「満島真之介」タグアーカイブ

横山だいすけ、関根麻里、西川貴教、満島真之介 げんこつ山のたぬきさん披露!『おかあさんといっしょ』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 1959年に放送が開始された国民的人気番組「おかあさんといっしょ」が、この秋、60年目を迎えます。

そして!

『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』のタイトルではじめて映画化され、昨日9月7日(金)から全国公開。

その公開を記念して、横山だいすけおにいさん、関根麻里さん、西川貴教さん、満島真之介さんが登壇して舞台挨拶が、ユナイテッド・シネマ豊洲で行われました!


日付:9月8日(土)
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:
ゴムリ役・横山だいすけ、イオ役・関根麻里、スキッパー役・西川貴教
満島真之介

映画情報どっとこむ ralph 人形劇からアニメになった「ガラピコぷ〜」のゲスト声優・ゴムリ役の横山だいすけとイオ役の関根麻里、そして映画でも出演している人気キャラクター・スキッパー役の西川貴教が登場。また、念願叶って“しんのすけお兄さん”になった満島真之介も登場し、アニメパートと実写パート出演キャストがはじめて勢ぞろいしました。

横山さん:みんなこんにちは!

と掛け声をかけると、満席の客席から、子供たちの「こんにちは〜!」の大きな返事がかえってきて、舞台挨拶はスタート。

横山さん:映画館に来てくれたみんなに、おっきな声をだしてもらったり、一緒に動いてもらいたいシーンが映画の中にあるので、映画の中で掛け声をかけられたら、楽しんでください。そして、お父さんやお母さんたちも、恥ずかしがらずに、精一杯、声をだしていただけたら嬉しいです。会場のみんながひとつになれると思います!

と鑑賞にあたってのアドバイス!お子さんのいる関根麻里さんは

関根さん:2歳9ヶ月の娘がいます。昨日の初日、娘と豊洲に来ました。もれなく“じいじ(関根勤)”がついてきて、じいじ一緒に「映画 おかあさんといっしょ」を観ました。娘は観察するタイプなので、映画の中の声がけのシーンで参加型の場面では、じーっとお客様のことを見ていたので、私とじいじが積極的に参加して大声をだしていました。わりと渋い声が聞こえていたかと思います(笑)

と、昨日の初日に、ユナイテッド・シネマ豊洲で本作を娘とじいじと鑑賞したことを明かし、家族で「映画 おかあさんといっしょ」を楽しんでいる様子でした。

映画情報どっとこむ ralph 人気キャラクター・スキッパーを演じている西川貴教さんが、決め台詞の

西川さん:なんでもお届けスキッパー!

と声出しすると客席から大歓声があがりました。続けて

西川さん:“おかあさんといっしょ”を観ていた方がお母さんになり、小さいお子さんと一緒に映画館に足を運んでくださることは、素晴らしいことだと思います。“おかあさんといっしょ”は今年60年を迎える長寿番組です。まだまだこれからも続いていく作品だと思いますし、みんなの応援のおかげで、映画にもなりましたから、これからも応援よろしくお願いいたします。

と笑顔で挨拶をしました。


そして、18歳の時から学童保育を行っていた満島真之介さんは、当時、うたのお兄さんだった横山だいすけさんの歌を聴いていたそうで

満島さん:うたのお兄さんに憧れて、ずっと歌を聴いて、だいすけお兄さんの歌声と一緒に踊っておりました。それこそ、毎月の“おかあさんといっしょ”今月の歌を、帰りに子供たちと歌って踊ってさせていただいていました。僕は今年29歳になった平成元年の生まれです。今年で平成が終わろうとする中、20代最後の夏に、そして平成最後の夏に、“おかあさんといっしょ”ゆういちろうお兄さんといっしょに踊って、歌って、色んな事ができたことは、人生の最高の思い出になりました。今日は本当に楽しみたいと思います。

と語り、目は感動で潤みます。

西川さん:せっかくだから、しんのすけお兄さんがだいすけお兄さんとコラボしちゃえば?

