「渡辺大知」タグアーカイブ

『ギャングース』入江悠監督が特別映像撮り下ろし!特殊詐欺の実態を目撃せよ!


映画情報どっとこむ ralph ヤバメな青春エンターテインメント映画『ギャングース』!
が11月23日(金)に全国公開となります。

その公開に先駆け、入江監督自らが撮り下ろした特別映像および金子ノブアキさん出演シーンの本編映像が解禁となりました。

犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描き、モーニング誌で2013年から2017年まで連載され、高い人気を獲得した漫画・肥谷圭介×ストーリー共同制作・鈴木大介による漫画「ギャングース」の実写映画である本作。この度解禁された映像「実録!振りこめ詐欺のしくみ」は、主人公サイケたちがタタく(窃盗する)ターゲットのひとつ、“特殊詐欺を行う犯罪営利組織”のリアルな実態を解説した特別映像だ。


詐欺集団はどのようにして儲けているのか。その巧妙な手口とは――詐欺店舗を統括する番頭は、資金を元手に”ヤラレ名簿”を調達する。”ヤラレ名簿”とは企業から流出した個人情報などをプロの名簿屋が精度を高め、詐欺に掛かりやすいターゲットのみをまとめた名簿の通称だ。厳しい研修を乗り越え実際に詐欺を行う“プレイヤー”たちがヤラレ名簿と詐欺の台本を片手に、巧妙な設定と畳み掛ける様なペースで高齢者を何度も騙していく。騙されやすいターゲットは独り身の高齢者、身近にすぐ相談出来る親族や友人が居ない、タンス預金を抱えている人がターゲットとなり易い。もし、貴方の身近に少しでも該当する人が居れば、すぐにでもこの映像をご覧頂きたい。

騙したターゲット(高齢者)から直接金を受け取る担当は、詐欺グループの末端である“受け子”。詐欺容疑で警察に捕まったニュースを見かけるのはこの“受け子”だが、詐欺グループの上層部は捕まらない「トカゲのしっぽ切り方式」になっており、詐欺被害が減らない問題点はこの組織化された構造にあるといえる。さらに、詐欺店舗へ捜査が及ばないよう、騙し取った現金の運搬は、運び屋 “メッセンジャー”を何人も経由し、厳重な警戒を徹底する。これが詐欺集団の実態だ。
映像後半には初解禁となる本編映像も差し込まれており、詐欺店舗の番頭である加藤(金子ノブアキ)が“プレイヤー”へ、詐欺を働く論理を熱弁している。2分40秒にもおよぶ、金子ノブアキの魂の込もった長ゼリフの迫力に、注目だ。

映画情報どっとこむ ralph 犯罪営利組織(俗称:カンパニー)の実態を理解することで、本作が描く裏稼業の男たちの生き様が一味もふた味も違って見えてくる。

映画『ギャングース』は11月23日(金)より全国公開。

公式HP:
gangoose-movie.jp

公式twitter:
https://twitter.com/MovieGangoose

物語・・・
親も、金も、学もないサイケ・カズキ・タケオ3人の少年。彼らが生き抜く為につかんだ仕事は、裏稼業や悪徳業種の収益金を狙う「タタキ」稼業。ある日、偶然にも振り込め詐欺のアガリ(収益金)の隠し場所を知った3人。それは最強の犯罪営利組織カンパニーとして台頭する半グレ「六龍天」のものだった。身元がバレないよう慎重にタタキを繰り返すも、あることから3人の身元がバレ、絶体絶命の状況に追い込まれてしまうが・・。
本作は、『SR サイタマノラッパー』(09~)、『22年目の告白―私が殺人犯です―』(17)など、社会の底辺を生きる人々の映画やクライム・ムービーには定評のある入江悠が監督・脚本を手掛けた。犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描いた青春エンターテイメント・ムービー。

***********************************

高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)
林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太
金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI
監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SRサイタマノラッパー』シリーズ)
脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載) 製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ映像制作部+パイプライン
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社
R15+


『ギャングース』原作・肥谷圭介先生から 映画キャスト版描き下ろしイラストが到着!


