「清水富美加」タグアーカイブ

千眼美子・山口敏太郎がプラネタリュームで宇宙談義『宇宙の法―黎明編―』公開記念


映画情報どっとこむ ralph 『宇宙の法―黎明編―』が2018年10月12日(金)に日米同時公開決定!
『UFO学園の秘密』(15)の続編となる本作。前作から3年の時を経て、地球文明の誕生、人類創世の秘密、宇宙人との交流と戦い、そして明らかになる地球神の存在が描かれる。 
3年前、悪質レプタリアンによる地球侵略を阻止した「チーム・フューチャー」の5人組レイ、アンナ、タイラ、ハル、エイスケはナスカ学園を卒業し、ナスカ・ユニバーシティに進学。大学生として学業に励む傍ら、悪質レプタリアンの撃退を続けている5人。そんな中、レイの親友であるタイラが裏宇宙の使者であり3年前の“宇宙人事件”の黒幕・ダハールに捕まってしまう!レイはタイラを救うことができるのか!?
本作の公開を記念してイベントを開催。イベントでは千眼美子が、映画の舞台でもある3億3千万年前から続く地球の星空を徹底解説!さらに作家・UFO研究家としても知られる山口敏太郎も登壇しました。

日時】9月26日(水)
場所:コスモプラネタリウム渋谷(渋谷区文化総合センター大和田 〒150-0031東京都渋谷区桜丘町23-21)
登壇:千眼美子、山口敏太郎

映画情報どっとこむ ralph アニメーション映画『UFO 学園の秘密』から約3年ぶりの続編で、10月12日(金)に日米同時公開も決定している『宇宙の法―黎明編―』。

そのPRイベントが9月26日(水)、東京のコスモプラネタリウム渋谷で行われ、声優を務める千眼美子さんと作家・UFO研究家の山口敏太郎さんが参加した。

イベント冒頭、約7分に渡る星空の生解説を行った千眼。

「緊張した~!」というも充実した表情で「小さい頃からお父さんと天体観測をやっていて、月面を見たり、土星の輪を見たり。目に見えているのに触れられない不思議なものの代表が星。神秘的なものが好きなので、最近はUFOを探して歩いています」と星空好きアピール。

山口から「女優さんが解説するのもいいですね、ウットリする」とその美声を褒められると、千眼は「コスモプラネタリウムさん、雇ってください!」とラブコールを送る饒舌ぶりだった。
出家後初の声優挑戦となる千眼は、物語のキーパーソンとなるザムザ役。自らをベガ星出身といい「今はこうやって柔らかい雰囲気を醸し出して喋っているけど、我が強くてきっちりと自分の価値観を持っているのは演じたザムザに似ている」と共感を寄せた。また友人と富山県を旅行中に人生で初めてUFOを目撃したことを明かし「視力が悪いのでピカピカと点滅している様子しかわからなかったけれど、友人は三角形に見えると言っていた。ホテルに戻って窓から見たら、そこには何もなくて、UFOだと確信した。動画も撮りました」と衝撃告白。
それに山口は「それはトライアングルUFOです。しかもトレンドのUFO。目撃場所が富山県というのも興味深い。あの近辺はよく飛んでいるから」と本物のUFOであると太鼓判を押した。

映画情報どっとこむ ralph そんなUFOから乗船の正体を受けたら「記憶を消されたり、何かを埋められたりするのかな?」と怯える千眼だったが「出身星であるベガ星に里帰りしたい。どんな星で、どんな人が住んで、どんな価値観で生きているのかを見たい」と故郷に興味津々。山口からは「価値観もそうだけれど、星によってグルメも違うらしい」という宇宙トリビアも飛び出し、イベントは宇宙の不思議に思いを馳せるものとなった。

最後に千眼は「純粋な地球人もいると思いますが、私がベガ星から来たと言われたように、皆さんもどこかの星から来ているのかもしれない。そんな想像力を、映画を通して膨らませてほしい。私自身、宇宙や星空が好きなので、皆さんにも空を見上げてもらって、ロマンを持ってほしい」とアピールした。


