「渡辺大知」タグアーカイブ

瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知ら『寝ても覚めても』追加キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 東出昌大さんと濱口竜介監督がタッグを組み、唐田えりかさんをヒロインに迎え、芥川賞作家・柴崎友香先生による同名恋愛小説を映画化した『寝ても覚めても』が、クランクアップしたそうです!
濱口監督のクランクアップ時のコメントと、追加キャストが到着しました。


濱口竜介監督のコメントです。

濱口監督:
『寝ても覚めても』、とても素敵な現場でした。
集まってくれたすべてのキャストとスタッフに感謝します。まず、本当に面白い原作があって、「この人たちしかいない」と思える、とても素晴らしいキャストが集まった現場でした。

役者さんたちの間に生まれた信頼関係が、お互いの魅力を引き出してくれたと思います。

何より、主演の東出さんが献身的に、撮影のすべてを支えてくれました。東出さんの存在があったからこそ、ヒロインの唐田さんの輝きが増しました。自分の眼の前で、カメラの前で、とても素晴らしいことがたくさん起きた撮影でした。

原作の大切な部分も、映画の中にしっかりと残せたと思っています。きっと、この上なく面白い映画になるでしょう。それをちゃんとお届けできるよう、これから頑張ります。期待してお待ちください。

映画情報どっとこむ ralph そして!

麦(バク)・亮平役:東出さん、朝子役:唐田さんのメインキャストの脇を固めるのは個性豊かな豪華キャスト陣が併せて発表!

瀬戸康史さん、山下リオさん、伊藤沙莉さん 、渡辺大知さん。


亮平の会社の後輩でクールな串橋に、瀬戸康史さん。

朝子のルームメイトで女優の卵・マヤに、山下リオさん。

朝子の親友・春代を、伊藤沙莉さん。

麦に家を貸している友人・岡崎を、「黒猫チェルシー」渡辺大知さん。

が演じています。


さらに・・・、

朝子を優しく見守る岡崎の母親・栄子として、田中美佐子さんが映画をしっかりと支える。また、主人公たちを繋ぐ重要人物・平川役に仲本工事さんと、多彩なキャストが集結した。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
大阪に住む21歳の朝子は、青年・麦(バク)と運命的な恋に落ちる。
しかし、彼はある日、忽然と彼女の前から姿を消してしまう。それから2年後、東京に引っ越した朝子は、麦にそっくりな顔をした男・亮平と出会う。麦のことを忘れられない朝子は亮平を避けようとするが、そんな朝子に亮平は好意を抱く。戸惑いながら、朝子も亮平に惹かれていくが。

麦と亮平―同じ顔をした、過去の”恋”と現在の”愛”が朝子の心を揺らしていく。

公式HP
netemosametemo 

***********************************

出演: 東出昌大 唐田えりか
瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知/仲本工事/田中美佐子

監督:濱口竜介
原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)
製作:『寝ても覚めても』製作委員会
製作幹事:名古屋テレビ放送、ビターズ・エンド

制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会 


松岡茉優 初主演『勝手にふるえてろ』公開日決定!主題歌は黒猫チェルシー


映画情報どっとこむ ralph 松岡茉優さんが初主演を務める大九明子監督の映画『勝手にふるえてろ』。公開日が12月23日(土)に決定し、主題歌として黒猫チェルシーの新曲「ベイビーユー」が主題歌として決定しました。

16日(日)に黒猫チェルシーの出演する北海道・岩見沢で開催されたJOIN ALIVEの舞台上でヴォーカル渡辺大知さんの口から発表され、会場は大きな歓声に包まれました。
映画『勝手にふるえてろ』は、綿矢りさが2010年に発表した小説をもとにした作品。松岡茉優演じる24歳まで片思いしか恋愛経験がなかったOL・ヨシカが、突然交際を申し込んできた同期の二との「リアルな恋愛」に乗り切れず、「脳内の片想い」を続けている中学時代の同級生・イチと再会するために同窓会を計画するというあらすじ。



映画情報どっとこむ ralph 松岡茉優さん、渡辺大知さん、大九明子監督のコメントが届いています!

