「渋川清彦」タグアーカイブ

元欅坂46 今泉佑唯 映画初出演『酔うと化け物になる父がつらい』Q&A到着!


映画情報どっとこむ ralph 秋田書店のWebサイト・チャンピオンクロスにて連載され圧倒的な反響を呼んだ家族崩壊ノンフィクション「酔うと化け物になる父がつらい」(菊池真理子著)。

原作は、アルコールに溺れる父を持つ作者の実体験によるコミックエッセイ。父は毎日アルコールに溺れ、母は新興宗教信者。そんな両親のもとに生まれた主人公は、酔って化け物となった父の奇行に悩まされ、母の孤独に触れながら、崩壊していく家族の中で、がむしゃらに未来を見つけていく…。

毎晩お酒に酔っぱらい化け物となって帰ってくる父の姿をユーモラスに描きながらも、家族が迎える衝撃の展開とラストに「涙が止まらない」と話題になった。


先日の映画化決定&松本穂香×渋川清彦のダブル主演解禁、母親役にともさかりえの出演発表に続き、この度、松本穂香演じる主人公田所サキの妹・田所フミ役に今泉佑唯が出演決定!
なお、今泉にとってはこれが映画初出演となる。初めて映画撮影を乗り越え「ほっとしている」という今泉。現場では、姉役の松本穂香にアドバイスをもらっていたと明かし、「本当のお姉ちゃんのような存在」だったという。松本との息ぴったりの姉妹役にもぜひご期待いただきたい。

映画情報どっとこむ ralph 今泉演じる田所フミは、酔うと化け物になる父、新興宗教の母という両親のもとで育ち、壊れゆく“家”の中でも笑顔を絶やさず、家族を明るく照らし続ける役柄だ。母・田所サエコが起こす“ある事件”に直面し、そして酔っ払った父の奇行を前にしても、動揺する姉を明るく支え続ける姉思いの人物。そんな彼女は、自身の快活さと利発さで周囲からも人気を集める。

今泉も映画初出演での大役ながら、持ち前の明るさと利発さでもって体当たりで挑み、見事に「ハマり役」となった。

映画情報どっとこむ ralph <今泉佑唯 Q&Aコメント>

Q1今回が映画初出演ということですが、現場を終えられての心境をお聞かせください。

今泉さん:分からないことだらけで初日から躓いてしまい、不安でいっぱいでしたが、無事に終えることができて少しほっとしています。

Q2つらい局面でも明るくふるまう田所フミ役を演じられてみて、いかがでしたか?

今泉さん:自分自身とほんの少しだけ重なる部分があり、共感できたり、でもいつも明るく振る舞うフミちゃんにどこか胸が苦しくなってしまう場面もありました。


Q3松本穂香さんとの姉妹役での共演はいかがでしたか?

今泉さん:緊張している私を見て優しく声を掛けてくださったり、アドバイスをしてくださって嬉しかったです。本当のお姉ちゃんのような存在でした。

Q4最後に、映画を楽しみにお待ち頂いている皆様にメッセージをお願いします

今泉さん:お酒が好きな人、そうでない人。 人それぞれですがこの映画を観てきっと共感できる部分がたくさんあると思います。 ぜひ、観ていただけると嬉しいです。



『酔うと化け物になる父がつらい』

2019年度全国公開予定

映画公式HP:
http://youbake.official-movie.com

映画公式Twitter:
@youbake_movie

***********************************


出演:松本穂香 渋川清彦 今泉佑唯 ともさかりえ
監督:片桐健滋(映画&ドラマ『ルームロンダリング』)
脚本:久馬歩(プラン9)、片桐健滋
原作:菊池真理子『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店刊)
制作プロダクション:CREDEUS
制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー、MBS
製作:「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会
配給:ファントム・フィルム
「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会


池袋シネマ・ロサに稲垣吾郎降臨!映画『半世界』感謝の至近距離舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画『半世界』は2月15日(金)に公開を迎え、日頃の感謝の思いを込め老舗劇場でもあり、できるだけ至近距離で観客の皆さまを出演者がお迎えしたいと言う思いから、 池袋 シネマ・ロサにて、主演・稲垣吾郎さんと渋川清彦さんによる舞台挨拶が行われました。


日付:2月24日(日) 
場所:池袋 シネマ・ロサ
登壇:稲垣吾郎 渋川清彦

映画情報どっとこむ ralph 注意!超ネタバレなので、映画の内容、知りたくない方は写真だけお楽しみください!


