「片渕須直」タグアーカイブ

<しみじみと美しい「文学」である>映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』各界から豪華コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph アニメーション映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』が、9月28日(土)より岩波ホールほか全国順次公開となります。

黒猫リリース_エセルとアーネスト[1] 絵本作家レイモンド・ブリッグズが自身の両親を描いた感涙必至の大人のためのアニメーション。

イギリス版『この世界の片隅に』と感動を呼んだ話題作に、絶賛コメントが続々と到着!!

『スノーマン』『風が吹くとき』などでイギリス人なら知らない人はいない国民的絵本作家レイモンド・ブリッグズが、自身の両親の人生を愛情込めて描いた原作を映画化。1928年、ロンドン。牛乳配達のアーネストとメイドのエセルが恋に落ち、結婚。戦争を乗り越え、戦後の新しい時代を生き、ふたりが世を去る1971年までを感動的に描くとともに、激動の20世紀を生きた市井の人々の歴史が浮かび上がる大人のためのアニメーション映画です。
『エセルとアーネスト ふたりの物語』 『エセルとアーネスト ふたりの物語』 『エセルとアーネスト ふたりの物語』 『エセルとアーネスト ふたりの物語』
映画情報どっとこむ ralph この度、劇場用長編「太陽の王子ホルスの大冒険」「パンダコパンダ」やTVの名作「アルプスの少女ハイジ」のキャラクターデザインを務めた伝説のアニメーター、作画監督である小田部羊一さん、『この世界の片隅に』の片渕須直さん、イギリスについての著書でも知られる作家・国文学者の林望さん、タシャ・チューダーの絵本を日本に紹介した編集者として知られる末盛千枝子さんなど、一足早く本作をご覧いただいた各界の方々より、絶賛コメントが届きました。


敬称略・順不同

片渕須直 (アニメーション監督『この世界の片隅に』)
『この世界の片隅に』のすずさんたちと同じ頃、別の国に住んでいた夫婦のお話です。戦時中に布が足らなければ、「だからスカートは短くしましょう」と反対のことをやっていたり。違うところも、でも、同じところも。世界のもうひとつの片隅が見えました。

小田部羊一 (アニメーター)
温もりのある、あのレイモンド・ブリッグズの絵が人生というものを見せてくれます。第二次世界大戦をはさんだ時代と生活。恋や子育て、戦時下の現実、老いて死ぬことまで。淡々とありのままを描いて、しかもずしんと重い、冷徹さと温かさ。

末盛千枝子 (絵本編集者)
あれだけの絵本作家が、自分の両親のごく平凡な庶民の人生をこのように描き切ったということに感動しました。

林 望 (作家・国文学者)
ふつうの人生が、淡々とリアルに描かれていく。絵も心も、しみじみと美しい「文学」である。何度も涙が出た。

ピーター・バラカン (ブロードキャスター)
とても素敵な映画でした。淡々と描いているけど、親への愛情が漂っています。だからイギリスのちょっと昔の話であっても、日本人が見ても共感できると思います。

志茂田景樹 (作家・読み聞かせ隊隊長)
終戦の年、僕は5歳。東京郊外の空はすでに戦場だった。僕は両親にエセルとアーネストを重ねていた。わが子を守り必死に生きる2人の命は美しく輝いていた。

クリス-ウェブ 佳子 (モデル/コラムニスト)
これは普遍的な人間ドラマなんかじゃない。だって「普通の家族」が、「普通じゃない時代」を生きようとしたんだから。

石川直樹 (写真家)
遠い場所、ちょっと昔、自分たちとすれ違うことすらなかった見知らぬ家族の話なのに、他人事とは思えない。ぼくたちは彼らで、彼らはぼくたちそのものだ。

豊田エリー (女優)
この映画を一番に薦めたいのは両親です。楽しいだけでなく切ない部分もありますが、一緒に観たいし、きっと観たいと言ってくれると思います。

映画情報どっとこむ ralph 映画『エセルとアーネスト ふたりの物語

9月28日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー!

