「片岡礼子」タグアーカイブ

渋川清彦 公開初日に2本目も作りたい!『榎田貿易堂』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 群馬県渋川市を舞台にした映画『榎田貿易堂』。

その初日6月9日(土)、初回上映後に主演の渋川清彦さん他、森岡龍さん、伊藤沙莉さん、滝藤賢一さん、余貴美子さん、片岡礼子さんなど日本映画常連の豪華なキャストたちと、映画・ドラマ・小説など多方面で活躍する飯塚健監督が登壇して舞台挨拶が行われました。

『榎田貿易堂』初日舞台挨拶
日時:2018年6月9日(土)
場所:新宿武蔵野館 
登壇:渋川清彦、森岡龍、伊藤沙莉、滝藤賢一、余貴美子、片岡礼子、三浦俊輔、キンタカオ、飯塚健監督

映画情報どっとこむ ralph 場内は大きな拍手に包まれました。

主演の榎田貿易堂の店主・洋二郎を演じた渋川さんは

渋川さん:飯塚監督と僕は出身も高校も一緒。大好きな故郷の渋川市で撮影できるなんて、これはもう絶対にやりたいと思いました。

と故郷・群馬県渋川市への熱い想いを語り、

渋川さん:2本目も作りたいので、皆さん盛り上げていただけるようお願いします!!!

と話し、作品を観た観客からは笑い声が巻き起こっていた。


バイトとして働く青年・清春を演じた森岡さんは

森岡さん:渋川さんは優しくて良い兄貴みたいな存在。今回は地元を案内してくれたりして、本当に大好きな先輩です。

と渋川さんへの想いを告白し、渋川さんは照れ笑いを浮かべました。夫婦仲に不満を抱く千秋役の伊藤さんは

伊藤さん:演じた時は22才で、千秋の年齢は28才。結婚もしていないから想像できないところも多くて、色々検索したりしました…。

とハスキーな声と笑顔で語り、会場を沸かせました!

映画情報どっとこむ ralph 群馬に帰省中の映画助監督・丈役の滝藤さんは

滝藤さん:僕は渋川さんに憧れていて、渋川さんがモデルのころ”KEE”(キー)と呼ばれていたことから、自分の子供に「き」から始める名前をつけました。

と渋川さん愛を明かしました。

榎田貿易堂の常連・ヨーコ役の余さんは、

余さん:「万引き家族」はたくさんの映画館で公開されてますが、「榎田貿易堂」はここでしか観られません!(笑)何度観ても笑える映画なので、何度も観に来てください!

と笑顔で本作をアピール。


また、本作の脚本も務めた飯塚監督は、

飯塚監督:映画でオリジナル作品を作るのは、今はとても難しい。その中で、好きな作品でこうして公開できたことがとても感慨深い。今回はカメラを動かさずに撮影しようと決めていたので、役者陣に動いてもらうしかなかった。皆が演出に対して瞬時に対応してくれる方ばかりだったから、本当に感謝しています。

とキャストの演技を絶賛しました。

映画情報どっとこむ ralph 榎田貿易堂

は、本日6月9日(土)より新宿武蔵野館、新宿シネマカリテ他、全国ロードショーほか全国公開となります。

https://enokida-bouekido.com

飯塚監督による完全オリジナルの本作は、「飯塚ワールド」と称される軽やかな会話のテンポや役者たちのアンサンブルが心地よい群像劇コメディ。主人公・榎田洋二郎には「パンク侍、斬られて候」「ルームロンダリング」など、今年多くの出演作が公開される渋川清彦。本作では約3年ぶりに主演を務める。榎田貿易堂でバイト勤めの若妻・千秋には「獣道」「blank13」「パンとバスと2度目のハツコイ」など話題作に次々出演し、飯塚組でも常連の大注目女優・伊藤沙莉。同じくバイトの青年・清春に「エミアビのはじまりとはじまり」「ろんぐ・ぐっどばい」などで主演を務め、自身も「ニュータウンの青春」など映画監督としても活躍する森岡龍。他「愛の渦」「64-ロクヨン−」「SCOOP!」の滝藤賢一、「おくりびと」「寄生獣」「シン・ゴジラ」の余貴美子、「まほろ駅前多田便利軒」「HiGH&LOW THE RED RAIN」の片岡礼子、「百円の恋」「花筐/HANAGATAMI」の根岸季衣など、個性豊かな役者陣が出演。監督には24才にして「Summer Nude」で監督デビューを果たし、「荒川アンダーザブリッジ THE MOVIE」「大人ドロップ」など独自のユーモラスな世界観を構築してきた飯塚健。故郷・群馬を舞台に、人生の休憩中なオトナたちの喜怒哀楽を軽やかに描いた「飯塚ワールド」集大成のヒューマンコメディです!

