「独立映画鍋」タグアーカイブ

「独立映画鍋」として初の関西でのシンポジウム決定!立命館大学と共同開催!


映画情報どっとこむ ralph NPO法人「独立映画鍋」として初の関西でのシンポジウムを企画いたしました。立命館大学と共同で1/27(土)に京都文化博物館で開催決定!


テーマは「地方で映画を作ること、上映すること」です。


“人材・情報・資金“が東京に一極集中している日本の映画業界の状況を、地方在住の映画作家はどう捉えているのか。なぜ地方で映画を作り続けるのか?動員力の弱体化という壁に直面しているミニシアターの館主はどう活路を見出すのか?

…といった課題を、地方在住の映画クリエイターと京阪神のミニシアター館主らの視点で、今後の可能性を探ります。


■特設ウェブサイト
http://eiganabe.net/kyoto/

映画情報どっとこむ ralph ■立命館大学映像学部創立10周年記念事業
「地域から次世代映画を考える:制作者の視点、上映者の視点」


『危機感』
現在、日本映画の公開本数は15年前の2倍、およそ600本を数える。これは50年代の最盛期を上回る数字で、その多くはいわゆるインディペンデント映画。低予算映画がその大半を占める。


こうした作品の受け皿になってきたのがミニシアターだがし、近年、地方のミニシアターにおけるインディペンデント作品の動員力の弱体化は、すでに興行としてはなりたたないレベルにまで達している。


一方で、国内外で高く評価された『野火』(塚本晋也監督、2015年)、『ハッピーアワー』(濱口竜介監督、2015年)、『淵に立つ』(深田晃司監督、2016年)など、芸術的成果を生み出している。日本映画の裾野を広げられるかどうかは、こうした自律的自発的な創造性に頼っている。


地方のミニシアターにも、これからの映画を担っていく若手作品を応援したい思いがある一方で、溢れかえるインディペンデント作品の上映がミニシアターそのものを圧迫することにもなりかねない。


そこで、今回の上映・シンポジウム企画では、第1部で「映画の制作側の視点」から、映画に関わる人材・情報・資金が一極集中する東京から遠く離れて、地方で映画づくりを続けていくことの意義を問い、第2部で「上映側の視点」から、京阪神のミニシアターの取り組みを事例に、これからのインディペンデント映画の上映環境を考える。

映画情報どっとこむ ralph 【スケジュール】

2018年1月27日(土)

会場:京都府京都文化博物館

13:30 第1部「映画はどこでもつくれる!か? ~地方で映画を作るわけ~」関連上映
『右にミナト、左にヘイワ。』(40分)+『しまこと小豆島』(18分)

14:40 『茜色の約束 サンバ do 金魚』(96分)

16:30 シンポジウム第1部「映画はどこでもつくれる!か?~地方で映画を作るわけ~」
(内容)
日本の映画業界は“人材・情報・資金“が東京に一極集中している。この状況を、地方在住の映画作家はどう捉えているのか。なぜ地方で映画を作り続けるのか?
銀行員、ゲストハウス&カフェ経営など、多様なライフスタイルの中で映画を作り続ける地方在住の監督たちの取り組みを例に、地方で映画を作ることの意義や課題を探り、活路を見出していく。

18:00 シンポジウム第2部「京阪神ミニシアターの現状とインディペンデント映画上映スキーム」
(内容)
ミニシアターの館主たちとともに、地方の映画館における動員力の弱体化という課題を共有する。学生が500円で映画を観られる企画などを実施してきた京阪神のミニシアターの取り組みを事例に、地域文化の担い手の方々を招き、京阪神におけるインディペンデント映画の上映環境を検討しながら、今後の共同事業の可能性を模索する。

19:30 終了予定


【入場料】
一般/映画鍋会員500円 大学生400円 高校生以下無料
※京都府京都文化博物館の総合展示入場料で鑑賞できます。


【会場】
京都府京都文化博物館
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
TEL:075-222-0888


