「瀬々敬久」タグアーカイブ

生田斗真 瑛太 瀬々敬久監督『友罪』ポスターと重厚な特報映像、解禁


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督待望の最新作『友罪』(ゆうざい)が2018年5月より全国公開となります。

本作は、デビュー作で江戸川乱歩賞受賞のミステリー界の若手旗手として注目される作家・薬丸岳が2013年に発表し、神戸児童連続殺傷事件を彷彿とさせ話題を呼んだ「友罪」の映画化で、かつて世間を震撼させた事件を起こした少年Aの“その後”を描く重厚な人間ドラマです。

ジャーナリストの夢破れて町工場で働き始める益田役に生田斗真。
同じタイミングで働き始め、周囲との交流を避け過去を語りたがらない影のある青年・鈴木役に瑛太。
同い年の二人は次第に打ち解け心を通わせていくのですが、あるきっかけで益田は、鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の元少年犯ではないかと疑い始め―。その他、二人を取り巻く様々な人間模様も見所の本作。佐藤浩市をはじめ、夏帆、山本美月、富田靖子と日本映画界を代表する名優が本作に集い、それぞれの過去と現在が絡み合い、疑心や後悔に囚われた様々な人間模様が交錯していくストーリー。

そして、自撮り写真のポスターと、重厚な特報映像、解禁。

この度、特報映像&ティザービジュアルが公式サイト(http://gaga.ne.jp/yuzai/)にて解禁!

特報は、短い映像ながらも目をそらせないほどの緊張感と気迫に満ちており、主演の生田斗真と瑛太をはじめ、豪華共演者が織り成す、疑心や後悔に囚われた者たちの重厚な人間ドラマに期待が膨らみます。


また、ティザービジュアルで映し出されているのは、特報とは打って変わり、仲良さげに楽しそうな笑みを浮かべ自撮りをする益田(生田斗真)と鈴木(瑛太)の姿。一見、親友に見える二人の間に何があるのか―。二人の笑顔と爽やかな青空に相反する、キャッチコピーにある“少年A”というワードと、タイトルの「友罪」が意味するものとは?謎に包まれた本作への興味を掻き立てるビジュアルとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 併せて、劇中写真も初解禁!
公開されたのは、工場での勤務中、ふと冷たい視線で一点を見つめる鈴木(瑛太)の姿を捉えた、不穏な雰囲気を感じさせるカットや、

佐藤浩市演じるタクシー運転手・山内修司が厳しい表情で電話を掛けているカット、
益田(生田斗真)のジャーナリスト時代の同僚でかつて恋人だった山本美月演じる・杉本清美が訝しげな面持ちで事件に関して調査をしているシーン。
鈴木に次第に好意を抱いていく藤沢美代子(夏帆)、
鈴木の少年院時代に担当法務教官だった白石弥生(富田靖子)。
それぞれが抱える過去とは何なのか、そしてどのように人間模様が交錯していくのか作品への期待が高まるばかり。


友罪

公式サイト:
http://gaga.ne.jp/yuzai/

物語あなたは“その過去”を知っても、友達でいられますか・・・?

ジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始める益田(生田斗真)と、同じタイミングで工場勤務につく鈴木(瑛太)。鈴木は周囲との交流を避け、過去を語りたがらない影のある人物だが、同い年の二人は次第に打ち解け心を通わせていく。だが、あるきっかけと行動で、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める――。

***********************************

監督:瀬々敬久 (『64-ロクヨンー前編/後編』)
原作:「友罪」薬丸岳(集英社文庫刊)
出演:生田斗真 瑛太 夏帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市
製作幹事:WOWOW/ハピネット
配給:ギャガ 
(c)薬丸 岳/集英社
(c)2018映画「友罪」製作委員会
      


佐藤健がマフラープレゼントに・・・『8年越しの花嫁 奇跡の実話』イベント


映画情報どっとこむ ralph 結婚式の直前に突然の病で意識不明となった花嫁と、彼女を8年間待ち続けた新郎の奇跡の実話を描いた「8年越しの花嫁 奇跡の実話」。

すでに始まった試写会でも「ずっと泣きっぱなしで、とにかく感動」「これが実話とはすごい!」「見終わった後、心があったかくなる」などすでに話題沸騰の本作。

この度ナイーブ×「8年越しの花嫁 奇跡の実話」プレミアムイベントが行われ、佐藤健さんが登壇しました。

ナイーブ×「8年越しの花嫁 奇跡の実話」プレミアムイベント
日時:12月7日(木)
場所:新宿ピカデリー
登壇:佐藤健 

映画情報どっとこむ ralph MCの呼びかけで大歓声の中、登場した佐藤健さん。

佐藤さん:みなさん作品いかがでしたでしょうか。一足先にこの作品を観たいと思って来ていただきありがたいです。今回はナイーブさんのイベントというところで心なしか皆様からもナイーブの香りがしますね(笑)

