「片桐はいり」タグアーカイブ

片桐はいり、大九明子監督 面白トークイベントで盛り上がり「勝手にふるえてろ」


映画情報どっとこむ ralph 松岡茉優主演映画「勝手にふるえてろ」が12月23日より公開となり、公開初日満足度第1位(12/15 Filmarks調べ)、そしてネット上でも話題の本作。

6日土曜に続き、1月7日(日)片桐はいり、大九明子監督ご登壇によるトークイベントが行われました。


日程:1月7日(日)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:片桐はいり、大九明子監督

映画情報どっとこむ ralph 上映後の観客の前に登場した片桐はいりさんと大九明子監督。

観客の様子を見て

片桐さん:みんな細かく反応してくれているので嬉しいなーと思って。でも私のところは大したことなかったですけど!

と自虐ネタ!に会場は大笑い。

大九監督:そんなことないでしょ!一個一個、全部笑いをとろうとする!

開始早々二人は息のあった掛け合いで会場を盛り上げました。


映画情報どっとこむ ralph 劇中の片桐さんのオカリナ演奏シーンについて、

大九監督:あれは本当に吹いておられるんですよ!

とコメント。

片桐さん:昔宇宙人とオカリナを吹いて交信をするっていう役をやったことがあったんで吹けたんですよ。あれ(本作の演奏シーン)は急に生で吹いてくれってなったんですよね。

と過去の不思議な役柄が演技に生きたことを語りました。

大九監督:あそこは同録で、片桐さんに吹いてもらうためにそれようのメロディーをつくったんですけど、それ以外の難しいところも吹きこなしていて凄いなぁと思って。

その演奏をべた褒め。


撮影の裏話から、話題は仲の良い二人の出会いについて。

大九監督:片桐さんは普段趣味でキネカ大森でチケットのもぎりなんかをやってるたりするんですよ。あと観客としても見に行かれてたりして、それで「あっ!また会った!」っていうのが何度あって。

と語ると・・・

片桐さん:あと、WOWOWに入ってないんで!

と付け加えると、

大九監督:あ、WOWOWもっている某プロデューサーの家に行くっていうことがよくあったから、そこでよく会ってた!

不思議な出会いのエピソードを披露した。

映画情報どっとこむ ralph 片桐さん:大九監督は普段からお話が面白い。

と言うと大九監督は監督になる前の芸人時代のエピソードを語ってくれました。

大九監督:結構死に物狂いでやっていて、ピンでネタを作り続けて、そこで”作る”ということが好きだって気づいてきたって感じですかね、当時、映画は癒しでしたね!1日の終わりに映画館に行って今日は無駄じゃなかった!って思いたかった感じ。なんか暗い感じになっちゃった!いや、ほんと暗いのよ20代。

と自虐エピソードに会場はまたまた大笑い。


そんな過去の暗さが炸裂したという本作。
劇中には観客もあっと驚く片桐さんのキスシーンがあり、実はそれは大九監督の思いつきだったという。脚本にはなかったシーンに

片桐さん:いきなり言われてはっ!?ってなって。もの凄い説得されたの!あんまりそういうのお願いされるキャラでもないので、断るとかないんですけど。

とコメント。

大九監督:とても重要な役だったですよ。あと、実はあそこはカットされた後も長回ししていたので撮影されているんですよ。押し倒すところまで。スタッフも笑いをこらえて、カメラがとまってすぐ吹き出してましたよ!

と大九監督が言うと、

片桐さん:えー!何で笑うのー!

とツッコミ、片桐さんの普段あまり見慣れない演技の裏エピソードに盛り上がった。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

片桐さん:新年キネカ大森でも2月からやるので、ぜひ!偶然いたら(チケット)もぎりますので!

と観客へ呼びかけた片桐さん。

大九監督:何回も見たっていう方、はじめての方、色々な方に見ていただいて、本当に皆さんの勝手にふるえてろになっているなと感じます。これからも映画をかわいがってくださいませ!