●地下鉄「烏丸御池」駅下車、5番出口から三条通を東へ徒歩約3分
●阪急「烏丸」駅下車、16番出口から高倉通を北へ徒歩約7分
●京阪「三条」駅下車、6番出口から三条通を西へ徒歩約15分
●市バス「堺町御池」下車、徒歩約2分
●JR・近鉄「京都」駅から地下鉄へ


【主催】立命館大学映像学部、京都府京都文化博物館、NPO法人独立映画鍋、関西次世代映画ショーケース実行委員会


【問い合わせ】
立命館大学映像学部 075-465-1990

***********************************



独立映画鍋 × 第18回東京フィルメックス『インディペンデント映画ってなんだ!?』


映画情報どっとこむ ralph 昨今デジタル技術の進歩によって、インディペンデント映画の制作本数は飛躍的に増加しました。

しかし、改めて“インディペンデント映画ってなんだ!?”と問われた時に、どれだけの人が明確な答えを持ち合わせているでしょうか?もしその定義が国や時代、置かれた立場によって異なるのならば、現代のアジア諸国における“インディペンデント映画”とは何なのか?

日本とアジアの監督の目線から、インディペンデント映画の”いま“を問い直すトークイベントを開催します。第一部では昨年の東京フィルメックスのコンペティションに入選した日本で活動する監督を、第二部では今年の東京フィルメックスに参加するアジアで活動する監督を迎え、自国の課題と展望を語ります。第三部では日本とアジアを相対化しつつ、現代のアジアインディペンデント映画の可能性を探っていきます。
料金:一般1000円 / 映画鍋会員500円 /定員190名・予約不要・先着順

会場候補:東京国際フォーラムガラス棟G7F・G701室 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

開催日時:11/18(土) 13:20開場/13:45 START (16:30時終了)

【総合司会】土屋豊:映画監督/独立映画鍋共同代表/ビデオアクト主宰

映画情報どっとこむ ralph <パート1:日本の監督から>13:45〜14:35

【ゲスト】
内田伸輝:2010年『ふゆの獣』東京フィルメックス最優秀作品賞を受賞、ロッテルダム、香港、サンセバスチャンなど国内外の映画祭で上映。2012年長編映画『おだやかな日常』は釜山、東京フィルメックス、ロッテルダム、テッサロニキ他、カナリア諸島地球環境映画祭2014にて最優秀作品賞。2013年『さまよう獣』全国劇場公開。最新作は『ぼくらの亡命』東京フィルメックス、サハリン国際映画祭で上映、全国劇場公開中。

庭月野議啓:1981年生まれ。北九州出身。九州芸術工科大学にて映画を撮り始め、九州大学芸術工学府卒業後に上京、フリーランス・ディレクターとして活動を始める。実写ドラマだけでなく、MVやアニメなど多様な作品の演出を手がけ、2010年には短編映画『イチゴジャム』がPFFアワードを始めとする様々な映画祭に入選。この度4年の歳月をかけて完成させた自主制作時代劇『仁光の受難』(2016)は、自身の長篇デビュー作となる。

【聞き手】
深田晃司:映画監督/独立映画鍋共同代表

映画情報どっとこむ ralph <パート2:アジアの監督から>14:45〜15:45

【ゲスト】
エレン・キム(韓国):日仏韓合作映画『涙女』プロデュース。韓国芸術総合学校で教職、2016年から富川国際ファンタステクィック映画祭のチーフプログラマー。本年の東京フィルメックス審査委員。

五十嵐耕平:1983年静岡生まれ。東京造形大学在学中に制作した映画『夜来風雨の声』が Cinema DigitalSeoul Film Festivalに出品し、韓国批評家賞を受賞。2014年、東京藝術大学大学院映像研究科にて制作した修了作品『息を殺して』は第67回ロカルノ国際映画祭新鋭監督部門に出品されたのち全国劇場公開。2017年、ダミアン・マニヴェルと共同監督した新作『泳ぎすぎた夜』は第74回ヴェネチア国際映画祭に正式出品された。

【聞き手】
市山尚三:㈱オフィス北野に在籍。「東京フィルメックス」プログラム・ディレクター。映画プロデューサーとして、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督作品や、賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督作品など多くのアジア映画を手がける。


