「渡辺大知」タグアーカイブ

松本穂香主演『わたしは光をにぎっている』追加キャストに渡辺大知、徳永えり、吉村界人、光石研、樫山文枝


映画情報どっとこむ ralph この度、松本穂香主演、中川龍太郎監督映画『わたしは光をにぎっている』の追加キャストを解禁。

渡辺大知、徳永えり、吉村界人、光石研、樫山文枝の役者陣が脇を固めます。

そして、追加キャストの役柄とコメントが到着。

渡辺大知さんコメント (銭湯の常連 緒方銀次役)

新しくひとに出会ったとき、なにをしてもらったわけじゃなくても、大層な言葉を交わしたわけじゃなくても、すごく大切なものをもらえた気になる時ってあると思います。この映画はそういう時間の連続で出来ていて、主人公の澪ちゃんがほんの少しずつ成長していく姿をとても繊細に描いている作品だと思います。ぼくの役は映画監督志望の、ナイーブなくせに少々圧の強い男ですが、その出会いの一片として澪ちゃんにとって素敵なものであったらいいなと思ってやりました。松本穂香さん演じる澪ちゃんは訥々と喋っていても希望に満ちていてとても魅力的です。ぜひ劇場で澪と一緒に新しい生活のドキドキを味わってください!


徳永えりさんコメント(銭湯の常連 島村美琴役)

脚本を読ませて頂いた時に、日常の何気ないことが、人との関わり合いが、誰かの踏み出す小さな一歩に繋がるのだと改めて感じ、その儚く繊細で柔らかな空気感を大切に、撮影に臨もうと思いました。私が演じた島村美琴は、内気で無口な澪とは正反対の言いたい事をきちんと口に出して伝える芯の強い女性。撮影時も、のびのびと自由に演じさせていただきとても楽しかったです。この作品が、観てくださる皆様の心にそっと寄り添えますように。


吉村界人さんコメント(美琴の彼氏 新井稔仁役)

今作は、こういうことが言いたいんだ!とかではなくディランのような映画だと、感じました。

言葉に表すのは難しく風情をまとって進んでいきながら、言いたいことは風の中にある、という印象でした。そして僕は短い撮影日数だったので偉そうなことなんて言えないのですが、現場は全員笑いながら淡々と進んでいました。その渦中で龍太郎くんがどしっと立って全員を仕切っていて本当にすごいなと感じまして、あまり褒めたくはないけど、それは龍太郎くんが現場にいるすべての方に愛を持ってそこに存在しているからなんだと思いました。超エンターテイメントムービーではないですが、不器用な人間を描いている素晴らしい作品になっていると思います。そんな方に是非見て欲しいです。


光石研さんコメント (銭湯の店主 三沢京介役)

6~7年前、「僕、ビックな監督になります!」と台本を携え、出演交渉してくれた中川監督。そして今回、また呼んで頂いた現場では、スタッフの数も予算も数倍に。台本もビジョンをしっかり持った揺るぎない世界観。

そして何より、明確な判断、的確な指示を出す本当にビックになった中川監督が居ました!今後益々、大きくなる中川龍太郎監督の新作映画を、どうぞ見届けて下さい!


樫山文枝さんコメント (澪の祖母 宮川久仁子役)

夜明けの野尻湖の風景は幻想的で美しく、映像詩人である中川龍太郎監督の世界観にぴったりの風景に身を置けて幸せでした。監督やスタッフの皆さんのあまりの若さに驚きながら、どんな世界を作ってくれるんだろうとわくわくし、学生時代に戻ったような気分になることができました。 若者が未来の映画を作っていくんだという姿にとても感動したのを覚えています。

映画情報どっとこむ ralph 本作の主演を務めるのは、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(17)で、主人公の同僚・澄子役を演じ、一躍脚光を浴びた松本穂香。TBSドラマ日曜劇場「この世界の片隅に」(18)では主人公すず役を務め、『チワワちゃん』(19)、『君と月夜に光輝く』(19)、『きみと、波にのれたら』(19)※声優として出演、『おいしい家族』(19)、『酔うと化け物になる父がつらい』(19)など出演作が続き、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの実力派若手女優です。

