「瀧川英次」タグアーカイブ

これは本当「コンフィデンスマンIG」!五十嵐(小手伸也)主役5夜連続ドラマ放送決定


映画情報どっとこむ ralph 2018年4月期の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』が映画化!

常識はずれの天才詐欺師“ダー子”(長澤まさみ)、お人好しな詐欺師“ボクちゃん”(東出昌大)、ベテラン詐欺師“リチャード”(小日向文世)ら3人の信用詐欺師たちが、あらゆる業界を舞台に欲望にまみれた人間からお金をだまし取る“痛快エンターテインメントコメディ作品”『コンフィデンスマンJP』が5月17日(金)スクリーンに帰ってきます!

そしてこの度、映画公開を記念して、本作に登場する神出鬼没のコンフィデンスマン<五十嵐>が主役となる5夜連続ドラマの放送5/13(月)〜16(木)が決定!

映画情報どっとこむ ralph その名も「コンフィデンスマンIG」!!

ドラマ「コンフィデンスマンJP」で描かれてきた華麗なコンゲームの数々。その中で、ダー子への想いを募らせ、献身的に協力してきたコンフィデンスマン<五十嵐>をメインに描く本作の舞台となるのは、ダー子たちのアジトであるスイートルーム…の階下に位置する同じ間取りのスイートルーム。ダー子たちが仕掛けるコンゲームのための道具や衣装などを置くための倉庫として使っている部屋で、<五十嵐>、<ちょび髭>、そして五十嵐の<舎弟>の3人が、華麗なコンゲームのための地味な準備をする姿と、そして五十嵐のダー子への一方的な恋模様を描くミニドラマ。
なぜ第1話で<五十嵐>が出てこなかったのか?<ちょび髭>の私生活とは?子猫ちゃんたちはどうやって集められている?など、今まで描かれてこなかったコンフィデンスマンの世界の裏側が明らかに!?
主演を務めるのは、昨年「コンフィデンスマンJP」の<五十嵐>役で注目を集め、今最も忙しい俳優の1人に上り詰めた、シンデレラおじさんこと小手伸也。何と本作がドラマ初主演!そして脇を固めるのは、ダー子の子猫ちゃんの1人、<ちょび髭>を演じる瀧川英次。そして、ドラマ第2話「リゾート王編」で偽の小松武雄として登場した五十嵐の<舎弟>を演じる小野塚勇人。監督はドラマ第3話「美術商編」・第7話「家族編」の演出をした三橋利行。脚本はドラマ・映画「コンフィデンスマンJP」に引き続き古沢良太。ドラマ・映画で引っ張りだこの今日本で一番ノリに乗っている脚本家が書き上げました!
そして、ドラマ初主演を射止めた小手伸也より喜びのコメントが到着!

◆小手伸也【五十嵐 役】コメント
全国1億2千万の「五十嵐」親衛隊の諸君(誇大妄想)、君たちの応援のおかげで遂に俺のスピンオフが実現した!その名も「コンフィデンスマンIG」!もちろん「IGARASHI」の略、主役はこの俺さ。仲間も来てくれたぜ。「ちょび髭」(瀧川さん)とまさかの「舎弟」(小野塚くん)だ。何故「舎弟」が2話以降登場できなかったのか?何故「五十嵐」が1話に登場しなかったのか?ドラマ本編を見直したくなる仕掛けも満載だ。まぁぶっちゃけ映画の宣伝で実現した企画なんで、映画も宜しくお願いします。成果が認められれば「IG」もまだまだ続くんでね。是非見てくれ!

《作品情報》
タイトル:コンフィデンスマンIG
出演:小手伸也、瀧川英次、小野塚勇人
監督:三橋利行
脚本:古沢良太

《OA情報》
フジテレビにて、5/13(月)〜16(木) 24:25〜24:35 ・17(金)24:55~25:05 計5回
その他、FNS系列にてOA予定。
OA情報詳細は映画公式HPにてご確認ください。
是非とも、情報をお取り上げ頂きますよう、お願い申し上げます。

映画情報どっとこむ ralph 『コンフィデンスマンJP』

映画公式サイト:
http://confidenceman-movie.com 

公式Twitter (映画・ドラマ共通) :
@confidencemanJP


ストーリー

舞台は香港。狙うは世界最高のダイヤ!

華麗に大胆に人を騙し続ける百戦錬磨のコンフィデンスマン(=信用詐欺師)ダー子、ボクちゃん、リチャード。次なるオサカナ(=ターゲット)は、香港マフィアの女帝でその冷酷さから<氷姫>という異名をもつラン・リウ。彼女が持つと言われている伝説のパープルダイヤを狙って、3人は香港へ。ランに取り入ろうと様々な策を講じるが、なかなかエサに食いつかず苦戦する。そんな中、天才詐欺師ジェシーが現れ、同じくランを狙っていることがわかる。そして以前ダー子達に騙され恨みを持つ日本のヤクザ・赤星の影もちらつき始め、事態は予測不可能な展開に。
騙し騙されの三つ巴の戦いを制するのは誰なのか!?
史上最大のコンゲームが始まる!!


