によって本当に完璧に再現されてしまったスフレを口にしたスキンの常軌を逸した行動が意味するものは……?

溢れ出るスキンの色香を劇場で体感しつつ、彼の抱える秘密にも是非ご注目頂きたい!



映画情報どっとこむ ralph 映画『Diner ダイナー』

7月5日(金)ダイナー開店!

公式サイト:diner-movie.jp 
公式Twitter:https://twitter.com/DinerMovie 
#ダイナー


<ストーリー>
ようこそ、殺し屋専用のダイナー<食堂>へ
そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂ダイナー<食堂>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。
「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒まで俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコは、ウェイトレスとしそこに売られた。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる!

***********************************


藤原竜也 玉城ティナ / 窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ /小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二

原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花
音楽:大沢伸一  
主題歌:DAOKO✕MIYAVI 「千客万来」(ユニバーサル ミュージック)
監督:蜷川実花
配給:ワーナー・ブラザース映画

映画クレジット:(C)2019 「Diner ダイナー」製作委員会  
蜷川監督フォトクレジット:(C)2019 蜷川実花/映画「Diner ダイナー」製作委員会


いっぺん、死んでみるー?玉城ティナ演じる冥界の復讐執行人「地獄少女」特報映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 主演:玉城ティナ×監督:白石晃士がタッグを組み、伝説的人気を誇るアニメ&コミックスの実写映画化!

11月15日(金)公開の映画「地獄少女」、<都市伝説>から始まる、戦慄の<特報映像>に加え、畏怖するほどに美しい<地獄少女のビジュアル>が解禁!


人気テレビアニメとして2005年より放映されて以降、コミック(「なかよし」で連載)をはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、舞台、そして、遊技機など幅広く展開され、「地獄少女」の世界観がどのように広がっているのか、今から劇場公開が待ち遠しくなる、情報解禁となります。



魅惑的な原作の満を持しての映画化、メガホンをとったのは『貞子vs伽椰子』、『不能犯』で唯一無二の世界観を確立した白石晃士監督。

〈地獄通信〉サイトを通して依頼を受けたターゲットを地獄に送る地獄少女・閻魔あいをこの世の物に在らざる佇まいで演じるのは、『Diner ダイナー』、『惡の華』とyaヤバメな話題作への出演が続く玉城ティナ。

地獄通信にアクセスし、地獄少女と契約する女子高生の市川美保には、新人ながら「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」での好演で今最も注目される若手女優の森七菜。

美保の親友、南條遥には数多くのCM出演で話題の仁村紗和と、若手演技派俳優の注目株が集められました。

さらに、アイドルの御厨早苗(みくりや・さなえ)役をSKE48の大場美奈が演じているのも話題沸騰!

地獄少女と女子高生とアイドルが繰り広げる、赤黒くキラキラと輝く、世界に一つだけの戦慄の青春。
白石監督メイドの最凶の〈地獄映像〉で放つ、切なくも美しい地獄送りアトラクションムービーが完成しました!

映画情報どっとこむ ralph 併せて解禁されたポスタービジュアルは、赤く染まった世界の中で、怨みを持った者のみが深夜0時にアクセスできる「地獄通信」へ の入り口である検索窓が煌々と不気味な光を放ち、アクセスを促す。その奥に、この世ならざる圧倒的な凄みを感じさせる玉城テ ィナ扮する閻魔あい。彼女が手に持つ藁人形から延びる赤い紐が、「その紐を一度 解いたら成立」する契約(=怨んだ相手の 地獄落ちと、その代償に自らも地獄へ落ちる)への意思の有無を、ポスターを見るものに問うかのように迫る 衝撃的なビジュアル となっている。

地獄少女B1ポスター
『地獄少女』

11 月 15 日(金)新宿バルト 9 ほか全国ロードショー

公式HP:
gaga.ne.jp/jigokushoujo-movie/

―午前0時に開く禁断のサイト「地獄通信」― 「ねえ、知ってる? 夜中0時にだけ開くサイトで依頼すると、地獄少女が現れて、怨みを晴らしてくれるんだってー」都市伝説の話 題に沸く女子高生、そのグループになじめず、浮かない表情を浮かべるのは、市川美保。 大好きなアーティスト、魔鬼のライブで知り合った南條遥に魅了された美保は、遥とともに魔鬼ライブのコーラスのオーディションを受 けることに。受かったのは遥。やがて少しずつ様子がおかしくなっていく遥を心配した美保は、魔鬼が、遥をライブで行う<儀式>の 生贄にしようとしていることを知り、噂のサイトにアクセスする。

