「火花」タグアーカイブ

菅田将暉 × 川谷修士 桐谷健太 × 三浦誠己「火花」漫才シーンフル尺解禁


映画情報どっとこむ ralph お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の初純文学作品にして、<第153回芥川賞>受賞作「火花」を、主演に、今や若手No.1俳優との呼び声も高い菅田将暉と演技派俳優桐谷健太を据え、自身もお笑い芸人である板尾創路が監督をつとめて映画化した映画『火花』。
11月23日(木・祝)より全国318スクリーンにて公開した本作は、菅田・桐谷の漫才コンビの相方に、現役のベテラン漫才師・川谷修士(2丁拳銃)と、お笑い芸人だった経歴を持つ俳優 三浦誠己をキャスティングした本格的な漫才シーンや、主演2人が主題歌「浅草キッド」(作詞・作曲:ビートたけし)を歌っていることなどでも公開前から大きな話題を集め、現在絶賛上映中です。

映画情報どっとこむ ralph そんな映画『火花』の劇中に登場する2組のお笑いコンビの漫才シーンを!!!

動画配信サービス「GYAO!」にてフル尺で限定無料配信決定!

菅田将暉演じる【徳永】×川谷修士演じる【山下】のコンビスパークスと桐谷健太演じる【神谷】×三浦誠己演じる【大林】のコンビあほんだらが本物のお笑い芸人さながらの漫才に挑みます。

映画撮影時はエキストラの観客を前に、毎回ネタを全て披露していた彼らは、板尾創路監督に「役者が芸人を演じたのではなく、役者が芸人になった」と言わしめるほどの実力。漫才シーン動画にて、是非お確かめください!

映画情報どっとこむ ralph 【動画配信サービス「GYAO!」にて限定無料配信中!】
※GYAO!での配信は12月9日(金)までとなります。
※12月9日(金)以降は東宝のYouTubeチャンネルにて掲載いたします。

<スパークス>のネタ「ゾンビの対処法」
3日連続で相方がゾンビに食べられる夢を見たというボケ担当の徳永が、「お前にもう死んでほしくはない」として、ツッコミ担当山下にゾンビの対処法を伝授する。練習を開始する徳永と山下だが、山下は毎度徳永ゾンビに裏切られ、食べられてしまう。

スパークス視聴URL
<あほんだら>のネタ「余命3ボケ」

「あと3回ボケたら死ぬ。だから、自分にツッコミを入れないでほしい。」と訴えるボケ担当の神谷。ツッコミを禁止され、神谷から単なるよもやま話を聞かされ続けるツッコミ担当の大林。我慢できなくなった大林はついツッコミを開始してしまい……。

あほんだら視聴URL


全国東宝系にて大ヒット公開中!
公式サイト:
http://hibana-movie.com/

***********************************

出演:菅田将暉 桐谷健太
木村文乃
川谷修士 三浦誠己 加藤諒 高橋努 日野陽仁 山崎樹範
監督:板尾創路 / 脚本:板尾創路 豊田利晃
原作:又吉直樹「火花」(文春文庫 刊)
主題歌:「浅草キッド」作詞・作曲:ビートたけし 歌:菅田将暉×桐谷健太
(C)2017『火花』製作委員会
   


映画『火花』菅田将暉と桐谷健太が歌う「浅草キッド」MV 独占GYAO!無料初配信開始!


映画情報どっとこむ ralph お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の初純文学作品にして、<第153回芥川賞>受賞作「火花」を、お笑い芸人であり、映画監督でもある板尾創路の手によって映画化された映画『火花』。
主題歌は菅田将暉と桐谷健太が歌う、ビートたけしの名曲「浅草キッド」。

15日より楽曲の配信が各社音楽配信サービスにおいて開始され、そして本日、GYAO!にて期間限定の独占無料配信で二人が歌う「浅草キッド」のミュージックビデオの映像が解禁となりました!映画の公開に先駆け、本編の未公開映像や、二人のレコーディング風景なども盛り込まれた貴重な内容のミュージックビデオに仕上がってます!

そして!

映像配信サービス「GYAO!」さんから、MVフルバージョンを共同製作し、本日より独占無料初配信することが決定しました。

「浅草キッド」ミュージックビデオ(4分12秒)

視聴URL

映画情報どっとこむ ralph いよいよ公開間近となった映画『火花』。菅田将暉と桐谷健太が力強く歌い上げる「浅草キッド」のミュージックビデオを見てから映画を観るとより楽しめること間違いなし!

