「片山慎三」タグアーカイブ

『パラサイト 半地下の家族』がなぜ称賛されるのか ポン・ジュノ&片山慎三が裏話を交えて「活弁シネマ倶楽部」で解説


映画情報どっとこむ ralph カンヌ国際映画祭最高賞・パルムドールに輝いた、ポン・ジュノ監督の最高傑作『パラサイト 半地下の家族』がなぜ面白いのか。『岬の兄妹』で日本映画界を騒然とさせ、ポン・ジュノの助監督を務めた経験もある片山慎三監督が映画You Tubeチャンネル「活弁シネマ倶楽部」で解説した。
「活弁シネマ倶楽部」には、ネタバレなし/ありの双方の動画が上がっており、ネタバレ厳禁を徹底したポン・ジュノ監督の方針に沿った形での公開となっている。ネタバレなしの動画では、ポン・ジュノの過去作を順番に解説することで、『パラサイト 半地下の家族』がどんな位置付けの作品なのかを掘り下げていくなど、映画を見る前でも楽しめる内容になっている。そして、ネタバレを含む動画では、物語の中に仕掛けられた大きな秘密について、ポン・ジュノと近い存在である片山監督ならではの分析を披露している。

映画情報どっとこむ ralph また、観客にとっては印象深いラストシーンについて、その真意について、片山監督はハリウッドで映画を作ったこと(『スノーピアサー』『オクジャ/okja』)が大きく寄与していると分析した。『殺人の追憶』で世界映画史に名を刻んだ早熟の天才ポン・ジュノも、作品を重ねていく中でしっかりと成長していることに、片山監督もMC森直人も感嘆を隠せなかった。
『パラサイト 半地下の家族』は、数々の名作を生み出し続ける韓国の映画監督ポン・ジュノの最新作。半地下に位置した住居で貧しく生きるキム一家と、IT業界で成功を収め上流階級として豪邸に住むパク一家という、全く同じ構成の家族がお互いの経済力と労働に依存し合う物語で、資本主義社会の中で生きる2つの家族を中心に、サスペンスともコメディとも捉えきれぬ痛快な物語が展開される今までにない1作となっている。



活弁シネマ倶楽部公式ツイッター:
@katsuben_cinema 

映画情報どっとこむ ralph 『パラサイト 半地下の家族』

http://www.parasite-mv.jp/

監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ、チャン・ヘジン、チェ・ウシク、パク・ソダム

あらすじ
過去に度々事業に失敗、計画性も仕事もないが楽天的な父キム・ギテク。そんな甲斐性なしの夫に強くあたる母チュンスク。大学受験に落ち続け、若さも能力も持て余している息子ギウ。美大を目指すが上手くいかず、予備校に通うお金もない娘ギジョン… しがない内職で日々を繋ぐ彼らは、“ 半地下住宅”で 暮らす貧しい4人家族だ。
“半地下”の家は、暮らしにくい。窓を開ければ、路上で散布される消毒剤が入ってくる。電波が悪い。Wi-Fiも弱い。水圧が低いからトイレが家の一番高い位置に鎮座している。家族全員、ただただ“普通の暮らし”がしたい。

監督:ポン・ジュノ
1969年9月14日生まれ。大韓民国・大邱広域市出身。延世大学社会学科卒業後、韓国映画アカデミーで映画制作を学ぶ。劇場長編デビュー作は、監督・脚本を手掛け高い評価を得たペ・ドゥナ主演『吠える犬は噛まない』(00)。実際の未解決事件を題材にした長編2作目『殺人の追憶』(03)は、韓国動員520万人を超える大ヒットを記録し、完璧と評される構成力が絶賛された。その後、漢江に出現した怪物に娘を奪われた一家の奮闘を描いた『グエムル‒漢江の怪物‒』(06)を発表。1,240万人を超え、当時の韓国動員歴代1位のメガヒットとなった。
初の海外監督作品は、ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックスと共に参加した『TOKYO!』(08)。3部作のうちの一編『TOKYO!<シェイキング東京>』を、香川照之を主演に迎え東京で撮影。日本でも大きな話題となった。息子の殺人容疑を晴らすため真相に迫る母を描いた『母なる証明』(09)は、カンヌ国際映画祭などで高い評価を受け、国内外で20を超える賞を受賞。名実ともに韓国を代表する若き巨匠として、不動の地位を確立する。そして、ハリウッドを代表する国際色豊かな面々をキャストに配した『スノーピアサー』(13)を発表。氷河期が到来した地球を走り続ける列車を舞台に、独特の世界観を圧倒的スケールで具現化させた。その後、手掛けたNetflixオリジナル映画「オクジャ/okja」(17)は、カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、高い評価と共に大きな話題を呼んだ。ポン・ジュノ監督の長編7作品目となる『パラサイト 半地下の家族』(19)は、『母なる証明』以来10年ぶりとなる韓国映画。ジャンルにとわられない唯一無二の作風に磨きをかけ、見事、満場一致でカンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールに輝いた。
***********************************










良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

新藤兼人賞2019 最終ノミネーション監督13名が決定!