『宇宙の法―黎明編―』

STORY

大学生のレイ、アンナ、タイラ、ハル、エイスケの5人は、それぞれの夢を追いかけながら学生生活を送っていた。しかし彼らには宇宙からの侵入者であるレプタリアンたちと戦うもう一つの顔があった。あるとき、邪悪な宇宙人ダハールの罠に落ち、消息を絶ったタイラを探し出すため、レイは3億3千万年前の地球へとタイムジャンプする。

***********************************

公開日:2018年10月12日(金)日米同時公開
製作総指揮・原案/大川隆法
逢坂良太 瀬戸麻沙美 柿原徹也 金元寿子 羽多野渉 / 千眼美子 梅原裕一郎 大原さやか 村瀬歩 立花慎之介 安元洋貴 伊藤美紀 浪川大輔

監督/今掛勇 音楽/水澤有一 総作画監督・キャラクターデザイン/今掛勇 キャラクターデザイン/須田正己 VFXクリエイティブディレクター/粟屋友美子

アニメーション制作/HS PICTURES STUDIO 幸福の科学出版作品 配給/日活 配給協力/東京テアトル ⓒ2018 IRH Press


小笠原海(超特急) 窪田正孝 に顔を舐められるのは「嫌じゃない!」『東京喰種』


映画情報どっとこむ ralph 人の姿をしながら人を喰らう怪人・喰種と人間の闘いを描くバトルアクションエンターテインメント『東京喰種 トーキョーグール』が、7月29日(土)より満を持して全国公開され、大ヒット上映中です。

8月2日(水)、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて公開記念舞台挨拶を実施。

カネキの唯一の親友・ヒデ役を演じた小笠原海(超特急)が登壇した。


日付:8月2日(水)
場所:ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
登壇:小笠原海(超特急2号車)

映画情報どっとこむ ralph 8号車と思われる観客に埋め尽くされた劇場に小笠原さんは、映画オリジナルスタッフTシャツに身を包み登壇。

小笠原さん:今日はたくさん話させていただければと思います!

と挨拶をし、時間が許す限り、観客への質問に誠意をもって応えました。
 
本作は、世界累計発行部数3,000万を超える大人気コミックの実写映画化で

小笠原さん:原作ファンの友人から、期待を裏切らなくてすごく面白かったよと連絡がありました!

と周りでも評判は上々だと話す。

その友人が一番興奮したというシーンが、喰種のニシキに襲われるシーン。
ワイヤーにつられて突っ込んだという該当シーンはCGではなく生身で実施したことが明かされた。その後、映画の展開としては、ヒデは血まみれになって気絶してしまう。

小笠原さん:朝早くから丸1日血みどろで、夜遅くまで血みどろで、次の日も血みどろで…

と丸2日間の「血みどろ」の撮影だったといい、金髪だった髪の毛が血のりで少し赤く染まるほどに。そんなエピソードを語る中・・・・・

映画情報どっとこむ ralph 実は小笠原は「潔癖症!?」であることが観客にいたファンによって判明!

潔癖症ゆえに血のりでの撮影に心配の声もあがったが、

小笠原さん:原作でもそうだったので、すごく嫌な気持ちはなかった。役のためならなんでもやります!

と意欲的な姿勢を見せた。そして、窪田正孝演じるカネキに顔を舐められるシーンでは、

小笠原さん:あのシーンは窪田さんのアドリブで。僕は気絶しているから窪田さんに抱かれて受け身のスタンスで待っていたら、まさかそういうアプローチでくるんだって…。ビックリはしましたが、カネキの喰種としての一面がでてたので、すごくいいシーンになりました。

といい、

小笠原さん:窪田さんに顔を舐められるのは嫌じゃなかったですね。

と「潔癖症」を卒業!?