映画『火花』

11月23日(木・祝) 全国東宝系にてロードショー!
hibana-movie.com

漫才の世界に身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年【徳永】を『帝一の國』や『銀魂』の大ヒットも記憶に新しい若手No.1俳優・菅田将暉が演じ、強い信念を持ち徳永の師匠となる先輩芸人【神谷】をテレビ・ドラマで大活躍の演技派俳優・桐谷健太が演じることでも話題沸騰の本作!

ヒロイン【真樹】には話題作への出演が続く女優・木村文乃、さらに【徳永】と漫才コンビ「スパークス」を組む【山下】役には川谷修士(2丁拳銃)、【神谷】と漫才コンビ「あほんだら」を組む【大林】役には三浦誠己といった二人がキャスティングされ、本格的な漫才シーンにも大注目です!

***********************************

出演:菅田将暉 桐谷健太

木村文乃
川谷修士 三浦誠己 加藤諒 高橋努 日野陽仁 山崎樹範

監督:板尾創路
脚本:板尾創路 豊田利晃

原作:又吉直樹「火花」(文春文庫刊)

主題歌:「浅草キッド」作詞・作曲:ビートたけし
歌:菅田将暉×桐谷健太
Ⓒ2017「火花」製作委員会


菅田将暉x桐谷健太 映画『火花』×551蓬莱 コラボ


映画情報どっとこむ ralph お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の初純文学作品「火花」。
その「火花」を原作者・又吉の先輩でもある板尾創路がメガホンをとり、主演・菅田将暉、桐谷健太で映画化することが決定しました。


そんな映画「火花」と大阪名物として知らない人はいない「551蓬莱」との奇跡のコラボが実現しました!

本作はお笑いの世界を全力で生きる二人の姿を描いた作品。その生き生きとした姿が映画ポスターの二人の笑顔に表されています。この二人の笑顔、どこかで見たことがある・・・ そう「ある時~!!」のCMでお馴染みの吉本興業所属芸人のなるみさんと株式会社蓬莱 常務取締役・田中一昭さんの笑顔にそっくりではないでしょうか!
映画情報どっとこむ ralph なんと今回、主演二人の出身地が大阪ということもあり、地元大阪を代表する企業である「551蓬莱」がコラボのオファーを快諾。お笑いといえば大阪ということもあり、大阪を代表する企業とのまさにピッタリのコラボが実現しました。完成したポスタービジュアルを見て、監督の板尾創路さんは「又吉に頼んで、小説『豚饅』を書いてもろたらええやん!」とコメント。お笑いのご当地・大阪での大ヒットを予感させるコラボポスターは11月12日(日)より「551蓬莱」42店舗にて掲出が開始されます。

また、当コラボにともない、「551蓬莱」では11月12日(日)から12月10日(日)、同42店舗にて映画公開記念プレゼントキャンペーンを実施します。

【プレゼントキャンペーン内容】 
上記の期間中、プレゼントキャンペーン実施店舗にて1,000円以上お買い上げの方に応募用紙を配布。必要事項を記入し応募して頂いた方の中から抽選で映画「火花」プレスシートもしくは映画「火花」特製すべらないメモ帳をプレゼント。
(各10枚ずつのご用意)
※各店舗、応募用紙が無くなり次第終了とさせて頂きます。

映画HP:
551蓬莱HP:

映画情報どっとこむ ralph 映画「火花」

若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、「俺の伝記を作って欲しい」と頼む。その日から徳永は神谷との日々をノートに書き綴ることに。
その後徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会。毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも仲良くなり、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。
しかし、いつしか2人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める―。

2017年11月23日(木・祝)全国東宝系にてロードショー

***********************************

原作:又吉直樹「火花」(文春文庫 刊)
監督:板尾創路(『板尾創路の脱獄王』、『月光ノ仮面』)
脚本:板尾創路、豊田利晃(『青い春』、『クローズEXPLODE』)
出演:菅田将暉、桐谷健太、木村文乃、川谷修士、三浦誠己ほか
配給:東宝
Ⓒ2017『火花』製作委員会


映画『火花』山形国際ムービーフェスティバルに 板尾創路監督が登場!