の提案で、横山だいすけさん、満島真之介さんをメインに、関根麻里さん、西川貴教さんも参加して、お客様といっしょに「げんこつ山のたぬきさん」を行いました。

憧れのだいすけお兄さんとの初対面・初共演に

満島さん:夢がかなっちゃったよ!だからもう帰るよ!

と嬉しさのあまり満島は叫ぶと、満島の冗談で会場は爆笑の渦となりました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

横山さん:幼稚園の時、はじめてのお泊り会で親と離れたとき、夜、寂しくなってパーカーを握りしめながら寝た思い出があります。でも、一夜すぎお泊り会を経て、お友達と先生と大きな虹をみることができました。それが忘れられない思い出であり、僕にとっての大冒険でした。

とタイトルにちなんで子供の頃の思い出を語ってくれました。


『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』

は、小さいお子さまやご家族にも安心してお過ごしいただける上映環境となっています。


映画館デビューにもピッタリの本作では、お子さまのはじめての映画館の記念に写真撮影タイムもご用意!劇場は明るく、歌ったり踊ったり大きな声を出したり、元気いっぱいに遊べる、新しい映画館での楽しみ方にもご注目ください。

お子さまの人生で初めての映画館体験となる“ファーストムービー”にいかがでしょうか!

公式HP:
eiga-okaasan.jp 

***********************************

出演:花田ゆういちろう 小野あつこ 小林よしひさ 上原りさ・満島真之介・チョロミー ムームー ガラピコ スキッパー
声の出演:吉田仁美 冨田泰代 川島得愛・西川貴教
横山だいすけ・関根麻里
主題歌:「ティッタトティッタ」 作詞:もりちよこ 作曲:栗原正己
製作:『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』製作委員会 
配給:日活/ライブ・ビューイング・ジャパン
2018年/カラー/16:9/5.1ch/DCP 
©2018「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」製作委員会
   


横山だいすけ・関根麻里 『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』公開直前 プレミア親子試写会


映画情報どっとこむ ralph 国民的人気番組「おかあさんといっしょ」が、この秋、60年目を迎えます。

そして!はじめて映画化となる『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』9月7日(金)より全国ロードショーが決定しています。

本作は、ゆういちろうお兄さん、あつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんが外へ飛びだして、様々なことにチャレンジ!劇場内で歌って踊って楽しめる、この映画ならではの楽しみ方が満載です。

その公開を記念して、「公開直前 プレミア親子試写会」を、シネ・リーブル池袋 シアター2にて開催。

映画本編のアニメパート『ガラピコぷ〜』の上映、そしてゲスト声優は「おかあさんといっしょ」うたのお兄さんで、卒業すると“だいすけロス”現象を巻き起こす程人気を博した、今もマルチな活動で大活躍中の横山だいすけさんと、実生活にて2歳の娘をもつ関根麻里さんを迎えてのスペシャルトークショーが行われました。


公開直前プレミア親子試写会
日程:8月21日(火)
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:ゴムリ役・横山だいすけ、イオ役・関根麻里
M C:寺迫麿

映画情報どっとこむ ralph 横山さん:“トモダチ〜”みんな今日は映画を観に来てくれてありがとう!楽しかったですか〜?

と子供たちに掛け声をかけると、劇場内は「楽しかった〜!」の大合唱。流石、手慣れていらっしゃる。

続けて、

横山さん:「おかあさんといっしょ」を卒業してから、映画に素晴らしいタイミングで関わることができてよかったです!