本作のメガホンをとった中川龍太郎監督は、1990年生まれの若干29歳の新進気鋭監督。東京国際映画祭の公式部門のひとつである日本のインディペンデント映画を積極的に紹介する「日本映画スプラッシュ」で、『愛の小さな歴史』(14)、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(15)と2年連続の出品を最年少にて果たし、注目を浴びました。今回は、第39回モスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞した前作『四月の永い夢』(17)に続いて、2作品連続で同映画祭への出品も決定(第41回モスクワ国際映画祭の特別招待作品)。さらに、松本穂香主演映画での海外映画祭での上映は初となり、大きな期待が寄せられます。



映画『わたしは光をにぎっている』

公式サイト:
phantom-film.com/watashi_hikari/

宮川澪は、20歳。

両親を早くに亡くした彼女は、長野・野尻湖のほとりのこじんまりした民宿を祖母と2人で切り盛りし、淡々とした日常を送っていた。しかし祖母の入院を機に民宿を閉めざるを得なくなり、父の親友であった京介を頼って上京し、彼がひとりで経営する都内の銭湯の元で居候をすることになる。職を探すが、都会の空気にうまくなじめない澪は、徐々に銭湯の仕事を手伝うように。映画監督の夢を持つ銀次や会社員の美琴など、銭湯にたむろする常連客達と次第に親密になる澪。銀次の映画を観たり、美琴に飲み会に誘われたりと、東京での日々が少しずつ楽しくなっていく。しかし、区画整理のため銭湯が近いうちに閉店する運命にあることを知った澪は、ある決断をするのだが・・・。

***********************************

監督:中川龍太郎
脚本:末木はるみ 中川龍太郎 佐近圭太郎
脚本協力: 石井将 角屋拓海

出演:松本穂香 渡辺大知 徳永えり 吉村界人/光石研/樫山文枝

配給:ファントム・フィルム
©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema


夏帆の“ふてくされ顔”がイイ!ビジュアル解禁!『ブルーアワーにぶっ飛ばす』


映画情報どっとこむ ralph 新進気鋭の若手映像作家を生み出したプロジェクト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」にて2016年審査員特別賞に輝き、CM界で活躍する箱田優子の初監督作『ブルーアワーにぶっ飛ばす』。

先日の第43回香港国際映画祭では「女性の描き方が今までにない作品!」「斬新な編集に驚いた!」と高い評価を得た勢いそのままに、待望のティザービジュアル&追加キャストが発表となりました。

映画情報どっとこむ ralph 砂田を演じるのは、『天然コケッコー』『海街diary』『友罪』など、清純派ヒロインからシリアスな役まで幅広く演じ、多くの映画ファンを魅了してきた演技派女優・夏帆。「一番やりたかった役にやっと巡り合えた」と言う夏帆は、本作でこれまでのイメージを一新させる演技を魅せる!
親友・清浦には、『サニー 永遠の仲間たち』『怪しい彼女』など韓国で圧倒的な人気を誇り、日本では初主演作『新聞記者』(6/28公開)や舞台出演など控える今大注目のシム・ウンギョンが扮する。ほかにも、渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作、でんでん、南果歩といった豪華俳優陣が脇を固めている。

また追加キャストも解禁され、今話題作に引っ張りだこの若手実力派女優・伊藤沙莉が、茨城のスナック店員に扮しコメディーに振り切った演技を披露。またNHK連続テレビ小説「ひよっこ」にも出演した人気子役・上杉美風が砂田の幼少期を演じる。そのほか小野敦子や高山のえみらも出演し、物語に彩りを与えている。

映画情報どっとこむ ralph さらに、待望のティザービジュアルが解禁!

「自分探しとかほんとうの私とか。んなもん、クソくらえだバカ野郎」

と、主人公・砂田の心の叫びとも言える痛烈なコピーと夏帆渾身の“ふてくされ顔”がマッチした勢いのあるビジュアルが完成した。
大嫌いな地元で佇む様子は怒りを感じさせるが、

「上手に生きているようにみえて、実は不器用で不自由な私の人生。」

のコピーが、都会で満ち足りた生活を送る砂田の空虚感を隠し強がる心が見え隠れする。彼女のその表情は何を意味するのかー?

物語がますます気になるビジュアルです。


映画情報どっとこむ ralph 『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

10月 テアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開!