物語・・・
開業4年目のリサイクルショップ・榎田貿易堂。店長の榎田洋二郎、アルバイトの千秋と清春、顔なじみのヨーコと丈。それぞれに小さな秘密や葛藤を抱えながらも穏やかな日々を送っていた。そんな中突如落ちた看板の『夏』。榎田は呆然と「何か、凄い事が、起きる予兆」と呟く。その言葉通り、この夏は「何か、凄いこと」が次々と巻き起こっていく…。

***********************************

渋川清彦  森岡龍 伊藤沙莉 / 滝藤賢一 余貴美子
宮本なつ 渡邊蒼 三浦俊輔 駒木根隆介 キンタカオ 金子昌弘 諏訪太朗 片岡礼子 根岸季衣

監督・脚本・編集:飯塚健
エグゼクティブプロデューサー:狩野善則 ゼネラルプロデューサー:田中和磨 
プロデューサー:柴原祐一 アソシエイトプロデューサー:古川一博 音楽:海田庄吾 撮影:山﨑裕典 照明:岩切弘治 
録音:藤林繁 美術:吉田敬 美術進行:佐々木伸夫 編集:木村悦子 衣装:白石敦子 ヘアメイク:内城千栄子 
スクリプター:石川愛子 音響効果:松浦大樹 
助監督:杉岡知哉 
ラインプロデューサー:川島正規 
主題歌:「ハロー」奥野涼
後援:上毛新聞社 群馬テレビ エフエム群馬 
特別協力:渋川市 渋川伊香保温泉観光協会 群馬県立渋川高等学校同窓会 JA北群渋川
協力:渋川伊香保温泉フィルムコミッション 高崎フィルムコミッション
製作:「榎田貿易堂」製作委員会
企画:Breath
制作プロダクション:ダブ
配給・宣伝:アルゴ・ピクチャーズ
2017/HD/5.1ch/日本/110分
(c)2017映画「榎田貿易堂」製作委員会
    


渋川清彦主演 x 飯塚健監督 映画『榎田貿易堂』ポスター・追加場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 6月9日より新宿武蔵野館ほか全国公開する、渋川清彦主演、飯塚健監督の新作映画『榎田貿易堂』の ポスタービジュアル・追加場面写真が解禁。

今回解禁されたポスタービジュアルでは、渋川扮する榎田が 清々しい風景を背景に佇んでおり、「このままじゃダメだって ことだけは、わかるっつうか」の通り、登場人物たちの葛藤 や変化、希望を予感させます。

また、伊藤沙莉、森岡龍、滝藤 賢一、余貴美子、片岡礼子、駒木根隆介、根岸季衣など、豪華な役者陣も。

映画情報どっとこむ ralph 顔を負傷しながらも満面の笑みを浮かべる榎田、虚ろな表情の片岡礼子、余貴美子がじっとどこかを睨みつけている場面など、

映画の展開に想像が 膨らむ物ばかりとなっている。

監督は 24 才にして『Summer Nude』で監督デビューを果たし、 『荒川アンダーザブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』『笑 う招き猫』など独自のユーモラスな世界観を構築してきた飯 塚健。故郷・群馬県渋川市を舞台に、迷えるオトナたちの 喜怒哀楽を軽やかなタッチで描く、新たな喜劇の誕生です。

物語・・・
群馬県渋川市のリサイクルショップ・榎田貿易堂。
店長の榎田 洋二郎、アルバイトの千秋と清春、顔なじみのヨーコと丈。そ れぞれに小さな秘密を抱えながらも穏やかな日々を送ってい た。そんな中突如落ちた看板の『夏』。榎田は呆然と「何か、 凄い事が、起きる予兆」と呟く。その言葉通り、この夏は「何 か、凄いこと」が次々と巻き起こっていく…。
***********************************