とあいさつ。そう今回のイベントは、主催がクラシエさんのナイーブ。


『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で主人公の尚志役について尋ねられると

佐藤さん:ドキュメンタリーの映像を観たときに衝撃を受けました。この実話を映画化をして、たくさんの人に届けたいと思いました。もちろん我々役者は芝居をしているのですが、芝居をしているように見えない、セリフを言うけどセリフを言っているように聞こえない、ことを心がけて、日常の延長線上にあるような芝居を意識しました。瀬々監督から具体的な指示はなかったけど、言葉なくとも理想としていることは共通してるはず。なので監督から「もう一回!」って言われた時は、究極に肩の力を抜くなどし、現場に挑みました。


と撮影を振り返った。

また、

佐藤さん:尚志さんご本人にお会い出来たのは大きかったです。実際に会ったイメージはドキュメンタリーの映像で見てた時のイメージとブレがなかったです。

と尚志さんに実際に会った際のエピソードを明かした。さらに共演した土屋太鳳さんとのエピソードを尋ねられると、

佐藤さん:(会場のみなさんには)映画を観ていただいたのでわかると思うのですが、本当に難しい芝居を要求されていたので、少しでも彼女が力を発揮できる環境づくりをしたいなと思っていました。彼女が腑に落ちた状態で芝居が始まらないといい作品にはならないので、彼女の引っかかりをとる、彼女が発言しやすい環境を作るようにはしました。

と撮影現場を振り返った。

映画情報どっとこむ ralph また主題歌について尋ねられると

佐藤さん:歌詞に、幸せとは『大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事』、という部分があって、なぜback numberのみなさんはこの映画の本質をここまで理解できるんだろう、と思いました。8年間麻衣さんを待っていて尚志さんは幸せだったはずなんです。そこをよく分かってくれているな、と思いました。

と印象を持ったと話した。

また、佐藤がダンスを披露しているナイーブのCM撮影の練習を『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の撮影中に練習したというエピソードが明かされ、

佐藤さん:映画の撮影中は岡山で暮らしていたので、映画のオフの日や撮影の空き時間にスタジオを借りて、ナイーブのダンスを練習していました。高校時代にブレイクダンスをやっていたのですが、立って踊るというのは経験ないので、ただの素人が岡山で練習をしてあの形に持って行きました。ただの頑張り屋さんです(笑)。

と振り返り、会場の笑いを誘った。実際のCM撮影時には

佐藤さん:宝塚のみなさんと踊ったのですが、息を合わせるのが難しかったです。ハットを投げる時のタイミングも難しかった。

と、軽やかに踊っているCMの舞台裏を告白。

ここで、劇中で土屋太鳳さん演じる麻衣が佐藤健さん演じる尚志にマフラーをプレゼントしているシーンにちなみ、抽選で選ばれた観客1名にピンクのマフラーを佐藤さんからサプライズプレゼント。

佐藤さん:メリークリスマス!

声をかけ、マフラーを首に巻かれた当選者は感極まった様子で、会場からも悲鳴が起こった。

当選者:10年間応援してきて、心臓が飛び出そうです。すごい幸せです。死んでも大丈夫。」と話す当選者に「生きてくれ!」と返す佐藤さんに会場も暖かな雰囲気に包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

佐藤さん:本日はありがとうございました。公開に向けて、宣伝ラストスパートの時期です。

日本中に愛を届けるため、たくさんの方に観ていただくために頑張って行きたいと思います。

本日観ていただいて良い映画だと思っていただいた方は是非お力をお貸しください。また今回のイベントを開催できましたのはクラシエさんのおかげです。

改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

と話し、イベントは幕を閉じた。

***********************************

佐藤 健 土屋太鳳 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治 杉本哲太 薬師丸ひろ子
主題歌:back number「瞬き」(ユニバーサル シグマ)

監督:瀬々敬久(「64-ロクヨン-前編/後編」)
脚本:岡田惠和(「ひよっこ」)
音楽:村松崇継(「抱きしめたい-真実の物語-」)
原作: 中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社)
配給:松竹
©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会


佐藤健・土屋太鳳ウェディングスタイルイベントにウットリ「8年越しの花嫁 奇跡の実話」


映画情報どっとこむ ralph 佐藤健&土屋太鳳、ウェディング姿で登場!!
結婚式場で、花嫁&花婿の想いを集めた“ハチハナツリー”をお披露目!