公式サイト:
https://child-film.com/ethelandernest


物語・・・
激動の時代を懸命に生きた、ごく普通の夫婦の40年にわたる心暖まる本当の物語。
1928年ロンドン。牛乳配達のアーネストとメイドのエセルは恋に落ち、結婚。最愛の息子が誕生し、第二次世界大戦、戦後の発展と時代の変化、そして静かに忍び寄る老い・・・しかしいつもエセルの横にはアーネストがいた。激動の20世紀を生きた庶民の歴史を、暖かなまなざしで描いた感動の物語。

***********************************

監督:ロジャー・メインウッド
原作:レイモンド・ブリッグズ(バベルプレス刊)
音楽:カール・デイヴィス 

エンディング曲:ポール・マッカートニー 
声の出演:ブレンダ・ブレッシン/ジム・ブロードベント/ルーク・トレッダウェイ

原題:Ethel & Ernest 2016年/94分/カラー/ドルビー・デジタル/ヴィスタサイズ/イギリス・ルクセンブルク/日本語字幕:斎藤敦子
後援:ブリティッシュ・カウンシル
配給:チャイルド・フィルム/ムヴィオラ
© Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A., The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

宝塚大学『この世界の片隅に』片渕須直監督 講演実施発表!


映画情報どっとこむ ralph 宝塚大学東京メディア芸術学部では、5/28(日)に春のオープンキャンパスを開催し、アニメーション映画『この世界の片隅に』『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直監督講演を実施することが発表となりました!
講演では、片渕監督の学生時代からのエピソードや、アニメーションのもつ魅力や若き世代へのメッセージ、アニメーション映画『この世界の片隅に』の制作過程でのエピソードなどについてお話いただきます。

映画情報どっとこむ ralph イベント:片渕須直監督講演

アニメーション映画『この世界の片隅に』がロングランヒット中の片渕須直監督による講演を行います。

片渕監督の学生時代から今日に至るまでのエピソードや、アニメーションのもつ魅力やこれから業界を目指す若き世代へのメッセージ、アニメーション映画「この世界の片隅に」の制作過程でのエピソードなどについてお話いただきます。
講師:片渕 須直 監督

アニメーション映画監督。1960年生まれ。
日大芸術学部映画学科在学中から宮崎駿監督作品『名探偵ホームズ』に脚本家として参加。

2009年には昭和30年代の山口県防府市に暮らす少女・新子の物語を描いた『マイマイ新子と千年の魔法』を監督。2016年、監督・脚本を務めた『この世界の片隅に』が公開された。

申込フォーム
時間:13:30~14:30
応募者多数の場合、先着申込順とさせていただきます。
定員:高校生80名、一般20名

■そのほか主なイベント
大学紹介、領域紹介、マンガ講評会、先輩とのフリートーク・入試相談会・保護者相談、作品展示 など


映画情報どっとこむ ralph 宝塚大学東京メディア芸術学部 春のオープンキャンパス

日時:5月28日(日)
13:00~16:00
※予約不要、入退場自由

会場:宝塚大学 新宿キャンパス
東京都新宿区西新宿7丁目11番1号

告知ページ

< 宝塚大学 東京メディア芸術学部 概要 >
・所在地  :東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
・学部長  :北見隆
・アクセス :JR新宿駅西口から徒歩約5分
・設立   : 2007年4月
・学科   :メディア芸術学科
・領域   :イラストレーション領域、マンガ領域、アニメーション領域、ゲーム領域、メディアデザイン領域

Webサイト

映画情報どっとこむ ralph この世界の片隅に』まだまだ大ヒット公開中!

物語・・・

この世界の片隅にどこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。
すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた。

公式HP:konosekai.jp

***********************************

声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外
監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)

企画:丸山正雄 
監督補・画面構成:浦谷千恵 
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 
製作統括:GENCO 
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『この世界の片隅に』高崎映画祭W受賞 興行収入25億突破!


