「片桐健滋監督」タグアーカイブ

主演映画が立て続けに公開となる松本穂香についてふくだももこ監督、中川龍太郎監督、片桐健滋監督コメント!


映画情報どっとこむ ralph 主演映画が立て続けに公開となる松本穂香さん。

『おいしい家族』(ふくだももこ監督)9月20日公開
『わたしは光をにぎっている』(中川龍太郎監督)11月15日公開
『酔うと化け物になる父がつらい』(片桐健滋監督)2020年公開

その監督である、ふくだももこ監督、中川龍太郎監督、片桐健滋監督から、彼女の魅力についてのコメントが到着しました!
松本穂香『おいしい家族』『わたしは光をにぎっている』『酔うと化け物になる父がつらい』
映画情報どっとこむ ralph 映画『おいしい家族』

★ふくだ監督からのコメント

①キャスティングの決め手
朝ドラの「ひよっこ」の生天目澄子役をみて、「おもろい顔やなあ」と思ったのと同時に、
誰にも似てない、唯一無二の魅力があると感じました。プロデューサーもまったく同意見で、すぐにオファーしました!
②女優・松本穂香の魅力
ただそこに「居る」ことができる人。猫背だけど、心の芯はまっすぐ。
吸い込まれるような瞳。カメラを通すと、ブラックホールアイ(勝手に命名)になる。
あと声も好きです。声にも芯が通ってる。とにかく大好き。

③観客のみなさんに注目してほしい、「おいしい家族」の松本さんの見どころ
これからの、女優としての未来。バーで母の姿を見た後店を飛び出し「母さん」と呼び止めるところ。
「強く」「囁くように」「すがるように」と、3パターンの演出をすべて一瞬で理解しやってくれた。
あと犬のシーン。こちらから何も言っていないのに、ハマケンさんと二人で気持ちを作って、本気でやってくれたので、私は本番中も笑っていたし、ずっと見ていたかったです。笑

松本穂香『おいしい家族』
9月20日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷他全国ロードショー

【ストーリー】
松本演じる主人公・橙花は東京で働くキャリアウーマン。母の三回忌に実家の離島に帰ると、なぜか父・青治(せいじ)が母の服を着て生活していることを知る。びっくりする橙花を気にせず父は続けて「この人と家族になる」とお調子者の居候・和生(かずお)を紹介。状況をのみこめない橙花と、人の個性を受け入れるおおらかな島の住人達との暮らしを、ときにクスッと、ときにハートフルに描いた物語。橙花は父を始め、様々な価値観や個性をもった人たちに出会うことで、自分が考える常識から解き放たれ、次第にそれぞれの個性を受け入れると共に、自分らしく生きることの大切さに気付いていく。

出演:松本穂香 板尾創路 浜野謙太 笠松将 モトーラ世理奈 三河悠冴 栁俊太郎 
©2019「おいしい家族」製作委員会


映画情報どっとこむ ralph 映画『わたしは光をにぎっている』

★中川監督からのコメント
①キャスティングの決め手

松本さんが上京してきたばかりの頃、知人の紹介で知り合いました。それから数年経って、彼女の変貌ぶりに驚きました。変わらないところと変わる部分とのセンスがいい人なんだな、と感じて、
キャスティングさせていただきました。

②女優・松本穂香の魅力
普段から、自分以外の何かを演じようとしないところが素敵だと思います。業界に入ってきて、俳優さんの言葉遣いや言い回しに染まっていく人が結構いますが、僕はそれはちょっと苦手なのです。自分が自分としてあれる、それも肩肘張らずに、そういう自然体の魅力が、すなわち俳優としての松本さんの魅力だと思っています。

③観客のみなさんに注目してほしい、「わたしは光をにぎっている」の松本さんの見どころ
「立ち姿」に注目してみてください。ロングショットで風景の中に溶け込んでいる場面が多い中で、松本さんは、表情ではなく、立っている姿、そのわずかな揺らぎや身体の芯の置き方によって、主人公の心情を表現しています。

11月15日(金)、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

松本穂香『わたしは光をにぎっている』ポスター
【ストーリー】
なんとなく東京へ出てきたが、仕事も人付き合いもうまくいかない澪。ある時から古い銭湯を手伝い始め、昔ながらの商店街の人たちとも交流するようになり、少しずつ都会の暮らしにも喜びを見出していく。だが、やっと見つけた居場所が、もうすぐなくなってしまうと知った澪は、「しゃんと終わらせる」決意をする──。「閉店します」の貼り紙、一夜で壊される建物、路地から消える子どもたちの声──今、日本は発展や再開発の名のもとに、大きく変わろうとしている。<失われてゆくもの>を、感謝を込めて丁寧に送り出すことで、前へ進もうとする澪は、現代に生きる私たちに大切なものが終わる時にどう向き合うかを、まっすぐな瞳で伝えてくれる。

出演:松本穂香
渡辺大知 徳永えり 吉村界人 忍成修吾/光石研/樫山文枝
©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

