「渡辺大知」タグアーカイブ

大九監督生きててよかった!『勝手にふるえてろ』東京国際映画祭公式上映


映画情報どっとこむ ralph 第30回東京国際映画祭コンペティション部門に選出された、芥川賞作家・綿矢りささん原作、松岡茉優さん主演の映画『勝手にふるえてろ』の公式上映の舞台挨拶が行われ、主演の松岡茉優さんと、渡辺大知さん(黒猫チェルシー)、石橋杏奈さん、北村匠海さん(DISH//)、そして大九明子監督が登壇して行われました。

『勝手にふるえてろ』東京国際映画祭公式上映舞台挨拶
日付:10月30日(月)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:松岡茉優、渡辺大知、石橋杏奈、北村匠海、大九明子監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手の中現れた、キャストの皆さんと監督。

先ずは挨拶から
松岡さん:(観客:まゆちゃんかわいい!)ありがとう!このような世界的な映画祭でこの作品を選んでこんなに沢山の方に観に来てくれたことが嬉しいです。いろいろな人の戦いを褒め称えられるような、忘れらない思いや気持ちや・・・忘れられない人のお葬式場になればと思います。。何か思いを抱えてる方たちの想いを葬ってくれればと思っています。
渡辺さん:この映画大好きで。皆さんの前で上映できること嬉しく思っています。この映画は女のこの心の中の叫び爆発が詰まっていて松岡さん御魅力も爆発してるんで楽しみにしてください。男の僕でも共感できましたので、男性にも響くと思います!
石橋さん:この作品は、茉優ちゃんが可愛くて、女子なら必ず共感できるところが沢山あって。笑えるシーンも沢山あります。絶対に楽しめると思います!
北村さん:この映画は。僕の役もそうですが、普段言えない言葉だったり、ある負の感情を前面に出して演じています。女優松岡茉優に飲み込まれて欲しいなと思います。
大九監督:晴れ女の私のおかげで台風も通り過ぎ、こんな快晴の中、上映できるのは光栄です。本日がワールドプレミアです。お客様に観ていただくはじめて回です。タイトル通り勝手にふるえて、ドキドキワクワクしてください。この作品は主人公は変わりものですが、彼女的な人たちにまっすぐ届くように作りました。それが、偉大な映画祭のコンペ部門に選ばれて、生きててよかったなと思います。

と、挨拶からスタート。

映画情報どっとこむ ralph 演じる点で心がけた点は?
松岡さん:原作のヨシカも映画のヨシカも大好きです。ヨシカ的な人を救うにはどうしたら良いか?考えました。報われてほしい人が沢山いるんです。ポスターにラブコメと書いてありますが、そう思って演じていません(監督:私も)演じるうえでは上げたり下げたりするのは楽しかったですが、難しかったです。
渡辺さん:僕の役『二』はマイペースで暑苦しい感じの男です。心がけたのは・・キャラにしないで演じました。この役はヨシカに似ている部分もあると監督に演出されました。なるべく自分に近い感覚で演じてみました。
石橋さん:私が演じたヨシカ・・あっ!クルミはヨシカの親友なんです。意図してないのですがかき乱してしまう。そういうことってありますよなと思いながら、そう感じてもらえたらいいなと思って演じました。
北村さん:「一」は残酷なやつと監督に指示され、僕もそう思ってたので、でもその残酷さは意図しているものではなくて、一人孤独に生きていたので他人への感じも方も欠如している。撮影中はバンドのメンバーもいましたが、無視して演じてました。そうすることでナチュラルに「一」が出るように心がけました。

と、其々答えました。

最後に・・・

大九監督:好き放題シナリオを描き、好き放題撮影した作品です。ヨシカは頭の中にあって・・・いや、私がヨシカだ!と突っ走らせていただきました。上映後に皆さんが「私がヨシカだ!」って思っていただければ幸いです!
松岡さん:私がヨシカです!
と締めました。

映画情報どっとこむ ralph
<第30回東京国際映画祭 開催概要>

開催期間:2017年10月25日(水)~11月3日(金・祝)
会場:六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
公式サイト:
www.tiff-jp.net

映画情報どっとこむ ralph 映画『勝手にふるえてろ』

12/23(土)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国公開
http://furuetero-movie.com/

“脳内片思い”の毎日に“リアル恋愛”が勃発!?

物語・・・
2人の彼氏(?)の間で揺れながら、

傷だらけの現実を突き抜ける 暴走ラブコメディ!

24歳のOLヨシカは中学の同級生「イチ」(北村匠海)へ10年間片思い中!