渋川清彦 森岡龍 伊藤沙莉 / 滝藤賢一 宮本なつ 渡邊蒼 三浦俊輔 駒木根隆介 キンタカオ 金子昌弘 諏訪太朗 片岡礼子 根岸季衣 余貴美子

監督・脚本・編集:飯塚健
エグゼクティブプロデューサー:狩野善則

ゼネラルプロデューサー:田中和磨
プロデューサー:柴原祐一
アソシエイトプロデューサー:古川一博
音楽:海田庄吾
撮影:山﨑裕典 照明:岩切弘治
録音:藤林繁 美術:吉田敬
美術進行:佐々木伸夫 編集:木村悦子
衣装:白石敦子 ヘアメイク:内城千栄子

スクリプター:石川愛子 音響効果:松浦大樹
助監督:杉岡知哉
ラインプロデューサー:川島正規 主題歌:「ハロー」奥野涼

後援:上毛新聞社 群馬テレビ エフエム群馬
特別協力:渋川市 渋川伊香保温泉観光協会 群馬県立渋川高等学校同窓会 JA 北群渋川

協力:渋川伊香保温泉フィルムコミッション 高崎フィルムコミッション
製作:「榎田貿易堂」製作委員会
企画:Breath
制作プロダクション:ダブ
配給・宣伝:アルゴ・ピクチャーズ 2017/HD/5.1ch/日本/110 分 (c)2017 映画「榎田貿易堂」製作委員会 https://enokida-bouekido.com


山田杏奈 清水尋也 映画『ミスミソウ』 衝撃本予告映像をどうぞ


映画情報どっとこむ ralph この度、『ハイスコアガール』『でろでろ』などで知られる人気漫画家・押切蓮介の代表作にして、映像化不可能と言われた伝説のコミック『ミスミソウ 完全版』が、実写映画『ミスミソウ』 として、4月7日(土)より、新宿バルト9ほか全国公開となります。
雪に覆われた過疎の町。逃げ場のない抑圧された環境の中、虐待、いじめなど様々なトラウマを抱えた人々の感情が複雑に交錯し、ある日、壮絶な悲劇が起きた。

山田杏奈が映画初主演を射止め、 主人公・春花を学校で支えている唯一の味方・相場晄役を清水尋也が演じる。

映画情報どっとこむ ralph この度、情報解禁のたびSNS上で話題を呼び続けている話題作「ミスミソウ」物語が覗ける【衝撃】本予告映像、本気度MAX!追加場面写真を解禁!


今回解禁となった本予告映像は、冒頭、机の引出しに死んだカラスや、いじめグループによって泥まみれになった主人公・春花(山田杏奈)の姿から彼女が経験している壮絶ないじめの様子が映し出される。そして、唯一の味方の相場(清水尋也)が春花に寄り添って頼りにしているシーンから、いじめを受けている春花にそっけない態度をみせる担任の先生。春花の不登校によって、次なるいじめの対象になった流美は「ぶっ殺したい」と吐き出し、やがては春花の家族が焼き殺される。<せき止められない憎しみに少女の心は崩壊する>キャッチのあとは、悲鳴が鳴り響き、雪に覆われた田舎町でトラウマ必至の復讐劇の場面が次から次へと広げられる。目を疑う衝撃映像とは、こういうものではないでしょうか!

最後、血まみれになった春花の呼吸する音に圧倒されたあとの<全てが終わったとき、少女は何を思うのか。>というキャッチ通り、最後のあとを考えてみるのはいかがでしょう…?

映画情報どっとこむ ralph そして、あわせて解禁された場面写真らは、映画「ミスミソウ」の本気度MAXが伝わるシーンばかり!

春花の不登校でいじめに追われる流美と彼女をいじめる小黒の2ショット、
春花と対決する久賀との2ショット、
平凡な田舎町くらしに刺激を求めている真宮と池川の2ショット、
火事からなんとか命を取り留めた包帯巻き姿の妹を見守る春花とお祖父さんの2ショット、
泥まみれの春花、
いじめグループの姿、
春花の父と母など、
映画「ミスミソウ」の物語が覗けられる場面写真らが多量解禁です!!