映画情報どっとこむ ralph 映画『酔うと化け物になる父がつらい』

★片桐監督からのコメント

①キャスティングの決め手
僕が助監督の時に、別作品のオーディションでお会いして以来、ずっといつか仕事してみたいと思っていました。その時のお芝居は俳優さんではなく代役が僕だったんですが、とても準備してきたという松本さんの熱量を感じたのを覚えています。

②女優・松本穂香の魅力
普段はほわーんとしてる感じなのに、本番になった時の集中力、瞬発力が素晴らしいなと。シリアスもコケティシュも自然ですし、とても目が印象的だと思います。現場で一緒になったスタッフはみんな松本さんの人柄を好きになってましたね。僕もそうなんですが。

③観客のみなさんに注目してほしい、「酔うと化け物になる父がつらい」の松本さんの見どころ
高校生から30歳くらいまでを一人で演じられているので、大変だったろうなと。。。自分の内面を出さない主人公を演じることは難しいと思いますが、少しづつ変化していく感情の機微を松本さんだから具現化できたと思います。



2020年春、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

【ストーリー】
一風変わった家庭で育ち、自分に自信が持てず不器用な主人公・サキ。普段は無口で小心者なのに酔うと化け物になる父のおかしな行動、さらに、新興宗教をハマる母の孤独に触れながら、なんとか日々を生きていた。自分とは正反対で明るく活発な妹や、学生時代からの親友に支えられ、家族の崩壊を笑い話に昇華していくサキ。“化け物とのたたかい”を経て気がついた、彼女の“生き方”とはー?

出演:松本穂香 渋川清彦
今泉佑唯 恒松祐里 濱 正悟
安藤玉恵 宇野祥平 森下能幸 星田英利 オダギリジョー
浜野謙太 ともさかりえ
©「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

池田エライザ『ルームロンダリング』第21回上海国際映画祭のパノラマ部門への出品が正式決定


映画情報どっとこむ ralph この度、池田エライザ主演『ルームロンダリング』が7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショーとなります。

人付き合いが苦手、彼氏なし、こじらせ真っ只中の八雲御子(池田エライザ)。
彼女の仕事は、事故物件に住んでその履歴を帳消しにするという、“ルームロンダリング”。そんな御子の悩みは、仕事先の部屋で元住人たちがユーレイとなって出没すること。この世に未練たらたらなユーレイたちに振り回される日々を送るうち、周囲の人々も巻き込んで、御子に人生初の恋とトラブルが訪れる!?

こじらせてきた分だけ幸せになれる、ハートウォーミング・コメディが誕生しました。

映画情報どっとこむ ralph 本作が中国・上海にて6月16日(土)から25日(月)まで開催される第21回上海国際映画祭(中国・上海で1993年より開催されているアジア最大級の規模を誇る映画祭。)のパノラマ部門への出品が正式決定。

現地へは片桐健滋監督が渡航し、6月24日(日)の公式上映時の舞台挨拶・Q&Aに登壇する予定となっています。

今回の出品を受け、友達ゼロ・彼氏なし、話相手はユーレイだけ!?‟人生こじらせ真っ最中”の主人公・御子を演じた池田エライザから喜びのコメントも到着しました!

池田エライザさんコメント
池田さん:日本の片隅で起きたささやかな物語が、きっと国境なるものを超えて愛されることを祈っています。幸せです。上海の皆様からの声を楽しみにしています。

映画情報どっとこむ ralph 池田エライザ主演『ルームロンダリング

7月7日(土)より新宿武蔵野感、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

roomlaundering.com

新たなクリエイターの発掘を目指して映画企画を募集するコンテスト、「TSUTAYA CREATOR’S PROGRAM FILM2015」で、全474企画の中から準グランプリFilmarks賞を受賞した企画の映画化である本作。
主役の御子役に抜擢されたのは、近年女優業での活躍が目まぐるしい池田エライザ。胡散臭い不動産屋を営む御子の叔父役には、オダギリジョー。御子の隣に住む青年・亜樹人役には、若手注目俳優・健太郎。個性豊かな幽霊たちを渋川清彦、光宗薫が演じる他、奥野瑛太、つみきみほ、田口トモロヲ、渡辺えりなどの名バイプレイヤーたちが脇を固めます。

物語・・・
5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって“物件を浄化する”というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ・・・!?

***********************************

出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー

監督:片桐健滋 脚本:片桐健滋・梅本竜矢
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch
製作幹事:カルチュア・エンタテイメント
配給:ファントム・フィルム 
©2018「ルームロンダリング」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

池田エライザはワケあり物件で幽霊と住める!?池田エライザ&健太郎が『ルームロンダリング』@沖縄国際映画!