そんなヨシカの前に、突然暑苦しい会社の同期「ニ」(渡辺大知)が現れ告白される。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、ニとの関係にいまいち乗り切れないヨシカ。

ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが…

***********************************

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊
監督・脚本:大九明子

出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー)石橋杏奈 北村匠海(DISH//)

趣里 前野朋哉 池田鉄洋 稲川実代子 栁俊太郎 山野海 梶原ひかり 金井美樹 小林龍二(DISH//) 増田朋弥 後藤ユウミ 原扶貴子 仲田育史 松島庄汰 古舘寛治 片桐はいり

正式には外字の舘(※舎官)となります。WEB上では、表現できない文字のため、「舘」を使用しています。

配給:ファントム・フィルム
主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records)
©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会


映画『パンバス』今泉力哉監督東京国際映画祭注目監督が集まるSHINPA vol.6に登場!


映画情報どっとこむ ralph 本日10月28日、「第30回東京国際映画祭」にて、「SHINPA vol.6 in Tokyo International Film Festival」上映前舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、今泉力哉監督を初め、9人の監督が登壇するイベントが行われました。

SHINPA vol.6 in Tokyo International Film Festival上映舞台挨拶
日時:10月28日(土)21:40~
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ SCREEN9
登壇: 今泉力哉 、小林達夫、佐津川愛美 、竹内里紗、堤 裕介、 二宮 健、 前野朋哉、安川有果、渡辺大知
映画情報どっとこむ ralph 「SHINPA」とは、二宮 健監督呼びかけのもと、新進気鋭の監督が集まり、それぞれの自主映画作品を一気に上映しようというイベント。3年前、北池袋でスタートしてから、今回が6回目の開催となり、東京国際映画祭で開催は今回が初となる。
さらに、いままでの「SHINPA」とは違い、全員撮り下ろしの作品ということで、映画祭の中でも最も注目度の高いイベントと言えます。

今回登壇したのは、今泉力哉、小林達夫、佐津川愛美、竹内里紗、堤 裕介、二宮 健、前野朋哉、安川有果、渡辺大知と映画界注目の映画監督達が集結。

商業映画に自主映画と多種多様な作品を撮影してきた今泉監督は、「SHINPA」への参加について、「自主映画は、お金が減っていくので、“なんでやるの?“と聞かれ、嫁との戦いでした。」と話し、会場の笑いを誘った。

それに続けて、前野監督も、「自分もお金の問題で、嫁との戦いでした。嫁に指輪を買うための指輪貯金を使って撮りました」と語り、さらに会場を盛り上げた。

今回の今泉監督作品『赤青緑』は、赤と青と緑を知らないこどもが赤と青と緑を知る話。今泉監督は、「自主映画の自由さとか あったかさは肌身に感じていて、今回はできるだけお金をかけず、携帯ひとつでスタッフ0人で撮影しました。こんなに自由に録らせてもらえる機会をもらって何を撮ろうか考えた時に、他の状況では作れないものを撮ろうと思いました。」と今作に対する思いを語った。イベントは全10本の一挙上映と舞台挨拶を交えて明け方まで映画ファンたちを釘付けにする。
今泉監督は、今回選ばれた監督の中では唯一、2018年2月17日(土)より全国公開予定の『パンとバスと2度目のハツコイ』も併せ、2作品が本映画祭で上映されるなど、映画祭からの高い注目度が伺えます。

『パンとバスと2度目のハツコイ』は、昨年乃木坂46を卒業した深川麻衣が映画初出演にして初主演を務め、三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして活動する山下健二郎と共演する注目作。
29日(日)には、『パンとバスと2度目のハツコイ』が、東京国際映画祭ワールドプレミア上映が行われ舞台挨拶を控えます。


映画『パンとバスと2度目のハツコイ』

2018年2月17日(土)より全国公開です。

公式サイト:
www.pan-bus.com

***********************************


キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂

配給:「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
監督・脚本:今泉力哉
主題歌:「Puzzle」Leola(Sony Music Associated Records)

©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会


『勝手にふるえてろ』原作綿矢りさが語る『ママレード・ボーイ』からの制作秘話‼


映画情報どっとこむ ralph 12月23日より公開となる松岡茉優初主演の映画『勝手にふるえてろ』から映画の原作となった小説を執筆した 綿矢りささんが語った『ママレード・ボーイ』から制作秘話が解禁となりました!
原作は、01年に「インストール」でデビュー、「蹴りたい背中」で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りさによる妄想力爆発の恋愛小説。

十八番とも言える毒舌さえわたる切れ味のいいモノローグで女性のリアルな感情を描いています。

作品は松岡茉優演じる24歳まで片思いしか恋愛経験のないOL・ヨシカ(趣味は絶滅した動物をパソコンで調べること)が、突然交際を申し込んできた会社の同期「ニ」(渡辺大知)との“リアル恋愛”に乗り切れず、
“脳内片思い”を10年間続けている中学時代の同級生「イチ」(北村匠海)と再会するために同窓会を計画する・・・
というあらすじ。