とリピーターも多い観客へ熱いメッセージを届け、大盛況のイベントは終了した。

物語・・・・
“脳内片思い”の毎日に“リアル恋愛”が勃発!?

2人の彼氏(?)の間で揺れながら、傷だらけの現実を突き抜ける 暴走ラブコメディ!

24歳のOLヨシカは中学の同級生「イチ」(北村匠海)へ10年間片思い中!

そんなヨシカの前に、突然暑苦しい会社の同期「ニ」(渡辺大知)が現れ告白される。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、ニとの関係にいまいち乗り切れないヨシカ。

ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが…

***********************************

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊 
監督・脚本:大九明子 
出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー) 石橋杏奈 北村匠海(DISH//)
趣里 前野朋哉 池田鉄洋 稲川実代子 栁俊太郎 山野海  
梶原ひかり 金井美樹 小林龍二(DISH//) 増田朋弥 後藤ユウミ 原扶貴子 仲田育史 松島庄汰 片桐はいり
配給:ファントム・フィルム http://furuetero-movie.com/ 
主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records)
©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会


松岡茉優を取り巻く、2人の彼氏に渡辺大知、北村匠海『勝手にふるえてろ』


映画情報どっとこむ ralph 暴走する恋をリアルに、イタく、キュートに描く、痛快コメディ

松岡茉優さんが初主演を務める映画『勝手にふるえてろ』に、主人公ヨシカを取り巻く、“2人の彼氏”に、渡辺大知さん(黒猫チェルシー)、北村匠海さん(DISH//)、

そして石橋杏奈さん、片桐はいりさん、古舘寛治さん らの出演していることがわかりました。


本作の原作『勝手にふるえてろ』は、01年に『インストール』でデビュー、『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りさによる同名小説。
微妙な年頃の女性の行き場のない感情をリアルに描き、高い評価を受けています。そして今回主演を務めるのは、本作で映画初主演となる女優・松岡茉優。役どころは、絶滅した動物が好き過ぎて、アンモナイトの化石についてネットで調べていたら気づくと朝になっていたり、中学時代の初恋の相手との過去を思い出しては、胸をトキめかせる、ちょっと変わった恋愛ド素人OLのヨシカ。

映画情報どっとこむ ralph 本作では、 “2人の彼氏”を自分の中で、イチ、ニと勝手に命名し、“リアルな恋愛”と“脳内片思い”を繰り広げるという、極度に捻じ曲がった乙女心を披露。

そんなヨシカの“リアルな恋愛”の彼氏に、『色即ぜねれいしょん』で俳優デビュー、黒猫チェルシーで、ボーカルを務めながら、役者としても独特の存在感を放つ渡辺大知。

渡辺大知さん(黒猫チェルシー)コメント
脚本を最初に読んだ時から主人公のヨシカのキャラクターに釘付けで、ぼくは撮影中、実際に、空回りしながらもヨシカにずっと一直線でした。主演の松岡さんは芯が強くて、可愛いのにひねくれてて、まさにヨシカそのもので、とても魅力的でした。松岡さんを始め、この映画はいろんな魅力的な人物や景色で溢れている映画です。それぞれの魅力が画面をはみ出しているところを、ぜひご覧ください!

映画情報どっとこむ ralph ヨシカに鬱陶しがられるほど猛アタックをし、若干強引に(?)彼氏となる男・二を熱演。そして“脳内片思い”の彼氏には、DISH//でボーカル・ギターを務め、『君の膵臓を食べたい』(17/月川翔監督)、『恋と嘘』(17/古澤健監督)など話題作への出演が控える、今最も注目の若手俳優・北村匠海。ヨシカの中学時代からの片思いの相手・イチをクールかつ魅力的に演じました。

北村匠海さん(DISH//)コメント
台本を読んで、まず、独特な役名だなぁという印象から始まりました。
“あーいるいる”って要所要所で感じる松岡茉優さん演じるヨシカがとても面白く、僕自身も楽しみながら台本を読み進めることが出来ました。松岡茉優さんとは3度目の共演になります。
お互い初めて会った日からは、6年ほど経っているのですが、しっかりと魅力的な演技をされるので、やはり一緒に芝居するのが楽しかったです。ヨシカと共に色んな感情になれるような映画だと思っています。
ぜひ劇場でご覧ください。

