「渡辺武監督」タグアーカイブ

藤田玲、荒井敦史、西川俊介、螢雪次朗、甲本雅裕登壇「ボーダーライン」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 12月16日(日)より公開の映画「ボーダーライン」の初日舞台挨拶が行われ、主演の藤田玲、荒井敦史、西川俊介、螢雪次朗、甲本雅裕、渡辺武監督が登壇しました。
かつて窪塚俊介、佐野和真、窪田正孝らが歴代の番長を務め、23本製作された伝説のヤンキー映画「ガチバン」。そして、その「ガチバン」に出演した敵キャラ、山田裕貴が演じた“安藤忠臣”をフィーチャーした闇金映画「闇金ドッグス」。この2作品と同じ世界観で描き、アウトローな荒くれ者に特化したこれらのシリーズを≪AMG・アウトロームービー・ユニバース≫と命名。第三弾として「ボーダーライン」が製作されました。
『ボーダーライン』初日舞台挨拶 概要
日程:12月16日(土)
場所:シネマート新宿
登壇:藤田玲、荒井敦史、西川俊介、螢雪次朗、甲本雅裕、渡辺武監督

映画情報どっとこむ ralph 主演として作品に参加した感想

藤田さん:お話を頂いた時は、プレッシャーを凄く感じましたが、現場に入ったら素晴らしい名優の皆さんがいらっしゃって・・・
    (金髪姿だった荒井さんを見て)
荒井さん:なんで僕を見るんですか(笑)

藤田さん:クイズ番組とかに出られているのかなぁ・・・

荒井さん:カズレーザーじゃねーよ(会場爆笑)

藤田さん:(仕切り直して)すごく心地のいい現場で、主演だからということは考えずに、皆さんに身を委ねて、皆さんと一緒に作り上げることができました。

撮影で苦労した点について

藤田さん:夏場の撮影でしたので、革ジャンを着ての撮影が大変でした。携帯扇風機を常備していました(笑)。
アクションもハードで殺陣とは違って、リアルな殴り合いだったので、ボロボロになりながら撮影しました。

荒井さん:ガチバン以来、久しぶりに紅井レオとして戻ってこられて嬉しかった。トレードマークである顔のトライバルタトゥーを入 
    れる作業に時間が掛かるので、他のキャストさんより1時間くらい早く現場に入るのですが、苦労という訳はなく、現場戻ってきたなと実感しました。帰ってこれる場所があるというのが本当に嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 現場の雰囲気について

西川さん:荒井さんとは、前に共演したことがあり、藤田さんは、はじめましてでした。一緒にお弁当を食べて頂いたり・・・

藤田さん:それ、普通だからね(会場爆笑)

西川さん:撮影の合間にも気さくに接してくださったので、嬉しかったです。

藤田さん:西川さんは、本当に可愛らしい方なので、役のことを考えなくても接しやすかったです。そういう雰囲気を現場でも出していたので、和気あいあいでした。
 
藤田さんとのエピソードを聞かれ

螢さん:初めて会ったのが、藤田さんが高校生の時で、10年以上前になります。その頃から、礼儀正しく、雰囲気は10代の頃から変わっていないです。僕みたいなおじさんを前にすると共通の話題もないので、距離を置いたりするんですが、藤田さんはそういう感じがなく、僕とラフに会話をしたり。

藤田さん:失礼な奴になっていませんか僕(会場爆笑)。未だに覚えているのが、僕が13歳くらいのときに始めて出演した舞台を螢さんがご覧になっていて、酷い芝居だなと言われ・・・(笑)

螢さん:13歳なのに、凄く目立っていて、凄い印象に残っていました。あの子は凄いなと。他にも主演作品が沢山ありますし、頼もしいし、素敵でよかったなと素直に思いました。

甲本さんとの共演について

藤田さん:甲本さんと芝居について相談させて頂いたり、本当の親子みたいな関係でした。お父さんに話をするみたいに、「ここ、どうしましょうか。」「こうしたら、面白いんじゃないか」などディスカッションしながら芝居ができて楽しかったです。