映画情報どっとこむ ralph 片渕須直監督が6年の歳月をかけて作り上げたアニメーション映画『この世界の片隅に』が絶賛大ヒットロングラン上映中。先週3月25日(土)昨年11月の公開から20週目という記念すべき節目に累計動員190万人超え!興行成績25億円を突破しました!

3月26日(日)に行われた第31回高崎映画祭では、のんさんと片渕須直監督がホリゾント賞をW受賞しました。


のんさんと片淵監督は揃って授賞式に出席し受賞の喜びを語りました。

のんさん:この映画は、たくさんの誠実な人たちの愛情が集まってできた映画だと思っていて、こんなに温かくて素晴らしい作品に関われたことを、心から誇りに思います。皆さんの中でも私の心の中でも、ずーっと大切な映画として残っていくと感じています。

と、込みあげてくる想いを確かめるように丁寧に言葉に紡ぎだしました。

また片渕監督はこのホリゾント賞が“野心的かつ革新的作家性を備え、日本映画界の未来を照らすであろう映画人”に贈られるものであることになぞらえ、

片淵監督:わずか何十分かの映画のために色々な仲間が集まって、大事な絆を築いて。そうやって応援してくれた人との絆が真っ白なホリゾントに画を描くんだろうなと思います。これからもそういう出会いを期待して、信じてやっていきたいと思います。

と感慨深げに語りました。


映画情報どっとこむ ralph 片渕須直監督は公開後、多くファンの気持ちに応えようと精力的に活動を続け、「大ヒット御礼全国舞台挨拶行脚」でこれまで実施した舞台挨拶は70回以上!今後も、4/2【福島】フォーラム福島、4/3【石川】金沢シネモンド、4/7【広島】広島バルト11、呉ポポロと舞台挨拶が決定しています。

海外での配給は、全世界29の国と地域にて決定。 【タイ】2/23~、【メキシコ】3/10~、【アルゼンチン、チリなど南米諸国】3/17~、【香港】3/30~、【イギリス】6月、【ドイツ】7月、【アメリカ】【フランス】9月と順次公開となります。また韓国、シンガポール、ベトナム、インドネシア、マレーシア、ブルネイでも配給が決定います!


映画『この世界の片隅に

全国にて大ヒットロングラン公開中!!
konosekai.jp

映画情報どっとこむ ralph ものがたり・・・

どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

***********************************

声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外

監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)
企画:丸山正雄 
監督補・画面構成:浦谷千恵 
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 
製作統括:GENCO 
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

のん、片渕須直監督「本当に嬉しい」『この世界の片隅に』メキシコでも盛況!


映画情報どっとこむ ralph 片渕須直監督が6年の歳月をかけて作り上げたアニメーション映画『この世界の片隅に』が絶賛上映中。

本作は戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性、すずを描いた珠玉のアニメーション映画です。


今月下旬、片渕須直監督と主演のんさんがメキシコ入りし、現地時間2月23日18時から首都メキシコシティ最大級の映画館Cinemexで行われた海外初プレミア上映に参加しました。

会場には多くの日系企業も招待され、メキシコのメディアも詰めかける盛況ぶり。

片渕須直監督、のんさん、そしてスペイン語の吹き替えですずさんを演じた女優エリカさんらが約30分間に渡るトークショーを実施しました。

片渕監督:この映画はすずさんのドキュメンタリーとして制作しました。けっして遠い昔の話と思わずに、一人の女性の話だと思って観てみてください。そうすると、みなさんの中に小さな幸せが生まれるのではないかなと思います。

と挨拶。観客からは温かい拍手が贈られました。

映画情報どっとこむ ralph その後、広島県と友好提携を結んでいるグアナファト州の都市サラマンカで24日、マリアッチという民族衣装を着たのんさん、片渕監督らが登場。翌25日には同じく、グアナファト州のイラプアトとレオンで着物姿を披露し歓声を浴びました。
映画を観た現地の人々からは「感動して言葉が出ない」「涙が止まらなかった」など熱い声が続出。「こんなアニメーションは初めて見た」という声も多く聞こえました。