***********************************


玉城ティナ 橋本マナミ 楽駆 麿赤兒 森七菜 仁村紗和 大場美奈(SKE48) 森優作 片岡礼子 成田瑛基 / 藤田富 波岡一喜

監督・脚本:白石晃士
原案:わたなべひろし
原作:地獄少女プロジェクト
製作:NBC ユニバーサル・エンターテイメント 藤商事 ギャガ ギャンビット
制作プロダクション:ダブル・フィールド
配給:ギャガ
©地獄少女プロジェクト/2019 映画『地獄少女』製作委員会


伊藤健太郎 祝・22歳誕生日!『惡の華』新場面写真解禁!!


映画情報どっとこむ ralph この度、累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』の公開日が9月27日(金)より全国公開となります。

今回、6月30日に22歳を迎える伊藤健太郎の誕生日を記念して、本作の場面写真が解禁となりました。伊藤健太郎演じる主人公の春日を捉えた写真は、段ボールをつぎはぎして建てた秘密基地の中で、取り憑かれたような表情で本を燃やす姿、そして背後にはなぜか女性用の下着も吊られているというカオスな状況が映し出されている。

これまでの作品で見せたことのない狂気を感じさせる表情はもちろん、段ボールとパンツに囲まれた空間で本を燃やすという異質な雰囲気から、この先のシーンが気になりすぎる1枚となっている。

伊藤健太郎が、「正直なこと言うときついこともたくさんあったけど、“春日高男”が好きで、“惡の華”という作品が物凄く大好きで、最後の方には終わりたくないという気持ちが強くなっていました」と振り返った本作。本編では、今回解禁となる写真で垣間見えるもの以上にハードなシーンの連続で、約一ヶ月間の撮影期間をまさに全力で駆け抜け、演じ切ったという。
22歳を迎え、出演作も続々公開となり、若手俳優の中で最も注目を集める存在と言っても過言ではない伊藤健太郎が挑んだ本作、是非ご注目下さい。

映画情報どっとこむ ralph 映画『惡の華』

9月27日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
akunohana-movie.jp

twitter:
@akunohana_movie

鬱屈とした青春と、行き場のない衝動を描き、思春期の暗黒面をえぐり出した本作で主役・春日高男を務めるのは、今最も勢いに乗る若手俳優の伊藤健太郎。春日の中に自分と通ずる何かを見つけ、執拗につきまとう仲村役には、「ViVi」の専属モデルを卒業後、女優として大躍進を続ける玉城ティナ。春日が片思いをするクラスのマドンナ・佐伯奈々子役には、雑誌「ニコラ」で注目を浴びた16歳の次世代モデル、秋田汐梨が数百人以上のオーディションを経て大抜擢されました。そして、今回初の映像化となる高校時代、お互い文学が好きなことをきっかけに春日と交流を深める常磐文役に、モデル、女優と大活躍中の飯豊まりえが扮するなど、最旬キャストの共演も見逃せません。

原作「惡の華」は、別冊少年マガジンに2009年から5年間に渡って連載され、「このマンガがすごい!2011」にランクイン、「マンガ大賞2012」にもノミネートされ、コミック連載中にはテレビアニメ化・2016年に舞台化を果たしました。そして今回、原作者の逆指名によりメガホンをとったのは井口昇監督。瑞々しいタッチで青春を描き続ける岡田麿里脚本との化学反応が見事に生まれ、思春期に、今、苛まれているすべての少年少女と、かつて思春期に苛まれたすべてのかつての少年少女に捧げる映画が誕生しました。


【ストーリ―】
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。
衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。
その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。

仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。
そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・
映画『惡の華』
映画『惡の華』
***********************************

伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ
北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか
高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾

原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)
監督:井口昇
脚本:岡田麿里
製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会