と嬉しさ表現。

関根さん:ツムリ族の姫・イオです!ママになってから初の声優でしたが、いつも子供と観ている番組が映画になり、そのキャラクターとして参加できることはとても嬉しかった。“頑張るぞ”という気持ちと、“良い作品にしたい”というプレッシャーの両方がありました。絵本の読み聞かせが、少しでも役に立っていたならと思います。イオはかわいいお姫様で、素直な優しい子です。いい声がでるようにはちみつをたくさんなめて、トーンをあげてかわいらしさを意識しながら、気持ちを伝えられるように努めました。

と役へ向き合った気持ちを伝えました。


ロボットを演じて

横山さん:ロボットなので、どう演じてらいいのか悩みました。ガラピコがロボットなので、ガラピコに近いものがいいのか、まったく別なものがいいのかなど考えて、ガラピコがしゃべっている映像をかなり観ました。感情の入れ具合がポイントでした。

と役作りへの秘話を話した。

関根さん:2歳8ヶ月の娘が映画が大好きで、親子でよく一緒に映画館に行きます。この作品は、記念写真タイムもあるので、仲良しのじーじ(関根勤)も連れて、家族みんなで映画館で映画をみたいと思います!

と娘や父親(関根勤)とも、公開したら本作を映画館で楽しみたいと話します。

映画情報どっとこむ ralph そして、

関根さん:私もまだまだママとして2歳。日々子供と一緒に成長しています。思い通りにならなくて当たりまえ。うまくいけばラッキーだと思っています。

と子育て中の両親に愛のあるアドバイスをしてくださいました。


最近のはじめての大冒険を聞かれ

横山さん:ロケで、初めてハワイに行きました。海外経験があまりないので、異文化に触れることで、まだまだ知らない世界があるのだなあと新鮮な気持ちになりました。高所恐怖症なのに、パラセーリングにも挑戦し300mくらい上がっちゃいました。(笑)

と笑いを誘っておりました。


最後に・・・、

関根さん:素直な気持ちを伝える大切さを描いています。親子で観て素敵な思い出を作ってください。

横山さん:小さい子でも安心して観れるように、会場は暗くならないよう配慮している映画です。実写パートのお兄さん、お姉さん達が映画ならではで、色んな世界に連れて行ってくれると思います。家族みんなで観てもらえたらと思います。

と映画の魅力を伝えました。

映画情報どっとこむ ralph 『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』

公式HP: eiga-okaasan.jp 

お子さまの人生で初めての映画館体験となる“ファーストムービー”としていかがでしょうか!

★映画館での楽しみ方!★

『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』は、小さいお子さまやご家族にも安心してお過ごしいただける上映環境となっております。
映画館デビューにもピッタリの本作では、お子さまのはじめての映画館の記念に写真撮影タイムもご用意!劇場は明るく、歌ったり踊ったり大きな声を出したり、元気いっぱいに遊べる、新しい映画館での楽しみ方にもご注目ください。

【映画館デビューを応援!】
①映画館がまっくらじゃない!赤ちゃんでも大丈夫!
②お兄さん、お姉さんたちと歌って踊って、いっしょに楽しもう!
③ガラピコぷ~が大ピンチ⁉大きな声で応援しよう!
④映画館で「ブンバ・ボーン!」元気いっぱい!遊ぼうね!
⑤映画デビューの思い出に!記念写真撮影タイムがあるよ!
***********************************

出演:花田ゆういちろう 小野あつこ 小林よしひさ 上原りさ・満島真之介・チョロミー ムームー ガラピコ スキッパー
声の出演:吉田仁美 冨田泰代 川島得愛・西川貴教

横山だいすけ・関根麻里

主題歌:「ティッタトティッタ」 作詞:もりちよこ 作曲:栗原正己
製作:『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』製作委員会
配給:日活/ライブ・ビューイング・ジャパン
2018年/カラー/16:9/5.1ch/DCP
©2018「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」製作委員会 


満島真之介が憧れの『おかあさんといっしょ』のお兄さんに!


映画情報どっとこむ ralph 1959年に放送が開始され、時代とともに何世代もの人々に愛され親しまれて来た国民的人気番組

おかあさんといっしょ

が60年目を迎えるこの秋、『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』のタイトルではじめて映画化され、いよいよ来月9/7(金)全国ロードショーとなります。


本作は、ゆういちろうお兄さん、あつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんが外へ飛びだして、様々なことにチャレンジ!劇場内で歌って踊って楽しめる、この映画ならではの楽しみ方が満載です。

この度『映画 おかあさんといっしょ』の実写パートに、ゲストのお兄さんの出演が決定!