30歳のCMディレクター砂田(夏帆)は、東京で日々仕事に明け暮れながらも、理解ある優しい夫もいて、満ち足りた人生を送っている…ように見えるが、口をひらけば毒づいてばかりで心は荒みきっている。そんなある日、病気の祖母を見舞うため、砂田は自由奔放な親友・清浦(シム・ウンギョン)と共に、大嫌いな地元・茨城へ帰ることに。いつものようにたわいもない会話をしながら茨城へ向かう二人だが、実は清浦がついてくるのには理由があったー。

***********************************


出演:夏帆 シム・ウンギョン  渡辺大知 / 黒田大輔 上杉美風 小野敦子 / 嶋田久作 伊藤沙莉 高山のえみ / ユースケ・サンタマリア でんでん 南果歩

監督・脚本:箱田優子 

製作:中西一雄 企画・プロデュース:遠山大輔 プロデューサー:星野秀樹 
撮影:近藤龍人 照明:藤井 勇 録音:小川 武 美術:井上心平 編集:今井大介 音楽:松崎ナオ

製作:「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会 製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 
制作プロダクション:ツインズジャパン 
配給:ビターズ・エンド 2019年/日本/カラー/アメリカンビスタ/DCP5.1ch/92分 

(C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会


箱田優子 第一回監督作品『ブルーアワーにぶっ飛ばす』香港国際映画祭でワールドプレミア!


映画情報どっとこむ ralph この度「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」で審査員特別賞を受賞した、箱田優子第一回監督作品『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が、第43回香港国際映画祭 ヤング・シネマ・コンペティション部門に正式出品され、3月28日(木)17:00(日本時間28日(木)18:00)ワールドプレミアとなる公式上映が行われました。

さらに上映後には箱田優子監督が登壇してのQ&Aで盛り上がりました。
日付:3月28日
場所:The Metroplexのスクリーン2
登壇:箱田優子監督

映画情報どっとこむ ralph 初の海外映画祭への参加となった箱田優子監督。
到着翌日からメディア取材が行われ、香港の印象を問われると

箱田監督:東京に似ていて、ひとつの価値観に囚われない多様性のある街だと思いました。映画で描いたような、田舎に住む人特有の他者との密な関係性がなく、都会ならではの希薄さが楽だったり、でも反面さみしかったりする。その2つが同居した面白い感情が生まれる場所だと感じました。香港で初めて作品が招待され、上映されることをとても光栄に思います。

と語った。


また、香港でも人気がある夏帆を主演に迎えたことについては

箱田監督:彼女のことは、子役の頃から知っている人が大勢いる。この映画で彼女のこれまでと、そしてこれからを感じてもらえるのではないか?と考えました。タイトルにもある通り、“時間”を描いた作品なので、彼女だからこそ主人公の砂田を演じてもらえると確信しました。

と力強く想いを語った。

映画情報どっとこむ ralph
3月28日(木)初の公式上映では、会場に入るための長蛇の列ができ、香港でも人気の劇場であるThe Metroplexのスクリーン2が熱心な映画ファンで埋めつくされた。満席で上映が始まると、夏帆演じる砂田とシム・ウンギョン演じる清浦の軽妙な掛け合いの場面では言葉の壁を越えて笑いが溢れ、また時にはすすり泣く声も聞こえた。

上映終了後、盛大な拍手が送られる中、Q&Aに箱田優子監督が登壇。

登場人物のリアルな心の動きを描いた作風について、どこまでが監督の実体験や自身の環境が反映されているのか?と質問が殺到。

箱田監督:モチーフは自らの環境に基づいているが、実は描いている事柄は全てフィクションです。

と言い会場を驚かせた。

また、劇中の女性キャラクターの造形がこれまでの映画にはない新しいものに感じたという質問について、

箱田監督:家族の中での女性が描かれる際に、ハッピーな印象の古き良き女性像が描かれがちだが、実は現代を生きる女性にとって、それはとても残酷なことになることもある。だからこそ従来の映画では女性のキャラクターが語らないことを語らせ、行動しないことを行動させる映画にしたかったのです。

と意図したことを話した。

また、劇中で使われた音楽や効果音については「これまで観たことがない映画音楽の使われ方であり、新しさを感じた」と、観客が口を揃えて感想を述べた。

箱田監督:脚本を書いた際に、通常の映画の尺には収まらないのでは?という意見もあったが、リズムやテンポをとても大事にしつつ、音楽ではやんちゃなこともやって、90分の作品に仕上げていきました。