松岡茉優さんコメント

壁ドン顎クイ肩ズン
そりゃあキュンキュンするけれど
ベイビーユーを例えるなら
不器用に正面からただ抱きしめる映画をご覧の際にはぜひこの温かさを感じてください。


渡辺大知さんコメント

「映画が終わるとき、こんな感じで終わってくれたら、おれは嬉しい!」っていう自分なりのこの映画への愛が伝わればと思って曲を書きました。出演して、現場の空気を感じた上で主題歌を作れたのはとても贅沢なことだなと思います。実際にこの曲が映画でかかるのはまだ観れてないんですが、試写を観た主演の松岡さんが「主題歌、素敵だった」と言ってくれて、それが嬉しかった。いい曲ができちゃったぜ。冬が来たら、甘酸っぱさをもらいにおれも映画館に観にいこうと思う。公開が楽しみです。


大九明子監督コメント

主題歌…というよりはむしろ、この映画をどう終わらせるかを考えた時、大知くん演じるところのニ君の歌声で閉めたいと思い、黒猫チェルシーにお願いしました。

大知君は、物凄く真面目に頭で考えるタイプで、決して「あ、降ってきた」とか言って曲を作る人ではないのです。
悶え苦しむ姿は、まるでニっぽくて、超絶チャーミングでした。

おかげさまで聴きたかった楽曲を頂戴できて嬉しゅうございます。
ありがとう、黒猫チェルシー!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

私には彼氏が2人いる──中学時代からの片思いの相手イチ(北村匠海)と、突然告白してきた暑苦しい同期のニ(渡辺大知)。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。

“脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

furuetero-movie.com

***********************************

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊
監督・脚本:大九明子

出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー) 石橋杏奈 北村匠海(DISH//)古舘寛治 片桐はいり

配給:ファントム・フィルム
主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records)
©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

※正式には外字の舘(舎官)となります。WEB上では、表現できない文字のため、「舘」を使用しています。


松岡茉優を取り巻く、2人の彼氏に渡辺大知、北村匠海『勝手にふるえてろ』


映画情報どっとこむ ralph 暴走する恋をリアルに、イタく、キュートに描く、痛快コメディ

松岡茉優さんが初主演を務める映画『勝手にふるえてろ』に、主人公ヨシカを取り巻く、“2人の彼氏”に、渡辺大知さん(黒猫チェルシー)、北村匠海さん(DISH//)、

そして石橋杏奈さん、片桐はいりさん、古舘寛治さん らの出演していることがわかりました。


本作の原作『勝手にふるえてろ』は、01年に『インストール』でデビュー、『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りさによる同名小説。
微妙な年頃の女性の行き場のない感情をリアルに描き、高い評価を受けています。そして今回主演を務めるのは、本作で映画初主演となる女優・松岡茉優。役どころは、絶滅した動物が好き過ぎて、アンモナイトの化石についてネットで調べていたら気づくと朝になっていたり、中学時代の初恋の相手との過去を思い出しては、胸をトキめかせる、ちょっと変わった恋愛ド素人OLのヨシカ。

映画情報どっとこむ ralph 本作では、 “2人の彼氏”を自分の中で、イチ、ニと勝手に命名し、“リアルな恋愛”と“脳内片思い”を繰り広げるという、極度に捻じ曲がった乙女心を披露。

そんなヨシカの“リアルな恋愛”の彼氏に、『色即ぜねれいしょん』で俳優デビュー、黒猫チェルシーで、ボーカルを務めながら、役者としても独特の存在感を放つ渡辺大知。

渡辺大知さん(黒猫チェルシー)コメント
脚本を最初に読んだ時から主人公のヨシカのキャラクターに釘付けで、ぼくは撮影中、実際に、空回りしながらもヨシカにずっと一直線でした。主演の松岡さんは芯が強くて、可愛いのにひねくれてて、まさにヨシカそのもので、とても魅力的でした。松岡さんを始め、この映画はいろんな魅力的な人物や景色で溢れている映画です。それぞれの魅力が画面をはみ出しているところを、ぜひご覧ください!