この前代未聞の役に大抜擢されたのは、昨年6本のドラマと8本の映画に出演し、映画・ドラマ・舞台・アニメの声優など様々なジャンルの作品に引っ張りだこ、どんな役柄も個性豊かに演じきる若手実力派俳優の満島真之介さん(29)。
満島さん自身は、幼い頃から「おかあさんといっしょ」の“うたのお兄さん”に憧れ、上京直後は学童保育で働き、「おかあさんといっしょ」の歌をマスターして、子どもたちと一緒に歌って踊って触れ合ってきました。今でもその当時にマスターした歌や振り付けは覚えており、幼い頃から番組に親しんできた満島さんが、ついに『映画 おかあさんといっしょ』で夢の出演を叶え、映画でしか見られない“しんのすけお兄さん”が登場します!

映画情報どっとこむ ralph 満島真之介さんのコメント

『映画 おかあさんといっしょ』出演のお話を頂き、夜も眠れないぐらい嬉しかったです。
僕は、人生の一番の夢が“うたのお兄さん”になることで、ただ、もうできないのかな…ってちょっと諦めていた時に、今回お話を頂き、20代最後の夏に奇跡がやってきて、素敵な人生のプレゼントをもらったと思いました。小さい頃から観ていた「おかあさんといっしょ」が今年で60年目を迎え、映画化されることには、映画の新しい未来を感じました。歴史的な大事件ですよね(笑)。僕も新しい冒険として、そして映画がすてきな体験になるようにいっしょに何かできたらいいなと思っています。そして子どもだけじゃなく、「おかあさんといっしょ」なので、大人の方たちもいっしょにぜひ楽しんでいただきたいです。

映画情報どっとこむ ralph また番組でおなじみの人形劇「ガラピコぷ~」はアニメになり、チョロミー、ムームー、ガラピコの宇宙での大冒険が活き活きと描かれます。先日、劇場版の新キャラクターが発表され、ゴムリ役に横山だいすけ、イオ役に関根麻里さんがゲスト声優として参加します。

映画情報どっとこむ ralph 『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』 
全編にわたって、みんなで楽しめるコーナーが盛りだくさんの約70分!

【実写コーナー】
ゆういちろうお兄さん、あつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんが、外へ飛び出して、いろんな乗り物に乗って楽しくおでかけ♪…と思ったら、いつのまにか不思議な町に着いてしまい、そこにはちょんまげの人がいっぱい!

すると突然、忍者たちに囲まれ、お兄さん、お姉さんは大ピンチに。

そこに、ちょんまげ頭の謎の人物が現れて…?お兄さん、お姉さんたちはいったいどうなるのでしょうか!?

【アニメコーナー】
チョロミー、ムームー、ガラピコはしずく星を飛び出しツムリ星へお出かけ!到着するとツムリ星はぼろぼろの星になっていました。そこで出会ったのはツムリ族のお姫様イオ(声:関根麻里)。イオには昔ゴムリ(声:横山だいすけ)というロボットのお友達がいましたが、ある事件をきっかけに離ればなれになってしまいました。ひとりぼっちになったゴムリは、星の大切なグミグミの実を盗んでしまい…。グミグミの実の力がなくなったツムリ星はどんどん元気がなくなってしまいました。そのお話を聞いたチョロミーたちは、イオとゴムリの仲直りをお手伝いすることに!
果たしてイオとゴムリは無事仲直りし、ツムリ星は元気を取り戻せるのでしょうか。
※本作は、テレビ放送でのオープニングアニメーションを担当したアニメーターの久野遥子からバトンタッチし、ダイナモピクチャーズがアニメーションを制作します。


★『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』の映画館での楽しみ方★

小さいお子さまやご家族にも安心してお過ごしいただける上映環境となっております。映画館デビューにもピッタリの本作では、お子さまのはじめての映画館の記念に写真撮影タイムもご用意!
劇場は明るく、歌ったり踊ったり大きな声を出したり、元気いっぱいに遊べる、新しい映画館での楽しみ方にもご注目ください。


お子さまの人生で初めての映画館体験となる“ファーストムービー”として、ぜひご期待ください!

