「犬童一心」タグアーカイブ

星野源“引っ越し”に困り顔!高橋一生、高畑充希『引っ越し大名!』ビジュアル&特報映像も初披露!


映画情報どっとこむ ralph 土橋章宏の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」を犬童一心監督で映画化される『引っ越し大名!』が8月30日(金)に全国公開となります。

そしてこの度、本作のティザービジュアルと初めての映像となる特報が解禁となります!

ビジュアルは縁起の良い紅白を背景とした2種で験担ぎ!

片面には、周囲からは「かたつむり」と呼ばれ、本ばかり読んでいる書庫番の片桐春之介(星野)が引っ越し奉行という大役に任命され、「頭を抱える」表情が写し出されています。
そしてもう片面では、春之介の幼馴染であり武芸の達人・鷹村源右衛門の高橋一生、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭を演じる高畑充希の2人のビジュアルを初公開!
本作が時代劇映画初出演となる3人が困り顔、晴れやかな笑顔、心配そうな顔と、各々が演じるキャラクターの性格を表現しながら、力を合わせて城ごと引っ越しプロジェクトに臨む姿をポップに描いています。

映画情報どっとこむ ralph 特報では、<人数:10,000人、移動距離:600km、予算:なし?>のテロップとともに、参勤交代よりも厳しいとされる本作のテーマ・国替え(引っ越し)という超難関プロジェクトに挑む春之介たち藩士の活躍が、コミカルかつスピーディーな映像で映し出されています。普通に取り組んでは絶対に不可能なこのプロジェクトで、 「ひとつ思いつきました!」と語る春之介。一体どのような知恵と工夫とひらめきで、次々に降りかかる難題をクリアし、この難局を乗り切るのか!鷹村源右衛門、於蘭といった個性豊かな姫路藩士たちとともに、無事にこの壮大な引っ越しを成し遂げることができるのか!春之介の「かかれぃ!」という掛け声とともに、今、引っ越しが始まります!



映画情報どっとこむ ralph 本作のテーマは“引っ越し”!(国替え)。
すべての藩士とその家族全員で引っ越さなければならないため、参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題です。そんな引っ越しを幕府から生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)。その大名のエピソードを基に、お国の一大事を救うため、星野源演じる引きこもり侍の主人公・片桐春之介を含む姫路藩の藩士たちがあらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうと奮闘する、汗と努力と涙と笑いの物語です。

『引っ越し大名!』

公式サイト:
http://hikkoshi-movie.jp 

公式Twitter:
@hikkoshi_movie

***********************************


出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
監督:犬童一心
配給:松竹
ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会


前川清と満島ひかり、吉永小百合の家族役『最高の人生の見つけ方』


映画情報どっとこむ ralph ジャック・ニコルソン&モーガン・フリーマンの二大アカデミー俳優が主演、余命6ヶ月の二人の男が、棺おけに 入る前にやっておきたいことを記した《棺おけリスト》を携えて、生涯最後の冒険旅行に出るハートフル・ストーリー『最高の人生の見つけ方』。

それから12年、この感動の物語を原案に、平成から新しい元号に切り替わる2019年の今、設定を女性二人として新たに生まれ変わる!
主演は吉永小百合、共演に天海祐希という日本映画界珠玉の大女優二人を迎えて本企画が映画化となります。

人生のほとんどを“家庭”に捧げてきた<大真面目な主婦>と、人生のほとんどを“仕事”に捧げてきた<大金持ちの女社長>。

価値観が絶対的に違う、出会うはずのない二人が病院で出会った。
余命宣告を受けた二人がたまたま手にした、同じ病院に入院する12歳の少女の【死ぬまでにやりたいことリスト】。二人はこのリストすべてを実行するというありえない決断をする――今までの自分だったら絶対にやらないことも、自らの殻を破って初体験。そうすることで今まで気づかなかった“生きる楽しさ”と“幸せ”に出会えた二人には、ある奇跡が待っていた。いくつになっても、どんなことがあっても、自分自身の人生は幸せに変えられる。『最高の人生の見つけ方』は、観れば必ずハッピーになれる《チェンジャブルムービー》だ!

