「清水崇」タグアーカイブ

齊藤工監督 新作「blank13」発表会 / THE BLUE HEARTSショートフィルム


映画情報どっとこむ TJ 文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。

齊藤工 新作「blank13」発表会 / THE BLUE HEARTSショートフィルムinしたコメが行われました!

%e9%bd%8a%e8%97%a4%e5%b7%a5%e3%80%80%e6%96%b0%e4%bd%9c%e3%80%8cblank13%e3%80%8d%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a
齊藤工「blank13」新作発表会
実施日時:9月19日(月・祝) 
場所:不忍池水上音楽堂
登壇者:齊藤工監督、金子ノブアキ、西村喜廣

齊藤工監督の新作「blank13」のキャスト発表を行い本人と曲を担当する金子ノブアキさんの登場で会場には黄色い歓声が響きました。写真家レスリー・キーさん撮影のビジュアルを投影し役者の発表を行いました。高橋一生さん、リリー・フランキーさん、神田三鈴が出演することが発表されました。

齊藤工監督:
お足元悪い中ありがとうございます。私の周りには才能ある人が多くて、その人たちに刺激され撮り終えることが出来ました。
2年前に「バランサー」をこの映画祭で発表し、(『blank13』は)その時の脚本家の実体験なんですね。それを映像化したいと思っていて、偶然ひかりTV4Kさんから企画を頂き一緒にすることになりました。この映画としてはジャンル分けが必要ないかなと、どういう映画かわからなくていいと思いました。キャッチコピーは必要ですが、俳優さんが皆天才なので化学反応が起きればいいなと思いました。

blank13ビジュアルについて:
レスリー・キーさんに話すと自分の体験と似ているので現場に立ち会いたいということで写真を撮影して頂きました。

音楽を担当した金子ノブアキさんについて:
金子さんのソロ活動の曲が好きで、クリエイターとしても素晴らしく意識していました。『Take me home』という曲がこの映画を作るときにずっと頭に流れていて、音楽は映画の半分を占めるくらい大切だと思い、一緒に作っていけたらなと思い声をかけました。

文字で伝えるのは限りがあるんですがキャストさんたちの才能で凄くスムーズに進んでいきました。台本にない部分も多くありましたが、それが映画のライフラインになったりしました。

来年公開を控えていますが、まずは海外の映画祭に挑戦したいですね。日本でヒットするものと海外で評価される日本映画が比例していないのが悔しいですね。なので、この才能豊かな役者さんを海外にシェアしたいです。

主人公のコウジを高橋一生、その父親をリリー・フランキー、母親役に神田三鈴さんに演じていただきます。

金子ノブアキ:
自分のキャリアの中で音楽担当から映画に携わるというのは初めてで監督を裏方として支えるのでよろしくお願い致します。初めに声をかけられ齊藤さんに1曲作って持っていき、そこで現場の空気感や監督の作る心意気や作品の方向性を知り、ガラッと作り変えました。
(葬式のシーンがあるので)木魚にテクノを付けてくれと言われたり、煩悩にちなんで108のテンポ数でつくったらそれがいい感じでした。人生は素晴らしいということを映像を観てさらに追及していきたいと思います。このような機会を与えて頂いて嬉しいです。沢山曲を作り監督に夜中だろうと送りたいと思います!

西村喜廣:
来年公開する予定の『蠱毒ミートボールマシン』に齊藤さんに出て頂いています。宇宙人役が、CGを使っていたんですがバックが緑色で衣装も緑色なので抜くのが大変でした。
この映画はダークヒーローものなのですがスプラッタシーンもあるのでお子様にも見て欲しいけど、厳しいのかな。映倫にも出せないかも(笑)この映画を映倫に出しに行ったら断られたからブラックリストに載ってるのかも(笑)

blank13
2017年公開予定
監督:齊藤工
キャスト:高橋一生、リリー・フランキー、神野三鈴
音楽:金子ノブアキ
ビジュアルをレスリー・キーさんが担当


映画情報どっとこむ TJ 続いて!「 THE BLUE HEARTSショートフィルムセレクションinしたコメ」

%e9%bd%8a%e8%97%a4%e5%b7%a5%e3%80%80%e6%96%b0%e4%bd%9c%e3%80%8cblank13%e3%80%8d%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a2
◆THE BLUE HEARTSショートフィルムセレクションinしたコメ
●実施日時:9月19日(月・祝)
●場所:不忍池水上音楽堂
●登壇者:飯塚健、下山天、井口昇、清水崇、工藤伸一、齊藤工、角田晃広

