「湯浅弘章」タグアーカイブ

クランクアップは〈卒業式〉南沙良、蒔田彩珠、萩原利久へ監督から卒業証書!映像到着『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』


映画情報どっとこむ ralph この度、新宿武蔵野館ほかで大ヒット上映中の映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』の、感動のクランクアップ映像が公開となりました。

「血の轍」「ハピネス」など連載を抱える人気漫画家・押見修造氏の同名作の映画化である『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』。

SNS上では、映画ファンは勿論のこと「原作も大好きだけど、映画も素晴らしかった。間違いなく今年のベスト」「自分にとって大切な漫画が、自分にとって大切な映画にもなった。多くの人に観て欲しい!」と原作ファンも大絶賛。

更には、押見修造自身も映画化の出来に「100点満点以外言いようがない」と太鼓判を押しています。

この度、映画を観終えた観客なら、落涙必至の撮影のクランクアップ時の映像が公開に!


上手く言葉が話せず一人で高校生活を過ごす志乃。音痴でコミュニケーションが苦手な加代。
人と関わりたいのに空気が読めず空回りする菊地…物語では、誰もがどこかしら共感するようなコンプレックスを抱えた3人が、ぶつかりながらも少しずつ成長していく姿を描く。

公開されたクランクアップを映したメイキング映像では、全身全霊で撮影に挑んだ南沙良(志乃役)、蒔田彩珠(加代役)、萩原利久(菊地役)へ向けて、湯浅弘章監督が卒業証書を一人一人に手渡す〈卒業式〉が映し出される。卒業証書には、押見修造によるそれぞれのキャラクターが描かれ、受け取った南、蒔田、萩原も感涙を堪えつつ、満面の笑み。

本編では描かれない卒業式の情景に、胸が熱くなるメイキング映像となっています。


映画情報どっとこむ ralph 映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない

新宿武蔵野館ほか大ヒット上映中!

http://www.bitters.co.jp/shinochan/


物語・・・
伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。

高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。そこに、志乃をからかった同級生の男子・菊地が参加することになり…




***********************************

出演:南沙良  蒔田彩珠 萩原利久
小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲
山田キヌヲ  奥貫 薫

監督:湯浅弘章
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立 紳 音楽:まつきあゆむ 
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社

製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)

2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分

©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


蒔田彩珠のギターで、南沙良が熱唱!『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』練習風景映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は、初日から2週間が過ぎた現在も口コミが口コミを呼び、満席の回がでるなど、新宿武蔵野館ほかで口コミヒット中!!

悩み、もがきながらも自分自身と向き合っていく主人公たちの姿に、原作ファンは勿論、映画ファンも大納得の熱い言葉が並ぶ。

この度、そんな映画を観終えた観客たちの胸を熱くするメイキング映像が公開された。



南沙良&蒔田彩珠の猛特訓!
一から練習したギター、渾身の歌声…感動のワンシーン誕生の舞台裏

上手く言葉が話せず一人で高校生活を過ごす志乃。音痴でコミュニケーションが苦手な加代。
そんな二人は、〈音楽〉を通して、徐々に心を通わせていく…。
志乃と加代が路上で、海辺で、様々な場所で演奏していく青春のきらめきを感じさせるシーンは、映画の見所の一つだ。

公開されたメイキング映像では、“ギターが好き”という加代役を演じた、蒔田の猛特訓ぶりの一端が垣間見える。
たった2か月で、演奏をマスターした蒔田。そして、その演奏にあわせて、澄んだ歌声で熱唱する志乃役の南沙良との掛け合いは、練習時から既に息がぴったり!

二人の練習の成果が存分に発揮されている、感動のワンシーンを是非、劇場でチェックしてほしい。

映画情報どっとこむ ralph 志乃ちゃんは自分の名前が言えない

新宿武蔵野館ほか大ヒット上映中!

http://www.bitters.co.jp/shinochan/


物語・・・
伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。
高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。
そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。そこに、志乃をからかった同級生の男子・菊地が参加することになり…


***********************************

出演:南 沙良  蒔田彩珠 /萩原利久 /

小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲

山田キヌヲ  奥貫 薫

監督:湯浅弘章 
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立 紳 音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社

製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)

2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分

©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』 押見修造のライブペインティング映像公開!