映画情報どっとこむ ralph このたび吉永小百合演じる主人公の主婦・北原幸枝の夫・孝道役を前川清さん、そして幸枝の娘・美春役を満島ひかりさんが演じることが発表された。

前川さんがさん演じるのは、妻の幸枝が癌になったことも知らず、家事も任せっぱなし、家ではいつもゴロゴロしていてだらしない生活を送る夫の孝道。吉永さんとはこれまでに歌番組などで共演歴があるものの、映画では本作が初共演。しかも吉永からのご指名。

前川清さん/北原孝道(幸枝の夫)コメント

昨年に歌手生活50周年を迎えましたが、まさか映画で吉永さんの夫を演じる日がくるとは、夢にも思いませんでした。吉永さんにご指名いただけたことは、本当に光栄なことです。孝道を演じることはチャレンジでしたが、満島さんという才能ある可愛い娘もできて、居心地のいい北原家でした。有名な俳優さんを目の前にして、まるで映画を観ているような日々でした(笑)



満島さんが演じるのは幸枝の長女、美春。美春は女性誌で働くキャリアウーマンでしっかり者のため、幸枝から家のことをお願いされるものの、孝道たち家族の面倒は見られないと憤るという役どころだ。吉永さんとは『北のカナリアたち』以来の7年ぶり2回目の共演

満島ひかりさん/北原美春(幸枝の長女)コメント

ますます吉永小百合さんを好きになり、ますます前川清さんのファンになりました。おふたりの娘でいられた私は、幸せ者です。上手に言えませんが、とても大切な日々でした。今までにない気持ちを、撮影現場でたくさん見つけた感じがしています。

映画情報どっとこむ ralph 今年1月から撮影がスタートし無事にクランクアップを迎えた本作。吉永、そして天海をはじめ最高のキャスト&スタッフで贈る新たな『最高の人生の見つけ方』にぜひ今後もご期待ください。

映画『最高の人生の見つけ方』

今秋全国ロードショー

公式サイト:
http://saikonojinsei.com

公式Twitter:
@saikonojinsei_ 

ハッシュタグ:
#最高の人生の見つけ方


***********************************


出演:吉永小百合、天海祐希、満島ひかり、前川清
監督:犬童一心
アダプテーション脚本:浅野妙子、小岩井宏悦、犬童一心

原案:「最高の人生の見つけ方」ジャスティン・ザッカム著
製作:「最高の人生の見つけ方」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会


星野源1月28日誕生日に合わせ『引っ越し大名!』場面写真を解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『超高速!参勤交代』シリーズで、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し、大ヒットを収めた土橋章宏の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」。

この度、主演・星野源、共演に高橋一生、高畑充希を迎え、『のぼうの城』を手掛けた犬童一心が監督を務め映画化される『引っ越し大名!』が8月30日に全国公開。

本作 のテーマはなんと“引っ越し”!参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題の国替え(引っ越し)を生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)。そんな大名のエピソードを基に、引っ越しをせねばならないお国の一大事を救うため、姫路藩の藩士たちがあらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうと奮闘する、汗と努力と涙と笑いの物語です。

そしてこの度、主人公・片桐春之介を演じる星野源の誕生日1月28日にあわせ、侍姿の星野を捉えた場面写真を初解禁!
本作の主人公である姫路藩書庫番の片桐春之介は、周囲から「かたつむり」と呼ばれていますが、その理由は彼が人と話すのが苦手でいつも書庫にこもって本ばかり読んでいる引きこもり侍だから。この度、初解禁された写真にも大量の本に囲まれた春之介が、幸せそうな笑みを浮かべながら読書する姿が写されています。しかし、大好きな本に囲まれて過ごす彼の平穏な生活は、藩主の松平直矩(なおのり)に言い渡された国替えというお国最大のピンチに<引っ越し奉行>として白羽の矢が立ったことで突然終わりを告げることに…!藩まるごとの引っ越しの方法など皆目見当つかないうえに、前任の引っ越し奉行はあまりの激務が原因ですでに亡くなっており、様々な無理難題に怖気づく春之介。しかし、幼馴染であり武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)や前任の引っ越し奉行の娘・於蘭(高畑充希)など、まわりの人々の助けを借りながら引っ越しの準備が徐々に整っていきます。気弱で引きこもり侍と言われていた春之介が、引っ越しを通して成長していく姿はまさに痛快!俳優・音楽家・文筆家と多彩なジャンルで才能を発揮する星野源が、誰もが応援したくなる春之介を魅力たっぷりに、生き生きと演じる様子も必見です!