撮影中のエピソードについて

甲本さん:車が好きで、役柄寡黙に演じなければいけないんですか、車が見えるとちょっとニヤけてしまう(笑)。役に集中できなくなるかもと思ったので、あまり、車を見ないようにしていたんですが、往年の車を見るとやっぱりかっこいいですよね。

藤田さんが書いた主題歌について

藤田さん:中学生のときにはじめた書いた想い入れのある曲でした。アベルの気持ちになってリライトする時にリアリティを持たせたいと思ったので、構想は練りつつ、アベルとして生きた撮影が終わって後に書きました。共演者の皆さんの感情だったり、台詞だったり、アベルとして噛み砕いたときにどうなるのかということを一番に考えました。

最後の一言
藤田さん:この作品は、キャスト、スタッフが命を懸けて作りました。皆さんに届けることができた本当に嬉しいです。本日はお越し頂きましてありがとうございました。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、自動車整備工場で働きながら、あることがきっかけで運び屋をしているアベルが、かつての悪友・紅井レオとの出会いを契機に最悪の事態に巻き込まれていく姿を描くバイオレンスカーアクション。主演のアベルを演じるのは、「牙狼〈GARO〉シリーズ」の1つ「絶狼〈ZERO〉シリーズ」で主役を演じ、舞台やミュージカルで活躍する藤田玲。そして「ガチバン」から史上最も強烈なキャラクター“紅井レオ”を演じる荒井敦史、「闇金ドッグス」からは謎多きキャラクター“ジョン・キヴィマキー”を演じる副島淳が登場!その他、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」でアカニンジャーを演じた西川俊介。遠藤要、蛍雪次朗、甲本雅裕ら名優が脇を固めます。


また、本編に登場する日米の名車“2012 TOYOTA86(D2仕様)”、“HONDA S2000”、“1973シボレー・コルベット スティングレイ”、“1968フォード マスタングなどが暴れまわる弩派手なカーアクションも見所となっております。
***********************************

出演:藤田玲 
荒井敦史 副島淳 西川俊介 遠藤要 螢雪次朗 甲本雅裕
監督:渡辺武 脚本:池谷雅夫
主題歌「BORDERLINE -A side-」DUSTZ(DOLCE STAR RECORDS)企画・配給:AMGエンタテインメント 
製作:「ボーダーライン」製作委員会(AMGエンタテインメント/JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)
(C) 2017「ボーダーライン」製作委員会 公式HP:http://borderline-movie.com/


佐藤江梨子が金時にダイエット方法伝授!『猫忍』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 大野拓朗さん初主演となります映画『猫忍』が5月20日より(土)より角川シネマ新宿ほか全国ロードショーとなり、大野拓朗さんの他、船越英一郎さん、大野拓朗さん、金時さん、佐藤江梨子さん、藤本泉さん、船越英一郎さん、渡辺武監督が登壇。そして MCに有村昆さんを迎えて初日舞台挨拶を行いました。

日時:5月20日(土) 
場所:角川シネマ新宿
登壇:大野拓朗、金時、佐藤江梨子、藤本泉、船越英一郎、麿赤兒、渡辺武監督 MC:有村昆

映画情報どっとこむ ralph 本日はお着物での登壇。冒頭から格好良いかなりスタイリッシュにアクションをこなしている大野さんはお気に入り忍術を聞かれ
大野さん:アクションは気に入っていますね。忍術は水団の術が大好きでして、あからさまに竹筒の下に人いないよね。というのが、猫忍の良いところだと思います。

と、ゆるいところが見どころと語ります。今回の登壇者は全員忍者役。一番忍者っぽかったのは
船越さん:変化の術で一番多く変身していた磨さんですかね。

磨さん:そうかも・・ね。特殊な術を駆使してますので。。嘘です。

とオモシロ回答をする磨さん。

初忍者役の佐藤さんは
佐藤さん:忍者役楽しませていただきました。大野さんとの絡みでモミジという役の私を燕と呼び間違う。女性の名前を呼び間違うって、相当おもてになるか?浮気がばれる嘘がつけないタイプですよね。寝言で言っちゃうタイプ。
藤本さんも間違われたと暴露されると、大野さんは絶対しない!と否定!でも、浮気なのか寝言で言っちゃう方かは不明。

映画情報どっとこむ ralph ここで、壇上のキャストたちよりも忍者の中の忍者として呼び込まれたのは・・・

着物を着ている金時君が登場!

