「滝藤賢一」タグアーカイブ

山崎まさよし、尾野真千子、北村匠海ら登壇!映画『影踏み』プレミア先行上映会


映画情報どっとこむ ralph 主演に山崎まさよしを迎え11月8日(金)群馬県先行/11月15日(金)全国公開する。

この度、山崎まさよしが14年ぶりに主演を務める映画『影踏み』のプレミア上映会がテアトル新宿にて開催され、主演の山崎まさよし、尾野真千子、北村匠海、中村ゆり、滝藤賢一、鶴見辰吾、大竹しのぶ、そして篠原哲雄監督が登壇しました。
撮影中の裏話などイベントでしか聞くことが出来ないトークが展開されました。
映画『影踏み』プレミア先行上映会オフィシャル
映画『影踏み』プレミア先行上映会
日時:10月31日(木)
会場:テアトル新宿
登壇:山崎まさよし、尾野真千子、北村匠海、中村ゆり、滝藤賢一、鶴見辰吾、大竹しのぶ、篠原哲雄(監督)

映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する豪華キャスト陣が勢揃いする場ということもあり、その姿を一目見ようと集まったファンによってプレミア先行上映会のチケットは即完売!更には立見席まで満席状態になる大盛況の中キャスト陣、篠原監督が舞台に登壇すると割れんばかりの拍手が湧き起こりイベントはスタートしました。

まず初めに本作の中で兄弟役を演じたことについて山崎は「14年ぶりに映画に出るということで、これまで多くの作品に出演しているわけでもなかったので匠海くんには非常に良い空気を作ってもらいましたし、居心地も良かったです。」と北村へ賛辞を送り、それに対して北村は「僕はこの中で一番年齢も下で後輩でしたけど、真っ先にまさよしさんが温かく迎えてくれましたし、凄く良い雰囲気の中で撮影をすることができました。」と温かい雰囲気を作ってくれた山崎に感謝を述べました。

続いて久しぶりとなる映画の主演を務めた気持ちを聞かれると山崎は「大役をやらせてもらいましたけど、凄い共演者ばかりで、出来るだけ失礼のないように心がけました。皆さん優しくて鶴見さんとも久しぶりに共演することが出来て本当に感動しました。」と『月とキャベツ』(1996)以来の共演となる鶴見との再会を喜びました。すると鶴見も「山崎さんは変わってないところもあるけれど、ミュージシャンとしての道を歩んできた貫禄もあるし、こうして久しぶりに共演できたので長く俳優をやっていると、このような素晴らしい瞬間もあるので感慨深いです。」とコメントしました。

次に“山崎まさよし“主演映画への出演オファーを受けた気持ちを聞かれた尾野は「山崎さんとは一度共演したいと思っていましたから即決めでした。」と本作へのオファーは二つ返事で受けたことを明かすと、中村は「中学生の時に地元の親友が山崎さんの「One more time,One more chance」をお勧めされ聴いていた思い出があるので、出演が決まった時にはその友達にすぐ連絡をしたくらい嬉しくて、この映画に出演できるなんて贅沢だなって思います。」と中学生時代のエピソードを披露しました。最後に大竹は「まさよしさんと電話している時に、ちょうど篠原監督が映画を作るかもって話しを聞いて、すぐに私が“やって!やって!そして私もちょっとだけ出演させて”ってお願いをして、今回実現しました。」と大竹が本作に出演するに至った裏話を披露しました。

そして、本作がミステリー界の巨匠・横山秀夫原作でもあることに触れられると横山作品に『影踏み』を含めて3度目の出演となる滝藤は「横山作品の魅力はキャラクターそれぞれにドラマがあって、細かく描かれていて重厚な物語が作られるところです。それで、いつ私は横山作品の主演をやれますかね(笑) それまでは俳優として頑張りたいと思います。」と横山作品常連ではあるが、主演経験がないことについてコメントし会場を盛り上げました。さらに山崎との共演についても「俳優同士のセッションって相手の出方がある程度分かるんですけど、ミュージシャンの方とやるのは初めてで今までにない刺激があり楽しかったです。」と山崎との共演に感謝を述べました。そして、本作のキャッチコピーでもある“真実を盗み出せ”にちなみ《共演者から一番盗みたいもの》を聞かれた鶴見は《大竹さんの演技力・演技に対する情熱を盗みたい!尊敬していますし、大好きな女優なので心を盗みたいです》、大竹は《匠海君の若さ》、北村は《8月にAugustaCampのステージで一緒に「影踏み」を歌わせていただきまして、まさよしさんの真横っていう一番いいところで歌声を聞いてとても痺れたので歌声を盗みたいですね》、尾野も《私も歌うのが好きなので、素晴らしい歌声を持つまさよしさんの歌声です》、中村は《尾野さんの人をリラックスさせ、緊張感を解いてくれる朗らかさを盗みたいです》、滝藤は《中村さんの色気を盗みたいです》、篠原監督は《昔はミュージシャンになりたかったので山崎さんからギターの技術を盗んだら歌手になれるのかなって思ったりしますが、すみません(笑)諦めて映画を作る道を邁進していきます!》とそれぞれが共演者から盗みたいものを発表し会場を盛り上げると、最後に山崎は《滝藤さんの髪型(イベント当日はパーマ風の髪形)を盗みたい、自分も天然パーマで梅雨時期は滝藤さんみたいにくるくるの髪形になってしまうんですが、背が高くない分ブロッコリーのようになってしまうので髪型と併せて身長も盗みたいです》と意外な盗みたいものを発表し会場からは大きな笑いが起こりました。

映画情報どっとこむ ralph ここでイベント当日の10月31日から2日後の11月2日、3日、4日と奇跡の三連続で誕生日を迎える滝藤、北村、尾野をサプライズで祝福するため「ハッピーバースデー」のBGMの中、山崎が3人に花束を渡すサプライズ演出がありました!
突然のサプライズに驚きながらも滝藤は「もう43歳です、あと40年は俳優をやれると思うので(笑)ここにいるみなさんと新しい作品ができると嬉しいです。」と抱負を語ると、北村は「僕は22歳になるんですが、ロケバスの中でまさよしさんがギターあげるよって言われまして、誕生日を知っていてくれたんだなって思い、良いお兄ちゃんです。」とコメントし、それを受けて尾野は「私は38歳です、嬉しいです!サプライズが大好きです。ありがとうございます!」と感謝を述べました。


最後に篠原監督は「みなさんと映画を作れて良かったなと思います。山崎くんとは長編映画では23年ぶりのタッグでそして『月とキャベツ』の公開当時と同じテアトル新宿で公開することができたことは凄く奇跡的で、ジャンルは違いますけど『月とキャベツ』と『影踏み』には何か縁があると思っています。本作は映画館で見る良さがある映画なので、みなさんにこの映画を広めてもらって、また公開したら見にきて欲しいです。」と本作に対する思いを述べ、山崎は「私自身デビューしてから25周年目に入りまして、今回素晴らしい共演者、そして昔から付き合いのある篠原監督、そして主題歌・劇判も作らせてもらいまして、映画に沿った良い主題歌が書けたと思っています。アニバーサリーで良い作品と関われて感謝していますしとても光栄です。」と本作への感謝を伝えイベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 影踏み
Kagefumi-movie.jp