割れんばかりの拍手と歓声の中現れた稲垣さんと渋川さん。

稲垣さん:マイク必要ないんじゃない?
と、言うほど至近距離での舞台挨拶。

稲垣さん:皆さんこんばんわ!!!凄い距離間で。圧倒されています。映画館もDEEPで素敵。僕も大好きな映画館です。皆さん観ていただいたのですよね。映画が終わって拍手があったと聞いて安心しました。皆さんとの楽しい時間を過ごせればと思っています。
と語る稲垣さんの言葉一つ一つにファンが反応。


渋川さん:これだけ真近で稲垣さんを見られることは無いと思うので、皆さん、よーく見ていってください!(爆笑)ロサいいですよね。バミリがいつも付箋でいいですよね。

稲垣さん:舞台挨拶の時は、いつも景色がどうなのかわからないんですけど。今日は・・・圧倒されています。
実際、柵の代わりに僕ら記者が置かれてる感じの近さ。池袋のロケーションも建物も映画館の内装も、古き良き昭和テイストの貴重な映画館。

渋川さん:タイムスリップ感がね。いいです。最近は来ていませんが、Deepな作品がかかるのでよく来ていました。

稲垣さん:落ち着きます。

と語ります。

映画情報どっとこむ ralph
公開1週間経って、お葬式のシーンが、神秘性に満ちていて評判。棺に入ってみて

稲垣さん:動いちゃいけないのが重要で。昔「二十歳の約束」と言うドラマで、最後海で死ぬのですが、よく見ると目が動いていて。月9初でですよ。編集室で問題になったようなんです。だから今回は気を付けました。

渋川さん:お腹が動かないように、息をするようにしてますよ。僕、死体役結構多いんで。(大爆笑)殺すのも殺されるのもですけどね。運動に近い。

と、場数の多い渋川さんは職人芸の様な死体の役造りを披露。稲垣さんは倒れるシーンで

稲垣さん:監督に結構アドバイスいただいて。映像見たら。。。。結構良かったです。苦しそうだったから。

と自画自賛。


渋川さんは、場を盛り上げるような役どころ。役作りは・・・

渋川さん:苦労したところは無かったですね。
稲垣さん:酔っぱらうシーンは?どうやってます?難しいですよね。

渋川さん:大先輩の石橋蓮司さんとかを見ていると。堂に入ってるので、ああいうのを見て参考にしてます。街中の飲み屋でも、周りよく見てます。

稲垣さん:僕は酔っぱらっても、ステレオタイプの酔っぱらいにならないタイプなので。でも、お芝居ではやらないとですものね。蓮司さん参考にします。

と酔っ払いシーンのネタで暫く盛り上がり、楽しかった撮影時を振り返りました。


映画の中で、サンマを投げつけられるシーンがあって、実は監督の知り合いの方の実話。と言うことで、人生で何か投げつけられたことはと言う質問に

稲垣さん:渋川さんは修羅場多いですか?

渋川さん:多くはないですが・・・我々ぐらい生きてれば何回かはね。あります。

稲垣さん:物はないかな。。。。サンマ飛んでくるって。

渋川さん:稲川さんは昔灰皿投げたりしてましたが。

稲垣さん:今は無くなりましたよね。問題になっちゃいますからね。物投げられたことないな。。。でも、女性に殴られたことはありますけどね。
と、爆弾発言!記事にしていいと稲垣さんがおっしゃっていたので掲載。どんなシチュエーションだったのか気になるところ。