映画情報どっとこむ ralph 大九明子監督はお二人を・・・

大九監督:役名が、イチ、ニ。男を番号で呼ぶ小気味良さよ。一応現場では君付けで呼んでいました。
渡辺大知君が、面倒な男・ニ君をサイコーに愛しい男にしてくれました。ご自身も作り手だからでしょうか、視点が客観的でさすが!という時もあれば、何だニそのものじゃんカワイイ、と思う時もありました。あと、手が美しい。北村匠海君とは、イチ君が記号のようなイケメンにならないよう、相談しながら繊細に作りました。北村君は頭も良く、瞬発力もあり、日の出を待って数分で撮らねばならない慌しい中でも、演出に一瞬で対応してくれたのが印象的です。

と、語っています。

映画情報どっとこむ ralph その他、ヨシカを取り巻く共演者にも、個性的な役者が揃いました。
ヨシカの恋を搔き乱してしまう同僚に石橋杏奈、
ヨシカの話し相手になる釣りのおじさんに古舘寛治(*)、
同じアパートに住む、すこしおかしな隣人に片桐はいり。

24歳まで恋愛経験ゼロの遅咲きな主人公・ヨシカが繰り広げる、悩んでは傷つき、暴走する恋の行方を、誰しもが最後まで応援したくなる痛快コメディの誕生です!

物語・・・
私には彼氏が2人いる──中学時代からの片思いの相手イチ(北村匠海)と、突然告白してきた暑苦しい同期のニ(渡辺大知)。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

***********************************

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊 

監督・脚本:大九明子 
出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー) 石橋杏奈 北村匠海(DISH//)古舘寛治 片桐はいり

製作幹事:メ~テレ ホリプロ 
配給:ファンム・フィルム

(*)古舘寛治さんの正式には外字の舘(※舎官)となります。WEB


僕らのごはんは明日で待ってる』“劇チュー”イラスト・映像初公開


映画情報どっとこむ ralph 中島裕翔×新木優子の青春ラブストーリー『僕らのごはんは明日で待ってる』が、2017年1月7日(土)全国公開となります。
%e3%80%8c%e5%83%95%e3%82%89%e3%81%ae%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93%e3%81%af%e6%98%8e%e6%97%a5%e3%81%a7%e5%be%85%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%80%8d%e3%82%ad%e3%82%b9
この度、映画公開に先駆け、絶賛発売中の原作コミカライズ本『僕らのごはんは明日で待ってる』から、亮太と小春の“うるキュン”キスシーンを描いたイラストが公開!

中島さんの画像はWEBで使えませんからね。

このイラストで妄想して!!!

最高も最低も乗り越える、7年越しの“うるキュン”青春ラブストーリーを描いた本作は、予告編が公開となるや、亮太(中島裕翔)と小春(新木優子)の甘酸っぱいやりとり、ラストに映し出される食卓でのまさかのキスシーンに話題沸騰!

ごはんを食べる小春に不意にキスを迫る亮太の大胆な行動は、一部のファンから“卓ドン”と呼ばれ、壁ドン、顎クイ、袖クルらに次ぐ、新たな妄想シチュエーションとして、多くの女子を虜にしている。

今回公開となったイラストは、そんな妄想好き女子必見の胸キュン要素が詰まった“卓ドン”キスシーンが描かれた一枚。『誰も知らないブルース』で第67回ちばてつや賞佳作を受賞した糸谷良子氏による書き下ろしで、その温かみのあるタッチで描かれた二人の表情は、実写に劣らずイラストならではの爽やかさを感じさせる。

さらに!糸谷氏が作画を務めた絶賛発売中の原作コミカライズ本『僕らのごはんは明日で待ってる』のイラストと、劇中カットを組み合わせたスペシャル映像も同時解禁!物語の重要なシーンをイラストと実写でキュンキュンです!

