「澁谷麻美」タグアーカイブ

ディケイドの俳優三浦誠己、大橋トリオ、村上虹郎ら18名登壇!『AMY SAID エイミー・セッド』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 国際映画祭の常連である河瀨直美監督をはじめ塚本晋也監督、山下敦弘監督、若松孝二監督、瀬々敬久監督、諏訪敦彦監督、大森立嗣監督らの国際的評価の高い映画作品に数多く出演する俳優のマネージメント会社ディケイドが設立25周年を記念して自らが企画・製作した『AMY SAID エイミー・セッド』が、9月30日(土)よりテアトル新宿で初日を迎え、主演の三浦誠己、渋川清彦、中村優子、山本浩司、松浦祐也、テイ龍進、石橋けい、大西信満、柿木アミナ、村上虹郎、白戸達也、村本大志監督、脚本家・狗飼恭子ら総勢18名のキャストが登壇。
本作は、かつて映画に情熱を注いでいた頃の純粋な気持ちを忘れかけ日々それぞれの人生に追われ疲れた40代の男女8名が、20年前の「ある日」を邂逅する一夜を描いた大人の青春群像劇です。

日付:9月30日(土)
会場:テアトル新宿
登壇:三浦誠己、大橋トリオ、渋川清彦、中村優子、山本浩司、石橋けい、テイ龍進、松浦祐也、大西信満、柿木アミナ、村上虹郎、渡辺真起子、飯田芳、小山燿、澁谷麻美、白戸達也、村本大志監督、脚本家・狗飼恭子

映画情報どっとこむ ralph 総勢18名が横に並ぶと圧巻です。

村本大志監督:紺に沢山の方に来ていただけて・・ありがとうございます。みんなで作り上げた小さな映画ですが気持ちがこもった作品です。

狗飼恭子:ご来場ありがとうございます。脚本家を書きました。

大橋トリオ:大橋トリオ 役 テーマ曲の「AMY SAID」今回は、映画の一番良いシーンで流れる曲を英語で創って欲しいと監督にオファーをいただいました。

今回、このメンツの中で主役を張る三浦さんは、

三浦誠己:朝田圭一 役:撮影は皆で集まってリハを十分できたこと、1週間と短いタイトな撮影でしたがスタッフの皆さんが、身を粉にして環境を作ってくれて、本当に集中して臨めました。

渋川清彦:飯田収 役
中村優子:飯田直子 役
山本浩司:岡本亮介 役
石橋けい:安藤美帆 役
テイ龍進:木塚修司 役
松浦祐也:五島春樹 役

映画情報どっとこむ ralph 大西信満:川崎洋 役
柿木アミナ:本庄エミ役
村上虹郎:長谷部瞬也 役 この舞台に最初に立ったのは、河瀨監督の作品で真紀子さんと親子役。2回目は「ディストラクション・ベイビー」そしてここに立てるのは3回目とても嬉しいです。
渡辺真起子:香田文 役 物を作るのって面白いなと、自分の会社で自分お仲間たちと映画が造れて本当にうれしいです。
飯田芳:近藤勝男 役
小山燿:森聡 役
澁谷麻美:松本美香子 役
白戸達也:20年前の朝田圭一 役

映画情報どっとこむ ralph 今回、初日に来られなかった村上淳さん。ここで息子さんである虹郎さんが

村上(虹)さん:うちのオヤジから音声コメントがあるそうです!

と、言うと音声メッセージがしかし内容は無茶苦茶なもの(笑)。

村上(虹)さん:すみません!これチェックしたなかったので!
お宅大丈夫なの?(笑)と渡辺さん!

渡辺さん:明日からも連日トークショーを行います!誰が来るかはオフィシャルホームページを確認してください!2回3回目も観に来てください。

因みに10月1日は村上純さんと大橋トリオさんは登壇予定のようです!

最後に・・・
三浦さん:みんなが力を合わせた映画です!皆さんのお力で大きく育てて下さい!

映画情報どっとこむ ralph

『AMY SAID エイミー・セッド』
9月30日(土)より、テアトル新宿ほか全国公開

公式HP:
http://amy-said.com

物語・・・
映画研究会のファムファタル的存在だったエミ(柿木アミナ)が突然彼等の人生からいなくなって20年。その命日に久しぶりに集まったのは、パン屋を営む朝田(三浦誠 己)、無農薬野菜をつくる飯田と直子(渋川清彦、中村優子)、売れない俳優岡本(山本浩司)、キャリアウーマンの美帆(石橋けい)、介護士の五島(松浦祐也)、IT会社を経営する木塚(テイ龍進)。

「わたし本当は知ってるの、エミが死んだ理由。ずっとみんなに言いたかった」

突然の直子の言葉に、それぞれの中で止まっていた時間が動き出すー。


***********************************

三浦誠己、渋川清彦、中村優子、山本浩司、松浦祐也、テイ龍進、石橋けい、大西信満、村上虹郎、大橋トリオ、渡辺真起子、村上淳 音楽:janand naomi テーマ曲:「AMY SAID」(大橋トリオ)
監督/脚本:村本大志
脚本:狗飼恭子、
企画・製作:佐伯真吾
プロデュサー:関友彦、田中和磨
制作:株式会社コギトワークス
日本/2016/カラー/96分
配給:ディケイド
宣伝:フリーストーン
©2017「AMY SAID」製作委員会 
    