【飯塚健監督】 作品名『ハンマー(48億のブルース)』
「ハンマー」か「僕はここにいるよ」で映像にしたいと思っていました。昔聞いていた時から世界の人口も増え時代も人も変わったなと思ったのとハンマーを振り下ろすところを映像で撮りたかったです。
長回しでしたがテンポよく撮影できたのは役者陣のおかげだったと思いました。

【下山天監督】 作品名『人にやさしく』
世代がどストライクでどの曲もしたかったんですが、話をもらった時に歳も上なので他の監督が選んでから、最後に選ぼうと思っていました。でも心ではこの曲がいいなとは思っていたので、なんでこの曲が残っているだろうと思いましたね。
自分で全てやりたかったので脚本・撮影・編集すべて任せて好きなことをしようと思いました。シンプルな素材でいいものが撮れましたし、宇宙のシーンでは主演の市原隼人さんの筋力のおかげでワイヤー1本無重力を再現できたと思います。

【井口昇監督】 作品名『ラブレター』
「THE BLUE HEARTS」の真島昌利の高校の後輩なんですね。当時はマーシーさんと全然人生が違うなと思っていて、だからこそ一番縁の遠いものにしたいと思いました。自分の高校時代、自分の分身を齊藤工さんに演じてもらいました(笑) 僕の走り方は変なのですが、それもマスターしてもらいましたよ。
(少年期を演じた菊池君の役について)東映でキャストを決めるときになかなかいい人がいなくて、トイレに行ったら個室から出てきて目が合い「すみません」と言われて雰囲気がこの人しかいないと思いすぐスカウトしました(笑)

【清水崇監督】 作品名『少年の詩』
普段はホラー映画ばっかりでネガティブなイメージなので地元で撮影するのは歓迎されないかと思っていたのですが、親子がテーマということで出身の小学校を使わせていただけました。

【工藤伸一】 作品名『ジョウネツノバラ』
学生時代にコピーバンドで「THE BLUE HEARTS」をしていてデビューから30周年ということで映画にしたいと思っていました。皆さんに声をかけ皆さんで短編集を作りました私が脚本でカメラマンが永瀬正敏さんで何本か映像を作ったことがあり、その中に赤いバラをテーマに映像を撮ったことがあるのですが、それを一本の映画にしたいねと言っていて膨らませました。

【齊藤工】作品名『ラブレター』出演
他役者も優秀だったのですが、この作品の中で菊池君の選ばれ方が印象的でした。菊池君とは今でも仲良しで「中間テスト終わった」など連絡がきます(笑) 撮影中もたくさんデブレクチャーしてもらいました。泣くシーンは頑張って絞り出しました。

【東京03 角田晃広】作品名『ハンマー(48億のブルース)』出演
映画に出して頂くことがあまりなくて、セリフのテンポも速いのでちゃんとできているか心配でした。
一緒に出演している尾野真千子さんと初めてお会いるので緊張してましたが、すごく良い方でも人数も少ないチームでほのぼのと楽しくできました。

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

フルCGアニメ映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』プロモ映像全世界初公開!


映画情報どっとこむ ralph 2017春公開予定のフルCG長編アニメーション映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』東京ゲームショウ2016でプロモーション映像が全世界初公開!

『バイオハザード』クリス
『バイオハザード』クリス

9月15日(木)より18日(日)まで開催中の東京ゲームショウ2016で、15日(木)に『バイオハザード』シリーズプロデューサー小林裕幸氏と、本作のエグゼクティブ・プロデューサーである清水崇氏、監督の辻本貴則氏がパネルディスカッションに登壇し、『バイオハザード』シリーズ、フルCG長編アニメーション映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』のプロモーション映像が全世界初公開されました!