<パート3:全員でディスカッション>15:45〜16:30

【ゲスト】
パート1&パート2のゲストが参加。


***********************************



独立映画鍋講座vol.35 「インディペンデント映画の脚本ってなんだ?」開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 土屋豊監督、深田晃司監督が理事!
独立映画鍋講座vol.35 「インディペンデント映画の脚本ってなんだ?」が9月6日(水)に開催されます。

今回は、日本映画界の第一線で脚本家として活躍している3人()をお招きし、参考作品3本を中心に「よい映画の脚本とはなにか?」をテーマとして、アプローチと方法論を伺い、船橋淳監督の司会で徹底討論していきます。
司会の船橋さんからコメントが届いています。

船橋さん:映画作家の舩橋淳です。僕が、長らく挑戦したいと思ってきた「映画の脚本」についてのシンポジウムを開催します。日米で映画を8本撮ってきましたが、毎度痛感するのが脚本の重要性です。かつて日本映画の黄金期には、脚本家の活躍の場が多々ありました。現在、インディペンデント映画の制作現場では、予算の制限、監督が脚本を書くことの習慣化など、さまざまな理由から脚本へのレスペクトが「ガタ落ち」していると危機感を持っています。僕自身は、作品を撮る度に脚本に充てるエネルギーと時間をもっと割くべきだと実感しています。映画の設計図は全てここにこそあり、と熱を込めて語る方々をお招きします。

映画情報どっとこむ ralph 【開催情報】
鍋講座 Vol. 35 「インディペンデント映画の脚本ってなんだ?」


日時:2017年9月6日(水) 18:30 OPEN/ 19:00 START
会場:下北沢アレイホール 東京都世田谷区北沢2-24-8 下北沢アレイビル 3F
料金:一般1,000円 独立映画鍋会員は無料
主催:特定非営利活動法人独立映画鍋/協力:下北沢アレイホール
*予約の必要はありませんので、直接会場にお越し下さい。混雑状況によっては、立ち見や入場をお断りする場合もございます事を予めご了承下さい。

司会:舩橋淳(映画作家)東京大学卒業後,ニューヨークで映画製作を学ぶ。処女作の16ミリ作品『echoes』(2001)アノネー国際映画祭で審査員特別賞・観客賞を受賞。『Big River』(2006)ベルリン、釜山等の映画祭でプレミア上映。アルツハイマー病に関するドキュメンタリーで米テリー賞を受賞(2005)。ドキュメンタリー「フタバから遠く離れて」(2012)ベルリン国際映画祭で上映、音楽担当の坂本龍一と登壇。劇映画『桜並木の満開の下に』(2013年)「フタバから遠く離れて 第二部」5作連続ベルリン国際映画祭正式招待。新作「LOVERS ON BORDERS」(映画史上初の葡日米共同制作)公開待機中。
司会:舩橋淳(映画作家)
ゲスト(脚本家):高橋泉、向井康介、髙橋洋

映画情報どっとこむ ralph 司会:プロファイル

司会:舩橋淳(映画作家)東京大学卒業後,ニューヨークで映画製作を学ぶ。処女作の16ミリ作品『echoes』(2001)アノネー国際映画祭で審査員特別賞・観客賞を受賞。『Big River』(2006)ベルリン、釜山等の映画祭でプレミア上映。アルツハイマー病に関するドキュメンタリーで米テリー賞を受賞(2005)。ドキュメンタリー「フタバから遠く離れて」(2012)ベルリン国際映画祭で上映、音楽担当の坂本龍一と登壇。劇映画『桜並木の満開の下に』(2013年)「フタバから遠く離れて 第二部」5作連続ベルリン国際映画祭正式招待。新作「LOVERS ON BORDERS」(映画史上初の葡日米共同制作)公開待機中。

ゲストプロファイル

1)高橋泉
1973年生まれ。社会の暗部を照らすサスペンスなど商業映画からインディペンデントまで横断的に活躍している。主な作品『ある朝スウプは』(03)『ソラニン』(09)『100回泣くこと』(13)『凶悪』(13/共同脚本)『フジコ』(15)『ミュージアム』(16/共同脚本)『わにとかげぎす』(17)、公開待機作に『トリガール!』(17)『坂道のアポロン』(18)

参考作品:
・髙橋泉「フジコ」(全6話、HULU/AMAZONビデオで視聴可能 特に第一話を見てください!)