映画情報どっとこむ ralph なお、2月24日(土)より、ムビチケカードも発売開始!先着5000名限定で、原作ファンのなかで一番話題をよんだ、手にした釘を思いっきり突き立てている姿が収められている「復讐ステッカー」をプレゼント!
歪んだ愛と暴力が、さらなる暴力を呼ぶ壮絶なバイオレンスシーンは容赦がなく、近年の日本映画の中でもトップレベルの残酷さで衝撃度最大!!この衝撃をぜひご期待ください!!!

映画「ミスミソウ
2018.4.7 [土] より 新宿バルト9ほか全国ロードショー!

公式HP:
misumisou-movie.com

***********************************

出演:山田杏奈  清水尋也
大谷凜香 / 大塚れな 中田青渚 紺野彩夏 櫻愛里紗 遠藤健慎 大友一生 遠藤真人
森田亜紀 / 戸田昌宏 片岡礼子 / 寺田 農

監督:内藤瑛亮 
原作:押切蓮介 『ミスミソウ 完全版』 (双葉社刊) 
脚本:唯野未歩子 主題歌:タテタカコ「道程」(バップ)

制作プロダクション:レスパスフィルム 
配給:ティ・ジョイ
2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/114分(レーティング:R-15)
©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会
     


『大和(カリフォルニア)』米軍基地の町を舞台に新世代音楽青春映画予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph ここは神奈川相模 極東の要所。

米軍基地の町を舞台にした新世代音楽青春映画、ここに誕生。

神奈川県大和市。

この町は戦後米軍基地と共に発展、衰退してきた。

厚木基地の住所はカリフォルニア州に属しているのだという都市伝説があるという。

因みに日本的には厚木基地は厚木市ではなく綾瀬市。というさらに複雑。
10代のラッパー・長嶋サクラは、日本人の母と兄、母の恋人で米兵のアビーに囲まれ、この町同様、複雑な関係性の中で育ってきた。アメリカのラッパーに憧れて、サクラは毎日ラップの練習と喧嘩に明け暮れる。ある日、アビーの娘・レイがカリフォルニアからやってくる。日米のハーフで、サンフランシスコで生まれ育ったレイ。好きな音楽の話をきっかけにして2人は距離を縮めていくのだが――。

映画情報どっとこむ ralph NYタイムズなど海外メディアから絶賛!

本作は米軍基地、貧困といった問題を抱える大和という場所で、ひとりの少女が“語るべき言葉”を獲得していく物語。

サクラを演じるのは、今年『霊的ボリシェヴィキ』(高橋洋監督)、『菊とギロチン』(瀬々敬久監督)など出演作の公開が相次ぐ韓英恵。

監督は、黒沢清監督『トウキョウソナタ』の助監督などを経て、2011年に筒井武文監督『孤独な惑星』で脚本家デビュー、同年に初長編作品『夜が終わる場所』を発表した宮崎大祐。
世界各地の映画祭に招待され、ニューヨーク・タイムズやハリウッド・リポーター、ヴァラエティと言った海外メディアで絶賛された。

地元出身の人気ラッパーNORIKIYO が本人役でライブを披露しているほか、Cherry Brown、割礼の宍戸幸司、GEZANといったミュージシャンたちが多数参加しているのも見どころだ。

映画情報どっとこむ ralph なお、6月には池袋シネマ・ロサにて宮崎監督が参加したオムニバス映画『5TO9』の初劇場公開も決定。今年要注目の監督であることは間違いない。

大和(カリフォルニア)

4/7(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次ロードショー




公式サイト:
http://yamato-california.com/

公式Twitter:
@yamatocali

***********************************

監督:宮崎大祐(『夜が終わる場所』監督、『孤独な惑星』脚本)
出演:韓英恵 遠藤新菜 片岡礼子 内村遥 NORIKIYO GEZAN 宍戸幸司(割礼)
撮影:芦澤明子 音響:黄永昌
サウンドデザイン:森永泰弘 プロデューサー:伊達浩太朗 
音楽:NORIKIYO Cherry Brown GEZAN 割礼 のっぽのグーニー 
配給:boid 2016/DCP/119 分
©DEEP END PICTURES INC.