映画情報どっとこむ ralph 長谷川さんや池脇さんとの共演に関しては

稲垣さん:楽しかったですよ。うーん。映画で見てる人たちだったので。今後につなげられたらと思いますね。渋川さんとは次回作でも共演しましたしね。新宿・池袋で撮影しましたね。

渋川さん:そうですね。後2丁目のクラブとかでも撮影しましたね。

と、既に再共演をされていると話すお二人。


ここで、お客さんのフォトセッション。メッチャ連射音とカッコイイ!吾郎ちゃーんの声で包まれます。

その後、お客さんバックのフォトセッション。

最後に、
稲垣さん:今日はありがとうございました。この距離って凄いですよね。きっとここに来れなかった人もいるかと思いますので、SNSなどで拡散して、映画も広めて下さい!またお会いしましょう!

と、イベントを締めました。

映画情報どっとこむ ralph 半世界

2月15日 TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー

本作品は阪本順治監督による完全オリジナル脚本、人生折り返し地点を迎えた男性たちのリアリティにあふれた作品です。稲垣吾郎を主演に長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦、という映画ファン必見の豪華俳優陣の共演が実現。悩み多き39歳という人生の折り返し地点を迎えた男性3人が人生半分を振り返る中、家族や友人との絆などあらためて大切なものに気づかされていく“愛”と驚き“がぎゅっと詰まった映画となっています。


***********************************

脚本・監督:阪本順治

出演:稲垣吾郎 長谷川博己 池脇千鶴 渋川清彦 小野武彦 石橋蓮司

配給:キノフィルムズ
©2018「半世界」FILM PARTNERS 
  


新宿と言えば冴羽凌か、この人!? 『新宿タイガー』予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph 新宿で40年以上、虎のお面を被ってド派手な格好をし、 新聞配達をしている男を知っているだろうか?

その男、人呼んで“新宿タイガー”!

新宿タイガーとは一体何者か、そして、 その新宿タイガーを受け入れる“新宿”の街が担ってきた歴史的役割とその魅力に迫ったドキュメンタリーが完成!


監督は、南カリフォルニア大学を卒業し、劇映画『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』(2016)が、釜山国際映画祭ニューカレンツ部門や大阪アジアン映画祭など国内外で絶賛された佐藤慶紀(よしのり)。

この度、予告編とご出演の新宿タイガーさんのコメントが解禁となりました。

本ドキュメンタリーに登場するのは、俳優の渋川清彦、八嶋智人&宮下今日子夫妻、女優・文筆家の睡蓮みどり、井口昇監督など著名人のほか、長年彼を知る、新聞販売店関係者や、1998年のオープン時と2012年のリニューアル時のポスターにタイガーを起用したTOWER RECORDS新宿店の関係者など。

ナレーションは、女優の寺島しのぶが務めています。

映画情報どっとこむ ralph ■新宿タイガー(出演)コメント
自分のドキュメンタリー映画ができるなんて、夢みたいな話です。奇跡に等しいです。新宿の珈琲西武で3時間のインタビューを3回やりました。去年は36回密着され、地球が回るくらい映像を撮っていました。 完成した作品を観て、感無量です。愛と夢と感動をありがとう。こういう素晴らしい映画には自分自身もめったにお目にかかれないです。 本作は、新宿の歴史の中に自分を入れてくれたから、生の迫力があります。リアル以上のリアルでした。 新宿は大好きな街です。新宿でなかったらタイガーは生まれていなかった。
映画情報どっとこむ ralph 本作は、3月8日から17日まで開催される第14回大阪アジアン映画祭のインディ・フォーラム部門に正式出品されることが決定しました。インディ・フォーラム部門は、気鋭監督による斬新で挑戦的な作品を上映する部門。

