「渋川清彦」タグアーカイブ

映画版「柴公園」スペシャルメイキング映像到着


映画情報どっとこむ ralph 2019年6月14日(金)公開の映画「柴公園」のスペシャルメイキング映像が公開となります。

本作はおっさんたちが、街の公園でダラダラとしゃべるだけの会話劇。
渋川清彦、大西信満、ドロンズ石本扮するおっさん3人の共通点は、古い街に突如建ったタワマンに越してきた新参者で柴犬を飼っていること。朝夕犬の散歩で顔を合わせるが、お互いの名前も知らず愛犬の名前に“パパ”とつけ呼び合い、素性を深く詮索しない適度な距離感で繋がっている。が、故に普段思っている事を何でも話せる関係性。

公開されたメイキング映像には、

撮影の舞台裏と渋川ら出演者のインタビューが収められている。撮影中は毎日セリフに追われていたという渋川は、「朝は5時に起き、撮影が終わって夜9時・10時に寝る生活。ちょっと時間があれば台本を見て、それ以外は何もしていない。」と撮影期間中のストイックぶりを明かした。また、映像の後半では、渋川や石本が犬と楽しそうに遊ぶ姿も切り取られ、本当の飼い主のように接していることも伺える。


映画情報どっとこむ ralph 映画版「柴公園」

は6月14日(金)に全国のイオンシネマ、シネマート新宿ほか全国公開。
映画版「柴公園」 ストーリー
犬、ダベリ、そして恋!?おっさんの憩いの場に異変が巻き起こる!?
ある街の公園。柴犬を連れてやって来る3人のおっさん、あたるパパ(渋川清彦)、じっちゃんパパ(大西信満)、さちこパパ(ドロンズ石本)は、日々壮大な無駄話を繰り広げていた。ある日、3人の中で唯一独身のあたるパパに恋の予感が。相手は真っ白な柴犬・ポチを連れたポチママ(桜井ユキ)!?もどかしいふたりを応援するじっちゃんパパとさちこパパだったが、あたるパパが謎のイケメン(水野勝)と密会しているのを目撃。イケメンの正体を探るべく、聞き込み調査をするふたりだが、さっぱり要領を得ない。一方、豆柴の一郎をあたるパパに預けていた中年ニートの芝二郎(佐藤二朗)が、そろそろ一郎を返して欲しいとあたるパパに連絡をしてくる…。

***********************************


渋川清彦
大西信満 ドロンズ石本 桜井ユキ 水野勝 松本若菜 
寺田農 山下真司 佐藤二朗

監督:綾部真弥 製作総指揮:吉田尚剛 企画/脚本:永森裕二 プロデューサー:岩淵規 撮影:伊藤麻樹 
照明:藤森玄一郎 録音:井家眞紀夫 装飾:うてなまさたか 衣裳:岡本佳子 ヘアー•メイク:佐々木愛 小道具:古澤 禅 
助監督:石田和彦/田口 桂 動物トレーナー:ZOO動物プロ 制作担当:田中清孝 編集:岩切裕一 劇伴:沢田ヒロユキ 
カラリスト:今塚 誠 ポスプロ:キュー・テック
主題歌:「カンタンアイテラス」(AMG MUSIC)作詞・作曲:坂本英三 歌:岡部力也
制作プロダクション:メディアンド 企画・配給:AMGエンタテインメント 配給協力:イオンエンターテイメント
製作:「柴公園」製作委員会 (C)2019「柴公園」製作委員会


『閉鎖病棟―それぞれの朝―』追加キャスト&コメント解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、精神科医を務めながら、映画化もされた『三たびの海峡』、吉川英治文学賞・中山義秀文学賞ダブル受賞の『守教』など珠玉の人間ドラマを生み出してきたの山本周五郎賞受賞作『閉鎖病棟』(新潮文庫刊)が、『愛を乞うひと』『エヴェレスト 神々の山嶺』の平山秀幸監督・脚本により映画化。

『閉鎖病棟―それぞれの朝―』のタイトルで、2019年11月1日(金)に全国ロードショーが決定しました。

原作の『閉鎖病棟』は95年に発売され、丸善お茶の水店に掲げられた「感動のあまりむせび泣きました…」というPOPが起爆剤となり、累計85万部を超す大ベストセラーとなっています。

主演は国民的芸人・笑福亭鶴瓶。

死刑囚でありながら、刑の執行が失敗し今は精神科病棟にいる秀丸役を演じ、『ディア・ドクター』以来10年ぶりの主演を務めています。また、秀丸と心を通わせる患者・チュウさん役で『そこのみにて光輝く』『新宿スワン』の綾野剛、父親からDVを受け精神科病院に入院する女子高生・由紀役で『渇き。』『恋は雨上がりのように』の小松菜奈が迫真の演技を見せています。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、この優しき人間たちのドラマを彩る、個性豊かなキャスト5名が新たに情報解禁となりました!