大野さん:愛おしいですね。芝居が上手でベストタイミングに鳴いたりなんです。名優です。

と、めろめろな皆さん。金時君のわがままボディーつながりで、ナイスボディーの佐藤さんがダイエット伝授。

佐藤さん:私の子供が14㎏で全然大丈夫だと持っていましたが、金ちゃん重くって。私は鏡を各部屋に置くんです。そうすると日々意識すると思うんです。金時さんもお痩せになるのでは?

とアドバイス。ドラマから見ている方!と客席に問いかける藤本さん、7割のお客さんがドラマから見ているとの反応に、
藤本さん:嬉しいです。最大の見どころは、父上が父上なのか?最大の謎が解けます。金時が可愛いのと、映画版は子猫も出てきて可愛いんです。素のやりとりに癒されます。

と、猫にメロメロな藤本さん。一方、猫嫌い役の忍者棟梁の磨さんは

磨さん:芝居は金時からヒントをもらいました。動かない役なんです。じーっとね。猫嫌ってる役だけどね。なぜそうなったかは映画を観てください!

映画情報どっとこむ ralph ネコ映画の立ち位置は

船越さん:新しいですね。なごみ系アクションエンターテインメント動物映画ですね。

監督:今回のテーマは変化の術です。

船越さん:シックスセンス並みにネタバレ厳禁映画ですので、SNS等では言っていただきたいですが、ネタバレだけはNGで!


最後に

大野さん:船越さんがおっしゃっていたように、なごみ系アクションエンターテインメント。ゆるくて・・・ゆっくりと日々の疲れをほぐしてくれる映画です。金時の姿ににやにやしてください!

この後、恒例の大野さんと金時の会場練り歩き!

物語・・・
時は、泰平―。霧生忍者の久世陽炎太(大野拓朗)は、忍び込んだ屋敷で、生き別れた父そっくりのデブ猫(金時)に遭遇。なぜかその猫が、秘伝【変化の術】で化けた父・久世剣山(船越英一郎)だと思い込んでしまった陽炎太。青年は、父を元の姿に戻さんと抜忍となり【秘伝の巻物】を探す旅に出る。だが、抜忍となった陽炎太を追う霧生忍者の魔の手はすぐそこに迫っていた…。

***********************************

大野拓朗  佐藤江梨子 藤本泉 渋川清彦 鈴木福 ふせえり 永澤俊矢 / 柄本明  麿赤兒 / 船越英一郎   
語り:森本レオ 
監督:渡辺武 
脚本:永森裕二/黒木久勝/池谷雅夫   
2017/日本/95分/カラー  
企画・配給:AMGエンタテインメント
制作プロダクション:ラインバック
製作:「猫忍」製作委員会
(C)2017「猫忍」製作委員会


大野拓朗『猫忍』完成披露!船越英一郎と金時がまさかの同時登壇!


映画情報どっとこむ ralph 動物ドラマの金字塔「猫侍」のスタッフが主演の大野拓朗を迎えて制作した映画『猫忍』が5/20より(土)より角川シネマ新宿ほか全国ロードショーとなります。

そして、公開に先駆け、5月9日(火)に大野拓朗と船越英一郎、主役猫の金時、渡辺武監督登壇の完成披露試写会を行いました!

大野さんと船越さんが“変化の術が実際に使えたら”を告白!最後には、大サービスで金時を抱いて会場中を歩いて、スマホでの写真撮り放題大会を行いました!