映画情報どっとこむ ralph 青春エンターテインメント映画『ギャングース』が11月23日(金)に全国公開致します。公開に先駆けまして、原作漫画肥谷圭介氏の描き下ろしイラストが解禁となります。

モーニング誌で2013年から2017年まで連載され、高い人気を獲得した漫画・肥谷圭介×ストーリー共同制作・鈴木大介による漫画「ギャングース」の実写映画である本作。公開に先駆け、「漫画の日」である11月3日(土)に原作漫画担当の肥谷圭介氏から今回特別に映画オリジナルキャスト版の描き下ろしイラストが到着した。

今回解禁された肥谷圭介氏による描き下ろしイラストには、原作漫画に登場するキャラクターが映画キャストで再現されている。高杉真宙が演じた“タタキ”専門の窃盗団の情報収集・標的選定担当のサイケを中央に、人生初のモヒカン頭で加藤諒が演じた工具全般担当のカズキは躍動感溢れる仕上がりに。人生初の金髪&眉なしという原作完コピのルックスで演じた黒猫チェルシーのヴォーカル・渡辺大知は車両・機動担当のタケオそのもの、そして上部には彼ら3人の前に立ちはだかるかのように、半グレ系アウトローによる犯罪営利組織・六龍天のトップ:安達を怪演した世界的ギタリストMIYAVIが睨みを利かせる。

また、原作屈指の人気キャラクター“情報屋”高田を演じた林遣都は、すらっとした手でトレードマークの“眼鏡クイ”を完全再現しており、本作の重要人物が一挙大集合している。

一足早く本作を鑑賞して

肥谷先生:映画はよく冷めていると言われる僕でも何度もグッとくるシーンが沢山ありました。最高でした。続編が観たいです。

と、「ギャング―ス」生みの親も絶賛する映画に期待が高まる。

また、11月22日(木)より発売の雑誌モーニングでは映画公開記念の特別企画として、主人公であるサイケ、カズキ、タケオの3人を演じた高杉真宙、加藤諒、渡辺大知のインタビューも掲載予定です。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ギャングース』は11月23日(金)より全国公開。

公式HP
gangoose-movie.jp

公式twitter:
@MovieGangoose


親も、金も、学もないサイケ・カズキ・タケオ3人の少年。彼らが生き抜く為につかんだ仕事は、裏稼業や悪徳業種の収益金を狙う「タタキ」稼業。ある日、偶然にも振り込め詐欺のアガリ(収益金)の隠し場所を知った3人。それは最強の犯罪営利組織カンパニーとして台頭する半グレ「六龍天」のものだった。身元がバレないよう慎重にタタキを繰り返すも、あることから3人の身元がバレ、絶体絶命の状況に追い込まれてしまうが・・。

本作は、『SR サイタマノラッパー』(09~)、『22年目の告白―私が殺人犯です―』(17)など、社会の底辺を生きる人々の映画やクライム・ムービーには定評のある入江悠が監督・脚本を手掛けた。犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描いた青春エンターテイメント・ムービー。

***********************************


高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)
林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太
金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI
監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SRサイタマノラッパー』シリーズ) 脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載) 製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ映像制作部+パイプライン 
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社


加藤諒オネエ疑惑を払拭!? 渡辺大知は憧れの・・・東京国際映画祭 『ギャングース』舞台挨拶イベント


映画情報どっとこむ ralph 犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描いた映画『ギャングース』(11月23日(金)公開)が第31回東京国際映画祭 特別招待作品として選出され、11月1日(木)に加藤諒、渡辺大知、そして入江悠監督が舞台挨拶イベントに登壇した。


第31回東京国際映画祭 特別招待作品
日付:11月1日(木)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:加藤諒、渡辺大知、入江悠監督

映画情報どっとこむ ralph 本作は講談社「モーニング」で連載していた同名の人気漫画を実写化した作品で、主人公の一人の“カズキ”を演じて

加藤さん:1巻が出たころに友人に勧められて読んでいたので、映画化の話が来たときは本当に驚きました。“カズキ”は本当に男らしいので、オネエ疑惑のある僕をよく選んでくれたなあと。このカズキのような男らしい姿が本当の僕です(笑)
と語り、原作通りのモヒカンの“カズキ“になるため

絶対地毛がいいと、マネージャーを説得しました。刈るときに監督に写メを送りながら長さをチェックしてもらいました~。

と役作りに対しての意気込みを語り・・・

また、主人公3人のうちの一人“タケオ”役で黒猫チェルシーのボーカルで本作の主題歌『CRYBABY』の作詞作曲を務めて

渡辺さん:不良役に憧れていて、金髪にしたかったのでここぞとばかりに金髪にしました。撮影中は役柄同様に加藤くんと高杉くんと3人でずっと一緒にいて、兄弟のような関係になりました!みんなで力を合わせて闘いながら撮影に挑んだ、とても大好きな作品です。
と語り、作詞・作曲を担当した本作の主題歌に関しては