映画情報どっとこむ ralph ヨシカに鬱陶しがられるほど猛アタックをし、若干強引に(?)彼氏となる男・二を熱演。そして“脳内片思い”の彼氏には、DISH//でボーカル・ギターを務め、『君の膵臓を食べたい』(17/月川翔監督)、『恋と嘘』(17/古澤健監督)など話題作への出演が控える、今最も注目の若手俳優・北村匠海。ヨシカの中学時代からの片思いの相手・イチをクールかつ魅力的に演じました。

北村匠海さん(DISH//)コメント
台本を読んで、まず、独特な役名だなぁという印象から始まりました。
“あーいるいる”って要所要所で感じる松岡茉優さん演じるヨシカがとても面白く、僕自身も楽しみながら台本を読み進めることが出来ました。松岡茉優さんとは3度目の共演になります。
お互い初めて会った日からは、6年ほど経っているのですが、しっかりと魅力的な演技をされるので、やはり一緒に芝居するのが楽しかったです。ヨシカと共に色んな感情になれるような映画だと思っています。
ぜひ劇場でご覧ください。

映画情報どっとこむ ralph 大九明子監督はお二人を・・・

大九監督:役名が、イチ、ニ。男を番号で呼ぶ小気味良さよ。一応現場では君付けで呼んでいました。
渡辺大知君が、面倒な男・ニ君をサイコーに愛しい男にしてくれました。ご自身も作り手だからでしょうか、視点が客観的でさすが!という時もあれば、何だニそのものじゃんカワイイ、と思う時もありました。あと、手が美しい。北村匠海君とは、イチ君が記号のようなイケメンにならないよう、相談しながら繊細に作りました。北村君は頭も良く、瞬発力もあり、日の出を待って数分で撮らねばならない慌しい中でも、演出に一瞬で対応してくれたのが印象的です。

と、語っています。

映画情報どっとこむ ralph その他、ヨシカを取り巻く共演者にも、個性的な役者が揃いました。
ヨシカの恋を搔き乱してしまう同僚に石橋杏奈、
ヨシカの話し相手になる釣りのおじさんに古舘寛治(*)、
同じアパートに住む、すこしおかしな隣人に片桐はいり。

24歳まで恋愛経験ゼロの遅咲きな主人公・ヨシカが繰り広げる、悩んでは傷つき、暴走する恋の行方を、誰しもが最後まで応援したくなる痛快コメディの誕生です!

物語・・・
私には彼氏が2人いる──中学時代からの片思いの相手イチ(北村匠海)と、突然告白してきた暑苦しい同期のニ(渡辺大知)。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

***********************************

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊 

監督・脚本:大九明子 
出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー) 石橋杏奈 北村匠海(DISH//)古舘寛治 片桐はいり

製作幹事:メ~テレ ホリプロ 
配給:ファンム・フィルム

(*)古舘寛治さんの正式には外字の舘(※舎官)となります。WEB


石井杏奈、渡辺大知 登壇『LIVE!LOVE!SING! 劇場版』初日舞台挨拶


このたび、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の井上剛監督 最新作『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』が、1月23日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開となりました。

その公開初日を記念して、石井杏奈さん、渡辺大知さん、柾木玲弥さん、前田航基さん、井上剛監督が登壇しての舞台挨拶が行われました。

Live!Love!Sing!
日付:1月23日(土) 
会場:シアター・イメージフォーラム
登壇者:石井杏奈(E-girls)、渡辺大知(黒猫チェルシー)、柾木玲弥、前田航基、井上剛監督

石井杏奈さん:
[福島で被災し神戸で避難生活を送る女子高生・水島朝海役]
劇場公開ができることになり、沢山の方にこの作品を観ていただけることが嬉しいです。ドラマ版とは違うので、是非沢山の方に見て頂きたいです。

渡辺大知さん:
[朝海が通う高校の教師・岡里清春役]
この作品には朝海と清春という、福島と神戸でそれぞれ育った二人が出てきます。本作ではその二人のすれ違いみたいなものが描かれている んですが、そこからどう寄り添っていくのか、というところを観てほしいと思います。人と人は、100%の理解をしえなくても、お互いのこ とを考えたり、想ったりするっていうことで寄り添っていけるって思います。そういったことが伝わる映画になっていると思います。

征木玲弥:
[朝海の同級生・勝役]
本日はありがとうございます。福島や神戸に行って、本当の場所に行って、本当の景色を撮ってきた作品です。素直に景色をみて、素直な言 葉が出てしまっていると思います。