患者たちを優しくも厳しい態度で常に見守る看護師長・井波役を演じるのは、『かもめ食堂』『紙の月』などで独特の存在感を発揮する小林聡美。衝動的に暴力を振るい、周囲から煙たがられている患者・重宗役に、2018年の映画出演は14本を数え、日本映画界で引く手数多な俳優のひとりと言われる渋川清彦。話すのが不自由な一方で、カメラを得意とし、チュウさんを慕う健気な患者・昭八役に挑むのは、『十二人の死にたい子供たち』で頭角を現し、2020年公開『峠 最後のサムライ』にも出演を果たす、ブレイク必至の若手・坂東龍汰。たび重なる病院内の事件にも冷静に対応する医師・大谷役に扮するのは、『ハッシュ』『そこのみにて光輝く』などで披露した演技の幅の広さに定評のある高橋和也。折々家族のもとへ外泊し、他の者たちから羨望の眼差しで見られる患者・サナエ役を、『愛しのアイリーン』でみせた圧倒的な演技が記憶に新しい木野花。

秀丸(笑福亭鶴瓶)・チュウさん(綾野剛)・由紀(小松菜奈)を取巻くキャラクターたちに、演技派・個性派の競演陣が集結しました。

精神科病棟を舞台に、“死にぞこない”が出逢った、心通いあう仲間。その矢先に起きた事件に隠された事実とは―――。

映画情報どっとこむ ralph <衝撃のストーリー>と<号泣のヒューマンドラマ>にご期待ください。

【登場人物】 
◆梶木秀丸(かじき・ひでまる)<笑福亭鶴瓶>
生き永らえた元死刑囚。
◆塚本中弥(つかもと・ちゅうや)[チュウさん]<綾野剛>
幻聴に苦しむ元サラリーマン。
◆島崎由紀(しまざき・ゆき)<小松菜奈>
DVを受ける女子高生。

―以下解禁キャスト― ※コメントあり
閉鎖病棟
◆井波(いなみ)<小林聡美>
看護師長。患者たちを優しくも厳しい態度で常に見守る。
コメント:看護師役としてただ単に患者に優しくするのではなく、患者と一定の距離感と理解を持って接することを常に意識し役に
入って行きました。

◆重宗(しげむね)<渋川清彦>
患者。衝動的に暴力を振るい、周囲から煙たがられている。
コメント:純度の高い平山監督の映画に参加出来、体験させてもらった事が大変ありがたく思います。素晴らしい日々でした。そし
て鶴瓶さんに御馳走していただいた焼肉屋の夜は忘れません。是非劇場で観てください。

◆丸井昭八(まるい・しょうはち)<坂東龍汰>
患者。話すのが不自由な一方で、カメラが得意。チュウさんを慕っている。
コメント:昭八という人物と出会い、彼の人生に寄り添って演じることが出来てとても幸せでした。誰が異常で何が正常なのか、考
えさせられました。

◆大谷(おおたに)<高橋和也>
医師。たび重なる病院内の事件にも冷静に対応する。
コメント:精神病患者に負けない“強さ”を持った医師を演じることを心がけ、病棟のリアリティをそのまま丁寧に表現できればと演じ
させて頂きました。

◆石田サナエ<木野花>
患者。折々家族のもとへ外泊し、他の者たちから羨望の眼差しで見られている。
コメント:サナエという役は、病院の内と外を行き来出来る患者で、その線引きはどこでなされるのか。誰が此処にいても不思議は
ない、紙一重の狂気と正気を生きているんだなと、考えさせられました。

映画情報どっとこむ ralph 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』

2019年11月1日(金)公開 

【STORY】 
長野県のとある精神科病院。それぞれの過去を背負った患者たちがいる。母親や嫁を殺めた罪で死刑となりながら、死刑執行が失敗し生き永らえた梶木秀丸(笑福亭鶴瓶)。サラリーマンだったが幻聴が聴こえ暴れ出すようになり、妹夫婦から疎んじられているチュウさん(綾野剛)。不登校が原因で通院してくる女子高生、由紀(小松菜奈)。彼らは家族や世間から遠ざけられても、明るく生きようとしていた。そんな日常を一変させる殺人事件が院内で起こった。加害者は秀丸。彼を犯行に駆り立てた理由とは—– ?