映画情報どっとこむ ralph 原作者の綿矢さんはそんなヨシカの事を、『頭の中の暴走具合がすごいことになっている、前のめり性格の”暴走女子”』と評しており、演じた松岡茉優さんのことを、『笑えたし、観た後に明るい気持ちになれて、私のなかではもうヨシカ=松岡さん』と絶賛!
劇中、ヨシカは突然会社の同期「ニ」に告白され、突然“リアル恋愛”が舞い込んでくるが、ネジ曲がった乙女心を持つヨシカは”リアル”と”妄想”の恋の間でに暴走する。。。

綿矢さんは、「自分の憧れの人”と“自分を好きだと言ってくれる人”が登場する物語というのは少女漫画の王道」と語っていて、原作の執筆をはじめる際に、「自分の世代の王道少女漫画『ママレード・ボーイ』がすぐに思い浮かんだ。」

とそう。『ママレード・ボーイ』(原作:吉住渉)は、1992年~1995年に集英社 りぼんで連載されていた少女漫画で、三角関係漫画の代名詞と言える王道少女漫画である。『クールな男の子に惹かれるけれど、そうじゃない人と一緒になったほうが楽だし、心の安定度にもつながりそうだな…』という、まさに三角関係のはじまりのようなことを考え、その話を小説を書いてみたいと思ったのが『勝手にふるえてろ』を書くきっかけだったと語っています。

少女漫画の金字塔『ママレード・ボーイ』に着想を得て、執筆された『勝手にふるえてろ』。

キラキラはしていないけど、”リアル”と”妄想“の恋の間で暴走しつづけるヨシカの姿に勇気づけられて、スカッとして!

映画『勝手にふるえてろ

12/23(祝・土)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国公開
http://furuetero-movie.com/

“脳内片思い”の毎日に“リアル恋愛”が勃発!?
2人の彼氏(?)の間で揺れながら、傷だらけの現実を突き抜ける 暴走ラブコメディ!
24歳のOLヨシカは中学の同級生「イチ」(北村匠海)へ10年間片思い中!

そんなヨシカの前に、突然暑苦しい会社の同期「ニ」(渡辺大知)が現れ告白される。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、ニとの関係にいまいち乗り切れないヨシカ。
ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが…

***********************************

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊
監督・脚本:大九明子 
出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー) 石橋杏奈 北村匠海(DISH//)
趣里 前野朋哉 池田鉄洋 稲川実代子 栁俊太郎 山野海  
梶原ひかり 金井美樹 小林龍二(DISH//) 増田朋弥 後藤ユウミ 原扶貴子 仲田育史 松島庄汰 古舘寛治 片桐はいり
配給:ファントム・フィルム 

主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records)
©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会


DISH//の北村匠海・小林龍二映画『勝手にふるえてろ』場面写真が初解禁


映画情報どっとこむ ralph 12月23日より公開となる松岡茉優初主演の映画『勝手にふるえてろ』から映画初共演となるダンスロックバンドDISH//の北村匠海・小林龍二の中学時代の場面写真が初解禁となりました!

北村匠海演じる「イチ」は、主人公ヨシカが10年に渡る片思い真っ只中の相手。好きだから見つめたい!けれど、バレたら恥ずかしいという屈折した恋心から視野の端でイチを見る「視野見」という技で見つめられていることにも気づかない「イチ」をクールに演じています。
そんなイチの同級生の木村駿役で、同じくDISH//の小林龍二が共演が実現!

映画での2人の共演は今回が初めてです!



普段はDISH//として、共に活動をする2人は、実はファンから人気の高い組み合わせ。この度、解禁となったスチールは中学時代の放課後を切り取ったもの。学ラン姿ではしゃぐ2人の姿がうつり、仲のよさが伝わる1枚に!
映画情報どっとこむ ralph 二人からのコメントが到着!

北村匠海さんからのコメント
撮影現場で一緒になるのは新鮮さでいっぱいでした。(小林)龍二のDISH//とは違う俳優としての一面を見ていくと自然とその違和感のようなものもなくなったし、1人の共演者として現場を共にできた事が嬉しかったです。 『勝手にふるえてろ』という世界に僕ら2人で参戦することができてとても光栄です。

小林龍二さんからのコメント
いつもDISH//で一緒にバンドをやっているのですが同じ作品でお互い芝居をしてるのがすごく新鮮でした。普段から仲が良いので、演じるというよりも自然に仲の良さがスクリーンを通しても伝わるのではないかと思います。DISH//ではないいつもと違った小林龍二と北村匠海を観ていただけると思います。楽しみにしててください!

映画情報どっとこむ ralph 本当の自分を解き放つ!!

ラブコメ史上最もキラキラしていない主人公の暴走する恋の行方を、最後まで応援したくなる痛快エンターテイメントです!