本作の上映は、
3月10日(日) 16:15~ シネリーブル梅田3
3月14日(木) 18:30~ シネリーブル梅田3

映画情報どっとこむ ralph 『新宿タイガー』

公式サイト:
http://shinjuku-tiger.com/  

公式Twitter:
@shinjuku_tiger1 


【STORY】 
東京のエンターテインメントをリードする街・新宿。
1960年代から1970年代にかけ、新宿は社会運動の中心だった。
2018年、この街には“新宿タイガー“と呼ばれる年配の男性がいる。彼はいつも虎のお面を被り、ド派手な格好をし、毎日新宿中を歩いている。
彼は、彼が24歳だった1972年に、死ぬまでこの格好でタイガーとして生きることを決意した。1972年当時、何が彼をそう決意させたのか?
彼が働く新聞販売店や、1998年のオープン時と2012年のリニューアル時のポスターにタイガーを起用したTOWER RECORDS新宿店の関係者、ゴールデン街の店主たちなど、様々な人へのインタビューを通じ、虎のお面の裏に隠された彼の意図と、一つのことを貫き通すことの素晴らしさ、そして新宿の街が担ってきた重要な役割に迫る。
***********************************

出演者
新宿タイガー
寺島しのぶ(ナレーション)
八嶋智人 渋川清彦 睡蓮みどり 井口昇 久保新二 石川ゆうや 里見瑤子 
宮下今日子 外波山文明 速水今日子 しのはら実加 田代葉子 大上こうじ、他

スタッフ
監督・撮影・編集:佐藤慶紀
企画:小林良二 プロデューサー:塩月隆史 撮影:喜多村朋充 写真:須藤明子
音楽:LANTAN  制作:Aerial Films
配給:渋谷プロダクション
製作:「新宿タイガー」の映画を作る会
©「新宿タイガー」の映画を作る会


稲垣吾郎、バレンタインデーに池脇千鶴へバラ40本贈る!『半世界』先行公開舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、2月15日(金)より公開となる映画『半世界』では、2月14日(木)の19時より全国75館中継舞台挨拶つき先行上映が行われ、主演の稲垣吾郎さん、池脇千鶴さん、渋川清彦さん、阪本順治監督が登壇しました。

日程:2月14日(木) 
場所:TOHOシネマズ日比谷 スクリーン12 
登壇:稲垣吾郎、池脇千鶴、渋川清彦、阪本順治監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手に迎えられてキャストと監督が登場。

稲垣さん:皆さんこんばんわ!生中継のカメラがあるので緊張しますね。ちょうど1年前に撮影がスタートして、大切に育て上げた映画がこうして皆さんにお届け出来るのを嬉しく思っています。

池脇さん:こんなに沢山の方が見に来てくださってありがとうございます。

渋川さん:明日から公開。自分大好きな素晴らしい作品なのでよろしくお願いします!稲垣さんと長谷川さんの同級生役で、中学時代のスター二人に挟まれて、ふつうの間を取る役。普段も間を撮ることが多いので、やり易かったです!

阪本監督:キャンペーンまわっていて、皆さんに聞かれるのがなぜ稲垣吾郎を炭焼き職人なの?と。それは彼に新しい世界を見て欲しかったから。それは僕も、共演者にも新しい景色だったと思います。観ていただいて皆さんにも新しい景色だったら嬉しいです。

と、其々ご挨拶。


夫婦役の二人は。。。お芝居では「はじめまして!」で撮影開始し、あまり話すこともなく自然に分かり合えたようで、

稲垣さん:お母さんでそこに居てくれたので。。。

池脇さん:お父さんでしたよ!不器用なね。
と、なかなか良い雰囲気のお二人。乗って来た稲垣さん

稲垣さん:ふたりでコメディーやりたいな。監督!

と監督に振ると

阪本監督:僕シリアス派だから・・・ダメ。

と、バッサリ。

映画情報どっとこむ ralph 稲垣さんの不器用な役にちなんで、皆さん其々に不器用だなと思う人を指さすことに。


監督は稲垣さん!

阪本監督:器用な人は時代の潮流ばかり追いかけて、短命。やっぱり、器用さがあればこんなに残っていない。吾郎は器用な人好きじゃないでしょ?

とのコメントに、戸惑う稲垣さん。

稲垣さんは渋川さん!