 

映画情報どっとこむ ralph
<原作コミカライズ本>

僕らのごはんは明日で待ってる
原作 瀬尾まいこ 作画 糸谷良子
価格 本体価格660円+税
発行=幻冬舎コミックス
発売=幻冬舎
http://denshi-birz.com/bokugoha/ 
(C)SEO MAIKO,ITODANI RYOKO,GENTOSHA COMICS 2016

映画情報どっとこむ ralph 原作、コミック、そして来年1月18日に控えた映画公開と、この冬は“ぼくごは”でうるキュンすること間違いなし!

僕らのごはんは明日で待ってる

『僕らのごはんは明日で待ってる』
物語・・・・
最高に恋した。ある日君はいなくなった―君の【秘密】に気づいて、この恋を運命にすると決めた
無口でネガティブな亮太。太陽のように明るく超ポジティブな小春。性格は正反対だけど、運命の恋だった。二人が大学生になったある日―突然、小春は亮太に別れを切り出す。実は、小春は亮太に言えない秘密を抱えていた。別れの理由がわからないまま、亮太は何度も真っ直ぐな想いを伝えるが、小春はまったく取り合わず―。社会人になったある日小春の隠す真実を知った亮太は彼女のもとに再び走り出す。出会いから7年、運命の恋が再び動き始める――!

***********************************

出演:中島裕翔  新木優子  美山加恋  岡山天音  片桐はいり  松原智恵子   

監督・脚本:市井昌秀 

原作:瀬尾まいこ「僕らのごはんは明日で待ってる」(幻冬舎文庫)  
配給:アスミック・エース  
主題歌:『僕らのために…』 
作詞:ケツメイシ、作曲:ケツメイシ & 小松一也 
歌:ケツメイシ(avex trax)
公式サイト:bokugoha.com  
(C)2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会


中島裕翔、新木優子 大阪で!『僕らのごはんは明日で待ってる』


映画情報どっとこむ ralph 中島裕翔×新木優子の青春ラブストーリー『僕らのごはんは明日で待ってる』が、2017年1月7日(土)TOHOシネマズ新宿他にて全国公開となります。

%e3%80%8c%e5%83%95%e3%81%94%e3%81%af%e3%80%8d%e5%a4%a7%e9%98%aa%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b61中島裕翔がラブストーリーに初挑戦! 恋人役に新星・新木優子!瀬尾まいこの同名ロングセラー恋愛小説(幻冬舎者刊)、待望の映画化。

この冬一番“うるキュン”する、7年越しの青春ラブストーリーが誕生!

今回、関西では初めてとなる本作の試写会に主演の中島裕翔、ヒロイン役の新木優子、市井昌秀監督が登壇し、本作のキーワード”うるキュン”エピソードやクリスマスも近いということで、クリスマスの思い出トーク・中島さんから関西弁”うるキュン”メッセージのクリスマスプレゼントに!

日時 12月17日(土)  
場所 朝日生命ホール
登壇者 中島裕翔、新木優子、市井昌秀監督   
MC 遠藤淳(FM大阪DJ)

映画情報どっとこむ ralph 当然ですが!!大歓声の中、中島裕翔さん、新木優子さん めっちゃ可愛いおふたりと、市井昌秀監督 登場!!

中島さん:なかじまゆうとです。(会場:大歓声!!!!!)。今日のために、今朝4時から待っていてくださった方がいらっしゃると聞いて大変、嬉しいです。寒いなかを、本当にありがとうございます!ぜひ、映画を観て「温まって」くださいね。

%e3%80%8c%e5%83%95%e3%81%94%e3%81%af%e3%80%8d%e5%a4%a7%e9%98%aa%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6%e2%91%a3
新木さん:寒いなか、たくさんの方にお見えいただいてうれしいです!短い時間ですが、たくさんお話できればいいなと思っています。よろしくお願いいたします。