『影踏み』本ポスター
あらすじ
ノビ師(泥棒)の真壁修一は、ある夜、侵入した稲村邸で、寝ている夫に火を放とうとする妻・葉子を目撃する。咄嗟に止めに入ったが、なぜか偶然、その場に居合わせた刑事に現行犯逮捕される。2年後、出所した修一を迎えたのは、弟の啓二と恋人の久子だけ。なぜ稲村邸への侵入がバレたのか? なぜ自分だけが逮捕されたのか? そして放火殺人を謀った葉子の行方は―。謎を解明するため、修一は探偵さながらの行動を開始する。

***********************************


山崎まさよし 尾野真千子 北村匠海
中村ゆり 竹原ピストル 中尾明慶 藤野涼子 下條アトム 根岸季衣 大石吾朗 高田里穂 真田麻垂美 田中要次 滝藤賢一 鶴見辰吾 / 大竹しのぶ
監督:篠原哲雄 脚本:菅野友恵 原作:横山秀夫(「影踏み」祥伝社文庫) 音楽:山崎将義 主題歌:「影踏み」山崎まさよし(EMI Records)
企画協力:伊参スタジオ映画祭実行委員会 上毛新聞社 製作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント エグゼクティブプロデューサー:千村良二 岡本東郎 プロデューサー:松岡周作 配給:東京テアトル   ©2019「影踏み」製作委員会   





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

新津ちせ、ベテラン俳優からの絶賛に 「本当に嬉しい」、『駅までの道をおしえて』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2004年に公開された『機関車先生』以来、15年ぶりとなる伊集院静原作の映画化作品『駅までの道をおしえて』が全国公開。

直木賞作家・伊集院静の傑作短編を映画化した『駅までの道をおしえて』のキャスト・スタッフが、公開記念舞台挨拶に登壇。

子どもたちの間で絶大な人気を誇る楽曲「パプリカ」を歌うユニット「Foorin」の最年少メンバーで、本作で実写映画初主演を務める新津ちせと、サヤカの両親を演じた坂井真紀と滝藤賢一、サヤカの祖父母役を演じた市毛良枝と塩見三省、監督を務めた橋本直樹監督が登場しクロストークを行った。
『駅までの道をおしえて』公開記念舞台挨拶s
『駅までの道をおしえて』公開記念舞台挨拶
日時:10月19日(土)
会場:新宿ピカデリー スクリーン3(東京都新宿3-15-15)
登壇:新津ちせ、坂井真紀、滝藤賢一、市毛良枝、塩見三省
橋本直樹監督、ルー(柴犬)
MC:伊藤さとり

映画情報どっとこむ ralph 上映後の舞台挨拶に登壇したキャスト・スタッフ陣。先陣を切って

新津さん;こんにちは!サヤカ役を演じました新津ちせです!本当に、本日はよろしくお願いします!

と礼儀正しく挨拶し会場からは歓声と拍手。
本日は映画の中の一家揃っての舞台挨拶となり、ベテラン俳優陣に囲まれた新津は少し緊張気味の様子。

そんな中お父さん役を演じた滝藤さんが

滝藤さん:こんにちは。マキタスポーツです!…って坂井さんに言えと言われました(笑)

と舞台挨拶に来れなかった共演者を名乗り、家長らしく場を和ませた。まず、本作での役作りについて聞かれ

滝藤さん:撮影に入る前に、坂井さんと新津さんと3人で過ごす時間をもらいました。その時間があったおかげで自然と3人が本物の家族のようになっていった覚えがあります。

と回答。続けて

滝藤さん:なにより、僕は高校生の頃から坂井さんの作品を見て育って、部屋にポスターまで飾ってました。その方と夫婦役を演じることができてとても嬉しかったんですよ!

と思いのたけをぶつけると

坂井さん:すいません、ありがとうございます。もういいですそんなこと言わなくて。

とさらっと受け流し、

滝藤さん:これ言うといつも面倒くさそうにされるんですよ。。。。

と苦笑い。

映画情報どっとこむ ralph 家族3人で過ごした時間を坂井さんも振り返り

坂井さん:あの時間があって本当によかったと思います。ちせちゃんが心を開いて私たちを受け入れてくれて、私たちをお父さんお母さんとして育ててくれました」と話すと、すかさず滝藤が「そうですね。そして僕らもまた一歩成長しました。

とうまくまとめ客席は笑いが沸き起こる。約1年間、サヤカを演じ続け

新津さん:サヤカは意志の強い女の子。『ルー(劇中の愛犬)が好き』という気持ちを持ち続けてずっとまっすぐに生きている女の子です!

と語る。今回、撮影の準備期間から1年半ほどルーと共に暮らし、絆を深めていった新津さんは

新津さん:ルーと遊ぶのはとても楽しかったです!撮影が終わって離れる時はすごく寂しくてワーって泣いちゃいました。

と振り返ります。

おばあちゃん役を演じた市毛さんは

市毛さん:この映画はまだストーリーも何も知らない時点でなぜか、『これはやりたい』と勘で思ったんです。そのあと脚本を見せてもらい、役名も“おばあちゃん”でしかなく、台詞もないことに少し驚きましたが(笑)それでもやりたいという気持ちがあったんです。

とほぼ本能で出演を決めたことを告白。

市毛さん:衣装合わせで塩見さんにお会いした時も『久しぶりに塩見さんとご一緒できる』と幸せな気持ちになり、ちせちゃんに初めてお会いした時も『この子と一緒にできるのはすごく幸せ』だなと感じました。この映画に関われるだけでも幸せだと感じてしまう不思議な作品でした。

と語りました。
おじいちゃん役を演じた塩見さんは、

塩見さん:この騒がしい世の中で、このような静かで丁寧な映画を作ったスタッフをリスペクトしています。撮影したすべての時間が私の宝物です。

と本作への愛を語り、

塩見さん:私は新津さんと2 日間、朝から夜まで縁側に座って撮影していましたが、じっくり時間をかけた撮影の中で彼女の気持ちと私の気持ちが一つに重なる瞬間があった。そんな体験は稀有。新津さんの世界に引っ張られていく…『そんなことが映画でできるんだ』と感動した素敵な時間でした!

と感慨深く撮影を振り返ります。そんな塩見さんの言葉に会場からは自然と拍手が沸き起こり、

新津さん:本当に嬉しいです。ありがとうございます!おじいちゃんとおばあちゃんは優しくて、いい意味でサヤカに甘い、みたいな(笑)休憩時間も私と本気で遊んでくれてとても楽しかったです!