結婚式の直前に突然の病で意識不明となった花嫁と、彼女を8年間待ち続けた新郎の奇跡の実話を描いた「8年越しの花嫁 奇跡の実話」。

この度公開に先がけ、今回は数々の有名人の挙式などを手掛ける、㈱テイクアンドギヴ・ニーズ直営の人気で実際のモデルになったお二人も挙式を上げた結婚式場「アーフェリーク白金」にて、佐藤健さん、土屋太鳳さんがタキシードとウェディングドレスで登場!また。全国のプレ花嫁&花婿の「8年後の未来」への想いを集めた特製ツリー、“ハチハナツリー”をお披露目しました!

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』公開直前イベント
日程:11月28日(火)
場所:アーフェリーク白金
登壇: 佐藤健、土屋太鳳

映画情報どっとこむ ralph 主題歌 back numberの「瞬き」が流れる中、佐藤健さん、土屋太鳳さんがタキシードとウェディングドレスで厳かに登場。


土屋さんのドレスは劇中で着用したもの。
土屋さん:未来の夫婦の方々が、スタートを切る場所で緊張していますが、幸せな空気を感じています。撮影の時と髪型も違って・・・健先輩なので動揺しています。沢山の女性の代表としてここに立っています。素敵です。

と、佐藤さんのタキシード姿にうっとり。佐藤さんはエスコートになれなくてソワソワ。
佐藤さん:いつもと違う状況にフワフワしています。エスコート40点ぐらいでした。もっと優雅にやりたかったんですけど。緊張してうまく出来なかったですね。

ここで、土屋さん自分の姿はどうですか?と大胆に質問。

佐藤さん:もちろん綺麗。隣に立てて最高に幸せです。

全国のプレ花嫁&花婿の「8年後の未来」への想いを集めた888枚のメッセージカード特製ツリー、“ハチハナツリー”をお披露目!

土屋さん:愛の言葉がたくさん詰まってるんだなと思います。とても幸せな気持ちです。キラキラしています。

完成披露舞台挨拶では8年前を振り返りましたが、今回は「8年後どうなっていたいか?」を問われ

佐藤さん:想像がつかないですが・・・役者でいるなら。8年後にまた土屋さんと共演したいです。結婚後で気を許せる関係になっているものを描いたものを演じたいですね。

土屋さん:30代に入る前。健先輩と共演したいです。大切な時間を温められる人になっていたいと思います。また健先輩にたどり着けるように。

と回答。

映画情報どっとこむ ralph ここで、観客の皆さんからの質問に答えるコーナーに

Q:この映画を演じてみて結婚したくなりましたか?
佐藤さん:もちろん。もともとしたい気持ちはありましたので。実際にモデルとなったご夫婦に会って、一つの結婚の形をみられて。より憧れが強くなりました。

と、すぐにでもOKな佐藤さん。
土屋さん:撮影の時に、ご夫婦にお会いして素敵なご夫婦だなと。人生を一緒に歩いていくということ学びました。わたしも結婚に挑戦したいと思います。前向きに。

挑戦!を繰り返す土屋さんは体育会系女子。


Q:理想のプロポーズのシチュエーションは

佐藤さん:プロポーズ・・・・特別なことは、できるならやりたくない。気の重くなるイベントだと思いますね。自分がやるならさりげなくプロポーズします。

と日本男児的な佐藤さん。一方、受けるとしたら、

土屋さん:その方による気がします。相手の方が一生懸命に考えたものなら。

と、控えめな土屋さん。

Q:いつまでに結婚したい?

佐藤さん:いつでもいいんですけど 30代後半までにはしたいです。

土屋さん:女優のお仕事がありますが・・・・出会いがあれば。その時に挑戦したいなと。一人の人と心をつなぐことを大切にしたいです。

と事務所関係者はしないで!!!と思ったであろう回答!

Q:結婚するならどんな方?

佐藤さん:マストなのは、家事をしっかりしてくれる人。ほかの条件はない。僕ができるタイプじゃないので、やってくれる人が良いです。

と、家事上手を目指そうとする方が増えるかも発言。

土屋さん:思いやりのある方。そして、知識が豊富な方がいいなと思います。わからないことを教えてくれたり一緒に考えてくれる方。のんびりできる方がいいです。

と答えてくれました。

映画情報どっとこむ ralph
8年越しの花嫁 奇跡の実話

目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらも彼女を思い続ける尚志(ひさし)役に佐藤健、病と闘う麻衣役には土屋太鳳。『64-ロクヨン-前編/後編』(16年)など深い人間ドラマを描くことに定評のある瀬々敬久監督がメガホンをとり、今最も注目を浴びるスリーピース・バンド、back numberが主題歌を担当。これ以上ない豪華キャスト、スタッフが集結し、信じる力と深い愛に満ち溢れた感動のドラマを紡ぎます。