エリカさん:すずさんを演じることは、自分の人生にとって大きな学びになりました。まじめで前向きに生きるすずさんのように、過酷な状況においても強くあ
り続け、日々を送れるように頑張らなければならないと思いました。

と話し、すずさんの生き方に共感した様子。メキシコでは、字幕版と吹き替え版の2種類が映画館で楽しめますが、

のんさん:エリカさんはとても素敵な方で、チャーミング。絵を描くのが好きで、私やすずさんとの共通点が多く、ぜひみなさんにスペイン語吹き替え版も見て欲しいと思いました。

と話し、すずさんという一人の女性を通じて、温かな交流が生まれたことも報告。

映画情報どっとこむ ralph 今回のプレミア上映に参加して、

のんさん:メキシコの方の感想を聞き、日本のみなさんと変わらない反応に驚きました。やっぱりこの映画は世界中に届けられるメッセージを持っている素晴らしい作品だと改めて思いました!もっと沢山の人、そしてもっと多くの場所で観ていただきたいと思います。

片渕監督:タンポポの綿毛はメキシコにも。こんなタイプのアニメーション映画は初めて観ただろうメキシコの方々にあたたかく迎えていただいています。

と話し、遠く離れた異国の地にも、すずさんの想いが確かに届いた喜びを伝えました。


これからも海外での公開は続く本作

メキシコでは3/10から約300スクリーンでの公開が決定。(3/3から変更)さらに海外配給は、【タイ】2/23~公開中、【アルゼンチン、チリなど南米諸国】3/17~、【香港】3/30~、【イギリス】6月、【ドイツ】7月、【アメリカ】【フランス】9月と公開が決定しています。

現在までの累計動員は170万名。累計興収は22億円を突破。各映画賞でも受賞が相次ぎ、アニメーションの枠を超え絶賛。現在25個の賞を受賞しています。(2/28現在)

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。

だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

全国にて大ヒット公開中!!!

konosekai.jp

***********************************

声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外

監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)

企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵 キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 
製作統括:GENCO 
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

のん録り下ろし“すずさんのありがとう”動画到着『この世界の片隅に』


映画情報どっとこむ ralph 片渕須直監督が6年の歳月をかけて作り上げたアニメーション映画『この世界の片隅に』が絶賛上映中です。本作は戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性、すずを描いた珠玉のアニメーション映画です。

動員130万人を超え、たくさんの方がすずさんに会いに来てくださったことに感謝して、2月3日(金)に、“すずさんのありがとう”動画が公開。片渕須直監督監修のもと、のんさんが新たに録り下ろした主人公すずさんの声で、全国各地のみなさまへ“ありがとう”の気持ちを伝える約1分間のムービーです。



映画情報どっとこむ ralph 12週目の、1月28日(土)1月29日(日)2日間の週末興行成績は約6千8百万円、動員は約5万人。公開館数は201館(初週より+138館)。全国映画週末動員ランキング(興行通信社調べ)では9位にランクイン。本作はこれで12週連続TOP10入りを果たし、現在までの累計動員は130万名、累計興収は17億円を突破しました。

2月4日(土)からは新たに73劇場で公開が決定!(再上映含む)とうとうあなたの街にも『この世界の片隅に』がやってきます!


そして・・・

海外での上映は3/3(金)のメキシコからスタート。片渕須直監督と、のんさんが現地に赴き、現地の観客との意見交換を行う予定です。

その後、アメリカ、フランス、イギリス、ドイツ、メキシコ、台湾、香港、タイなど全世界23の国と地域で上映が決定。

日本のみならず世界からも注目を集めている本作。「この映画をみてほしい」「この映画をまたみたい」という熱が、日本全国そして世界へと拡がりをみせています。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。


映画『この世界の片隅に
konosekai.jp

全国にて大ヒット公開中!!!

***********************************

声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外

監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)

企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵 
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 
製作統括:GENCO 
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