市井監督:先着順のため、寒いなかをお待ちいただいたということで「もう、僕が“うるキュン”です!」(会場、笑い)大学の時に関西に住んでいましたので、戻ってこれて嬉しく思っています。今日はよろしくお願います。

と、ご挨拶からスタート。


関西のイメージを聞かれると・・・

中島さん:そうですね。あの、結構強そうな方が多いんじゃないかと(会場:苦笑・・・)

新木さん:良い意味で、ですよね。

中島さん:全員が全員というのではもちろんありませんよ(笑)。公共の交通機関を使って関西にやってきたとき、ファンの方にお会いしたりするんでけど…すごい勢いで駆け寄ってきたりとか、大きな声で声をかけてられるので、そういう意味で「強い」なぁという印象です(笑)。東京だとそのあたりは、控えめなイメージですかね。

MC:気持ちだけじゃなくて、フィジカルな強さもあるということでしょうね。

新木さん:愉快でお話し上手な方が多い、というイメージですね。映画の中でも、関西ご出身の方がいらっしゃるんですが、とても楽しい時間を過ごせて親しみやすさを感じますね。

市井監督さん:正直、がさつ(笑)なんですが、心は繊細…であってほしい。あ。願いですね。(笑)ヒロインの小春も、がさつだけど繊細な女性なんですよね。でもやっぱり、関西の方は繊細だと思います。

MC:。ちょっと、ザワついてますよ。(会場笑い)

中島さん:お笑いのセンスは、繊細ですよね本当に。僕らライブとかでMCやるんですけど、大阪の公演のときは、ちょっと緊張しますもん。どう評価されるのかな、「笑わせなアカンなぁ」(関西弁で)って。(中島の関西弁に、会場沸く)

映画情報どっとこむ ralph 亮太というキャラクターは、恋愛下手で無口なネガティブ男子ですが、ご自身はいかがですか?

中島さん:心のどこかでポジティブに楽しめば大丈夫、大丈夫っていい聞かせるんですけど、作品に入る前だと不安要素が勝ってしまいがちですね。今回はラブストーリー初挑戦だったんですけど、新木さんとの共演で、どんなふうに演じられるかなとか、お互いの距離感が近づくにつれ成長し、見ごたえも増す作品になると思うので、そこをうまく演じられるかなと考えたりしましたね。恋愛については、自信がないほうなので…小学生の頃なんて、遠回しに好きって言うタイプでした(笑)。

%e3%80%8c%e5%83%95%e3%81%94%e3%81%af%e3%80%8d%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab新木さん:小春は、超ポジティブな女性なのですが、私自身のエピソードで言えば、今年クリスマス・イヴにお休みをいただいたので、友人を誘ってみたら、みんな予定があって断られたんですね。それで、みんな充実していて幸せなクリスマス・イヴを過ごすんだなぁって…思った自分が、すごくポジティブだと思えました(笑)。

市井さん:新木さん笑って話してるけど、だんだん悲しく見えてくる(笑)。

新木さん:私も幸せ欲しいな。だれか、募集してます(笑)。映画では、亮太との関係のなかで伝えたいことがうまく言えない小春役ですが、私は思ったことを口にして相手を無言にしてしまうところがあって、恋愛下手というか伝え方が下手なのかもしれません。

中島さん:下手でも、不器用さというか一生懸命さが良いですよね。ホントに、亮太と小春っぽい。



今回“うるキュン”なラブストーリーを撮るにあたって、監督がもっとも大事にされていたことはなんでしょうか?

市井監督:中島さん、新木さんには等身大でいてほしいと思っていたので、無理なお芝居をせず、裕翔くんと優子ちゃんのなかにすでにある“亮太と小春”をそのままで演じていただきました。

撮影現場はいかがでしたか?

