「瀬戸山美咲」タグアーカイブ

津田寛治 x 駒井蓮 映画『名前』に著名人から続々コメント!奥浩哉先生からはイラストも!


映画情報どっとこむ ralph 6月30日(土)より新宿シネマカリテほか全国公開される映画『名前』。
本作の撮影現場となった茨城県での先行上映も決定。東京公開に先駆け、6月16日(土)からイオンシネマ守谷で公開が開始されます。

そして、本作をご覧になった著名人の方々からコメントが届いています。

『GANTZ』『いぬやしき』等を生み出した超人気漫画家・奥浩哉先生からはコメントと共にヒロイン・駒井蓮のイラストが到着しました。さらに近藤芳正さん、瀬戸山美咲さん、相田冬二さん、松井良彦監督など各界の著名人より多くのコメントも解禁です。

映画情報どっとこむ ralph コメント

奥 浩哉(漫画家)
純粋にストーリーを楽しめた!特に目を引いたのは、新人の駒井蓮さんの素朴で初々しくも自然な演技。 彼女は表情や仕草など非常に魅力的。これから要注目の女優さんだと感じた。 親世代の男性は 彼女のような娘が欲しいと思うんじゃないだろうか。

近藤芳正(俳優)
人間が悩み、苦しむ姿は、他人から見ると可笑しかったり、美しかったりする。そんな人間が、戸田監督もほっとけ ないんだな。そして物語が先行ではなく、人間が先行で物語を創っている。そこが好き!

瀬戸山美咲(劇作家・演出家)
恋人でも友達でも家族でもない。ふたりのあいだの空気がとてもいい。正男はしょうもない奴だけれど、笑子を「女 子高生」とか「子供」とかいう記号で捉えない。笑子もまた、相手が大人だからといって物怖じしない。人と人が出 会う時、本当は名前も記号も必要ないのかもしれない。なんでもない場所が少しだけ特別な場所に見えてくる夜明け のシーンを見ながら、そんなことを考えた。

相田冬ニ(ライター)
あなたがだれなのか、わたしは知らない。わたしがだれなのか、あなたは知らない。けれども、まだだれでもないふ たりだからこそ育めるものがあることを、わたしたちの躰と本能は知っている。まだ名づけることができないたいせ つな感情に「名前」をつけようとする、これは慎ましくも勇敢な物語である。

安田真奈(映画監督・脚本家)
戸田監督の演出力と道尾秀介氏のミステリーが、見事に融合した映画「名前」。津田寛治さんとダブル主演の座を射 止めた駒井蓮さんは、新人らしからぬ繊細な演技で、不思議・不安定・不完全な少女をリアルに演じていた。彼女の 揺らめく表情を、ずっとずっと、見ていたいと思った。駒井蓮さん。彼女の「名前」もまた、是非ご記憶を。

深作健太(映画監督・演出家)
いい映画というものは、素敵なウソをつく。孤独な二人の世界のウソが重なる時、ニセモノの関係はホンモノになる。 かつて、映画と演劇は密接な関係にあった。いま戸田彬弘という才能が日本映画に必要なのは、映画と演劇の境界線 の〈本当〉を生きる稀有な監督の一人だからだ。駒井蓮の〈可能性〉がスクリーンの中で輝いている。俳優の演技の 向こうに、溢るる真情を映し出す戸田さんの世界が僕は大好きだ。

松井良彦(映画監督 / 映画「追悼のざわめき」等)
主人公のおじさんと女子高生の笑子(えみこ)が、過去から生じる孤独や、現在から生じる焦燥。そして、未来への 不安を感じ、思い、考え、行動をする。そんな彼らへの、戸田監督の想いと眼差しは、時に突き放し、ときに暖かく 見守る。やがて、おじさんは、一皮剥け、笑子も成長をし、二人は自我に目覚め、希望をも見いだしていく。そして、 それらの描写には余分なものは一切なく、的確に描かれ、実に心地いい。なんとも、いい映画でした。

大九明子(映画監督)
雨、水面、霞む緑。どこか熱帯を思わせる美しい映像が、静かにこっちの呼吸を奪いに来る。息苦しいのはそれだけ じゃない。だっておかしいじゃないか。登場人物たちは名前を軽んじ過ぎている。人間誰しも名前を呼んで欲しいん じゃないのか。でも確かに、名乗らずに臨む酒席の開放感ったら無いもんな…そんな気持ちで見続けて、気づけばあ の渡し舟に乗って自分の名前を叫びたい気持ちになっていた。以上、大九明子でした!