***********************************

  
監督:田中亮
脚本:古沢良太
出演:       
長澤まさみ 東出昌大 小手伸也 / 小日向文世
織田梨沙 瀧川英次 Michael Keida / 前田敦子 佐津川愛美 岡田義徳 桜井ユキ
生瀬勝久 山口紗弥加 / 小池徹平 佐藤隆太 吉瀬美智子 石黒 賢
竹内結子 三浦春馬 江口洋介
制作プロダクション:  FILM
配給:東宝
製作:フジテレビ・東宝・FNS27社 
音楽:fox capture plan
公開:2019年5月17日(金)
©2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

瀧川英次 x おぐらとしひろ 『ザ・コンサルタント』を語る!


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『ザ・コンサルタント』の1月21日(土)からの公開に先駆けて、映画コメンテーターで俳優の赤ペン滝川こと瀧川英次さんとアクション俳優・監督おぐらとしひろさんが登壇してのトークショーイベントが行われました!

説明が難しいが面白い本作を映画業界やアクションに精通している二人のトークは大盛り上がり!

帰り際に他の記者さんと観たくなっちゃったね。。。と話してしまうほど、いいトークイベントでした!

『ザ・コンサルタント』トークイベント概要
日時:1月5日(木)
場所:ワーナー・ブラサース映画試写室
登壇:瀧川英次、おぐらとしひろ

映画情報どっとこむ ralph サスペンス映画としてもアクション映画としても一級品の本作。

瀧川さん:予備知識なく見て、昼は会計士。夜は殺し屋と言う二面性を全面に押し出す昔からの映画かなと思ってみたのですが・・・。明らかに違う手触り。バリバリアクションサスペンスに重きを置いてるのではないんですね。斬新で面白いんですが、説明が難しい。マスコミ試写会では割と爆笑で。不思議ですね。スゲーなと。

映画通が観ると・・・笑える部分が多いそうです。

おぐらさん:シラットって言う即殺す近接格闘技が使われていて。暗殺術で、見た目に伝わりづらいんです。アクション映画ですよってお勧めしにくい。アクション観て下さい!てのがないんです。実はリアルです。

滝川さん:そうなんです!ベンにアクションは求めてないんです。分厚い畳みたいな体してるんだから。なのに。凄いんですよね

小倉さん:場所の取り合い。足さばきが凄いんです。だから早く見える。スムーズなんです。相当練習されていると思います。無駄はないんです。

瀧川さん:仲良しのマットデーモンに負けないようにと思ったかどうかはわかりませんが・・・頑張ったんだなと。。

おぐらさん:見た目会計士っぽくないですけど。映画の中では、何故かわかるようになっていますので説得力もあります。

映画情報どっとこむ ralph 今まで色々な作品に出たり、上質な作品の監督をしてきたベンに対し・・・・

瀧川さん:ベンについに、はまり役が見つかったのかなと思います。強烈キャラではまってる。ヒーロー像としても新しいし、ベンが魅力的に見えました。シリーズ化を期待しちゃいます。

おぐらさん:2が出来たらすぐ観に行きたくなっちゃいますね。

瀧川さん:2では、いろんなことに巻き込まれてほしいです。

おぐらさん:日本のヒーローはもったいぶって変身しますが、それがない。一歩前に出たらヒーローにも会計士にも戻れる。

瀧川さん:この男いったい何者。というキャッチコピーまさにですね。

おぐらさん:物語も前のめりにみられますよね。端折り方が上手いですよね。上手く駒が進んでいきます。

本作、かなり銃器にもこだわりある作品ですが・・・・

おぐらさん:いろんな武器を使いますが。これでもか!!を感じさせないんです。ほかのアクション映画と一線を画しますよね。

瀧川さん:女子はどうなんですかね。20代OLが見たい映画かって言うとそうじゃないですけど・・・。

おぐらさん:でも、ベン・アフレック母性本能くすぐられる部分もあると思いますよ。無表情ですが、感情は見えますよね。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

おぐらさん:いろんな要素がたくさん入っている作品です。気を抜かずに集中して観てください。

瀧川さん:監督と脚本と俳優のバランスが良いです。サスペンス要素の伏線もたくさんあって、その回収もできています。ベンが当たり役を手に入れてます。

全米映画ランキング初登場NO.1を獲得!

ベン・アフレック主演で贈るサスペンス・アクション映画

『ザ・コンサルタント』

が2017年1月21日(土)より全国公開。

公式サイト:
consultant-movie.jp



田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。
彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。
その日から、何者かに命を狙われるウルフ。
実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。

年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。

本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは?