堀江貴大監督『いたくても いたくても』Q&A at SKIPシティDC映画祭


映画情報どっとこむ TJ 現在開催中のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭。

若手映像クリエイターの登竜門となっている「コンペティション」は、長編部門、短編部門、アニメーション部門構成。

今回、長編コンペに出品されている東京藝術大学大学院映像研究科出身の堀江貴大監督の長編映画『いたくても いたくても』。

7月18日(月・祝)上映され、堀江監督、主人公の星野を演じた嶺豪一、葵役の澁谷麻美、ライバル戸田役の吉家翔琉、実況担当役の芹澤興人、同僚・吉田役の礒部泰宏さんが登壇してのQ&Aが行われました。

左から『いたくても いたくても』MC:土川勉、堀江貴大監督、出演の嶺豪一、澁谷麻美、吉家翔琉、芹澤興人、礒部泰宏
左から『いたくても いたくても』MC:土川勉、堀江貴大監督、嶺豪一、澁谷麻美、吉家翔琉、芹澤興人、礒部泰宏

日付:7月18日
場所:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭
登壇:堀江貴大監督、嶺豪一、澁谷麻美、吉家翔琉、芹澤興人、礒部泰宏
MC:土川勉(映画祭のディレクター)


いたくても いたくても

いたくてもいたくても 男と女とプロレスと。
痛くても、その痛みを信じて生きていく。

通販会社の映像制作部で働く星野は、社長が突如始めたプロレス同好会に先輩とともに引きずり込まれる。星野から何かを見出した社長は、社運をかけプロレスと商品紹介を融合させた新番組を始める。


監督:堀江 貴大
出演:嶺豪一、澁谷麻美、吉家翔琉、坂田聡、大沼百合子、芹澤興人、礒部泰宏、岩井堂聖子
©東京藝術大学大学院映像研究科

映画情報どっとこむ TJ 土屋勉x堀江貴大監督
MC:プロレスに対するこだわりは?

堀江監督:アクションを撮ったことがなくて、プロレス・格闘研究会に入っている友人が多くて。それで今回撮ってみました。プロレス部分で描き切れなかったので新作の短編『はなくじらちち』に盛り込んでいます。

MC:最近では珍しいスタンダードサイズ(4:3 アナログTVで普通だった画面)で撮影したのは何故か?

堀江貴大監督堀江監督:撮影は中国人の女性カメラマンで謝君謙(シャー・クンケン)さんという方なのですが、一緒にロケハンをしている時に『日本の家屋をきれいに撮りたい』とを提案されたんです。それから、子供のころに観ていたプロレスが4:3だったので、その憧れもあります。

MC:プロレスやってみていかがでしたか?

嶺豪一嶺さん:空手をやっていたんですが、プロレスに挑戦するのは初めてでしたので、肉体改造に苦労しました。練習自体は面白かったのですが、筋肉がなかなかついてくれなくてプロテインを飲んだりしましたね。

吉家翔琉吉家さん:冬、横浜みなとみらい21の辺りで、よく2人で練習をしました。練習が終わってふと夜空を見上げると、観覧車がきれいで……『僕たち、何やってんだろうな……』と思ったりしたことも今はいい思い出です。

芹澤興人MC:実況は?

芹澤さん:1日で後から入れたのですが・・・・ああいう実況になっているのが、味になっているかもかもしれません。

堀江監督:実は当時は、嶺さんが映画監督でもあるとは知らなかったんです。俳優として、とても存在感があったので、ぜひまた一緒に映画を作りたいと思っていました。

MC:女性の描き方、脚本を2人で書かれていますが。

堀江監督:基本僕が書いて、木村が決定稿までの流れで、僕が星野を、木村が女性の心情やセリフは彼がという感じですね。

自身が演じた葵という女性を、

澁谷麻美澁谷さん:今日、作品を再見して改めて思ったのですが……きつい女性ですよね(笑)。葵は、相手のことをちゃんと思っているんだけど、接し方がきつくなってしまう女の子なんです。そういう部分に私自身も、『こういうことってあるなあ』と共感しつつ演じました。

MC:嶺さんは監督でもありますが?キャスティングは

堀江監督:オーディションに前作に来ていただいてご一緒して、今回は一緒にやりたかったのでお願いしました。実は監督としての嶺さんはあまり知らなかったんです。澁谷さんは、空気感が映画を作ってくれるのではないかとキャスティングしました。


映画情報どっとこむ TJ MC:どんな監督ですか?

嶺さん:変わっている設定を見ている監督が面白いなと。

澁谷さん:監督は根っからの人間好きな人。

吉家さん:普遍的な人間の感情を大切にしている方ですね。優しい人ですね。自由にやらせてくれますし。

芹澤さん:穏やかな空気は出していますがマイペースで頑固。でもちゃんと見ていてくれる監督です。

礒部泰宏礒部さん:個性的な方が多くて、個性を出したくて衣装合わせの時に、監督に『メガネをかけてみてもいいですか?』と尋ねたんです。すると、すごく喜んでくださって、いい人だな。俳優の意見を大切にしてくれる方なんだなあ、と思いました。

と和やかムードにに語った。舞台裏のエピソードを披露してくれた。

MC:俳優に好きにやらせての間の取り方とか黒沢清監督の手法を取り入れています?

堀江監督:それはないんですけど、黒沢さんの作品大好きなので、無意識に刷り込まれているのかもしれません。


黒沢清監督も、好きな作品とおっしゃっている『いたくても いたくても』は次回、7月22日(金)14時30分より多目的ホールにてQ&A付きで上映されます。

過去記事:
黒沢監督の自由と間に関する話題が出ていた『クリーピー 偽りの隣人』前田敦子さんとのトークイベントの内容はこちら


映画情報どっとこむ TJ <SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016 開催概要>

会期:2016年7月16日(土)~7月24日(日)
会場:SKIPシティ 映像ホール、多目的ホールほか
(川口市上青木3-12-63)
主催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会

公式サイト:
www.skipcity-dcf.jp



***********************************