「渡辺一志」タグアーカイブ

市原隼人『サムライせんせい』薩長土肥初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画「サムライせんせい」が、11月18日(土)より薩長土肥での上映をスタートさせました。

映画史上初の北上公開と銘打ち、本作の主人公・武市半平太の生誕の地、高知に加え、山口県、佐賀県、鹿児島県の4県が、平成の連合を組み、幕末維新150周年記念作である本作を盛り上げます。
記念すべき、4県の初日舞台挨拶には、主演の市原隼人と渡辺一志監督が登壇しました。

日時:11月18日(土)
場所:TOHOシネマズ高知
登壇:市原隼人、渡辺一志監督

映画情報どっとこむ ralph 本作は、幕末・明治維新150周年記念作品として製作されます。原作は、黒江S介の同名漫画「サムライせんせい」(原作:黒江S介/リブレ刊)。物語は、歴史の教科書でお馴染みの幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太がタイムスリップした現代日本で学習塾を手伝うことで繰り広げられる痛快なストーリーです。

サムライ姿ではなく、平成スタイルで登壇した市原隼人さんは、半平太を演じるにあたり、事前に武市半平太の書籍を片っ端から読破したという裏話を披露してくれた。本作での半平太役について聞かれると、

市原さん:いきなり半平太が現代にやってきて、犬を連れているおばちゃんに驚いたり、お巡りさんに追いかけられたりと、現代の様子に戸惑うシーンは楽しく演じました。時代ものという点では、“大儀”を持って生きてきた人物なので、そこがとても好きでした。天命というか<やるべきことがある>という生き方に惹かれるところがありました。半平太は絵に描いたような武士で、古き良き日本人の誇りを持っている人物だと思いながら演じていました。

と半平太への思いを馳せるような表情を見せながら静かに語りました。

映画情報どっとこむ ralph 坂本竜馬を演じた忍成修吾さんについては

市原さん:17年間の知り合いなので、お兄ちゃんのような感じでとても楽しかったです。」と旧知の関係であったことを明かし、半平太を助ける佐伯老人を演じた橋爪功については「橋爪さんが居酒屋をやっていたら、行ってみたいな。じっくり話を聞いてみたいなと(笑)。現場では、勉強させていただける佇まいでいらっしゃって、背中を見ながらついていこうと思っていました。

と述べました。

一転、半平太の妻を演じた奥菜恵さんについては、中学生の頃からファンだったことを明かし、終始照れ笑い。

市原さん:実はファンでして、今回初めて共演させていただき、しかも妻役ということで、一番緊張しました。とても嬉しかったです。

と語り、会場の女性ファンは嫉妬!?

また、若手の押田岳さん、武イリヤさんに関しては、

市原さん:とても真っすぐで、ピュアで、いろんなことを話しながら仲良くやりました。もう一度、彼らのような真っすぐな世代に戻りたいなと思ってしまいました。

と優しい先輩としての感想も。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

市原さん:映画は作られているときは監督のもの、カメラの前では役者のものですが、皆さんに見ていただいた瞬間に観客のものとなります。まずは高知の皆さんにご覧になっていただき、胸の中に大切にしまい、可愛がっていただけることを願っています。

と述べ、深々と頭を下げた。
映画『サムライせんせい

は絶賛北上上映中!大阪、来春公開決定!!

公式サイト:samuraisensei.com


物語・・・
幕末からタイムトラベルで現代へやってきたちょんまげの侍。それは幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太。

尊王攘夷か公武合体かで国論が揺れていた幕末期、失脚して、投獄の身であった土佐勤王党盟主の半平太がふと目覚めると、そこは何故か平成の日本。ひょんなことで学習塾を経営する老人・佐伯に助けられ、佐伯の好意によって佐伯家に居候することになる。

半平太は、幕末と平成との間の様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、サムライの格好のまま、佐伯の経営する学習塾を手伝うことに。当初は、子どもたちや町の人々から好奇の目で見られたりしたものの、持ち前の真面目さや温厚な人柄で、人々の信頼を得てゆく。

平成の世の中での暮らしに、なんとかなじめてきたある日、楢崎梅太郎と名乗るジャーナリストが半平太を訪ねてやってくる。楢崎の正体は、半平太の盟友にして幕末の英雄・坂本竜馬だった!

***********************************

出演:市原隼人 / 忍成修吾、奥菜恵、押田岳・武イリヤ / 橋爪功 他

監督:渡辺一志
製作:ヴァンブック
配給:ピーズ・インターナショナル
ⒸMovie ver. Master SAMURAI. and ⒸEsusuke Croe / Libre 2017 All Rights Reserved.
    


薩長土肥先行公開決定!市原隼人主演最新映画『サムライせんせい』


映画情報どっとこむ ralph 幕末を生きた武市半平太が時空を超えて巻き起こす、痛快物語!
この度、東京公開を2018年新春に控える市原隼人主演最新映画『サムライせんせい』がいよいよ薩長土肥(鹿児島県、山口県、高知県、佐賀県)を皮切りに先行公開となります。
そして先行公開を記念し、主人公・武市半平太を演じる市原隼人が半平太の扮装で本作を紹介するコメント映像が解禁です。

自分の志を決して曲げず、日本国をより良い国にしたいと短い生涯を奔走した武市半平太の熱い思いを背負い、平成の時代にタイムスリップした半平太を演じた市原が本作の見どころについて初めて語りました。


いよいよ映画史上初の北上公開を引っ提げて、半平太旋風を巻き起こします。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
幕末からタイムトラベルで現代へやってきたちょんまげの侍。それは幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太。

尊王攘夷か公武合体かで国論が揺れていた幕末期、失脚して、投獄の身であった土佐勤王党盟主の半平太がふと目覚めると、そこは何故か平成の日本。
ひょんなことで学習塾を経営する老人・佐伯に助けられ、佐伯の好意によって佐伯家に居候することになる。
半平太は、幕末と平成との間の様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、サムライの格好のまま、佐伯の経営する学習塾を手伝うことに。当初は、子どもたちや町の人々から好奇の目で見られたりしたものの、持ち前の真面目さや温厚な人柄で、人々の信頼を得てゆく。

平成の世の中での暮らしに、なんとかなじめてきたある日、楢崎梅太郎と名乗るジャーナリストが半平太を訪ねてやってくる。
楢崎の正体は、半平太の盟友にして幕末の英雄・坂本竜馬だった!

映画『サムライせんせい

公式サイト:
samuraisensei.com

11月18日(土)TOHOシネマズ高知他、薩長土肥先行公開
2018年新春東京、来春大阪、公開ほか、全国北上公開

***********************************

出演:市原隼人 / 忍成修吾、奥菜恵 / 押田岳・武イリヤ / 橋爪功 他   
監督:渡辺一志
原作:「サムライせんせい」(著者:黒江S介/リブレ刊)
製作:ヴァンブック
配給:ピーズ・インターナショナル
上映時間:93分(予定)
ⒸMovie ver. Master SAMURAI. and ⒸEsusuke Croe / Libre 2017 All Rights Reserved.