「湯浅弘章監督」タグアーカイブ

南沙良・蒔田彩珠・萩原利久で初々しい初日舞台挨拶『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』


映画情報どっとこむ ralph 映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』が、本日7月14日(土)より新宿武蔵野館にて公開となり、初日舞台挨拶を行いました。

その初日舞台挨拶は、映画のままに志乃( 南沙良)、加代(蒔田彩珠)、菊地(萩原利久)が劇中の制服姿で登場!そして、長編商業初監督となった湯浅弘章監督、さらに原作者の人気漫画家・押見修造先生も登壇して行われました!

日時: 7月14日(土)
場所:新宿武蔵野館
登壇: 南沙良(みなみさら)、蒔田彩珠(まきたあじゅ)、萩原利久(はぎわらりく)、湯浅弘章(ゆあさひろあき)監督、押見修造(おしみしゅうぞう)

映画情報どっとこむ ralph 観終えたばかりの満席の客席から、拍手喝采!を受けて登壇。

少し硬めな表情の皆さんですが・・・。

湯浅監督:サンキュー初日!猛暑の中、こんなにも多くの人に劇場にきていただけて本当に嬉しいです。観終えたばかりのお客様。感想ドキドキしています。

との挨拶で、一気に和やかなムードに。

続いて、
南さん:どうでした?(大拍手)いよいよ公開に緊張とドキドキです。

蒔田さん:初めての主演作がこうして無事に公開されてとてもうれしく思っています。多くの人に観てもらえればと思っています!

と満遍の笑顔をみせた。空気が読めずに空回りしてしまう菊地を演じた萩原さんに向けて、客席から「うざくて良かった!」との賛辞の言葉が飛び、場内が笑いがつつまれた。

荻原さん:撮影していた時からこの日を待ちわびていました。嬉しいです!

そして!自らの体験をベースに本作を生み出した原作の押見先生は
押見さん:ひとりぼっちだった学生時代を投影した漫画をみなさんがこうして演じてくれて、さらにたくさんの人に観ていただいて感慨深く、そして本当に嬉しいです。

と各々の熱い気持ちを言葉にしました。

映画情報どっとこむ ralph
今回、1年ぶりに制服に袖を通して、
南さん:実は、小さい頃からセーラー服に憧れてて、劇中で制服を切る事ができて嬉しかったです。

と撮影時には明かしていなかった想いを披露。一方で
蒔田さん:しのかよ(劇中の「志乃と加代」のユニット名)っていう感じがする。当時に戻った気がして懐かしいです!

と笑顔で回答。一方、19歳の萩原さんは・・・
萩原さん:懐かしい一方、制服を着る機会がなくなったので少し恥ずかしいです。

とはにかみます。

映画情報どっとこむ ralph 吃音により言葉が上手く話せない志乃という難役に、南さんは取材をするなど準備を重ねて撮影に臨んだそう。

一方、志乃が心を開いていく友人・加代を演じた蒔田さんは、志乃とのやりとりを振り返って

蒔田さん:演じる際は、言葉が上手く話せない志乃が言葉や気持ちを伝えきるのを待ってから答えることを心がけました。音痴だと言うコンプレックスを抱えてきた加代なら、笑われたり遮られるのがどれだけつらいか分かっているはずだから。

と役作り。

一方、原作コミックから膨らんだ菊地のキャラクターについて、

萩原さん:漫画は表情は細かく書き込まれている。表情や感情表現は原作漫画を参考に。セリフや言葉の面ではシナリオを参考にしました。

と彼曰く二刀流な役作りを果たしたそう。


原作の押見先生は本作を作るきっかけを

押見先生:自分が学生時代に吃音だったことをベースに描きました。恥ずかしことのひとつとして、ずっとそれをしまってきたからこそ、描きたいと思っいました

とのエピソードを明かしてくれました。

一方、
湯浅監督:一番手をかけたのは、冒頭、クラスの自己紹介で志乃が自分の名前を言えないというシーン。それは、この作品がどのような作品か、志乃がこれまでどのような人生を歩んできたのかを表現しなくてはならないから。

と映像表現ならではのアプローチの仕方を語りました。原作者の立場からの満足度を問われると
押見先生:キャストの生々しい演技に、まるでドキュメンタリーを見ているようでした。原作者としては100点満点の出来ですね!

と笑顔で言い切り、会場からは拍手が巻き起こった。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、これから観る観客へ一言を問われると、
南さん:私自身、コンプレックスがたくさんあった。この作品に出会うまで、それをどう排除しようか考えてきたが、コンプレックスとどう向き合ってあげて、還る場所を作ってあげられるかが重要だと気づけた。この作品がみんなに伝わったらいと思います!観たらSNSで拡散して!
蒔田さん:同年代の学生だと特に共感できる部分がある作品だと思います。一方、大人も当時の気持ちや懐かしさを感じてもらえると思う。多くの人に見て欲しいです。

萩原さん:現場にあったエネルギーがスクリーンから溢れていると思います。観る方にも伝わると思います!

押見先生:自分のことが一回でも嫌いだと思った事がある人は、この映画を見たらどこかしらに自分自身を発見できると思います。心にしまっている事を、発見して言葉にする事ができる作品だなと思うので、ぜひ多くの方に見て欲しいです。

そして
湯浅監督:初めての長編商業映画デビュー作ですが、もうこれを超えることはできないかもしれない(笑)自分とキャストの荒削りな部分がこの作品のモチーフとあっていて、それが上手く表現できたと思います。観客も全員宣伝部になったつもりで、ぜひ作品の感想を広めてください!SNSなども・使って!