***********************************

佐藤健 土屋太鳳
薬師丸ひろ子 杉本哲太 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治
※古舘寛治さんの「舘」の字は、正式には外字の舘(※舎官)となります。

監督:瀬々敬久
脚本:岡田惠和
音楽:村松崇継
原作:中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社刊)

制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ
配給:松竹

©映画「8年越しの花嫁」製作委員会


佐藤健・土屋太鳳「8年越しの花嫁 奇跡の実話」12月16日公開


映画情報どっとこむ ralph YouTubeの動画をきっかけに、瞬く間に日本中に拡散 本当に起きた、最高の奇跡

結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁を、8年間待ち続けた新郎。


「YouTube」に投稿された動画をきっかけに、「奇跡の結婚式」「号泣する実話」として一気に話題が広がり、TVや新聞、ネットなど数々のメディアで取り上げられ、海外にも拡散、2015年7月には「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」として書籍化もされた、あるカップルに起きた奇跡の実話を映画化。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」12月16日(土)に公開が決定しました!

目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらもひたむきに彼女を思い続ける尚志(ひさし)役に佐藤健、病と闘う麻衣役には土屋太鳳。
『64-ロクヨン-前編/後編』(16年)など深い人間ドラマを描くことに定評のある瀬々敬久監督がメガホンをとり、これ以上ない豪華キャスト、スタッフが集結し、信じる力と深い愛に満ち溢れた感動のドラマを紡ぎます。

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・

意識の戻らない恋人を、あなたは何年待てますか・・・
結婚を約束したカップル、尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)。結婚式を間近に控え幸せ絶頂だったある日、原因不明の病が突然麻衣を襲い、意識不明となってしまう。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親(薬師丸ひろ子、杉本哲太)からは「もう麻衣のことは忘れてほしい」と言われるが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。長い年月の末、ようやく麻衣は目を覚ますが、さらなる試練が二人を待ち受けていた。

そして二人が結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる。

***********************************

佐藤健 土屋太鳳
薬師丸ひろ子 杉本哲太 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治

※古舘寛治さんの「舘」の字は、正式には外字の舘(※舎官)となります。

監督:瀬々敬久
脚本:岡田惠和
音楽:村松崇継
原作:中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社刊)

制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ
配給:松竹

©映画「8年越しの花嫁」製作委員会
   


瀬々敬久監督 最新作は『友罪』!生田斗真 × 瑛太 撮影初日インタビュー


映画情報どっとこむ ralph この度、『64-ロクヨンー前編/後編』の瀬々敬久監督待望の最新作『友罪』の製作が決定し、2018年5月公開が決定となりました!

本作は、デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞しミステリー界の若手旗手として注目され、2016年には吉川英治文学新人賞も受賞した作家・薬丸岳が2013年に発表した人気の同名小説「友罪」(集英社文庫刊)の映画化。


◆実在の事件に着想を得た、薬丸岳の渾身作!

薬丸岳先生は、実在の事件に着想を得て書いた作品も多く、犯罪被害者と加害者、また少年犯罪など、重厚なテーマを取り扱い、人間ドラマで読者の心を揺さぶりながらも、エンタメ性の高いミステリーで魅了する作家さんです。「友罪」で描かれるのは、かつて世間を震撼させた事件を起こした少年犯の“その後”。

◆あなたは“その過去”を知っても友達でいられますか?

ジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始める益田と、同じタイミングで工場勤務につく鈴木。鈴木は周囲との交流を避け、過去を語りたがらない影のある人物だが、同い年の二人は次第に打ち解け心を通わせていく。だが、あるきっかけと行動で、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める。

◆瀬々監督最新作で魅せる、生田斗真×瑛太の 入魂競演!