とにっこり。

映画情報どっとこむ ralph また本作は韓国・台湾・中国でのセールスも決定!
そんな作品に込めた想いを橋本監督は

橋本監督:構想から15 年たって、ようやく映画が完成し公開を迎えることができました。原作に出会った時『これは絶対に映画にしなければいけない』と思い20 年、30 年の時間をかけてでも映画化する強い気持ちでいました。正直くじけそうになった時もありましたが、ちせに出会ってようやく形にすることができました。ありがとうございます!

と感謝の言葉を述べた。

フォトセッションの際には、映画で共演したルーも登場!
「ルー!」と嬉しそうな新津とルーの可愛らしい再会に登壇者から観客まで会場にいる全員が一瞬で穏やかな笑顔に。
新津ちせxルー『駅までの道をおしえて』公開記念舞台挨拶 最後に・・・

新津さん:この映画は大切な人をゆっくりと想い出すことのできる映画だと思っています。この映画を観ていただいた方の大切な記憶の一つになったら嬉しいです!本日はありがとうございました・

と主演女優たる堂々とした挨拶でイベントを締めました。

映画情報どっとこむ ralph 『駅までの道をおしえて』

公式サイト:
https://ekimadenomichi.com/

駅までの道をおしえて
【STORY】
8 歳になるサヤカ(新津ちせ)は、大好きだった愛犬ルーの帰りを今も待っている。周りの大人たちはもう戻ってこないというけれど、サヤカは信じることができない。ある夏のはじめ、サヤカは1 匹の犬に導かれ、喫茶店のマスター・フセ(笈田ヨシ)と出会う。彼もまた、大きな喪失を抱えて一人で生きていた。別れを受け入れられない2 人は、互いのさびしさに寄り添ううちに、思いがけない友情で結ばれていく――。

***********************************

出演:新津ちせ 有村架純/坂井真紀 滝藤賢一 マキタスポーツ 羽田美智子/余貴美子 柄本明/市毛良枝 塩見三省/笈田ヨシ
原作:伊集院静「駅までの道をおしえて」(講談社文庫)
脚色・監督:橋本直樹
企画・製作:GUM、ウィルコ
製作プロダクション:ウィルコ
配給・宣伝:キュー・テック
配給協力:GUM WORLD
©2019 映画「駅までの道をおしえて」production committee




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

新津ちせ、笈田ヨシら登壇!『駅までの道をおしえて』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 2004年に公開された『機関車先生』以来、15年ぶりとなる伊集院静原作の映画化作品『駅までの道をおしえて』が、10月18日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかにて全国公開となります。

直木賞作家・伊集院静の傑作短編を映画化した『駅までの道をおしえて』の完成披露試写会が9月19日(木)、東京・新橋のスペースFS汐留にて開催。子どもたちの間で絶大な人気を誇る楽曲「パプリカ」(作詞・作曲:米津玄師)を歌うユニット「Foorin」の最年少メンバーで、本作で実写映画初主演を務める新津ちせ、笈田ヨシ、坂井真紀、滝藤賢一、橋本直樹監督が舞台挨拶に登壇! 主題歌・挿入歌を担当しているコトリンゴも来場し主題歌「ここ」を生演奏で熱唱し、さらに劇中に登場する犬のルー、ルースも応援に駆けつけるなど、会場は大きな盛り上がりを見せた。
駅までの道をおしえて_舞台挨拶
『駅までの道をおしえて』完成披露試写会
日時:9月19日(木)
会場:スペースFS汐留
登壇:
新津ちせ、笈田ヨシ、坂井真紀、滝藤賢一、コトリンゴ(主題歌&挿入歌)
橋本直樹監督、ルー(柴犬)、ルース(元保護犬)

映画情報どっとこむ ralph 新津さんは、満員の観客を前に、主演として

新津さん:今日はこの映画の完成披露試写会にこんなにたくさんの方々に来ていただけて、本当に嬉しいです。ありがとうございます!

と9歳とは思えない堂々の挨拶!
本作への出演が決まると、すぐに犬のルーを自宅で預かり一緒の時間を過ごしたそうだが

新津さん:もともと犬が大好きだったんですが、犬を飼うのはルーが初めてだったので緊張して『座れ』とか『待て』というのもスムーズに言えなかったんです。でも、だんだんと一緒に暮らすうちに仲良くなれて、言うことを聞いてくれるようになって信頼関係を築いていけました。

と笑顔で明かした。


新津さん演じるサヤカと年齢を超えた友情を育んでいく老人・フセを演じた、新津さんとの実に77歳差の共演について

笈田さん:お会いしたら美人で頭がよくて、礼儀正しくて。老いらくの恋に落ちまして(笑)、胸をドキドキさせながら撮影してました。目の力がとにかくすごい、素晴らしいお嬢さんで、今日も久しぶりにお会いしてドキドキしてます。

とゾッコンの様子。


サヤカの母を演じた坂井さんは長い撮影の期間中、9か月ほど新津さんと顔を合わせない時間があったそうで

坂井さん:その(9か月の)間、ちせちゃんはずっと撮影をしてたんですが、(再会したら)背も高くなって顏も大人っぽくなっていて…。監督は子どもにも容赦しない演出をする人で(笑)、それに頑張って応えいて、それは最初からそうだったんですが、9か月後にさらに立派になっていて驚きました。

とその成長ぶりを嬉しそうに語る。

父親役の滝藤さんも

滝藤さん:(久々に再会したら)まるで別人でした! 撮影前に家族3 人で過ごす時間をいただいて、すごく人懐っこくて、おかげで僕は父親にさせてもらったなと思いますが、9 か月後は別人で、女性ってこんなに変わるんだ! “キュート”から、“闇を抱えた妖艶な女性”になられていて、自分の娘がこんな風になったらどうしよう! と恐怖を感じました(笑)

と実感のこもった声で語り、会場は笑いに包まれた。


橋本監督:僕は身内は褒めない。

と言いつつ、新津さんを子どもながら

橋本監督:尊敬しています。原作権を取って15 年くらい経つし、撮影も1 年以上で…僕の方が挫けそうになったんですけど、この子が撮影以外のところでも(ルーの)散歩をしたりとか全部、裏でやっているのを見て、僕の準備なんて大したことないなと思いました。

と称賛した。

映画情報どっとこむ ralph そして、観客へのサプライズでコトリンゴさんが駆け付け、弾き語りで主題歌の「ここ」を熱唱! その歌声と美しいメロディに観客はもちろん、登壇陣も心を奪われたようで、

新津さん:本当にすごく感動しました!

と感激を口にする。コトリンゴさんが照れ隠しで「ウソだぁ…」と笑うと

新津さん:ウソじゃないもん!心に響いて泣いちゃいそう!

と心のこもった素直な感想を口にした。



コトリンゴさんは映画の感想を問われ

コトリンゴさん:マネージャーさんがワンちゃんを飼っていて、預かったりするうちにワンちゃんの魅力にとり憑かれたんですが、(映画を見て)ワンちゃんの表情とか、ちせちゃんとのやり取りを見て、かわいいな、素敵だなと思いました。

と語った。

写真撮影では、映画に登場するルーとルースも登場し、新津さんは大喜び!

最後の挨拶でもルーを優しくなでながら

新津さん:見どころはルーとルースの名演技です!