映画情報どっとこむ ralph 最後に、

小笠原さん:まだまだ上映は続きますので、周りのみなさんに薦めていただき、多くの方に観ていただければと思います。石田スイ先生の原作もぜひ読んでいただきたいです。この夏は、『東京喰種』の世界にドップリ浸かってください!

とメッセージを送った。

東京喰種 トーキョーグール

公式サイト:
http://tokyoghoul.jp/  
公式Twitter:
@tkg_movie 
公式Facebook:
@tkg.movie

物語・・・
人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ/窪田正孝)は、ある日、事件に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ/清水富美加)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつも、やがてカネキを助ける存在となっていく。そんな中、喰種にも人間と同じように、守るべき家族や大切な友人がいること、愛する気持ちや哀しみ、憎しみといった感情があることを知り、カネキは人間と喰種、二つの世界の価値観の中で葛藤する。一方、喰種を駆逐しようとする人間側の組織・CCG(Commission of Counter Ghoul)の捜査官・亜門(鈴木伸之)、真戸(大泉洋)が現れ、熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。



***********************************

原作:石田スイ「東京喰種 トーキョーグール」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
出演:窪田正孝
清水富美加 鈴木伸之 桜田ひより 蒼井優 大泉洋
村井國夫 / 小笠原 海 白石隼也 相田翔子 栁 俊太郎 坂東巳之助
佐々木 希 浜野謙太 古畑星夏 前野朋哉 ダンカン 岩松 了

監督:萩原健太郎   
脚本:楠野一郎   
音楽:Don Davis
主題歌:illion「BANKA」(WARNER MUSIC JAPAN)
配給:松竹
Ⓒ2017「東京喰種」製作委員会 Ⓒ石田スイ/集英社
   


窪田正孝 参上!「東京喰種」LAワールドプレミア @ANIME EXPO


映画情報どっとこむ ralph 世界累計3000万冊の発行部数を誇る話題沸騰の超人気コミック「東京喰種 トーキョーグール」。原作コミックから、アニメ化、舞台化、ゲーム化を経て、衝撃の実写映画化となった本作。7月29日(土)の全世界公開に先がけ、現地時間7月3日(火)19:30〜、ロサンゼルスにて行われる「ANIME EXPO」にてワールドプレミア上映を行いました!​
世界中にファンを持つ本作は、全世界37の国・地域で刊行され、2015年にアメリカで発売されたコミック第1巻は、NYタイムズのマンガベストセラーランキング1位を10回獲得。1位も含め、80週ランクインするという超人気コンテンツ。「ANIME EXPO」のでのワールドプレミアでは、1000人の東京喰種ファンが世界初の本作上映を堪能。主演の窪田正孝さんらが登壇すると大きな盛り上がりに包まれました。​

「ANIME EXPO」とは例年およそ10万人が訪れる、アメリカで最大級のアニメ、ゲームの祭典。3日目の本日の推移では、例年を上回る来場者数が見込まれている。日本でもおなじみのアニメやゲームの、実に400以上の企業ブースが出展され、コスプレやカラオケなども楽しめるイベント。実写映画のワールドプレミア上映は本作が初だそうです!​

「東京喰種 トーキョーグール」ワールドプレミアin L.A
上映日:
現地時間:7月4日(月)19:30~ ​
日本時間:7月4日(火)11:30~​
*ANINE EXPOは7/1~7/4開催 ​
上映会場:アメリカ ロサンゼルス/JW Marriott​
登壇ゲスト:窪田正孝、萩原健太郎監督、永江智大プロデューサー(松竹株式会社)

映画情報どっとこむ ralph 会場となったアメリカ・ロサンゼルスのJW Mariottでは19:30の開映にも関わらず早朝から長蛇の列ができ、入場できなかった人もいたほどの大盛況。

中には「東京喰種」の、窪田さんの演じた主人公カネキや、蒼井優さんの演じたリゼのコスプレをしたファンもおり、アメリカでの人気が垣間見られます。。​


上映前、窪田正孝さん、萩原監督、永江プロデューサーが登壇。
萩原監督:ここロサンゼルスに『東京喰種』のワールドプレミアとして来られることがものすごく嬉しいです。みなさんに映画を楽しんでもらえることを祈ってます。今日は来てくれてありがとう。

と英語で挨拶。

窪田さん:Hello. My name is Masataka Kubota.