映画情報どっとこむ ralph 映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』 が、7/14から新宿武蔵野館 にて公開となり、満席の回も続出する大ヒットスタートを切りました。

SNS上では、いち早く作品を観た観客からの熱い感想に溢れ、「今年の最重要 邦画の一本。久々にがっつり泣かされた。必見!」「140字では全然足りない くらい素晴らしい映画」「生ぬるい架空の青春映画なんて何本まとめてかかって きてもこの映画にはかないっこない。傑作青春映画」「原作も大好 きだけど、 映画も素晴らしかった。間違いなく今年のベスト」「音楽映画としても100点満点!」と悩み、もがきながらも自分自身と向き合 っていく主人公たちの姿に、原作ファンは勿論、映画ファンも大納得の熱い言葉が並ぶ。

映画情報どっとこむ ralph 大ヒットスタートを祝福するかのような、笑顔の志乃ちゃん。 押見修造のライブペインティング映像公開! 普段、一般の方は入ることができない新宿武蔵野館の控室は、これまでの歴代公開 作品のキャストたちのサインが壁一面にずらりと広がっている。そのなかに、14 日の初 日舞台挨拶の際に、しっかりと「志乃ちゃん」チーム(南、蒔田、萩原、湯浅監督、 脚本・足立)もサインを追加!
さらには、原作者の押見修造が、大ヒットスタート を祝福するかのような笑顔の「志乃」をその場で描き上げることに!

真っ白な壁をキャンパスに、徐々に浮かび上がる志乃にキャスト並びに湯浅監督ほかスタッフも興奮気味。本格的に描かれた 大きな志乃は、歴代の武蔵野館の公開作品のサインのなかで、一際存在感を放っている。『血の轍』『ハピネス』など連載を抱え る人気漫画家・押見修造のライブペインティング映像というだけでファンにとっては、コミックス発売から 6 年の月日が経ち、描かれた 志乃ちゃんは何とも感慨深い。元々の動画の尺は5 分と丁寧に描き込まれており、映画を観た後に見ると感慨深いイラストに。 ここでしか見られない、超お宝映像となった。

***********************************

出演:南 沙良 蒔田彩珠/萩原利久/小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲/山田キヌヲ 奥貫 薫

監督:湯浅弘章
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立 紳 音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社
製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク) 2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分
©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


南沙良&蒔田彩珠ダブル主演『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』サントラ発売決定


映画情報どっとこむ ralph 7月14日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となる映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』。

この度公開を記念して7月13日(金)メロディー・パンチより、オリジナル・サウンドトラックが発売されることが決定しました。
言葉が上手く話せない志乃。音楽好きなのに音痴な加代。コンプレックスを抱 える主人公2人は文化祭を目指して、バンドを組み練習を重ねるが…劇 中、二人が心を通わすツールとして最も重要な“音楽”。

物語の舞台90年代 を彩る、青春が甦る楽曲の数々…志乃を演じた南沙良さん、加代を演じた蒔田彩珠さんによる生演奏など、映画の魅力がギュッと詰 まったオリジナル・サウンドトラックは、マストバイです!

映画情報どっとこむ ralph ミッシェル、ブルーハーツ…流れてくるだけで胸がアツい!トラックリスト

原作にも登場する『あの素晴らしい愛をもう一度』、名曲『翼をください』に加え 90年代にデビューし人気を博した、伝説的バンド、ミッシェル・ガン・エレファント『世界の終わり』、ブルーハーツ『青空』など青春が甦る数々の楽曲が本作を彩る。劇中では音楽好きの加代が、父親から教わったという設定としてニルヴァーナやムーンラ イダーズ、ダイナソーJr.のCDも映り込み、音楽好きも必見のシーンが続々登場!ま た、加代が学校で聴く方法はカセットテープという、懐かしさMAXなところは1996年という設定から。本作で初披露となった、志乃演じる南沙良の透明感と伸びやかな歌声で収録されている、名曲たちは必聴!


鳥肌もの!吹替は一切なしで挑んだ、渾身の演奏!