と力強く語ってくれた。

映画情報どっとこむ ralph 『駅までの道をおしえて』

公式サイト:
https://ekimadenomichi.com/

駅までの道をおしえて
【STORY】
8 歳になるサヤカ(新津ちせ)は、大好きだった愛犬ルーの帰りを今も待っている。周りの大人たちはもう戻ってこないというけれど、サヤカは信じることができない。ある夏のはじめ、サヤカは1 匹の犬に導かれ、喫茶店のマスター・フセ(笈田ヨシ)と出会う。彼もまた、大きな喪失を抱えて一人で生きていた。別れを受け入れられない2 人は、互いのさびしさに寄り添ううちに、思いがけない友情で結ばれていく――。

***********************************


出演:新津ちせ 有村架純/坂井真紀 滝藤賢一 マキタスポーツ 羽田美智子/柄本明 余貴美子/市毛良枝 塩見三省/笈田ヨシ
原作:伊集院静「駅までの道をおしえて」(講談社文庫)
脚色・監督:橋本直樹
企画・製作:GUM、ウィルコ/製作プロダクション:ウィルコ
配給・宣伝:キュー・テック/配給協力:GUM WORLD
©2019 映画「駅までの道をおしえて」production committee




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『影踏み』山崎まさよしをとりまく魅力的な俳優陣の姿を場面写真公開!


映画情報どっとこむ ralph 「64ロクヨン」「クライマーズ・ハイ」などで知られる作家・横山秀夫の「影踏み」(「祥伝社文庫」)。

警察小説の旗手である横山作品の中でも犯罪者側を主人公にした異色の物語が、ついに映画化!監督に『花戦さ』の篠原哲雄、主演に山崎まさよしを迎えた 映画『影踏み』が 11月より全国公開することが決定しました。

今回解禁されたのは、14年ぶりに映画主演を務める”泥棒(ノビ師)”真壁修一役の山崎まさよしと、今年から来年にかけて数々 の映画に出演しひっぱりだこの北村匠海が、修一の相棒であり弟でもある啓二役で共演するカットを含んだ計6枚の場面写真。
山崎まさよし 北村匠海『影踏み』
主人公の修一とは恋仲の関係にある久子役を演じた尾野真千子。その久子に想いを寄せる謎の男・久能を演じる滝藤賢一。

一癖も二癖もありそうなバッタ屋・大室誠役の中尾明慶。
滝藤賢一『影踏み』
そして神妙な顔をして黒板の前で教鞭をとる大竹しのぶといった、日本映画界が誇る名優たちが名を連ねる。
大竹しのぶ『影踏み』
さらに修一と啓二が自転車を二人乗りするノスタルジックな1枚や、
山崎まさよし 北村匠海『影踏み』
闇を一身にまといながら 歩く修一の1カット

は、本作品に一貫して漂うアンダーグラウンドな世界観を象徴しており、登場人物それぞれの謎に包まれた キャラクター性と本作の展開への期待をより一層高めている。

14年ぶりの“俳優”山崎まさよしの熱演はもちろんのこと、そのまわりをとりまく豪華なキャスト達と演技でぶつかり合う『影踏み』 に是非ご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 本作のはじまりは映画「月とキャベツ」(監督:篠原哲雄、主演:山崎まさよし)のロケ地、群馬県・中之条町。同作がきっかけとなり 始まった同地の「伊参スタジオ映画祭」に、偶然にも 2016年にゲストとして参加した山崎まさよし、篠原監督、横山秀夫が運命的な出会い を果たす。もともと互いのファンだった山崎と横山氏が意気投合したのは言うまでもなく、その約一年後の2018年初頭には映像 化困難とされていた小説「影踏み」の映画化が発表されることになる。山崎は「8月のクリスマス」(05)以来、約14年ぶりに長編映 画の主演を務め、篠原監督とは『月とキャベツ』(96)以来、約22年ぶりのタッグ結成となった。

映画『影踏み』

2019年11月全国ロードショー


STORY
単なる「空き巣」ではなく、深夜に人の居る住宅に侵入し盗みを働く、通称「ノビ師」と言われる泥棒。寝静まった民家を狙い“現金”を盗み出す忍び込みのプロで、 その中でも真壁修一(山崎まさよし)は一線を画すスゴ腕のノビ師。証拠も残さず決して口を割らない、その高く強固な壁を思わすしたたかさから、いつしか警察からは 「ノビカベ」とあだ名された。ある夜、修一は侵入した稲村邸の寝室で、夫の寝ている側に火を放とうとする妻・葉子(中村ゆり)の姿を目撃する。咄嗟の行動で放火現 場を止めに入ったが、その直後、修一は逮捕される。2年後、刑期を終えた修一を迎えてくれたのは弟・啓二(北村匠海)、そして恋人の久子(尾野真千子)だけ。ただ、修 一の頭にはこの2年ずっと気がかりなことがあった。何故、あの日の侵入がバレていたのか?何故、自分だけが逮捕されたのか?そして、あの時夫を殺害しようとしてい た妻・葉子の行方は…。

***********************************


出演:山崎まさよし 尾野真千子 北村匠海 中村ゆり 竹原ピストル 中尾明慶 藤野涼子 下條アトム 根岸季衣 大石吾朗 高田里穂 真田麻垂美 田中要次 滝藤賢一 鶴見辰吾 /大竹しのぶ
原作:横山秀夫「影踏み」祥伝社文庫)
監督:篠原哲雄
脚本:菅野友恵
音楽:山崎将義
配給:東京テアトル
© 2019「影踏み」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

討ち入りするには超、お金がかかる!!映画「決算!忠臣蔵」特報到着!


映画情報どっとこむ ralph 2019年11月22日(金)公開の映画「決算!忠臣蔵」。

原作は東大教授・山本博文による『「忠臣蔵」の決算書』(新潮新書)。

大石内蔵助が実際に残した決算書を基に、討ち入り計画の実像をお金の面から描いた話題作です。

そして、この度本編映像(特報30秒)が初解禁!

日本の冬の代名詞として、これまで「忠臣蔵」にまつわる映像作品はゆうに300を超えていますが、討ち入りするのに実は、超、お金がかかることを描いた作品は史上初。

まず、上限予算は9500万。
これは、亡くなった主君・浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)の妻・瑤泉院(ようぜんいん)から預かったお金と、お城の余り金を必死でかき集めたもの。これを使って、主君の仇を討つ、現代に置き換えると、一大プロジェクトの総予算。赤穂浪士たちの真のミッションは、“予算内に討ち入ること”だったのです。

ですが、藩士たちの日々の生活費(食費や家賃)、江戸までの往復旅費、討ち入りするための武具などなど、数えあげたらキリがないほどに、お金はどんどん出ていくばかり。
しっかり節約する人もいれば、自分だけはいいや、と無駄遣いをする人もいて、プロジェクトは超難航!お金が足りずに、やる気満々の浪士たちのリストラも余儀なくされる始末。

解禁された特報の中では、討ち入りするための武具を人数分必要だ!(フル装備×47人分で1230万)と叫ぶ浪士たちに、「予算全部使うたのか!」と内蔵助が憤る様が描かれています。そしてそんな内蔵助に、豪華キャスト陣が怒ったり呆れたり、醒めた目をして「銭の勘定できん侍は何をさせても“でくのぼう”」と非難したり…。
また、意気込む内蔵助に対して、どこか醒めた表情をした長助が印象的のティザービジュアルも同時解禁!
そして「討ち入り、やめとこか!」とは一体…?!



