「玄理」タグアーカイブ

ジュノ(2PM)お姫様抱っこに笑いが止まらない!?映画『薔薇とチューリップ』メイキングPart2到着


映画情報どっとこむ ralph ジュノ(2PM)邦画初出演映画『薔薇とチューリップ』 は5月3日(金)より劇場公開!

その公開を記念して、この度、本作のメイキング映像 Part2 を公開!

ジュノ(2PM)演じる韓国留学生・デウォンが、瓜二つで世界的な画家・ネロと急遽入れ替わり、代役で個展 を開催した後、玄理演じるネロのマネージャー・ミョンアとの重要なシーン。
彼女に褒められたデウォンが嬉しさの あまり、ミョンアをお姫様抱っこするという胸キュン満載のシチュエーションに「恥ずかしいというよりも、見る人が変 に思わないか…」と、俺様全開の演技をすることに不安をこぼすジュノ。実際のリハーサルでは、ジャケットのポ ケットに自ら薔薇を挿し込み、玄理を抱きかかえようとするも、すでに 2 人とも笑いが堪えられない状態に…!? 果たして、“俺様風お姫様抱っこ”は完璧に成功したの!? 続きは劇場で『薔薇とチューリップ』をチェック!


映画情報どっとこむ ralph 映画『薔薇とチューリップ

2019年5月3日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋、名古屋 センチュリーシネマにて劇場公開


STORY
個展開催のため来日した、世界的現代アーティスト・ネロ(ジュノ(2PM))。彼は到着早々、自分の絵の盗作が置かれていると噂の 旅館を密かに訪れ、そこで温泉客である韓国人留学生・デウォン(ジュノ(2PM))と出会う。なんとネロとデウォンは瓜二つだった! 互 いに驚きを隠せない二人だが、ネロは“ある目的”のために、デウォンに自分と入れ替わるよう依頼する。二人が入れ替わったことで、事 態は一変。やがて彼らは思いもよらぬ出来事に巻き込まれていくが…。旅館の跡取り娘・かおり(谷村美月)とふれ合う中で過去と向 き合うネロと、時代の寵児になりすましながら未来を模索するデウォン。姿形はそっくり、けれど性格も立場も異なる二人……彼らが入 れ替わりの日々の中で見つけた、“本当の自分”とは–!?

映画情報どっとこむ ralph 5月3日(金)、5月10日(金)、5月17日(金)、5月24日(金)の各週、週替わり先着入場者プレゼントあり!(数量限定)

【チケット情報】 先着順・数量限定!ミニスタンド付き(全 2 種)劇場前売特別鑑賞券 発売中!
¥1,500(税込)
※当日一般¥1,800(税込)のところ
※ランダム配布
※本作品の劇場前売特別鑑賞券・購入特典ミニスタンド(全 2 種)は上記劇場のみで販売・配布となります。

***********************************


【CAST】 ●ネロ、デウォン(一人二役):ジュノ(2PM) ●かおり:谷村美月 ●ミョンア:玄理 ●仲居頭・悦子:ふせえり ●ジンイル:チャンソン(2PM)

【STAFF】 ●原作:東村アキコ『薔薇とチューリップ』(小学館「月刊!スピリッツ」連載) ●監督:野口照夫『たとえ世界が終わっても』「FF XIV 光のお父さん」 ●脚本:ねじめ彩木『僕は妹に恋をする』 ●主題歌:「Nothing But You」JUNHO (From 2PM) ●製作:櫻井秀行 ●企画プロデュース:高木春香 ●プロデューサー:山口敏功 平田樹彦 本田昌広 ●ラインプロデューサー:古賀奏一郎 ●原作協力:週刊ビッグコミックスピリッツ編集部 ●製作・配給:NBC ユニバーサル・エンターテイメント ●制作:ダブル・フィールド ●配給協力:アーク・フィルムズ