映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家・道尾秀介が映画の為に書き下ろしたオリジナル原案を基に生み出された本作は、 人生に希望を失くした男の再生や思春期の心の揺らぎを繊細に描き出したヒューマン・ミステ リー。名前を偽る主人公・正男を演じるのは、『模倣犯』『シン・ゴジラ』など、メジャーからイン ディペンデントまで数多くの映画・ドラマに出演してきた名バイプレイヤー・津田寛治。ストーリ ーの鍵を握る不思議な女子高生・笑子に、『心に吹く風』やドラマ「先に生まれただけの僕」な どで瑞々しい魅力を放つ駒井蓮。更に筒井真理子、松本穂香、勧修寺保都、内田理央、池田 良、木嶋のりこ、波岡一喜、川瀬陽太など、豪華な役者陣が揃った。監督には、『ねこにみか ん』などの監督を務め、舞台演出家としても大注目の新世代作家・戸田彬弘。

映画『名前』

6 月 30 日より新宿シネマカリテ他全国順次ロードショー

物語・・・
経営していた会社が倒産し、茨城にやってきた中村正男。様々な他人の名前を周囲に偽って使 い、体裁を保ちながら自堕落な暮らしを送っていた。ある日素性がバレそうになり窮地に陥っていた正男 のもとへ、彼を「お父さん」と呼ぶ女子高生・葉山笑子が突然現れる。笑子のペースに振り回されながらも、 親子のような生活に束の間の平穏を見出す正男。しかし、笑子がある事情から正男のことを、自分の生き 別れた父親だと思っていることに気づき、自分の消してきた過去のことを考え始める。正男には死産した 娘がいたのだった…。そして心を閉ざして高校生活を送ってきた笑子も、演劇部で主演のひとりに選ばれ て、少しずつ変わっていく。

***********************************


津田寛治 駒井蓮 / 勧修寺保都 松本穂香 / 内田理央 池田良 木嶋のりこ 金澤美穂 比嘉梨乃 真広佳奈 小槙まこ 戸畑心 柿本朱里 アベラヒデノブ 田山由起 竹下かおり 信國輝彦 松林慎司 稲荷卓央 / 波岡一喜 川瀬陽太 田村泰二郎 西山繭子 / 筒井真理子

原案:道尾秀介
監督・編集:戸田彬弘
脚本:守口悠介 製作統括:井川楊枝
プロデューサー:前信介 音楽:茂野雅道 撮影:根岸憲一
録音:鈴木健太郎 MA:吉方淳二 音響効果:國分玲 助監督:平波亘 制作担当:森田博之 衣装:博多屋あい ヘアメイク:堀奈津子 アシスタントプロデューサー:雨無麻友子
スチール:北島元朗
制作プロダクション:グラスゴー15
企画・製作:一般社団法人茨城南青年会議所
配給・宣伝:アルゴ・ピクチャーズ
製作:MARCOT/グラスゴー15/チーズ film/ムービー・アクト・プロジェクト
©2018 映画「名前」製作委員会 2018/日本/16:9/114 分


二階堂ふみ x 吉沢亮 欲望と孤独・・焦燥感 行定勲が描く『リバーズ・エッジ』予告解禁


映画情報どっとこむ ralph どうしようもない欲望と孤独を持て余し、生きることにもがく若者たちの姿を鮮烈に描く岡崎京子の代表作「リバーズ・エッジ」が映画化!

『リバーズ・エッジ』は2018年2月16日(金)より全国ロードショーとなります。

このたび、本予告映像が完成。

二階堂ふみ演じるハルナと吉沢亮演じる山田が、河原で偶然みつけた死体を共通の秘密としていびつな友情を結んでいく様子が描かれています。2人を取り巻くクラスメートたちも登場し、山田がハルナの恋人・観音崎から激しく殴られるシーンや、大量に食べては吐く摂食障害を持つモデルのこずえが、ハルナにキスをするシーン、ハルナの親友のルミが密かにハルナの恋人と関係を持っている様子など、衝撃的な場面が疾走感あふれる音楽にのって畳み掛けられ、青春に別れを告げ大人になろうともがく若者たちの姿が刻まれた予告編となっています。

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・

「若草さん、今晩ヒマ? 僕の秘密の宝物、教えてあげる」。

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)がいじめる山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ、放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は友情とは違う歪んだ絆で結ばれていく。

ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そんな山田に過激な愛情を募らせるカンナ(森川葵)、暴力の衝動を押さえられない観音崎、大量の食糧を口にしては吐くこずえ、観音崎と体の関係を重ねるハルナの友人ルミ(土居志央梨)。閉ざされた学校の淀んだ日常の中で、それぞれが爆発寸前の何かを膨らませていた。そんなある日、ハルナは新しい死体を見つけたと報せを山田から受ける・・・。

監督を務めるのは行定勲監督。出演は二階堂ふみ、吉沢亮のほか、森川葵、上杉柊平、SUMIREら、日本映画の新時代を担っていく華やかな若手俳優たち。衝撃的な岡崎ワールドに体当たりで飛び込み、リアルで衝撃的な「生」の姿をスクリーンに叩きつけた。そして主題歌は、かねてより岡崎京子と親交があり、その固い絆で知られる小沢健二が書き下ろしている。
リバーズ・エッジ

2018年2月16日(金)よりTOHOシネマズ新宿他全国ロードショー

movie-riversedge.jp

***********************************

出演:二階堂ふみ 吉沢亮  上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨  森川葵
監督:行定勲
脚本:瀬戸山 美咲
原作:岡崎京子「リバーズ・エッジ」(宝島社)
主題歌:『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』 小沢健二(ユニバーサル ミュージック)/作詞・作曲:小沢健二
© 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社