2)向井康介
1977年生まれ。山下敦弘監督作品の脚本を多く手がけ、ユーモアと何気ない感情の機微を描き出す。多な作品『リンダリンダリンダ』(05)『俺たちに明日はないッス』(08)『色即ぜねれいしょん』(08)『マイ・バック・ページ』(11)『もらとりあむタマ子』(13)『ピースオブケイク』(15)『聖の青春』(16)『愚行録』(17)

参考作品:
・向井康介「もらとりあむタマ子」(DVD/AMAZONビデオ/TSUTAYA等で視聴可能)


3)髙橋洋
1959年生まれ。90年代Jホラーを牽引し、単に怖がらせるどころかある濃厚な世界観を構築してしまう。『離婚・恐婚・連婚』で90年に脚本家デビュー。『リング』『リング2』(98、99 )、『リング0 バースデイ』(00 )『女優霊』(95 )、『インフェルノ蹂躙』(97 )、『復讐 運命の訪問者』『蛇の道』(96、98 )、『発狂する唇』『血を吸う宇宙』(99、01 )、『おろち』(08 ) 『予兆 散歩する侵略者』(17)、
監督作『ソドムの市』(04)『狂気の海』(07)『恐怖』(09)『旧支配者のキャロル』(12 )監督最新作は来年春公開の『霊的ボリシェヴィキ』。

参考作品:
・髙橋洋「リング」(DVD/AMAZONビデオ/TSUTAYA等で視聴可能)

映画情報どっとこむ ralph 独立映画鍋は、年間を通して新メンバーを募集しています。
映画を作る人、上映する人、見る人まで、誰でもメンバーになれます。普段の自分の活動領域を越えた、横断的なネットワークに関わってみませんか。映画の多様性を作りだすことは、世界の多様性に触れられる場を提供することです。独立映画の製作と上映活動に携わる人々、それを取り巻く環境をサポートするシステムを、独立映画鍋で一緒に作りましょう。

代表理事は、映画の土屋豊監督、深田晃司監督です。
公式web
http://eiganabe.net/ 

***********************************

     







7/26開催 独立映画鍋カンヌ国際映画祭報告会~映画「淵に立つ」


映画情報どっとこむ TJ 独立映画鍋の鍋講座Vol.31『カンヌ国際映画祭報告会~映画「淵に立つ」受賞を受けて』が7月26日に開催となります!


独立映画鍋の共同代表でもある深田晃司監督による新作映画『淵に立つ』が第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞!

深田監督は2006年に制作した『ざくろ屋敷』から、海外映画祭、特にフランスとの関わりが始まり、 『淵に立つ』で受賞に至っています。自主制作からスタートし、映画を作り続けてきた深田監督が、カンヌまでの道のりを報告するとともに、作家にとっての映画祭の役割、そして、受賞スピーチで言及した政策提言についても解説するそうです!

『渕に立つ』カンヌ報告
【鍋講座Vol. 31】カンヌ国際映画祭報告会~映画「淵に立つ」受賞を受けて
ゲスト:深田晃司(映画監督・独立映画鍋共同代表)
聞き手:土屋豊(映画監督・独立映画鍋共同代表)
司 会:伊達浩太朗(映画プロデューサー・独立映画鍋事務局長)

開催日時:2016年7月26日(火)
     19:00~21:00(18:30開場)
会場:ユーロライブ
   渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
   http://eurolive.jp/
参加費:一般 1,000 円 独立映画鍋会員は無料 ※事前予約不要
主催:特定非営利活動法人独立映画鍋
    http://eiganabe.net
    070-5664-8490 (11:00~18:00)
協力:「淵に立つ」製作委員会/マジックアワー

***********************************