2018 年製作/日本映画/上映時間 90 分/ビスタサイズ/5.1ch/映倫 G 一般映画
© 2018 東村アキコ・小学館/ NBCUniversal Entertainment Japan


菊地凛子主演『ハイヒール~こだわりが生んだおとぎ話』一夜限りの無料野外上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 弊社が制作し、昨年上映いたしました短編映画 菊地凛子主演『ハイヒール~こだわりが生んだおとぎ話』を10/20(土)17:30の一夜限りで、野外上映いたします。

上映時間わずか30分の短編映画ながら、19都市の映画館で単独上映を果たした異例の本作。


ストーリーに加え、
・CHANELが衣装の一部を特別協力
・MIHARA YASUHIROがハイヒールを制作
などなど…細かな部分にまでこだわりが詰まっていて、

映画好きな方はもちろん、ファッション好きな方にもお楽しみいただける作品となっております。

会場はスカイツリーが見える隅田川沿いの公園。

星空のもと、映画館とは一味も二味も違った雰囲気の中で上映されます。

映画情報どっとこむ ralph ▼イベント詳細▼
日時:10/20(土)17:30(予定) ※雨天中止
会場:隅田公園山谷堀広場
住所:東京都台東区浅草 7-1-22
鑑賞料金:無料

※詳細は下記よりご確認ください
江戸まち たいとう芸楽祭:
http://www.taitogeirakusai.com/

映画情報どっとこむ ralph プレイベントも開催するそうです!

野外上映前のスペシャルトークショーを InstagramLIVE(@lander_film)にて実施いたします。

【第一弾】
10/14(日)17:00~
製作総指揮をつとめた Mutsumi Lee(イ・ムツミ)氏が登場。映画の制作秘話や撮影の裏側に迫ります。

【第二弾】
10/18(木)20:00~
イ・インチョル監督と製作総指揮 Mutsumi Lee(イ・ムツミ)氏との対談をお届けします。みなさまからの質問にもお答えする予定です。詳細は公式 Instagram(@lander_film)をご覧ください。

映画情報どっとこむ ralph 菊地凛子主演短編映画

ハイヒール~こだわりが生んだおとぎ話


公式HP:
http://highheels.lander.jp/

Instagram:
@lander_film


物語・・・
真剣に靴を作り続けるアンドロイドの靴職人 Kai(菊地凛子)。ある日、自分にぴったりの靴を作りたいという客がKaiにハイヒールをオーダーする。何度も何度も作りなおしてやっと完成した完璧なハイヒール。ところが客が履いてみると、片方のサイズがほんのすこし合わない。Kai は必ず解決すると客を説得し、再びハイヒールと向き合うが…。

***********************************

監督・脚本:イ・インチョル

出演:菊地凛子、小島藤子、玄理、谷口蘭
製作総指揮・美術:Mutsumi Lee
衣装特別協力:CHANEL、他
靴制作協力:MIHARA YASUHIRO
インテリア協力:CIBONE、他
企画製作・配給宣伝:Lander Inc.


菊地凛子・小島藤子ら登壇 短編『ハイヒール~こだわりが生んだおとぎ話』初日


映画情報どっとこむ ralph 7月のカナダ・ファンタジア国際映画祭コンペ部門へのノミネートが決定している短編『ハイヒール~こだわりが生んだおとぎ話』の公開を記念して、主演の菊地凛子さん、小島藤子さん、玄理さん、谷口蘭さんとイ・インチョル監督が登壇して舞台挨拶が行われました。

『ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話』初日舞台挨拶 
日時:6月24日(土)
登壇:菊地凛子、小島藤子、谷口蘭、玄理、イ・インチョル監督
MC:東紗友美(映画ソムリエ)
会場:ヒューマントラストシネマ渋谷

映画情報どっとこむ ralph 本作撮影時の印象など

菊池さん:中世的な人物を演じるにあたって大事にしたのは、こだわりを持っている。内面とかを気をつけました。女性にも男性にもとれるビジュアルは難しいので監督、スタッフさんたちと話し合って、影とか、角度とかもこだわってあのビジュアルになりました。