公式HP:
eiga-okaasan.jp 

***********************************

出演:花田ゆういちろう 小野あつこ 小林よしひさ 上原りさ 満島真之介 チョロミー ムームー ガラピコ スキッパー

声の出演:吉田仁美 冨田泰代 川島得愛 ・ 西川貴教
横山だいすけ ・ 関根麻里

主題歌:「ティッタトティッタ」 作詞:もりちよこ 作曲:栗原正己
製作:『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』製作委員会
(日活/ライブ・ビューイング・ジャパン/イオンエンターテイメント/NHKエデュケーショナル)

配給:日活/ライブ・ビューイング・ジャパン 
制作:NHKエデュケーショナル/ダイナモピクチャーズ
2018年/カラー/16:9/5.1ch/DCP
 
©2018「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」製作委員会 


池松壮亮 一度爆発させて演じた!映画『君が君で君だ』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 7 月 7 日に公開した映画『君が君で君だ』が熱い注目を集め作中で描かれているシーンの衝撃や、その愛の形への熱烈共感コメント、否定コメントなど、賛否の衝撃を巻き起こし口コミが 広がり全国 11 館スタートながら、新宿バルト9では平日の回でも満席回が続出しています!

そして、 ヒットの御礼とさらなるヒットを目指し8月2日(木)新宿バルト 9 にて、池松壮亮と松居大悟監督による上映後トークイベントが行われました。


映画『君が君で君だ』トークイベント
日付:8月2日(木)
場所:新宿バルト9
登壇:池松壮亮、松居大悟監督
MC :日野原プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 上映終了後、池松壮亮、松居監督が登壇すると大きな拍手が沸き起こった。
この日のMC は本作の女性プロデューサーの日野原さんが務めています。企画を初めて聞いた時の感想を聞くと
池松さん:松居監督とはドラマや舞台などいろんな仕事を共にしてき て、お互いのキャリアが一周してもう一度しっかりと組めてよかったです。ただ、非常に難しい戦いになるなとは思いました。誰も踏み入れていないところに踏み入れようとしていましたし、大げさな言い方をすると、人類が答えを出していないものにシンボリックな表現を含めて挑もうとしていたので、しかもこんな時代に。どれだけ説得力を持たせるか企画を頂いてから今日まで考えていました。

と本作の企画をもらった時の心境、そして覚悟を語った。


MC から尾崎豊役を頂いたことについて聞かれると

池松さん:最近、色々な映画があって、色々な表現があって、自分もその中の一人ではあるのですが、あまりにもごちゃごちゃしていると思っていて、なんかここら辺で一つ、かっ飛ばしてみよ うかなと思いました。映画とか、人とか、表現とかものすごく気を遣う時代になってしまっていて、そういうものを超えたくて、 宇宙人みたいになって、銀河みたいなところに行ってみようと思いました。伝わると思って表現していたものを一度爆発さ せて、この作品に乗せて演じさせていただいたように思います。

と演じるにあたっての熱い想いを語った。

MC から撮影現場でのお互いについて聞かれると
松居監督:プロとして正しい正しくないというものを超えてモノづくりをやる 仲間としてすごく脚本について話しました。映画というものにも向かって前向きにやっていった時間は生産的というか正し かったなと思います。

と語ると

池松さん:熱い中、朦朧としながらも針の穴に糸を通すようにやっていた気がします。
とお互いに真剣に取り組んだ撮影を振り返った。

映画情報どっとこむ ralph そして、質疑応答を行うと、

Q:好きにも色々あるんだなと思いました。好きだとこんなに人っておかしくなってしまうんだなと 思ったのですが、客観的この映画を見てどう思いましたか。
池松さん:最近、人の感情をたやすいもの とされがちだと思う。すごく色々なものがシステム化されて、言葉にされて、みんなの中で同じベクトルになっている。この 映画は人間の本物の感情の強さみたいなものは見せられるような気がしていて、本当に誰かを想うとか、本当に人と喧 嘩するとか人間の感情のすごさを見せられる映画だなと思います。