***********************************

キャスト:笑福亭鶴瓶、綾野剛、小松菜奈
坂東龍汰、高橋和也、木野花、渋川清彦、小林聡美

原作:帚木蓬生『閉鎖病棟』(新潮文庫刊)
監督・脚本:平山秀幸
配給:東映

©2019「閉鎖病棟」製作委員会
  


渋川清彦、大西信満、ドロンズ石本扮するおっさん「柴公園」本予告と新場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 2019年6月14日(金)公開の映画「柴公園」の本予告と新場面写真が解禁となります。

渋川清彦、大西信満、ドロンズ石本扮するおっさん3人の共通点は、古い街に突如建ったタワマンに越してきた新参者で柴犬を飼っていること。朝夕犬の散歩で顔を合わせるが、お互いの名前も知らず愛犬の名前に“パパ”とつけ呼び合い、素性を深く詮索しない適度な距離感で繋がっている。が、故に普段思っている事を何でも話せる関係性。妙にレベルが高い無駄話を聞いているうちに、壮大なる脳内ドラマが展開されます。
映画版「柴公園」 共演には、桜井ユキ、水野勝、山下真司、佐藤二朗ら個性豊かな面々が名を連ねている。
映画版「柴公園」 映画版「柴公園」 映画版「柴公園」 監督はドラマでもメインディレクターを務めた「人狼ゲーム インフェルノ」「ゼニガタ」「ピア まちをつなぐもの」の綾部真弥が務める。

本予告映像は、あたるパパ(渋川)、じっちゃんパパ(大西)、さちこパパ(石本)の雑談シーンや仲睦まじく散歩するなど変わらぬ平穏な日々を中心に活写。そんな中、あたるパパが謎のイケメン(水野)に「裏切ったら、俺、あんた殺すよ」と脅されたり、公園の入り口がバリケードで閉鎖されるなど一悶着起きそうな気配が立ち込める。


映画情報どっとこむ ralph 映画版「柴公園」
また、6月8日(土)に開催。
渋川清彦、大西信満、ドロンズ石本と柴犬がゲスト出演する、群馬県渋川市主催の先行特別試写会「愛犬と一緒に青空映画館で、映画「柴公園」先行特別試写会を観よう!~SHIBAフェス in 渋川市中村緑地公園が今日だけは「柴公園」~」の入場者プレゼントとしてオリジナル手ぬぐいが配布されることが決定(数量限定、先着順)。
映画版「柴公園」 渋川市の観光スポットでもある伊香保温泉を連想させる温泉マークと柴犬のイラストがデザインされたコラボ感ある内容となっている。

チケットの購入方法は

JTB 群馬支店の公式サイト

をご確認頂きたい。

映画情報どっとこむ ralph 映画版「柴公園」

は6月14日(金)に全国のイオンシネマ、シネマート新宿ほか全国公開。

ストーリー
犬、ダベリ、そして恋!?おっさんの憩いの場に異変が巻き起こる!?
ある街の公園。柴犬を連れてやって来る3人のおっさん、あたるパパ(渋川清彦)、じっちゃんパパ(大西信満)、さちこパパ(ドロンズ石本)は、日々壮大な無駄話を繰り広げていた。ある日、3人の中で唯一独身のあたるパパに恋の予感が。相手は真っ白な柴犬・ポチを連れたポチママ(桜井ユキ)!?もどかしいふたりを応援するじっちゃんパパとさちこパパだったが、あたるパパが謎のイケメン(水野勝)と密会しているのを目撃。イケメンの正体を探るべく、聞き込み調査をするふたりだが、さっぱり要領を得ない。一方、豆柴の一郎をあたるパパに預けていた中年ニートの芝二郎(佐藤二朗)が、そろそろ一郎を返して欲しいとあたるパパに連絡をしてくる…。