映画情報どっとこむ ralph 『引っ越し大名!』

8月30日(金)全国公開です。

公式サイト:
http://hikkoshi-movie.jp

公式Twitter:
@hikkoshi_movie

引っ越しは・・・戦でござる!
姫路藩書庫番の片桐春之介(星野源)は、人と話すのが苦手で、いつも書庫にこもりっきりで、周囲から「かたつむり」とあだ名される引きこもり侍。あるとき、藩主の松平直矩(なおのり)は、幕府から国替え(引っ越し)を言い渡される。行先は遠く離れた豊後(大分県)の日田。
藩まるごと1万人の引っ越しという、参勤交代をはるかに上回る費用と労力が必要な一大事業。これを成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕にかかっている。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識があるだろうと、春之介に白羽の矢が立つことに。

国替えの減封による人減らし。無理難題とも言える大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)の説得もあり、嫌々引き受ける羽目になる。しかし、引っ越しの経験がない春之介は、どこから手をつけて良いか見当がつかない。そこで、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りることに。こうして源右衛門たち仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指南に助けられて引っ越しの準備が始まった!与えられた期限は3か月!

果たして春之介はこの一世一代の大仕事を知恵と工夫で無事に成し遂げ国を救うことができるのだろうか?!


***********************************


出演:星野源 高橋一生 高畑充希
原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
監督:犬童一心
配給:松竹 
2019「引っ越し大名!」製作委員会


星野源 x 高橋一生 x 高畑充希 映画『引っ越し大名!』 正式タイトル&公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 『超高速!参勤交代』シリーズで、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し、大ヒットを収めた土橋章宏原作の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」。

この度、主演・星野源、共演に高橋一生、高畑充希を迎え、『のぼうの城』を手掛けた犬童一心が監督を手掛けて映画化される、本作の正式タイトルが「引っ越し大名!」となり、2019年8月30日に全国公開することが決定いたしました!
本作の題材は、なんと“引っ越し”!!生涯に7回もの国替え(引っ越し)を命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)をモデルに、参勤交代をはるかに上回る莫大な費用がかかる無理難題の引っ越しをせねばならないお国の一大事を救うため、あらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうとする姫路藩の藩士たちの汗と努力と涙と笑いの物語です。

映画情報どっとこむ ralph 主人公の書庫番で引っ越し奉行・片桐春之介を演じるのは、俳優・音楽家・文筆家といくつもの顔を持ち、各ジャンルで類まれな才能を発揮して大活躍中の星野源。気弱でコミュ障に見えながらも、持ち前の知恵を生かして成長していく春之介を演じます。

春之介の幼馴染で、春之介を引っ越し奉行に推薦する御刀番・鷹村源右衛門役には、高橋一生。腕っぷしの強さと豪傑さで春之介を支える相棒としての役割を担います。

そして、前任の引っ越し奉行・板倉の娘で父親から受け継いだ引っ越しのコツを春之介に指南する於蘭(おらん)役に、高畑充希。

気丈でしっかりものの娘として、春之介をサポートして引っ越しを仕切っていきます。本作が3人にとって時代劇映画初出演&初共演となります。

監督には、大ヒット作『のぼうの城』で豊臣秀吉に立ち向かった500人の軍勢を圧倒的なスケールとユーモラスな人物像で描き注目を集めた犬童一心監督。エンタメ作品から繊細な人間ドラマまで幅広く手掛ける日本映画界の名手が、笑いと人情味に溢れた痛快ドラマとして描いています。

映画情報どっとこむ ralph 『超高速!参勤交代』の脚本家と制作陣が贈る痛快エンタテインメント時代劇『引っ越し大名!』にぜひご期待ください!

引っ越し大名!

2019年8月30日(金)全国公開です!

公式サイト:
http://hikkoshi-movie.jp

公式Twitter:
@hikkoshi_movie


***********************************

出演:星野源 高橋一生 高畑充希

原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
監督:犬童一心

配給:松竹




沢尻エリカ 中国映画にも出たい!第21回上海国際映画祭『猫は抱くもの』舞台挨拶で!


映画情報どっとこむ ralph 『猫は抱くもの』が、いよいよ6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となります。

この度、本作が、第21回上海国際映画祭のコンペティション部門に選出され、上映日である本日(6月21日)、主演の沢尻エリカと、犬童監督が、急遽上海に飛び、満席の観客(1200人)の前での舞台挨拶と、メディアの数が50を越える報道陣が詰めかけた記者会見に臨みました。

日時: 6月21日(木)
<本編上映後 舞台挨拶>17:35 〜 17:55 
<記者会見>18:05 〜 19:00
場所:
<本編上映・舞台挨拶>
Shanghai Film Art Center HALL 1 
<記者会見>
Crowne Plaza Hotel
登壇: 沢尻エリカ、犬童一心監督