と語った。

最後に・・・

池松さん:ありがたいことに好評をいただいておりまして、僕たちにできることは映画を作り上げてスクリーンに流すことだけな ので、あとは皆さんの生活とか人生とかに意味があって、この映画が何か与えられたかわからないけどほんの一ミリでも豊かになれば嬉しいなと思います。

と締めくくり、会場は大きな拍手に包まれた。

松居大悟監督 最新作!

映画『君が君で君だ

公式サイト:
https://kimikimikimi.jp


池松壮亮主演、キム・コッピ、満島真之介、大倉孝二共演 この愛は純情か、それとも異常か。
池松壮亮に異変!? 『君が君で君だ』で池松が見せた“演技を超えた境地”とは!?

物語・・・
大好きな子が好きな「尾崎豊」「ブラピ」「坂本龍馬」になりきり、自分の名前を捨て、10 年間ただひたすら好きな子を見守ってきた 3 人の男たちを描い た恋愛譚。触れ合うことも告白することもなく、ただ見守り続けてきた 3 人が、執拗な借金の取り立てから好きな子を守るべく立ち上がるも返り討ちに! 物語は大いなる騒動へと発展していく。
***********************************

監督・原作・脚本:松居大悟
出演:池松壮亮 キム・コッピ 満島真之介 大倉孝二 高杉真宙 向井理/YOU
制作:レスパスフィルム
配給:ティ・ジョイ
ⓒ2018「君が君で君だ」製作委員会
    


満島真之介登壇!沖縄PRキャンペーン『ジュラシック・ワールド/炎の王国』


映画情報どっとこむ ralph 『ジュラシック・パーク』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(東宝東和配給)が全国にて大ヒット上映中です。
この大ヒットを記念し、恐竜が苦手な天才プログラマー・フランクリン役の日本語吹き替えを担当した俳優の満島真之介さんが、自身の故郷・沖縄へ凱旋し、本作のPRキャンペーンを行いました。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』満島真之介登壇!沖縄PRキャンペーンレポート
7月18日(水) 大ヒット御礼舞台挨拶(那覇シネマQ)※上映後
7月19日(木) 母校サプライズイベント(沖縄東中学校)&ナイトミュージアムイベント(沖縄県立博物館)

映画情報どっとこむ ralph すでに観客動員145万人、興行収入21億円を突破し、“ジュラシック”旋風を巻き起こしている映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。日本中を熱くしている本作を携え、天才プログラマー・フランクリン役の日本語吹き替えを担当した俳優の満島真之介さんが故郷・沖縄へ凱旋。2日間にわたるPRキャンペーンに参加しました。

まずは那覇シネマQで行われた本作の舞台挨拶へ。
上映後の会場に満島さんが現れると、観客は大きな拍手でお出迎え!
満島さん:1年ぶりに沖縄に帰って来ましたが、ここにいる皆さんはまるで家族の様。ぜひ沖縄のみなさんにも楽しんでいただきたい作品です!沖縄にいる間にステーキは食べて帰りたいなと思っています。東京で食べると高いからね!(笑)でもあんまり肉ばっかり食べているとT-レックスが来ちゃうかも!

と話し、地元の観客を前にご機嫌な様子。役作りにあたっては

満島さん:フランクリンは今回からの新キャラクターだから、彼のポップさや、今までのシリーズにはなかった雰囲気を出したいと思いながら演じました。

と語っていた満島さんでしたが、フランクリンとの共通点について問われると

満島さん:ビビりな所ですね。ホラー映画も観られないし、脅かされるのも嫌(笑)!!