と解説した。

早くも次回作への期待が高まる中、CMディレクターとして多忙な日々を過ごす箱田監督。長編映画のチャレンジを経て、クリエイターとしての変化があったか?を聞かれると

箱田監督:映画を撮る前と後では、明らかに変わりました。今回香港で、観客の反応を直接受けられたこともとても大きい。自らが女性であるからこそ、女性については常に興味を持っているし、今後も描いていきたいと思っています。『ブルーアワーにぶっ飛ばす』についても、主人公のとても身近で手の届く範囲を描きつつも、それがエンタテインメントと感じられるように気を配りました。観る人には、主人公が自分の周りにいるあの人がそうかも?と感じてもらいながら楽しんでもらえればうれしいです。

と、初の映画祭の参加を感慨深く振り返っていた。Q&Aが終わった後も、感想を伝えようと老若男女さまざまな映画ファンが監督のもとに殺到!サインを求められたり、一緒に写真撮影をしたりと、初めての上映にして監督のファンが早速生まれたようだ。



国を超えて観客に迎え入れられ、確かな手ごたえを感じたお披露目となった。今後も『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が世界に羽ばたいていくことを期待したい!

香港国際映画祭の授賞式は、現地時間31日(日)18:30~行われます。


映画情報どっとこむ ralph 『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

10月 全国公開!!


STORY
30歳の東京でCMディレクターとして働く砂田(夏帆)は、東京で日々仕事に明け暮れながらも、理解ある優しい夫もいて、満ち足りた人生を送っている…ように見えるが、口をひらけば毒づいてばかりで心は荒みきっている。
そんなある日、病気の祖母を見舞うため、砂田は自由奔放な親友・清浦(シム・ウンギョン)と共に、大嫌いな地元・茨城へ帰ることに。いつものようにたわいもない会話をしながら茨城へ向かう二人だが、実は清浦がついてくるのには理由があったー。

主演は『友罪』『ビブリア古書堂の事件手帖』など、清純派からシリアス役まで幅広い演技が絶賛されている夏帆。親友役は、『サニー 永遠の仲間たち』『怪しい彼女』など韓国で圧倒的な人気を誇るシム・ウンギョン。夏帆とシム・ウンギョンの、等身大で息の合ったコンビの演技合戦が見どころとなっている。ほかにも、渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作、でんでん、南果歩といった豪華俳優陣が脇を固めている。

***********************************


出演:夏帆 シム・ウンギョン 渡辺大知 ユースケ・サンタマリア 黒田大輔 嶋田久作 でんでん 南果歩

監督・脚本:箱田優子
製作:中西一雄 企画・プロデュース:遠山大輔 プロデューサー:星野秀樹 
撮影:近藤龍人 照明:藤井 勇 録音:小川 武 美術:井上心平 編集:今井大介 音楽:松崎ナオ

製作:「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会 製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 制作プロダクション:ツインズジャパン 
配給:ビターズ・エンド 2019年/日本/カラー/アメリカンビスタ/DCP5.1ch/92分  

(C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会



高杉真宙、加藤諒、渡辺大知がMIYAVIにマジビビリ!『ギャングース』初日舞台挨拶イベント


映画情報どっとこむ ralph 犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描いた映画『ギャングース』。
11月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなりました!

そして、その初日公開を記念して、都内で舞台挨拶イベントが行われ、主演の高杉真宙さん、加藤諒さん、渡辺大知さん、林遣都さん、山本舞香さん、篠田麻里子、MIYAVI、そして入江悠監督が登壇しました。


日付:11月23日(金)
場所:TOHOシネマズ 日比谷
登壇:高杉真宙、加藤諒、渡辺大知、林遣都、山本舞香、篠田麻里子、MIYAVI、入江悠監督

映画情報どっとこむ ralph
本作は講談社『モーニング』で連載していた同名の人気漫画を実写化した作品で、今年の1月からの撮影を振り返り、印象に残っているシーンを聞かれたサイケ役の高杉さんは、

高杉さん:最初のタタキのシーンです。霧も出て雰囲気が良くて、サイケも僕自身もすごくテンションが上がって“生きてる”って感じがした瞬間です。

と答えた。続いてタケオ役の渡辺さんは本作がアクション初挑戦となったが、

渡辺さん:綺麗なパンチやキックじゃなくて、しがみついたり必死な、リアルな喧嘩。泥臭いアクションができて良かったです!