***********************************


渋川清彦
大西信満 ドロンズ石本 桜井ユキ 水野勝 松本若菜 
寺田農 山下真司 佐藤二朗

監督:綾部真弥 製作総指揮:吉田尚剛 企画/脚本:永森裕二 プロデューサー:岩淵規 撮影:伊藤麻樹 
照明:藤森玄一郎 録音:井家眞紀夫 装飾:うてなまさたか 衣裳:岡本佳子 ヘアー•メイク:佐々木愛 小道具:古澤 禅 
助監督:石田和彦/田口 桂 動物トレーナー:ZOO動物プロ 制作担当:田中清孝 編集:岩切裕一 劇伴:沢田ヒロユキ 
カラリスト:今塚 誠 ポスプロ:キュー・テック
主題歌:「カンタンアイテラス」(AMG MUSIC)作詞・作曲:坂本英三 歌:岡部力也
制作プロダクション:メディアンド 
企画・配給:AMGエンタテインメント 
配給協力:イオンエンターテイメント
製作:「柴公園」製作委員会 
(C)2019「柴公園」製作委員会


柴犬連れおっさんに恋の予感!? 映画版「柴公園」新30秒予告到着


映画情報どっとこむ ralph 2019年6月14日(金)公開の映画「柴公園」の新30秒予告及び新場面写真6枚が公開。
さらにグッズ付き前売り特典が発表となりました。

渋川清彦、大西信満、ドロンズ石本扮するおっさん3人の共通点は、古い街に突如建ったタワマンに越してきた新参者で柴犬を飼っていること。

朝夕犬の散歩で顔を合わせるが、お互いの名前も知らず愛犬の名前に“パパ”とつけ呼び合い、素性を深く詮索しない適度な距離感で繋がっている。が、故に普段思っている事を何でも話せる。妙にレベルが高い無駄話を聞いているうちに、壮大なる脳内ドラマが展開されます。共演には、桜井ユキ、水野勝、山下真司、佐藤二朗ら個性豊かな面々が名を連ねている。

解禁となる新予告には、あたるパパ(渋川)がポチママ(桜井)に「つかぬ事をお伺いしますが、独身ですか?」と切り出し動揺する場面に退屈そうな表情で佇む柴犬たちの姿が描かれている。


映画情報どっとこむ ralph 公開に先駆けて、5月1日(水)より全国のローソン・ミニストップにある「Loppi」にて限定おさんぽバックつきムビチケ券の先行販売が決定。また、限定グッズのアクリルボールチェーンとステンレスボトルも同じく「Loppi」で販売される。さらに、5月25日(土)から全国の劇場窓口にて発売されるムビチケカードには、数量限定のミニクリアファイルが特典に。クリアファイルの両面には、柴犬がふんだんに配された可愛さ満点のデザインになっている。



映画情報どっとこむ ralph なお映画「柴公園」はクラウドファンディングサイト・GREEN FUNDING(グリーンファンディング)にて支援を募集中だ。集まった資金の使い道としては、宣伝経費・配給経費・各地でのイベントへの出展など。協賛者への特典は、DVDエンドロールへの名前記載やドラマ・映画DVDセット、オリジナルグッズなどが用意されている。

映画版「柴公園」は6月14日(金)に全国のイオンシネマ、シネマート新宿ほか全国公開。

「柴公園」応援団員募集プロジェクトは「GREEN FUNDING(グリーンファンディング)」にて実施中。

映画情報どっとこむ ralph 映画版「柴公園」

6/14(金)全国のイオンシネマ・シネマート新宿ほか公開


物語・・・
犬、ダベリ、そして恋!?おっさんの憩いの場に異変が巻き起こる!?
ある街の公園。柴犬を連れてやって来る3人のおっさん、あたるパパ(渋川清彦)、じっちゃんパパ(大西信満)、さちこパパ(ドロンズ石本)は、日々壮大な無駄話を繰り広げていた。ある日、3人の中で唯一独身のあたるパパに恋の予感が。相手は真っ白な柴犬・ポチを連れたポチママ(桜井ユキ)!?もどかしいふたりを応援するじっちゃんパパとさちこパパだったが、あたるパパが謎のイケメン(水野勝)と密会しているのを目撃。イケメンの正体を探るべく、聞き込み調査をするふたりだが、さっぱり要領を得ない。一方、豆柴の一郎をあたるパパに預けていた中年ニートの芝二郎(佐藤二朗)が、そろそろ一郎を返して欲しいとあたるパパに連絡をしてくる…。