そして劇中、最も盛り上がりをみせるシーンで歌われる『魔法』。原作でも描か れているこの曲は、作詞、押見修造、作曲はテレビCMの楽曲提供や映画 音楽など多岐にわたって活躍する、まつきあゆむが手掛けた。 撮影時『魔法』を歌った蒔田は、歌詞の一部が変わるほど気持ちが入り渾身の演技を見せる。「感情的に強く訴えられるいい画が撮れた」と監督は、カットをかけず、本編でそのまま使用。サウンドトラックにもそのままに収録され ている。

蒔田彩珠は、この映画の為に3か月前から今まで一度も触ったことのないギターを猛特訓。課題曲が複数あった上に、オリジナルで作られた『魔法』が出来上がったのはクランクイン直前。しかし撮影に全て間に合わせ、湯浅監督も「吹替を用意したけれども、全く必要がなかった」と絶賛したギター演奏は必聴だ。

映画情報どっとこむ ralph 《製品情報》

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』オリジナル・サウンドトラック

●音楽:まつきあゆむ
●発売日:2018 年7 月13日(金)
●価格:¥2,000+税
●製品番号:MPCS-00026
●レーベル:melodypunchrecords 全 24 曲入り。押見修造先生描き下ろしイラスト、コメントつき!

【問い合わせ先】メロディー・パンチ(Tel: 03-5771-2772)

映画情報どっとこむ ralph 映画の感動が甦るエモーショナルな楽曲がタップリの24曲収録!さらには原作ファンにもたまらない押見修造の書き下ろしオ リジナルイラストとコメントも収録。何度でも反芻してほしい音楽の数々は、各上映劇場、全国のCDショップで取り扱い予定。 ぜひ手に入れてほしい一枚です。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

【STORY】
伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。
高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。

そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。

そこに、志乃をからかった同級生の男子・菊地が参加することになり…

7月14日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

http://www.bitters.co.jp/shinochan/

***********************************

出演:南 沙良  蒔田彩珠 /萩原利久
小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 
蒼波 純 / 渡辺 哲
山田キヌヲ  奥貫 薫

監督:湯浅弘章
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)

脚本:足立 紳 
音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド 
制作プロダクション:東北新社
製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)

2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分

©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会



『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』文部科学省特別選定作品に決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『志乃ちゃんは自分の名前が 言えない』7/14より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

が公開を前に 文部科学省特別選定作品(青年・成人・家庭向き)、文部科学省選定 (少年向き)に決定しました!

不器用な二人の小さな一歩。 悩みもすべて抱きしめて世界はかすかに輝きだす。 高校1年生の志乃は、喋ろうとするたび言葉に詰まり、名前すら上手く言うことが出来ずに笑い者になってしまう。ひとり過ごすな か、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。ギターが生きがいなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪 われバンドに誘う。文化祭に向けて不器用なふたりの猛練習が始まった。コンプレックスから目を背けてきた志乃と加代。互いに 手を取り小さな一歩を踏み出すが。

原作は人気漫画家・押見修造の同名作。自身の体験をベースに描いた同作は、幅広い世代を感動の渦に包み大きな反響を 呼んだ。監督は本作で長編商業映画デビューを果たす気鋭・湯浅弘章。脚本を『百円の恋』の足立紳が手掛ける。

主演を務 めるのは共に 15 歳の実力派女優。志乃を演じるのは、現役モデルにして『幼な子われらに生まれ』に出演、女優としても注目を 集める新星、南沙良。加代役を『三度目の殺人』やドラマ「anone」などでの高い演技力が記憶に新しい、蒔田彩珠が熱演。

『あゝ、荒野』『帝一の國』の萩原利久が、志乃と加代の同級生・菊地を演じる。感動のラストに全世代が胸を打つ、傷だらけ でまぶしい青春映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は7月14日㈯より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

7月14日(土)、新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

http://www.bitters.co.jp/shinochan/

物語・・・
伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。
高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなの に音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。そこに、志乃をからかった同級生 の男子・菊地が参加することになり… 。


***********************************

出演:南 沙良  蒔田彩珠 /萩原利久 /
小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲
山田キヌヲ  奥貫 薫
監督:湯浅弘章
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立紳
音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社

製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)
2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分
©押見修造/太田出版
©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会