と振り返った。また、本作でサイケたちと対峙する反グレ系組織のトップ・安達役のMIYAVIさんとのシーンについてカズキ役の加藤さんは、

加藤さん:MIYAVIさんは安達そのもの。オーラがすごくて、僕ら3人は演技じゃなくて本当にビビってました。カメラがカットになった瞬間、氷をガリガリ食べていて、まるで恐竜みたい、って話をしていました!

とMIYAVIさん本人を前に語り、会場は爆笑の渦に。


そんな安達役のMIYAVIは、

MIYAVIさん:前日にアクションをやると知って驚きました。でも、主人公達3人がまっすぐぶつかってきてくれたので、その心の骨をどう折るか考えながら安達を演じました。タケオが何気に力が強かった!

と言うと、渡辺さんは委縮しながらも

渡辺さん:すみません、MIYAVIさんからほとばしる想いがすごくて、気持ちで負けないように鼓舞してぶつかりました。

と語り、

MIYAVIさん:ミュージシャン同士なのでセッションしてた感じ。

と楽しそうに語った。
映画情報どっとこむ ralph 続けて、入江監督の前作『ビジランテ』から二度目の参加となる篠田さんは、

篠田さん:入江監督は人見知りみたいで、2作目にしてちょっとだけ目を合わせてくれるようになりました。入江監督は、自分の中のブラックな部分を引き出してくれて、人間の裏の見極める力がすごい。

と語った。本作で、サイケたちにタタキの情報を渡す情報屋で道具屋の高田役を演じた林さんは、

林さん:サイケたちの面倒を見ながらも裏社会の人間として、馴れ合いから一線引いた得体の知れなさを意識しました。高杉くんの鬼気迫る雰囲気に圧倒されないよう、高田として僕も上に立ちたかったので「殴っていい?」と聞いたら「なんでもきていいですよ」と答えてくれたので、撮影に臨みました!

とエピソードを語りました。

また、今回キャバ嬢のユキとしての出演した山本さんは
山本さん:キャバクラに行ったことはもちろんないけど、周りにいた本物のキャバ嬢の方をお手本に演じました。カットされたけど、高いピンヒールで走るシーンがあって本当に辛かった!

と幻の未公開シーンを暴露し、会場を沸かせた。漫画作品の実写化ということで、

入江監督:エンターテインメントだけど、社会の貧困などはリアルに描こうと絶対に決めていて、娯楽だけど生々しく。映画はキャスティングが7割というけど、本作はその一瞬に懸ける集中力がすごい人が本当に多くて。でも、今回ミュージシャンが多かったのはたまたまです。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

高杉さん:この話をいただいたときに、自分がいる世界なのにこの国の社会問題を知らないことが多く、衝撃を受けました。僕らはそれを伝えられる職業だから、それを演じて伝えていきたい。劇場を出るときに見える世界が変わってくれたら嬉しいです。

と映画のヒットと共に、未だ知られずにいる社会問題の認知を願い、イベントを締めくくった。


ギャングース』公開中!

gangoose-movie.jp

twitter:
@MovieGangoose

***********************************

高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)
林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太 金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI
監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SRサイタマノラッパー』シリーズ) 脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載) 製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ映像制作部+パイプライン
R15+
配給:キノフィルムズ 宣伝:キャノンボール
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社


イランの巨匠アミール・ナデリ監督×入江悠監督『ギャングース』スペシャル対談


映画情報どっとこむ ralph 現在開催中の第19回東京フィルメックスにて監督作が公開中の、イランの巨匠映画監督アミール・ナデリと、今月23日(金)から全国ロードショーとなる青春エンターテインメント映画『ギャングース』を手がけた入江悠監督のスペシャル対談イベントが行われた。

第19回東京フィルメックス
アミール・ナデリ監督×入江悠監督スペシャル対談

日付:11月19日
会場:有楽町朝日ホール スクエア
登壇:アミール・ナデリ監督、入江悠監督

映画情報どっとこむ ralph 入江監督の代表作でもある『SRサイタマノラッパー』『日々ロック』、『ギャングース』の大ファンだと言うナデリ監督はイベントが始まるや否や
ナデリ監督:入江監督はバランス感覚が鋭い。人物1人1人がちゃんと地に足が付いていて、『ギャングース』でもどのキャラクターも本当に実在していそうな人たちばかりだった。でもアクションシーンはきちんと商業的になっているんだよね。僕には撮ることができない作品だったよ。僕は自分には撮ることができない映画を好きになるんだ。

と大絶賛。さらに続けて

ナデリ監督:『日々ロック』もそうだったんだけど、入江監督は狂気的だったり暴力的なシーンがとても多いよね。これは入江監督の中にあるからなの?