と意外な一面を告白。さらに、

満島さん:今まで吹き替え版の映画を劇場で観たことがないので、この作品を僕の初体験にしたいと思っています。フランクリンが叫ぶところのシーンで僕も彼の演技をしながら一緒に叫びたい!観客のみなさんに『あれ?新しいサラウンドシステム導入したのかな?』って思わせたいです(笑)

と話し、会場の笑いを誘う場面もありました。

映画情報どっとこむ ralph 翌日、満島さんが向かったのは、青春時代を過ごした母校である沖縄東中学校。ここで生徒たちには内緒でサプライズ登場する予定と聞かされていた満島さんが会場である体育館へ向かおうとしていた矢先、突然<満島さんお帰りなさい!ハリウッド進出おめでとうございます!>と書かれた巨大な懸垂幕が目の前に!!
驚きの表情を浮かべる満島さんでしたが、実は、満島さんに喜んでもらいたいという生徒たちからの“逆サプライズ”だったことが明らかになり、生徒たちも満島さんの元へ大集合!

満島さん:うわー!パワーがあるな!すごいな!!

と笑顔を浮かべ、みんなとハイタッチを交わしていました。

次に体育館に満島さんが登場すると生徒たちからは大歓声が!!
母校への凱旋を記念して生徒会長による花束の贈呈が行われると「幸せ!」と喜びをあらわにした満島さん。逆サプライズを受けて

満島さん:みんなエネルギーありすぎない!?びっくりしたよ!約10年ぶりにここに帰って来ました。当時、生徒会長をやっていたんだけど、子供たちの元気さも、制服も変わってないね!今日、この学校の楽しい思い出を新たに作ってもらうことができました!

と感慨深い様子。『ジュラシック・パーク』シリーズ最新作を携えての帰郷に

満島さん:中学生の時には観ていた側だった作品の最新作に、今度は自分が参加して生徒のみなさんに観てもらう側になるとは夢にも思っていませんでした。こうした形で母校に帰って来られて、恩返しが出来たようで嬉しいです!

と語り、その最新作については

満島さん:オススメしかしない!ぜひご家族やお友達と吹き替え版で楽しんでほしいです。本当にすごく楽しいから!次は実際に出演できるように頑張ります!

と作品を猛烈にPRしました。

最後には後輩たちに

満島さん:今は、自分がやりたいと思う目の前のことをとにかく精一杯やってください。しっかりご飯をたべて、運動もして、みんな頑張ってね!

と熱いメッセージ。真剣な表情でその言葉を聞いていた生徒たちから大きな拍手が贈られました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に訪れたのは沖縄県立博物館。

ここでは全長12mを超えるT-レックスの全身骨格などを展示する「ティラノサウルス展 進化の謎に迫る」が9月9日(日)まで開催中で、満島さんは恐竜の魅力を知ってほしいと、この特別展に地元の子供たちを特別に招待しました。満島さんと一緒に博物館内を見学し、T-レックスの骨格標本を見た子供達たち大興奮の様子で、大迫力のT-レックスについて
満島さん:T-レックスは好きだけど、大きすぎてお家に呼んでお茶だせないよね。小さな恐竜がいいかな〜。

と話すと、子供たちから「小さい恐竜でも家に呼んだら食べられちゃうよ!」とツッコミ!しかし

満島さん:さんぴん茶出せば大丈夫そうじゃない(笑)?

と答え、子供たちは爆笑!

その後、満島さんと子供たちは一緒に化石のレプリカ作りに挑戦。満島さんと一緒に楽しい時間を過ごした子供たちからは終始大きな笑みが溢れていました。

舞台挨拶、母校への訪問、夜の博物館ツアーと、盛りだくさんのキャンペーンで沖縄に“ジュラシック”旋風を届けた満島さんでした。


ジュラシック・ワールド/炎の王国

全国大ヒット公開中!!!

公式サイト:
http://www.jurassicworld.jp/ 


ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島、イスラ・ヌブラル島では<火山の大噴火>の予兆がとらえられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られていた――。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出すべく行動を起こす事を決意、島に向かったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける!

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ 
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
監督:J・A・バヨナ 
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム 
© Universal Pictures