小島:皆アンドロイドの役ですので、ちょっとづつ仕草を変えていて、アンドロイドっぽさ、欲望。いろいろ考えながらやりました

玄理:普通映画のメイクって薄目なんですね。でも本作はファッションが重要なのでしっかりメイクで。髪型はメイクさんたちの努力が詰まっていてがっちり押したメイクで。朝から晩までそのまんまが、結構大変でした。

谷口さん:私は撮影ではみなさんにお会いできなくて・・・一人でやっていて。今日が、玄理さん以外は初めてで。今日は特別な日です。緊張しています。

監督に制作するにあたってのこだわりを聞くと

監督;全体的に全部こだわりました。メイクと衣装も、頑張りましたね。

映画情報どっとこむ ralph プライベートでの生活のこだわりや、譲れないのを聞くと

菊池さん:食べ物ですかね。こだわります。一日の最後はおいしいもの。好きなものを食べる!お寿司が好きで北海道まで行きました。 後は睡眠。欲求にこだわります。

小島さん:どんなに睡眠時間が無くても、テレビゲームを必ずします。ホラーゲームが好きで。ゾンビとか探索とか・・・(玄理:怖くない?眠れなくならない)楽しいですよ!

玄理さん:1日で5回以上の歯磨き。最近人に言われるまで普通だと思ってました。歯磨き粉はオーガニックにしています。体にやさしい歯磨き粉をにしています。

谷口さん:こだわりは 洗顔で全身を洗う、凄いいい感じです! 

監督:食欲ですね、おいしいお店で打ち合わせやります。

菊池さんとの打ち合わせはこだわりがないお店だったそうで、次回は良い店でとお約束。

本作が監督のデビュー作。

菊池さん:監督自身がおしゃれで、前面に映画の中に出てます

監督:菊池さんのお顔も右からか、左からかをこだわって撮りました。現場楽しかったです、次回長編の企画があってそれを進めています。今日は、映画の中で履いているハイヒールを履いてきていただいてます。この黄色いハイヒールを観て、この作品を思いつきました。それから・・・各キャラクターはチェスの駒にあわせていますので注意してみてみてください。

映画情報どっとこむ ralph
最後に

菊池さん:気に入っていただければ広めていただければと思います。短編だけを上映するのは面白い企画だと思います広がっていけばなと思っています。

監督;今日はありがとうございました。

***********************************



山田孝之 岩田剛典 共に過酷撮影!監督を恨む(笑)SSFF 『シネマファイターズ』上映


映画情報どっとこむ ralph 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)は、2017年6月1日(木)に渋谷ヒカリエ ヒカリエホールにてオープニングセレモニーを開催。

オープニングセレモニーの後オープニング作品『CINEMA FIGHTERS』が上映されました。
これは、EXILE HIROさんプロデュースのEXILE TRIBEとSSFF & ASIAコラボ企画によりショートフィルム全6作品を製作したもの。上映の前に超豪華なキャストと監督は舞台挨拶を行いました。


「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017」
シネマファイターズ完成披露発表&上映

日時:2016年6月1日(木)
場所:渋谷ヒカリエ ヒカリエホール

映画情報どっとこむ ralph 「CINEMA FIGHTERS(シネマファイターズ)」とは?
21世紀の日本のエンターテインメントシーンを牽引するアーティスト集団「EXILE TRIBE」の楽曲を、気鋭の映画監督たちがショートフィルム化するプロジェクト。 EXILE HIROさんが会長を務めるLDH JAPANと俳優の別所哲也さんが代表を務めるショートフィルムの総合ブランド「ShortShorts」がタッグ。楽曲にはLDH関連アーティストの楽曲を使用。小竹正人さんの詞の世界観を映像化します。

大きな歓声の中、現れたEXILE HIROさん、別所哲也さん。
HIROさん:スゴいワクワクしています!やっと完成したなと。面白い作品が出来たと思っています。

別所さん:HIROさんと小竹さんとLDHさんと一緒に創り上げた6本のショートフィルムです。

映画情報どっとこむ ralph 更に大歓声の中、監督・キャストが登場!端から端まで超豪華!