映画情報どっとこむ ralph 池田エライザ主演、映画『ルームロンダリング』が7月7日(土)よりロー ドショーとなります。

ワケあり物件に住み、その履歴を帳消しにするという秘密のお仕事=ルームロンダリングをしている、八雲御子。いつ からか幽霊が見えるようになった御子は、部屋に居座る “この世に未練たらたらな”幽霊たちのお悩み解決に奔走させられ…!?

この度、沖縄国際映画祭でいち早く本作を鑑賞した観客たちを前に、主演の池田エライザ、健太郎、本作の監督を務め た片桐健滋が舞台挨拶を行いました。

池田エライザ&健太郎が沖縄国際映画へ! エライザはワケあり物件で幽霊とルームシェア 「住めるんじゃないかな」!?


映画『ルームロンダリング』沖縄国際映画祭舞台挨拶
日程:4 月 20 日(金)
場所:シネマ Q
登壇:池田エライザ、健太郎、片桐健滋監督

映画情報どっとこむ ralph 4月20 日(金)、那覇市のシネマ Q で、特別招待作品「ルームロンダリング」の上映と舞台挨拶が行われました。

本作は、両親、そして育ててくれた祖母とも死別し、ワケあり物件に住んで物件を浄化するアルバイトをしている主人公、御子役を池田エライザ、殺人事件のあった物件の隣に住む男、虹川役を健太郎、御子にロンダリングの物件を 斡旋する叔父役をオダギリジョーが演じており、ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子 が、部屋に居座る幽霊たちのお悩み解決に巻き込まれていくというストーリー。 上映前に行われた舞台挨拶には池田エライザ、健太郎、片桐健滋監督が登壇し、3 人が入場すると会場は拍手と歓声 に沸いた。

片桐監督:スクリーンにかけるのは今日が初めてなんです。一番最初のお客さんなので緊張しています。今日は楽しんでいってください。

と満席の会場に向かって挨拶。沖縄国際映画祭での上映がワールドプレミアということを知 った観客からは喜びの声が上がった。

映画情報どっとこむ ralph 主人公・御子を演じた池田エライザさん。演じるに当たって心がけたポイントを聞かれ、
池田さん:もしかしたら御子ちゃん みたいな女の子が、どこかにいるかもしれない。身近な存在になればいいなと意識していました。御子ちゃん自身は根暗な女の子なので、共演しているキャラの濃い方々に影響されながらできたらいいなと思っていました。

と撮影を振り返った。

そして御子の隣人で、控えめでありつつも、心の中に後悔を秘めた青年・虹川亜樹人を演じた健太郎さん。自身とは正反対の役だったそうで、
健太郎さん:亜樹人の持っている正義感には共感できました。僕が正義感ある訳ということを言 いたい訳ではではないんですけど。

と語り、これには池田エライザと会場も大爆笑だった。

司会からの「ワケあり物件に住むことになったらどうする?」という質問に、

池田さん:御子を演じたことで、お化けとか幽霊がもとは生きている人だったんだと感じるようになりました。だからもし御子のように見えるとしても、ルームシェアと同じだから住めるんじゃないかと思います!

と前向きな発言。

これに対し

健太郎さん:無理です。 怖いです。

と素直な回答。すると・・・

池田さん:でもね、もし 100 万円の家賃が10 万円で済むんだったらどうする?
と詰め寄ると、

健太郎さん;仕事頑張ります!

とスルー。客席から笑い声が上がった。

映画情報どっとこむ ralph そして、これから映画を見る観客に対して「一言」と聞かれると、まずは

健太郎さん:背中に包丁が刺さってる人や、 手が取れちゃう人が出てきますが、ぜひリラックスしてポップコーンを食べながら見てほしい。

と明るく紹介。続いて

池田さん:皆さまに温かく迎えていただき、見ていただけることが幸せです。何があってもこの台本だけは、大切に 大切に扱おうと思った作品なので、私が思ったように皆さまが作品を愛してくださるとうれしいです。

と語った。

最後に・・・・

片桐監督:2 人が僕の分まで思いの丈を語ってくれたから、もう言うことないです。

と控えめな姿勢。そんな監督に対し、池田がコメントを催促する様子に、客席からは再び笑い声。

押し切られた監督

よろしくお願いいたします。

と一礼すると、笑い声とともに拍手が3人を包んだ。

そして映画祭最終日のレッドカーペットでも池田エライザさんはアヒルのランプを持って登場!
池田エライザ、片桐健滋監督で練り歩きファンサービス!
池田さん:沖縄の皆さんがたくさん声をかけてくれて、とても嬉しいです。

と喜びを語った。また、レッドカーペットに登壇する池田さんを応援するため、池田さんの両親も駆け付け、最後は親子でレッドカーペットでの写真撮影。

池田さん:親孝行ができました。

と満面の笑みを浮かべていました。

映画『ルームロンダリング

は7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷 HUMAX シネマ、シネ・リーブル池袋他全国ロードショーです。

roomlaundering.com

***********************************

出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー
監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋・梅本竜矢
2018 年/109 分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch
©2018「ルームロンダリング」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
配給:ファントム・フィルム




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