映画情報どっとこむ ralph お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんの初純文学作品にして、<第153回芥川賞>受賞作「火花」を自身もお笑い芸人であり、映画監督でもある板尾創路さんの手によって映画化された、映画『火花』が11月23日(木・祝)より公開となります。

そして先日完成披露試写会が行われ感動の声が続々と寄せられ始めている中、11月10日(金)から開幕した第13回山形国際ムービーフェスティバルに『火花』が招待作品として参加しました!

第13回山形国際ムービーフェスティバル招待作品『火花』
11月10日オープニングセレモニー
11月11日上映舞台挨拶
登壇:板尾創路監督

映画情報どっとこむ ralph 前回の映画祭でもNetflix版の「火花」全10話を3日間に亘り上映するなど『火花』の応援体制が整っていることから今回の映画祭への参加が決定。

今回、スタッフ・キャストを代表して10日に実施されたオープニングセレモニーと本日の舞台挨拶に板尾創路監督が登場。

監督が特別上映に駆け付けたファンと一緒に映画を鑑賞したいとのことで急遽、客席で映画を鑑賞することに。

MCの呼び込みで客席から舞台上に登壇すると大きな歓声が上がり・・・

板尾監督:今回は客席でお客さんと一緒に観たので、それぞれのリアクションに注目して観ていました。隣に座っていたおばさんが笑ってくれていて嬉しかったです。山形にはドラマの撮影や、若いころの舞台公演でも何度か来たことがあります。昔、ドラマで山形のさくらんぼ農家の役をやったのですが山形の方言があまりにも難しくて…。でも、すごく親しみやすい、かわいらしい方言だなというイメージがあります。昨日も山形の名産である玉こんにゃくを食べて、本当においしかったです。映画祭の実行委員のかたも本当に日本映画を盛り上げようとしてくれている素晴らしい人たちばかりで、来年になったらすぐにでも山形を訪れたいです。

『火花は』自分でも観るたびに感動するタイミングが変わる映画だと思っています。今日はエンドロールで映画に出演してくれた、たくさんの芸人たちの名前が出てくるのを観て泣きそうになりました。なので1回といわず、2回、3回と楽しんでいただければ光栄です。

映画情報どっとこむ ralph 映画を観た山形のファンからも板尾監督に大きな賞賛の拍手が送られ、映画『火花』の感動の波が今、日本中に広がります!

映画『火花』

11月23日(木・祝)全国東宝系ロードショー


物語・・・

若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に
「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、「俺の伝記を書いて欲しい」と頼む。その日から徳永は神谷との日々をノートに書き綴ることに。

その後徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会。毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも仲良くなり、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。
しかし、いつしか2人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める―。

***********************************

出演:菅田将暉、桐谷健太 木村文乃 川谷修士、三浦誠己、加藤 諒、高橋 努、日野陽仁、山崎樹範

原作:又吉直樹著「火花」(文春文庫 刊)
監督:板尾創路(『板尾創路の脱獄王』、『月光ノ仮面』)
脚本:板尾創路、豊田利晃(『青い春』、『クローズEXPLODE』)


映画『火花』芸人試写会実施 ほんこん、尼神インター、8.6秒などコメント到着!


映画情報どっとこむ ralph お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の初純文学作品にして、<第153回芥川賞>受賞作「火花」を板尾創路監督の手により映画化。

映画『火花』が11月23日(木・祝)より公開となります。

漫才の世界に身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年【徳永】を菅田将暉が演じ、強い信念を持ち徳永の師匠となる先輩芸人【神谷】を桐谷健太が演じることでも話題沸騰の本作!

と言うことで、芸人試写会が行われ、試写会を観終わった後は、「こういう先輩おったな!」「自分たちの下積み時代を思い出した」など徳永と神谷の生きざまに共感する芸人が続出!

監督をつとめた板尾創路の相方をつとめる130Rのほんこんは「スパークスの解散ライブの漫才で泣いてしまいました!」とコメントするなど、ベテランから若手まで感動と称賛の声が続々と届いてます!