『バイオハザード』レオン
『バイオハザード』レオン

このプロモーション映像は東京ゲームショウ期間、カプコンブース内で上映されるとともに、『バイオハザード:ヴェンデッタ』公式サイトでも9月18日17時より配信されます。

公式サイト :
biohazard-vendetta.com

映画情報どっとこむ ralph 映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』とは・・・

シリーズ累計販売本数6,900万本を超えるサバイバルホラー・アクションの代名詞、『バイオハザード』の世界観をベースに、歴代ゲームに登場した人気のキャラクターたち、不気味な存在を醸し出す、オリジナルで新しいキャラクターたちが、予測不可能なバトルを繰り広げる! 昨今の“ゾンビブーム”の原点となる『バイオハザード』シリーズをCG
スタジオのマーザ・アニメーションプラネットがハイクオリティCG技術で描く、最新のフルCGアニメーション映画。
%e3%80%8e%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89%e3%80%8f
映画情報どっとこむ ralph 最強スタッフが仕掛ける、『バイオハザード』シリーズ、最高の恐怖劇場版『呪怨』シリーズを手がけ、アメリカでのリメイク版では日本人初となる全米興行成績初登場1位を獲得した、ホラー映画の巨匠・清水崇と、実写版『機動警察パトレイバー』シリーズなどドラマティック且つ、アクション映像表現を得意とする辻本貴則による強力タッグに、話題作を多く手がける深見真が脚本を担当し、原点回帰となるホラーストーリーとダイナミックなアクションシーンを描く。音楽を担当するのは、実写映画、アニメ、TVドラマ、ゲームと幅広く活躍する川井憲次。

原作監修としてカプコンから『バイオハザード』シリーズのプロデューサー小林裕幸。CGアニメーション映画第1弾『バイオハザードディジェネレーション』(2008)、第2弾『バイオハザードダムネーション』(2012)からスタッフを一新した、最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』は、往年のゲームシリーズファンのみならず、実写映画ファン、アニメファンも満足させる作品に完成した。

***********************************

エグゼクティブプロデューサー:清水崇
監督:辻本貴則
脚本:深見真
音楽:川井憲次
原作監修:小林裕幸
配給:KADOKAWA
(c) CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

齊藤工 最新監督作品制作報告会イベント決定!inしたコメ


映画情報どっとこむ TJ コメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。

今年も2016年9月16日(金)~19日(月・祝)に「第9回したまちコメディ映画祭in台東」を開催されます。
したコメ-齋藤
そして!
THE BLUE HEARTS ショートフィルムセレクションinしたコメで、齊藤工最新監督作品制作報告会付き特別上映イベント決定!


80年代から90年代のロックシーンを駆け抜け、たった10年で解散した伝説のロックバンド「THE BLUE HEARTS」。

多くのミュージシャン・アーティストに影響を与え、今なお人気を誇る彼らの楽曲をテーマとしたショートフィルムプロジェクト「THE BLUE HEARTSショートフィルムセレクション fromブルーハーツが聴こえる」から5作品のしたコメでの上映が決定しました。

監督は、飯塚健、下山天、井口昇、清水崇、工藤伸一の5名。当日は5人の監督他が登壇いたします。


また、齊藤工さんの監督最新作についての制作報告もプログラム内で行われるそうです!

日時: 9月19日(月・祝) 
    16:30開場 17:00開演(予定) 
会場:不忍池水上音楽堂

***********************************

    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

乃木坂46堀未央奈『キョンシー』応援大使就任!


「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2014」
最も注目を集めている映画『キョンシー』の監督ジュノ・マックの来日!