渡辺さん:(作詞・作曲の)オファーがくる前、脚本と原作を読んだとき思いが溢れて、実は勝手に曲を書いていたんです。そして撮影後に改めて曲を書いて、2曲共監督に提出しました。結果撮影後の方を採用してもらいました。この映画は主人公だけではなく悪役もキラキラと一日一日を前向きに明日に向かって生きている。彼らの逞しさを代弁できたらという気持ちを込めて作りました。

と語った。

さらに、実写化のオファーを受けてから5年の歳月を掛けて制作したことに関して問われると監督は・・・

入江監督:オファーを受ける前から原作を読んでいたので、まさか自分が監督を務めるとは!と驚きました。オファーを受けたのは原作の2巻が出たくらいの頃です。最終的にストーリーがどうなるかわからないですし、原作でのアプローチとは別に自分でも取材をしました。気が付いたら5年経っていましたね(笑)今日ようやくワールドプレミアを迎えて、初めて一般の方に観ていただいけるのでとてもワクワクしています。

と笑顔で語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

作品に対してコメントを求められ

入江監督:過酷な社会で生きる少年たちを描くギャングースは自分が生きているのはちっぽけな世界だったと気づかせてくれた作品。もしかして自分の隣の人が実はそういう人なのかもと想像力を働かせるきっかけになってくれたら。
と語り、続けて

渡辺さん:SNSだけではなく家族や友人と感想を言い合えて人と人をつなぐ作品になれたら

加藤さん:自分がやりたかったと思う作品に出合えました!感想ちょうだいキャンペーンをやっているので、SNSなどにたくさん投稿して拡散してください!

と呼びかけ、アットホームな雰囲気のままイベントを締めくくった。

映画『ギャングース』

11月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー!

gangoose-movie.jp

twitter:
@MovieGangoose

本作は、モーニング誌で2013年から2017年まで連載され、高い人気を獲得した漫画・肥谷圭介×ストーリー共同制作・鈴木大介による青春漫画を実写映画化した作品。“タタキ”専門の窃盗団の情報収集・標的選定担当のサイケを高杉真宙が演じ、立ちはだかる半グレ系アウトローによる犯罪営利組織・六龍天のトップに君臨する安達を演じるのは世界的ギタリストのMIYAVI。その安達の下で働く詐欺組織の番頭・加藤には金子ノブアキと豪華俳優陣が多数出演している。


映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

©TIFF

***********************************


高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)

林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太

金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI

監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SRサイタマノラッパー』シリーズ) 脚本:入江悠 和田清人

原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載) 製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ

制作プロダクション:アミューズ映像制作部+パイプライン
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社


『ギャングース』キャストが第31回東京国際映画祭レッドカーペットに登場し、場内大熱狂!


映画情報どっとこむ ralph 犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描いた映画『ギャングース』が11月23日(金)に公開となります。

この度本作の公開に先駆け、第31回東京国際映画祭 特別招待作品に選出され主演を務める加藤諒さん、渡辺大知さん、映画オリジナルキャラクターであるキャバ嬢“ユキ”を演じた山本舞香さん、“タタキ”稼業の中でカズキ達に引き取られる少女ヒカリを演じた伊東蒼さん、サイケたちと同じ少年院出身の詐欺プレイヤー眞鍋役の菅原健さん、そして入江悠監督がオープニングイベントに登壇し、レッドカーペットを歩きました。
水玉模様に蝶ネクタイの衣装でレッドカーペットに登場したのは、加藤諒さん。
工具全般担当のカズキを人生初のモヒカン頭となって演じた加藤さんは、会場の声援に圧倒されながらも手を振って応えた。