日時:5月9日(火)
場所:角川シネマ新宿
登壇:大野拓朗、金時(主役猫)、船越英一郎、渡辺武監督

映画情報どっとこむ ralph
大野さん:こんなに沢山の方に来ていただいて嬉しいです!沖縄映画祭でプレミア上映しましたが 今回が完成披露となります!あらためて、ここから猫忍始まるんだなと感じています!

船越さん:息子も緊張しながら喜んでいましたが、ただただ感謝です!皆さんが映画の宣伝マンになっていただければと思っています。我々には迷惑なSNSで(笑)、その楽しさを拡散いただけたらと思います!


渡辺監督:人が多くてびっくりしています。嬉しいです。

2017年の上海国際映画祭に正式招待が決定が発表!

大野さん:えー岡田君が主演の「追憶」も呼ばれてる映画祭ですよね!追憶!猫忍!ありがとうございます!

と、大作に肩を並べて嬉しがる大野さん。

映画情報どっとこむ ralph 続いて忍者役の役作りを聞かれると

大野さん:結構なアクションで難しくて朝早くから走らされ。。昼も走らされ、その後、プロの忍者と戦い。肉体的には大変でしたが、格好良くなっていると思います。参考にしたのは広島の菊池さんを取り入れました。

船越さん:忍者役初めてかもしれません。しかし、走っていません。この映画以外ではほとんど走っているのに。忍者のなのに走ってません。

大野さんが駆け出しのころ、船越さんの衣裳部屋(マンション?)に居候していて、お世話になっていたエピソードを明かし、次に、後輩が出来たら同じようにしなさいとのお言葉をいただいたそう。

映画情報どっとこむ ralph ここでもう一人の家族?船越さんが変化する猫の金時が登場!


同一人・猫物なので、劇中では同じ場面に出ることはありません!これ奇跡の2ショット!

もし変化の術が実際に使えたら?と聞かれると・・

小野さん:金時の飼い主さんになりたいです!ずっと一緒にいたいんです!

金時さん:にゃ~

船越さん:僕は大野拓郎に変化したいです!朝起きて鏡を見て。うっとりしてみたい。

金時さんの演出は

監督:彼は、動いてくれるので。金時の声・感じを聞きながら周りの演技・編集を含め撮ってます。大野君には、でれーっとならないように演出しました。あくまでも父ですから。

映画情報どっとこむ ralph 最後にPR

船越さん:TVドラマも観ていただいている方も多いかと思います。この映画ですべてが解き明かされます。しょうげきです!今回、監督は金時を演出していません。金時の動きに合わせてストーリーも変えていますので、彼はストレスなかったと思います。安心して観てください!そして、皆さんがこの映画の宣伝マンになってください!
大野さん:気楽に見れて癒されます。笑って、金時に癒されてください。明日への活力に!

と締めました。

さらに、大サービスで大野さんが金時を抱いて会場中を歩いてまわり、スマホでの写真撮り放題大会を行いました!




物語・・・
時は、泰平―。霧生忍者の久世陽炎太(大野拓朗)は、忍び込んだ屋敷で、生き別れた父そっくりのデブ猫(金時)に遭遇。なぜかその猫が、秘伝【変化の術】で化けた父・久世剣山(船越英一郎)だと思い込んでしまった陽炎太。青年は、父を元の姿に戻さんと抜忍となり【秘伝の巻物】を探す旅に出る。だが、抜忍となった陽炎太を追う霧生忍者の魔の手はすぐそこに迫っていた…。