映画情報どっとこむ ralph 【Shanghai Film Art Center HALL 1内のレッドカーペット及び映画祭パネル前】

舞台挨拶を前に、レッドカーペットを歩いた沢尻エリカさんと犬童一心監督。
登場するやファンクラブのメンバーや現地のファンも大勢詰めかけ200名を越す人だかりができ熱烈な歓声の中、沢尻と監督が登場した。中には5時間かけてきたファンも。
『猫は抱くもの』が上映される「Shanghai Film Art Center HALL 1」の中に敷かれたレッドカーペットの先にある上海国際映画祭のパネルの前に立ち、二人はサイン。
そのあと花束をもらい

沢尻さん:シェイシェイ、ありがとう

と終始笑顔でコメントしていました。

映画情報どっとこむ ralph 【本編上映後 舞台挨拶 @ Shanghai Film Art Center HALL 1】

1200人もの観客でソールドアウトとなった本編上映後に、上海国際映画祭にふさわしい、華やかなGUCCIのドレスをまとった沢尻が登場すると、会場からは、割れんばかりの拍手と歓声が鳴り響いた。というのも、中国国内でもテレビドラマ『1リットルの涙』がテレビ放映されており、それを機に沢尻は、高い知名度と人気を得ている。会場にも沢尻の中国でのファンクラブ“沢尻会”(現在約9000名ほど。2008年発足)の多くのファンたちが詰めかけていた。沢尻と犬童監督が登場すると大歓迎を受けた!

犬童監督:素晴らしい大きな劇場で自分の作品が上映されることがすごく嬉しいです。一緒に見たかったです。こんな大きなスクリーンで見ることはもうないと思うので。


Q.監督は以前猫の映画を撮られていますが、監督自身猫がお好きなのですか

犬童監督:そうです。僕は家に2匹猫を飼っていて、この映画で吉沢亮さんが演じているロシアンブルーの良男の演技に対して、
家で飼っている猫の動きや性格を伝えました。

Q.ロシアンブルーの猫を主役にしたのは何故ですか

犬童監督:原作の小説でもロシアンブルーが主役で、それでロシアンブルーで演技のできる猫を探しました。

Q.この作品は沢尻さん6年ぶりの主演作ですが、上海国際映画祭で上映された感想を聞かせて頂けますか。

沢尻さん:6年ぶりの主演映画で、すごく自分の気に入った作品になりました。
その映画が海外で上映されることになって嬉しいです。

Q. 猫に対する自分の想いや感想をお聞かせ下さい

沢尻さん:この映画がきっかけでこの良男を家で引き取って、家では「グリグリ」と呼んでいるんですけど、
凄く素敵な子で、家族の一員になって、もともと家は犬を二匹飼っていてこれで猫が一匹来て、
本当に賑やかな家になっておかげで楽しく過ごしてます。

Q. 作品の中ではすごい吉沢さんと触れ合うシーンが多いんですけど、そのときは恥ずかしいとか思いました?

沢尻さん:ちょっと恥ずかしかったです(笑)あまりにも近いので、最初はすごい照れ臭かったんですけど(吉沢さんが)
人間だってことを忘れて、吉沢さんが本当に猫っぽく演じてくれたので、猫だと思って可愛がりました。
「1リットルの涙」のときからのファンです。シェイシェイ。嬉しい、ありがとう。

Q. 中国の観客の情熱をさっき感じられたと思いますが、これから中国進出とか、そういう考えはありますか

沢尻さん:正直(進出)したいです! 中国映画はスケールも大きいし、見ていて本当に凄いなあと思うことがたくさんありますので。
そういう作品に関わることができたら、私も嬉しいなあと思いますし、(出るときは)中国語を勉強したいと思います。


映画情報どっとこむ ralph 実は、沢尻は新作の撮影の真っ只中でスケジュールはビッシリ。
当初は映画祭の参加は全く予定されていなかった。しかし、沢尻の強い希望もあり、至難のスケジュール調整を経ての渡航となったため、今回は日帰り、わずか9時間の中国滞在!

帰国の便の時刻が迫り、記者会見も泣く泣くの中座となった。

沢尻さん:ファンの皆様との距離がすごく近くて、とてもうれしい気持ちになりました。また上海に来られるように頑張りたいと思います」という言葉を残して再び機上の人に。日帰りという弾丸トラベルとなった今回の映画祭参加だったが、沢尻も犬童監督も大満足の時間となった。

そして、日本映画として最高賞の「金爵賞」を受賞すれば、2005年『村の写真集』(監督:三原光尋)以来の快挙となる。注目の金爵賞は6月24日(日)の夜に開催される閉幕式で発表される。


『猫は抱くもの』

nekodaku.jp

こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれる―

思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。
うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

***********************************

監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮
音楽:水曜日のカンパネラ

沢尻エリカ / 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了

藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠 / 伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人

企画製作・配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分
©2018「猫は抱くもの」製作委員会