稲垣さん:監督と迷いましたが・・渋川さんでしょ。なんか、武骨な感じかな不器用と言うより。
稲垣さんにまっすぐみられ、照れる渋川さん。

渋川さんは監督!

渋川さん:うーーーーん。説明できないけど。

稲垣さん:監督は優しいのに。怖く思われちゃいがち。作品のイメージもあるけど。

阪本監督:あれは、監督を演じてるんですよ。

と強面な監督。

池脇さんは自分をチョイス!すると、稲垣さんはすかさず
稲垣さん:池脇さんは器用でしょ!

池脇さん:皆さん大人で、ちゃんとしてるので、この中だと不器用なのは私かなと。

とやっぱり一番大人な池脇さん。

映画情報どっとこむ ralph ここで、バレンタインデーと言うことで、サプライズで稲垣さんが20本づつの赤とピンクの薔薇を、池脇さんと気持ちは全国の奥様方にプレゼント。

稲垣さん:ハッピーバレンタイン!お似合いです。

世のアラフォー男子にお花を贈るときのアドバイスを求められ

稲垣さん:贈る相手にあわせてイメージしてください!その人のことを想って。

最後に・・・

稲垣さん:明日、2月15日に『半世界』公開です。監督が最初に言っていた通り、新しい景色を見せてくれた作品になりました。これから皆さんと新しい景色を見ていきたいです。この『半世界』を期にいろいろな作品に出ていきたいと思います。、
と、締めました。

『半世界』

2月15日 TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー


本作品は阪本順治監督による完全オリジナル脚本、人生折り返し地点を迎えた男性たちのリアリティにあふれた作品です。稲垣吾郎を主演に長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦、という映画ファン必見の豪華俳優陣の共演が実現。悩み多き39歳という人生の折り返し地点を迎えた男性3人が人生半分を振り返る中、家族や友人との絆などあらためて大切なものに気づかされていく“愛”と驚き“がぎゅっと詰まった映画となっています。

***********************************

脚本・監督:阪本順治
出演:稲垣吾郎 長谷川博己 池脇千鶴 渋川清彦 小野武彦 石橋蓮司

配給:キノフィルムズ
©2018「半世界」FILM PARTNERS 


稲垣吾郎x阪本順治監督 映画『半世界』“半分半分”ポスター完成!


映画情報どっとこむ ralph 2月15日(金)より公開映画『半世界』の、“半分半分”ポスターが完成しました!

タイトルが“半分”になった、2枚そろって初めて完成する“半分半分”ポスターとなっております。

左側のポスターでは、人生折り返しを迎えたアラフォーの元同級生が夜の海で、少年のように笑い転げているビジュアルです。
稲垣吾郎扮する炭焼き職人の紘は、妻からの風当たりが強く、息子は反抗期、仕事はしんどく、長谷川博己演じる元自衛官の瑛介は、妻子と別れて地元に戻ってきた訳ありの元同級生、渋川清彦演じる光彦は、未だ独身の元同級生。そんな悩み尽きない男たちの、ひとときの童心あふれる友情を切り取ったシーンになります。


右側のポスターはセリフ違いで2種類存在します。

夜の海で語り合った3人の男たちが迎えるであろう夜明けをイメージしたビジュアルとなっています。さらにそれぞれのポスターでは、異なるセリフを用いています。これらのセリフの共通点は「海での思い出を語っている」という点です。

セリフには、物語の本質である「人生はいつどうなるかわからない、だからこそ一日一日を大切に後悔しないように」という裏メッセージが込められています。右側の2種類のポスターは、どの駅にあるかはぜひ確かめてみてください!

本作は、男たちが人生“半分”を振り返る中、大切なものに気づかされていく“愛”と驚き“がぎゅっと詰まった映画となっています。

第31回東京国際映画祭で観客賞を受賞した阪本順治監督の円熟の感動作です!

***********************************

脚本・監督:阪本順治
出演:稲垣吾郎 長谷川博己 池脇千鶴 渋川清彦 小野武彦 石橋蓮司
©2018「半世界」FILM PARTNERS
配給:キノフィルムズ