映画『猫忍』

は5/20(土)より角川シネマ新宿ほか全国ロードショー

***********************************

大野拓朗 佐藤江梨子 藤本泉 渋川清彦 鈴木福 ふせえり 永澤俊矢/ 柄本明 麿赤兒 / 船越英一郎

語り:森本レオ
監督:渡辺武
脚本:永森裕二/黒木久勝/池谷雅夫 2017/日本/未定分/カラー

企画・配給:AMGエンタテインメント
制作プロダクション:ラインバック
製作:「猫忍」製作委員会
(C)2017「猫忍」製作委員会
  


大野拓朗とネコの金時も駆けつけた『猫忍』舞台挨拶@第9回沖縄国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 4月21日(金)、北谷町のミハマ7 で『猫忍』の舞台挨拶が行われました。
特別招待作品の『猫忍』は、猫と時代劇という異色のコラボが注目されヒットを記録した『猫侍』のスタッフが贈る、笑いと癒しの新たな時代劇。

会場には、監督の渡辺武さんと主役の忍者を演じた大野拓朗さん、そして、“父上”を演じたネコの金時が駆けつけました。


日付:4月21日(金)
場所:沖縄・ミハマ7プレックス
登壇:大野拓朗 金時(ネコ) 渡辺武監督

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶の冒頭で最初に質問が出たのは、この映画の見どころについて。

『猫忍』がTVドラマとして放映されていたことを受け、

渡辺監督:佐藤江梨子さん、柄本明さんなどの豪華なキャストが、ドラマ版 レギュラーメンバーと繰り広げるやりとりをぜひ楽しんでほしいです。

と話すと大野さんは

大野さん:ドラマ版とは違う圧倒的な空気感に僕自身もドキドキしました。

と加えます。

主役の忍者、久世陽炎太を支える忍者を演じるのは、日光江戸村で忍者として活躍する皆さんたち。

大野さんの演技を要所要所で支える本格的な技も楽しみのひとつです。

大野さん:忍者ものといえば CGを活用した格好よさが主流かもしれませんが、『猫忍』は昔懐かしいアナログがベースです。例えば、忍者ものでおなじみの水遁の術のシーンは、昔ながらの情緒があって、 “人力”で一所懸命演じたからこその感動をきっと味わってもらえるはずです。アクションも一層本格的なので、注目していただきたいです!

と大野さんが満面の笑顔で語ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph そして、この『猫忍』で忘れてはいけないのが“もう一人”の主役、ネコの金時。
癒しの時代劇に欠かせない金時の活躍を絶妙に引き出したのが、前作『猫侍』と同じスタッフさんたち。

大野さん:金時にカメラ目線をもらう時の『金ちゃーん』という黄色い声が忘れられない。金時の存在で撮影現場がとても楽しかったですね。

と振り返っていました。

渡辺監督:(ネコを)深追いしないのがポイントです。

と語る渡辺監督自身も、プライベートではネコが大好きだそう。


映画情報どっとこむ ralph 最後に

大野さん:映画のキャ チコピーにもあるように笑いと癒しの時代劇です。僕以外はすべての役者さんが個性的でユニークですし、見終わった後に、ほっこりした気分になれるはずです。

渡辺監督:ネコと一緒に旅に出るというわかりやすい トーリーで、子どもから大人まで楽しめる作品に仕上がっています。

という自信のこもった言葉で舞台挨拶を締めくくりました。
島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭
9th OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL
開催期間:2017年4月20日(木) ~ 23日(日)



『猫忍』

は、5月20日より角川シネマ新宿ほか全国ロードショー。

***********************************

大野拓朗 金時(猫) 佐藤江梨子 藤本泉 渋川清彦 鈴木福 ふせえり 永澤俊矢 / 柄本明 麿赤兒 / 船越英一郎

語り:森本レオ
監督:渡辺武
脚本:永森裕二/黒木久勝/池谷雅夫
企画・配給:AMGエンタテインメント
制作プロダクション:ラインバック
製作:「猫忍」製作委員会
2017/日本/約95分/カラー
(C)2017「猫忍」製作委員会
   


『猫忍』が 沖縄国際映画祭 特別招待作品に決定!特報も解禁


映画情報どっとこむ ralph 「猫侍」製作チームが再び贈る、新たな痛快癒し活劇『猫忍』が、4月20日(木)から23日(日)にかけて開催される第9回沖縄国際映画祭「島ぜんぶでおーきな祭」の特別招待作品に決定しました。また、併せて特報も解禁となりました。


本作の主人公は、生き別れた父親が変化の術で白茶トラ猫(金時)に化けたと思い込んでいる、霧生忍者の久世陽炎太。

父を元の姿に戻そうと旅する陽炎太と猫の大活劇が描かれています!