映画情報どっとこむ ralph 一大プロジェクト【仇討ち】を、無事に【決算】させるため、節約やリストラなど、彼らが数々の困難に右往左往する様は、これが本当に300年も前の話なのか?と思うほど、現代で働く私たちと共通点が満載です。

「決算!忠臣蔵」

は019年11月22日(金)公開!

大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)に堤真一、内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助(やとう・ちょうすけ)に、時代劇初挑戦の岡村隆史がW主演。その他、濱田岳・横山裕・荒川良々・妻夫木聡・竹内結子・石原さとみ・西村まさ彦・橋本良亮(A.B.C-Z)・寺脇康文…と、日本を代表する豪華俳優陣に加え、お笑い界からは西川きよし・桂文珍・木村祐一・村上ショージ・板尾創路というレジェンド級のキャストがまさかの参戦!!!

ストーリー:
元禄14(1701)年3月14日。事件が起こったのは江戸城・松の廊下。
「濁った水を綺麗にする」ことを強く願う清廉潔白な赤穂藩藩主・浅野内匠頭は、かねてより賄賂まみれだった吉良上野介の態度に据え兼ね、斬りかかります。通常であれば喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、浅野家のお取り潰しと、内匠頭の即日切腹。突然藩主を亡くし、お家断絶となり、赤穂藩士たちは路頭に迷います。

要は江戸時代の優良企業倒産事件。現代に置き換えると、藩は会社、武士はサラリーマンということ。
筆頭家老・大石内蔵助(おおいしくらのすけ/堤真一)は、嘆く暇もなく、勘定方・矢頭長助(やとうちょうすけ/岡村隆史)の力を借り、ひたすらリストラに励む日々。
その努力や幕府への取次も虚しく、お家再興の夢は断たれてしまいます。それでも一向に討入る様子のない内蔵助。

ですが、江戸の庶民たちは赤穂浪士たちによる、吉良上野介への仇討を超熱望!
いつの時代も物事を動かすのは、なんとなくの時代の空気感。それは現代でも変わりありません。
ただそこで発覚した大変な事実。なんと、討入りするにも予算が必要。その上限は9500万!!!

討入るのか討入らないのか、迷っているうちに予算はどんどん減っていく。
でも世間の空気的に仇討しないと絶対にまずい!どうする大石内蔵助!?

予算の都合で、チャンスは一回。果たして彼らは【予算内】で、一大プロジェクト【仇討】を、無事に【決算】することができるのか!?こんな忠臣蔵見たことない!涙と笑いの予算達成エンタテインメント!

***********************************


原作:山本博文『「忠臣蔵」の決算書』 (新潮新書)
監督・脚本:中村義洋

主演:堤真一
出演:岡村隆史、濱田岳、妻夫木聡、荒川良々、竹内結子、石原さとみ、西村まさ彦、寺脇康文、上島竜兵、堀部圭亮、山口良一、鈴木福、千葉雄大、滝藤賢一、笹野高史

配給:松竹
©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

竹内結子がりく、石原さとみが瑤泉院 等「決算!忠臣蔵」第2弾キャスト14名発表


映画情報どっとこむ ralph 2019年冬「決算!忠臣蔵」ですが、この度第2弾キャストが発表しました!

年末の風物詩・忠臣蔵。これまで300を超えるドラマ・映画にて映像化され、日本人に愛されてきましたが、本作は王道でありながらも、そのテーマはこれまでと一線を画す新しい忠臣蔵です。

主演・大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)に堤真一。内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助(やとう・ちょうすけ)には時代劇初挑戦の岡村隆史。主君・浅野内匠頭の仇を討つため、上限予算9500万以内でなんとか討入りするべく、 「これなんぼ?」が口癖の内蔵助を筆頭に、なんと本編は全編関西弁。赤穂藩は現在の兵庫県に位置するので当然なのですが、 【予算】と【関西弁】を切り口にした忠臣蔵は史上初。

そして本作にはこれまでの中村組を彩った超豪華俳優陣が大集結。

濱田岳、妻夫木聡、荒川良々、石原さとみ、竹内結子、西村まさ彦、寺脇康文、上島竜兵、堀部圭亮、山口良一、 鈴木福、千葉雄大、滝藤賢一、笹野高史の総勢14名を第2弾キャストとして扮装写真とともに発表となりました。

映画情報どっとこむ ralph 俳句や茶道に通じ、討入りに必要な吉良邸の情報を手に入れる大高源五(おおたか・げんご)に濱田岳、

■濱田岳【大高源五/おおたか・げんご役】 
※中村組出演は7作目
今回また中村監督率いる中村組の仲間に入れて頂けたこと、そしてまた堤真一さん演じるご家老の元で再び働けたこと、本当に楽しく幸せな時間でした。

内蔵助の軍師・参謀として仕え、討入りの作戦を立てる菅谷半之丞(すがや・はんのじょう)に妻夫木聡、

■妻夫木聡【菅谷半之丞/すがや・はんのじょう役】 
※中村組出演は2作目
中村監督にまた呼んで頂いたことがとにかく嬉しいです。中村組のキャストの皆さんは常に職人揃い。その中で自分はどうあるのか、いつも試されます。そして、今回は忠臣蔵という題材。普通とは違う観点から物語を進めていく中村さんには驚かされるばかりです。
喜劇としての面白さと武士の一分が混ざり合った時にこの作品はどうなるのか自分でも想像がつきません。出来上がりを楽しみにしていてください。

菅谷半之丞はいわば軍師的な役どころです。うちに秘めたる沸々とした想いを感じさせるような芝居ができたらと考えています。今回も最後まで精一杯楽しみたいと思います。

江戸住みで、討入り推進派の剣豪・堀部安兵衛(ほりべ・やすべえ)に荒川良々、

■荒川良々【堀部安兵衛/ほりべ・やすべえ役】 
※中村組出演は2作目
誰も観たことない堀部安兵衛を観せる事が出来るでしょう!乞う御期待!!