***********************************

渋川清彦
大西信満 ドロンズ石本 桜井ユキ 水野勝 松本若菜 
寺田農 山下真司 佐藤二朗

監督:綾部真弥 製作総指揮:吉田尚剛 企画/脚本:永森裕二 
プロデューサー:岩淵規 撮影:伊藤麻樹 照明:藤森玄一郎 
録音:井家眞紀夫 装飾:うてなまさたか 衣裳:岡本佳子 
ヘアー*メイク:佐々木愛 小道具:古澤 禅 
助監督:石田和彦/田口 桂 動物トレーナー:ZOO動物プロ 
制作担当:田中清孝 編集:岩切裕一 劇伴:沢田ヒロユキ 
カラリスト:今塚 誠 ポスプロ:キュー・テック
主題歌:「カンタンアイテラス」(AMG MUSIC)
作詞・作曲:坂本英三 歌:岡部力也
制作プロダクション:メディアンド 企画・配給:AMGエンタテインメント
配給協力:イオンエンターテイメント
製作:「柴公園」製作委員会 (C)2019「柴公園」製作委員会


「酔うと化け物になる父がつらい」 GOOD ON THE REEL が 主題歌&挿入歌に決定!


映画情報どっとこむ ralph 松本穂香×渋川清彦ダブル主演『酔うと化け物になる父がつらい』は2019年度全国公開予定です。

原作は秋田書店のWebサイト・チャンピオンクロスにて連載され圧倒的な反響を呼んだ家族崩壊ノンフィクション「酔うと化け物になる父がつらい」(菊池真理子著)。アルコールに溺れる父を持つ作者の実体験によるコミックエッセー。父は毎日アルコールに溺れ、母は新興宗教信者。そんな両親のもとに生まれた主人公は、酔って化け物となった父の奇行に悩まされ、母の孤独に触れながら、崩壊していく家族の中で、がむしゃらに未来を見つけていく…。 毎晩お酒に酔っぱらい化け物となって帰ってくる父の姿をユーモラスに描きながらも、家族が迎える衝撃の展開とラスト。

そしてこの度、映画主題歌&挿入歌が決定!主題歌「背中合わせ」は、千野隆尋(vo)、挿入歌「禁断の果実」は岡崎広平(Gt)がそれぞれ映画をイメージして書き下ろし、GOOD ON THE REELの優しく繊細なロックサウンドが本映画に花を添える。

◆主題歌「背中合わせ」作詞・作曲 千野隆尋(vo) コメント

伝えることはとても難しい。親子関係はもちろん、彼氏彼女、教師生徒、友達。でもそこに真心さえあれば、いつか伝わると思うのです。背中合わせで生きる僕らはいつだって、手を取り合うことができるのです。

◆挿入歌「禁断の果実」作詞・作曲 岡崎広平(Gt) コメント

一時の快楽と引き換えに少しずつ破滅に進んで行く人間味を、教典や吸血鬼をテーマに妖しげなグランドピアノのメロディに乗せて作りました。

本楽曲の発売日に関しては未定。

映画情報どっとこむ ralph 【プロフィール】GOOD ON THE REEL(グッド オン ザ リール)
同じ学校で出会ったメンバーで2005年に結成。 心に響く歌詞やメロディで独自の世界観を奏でる五人組。
バンド名は”なんか良い感じ”の意味。

2011年のデビューから試聴機をきっかけとした口コミだけで爆発的な反響を起こし、ワンマンチケットは数時間でSOLD OUT。
2015年のメジャー・デビュー後の2016年には、自主ライブ企画「HAVE A “GOOD” NIGHT」50回目の開催となる日比谷野音公演も完売。

2019年には、自ら立ち上げたレーベルlawl recordsとしてユニバーサルミュージックアーティスツ合同会社とパートナーシップ契約を結び、新たな出発を迎える。

http://goodonthereel.net/

映画情報どっとこむ ralph 松本穂香×渋川清彦ダブル主演

『酔うと化け物になる父がつらい』

2019年度全国公開予定



映画公式Twitter:
@youbake_movie

映画公式Instagram:
@youbake_movie

映画公式HP:
http://youbake.official-movie.com

***********************************

出演: 松本穂香 渋川清彦
今泉佑唯 恒松祐里 濱 正悟
安藤玉恵 宇野祥平 森下能幸 星田英利 オダギリジョー
浜野謙太 ともさかりえ
監督:片桐健滋(映画&ドラマ『ルームロンダリング』)
脚本:久馬歩(プラン9)、片桐健滋
原作:菊池真理子『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店刊)
制作プロダクション:CREDEUS
制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー、MBS
製作:「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会
配給:ファントム・フィルム