映画情報どっとこむ ralph 映画祭では4月21日(金)17:00から沖縄・ミハマ7プレックスで上映され、主演の大野さんと金時くん、渡辺武監督が現地を訪れる予定。

『猫忍』 あなご x 金時 肉球バトンタッチ
大野さん:『猫忍』は誰もが笑えてほっこり癒やされる作品に仕上がったはず。映画祭のテーマである“Laugh & Peace”にぴったりな本作が映画祭に招待されたこと大変嬉しく思います。僕自身、役作りのひとつとして、WBCで忍者と評された、広島東洋カープの菊地選手のプレーを何度も何度も見て、お手本にさせて頂きました。この作品も菊地選手のようにキラキラ輝かせたいですね。

とコメントを寄せ、

渡辺監督:この度は、お招き頂きありがとうございます。沖縄の皆様、猫に忍者に笑って癒されてください!個人的には、サーターアンダギーが楽しみです。

と喜びのコメントが到着しました。チケットなどの詳細は映画祭の公式サイトで随時発表される。

映画情報どっとこむ ralph また、このほど公開された特報は・・・



陽炎太(大野拓朗)にマッサージされウットリする「父上」(猫の金時)、共演猫の攻撃に飛び跳ねる「父上」、眠そうな「父上」など、猫癒しシーン満載の仕上がりとなっている。また、陽炎太の本格忍者アクションも披露され、完成度の高さがうかがえる。

猫忍

は、5月20日より角川シネマ新宿ほか全国ロードショー。


物語・・・

霧生の忍者・陽炎太(大野)は、幼いころに消息不明となった父親・剣山(船越)が、変化の術で変身したと思い込んでいる猫・父上と一緒に暮らしている。剣山が持ち出したと言われている秘伝の巻物を取り戻したい霧生の里の党首・桂木(麿)は、剣山の居所について何かを知っているのではないかと思われる陽炎太を捕らえようと手下を送り込むがことごとく失敗に終わっている。陽炎太の幼馴染みの忍者・燕(藤本)も彼を追うひとりだが、じつは猫を父上と呼ぶ陽炎太をつねに心配して陰では助力してくれている。そんなある日、やはり剣山を追う冷酷なくノ一・紅葉(佐藤)が陽炎太の前に現れて…。

陽炎太を演じるのは、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの若手演技派俳優・大野拓朗。
そして、陽炎太の父親、剣山を演じるのは、名優・船越英一郎を筆頭に、佐藤江梨子、渋川清彦、鈴木福、永澤俊矢、柄本明、麿赤兒といった人気・実力を兼ね備えた面々が集結。そして、「猫侍」でブレイクした“あなご”と“春馬”に続くネクスト猫スターに抜擢されたのは、「父上」役を演じる、貫禄たっぷりのオヤジ猫“金時”!本作への出演が発表されると、そのわがまますぎるボディがSNSで話題に。写真集とグラビアDVDが緊急出版されるほどである。ゆとり系忍者とメタボ猫、そして奇奇怪怪な面々が壮大なロケーションの中、いまだかつてない笑いと癒しの大旋風を巻き起こします!

***********************************

大野拓朗 金時(猫) 佐藤江梨子 藤本泉 渋川清彦 鈴木福 ふせえり 永澤俊矢 / 柄本明 麿赤兒 / 船越英一郎

語り:森本レオ
監督:渡辺武
脚本:永森裕二/黒木久勝/池谷雅夫
企画・配給:AMGエンタテインメント
制作プロダクション:ラインバック
製作:「猫忍」製作委員会
2017/日本/約95分/カラー
(C)2017「猫忍」製作委員会