映画情報どっとこむ ralph 協同組合 日本映画製作者協会は、今年度公開作品の中から将来性のある新人監督を選出し、『新藤兼人賞』金賞・銀賞を贈ります。2019年度は、230作品が選考対象となり、ノミネーション監督13名が決定しました。

本年24回目を迎える本賞は、歴代受賞者のその後の活躍から「現役プロデューサーによる新人発掘の目は間違いない」と新人監督の登竜門として高く評価されるようになりました。

ノミネートされた13名の中から11月25日(月)に金賞と銀賞が決定します。

受賞者には、正賞として故・新藤兼人監督デザインのオリジナルトロフィー副賞として、金賞には賞金50万円、銀賞には賞金25万円が贈呈されます。授賞式は、12月6日(金)正午より如水会館オリオンルームにて開催の予定です。

≪ノミネート監督と作品≫ ※順不同
(監督)甲斐さやか 『赤い雪 Red Snow』
(監督)照屋年之 『洗骨』
(監督)片山慎三 『岬の兄妹』
(監督)鶴岡慧子 『まく子』
(監督)山崎 裕 『柄本家のゴトー』
(監督)奥山大史 『僕はイエス様が嫌い』
(監督)穐山茉由 『月極オトコトモダチ』
(監督)長久 允 『ウィーアーリトルゾンビーズ』
(監督)村上浩康 『東京干潟』/『蟹の惑星』
(監督)田中征爾 『メランコリック』
(監督)オダギリジョー 『ある船頭の話』
(監督)真利子哲也 『宮本から君へ』
(監督)箱田優子 『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

映画情報どっとこむ ralph ≪新藤兼人賞2019年度審査員≫
審査員長:孫家邦(株式会社リトルモア)
審査員:宇田川寧(株式会社ダブ)、松田広子(株式会社オフィス・シロウズ)、山上徹二郎(株式会社シグロ)、山本章(株式会社ジャンゴフィルム)

「新藤兼人賞」2019
WEB:
https://www.nitieikyo.com/  

新藤兼人賞web site:
https://www.nitieikyo.com/shindokanetoawards

TW:
https://twitter.com/nichieikyo
***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

業界内外の圧倒的な評価で公開前に拡大ロードショー決定! 片山慎三監督 映画『岬の兄妹』


映画情報どっとこむ ralph この度、障碍をもつ兄妹が犯罪に手を染めたことから人生が動きだす、地方都市の暗部に切り込み家族の本質を問う衝撃作『岬の兄妹』 が、いよいよ 3月1日より公開となります。

本作は、若手映像クリエイターの発掘・育成を目的に様々な支援事 業を展開している SKIP シティ 彩の国ビジュアルプラザが、開設 15 年を迎えることを記念して、SKIP シティ国際 D シネマ映画祭のコン ペティション部門に応募された日本映画一作のなかから劇場公開を約 束する「“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト」と題したプロジェクトで、優秀作品賞ならびに観客賞の W 受賞に輝き、全国公開。
プロジェクトの当初は、初日公開館数は6館の予定でしたが、関係者やマスコミ向け試写会、さらに第 31 回東京国際映画祭、東京シネマサロン、国立映画アーカイブ「Rising Filmmakers Project 次世代 を拓く日本映画の才能を探して」、ヨーテボリ国際映画祭、さぬき映画 祭 2019 などでの上映を経て、業界内外の圧倒的な評価を得て 3 月の公開を目前にして急遽、新宿バルト 9 や横浜ブルク 13、T・ジョイ蘇我などでの公開が決定したそうです。

現在 17 館(セカンド上映含む)での公開が決まっており、今後もさらに増えていく予定です。


『岬の兄妹』

misaki-kyoudai.jp

物語・・・

港町、仕事を干され生活に困った兄は、自閉症の妹が町の男に体を許し金銭を受け取っていたこと を知る。罪の意識を持ちつつも互いの生活のため妹へ売春の斡旋をし始める兄だったが、今まで理解のしよう もなかった妹の本当の喜びや悲しみに触れ、戸惑う日々を送る。そんな時、妹の心と体にも変化が起き始めて いた…。ふたりぼっちになった障碍を持つ兄妹が、犯罪に手を染めたことから人生が動きだす。地方都市の暗 部に切り込み、家族の本質を問う、心震わす衝撃作。