パラレルワールド
楽曲:Unfair World
アーティスト:三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
監督:河瀨 直美
登壇:山田孝之、石井杏奈

河瀨さん:映画祭ではよりクリエイティブなものが創れてよいですね。この楽曲を選んだ時にとても切なくなって。高校時代だなと。その時の天文観察室のストーリーを求めました。
山田さん:真夏で・・天文観察室に閉じ込められていました!必死にこらえました。死にそうでした。撮影当時18歳と33歳のおじさんが制服を着て。凄いことになってたんです。どっきりかなと思いましたが、今日ここにいるので本当だったと。


石井さん:山田さんとは現場で初めてお会いして、本番。台本なしでタメグチは緊張しました。


キモチラボの解法
楽曲:白雪姫
アーティスト:Flower
監督 A.T.
登壇:AKIRA、小林喜日、駒井蓮、水崎綾女

A.T.監督:誰もが知っているストーリー。でも小竹さんのものは耐え忍んで春を待つ日本女性を感じたので。これを選びました。
AKIRAさん:白雪姫と聞いて女装?(笑)そんなことはなく。感情を売る役は世界観を楽しみました。

小林さん:大変でした。でも、掛け合いが面白田舎での恋愛となっています。
水崎さん:参加できてうれしく思っています。AKIRAさん顔が濃いので緊張していたのですが、とても気さくな方で良かったです。(河瀬監督:きみも顔濃いよ!)顔が濃い3人並んじゃいました。


Snowman
楽曲:Mr.Snowman
アーティスト:E-girls
監督:萩原 健太郎
登壇 :倍賞美津子、鈴木伸之
萩原 Mr.Snowman キラキラした世界観、ポジティブな歌の裏の世界。SNOWMANを大きくとらえて作りました。
倍賞さん:素敵な映画です。待つって大変ですね。50年、私は待てない。

鈴木さん:倍賞さんと二人で演技が出来る環境は僕の財産です。50年間愛し続けるまっすぐな物語是非楽しんでください。

映画情報どっとこむ ralph 色のない洋服店
楽曲:ドレスを脱いだシンデレラ
アーティスト:Dream Ami
監督:齋藤 俊道
登壇 :Dream Ami

齊藤監督:Amiさんのドレスを脱いだシンデレラは恋心を描いた作品ですが、ドレスを脱ぐ映像を思い描いたとき、偽りの姿を脱ぎ捨てて本来の自分に戻る物語にしました。
Amiさん:自分の曲を映画化していただいて嬉しかったです。演技は苦手意識があったのですが、監督とスタッフさん達にアドバイスをいただきながら一つ一つ演じさせていただきました。演技の世界も楽しいなと思いました。


終着の場所
楽曲:花火
アーティスト:三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
監督:常盤 司郎
登壇:町田啓太、玄理(ヒョンリ)

常盤監督:恋愛映画に初めて真っ向から向き合いました。町田さんと玄理さんと沢山恋愛話をして悔いがないように作りました。
町田さん:恋愛をどういう風に終着させるかを現場でもプライベートでも考えてました。等身大の自分を演じました。

玄理さん:嘘を許せるか許せないか監督と話し合いました。私、僕だったらって感じていただければと思います。


SWAN SONG
楽曲 Heavenly White
アーティスト:EXILE
監督:落合 賢
登壇:岩田剛典、桜庭 ななみ

落合監督:僕は小竹さんの詞が素晴らしくて。大寒波に襲われた東京をイメージして。後悔したのは雪の中での撮影。風吹のシーンで岩ちゃんとななみちゃんは延々雪の中をあるいて、僕らは室内でロングレンジで長回し。岩ちゃんとななみちゃんには、ホント謝りたいです。
岩田さん:ホントに過酷!監督恨みながら一歩一歩気持ちを押し殺して演じました。現実離れした設定の世界観は楽しかったです。
桜庭さん:自分ひとりだったら、自分でカットかけました。でも、その大変さが演技を助けてくれたのではと思います。

映画情報どっとこむ ralph この後、河瀨監督がHIROさんの誕生日だと明かし、会場のみんなとHAPPY BIRTHDAYを歌って締めました。
HIROさん:ありがとうございます!