中島さん:新木さんとは同世代ということもあり、共通の話題も多かったですね。そういう意味でも、現場ではずっと亮太と小春でいられた気がしています。
新木さん:中島さんのモノマネが楽しかった!(会場、沸く)「ドアが閉まるやつ、やってくださいよ(笑)」
中島さん:ふりがザツ(笑)
新木さん:流れ星のちゅうえいさんのコントが好きなんですが、それだと長くなるので「ドアが閉まるやつ」。
中島さん:ドアが閉まる時に、ある生きものになります…「あぁ。ドアが閉まるぅ~ウーパールーパー」(会場、大爆笑)
新木さん:現場でも、こんなふうに和ませていただきました(笑)。

映画情報どっとこむ ralph 街はクリスマス・ムード一色ですが、「思い出に残っているクリスマス」は?
中島さん:Hey! Say! JUMPのメンバーで毎年、クリスマス・プレゼント交換会をするんですよ。某音楽番組出演時、結構時間が空くんですが、それでプレゼント交換会を始めるようになりまして。値段を決めて、くじ引きで交換するんですけど、ある時、八乙女光(やおとめ・ひかる)のを引き当てたんですが「軽めの箱の中に、ちっちゃい象の置物(笑)」。(観客から、かわいいの声があがり)カワイイ?センスがちょっと、よくわかんないけど(笑)。みんな結構実用的なものだったりするのに。知念(知念侑李)なんかは、お取り寄せギフトだったり。

新木さん:結婚式の引き出物みたいですね(笑)。

監督さん:あ、その象があって、今回映画で「象に乗れた」のかも、ですよ。(中島、新木、妙に納得)
中島さん:このあと、映画で確かめてください。タイに行って、象に乗ってるシーンがあるんです。ってことは、これは光くんのおかげなのかも。ありがとう、光くん!(笑)。
新木さん:やっぱり、クリスマスはプレゼントが一番うれしいですよね。中学2年の時に、当時なかなか手に入らなかった「たまごっち」が、頭のうえに置いてあってすごいテンションが上がりましたね。


MC:お集まりのみなさんに思い出に残る一日にしていただきましょうということで、中島さんから一足早い「クリスマス・プレゼント」として、関西弁で“うるキュン”メッセージを頂戴したいと思います。(会場、沸く)

中島さん:ハードル上げすぎですよ、緊張するぅ。
市井監督:よーい、ハイ。
中島さん:「どうしよう。めっちゃ好きなんやけど、付き合ってぇやぁ」(大歓声が起こる)

MC:新木さん、いまの“うるキュン”メッセージ関西バージョンはいかがでした?

新木さん:いやぁ、もう。いまのは「100%“うるキュン”ですね」。
中島さん:よーい、ハイ。って言われるとスイッチ入ります。

市井監督:じゃ、テイク2(笑)。

中島:さんええーっ!!もう、ほんとに?「めっちゃ、好きやねん」。

映画情報どっとこむ ralph 締めのご挨拶

市井監督:壁ドンもSキャラも一切出てきませんが、恋愛はうまくならなくても良いと僕は思っていて、恋愛下手だからこそ出会えた亮太と小春の7年間の軌跡を描きました。この映画が、みなさんの明日の生きる糧になれたらうれしいです。

新木さん:今日は、若い女性の方が多いかと思いますが、ぜひ、お父さまお母さまを誘って、家族で楽しめる、温かい映画なので、もう一度観ていただけると嬉しいです。今日はありがとうございました。

中島さん:今日は、関西では初の試写会になりますが、そういう機会を得られてとても感謝しています。恋愛下手な2人の不器用な姿に“うるキュン”して、心が温かくなれる映画です。ひとりでも多くの方に、この作品を愛してもらいたいなという気持ちでいっぱいです。ご覧になったみなさんが、周りのひとに「面白かったから、絶対観た方がいい」と言っていただけるとありがたいです。本日はどうもありがとうございました。
『僕らのごはんは明日で待ってる』
僕らのごはんは明日で待ってる

2017年1月7日(土)TOHOシネマズ梅田ほか全国ロードショー

公式サイト:bokugoha.com  

***********************************

出演:中島裕翔  新木優子  美山加恋  岡山天音  片桐はいり  松原智恵子  
監督・脚本:市井昌秀 
原作:瀬尾まいこ「僕らのごはんは明日で待ってる」(幻冬舎文庫)

主題歌:『僕らのために…』  作詞:ケツメイシ、作曲:ケツメイシ & 小松一也 歌:ケツメイシ(avex trax)
配給:アスミック・エース  

(C)2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会


新木優子 笑顔の裏に隠された涙の訳とは!?『僕らのごはんは明日で待ってる』



映画情報どっとこむ mari 笑顔の裏に隠された涙の訳とは…!?