瀬々監督のもと、友を想い、互いに疑心や後悔と向き合い葛藤する難役に挑むのは、映画や舞台での活躍も目覚しく、今年のウディネ・ファーイースト映画祭では主演作『彼らが本気で編むときは、』が最高賞となる観客賞を受賞した生田斗真さんと、『64-ロクヨン―前編/後編』『殿、利息でござる!』など話題作への出演が続き、主演ドラマ「ハロー張りネズミ」でも話題を呼んでいる瑛太さん。

そんな二人から撮影初日インタビューが届いてます!
映画情報どっとこむ ralph 生田斗真さん 撮影初日インタビュー

Q:初日のご感想

生田さん:うだるような暑さの中のロケで、「何が起こるのか」というワクワクさせてくれる現場です。

Q:瀬々敬久監督の印象。

生田さん:人間関係の描き方、生々しさというか、腹の底に堪っているものを表現として見せてくれる監督というイメージです。現場では、すごく演出してくださることも的確な印象で、役者に対して明確な指示を下さるので、とても助かります。難しい役どころですが、この益田という役の進むべき道を提示してくれる、そんな監督に感じます。今日も「初日、どうですか」というような話をしました。そんなにたくさんのシーンはまだ撮ってないけれど、その都度、どっちの方向に持っていくのかという意思疎通を、監督とはしていこうと思います。

Q:瑛太さんとの共演は三度目ですが、役者としてどう感じますか。

生田さん:瑛太とは20代のころから何度も一緒に仕事をしていて、しょっちゅう会っていたりするわけではないけれど、久々に今回一緒に芝居をしていると、やっぱりゾクゾクさせてくれる俳優だと思います。僕と瑛太にしかだせない空気感を、今回の現場で出せれば、と思います。昔から一緒に仕事をしているし、友人関係でもあるので、そこをうまく映画に反映させたいですね。

Q:今回の難役について。

生田さん:少年犯罪のことなど調べたりしましたが、中々実際自分の立場に置き換えるのは本当に難しいと感じています。共演の瑛太という俳優を信頼して、自分の考え方だけではなく、彼からもらえるものを信じていこうと、あまりがちがちに決めずにフラットな状態で挑めればと思っています。

Q:原作について。

生田さん:原作本は、発売当時から自分の周りで話題に上がっていました。凄い本があるとスタッフの間で話題だったこともあって読み、演じる側としてチャレンジしたいなと思ったりするほど、元々好きな原作でした。題材が題材なので、どこまで発信していいかわからないのが正直なところです。自分の周りに過ちを犯した人間がいるということは、世界中どこでも起こりうる可能性がある事で、その立場に自分をおいたときに何を感じるかということを大事にしながら挑みたいと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 瑛太さん 撮影初日インタビュー

Q:初日の感触について。

瑛太さん:瀬々監督とは『64』でもご一緒していたのですが、ある意味、<お任せ>という感じです。どこかで監督の「お前、何かやってみろよ」という暗黙のメッセージというか、演出があるんです。今回の鈴木という役については、自分で台本を読んで、1シーンごとにおけるひとつひとつの感情は決め込んでいません。客観的にどう見えるか?ということと自分が何を感じるか?ということは、割と現場の空気と監督に任せている感じです。

Q:『64』に続く、瀬々組は瑛太さんにとってどういう印象の組ですか?

瑛太さん:初日ですけど、瀬々組はやっぱりいいなって。監督の現場作りもすごく好きですし、『64』のときのスタッフの方もたくさんいらっしゃって、監督の醸し出す熱意というか、映画に対する愛情みたいなものもありながら、「簡単なことじゃないぞ」という問いかけや、「見たことのないものを見せてくれよ」みたいなメッセージがあると思う。それに応えられたらいいと思いますね。
『64』で、佐藤浩市さんが本番のときだけ芝居を変えるようなことをされて、そういう意識とか結構大事だったりするから、今回もそういう“俳優の遊び”というか俳優としての醍醐味みたいなものを味わえることが楽しみです。

Q:生田斗真さんとのご共演は三度目ということですが、役者としての印象を教えてください。今回の共演について、事前に話しましたか?

瑛太さん:今回の役は「はい、やります」と簡単には言えない役なので、「またやるかもしれないけど、俺断るかもしれないからね」という話はしたりしました。
彼はストイックですし、今日も前回『土竜の唄 香港狂騒曲』で一緒にやったときと顔の表情も全然変わっているんです。そういった微妙な変化に気付けるぐらい僕も彼を見てきているし、これからの撮影が楽しみですね。

Q:今後クランクアップまで、どのように鈴木を演じていきたいですか?

瑛太さん:“切り替え”ですかね。監督からは「鈴木というキャラをあまり私生活に持ち込まないように」と言われました。でも、僕は俳優なんで、仕事として、その切り替えはしっかり全うしたいですし、上手くやりたいなと思いますね。でも、ちょっと夢にも出てきたりします(笑)。

友罪

2018年5月全国ロードショー

***********************************


原作:「友罪」薬丸 岳(集英社文庫刊)
監督:瀬々敬久
出演:生田斗真 瑛太
製作幹事:WOWOW/ハピネット
配給・宣伝:ギャガ
©2017映画「友罪」製作委員会 ©薬丸岳/集英社