そして、車両・機動担当のタケオを人生初の金髪&眉なしの原作完コピのルックスで演じた、黒猫チェルシーのヴォーカル・渡辺大知さん。昨年の観客賞を受賞したコンペ作品『勝手にふるえてろ』に続くレッドカーペットの登場に悲鳴に近い声援が会場を包まれる中、ファンサービスに応えた。
チェック柄ドレスにカーキのジャケットを羽織って登場した山本さんとワインレッドのワンピース姿で登場した伊東さんは、菅原さんが持ち歩くバスケットに収められた、振り込め詐欺の防犯を呼びかける“映画オリジナル黒ティッシュ”を観客に配り始めると、加藤さんと渡辺さんもインタビュー中の報道陣にも手渡しで配りプレゼント。
思わぬプレゼントに報道陣からは笑いが起こりながらも、本作をしっかりとアピールした。熱狂のレッドカーペットを歩き終えた加藤さんは「レッドカーペットを歩かせていただきました。自分には無理なんだろうなと思っていましたが、初めてのレッドカーペット、最高でした!沢山の方に『ギャングース』を見て頂けますように!」と興奮気味に語った。


©2018 TIFF ※東京国際映画祭

映画情報どっとこむ ralph 映画『ギャングース

本作は、モーニング誌で2013年から2017年まで連載され、高い人気を獲得した漫画・肥谷圭介×ストーリー共同制作・鈴木大介による青春漫画を実写映画化した作品。“タタキ”専門の窃盗団の情報収集・標的選定担当のサイケを高杉真宙が演じ、立ちはだかる半グレ系アウトローによる犯罪営利組織・六龍天のトップに君臨する安達を演じるのは世界的ギタリストのMIYAVI。その安達の下で働く詐欺組織の番頭・加藤には金子ノブアキと豪華俳優陣が多数出演している。

11月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー!

gangoose-movie.jp

twitter:
@MovieGangoose

***********************************

高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)

林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太

金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI

監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SRサイタマノラッパー』シリーズ) 脚本:入江悠 和田清人

原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載) 製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ

制作プロダクション:アミューズ映像制作部+パイプライン
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社


いよいよスタート!第31回東京国際映画祭レッドカーペット その1


映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭の10月25日(木)開幕。
レッドカーペットイベントが行われ、多くのゲストが登場しました。

<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭 
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

映画情報どっとこむ ralph 映画の司会と言えばこの人、映画パーソナリティー:いとうさとり

第31回東京国際映画祭アンバサダー:松岡茉優とフェスティバル・ディレクター:久松猛朗

メディアパートナーLINE LIVE:永島聖羅ら

セレモニーパーティ司会:笠井信輔

熱狂宣言: 奥山和由監督、江角早由里(プロデューサー)、松村厚久、近藤太香巳

TIFFプラス


日本映画スプラッシュ:21世紀の女の子:
山戸結希(監督/プロデューサー)、井樫彩(監督)、枝優花(監督)、加藤綾佳(監督)、坂本ユカリ (監督)、首藤凜(監督)、竹内里紗(監督)、夏都愛未(監督)、東佳苗(監督)、ふくだももこ(監 督)、松本花奈(監督)、安川有果(監督)、山中瑶子(監督)、金子由里奈(監督) 柳英里紗、北浦愛、杉野希妃、神尾てん子、Lee Yoko、松林うらら、古川琴音、久保陽香、土居 志央梨、小川あん、筒井のどか、三浦透子、清水くるみ、松井玲奈、木下あかり、唐田えりか、竹内 ももこ、詩歩、瀧内公美、手島実優、石橋静河、堀春菜、倉島颯良、福島珠理、日南響子

ハード・コア:山下敦弘監督、ロボオ(石井モタコ)

ギャングース:入江悠監督、加藤諒、渡辺大知、山本舞香、伊東蒼、菅原健

26thキネコ国際映画祭

PSYCHO-PASS Sinners of the System Case.1 & Case.2 PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰 & Case.2 First Guardian
関智一、野島健児、東地宏樹、佐倉綾音、塩谷直義監督

アジア三面鏡 2018:Journey
デグナー監督、チェン・ジン、ゴン・チェ、ナンダーミャッアウン、長谷川博己、松永大司監督、エドウィン 監督、ニコラス・サプットゥラ、オカ・アンタラ、アグニ・プラティスタ

みなと委員会

DJ KOO

ミッドナイト・フィルム・フェス!
蹴る:中村和彦監督、永岡真理、北沢豪

ジョホールバル 1997
植田朝日、黒田耕平、田川博文(チーフプロデューサー)、ワタベカズ彦(アートディレクター/映像王 子)、ヤナガワゴーッ!(スチール)


その2へ続く。

その3へ

***********************************

PHOTO:TJ
©TIFF