中島裕翔×新木優子の青春ラブストーリー『僕らのごはんは明日で待ってる』が、2017年1月7日(土)TOHOシネマズ新宿他にて全国公開となります。
僕らのごはんは明日で待ってる ラブストーリー初挑戦!の中島裕翔、8代目ゼクシィCMガールなどで大注目を浴びる新星・新木優子という、いま最も旬なキャストが贈る、瀬尾まいこのロングセラー恋愛小説「僕らのごはんは明日で待ってる」(幻冬舎文庫)の待望の映画化!

映画情報どっとこむ mari %e3%80%8c%e5%83%95%e3%82%89%e3%81%ae%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93%e3%81%af%e6%98%8e%e6%97%a5%e3%81%a7%e5%be%85%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%80%8d%e9%ab%98%e6%a0%a1%e6%99%82%e4%bb%a3 最高も最低も乗り越える、この冬最強の“うるキュン”青春ラブストーリー。

そしてこの度、ヒロイン・上村小春役を演じた新木優子の、高校生から大学生、そして社会人に至るまでの成長過程が垣間見える場面写真が解禁!

亮太と小春が付き合うきっかけとなった体育祭での競技”米袋ジャンプ”での一コマである、ジャージ姿の小春が米袋に入り微笑みかけているシーン。


スーツ姿に身を包み”入学式”の看板の前で記念写真を撮る初々しい様子。
%e3%80%8c%e5%83%95%e3%82%89%e3%81%ae%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93%e3%81%af%e6%98%8e%e6%97%a5%e3%81%a7%e5%be%85%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%80%8d%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e6%99%82%e4%bb%a3
社会人となり幼稚園の教諭となった小春が園児たちと戯れているシーン。
%e3%80%8c%e5%83%95%e3%82%89%e3%81%ae%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93%e3%81%af%e6%98%8e%e6%97%a5%e3%81%a7%e5%be%85%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%80%8d%e7%a4%be%e4%bc%9a%e4%ba%ba
映画情報どっとこむ mari 一方で、そんな弾けるような笑顔の裏で、好きだからこそ亮太には言えない、ある【秘密】を抱えた小春が涙する写真も。
%e3%80%8c%e5%83%95%e3%82%89%e3%81%ae%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93%e3%81%af%e6%98%8e%e6%97%a5%e3%81%a7%e5%be%85%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%80%8d
彼女が隠した【秘密】と、亮太と小春の恋の行方がますます気になる一枚。


僕らのごはんは明日で待ってる

は2017年1月7日(土)より全国ロードショー!

公式サイト:
bokugoha.com 
 
無口でネガティブな亮太(中島裕翔)。太陽のように明るく超ポジティブな小春(新木優子)。性格は正反対だけど、運命の恋だった。二人が大学生になったある日―突然、小春は亮太に別れを切り出す。実は、小春は亮太に言えない秘密を抱えていた。別れの理由がわからないまま、亮太は何度も真っ直ぐな想いを伝えるが、小春はまったく取り合わず―。社会人になったある日小春の隠す真実を知った亮太は彼女のもとに再び走り出す。出会いから7年、運命の恋が再び動き始める――!

***********************************

出演:中島裕翔、新木優子、美山加恋、岡山天音、片桐はいり、松原智恵子

監督・脚本:市井昌秀
原作:瀬尾まいこ「僕らのごはんは明日で待ってる」(幻冬舎文庫) 
配給:アスミック・エース
主題歌:『僕らのために…』  
作詞:ケツメイシ
作曲:ケツメイシ & 小松一也 
歌:ケツメイシ(avex trax)
(C)2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会