と茶目っ気たっぷりに舞台挨拶を締めました。



新宿武蔵野館ほか大ヒット上映中!

http://www.bitters.co.jp/shinochan/

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

物語・・・
伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。

高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。

そこに、志乃をからかった同級生の男子・菊地が参加することになり…

***********************************

出演:南 沙良  蒔田彩珠 /萩原利久 /

小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲

山田キヌヲ  奥貫 薫

監督:湯浅弘章  原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)

脚本:足立 紳 音楽:まつきあゆむ 
配給:ビターズ・エンド 
制作プロダクション:東北新社
製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)

2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分

©押見修造/太田出版 
©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


南沙良,蒔田彩珠,萩原利久,湯浅弘章監督登壇!『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』プレミア!


映画情報どっとこむ ralph 7月14日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となる映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』。公開を前に6月26日(火)にプレミア上映&舞台挨拶を行いました。

本作は、人気漫画家・押見修造の実体験をベースにした同名原作の映画化。待望の映画化に、期待値マックスのプレミア上映は満員御礼!最速となる上映に駆けつけてくれた熱気溢れる観客たちに直接お礼を伝えたい!とキャスト&監督が集結しました!

日時: 6月26日(火)
場所:新宿武蔵野館 
登壇: 南沙良(みなみさら)、蒔田彩珠(まきたあじゅ)、萩原利久(はぎわらりく)、湯浅弘章(ゆあさひろあき)監督

映画情報どっとこむ ralph 南さん:観終わったあと、余韻に満たされました。志乃・加代・菊地の三人は、自分たちのままで進んでいけるんだなと感じ、心の奥の方があったかくなりました。

蒔田さん:実際の自分の歳と近い役を演じて、作品を観て、グッと胸に迫るものがありました。自分たちが伝えたかったことが伝えられたと感じています。

萩原さん:一足先に観て、現場で感じたエネルギーをスクリーンからそのままに感じました。みなさんにも僕たちが現場でぶつけあったものをご覧いただけると思います。

湯浅監督:夜中、一人編集しながらウルッときていました。多くの作品を作ってきましたが、生まれて初めて「これ、イケるな?」感じました。ハードルあげすぎですかね?でも自信ありますよ!



自分が演じた役について

原作者押見修造先生のファンの南さんは

南さん:原作を読んだときに、「志乃をやりたい!」と強く思ったので、それが実現して何より嬉しかったです。でも同時に原作の雰囲気を壊さないか、不安もありました。

蒔田さん:加代は、人と関わりたいけど積極的にはできない。でも理解しようとする純粋な子。志乃と関わる際には「相手の話しを聞く」ことを強く意識しました。

萩原さん:漫画の菊地のキャラが素晴らしく、とにかく撮影初日から飛ばしまくって。普通なら徐々に気持ちが盛り上がっていくと思うんですけど、菊地は序盤がピークでした。でもクランクアップの日に原作者の押見さんから「菊地が菊地だったね!」と言われて、本当に嬉しかったことを覚えています。

と、其々話しました。

映画情報どっとこむ ralph 現場でのエピソード

静岡の沼津で2週間行われた合宿のような撮影。当時の様子について聞かれると

湯浅監督:とにかく主演の二人が本番直前まできゃっきゃっしてるんですよ。でもヨーイがかかった瞬間にスイッチが切り替わって、ドキッとする瞬間がありました。「あぁ、本当に女優の顔をしているな」と実感しました。

そんな撮影当時14歳の南さんと蒔田さんが見せる様々な表情が映し出された本作。これまでアイドルのMVなどを数多く手がけてきた湯浅監督は美しくとる秘訣について

湯浅監督:自分が思う、映画の中の美しい女性は、撮影技巧で撮れた“美しさ”ではなく、困難を前にしても必死に生きようとする姿にこそ本当の美しさがあると思うんです。今回は、それを二人に伝えました。本作の中にもそうした姿が映っていると思います。

とアツく語った。

映画情報どっとこむ ralph 登場人物たちが上手く想いを伝えられないという物語にちなんで、撮影時には言えなかった“今だから言えるお互いへの想い”をパネルに書いて打ち明けることに。

勢いよく萩原がパネルをあげると「みんなで菊地扱い」との文字。

萩原さん:最初は「菊地そのままだ!」と言われていて、嬉しかったんですけど、カメラが回っていないときでも「菊地ウザイ〜!(笑)」と言われるようになり、ショゲました。笑。

とのエピソードに会場からは笑いが。

蒔田さんのパネルには

「南さんへあの時は可愛かった…。」との文字。隣で聞く南さんは思わず照れ笑い。

蒔田さん:撮影中の宿で、夜中に私の部屋に来て、怖い話をテレビで見てながら大きいリアクションをして。気づいたら隣に眠っていて…笑 起こしてもおきないんですよ。

と仲良しエピソードを吐露。すると

南さんは「彩珠へ、夢男」と自分で書いた渾身のイラスト入りの意味深な内容のパネルを見せる。蒔田と見ていた怖い話しのキャラクターだったそうで、二人は大盛り上がり。

「考えが通じあってるね」とお互いがニコニコ微笑みあう様子も。

そんな中、

最後に監督が出したパネルは

監督:「3人へ、絶対仲良くならないと思ってた!」仲が悪かった時用の演出も考えてたんですけど、一つも使わずに済みましたね

と冗談交じりに打ち明け、舞台挨拶は幕を閉じました。


志乃ちゃんは自分の名前が言えない

7月14日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

http://www.bitters.co.jp/shinochan/

【STORY】

伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。

高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。

そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。

そこに、志乃をからかった同級生の男子・菊地が参加することになり…


***********************************

出演:南 沙良  蒔田彩珠 /萩原利久 /
小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲
山田キヌヲ  奥貫 薫

監督:湯浅弘章
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立 紳
音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社

製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)

2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分

©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会