***********************************



出演:松浦祐也 和田光沙 北山雅康 中村祐太郎 岩谷健司 時任亜弓 ナガセケイ 松澤匠 芹澤興人 荒木次元 杉本安生 風祭ゆき(特別出演)

監督・製作・プロデューサー・編集・脚本:片山慎三

撮影:池田直矢 春木康輔
美術:松塚隆史 録音:西正義 日高成幸 大塚学 植田中 藤丸和徳 加藤大和
配給:プレシディオ
配給協力:イオンエンターテイメント/ デジタルSKIPステーション
宣伝:太秦 宣伝協力:NEWCON
協力:≪最速・最短 全国劇場公 開プロジェクト≫ 埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ デジタル SKIP ステーション/プレシディオ/イオンエンターテイメント/バップ/WOWOW/ NEWCON)

【2018 年/シネマスコープ/89分/5.1ch SURROUND SOUND】
©SHINZO KATAYAMA




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

片山慎三監督 衝撃作『岬の兄妹』特報予告とポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、障碍をもつ兄妹が犯罪に手を染めたことから人生が動きだす、地方都市の暗部に切り込み家族の本質を問う衝撃作『岬の兄妹』が、3月1日よりイオンシネマ板橋、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロー ドショーとなることが決定しました。

そこで本作の全国公開にあたり特報予告とポスタービジュアル、ならびに師匠でもあるポン・ジュノ監督から届いたコメントが解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph 韓国のポン・ジュノ監督の元で研鑚を積んだ片山慎三監督は、これまで 『TOKYO!』(08)※ポン・ジュノ監督パート、『母なる証明』(09)、『マイ・ バック・ページ』(11)、『苦役列車』(12)などに助監督として携わり、本作 が長編初監督作となります。

本作では脚本・編集も自身でこなし、一年間、 季節ごとの撮影を繰り返し完成まで二年以上かけた、まさに心血を注いだ妥 協なき骨太な傑作となっております。 兄を演じるのは、冨永昌敬監督作『ローリング』(15)での演技が印象に残る名バイプレーヤー、松浦祐 也。妹を演じるのは瀬々敬久監督作『菊とギロチン』(18)で女力士役に挑戦し、本作でも体当たりの演技 を見せる和田光沙。また産婦人科医役で、1980 年代の日活ロマンポルノを代表する女優、風祭ゆきが特別出演しています。


映画情報どっとこむ ralph ポン・ジュノ監督からのコメントです!

慎三、君はなんてイカれた映画監督だ!力強く美しい、ここまで大胆な作品が生まれるとは…衝撃を受けたよ。
多くの論争を巻き起こす見事な傑作だ。おめでとう。
映画情報どっとこむ ralph 岬の兄妹

3 月 1 日 よりイオンシネマ板橋、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロー ドショー

公式HP:misaki-kyoudai.jp

〈物語〉
港町、仕事を干され生活に困った兄は、自閉症の妹が町の男に体を許し金銭を受け取っていたことを知る。
罪の意識を持ちつつも互いの生活のため妹へ売春の斡旋をし始める兄だったが、今まで理解のしようもなかった妹の本当の喜びや悲しみに触れ、戸惑う日々を送る。そんな時、妹の心と体にも変化が起き始めていた…。
ふたりぼっちになった障碍を持つ兄妹が、犯罪に手を染めたことから人生が動きだす。地方都市の暗 部に切り込み、家族の本質を問う、心震わす衝撃作。
***********************************


出演:松浦祐也 和田光沙 北山雅康 中村祐太郎 岩谷健司 時任亜弓 ナガセケイ 松澤匠 芹澤興人 荒木次元 杉本安生 風祭ゆき(特別出演)

監督・製作・プロデューサー・編集・脚本:片山慎三
撮影:池田直矢 春木康輔
美術:松塚隆史
録音:西正義 日高成幸 大塚学 植田中 藤丸和徳 加藤大和
配給:プレシディオ
配給協力:イオンエンターテイメント/ デジタルSKIPステーション
宣伝:太秦
宣伝協力:NEWCON
協力:≪最速・最短
全国劇場公開プロジェクト≫ 埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ デジタル SKIP ステーション/プレシディオ/イオンエンターテイメント/バップ/WOWOW/ NEWCON)
【2018 年/シネマスコープ/89分/5.1ch SURROUND SOUND】
©SHINZO KATAYAMA




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