“ほんこん”コメント 
「若者が青春な時代を過ごしているのを上手い事表現していたと思います。あとスパークスの解散ライブの漫才で泣いてしまいました!本当に見事に感動させてくれました。やっぱり最後のビートたけしさんが作った『浅草キッド』あの曲は僕らがデビューしてコンビを組んでちょっと経ったときにリットン調査団の水野さんが教えてくれたんです。あの歌とこの映画はすべてがリンクしてますんで、是非、楽しんでください。」

“バッドボーイズ”コメント
「芸人の話なんですけど、人生に通ずるものでもあると思ってます。色々と名言が飛びかって来て、このあと自分のやりたいことはなんだとか、自分の仕事をどうして行こうとか考えさせられる映画だと思いますので、是非とも劇場で観て頂けたらなと思っております。」

“ブロードキャスト!!”コメント 
「これは本当観てください。良い物は絶対に伝わると信じています。芸人のリアルを皆さん是非観てください。漫才師の話ですけど、皆さんにもあった、それぞれの青春に置き換えられる部分が沢山あると思います。ほんとに。火花、サイコー!」

“アジアン”コメント 
「我々芸人が見ても素晴らしいな、うちらにもこういう時代あったなっていう共感できる部分とか、ちょっとホロっとする部分もあってオススメです。是非とも、違う職業の人、老若男女、幅広い世代の方に観ていただいて、“あぁ、芸人ってこういう世界なんだ”っていうのを実感していただけたら。映画は夢を追いかける青春物語、何が正解か不正解かもわからないですけど、そこにかけた時間というのは無駄じゃないというか、素敵な時間の使い方をしたんだという素敵な物語になっていると思います。」

“フルーツポンチ”コメント 
「これは芸人のお話でもありますけど、それを飛び越えて青春物語でもありますから、お笑いって世界を知らなくても、興味がなくても、楽しんで感動できるような作品です。ぜひ観てみてください!」

“尼神インター”コメント 
「本当に芸人じゃなくても、夢を追いかける人だったらグッとくる、感動できるところがあると思うので是非観てください。あと、この映画の中に出てくる木村文乃さん、真樹めっちゃいい女!世の女性参考にして!あれが良い女です!」

“バンビーノ”コメント
「“芸人ってこんな感じなんや”って思う人もあれば、“いや、こんなことないやろ”って思う方も多分いると思うんですけども、ちょっとした所作とか、こうゆう所に気を付けて漫才を作ってるんやとか、そうゆう細々としたとこにすごいこだわりがあるんで、そこを観ていただいたらもっと奥深く楽しめるんじゃないかなと思います。」
“ピスタチオ”コメント 
「とにかくリアルが詰まっている。色々と感情移入しちゃいました。それをすごくイケメンな二人でオシャレに脚色してますが、芸人さんの心情にはリアルが詰まってますのでみなさん是非ご覧ください。」

“ランパンプス”コメント
「芸人の私生活からすべてが詰まってて、これを観たら僕ら芸人に愛着がわいてくると思いますので、ぜひぜひご覧になって頂きたいなと思います。見どころは、菅田将暉さんじきじきに褒められたランパンプス小林の煙草を吸う演技です。」

“インディアンス”コメント
「すごく華やかで煌びやかなお笑いの世界の裏側をものすごいリアルに描いてる作品なんで、ある種、心して観ていただきたい作品になっているとおもいます。ぜひ劇場でご覧ください!」

“8.6秒バズーカー”コメント
「観させて頂きまして、僕ら芸人のリアルな部分とかを見ることができて、非常に大感動の映画です。一般のお客さんも勿論楽しめる作りになってますので、是非劇場で観て頂きたいと思います。観に来てゴレライ!」

映画情報どっとこむ ralph さらに芸人試写に訪れたコンビたちが徳永と神谷が仲良く肩を組むポスタービジュアルを完全再現し、劇中の二人に負けない爽やかな笑顔を披露しています!

なお映画の公式サイトにて、今後芸人たちのコメント動画を随時アップしていく予定だそうです!


映画『火花』

11月23日(木・祝)全国東宝系ロードショー

ストーリー
若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、「俺の伝記を書いて欲しい」と頼む。その日から徳永は神谷との日々をノートに書き綴ることに。
その後徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会。毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも仲良くなり、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。
しかし、いつしか2人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める―。

***********************************

原作:又吉直樹著「火花」(文春文庫 刊)
監督:板尾創路(『板尾創路の脱獄王』、『月光ノ仮面』)
脚本:板尾創路、豊田利晃(『青い春』、『クローズEXPLODE』)
出演:菅田将暉、桐谷健太
木村文乃
川谷修士、三浦誠己、加藤 諒、高橋 努、日野陽仁、山崎樹範

又吉直樹,火花,文春文庫,板尾創路,菅田将暉,桐谷健太,木村文乃,