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)
開催19回目となる今年は、6月1日(木)〜6月25日(日)まで、東京は5会場、横浜は1会場にて上映します。

www.shortshorts.org/2017/

***********************************



濱口竜介監督特集上映の開催が決定!『ハッピーアワー』公開1年記念で


映画情報どっとこむ ralph 濱口竜介監督『ハッピーアワー』の劇場公開から 1 年目。

12 月 10 日(土)よりポレポレ東中野ほか、大阪はシネ・ヌーヴォ、神戸は元町映画館、京都は立誠シネマという関西含め全 4 館で濱口竜介監督特集上映の開催が決定しました!!

%e6%bf%b1%e5%8f%a3%e7%ab%9c%e4%bb%8b%e7%9b%a3%e7%9d%a3
『ハッピーアワー』は演技経験のない 4 人の女性たちを主演に迎え、第 68 回ロカルノ国際映画祭インターナショナル部門で最優秀女優賞及び脚本スペシャル・メンションが授与され話題となった作品です。その後も各国の国際映画際で受賞が続き、2015 年 12 月の劇場公開時には連日満席となる盛況ぶりでした。濱口竜介監督の類い稀なる作品制作の手法や実績は世界中で高く評価され、現在でも国内外数多くの映画祭で上映が続いているだけでなく、ニューヨーク近代美術館(MoMA)での公開時は最終日に満席となる快挙を成し遂げました。

映画情報どっとこむ ralph 今回の特集上映では“不思議なほど現実感に満ちたキャラクター”が登場する濱口作品に着目し、『ハッピーアワー』を 初め、関東圏では初の劇場上映となる新作短編『天国はまだ遠い』もラインナップしております。こちらは、岡部尚、小川あん、玄理を主演に迎え、これまでの濱口監督のテイストを凝縮した 38 分間の作品です。

%e5%a4%a9%e5%9b%bd%e3%81%af%e3%81%be%e3%81%a0%e9%81%a0%e3%81%84
また、『ハッピーアワー』制作に至るまでの濱口竜介の軌跡を辿るように、学生時代から制作してきた作品を含め過去作品もご覧いただける機会となります。既に根強いファンを持つ濱口竜介監督ですが、『ハッピーアワー』で初めて“濱口竜介”を知った人にも楽しんでいただける内容です。

特集上映の予告編、全ラインナップは次回お知らせで。

12 月 10 日(土)よりポレポレ東中野ほか 大阪/シネ・ヌーヴォ(12/17~)、神戸/元町映画館(12/24~)、京都/立誠シネマ(12/24~) 東京・関西 4 館にて開催決定!

公式 HP:
hamaguchi.fictive.jp
Twitter:
@Hamaryu_PS

映画情報どっとこむ ralph 濱口竜介(はまぐちりゅうすけ):1978 年、神奈川県生。2008 年、東京藝術大学大学院映像研究科の修了製作『PASSION』が国内外の映画祭で高い評価を得る。その後も日韓共同製作『THE DEPTHS』( 2010)、東日本大震災の被災者へのインタビューから成る映画『なみのおと』『なみのこえ』、東北地方の民話の記録『うたうひと』(2011~2013/共同監督:酒井耕)、4 時間を超える長編『親密さ』(2012)を監督。地域やジャンルをまたいだ精力的な制作活動を続けている。

© 2015 KWCP 10
***********************************