前田航基:
[朝海の同級生・本気(マジ)役]
ドラマ版が 1 年前くらいに放映されていて、ドラマを観た方も今回が初めての方もいると思います。ドラマ版からただ上映時間が伸びただけでなくて、内容もすごく深くなり、テレビでは映せなかったところもあるので、そこを楽しんでください。

井上監督:これから 100 分観て頂きますが、彼ら(出演者)が、人のいなくなった街でどんなにもがいたかということも一緒になって体感していただけたら嬉しいなと思います。観終わった後に、この街に出て、いろんなことを感じられると思うんですけど、そういったことを、それぞれ胸に感 じていただけたらいいなと思います。

MC:見どころを

石井さん:この作品の中にたくさんの言葉が出てきます。自分でその言葉と触れ合って、心にすごくしみた言葉たちです。是非そんな言葉に注目してほし]いなと思います。あと、私自身が学生で、こういう現実を知らずにずっといたので、今の福島や神戸と面と向かって向き合うことができた 作品です。多くの人にこういう想いになってほしいなと思います。観た後に沢山の方に紹介してほしいなと思います。

渡辺さん:今回は、 キャスト・スタッフ全員で、どんなものになるか分からない、得体のしれないものに向かっていって、もがきながら作った作品です。その姿 とか、景色とか、観てもらえたらなと思います。

征木さん:台本通りでもあり、台本とは全然違う部分もあります。その場その場のリアルな言葉が出ていました。… 僕はぜんぜん無口な役だったんですけど(笑)

前田さん:この映画を観ると、僕たち学生が明るく見えると思います。ですが、僕たちは、本当に、現地の方たちの生きる力、もっているパワーに支え られました。みなさんすごく明るく接してくださって。でもその笑顔に隠された涙を、皆さんが抱えられてることを、映画が進む中で理解していただけるのかなと思います。

井上監督: 撮影したのは 2 年前です。皆すごく熱演していたよね。前田君、「こんな芝居できない…」って言ってたよね(笑)そういった難しい部分を、 それぞれ乗り越えて表現を獲得していってました。本当に若い才能だと思います。その点を楽しんでいただけたら嬉しいです。あとは、みな さんそれぞれに楽しんでいただけたらと思います。
Live!Love!Sing!s4
『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』

HP:http://livelovesing-movie.com/

『LIVE!LOVE!SING!』
********************************************************************

LIVE!LOVE!SING!ポスター監督:井上剛
脚本:一色伸幸
音楽:大友良英、Sachiko M
出演:石井杏奈、渡辺大知、木下百花、柾木玲弥、前田航基

津田寛治、二階堂和美、皆川猿時、ともさかりえ、南果歩、中村獅童
制作・著作:NHK
協力:NHKエンタープライズ
配給:トランスフォーマー
宣伝:ザジフィルムズ
(C)2015 NHK


LIVE!LOVE!SING! 公開記念LLSスペシャルバンドライブの模様


LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』は、1月16日よりフォーラム福島、シネマート心斎橋、元町映画館にて先行公開、1月23日よりシアター・イメージフォーラムほか順次全国にて公開となります。

その映画公開に先立ち、公開記念ライブが六本木・SuperDeluxeにて、大友良英、Sachiko M率いるLLSスペシャルバンドと、さらにゲストとして本作に出演している渡辺大知(黒猫チェルシー)、二階堂和美が登壇。豪華アーティストたちによる一夜限りのスペシャルセッションが行われました。
lls_113_4人
『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』公開記念
場所:六本木・SuperDeluxe
出演:LLSスペシャルバンド
大友良英(g)、Sachiko M(sinewaves)、江藤直子(p)、近藤達郎(org) 、かわいしのぶ(b)、坂田学(ds)、上原なな江(perc)

ゲスト:渡辺大知(黒猫チェルシー)、二階堂和美

開催された公開記念ライブでは、『あまちゃん』に続いて本作でも井上剛監督とタッグを組んだ大友良英とSachiko M率いるLLSスペシャルバンドが登場!
1103_LLS_LIVE
前半は、LLSスペシャルバンドが本作の劇中に使用されている楽曲「LIVE! LOVE! ROCK!」「LIVE! LOVE! SING!」「タイムトラベル」を披露、続いて「井上監督にジミヘンぽい曲を作ってくださいと言われて、普段書かない譜面を書いて作ったのに劇中で使われなかった」という「フェローズ」、「劇中では部分的にしか使われず、サウンドトラックCDにも一部分しか収録されていない」という「インビジブル」が約10分の全編で披露され、LLSスペシャルバンドが奏でる静謐にして激情を湛えた幻想的な重層音は、会場を異様な熱気で包みました。