内蔵助を優しく時に厳しく支え続ける愛妻・りくに竹内結子、

■竹内結子【りく役】 
※中村組出演は6作目
中村組にこうしてまた呼んでもらえた事がとても嬉しいです。
台本をいただいて読んだとき、こんなにも有名なお話なのにこの作品がなければ知らなかった物事が描かれていて、驚いたのと同時に、語り継がれてきた”あのこと”に至るまでお金がかかるなんて考えたこともなかったなと気付きました。その時から私はひそかにこの作品を”目から鱗の忠臣蔵”と呼んでいます。この作品が、たくさんの方の目に触れて、一緒に鱗をポロポロ落としてもらえたら最高に嬉しいです。

内匠頭の妻で、内蔵助を叱咤激励し、亡き夫の仇討を支援する瑤泉院(ようぜんいん)に石原さとみ、

■石原さとみ【瑤泉院/ようぜんいん役】
※中村組出演は2作目

再び、中村監督にお声がけいただき、とてもとても嬉しかったです!赤穂藩主・浅野長矩の妻“瑤泉院”役を務めさせていただきました。主人公・大石内蔵助に対し、ほとほと呆れている役柄でしたが、笑い溢れる温かな現場で、撮影がとにかく楽しくて仕方ありませんでした。瑤泉院の持ち金を赤穂浪士はどう使う!?そんな、今まで見た事のない笑える、本気の忠臣蔵!を是非お楽しみにください!私も出来上がりを心から待ち望んでいます!


内蔵助の副将として一貫して補佐し続けた、吉田忠左衛門(よしだ・ちゅうざえもん)に西村まさ彦、

■西村まさ彦【吉田忠左衛門/よしだ・ちゅうざえもん役】
※中村組出演は2作目
今回、吉田忠左衛門を演じるにあたり泉岳寺をお詣りしました。多くの参拝客がおられ、四十七士の忠義は今なお敬愛を受けていると実感し、身が引き締まる思いでした。また墓所のある本妙寺にも伺い、ひっそりとした境内に漂う厳かな気配に、武人の志に身の引き締まるおもいでした。撮影現場は中村監督の的確な演出に、キャストの皆様も芝居巧者揃い。こういう現場をご一緒でき、嬉しい限りです。忠臣蔵の新たな側面を楽しんで貰えれば幸いです。

真面目で公平実直な大目付・間瀬久太夫(ませ・きゅうだゆう)に寺脇康文、

■寺脇康文【間瀬久太夫/ませ・きゅうだゆう役】 
※中村組出演は2作目
大好きな中村組にまた参加させていただいて、本当に嬉しいです!中村組ならどんな役でも喜んでやらせていただきます!一人一人の役者に、愛情を持って接してくださる監督の頭の中にあるイメージ、またはそれ以上の演技が出来た時の監督の心から喜んでいる笑顔を見られた時、僕も、いや、他の役者達、スタッフ達も皆、とても幸せな気持ちになるのです。今回はそれを毎日体感できました。凄い映画になる事、間違いなしです。センス抜群の、素晴らしき中村ワールド!是非、ご期待下さい!愛すべき、キャラクターの宝庫でもありますよ!(笑)

元赤穂藩藩士・早川惣介(はやかわ・そうすけ)に上島竜兵、

■上島竜兵【早川惣介/はやかわ・そうすけ役】 
※中村組出演は2作目
こんな素晴らしい出演者の方々と共演させていただき、とても光栄です!今作は、一般的な忠臣蔵とは違い、『お金』の話を軸に展開していくので、とても興味惹かれました。コメディー時代劇のようなコミカルな流れが楽しみです。中村組に呼んでいただくのは、今作で2回目ですので、頑張りたいと思います!

江戸住みの赤穂藩士たちが集い、討入りを応援するそば屋『いづみや』の主人・長次(ちょうじ)に堀部圭亮、

■堀部圭亮【長次/ちょうじ役】 
※中村組出演は3作目
「江戸の庶民が、赤穂藩士や討ち入りをどう見ていたか?それを四人の人物だけで表現したい」というのが中村監督からのオーダーでした。そば屋いづみやの店主と客は、藩士たちの一挙一動に過剰なまでに歓喜し、落胆し…。まるで、サッカーの日本代表戦を応援する観客のそれと、ちょっと似ているかもしれません。中村監督は、ほんの僅かな間や微妙な空気を大切にされる方で、厳しくも温かい目で役者の芝居を見ていらっしゃいます。繊細で刺激的な監督との作品創りは、いつもとても楽しい時間です。「王道の時代劇を中村監督が撮るとこうなる」という、随所に〝中村節〟が詰まった『決算!忠臣蔵』ぜひ、スクリーンでご覧ください!

広島藩の浅野家本家の用人・井上団右衛門(いのうえ・だんえもん)に山口良一、

■山口良一【井上団右衛門/いのうえだんえもん役】 
※中村組出演は3作目
私は広島市の生まれでありまして、広島城から徒歩で10分もかからないところに住んでいました。そんな私が広島藩の用人役!畏れ多いことです。忠臣蔵は大好きなお話で、たとえ四十七士ではなくとも、この作品に関われた事は、喜ばしい限りです。中村監督、ありがとうございました。そしてこの視点の変わった忠臣蔵、多くの皆さまにご覧いただきたいです!


内蔵助の息子で、四十七士最年少である大石主税(おおいし・ちから)に鈴木福、

■鈴木福【大石主税/おおいし・ちから役】 
※中村組出演は3作目
約9年ぶりに中村監督の作品に出演させて頂けたこと、そして堤さんをはじめ、たくさんの豪華キャストの中で、大石主税という素晴らしい人物を演じさせていただけることをとても嬉しく思っています。赤穂事件を「お金」という面で見ていくこの映画の中で、普通の忠臣蔵ではかっこよく描かれている赤穂浪士が面白おかしく描かれています!大石主税もその1人で、賢くて、浅野内匠頭の仇を討ちたい気持ちは強いがちょっと抜けてるところがある、この映画だからこその大石主税が見せられると思います!!初の中剃りにも注目してもらいたいです(笑)


江戸幕府の役人で、内匠頭が切腹した際の介錯人・磯田武太夫(いそだ・たけだゆう)に千葉雄大、

■千葉雄大【磯田武太夫/いそだ・たけだゆう役】 
※中村組出演は2作目
「殿、利息でござる!」で初めてご一緒して以来の中村組。1シーンの撮影でしたが、中村組の1シーンは、僕にとって大変意味のある1シーンでした。中村監督、呼んでいただきありがとうございました。大好きです。(そして、大好きなあの方とも共演できて、むふふな気持ちでした。)お客さんとしても完成した映画を観るのを楽しみにしています。

大垣藩藩主で内蔵助に討入りをやめさせる進言をする戸田采女正(とだ・うねめのしょう)に滝藤賢一、

■滝藤賢一【戸田采女正/とだ・うねめのしょう役】 
※中村組出演は5作目
中村組に参加させていただくのは5本目になります。今回は1日だけの撮影です。気付いたら終わってそうなので、最初から猪突猛進でいきたいと思います!猪年だけにね。堤真一さんとは【クライマーズ・ハイ】以来11年振りにご一緒させていただきます。否が応でも気合いが入ります!