映画『勝手にふるえてろ

物語・・・

“脳内片思い”の毎日に“リアル恋愛”が勃発!?

2人の彼氏(?)の間で揺れながら、傷だらけの現実を突き抜ける 暴走ラブコメディ!

24歳のOLヨシカは中学の同級生「イチ」(北村匠海)へ10年間片思い中!

そんなヨシカの前に、突然暑苦しい会社の同期「ニ」(渡辺大知)が現れ告白される。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、ニとの関係にいまいち乗り切れないヨシカ。ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが…

***********************************

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊
監督・脚本:大九明子

出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー)石橋杏奈 北村匠海(DISH//)

趣里 前野朋哉 池田鉄洋 稲川実代子 栁俊太郎 山野海

梶原ひかり 金井美樹 小林龍二(DISH//) 増田朋弥 後藤ユウミ 原扶貴子 仲田育史 松島庄汰 古舘寛治 片桐はいり
正式には外字の舘(※舎官)となります。WEB上では、表現できない文字のため、「舘」を使用しています。


配給:ファントム・フィルム
主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records)
©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会


松岡茉優 渡辺大知 北村匠海 『勝手にふるえてろ』場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph 12月23日より公開となる松岡茉優初主演の映画『勝手にふるえてろ』の場面写真が初解禁となりました!

原作は、01年に「インストール」でデビュー、「蹴りたい背中」で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りさによる妄想力爆発の恋愛小説。

十八番とも言える毒舌さえわたる切れ味のいいモノローグで女性のリアルな感情を描いています。監督は『恋するマドリ』などで現代の女性を優しい視線で描いてきた大九明子。
そして、主人公ヨシカには、映画、テレビに大活躍中の松岡茉優。映画初主演となる本作でコメディエンヌとしての才能を存分に見せつけます!

2人の彼氏には、

黒猫チェルシーのボーカルであり、役者・映画監督としても独特の存在感を放つ渡辺大知と、
DISH//でボーカル・ギターを務め、『君の膵臓をたべたい』、『恋と嘘』など話題作への出演が続く、人気急上昇中の若手俳優・北村匠海。

さらに、ヨシカを取り巻く共演者に、石橋杏奈、古舘寛治【※】、片桐はいりなど個性的なキャストの競演も見逃せません。

映画情報どっとこむ ralph 作品は松岡茉優演じる24歳まで片思いしか恋愛経験のないOL・ヨシカ(趣味は絶滅した動物をパソコンで調べること)が、突然交際を申し込んできた会社の同期「二」との“リアル恋愛”に乗り切れず、“脳内片思い”を10年間続けている中学時代の同級生・イチと再会するために同窓会を計画する・・・というあらすじ。
2人の彼氏、理想と現実、どっちも欲しいし、どっちも欲しくない・・・というネジ曲がった乙女心を持った恋愛に臆病なヨシカが、もがき、苦しみながら本当の自分を解き放つ!!

ラブコメ史上最もキラキラしていない主人公の暴走する恋の行方を、最後まで応援したくなる痛快エンターテイメントです!

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となった写真は、主人公ヨシカを取り巻く個性的なキャラクターたちとのシーン。

突然告白してきた同期・ニ(渡辺大知)と並んで歩く姿、
ヨシカの10年に渡る片思いの相手・イチ(北村匠海)と意味深に見つめ合うシーンの他、
少し不思議なキャラクター達の魅力が溢れ出している写真ばかり!!

また、劇中でヨシカを巡って対峙する!?イチとニがヨシカが一同に会するドキドキの場面も!
恍惚の表情を浮かべながらアンモナイトを愛でるヨシカ至福の時にも注目です!

映画情報どっとこむ ralph 映画『勝手にふるえてろ

12/23(土)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国公開
http://furuetero-movie.com/

“脳内片思い”の毎日に“リアル恋愛”が勃発!?
物語・・・
2人の彼氏(?)の間で揺れながら、

傷だらけの現実を突き抜ける 暴走ラブコメディ!

24歳のOLヨシカは中学の同級生「イチ」(北村匠海)へ10年間片思い中!

そんなヨシカの前に、突然暑苦しい会社の同期「ニ」(渡辺大知)が現れ告白される。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、ニとの関係にいまいち乗り切れないヨシカ。

ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが…

***********************************

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊
監督・脚本:大九明子

出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー)石橋杏奈 北村匠海(DISH//)

趣里 前野朋哉 池田鉄洋 稲川実代子 栁俊太郎 山野海 梶原ひかり 金井美樹 小林龍二(DISH//) 増田朋弥 後藤ユウミ 原扶貴子 仲田育史 松島庄汰 古舘寛治 片桐はいり

正式には外字の舘(※舎官)となります。WEB上では、表現できない文字のため、「舘」を使用しています。

配給:ファントム・フィルム
主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records)
©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会