9月11日(木)に公開記念イベントを実施いたしました。

イベントには監督のジュノ・マックさんはもちろんのことプロデューサーの清水崇さんと、ホラーアイドルのセンターを虎視眈々と狙う乃木坂46の堀未央奈さんが参加。

堀未さんは、ホラーアイドルのセンターを狙うべく『キョンシー』応援大使に就任し、ホラー映画アイドルへの意気込みをかたりました。

『キョンシー』公開記念イベント
そういえば、堀さん先日の乃木坂のTVでホラー映画百タイトルと主役の名前覚えてましたよね。

映画『キョンシー』公開記念イベントレポート
日程:9月11日(木)
場所:松竹本社
登壇者:堀未央奈(乃木坂46)、ジュノ・マック(監督)、清水崇(プロデューサー)

レポート

MCから呼びこまれゲストが登壇すると冒頭の挨拶で乃木坂46堀未央奈。

堀さん:初めて一人でのイベントで、舞台挨拶もはじめてなのでとても緊張しています。今までのキョンシーと違うイメージで楽しかったです。精一杯応援していきます!

と初々しく応援大使就任をアピールし直筆の襷を披露。

堀さん:小さいころからホラー映画が大好きでまだ観ちゃいけない年齢のころからこっそり楽しんでいました。特に『霊幻道士』は大好きです。

ジュノ監督:そうじゃないとリブート版つくらないでしょ!

と周囲からつこっまれ場内が笑いに包まれました。
本作でプロデューサーをつとめている清水崇氏は

清水P:今回プロデューサーを引き受けたのは、笑いの要素を排除したジュノ監督のビジョンと美しい世界観に魅了されたから。従来のイメージと違ったキョンシーに驚いてもらえると思います。

と太鼓判を押しました。

さらに

堀さん:幼稚園のころから家族でホラー映画を観ていた。

と周囲を驚かせると、

堀さん:お芝居している乃木坂46メンバーを見るとすごいなと思います。黒髪でパッツンな前髪がホラー映画に似合うよねと言われるんです。自分が出演したらどんな風になるんだろうと気になります。今後ホラー映画でいっぱい驚く役などで出演できたらと思います。

と女優業にも興味があることを伺わせました。

ジュノ監督は終盤のとあるシーンを水の中で撮影し2日間もかかったことを明かすと

清水P:あれが水中で撮影したとは思いもつかないでしょ。

と、そのアイデアを絶賛。

清水P:スタイリッシュで現代風だがノスタルジックな面ももっている、悲しくて残酷な新しいキョンシーをきっかけに、シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2014の他の作品にも興味を持ってもらえると良いなと思います。

と完璧なコメントで締めたかと思いきや

清水P:こんなに身長差の無い舞台挨拶は初めて!
と最後まで会場を沸かせていました。最後に

堀さん:初めて応援大使というお仕事をさせていただきとても嬉しいです。観終わったら感想を色んな人に広げてください。

と、宣伝大使らしいコメント締め、会場から拍手が起こりました。

以上

堀未央奈(乃木坂46)『キョンシー』ポスターs
********************************************************************


『キョンシー』
【(英題:RIGOR MORTIS)】

あの「霊幻道士」が本格派ホラー映画としてリブート!「霊幻道士」の俳優や設定が満載!
制作年度:2013年
制作国:香港
言語:広東語 本編尺:101分
監督・脚本:ジュノ・マック
製作:清水崇「呪怨」

<キャスト>
チン・シュウホウ「霊幻道士」シリーズ
クララ・ウェイ「捜査官X」
アンソニー・チェン「霊幻道士・完結編/最後の霊戦」

<ストーリー>
昔、霊幻道士役で名をはせたベテラン俳優チン・シュウホウは、今は落ちぶれ、妻と子供とも別居状態で彷徨っていた。辿り着いたさびれたマンションの2442号室で、彼は自殺を決意する。

しかし、道士アンソニー・チェンや、謎めいたマンションの住人らによって自殺は食い止められる。

しかし、このマンションは普通ではないことをすぐに察知した彼は、甦る死者との命懸けの闘いへ巻き込まれていく。


シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション 2014
http://www.shochiku.co.jp/sitgesfanta/
10月25日(土)~東京:ヒューマントラストシネマ渋谷 
大阪:シネ・リーブル梅田 
名古屋:シネマスコーレ 
福岡:福岡中洲大洋にて6作品一挙公開!!
※『キョンシー』、『ボーグマン』は特集上映終了後も、
通常興行を予定しております。




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