後半部は、ゲストボーカルの二階堂和美、渡辺大知(黒猫チェルシー)をステージに呼び、「歌」をテーマに前半とはガラリと雰囲気を変えてライブパフォーマンスを披露。
lls_113_二階堂
lls_113_渡辺 まずは、脚本の一色伸幸が作詞、Sachiko M作曲の「GIGつもり」を、本作に歌手役として出演している二階堂和美が歌う。

今の日本を揶揄するようなセンセーショナルな歌詞が印象に残るこの曲、脚本の一色が作詞の段階から二階堂をイメージしていたという大友の話に、

二階堂さん:私ってどう思われてるの?(笑)

と。さらに作曲を担当した

Sachiko M:最初、断ろうと思っていた。でも一色さんに、歌にしたら何とかなる!と言われてつくりました。

当時の想いを吐露した場面も。本作で、神戸出身の教師役を演じた黒猫チェルシーの渡辺大知は、神戸復興の願いを込めた歌「しあわせ運べるように」を披露。自身も神戸出身で小学生のころからこの曲を歌っていた渡辺の情熱的な歌声に、会場は感動の嵐に包まれた。その他にも、『あまちゃん』の「地元に帰ろう」を音頭にリメイクした「地元に帰ろう音頭」、映画『かぐや姫の物語』の主題歌「いのちの記憶」や、二階堂の楽曲「女はつらいよ」、映画『色即ぜねれいしょん』の主題歌にもなった伝説のロックバンド・村八分の名曲「どうしようかな」を、渡辺と二階堂が歌うなど、一夜限りのスペシャルセッションが繰り広げられた。


渡辺さん:ドラマ放送を経て、やっと公開が実現しました。井上監督も、100分の劇場版を観てもらいたいとずっと言っていたので、公開が決まって本当に嬉しく思っています。関わった人たちが苦しい思いもしながら、いいものを作ろうとみんなで必死になって出来上がった作品です。たくさんの想いが詰まった映画なので、是非劇場で観てください!

と締めくくり。

アンコールの「GIGつもり」で会場が一体になり暖かい雰囲気の中ライブは終了しました。

セットリスト
01.LIVE! LOVE! ROCK!
02.LIVE! LOVE! SING!
03.タイムトラベル
04.フェローズ
05.インビジブル
06.GIGつもり
07.地元に帰ろう音頭
08.いのちの記憶
09.女はつらいよ ※6~9 vo二階堂和美
10.しあわせ運べるように
12.どうしようかな ※10,11 vo渡辺大知(黒猫チェルシー)
13. LIVE! LOVE! SING! ロングバージョン
アンコール.GIGつもり

それは、いちばん大切なことに気づく旅

神戸で女子高に通う朝海のもとに、故郷福島に留まる同級生・本気(マジ)から一通のメールが届く。「立入制限区域になっている母校の校庭に埋めた、タイムカプセルを掘りに行かないか?」。同じ誘いを受けた小学校時代のクラスメイト二人、神戸で暮らす勝と横浜の夜の街で働く香雅里、そしてひょんなことから朝海たちに同行することになった教師・岡里は、一路福島を目指す。長い旅路の果てにたどり着いた地で、彼らは何を見て、何を感じるのか…。
『LIVE!LOVE!SING!』
LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版

1月16日(土)より、フォーラム福島、シネマート心斎橋、元町映画館にて先行公開!
1月23日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開!

公式HP:livelovesing-movie.com

********************************************************************

出演:石井杏奈、渡辺大知、木下百花、柾木玲弥、前田航基、津田寛治、二階堂和美、皆川猿時、ともさかりえ、南果歩、中村獅童

監督:井上剛
脚本:一色伸幸
音楽:大友良英、Sachiko M
制作・著作:NHK
協力:NHKエンタープライズ
配給:トランスフォーマー
宣伝:ザジフィルムズ
2015年|日本|カラー|DCP|100分 c2015 NHK