***********************************

監督: ギャビン・オコナー

出演:
ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、J.K.シモンズ、ジョン・バーンサル、ジーン・スマート、シンシア・アダイ=ロビンソン、ジェフリー・タンバー、ジョン・リスゴー

全米公開: 2016年10月14日
配給: ワーナー・ブラザース映画
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『10 クローバーフィールド・レーン』 ​​赤ペン瀧川こと瀧川英次ネタバレ​ギリトーク


映画情報どっとこむ ralph 奴らはあらゆるフォームでやってくる。
​いよいよ、今週6月17日(金)より公開となるJ.J.エイブラムス製作 最新作『10 クローバーフィールド・レーン』 ​​。

​この度本作の公開を記念して、​「なんでも添削家」「映画コメンテーター」としてだけでなく、俳優としての評価も高く、TV、ライブ、コラムなど多方面で活躍中の、赤ペン瀧川こと瀧川英次さん を迎えてのネタバレギリギリトークイベントが行われました。

タイトルに“クローバーフィールド”とついていることから、『クローバーフィールド/HAKAISHA』の続編か?! などの憶測が飛び交う中で、その真相は明らかにされず、謎に包まれたまま全米公開された本作。
映画『10-クローバーフィールド・レーン』トーク瀧川イベント
『 10 クローバーフィールド・レーン』 ​トーク ​ショー​イベントレポート
日程:​​6月15​日
​​​​登壇:​赤ペン瀧川/瀧川英次(たきがわえいじ)
​場所​:東宝東和試写室

映画情報どっとこむ ralph 満席となった会場の中、拍手で迎えられ

​​​瀧川さん:​例えば主演が、ドウェイン・ジョンソンや、ジャッキー・チェンなら​、‟あいつ最後まで死にません”と言えるのですが(笑)、秘密主義で知られる​​​J・J・エイブラムス​がつくった​​”​謎”が多い作品なので、出来るだけネタバレをしないように​トークできればと思います!途中モゴモゴするかもしれません​が​(笑)よろしくお願いします​!​映画は面白かったです!​​​​僕は続編じゃないなと思いました。

​しかし、​​​​『クローバーフィールド​』に繋がる世界観も存在すると指摘。

瀧川さん:​J・J・のインタビュー記事を読むと”続編”と言わず”(クローバーフィールドという)大きな世界観の中の一つの作品にしたかった。”と言っています。勝手な想像ですが、この作品の世界は『クローバーフィールド』と、同じ時系列なのかもしれないと思ったんです。この作品を観て”続編”と思う人はいないんじゃないかと思うけど、前作見直してこれを見るとあれっと!思うことがいくつかあります。ヒントは、作品のキャッチコピーにもなっている​​”奴らはあらゆるフォームでやってくる”。これなんですよ!本作を観て、もう一度前作を観るとおやおやという部分が色々と浮きでてくると思います。
映画『10-クローバーフィールド・レーン』瀧川トークイベント
本作​で​監督を務めた​のは、​​CM業界の出身で​今回が​長編映画​の​監督​を​するの​は​初​という経歴の中での大抜擢となった​ダン・​​トラクテンバーグ​。​​J・J・エイブラムス​も​ベタ褒め​している​トラクテンバーグ​監督​​について​、

瀧川さん:​​本作を観れば才能ある人物である事が分かる​と思います!​今後の注目監督で​すね。​​

​と大絶賛!トラクテンバーグの存在を知らなかっ​た為、独自に調べたという

瀧川さん:​​​​​彼のつくった​『Portal』というゲームのファンムービー『​​Portal: No Escape​』という短編作品​が​​YouTube​上​で公開されているんですが、​その動画をJ・J・エイブラムスが見て、​彼を抜擢したらしいです!

と独自の調査情報を披露しました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に​、​本作の見どころについて

誰かと一緒に語りたくなる作品で​、​きっとどなたでも楽しめます。​いろんな人を道連れにして​(笑)​ご覧になっていただければと思います​!​この映画はいい酒のつまみになりますよ!​

​観客は興味深々の様子でトークに耳を傾け大盛り上がりのイベントとなりました。


物語・・・

『10 クローバーフィールド・レーン』ポスタービジュアル目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。

その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく。

ある日、ミシェルは必死にシェルターから抜け出そうと試みるが、「ドアを開けるな!皆 殺されるぞ!」と叫びながら制止しようとするハワード。ミッシェルはシェルターのドアまでたどり着く。

ミシェルの表情が恐怖と驚きに満ちた表情に変わっていく。 シェルターのドア越し、彼女の眼に見えていた世界とは?


公式サイト:
http://10cloverfieldlane.jp/

***********************************

​​製作:J.J.エイブラムス  
監督:ダン・トラクテンバーグ  長編映画初監督作品
出演:​​メアリー・エリザベス・ウィンステッド
   ジョン・グッドマン
   ジョン・ギャラガー

全米公開: 3月11日
(C)201​6​ PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