と直球な質問が飛んでくると、

そうですね(笑)育ってきた場所や環境で培われたのかな?でも普段はあまり怒ったりしないので、そういう暴力性を映画で出しているのかもしれませんね。過剰でクレイジーなものが好きです。

と苦笑ながらに語った。

映画情報どっとこむ ralph その後もナデリ監督からの質問攻めは止まらず、映画オリジナルキャラクターで主人公3人たちと生活を共にすることになる、孤独な少女ヒカリについては
入江監督:主人公たちが親と過ごせなかったので、僕たち世代でその問題をどうにかしたい、と考えさせたくって登場させました。

と説明すると

ナデリ監督:素晴らしい!彼女が居ることで物語が我々に歩み寄ってくれている

と解説。さらに

ナデリ監督:東京国際映画祭で出演者たちを舞台上で見たときに、映画で演じているキャラクターと正反対の方たちばかりだと思った。そういう真逆の俳優に演技を付けられるのは入江監督の手腕。ところで今回は漫画が原作だけど、脚本を書くとき悩んだよね?

とべた褒めしながらの質問には

入江監督:書くときに、やりすぎか?漫画的すぎるか?とは悩みましたね。僕は書くときに困ったら、撮影予定の場所に行くようにしていますよ。実際に役者がそこにいると想像するようにしています。

と答えると、ナデリ監督は満足そうに頷いた。

映画情報どっとこむ ralph イベント冒頭から質問攻めにあっていた入江監督だが、ナデリが自身の映画作りについて

ナデリ監督:僕は最初は現実を描いて、途中から空想の物語になり最後に現実に戻すようにしています。

と語り始めるとすかさず

入江監督:僕もそうしていますが、それって難しいですよね?どうやれば上手くいくんですかね?

と身を乗り出すも、ナデリは「経験!」と一刀両断し、会場は笑いに包まれた。

最後に「次はどういう映画を撮るの?」と興味津々にナデリから聞かれ

入江さん:いやまだ『ギャングース』も公開されていないので…。

と答えをはぐらかしたが、

ナデリ監督:大ヒット間違いないよ!たくさんお金入ってくるから次作も考えないとね。

と満面の笑みを浮かべるも、

入江さん:いや『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』という作品が同日公開であるんですよ(笑)

と会場の笑いを誘った。
映画情報どっとこむ ralph 映画『ギャングース』は11月23日(金)全国ロードショー。

公式HP:
gangoose-movie.jp

twitter:
@MovieGangoose

犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描き、モーニング誌で2013年から2017年まで連載され、読者アンケートでは常にベスト5をキープし続けるなど高い人気を獲得した青春漫画の実写化。『22年目の告白-私が殺人犯です-』』(17)の入江悠が監督・脚本を手がけた。親も、金も、学もないサイケ・カズキ・タケオ3人の少年。彼らが生き抜く為につかんだ仕事は、裏稼業や悪徳業種の収益金を狙う「タタキ」稼業。ある日、偶然にも振り込め詐欺のアガリ(収益金)の隠し場所を知った3人。それは最強の犯罪営利組織カンパニーとして台頭する半グレ「六龍天」のものだった。身元がバレないよう慎重にタタキを繰り返すも、あることから3人の身元がバレ、絶体絶命の状況に追い込まれてしまうが・・。社会の底辺を生きる人々の映画やクライム・ムービーには定評のある入江悠が監督・脚本を手掛けた。犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描いた青春エンターテイメント・ムービー。
***********************************


高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)
林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太 金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI
監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SRサイタマノラッパー』シリーズ) 脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載) 製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ映像制作部+パイプライン
R15+
配給:キノフィルムズ
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS
©肥谷圭介・鈴木大介/講談社