瑤泉院付の用人で内蔵助とのパイプ役になる落合与左衛門(おちあい・よざえもん)に笹野高史。

■笹野高史【落合与左衛門/おちあい・よざえもん役】
※中村組出演は2作目
今回は新しい切り口の「忠臣蔵」。私を含め、日本人の身体の中に染み込んでいる今までの「忠臣蔵」から、はたして抜け出せるだろうか、というのが今回のテーマでした。正直少し不安でしたが、監督とイメージを共有させて頂いて、何とか演じきることができ、ホッとしています。若手から実力派まで、名実ともに日本を代表するキャストが本作の為に勢揃いです。

映画情報どっとこむ ralph これまでにない切り口、これまでに見たことのない豪華キャストで、お贈りする「決算!忠臣蔵」。

予算に悩み、上司や部下や家族との関係に悩み、それでもなんとか大仕事を成し遂げようと奮闘する彼らは、これが300年以上も前の話とは思えないほど、笑って泣けて現代に生きる私たちの共感を呼びます。

■ストーリー:
元禄14(1701)年3月14日。事件が起こったのは江戸城・松の廊下。
「濁った水を綺麗にする」ことを強く願う清廉潔白な赤穂藩藩主・浅野内匠頭は、かねてより賄賂まみれだった吉良上野介の態度に据え兼ね、斬りかかります。通常であれば喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、浅野家のお取り潰しと、内匠頭の即日切腹。突然藩主を亡くし、お家断絶となり、赤穂藩士たちは路頭に迷います。

要は江戸時代の優良企業倒産事件。現代に置き換えると、藩は会社、武士はサラリーマンということ。
筆頭家老・大石内蔵助(おおいしくらのすけ/堤真一)は、嘆く暇もなく、勘定方・矢頭長助(やとうちょうすけ/岡村隆史)の力を借り、ひたすらリストラに励む日々。
その努力や幕府への取次も虚しく、お家再興の夢は断たれてしまいます。それでも一向に討入る様子のない内蔵助。

ですが、江戸の庶民たちは赤穂浪士たちによる、吉良上野介への仇討を超熱望!
いつの時代も物事を動かすのは、なんとなくの時代の空気感。それは現代でも変わりありません。
ただそこで発覚した大変な事実。なんと、討入りするにも予算が必要。その上限は9500万!!!

討入るのか討入らないのか、迷っているうちに予算はどんどん減っていく。
でも世間の空気的に仇討しないと絶対にまずい!どうする大石内蔵助!?

予算の都合で、チャンスは一回。果たして彼らは【予算内】で、一大プロジェクト【仇討】を、無事に【決算】することができるのか!?こんな忠臣蔵見たことない!涙と笑いの予算達成エンタテインメント!


***********************************

原作:山本博文『「忠臣蔵」の決算書』 (新潮新書)
監督・脚本:中村義洋

主演:堤真一
出演:岡村隆史、濱田岳、妻夫木聡、荒川良々、竹内結子、石原さとみ、西村まさ彦、寺脇康文、上島竜兵、堀部圭亮、山口良一、鈴木福、千葉雄大、滝藤賢一、笹野高史

配給:松竹
©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

フータロス声優 滝藤賢一 劇場版『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』


映画情報どっとこむ ralph 毎年冬の恒例映画として人気を博してきたシリーズの最新作にして平成最後の仮面ライダー劇場版『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』が遂に12月22日(土)に公開となります。

この度、本作の更なるゲストキャストが決定!それは・・・

変幻自在のカメレオン俳優 滝藤賢一さん!
2018年の締めくくりは声で魅せる!

今回、解禁するのは、既にビジュアルは解禁済みである、映画オリジナルの新イマジン、“フータロス” の声を演じるキャスト。
“イマジン”とはそもそも「仮面ライダー電王」(2007年)で登場する未来からやってきた人類の精神体であり、憑りついた人間のイメージによって怪人としての肉体を得た姿。憑りついた人間との契約を果たすことで契約者の過去へタイムスリップし、歴史を改変するために、契約者に対し「おまえの望みを言え…」と迫ります。敵だけでなく、味方のイマジンも存在し、その個性豊かなキャラクター、そして豪華声優陣がその声を演じていたことから人気を博しており、今回も新イマジン・フータロスのキャスティングに注目が集まっていました。演じるのは、あらゆる役柄を演じ分け、変幻自在のカラーを持つ個性派俳優・滝藤賢一。

ドラマ「半沢直樹」(2013年)で第68回日本放送映画藝術大賞 優秀助演男優賞を受賞して注目を浴び、2018年には映画「孤狼の血」や主演ドラマ「探偵が早すぎる」(NTV)をはじめ映画3本、ドラマ8本と数々の注目作に出演し、いまや日本映画・ドラマに欠かせない存在である滝藤が、遂に仮面ライダーシリーズ初出演となります。滝藤の出演を待望していた仮面ライダーシリーズ制作陣の願いが、この平成最後となる仮面ライダー作品、そしてその中でも物語の鍵となるキャラクターの声の出演という形で成就いたしました。大活躍の2018年の締めくくりはイマジンと“声で契約”し、平成仮面ライダー20作記念映画を彩ります。

映画情報どっとこむ ralph 滝藤賢一さんからコメントが届いています。
滝藤さん:オファーをお聞きした時に、“俳優人生22年。ついに私も仮面ライダーに!”と熱い想いが胸に込み上げました。仮面ライダーの思い出としては、「仮面ライダーゴースト」のショーを家族で見に行った時、悪者が客席から出てきて、まだ幼稚園前だった子供がビビッて、おじいちゃんの膝の上でおしっこを漏らしたことです(笑)
アフレコの中で戦うシーンは、とても難しかったですが、実際に戦われたスーツアクターの方に色々アドバイスをしていただきながら臨みました。

映画情報どっとこむ ralph 果たして滝藤はフータロスにどのように息を吹き込んだかはぜひ劇場でお確かめください。

『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』

12月22日(土) ROADSHOW 


■―時代が終わる。すべてがはじまる。―20 人の勇姿が今、ここに参上! 「仮面ライダークウガ」から「仮面ライダージオウ」までの「平成仮面ライダー」20 人が一堂 に会した迫力満点の本ビジュアル。堂々と構える仮面ライダーの背景には、幾多の感動を人々に与えてきた名場面の数々 が映し出されています。人々の心に刻まれた彼らの勇姿ははまさに「平成仮面ライダー」の歴史そのものともいえるでしょう。 また、― 時代が終わる。すべてがはじまる。― の印象的なキャッチコピーが示しているように、「平成」という一時代が終わ りを告げる、その先には一体何がはじまろうとしているのか・・・。答えは映画館でお確かめください。 本ポスターは 11 月 9 日(金)より全国の映画館で順次掲出予定です!


■入場者プレゼント!
更に、入場者プレゼントが「レジェンドライダーマグネットコレクション」に決定! 「仮面ライダークウガ」から「仮面ライダージオウ」までの平成仮面ライダー20人のビジュアルを使用し、4人の仮面ライダーが 1 セットになって封入されています。マグネットはそれぞれのライダーで分割でき、個別のマグネットとして使用することができ ます。全 5 種でどのセットが当たるかは開けてからのお楽しみです! ファン垂涎のマグネットコレクション。全国合計 70 万個の限定品をぜひゲットしてください!

***********************************

出演者
奥野 壮 犬飼貴丈
押田 岳 大幡しえり 渡邊圭祐 / 赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 水上剣星
福崎那由他 斎藤汰鷹 / 大東駿介

【声の出演】滝藤賢一 関 俊彦 遊佐浩二 てらそままさき 鈴村健一
石丸謙二郎 / 生瀬勝久

「ジオウ&ビルド」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

渋川清彦 公開初日に2本目も作りたい!『榎田貿易堂』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 群馬県渋川市を舞台にした映画『榎田貿易堂』。

その初日6月9日(土)、初回上映後に主演の渋川清彦さん他、森岡龍さん、伊藤沙莉さん、滝藤賢一さん、余貴美子さん、片岡礼子さんなど日本映画常連の豪華なキャストたちと、映画・ドラマ・小説など多方面で活躍する飯塚健監督が登壇して舞台挨拶が行われました。

『榎田貿易堂』初日舞台挨拶
日時:2018年6月9日(土)
場所:新宿武蔵野館 
登壇:渋川清彦、森岡龍、伊藤沙莉、滝藤賢一、余貴美子、片岡礼子、三浦俊輔、キンタカオ、飯塚健監督

映画情報どっとこむ ralph 場内は大きな拍手に包まれました。

主演の榎田貿易堂の店主・洋二郎を演じた渋川さんは

渋川さん:飯塚監督と僕は出身も高校も一緒。大好きな故郷の渋川市で撮影できるなんて、これはもう絶対にやりたいと思いました。

と故郷・群馬県渋川市への熱い想いを語り、

渋川さん:2本目も作りたいので、皆さん盛り上げていただけるようお願いします!!!

と話し、作品を観た観客からは笑い声が巻き起こっていた。


バイトとして働く青年・清春を演じた森岡さんは

森岡さん:渋川さんは優しくて良い兄貴みたいな存在。今回は地元を案内してくれたりして、本当に大好きな先輩です。

と渋川さんへの想いを告白し、渋川さんは照れ笑いを浮かべました。夫婦仲に不満を抱く千秋役の伊藤さんは

伊藤さん:演じた時は22才で、千秋の年齢は28才。結婚もしていないから想像できないところも多くて、色々検索したりしました…。

とハスキーな声と笑顔で語り、会場を沸かせました!

映画情報どっとこむ ralph 群馬に帰省中の映画助監督・丈役の滝藤さんは

滝藤さん:僕は渋川さんに憧れていて、渋川さんがモデルのころ”KEE”(キー)と呼ばれていたことから、自分の子供に「き」から始める名前をつけました。

と渋川さん愛を明かしました。

榎田貿易堂の常連・ヨーコ役の余さんは、

余さん:「万引き家族」はたくさんの映画館で公開されてますが、「榎田貿易堂」はここでしか観られません!(笑)何度観ても笑える映画なので、何度も観に来てください!

と笑顔で本作をアピール。


また、本作の脚本も務めた飯塚監督は、

飯塚監督:映画でオリジナル作品を作るのは、今はとても難しい。その中で、好きな作品でこうして公開できたことがとても感慨深い。今回はカメラを動かさずに撮影しようと決めていたので、役者陣に動いてもらうしかなかった。皆が演出に対して瞬時に対応してくれる方ばかりだったから、本当に感謝しています。

とキャストの演技を絶賛しました。

映画情報どっとこむ ralph 榎田貿易堂

は、本日6月9日(土)より新宿武蔵野館、新宿シネマカリテ他、全国ロードショーほか全国公開となります。

https://enokida-bouekido.com

飯塚監督による完全オリジナルの本作は、「飯塚ワールド」と称される軽やかな会話のテンポや役者たちのアンサンブルが心地よい群像劇コメディ。主人公・榎田洋二郎には「パンク侍、斬られて候」「ルームロンダリング」など、今年多くの出演作が公開される渋川清彦。本作では約3年ぶりに主演を務める。榎田貿易堂でバイト勤めの若妻・千秋には「獣道」「blank13」「パンとバスと2度目のハツコイ」など話題作に次々出演し、飯塚組でも常連の大注目女優・伊藤沙莉。同じくバイトの青年・清春に「エミアビのはじまりとはじまり」「ろんぐ・ぐっどばい」などで主演を務め、自身も「ニュータウンの青春」など映画監督としても活躍する森岡龍。他「愛の渦」「64-ロクヨン−」「SCOOP!」の滝藤賢一、「おくりびと」「寄生獣」「シン・ゴジラ」の余貴美子、「まほろ駅前多田便利軒」「HiGH&LOW THE RED RAIN」の片岡礼子、「百円の恋」「花筐/HANAGATAMI」の根岸季衣など、個性豊かな役者陣が出演。監督には24才にして「Summer Nude」で監督デビューを果たし、「荒川アンダーザブリッジ THE MOVIE」「大人ドロップ」など独自のユーモラスな世界観を構築してきた飯塚健。故郷・群馬を舞台に、人生の休憩中なオトナたちの喜怒哀楽を軽やかに描いた「飯塚ワールド」集大成のヒューマンコメディです!

物語・・・
開業4年目のリサイクルショップ・榎田貿易堂。店長の榎田洋二郎、アルバイトの千秋と清春、顔なじみのヨーコと丈。それぞれに小さな秘密や葛藤を抱えながらも穏やかな日々を送っていた。そんな中突如落ちた看板の『夏』。榎田は呆然と「何か、凄い事が、起きる予兆」と呟く。その言葉通り、この夏は「何か、凄いこと」が次々と巻き起こっていく…。

***********************************

渋川清彦  森岡龍 伊藤沙莉 / 滝藤賢一 余貴美子
宮本なつ 渡邊蒼 三浦俊輔 駒木根隆介 キンタカオ 金子昌弘 諏訪太朗 片岡礼子 根岸季衣

監督・脚本・編集:飯塚健
エグゼクティブプロデューサー:狩野善則 ゼネラルプロデューサー:田中和磨 
プロデューサー:柴原祐一 アソシエイトプロデューサー:古川一博 音楽:海田庄吾 撮影:山﨑裕典 照明:岩切弘治 
録音:藤林繁 美術:吉田敬 美術進行:佐々木伸夫 編集:木村悦子 衣装:白石敦子 ヘアメイク:内城千栄子 
スクリプター:石川愛子 音響効果:松浦大樹 
助監督:杉岡知哉 
ラインプロデューサー:川島正規 
主題歌:「ハロー」奥野涼
後援:上毛新聞社 群馬テレビ エフエム群馬 
特別協力:渋川市 渋川伊香保温泉観光協会 群馬県立渋川高等学校同窓会 JA北群渋川
協力:渋川伊香保温泉フィルムコミッション 高崎フィルムコミッション
製作:「榎田貿易堂」製作委員会
企画:Breath
制作プロダクション:ダブ
配給・宣伝:アルゴ・ピクチャーズ
2017/HD/5.1ch/日本/110分
(c)2017映画「榎田貿易堂」製作委員会
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