と話し始めたものの、

窪田さん:僕はあまり英語が話せません。みなさん東京喰種は好きですか?僕も東京喰種LOVEです。世界に誇る漫画を皆さんの手でもっと広めていただければ嬉しいです。

と続けた。

永江P:この映画はキャスト、スタッフのグールLOVEが詰まった映画。最後までそのLOVEを見逃すことなく見ていただければ嬉しいです!

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 上映中は歓声や拍手が起こり、クライマックスのアクションシーンでは盛大な歓声が。世界初の上映を見届けるファンたちに好意的に受け取られているようだった。​


上映終了とともに割れんばかりの拍手と、歓声が沸き起こり、それには緊張の面持ちだった窪田さんも思わず顔がほころんでいた。上映後舞台挨拶に再度登壇したが、なんと上映後舞台挨拶では窪田さんが劇中衣装でマスクを装着して登壇というサプライズが!マスク姿で窪田さんが登壇すると、会場のボルテージは最高潮に!​

窪田さん:Thank you very much!

と英語でコメント。​3人ともアニメエキスポの参加は初めて。

印象を聞かれると

窪田さん:先ほどブースを回って、みなさんそれぞれのコスプレで、作品を愛してる気持ちとか、役になりきれる瞬間を持っていることをすごく身近に感じられました。でも、どうか人だけは食べないでください(笑)。そして僕は八重歯がありますが、グールではありません!

と会場を笑わせた。

監督:(グールのコスプレイヤーを見て)こんなにも作品を愛してくれていて、その中に入りたい、という愛がすごく伝わって来ました。もともと日本だけでなく世界中のグールファンに喜んでもらいたいという思いで作りました。だからこうやってみなさんがグールのいろんな格好をして、こんなに暖かい声援を受けられることが嬉しいです。思い描いていた夢よりも幸運な状況です。

とコメント。

永江P:一番驚いたのは、皆さん愛が強い。僕は今日までカネキは窪田さんだけだと思っていたけど、今日だけで三十人くらいカネキに会えました。みなさんそれぞれ愛があるので、本当にカネキに見えました。あと印象的だったのは、みんなラストのシリアスなシーンで笑っていましたが、まさかあそこで笑うとは、ということ。

というコメントに

窪田さん:ザッツシリアス!

とツッコミを入れ、会場は笑いに包まれた。​

映画情報どっとこむ ralph 最後に観客の皆さんとのフォトセッション。観客にもペーパークラフトのマスクが配られ、会場に集まった1000人のファンと窪田さんでフォトセッションに。​

終了後観客からは「興奮した!」「最高の気分!」「人生の中でも一番よかった映画を世界で一番最初に観られるなんて、マジでびっくりしたよ!」[ドラマチックでエモーショナル!サスペンスの部分は手に汗握る展開で興奮したよ」といった感想が聞かれ、満足度の高さが伺われました。​

今後、現地時間7月7日(金)にはドイツ・ベルリンでのヨーロッパプレミア、そして7月10日にはいよいよジャパンプレミアが開催となります。​

ヨーロッパプレミアには萩原監督が登壇、ジャパンプレミアには窪田正孝、鈴木伸之、大泉洋、蒼井優ほか主要キャスト、監督が登壇予定!​


東京喰種 トーキョーグール

7月29日 世界公開
公式サイト:
tokyoghoul.jp

公式twitter:
@tkg_movie

***********************************

原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」 集英社「週刊ヤングジャンプ」連載

出演:窪田正孝 
清水富美加 鈴木伸之 蒼井優 大泉洋

監督:萩原健太郎
脚本:楠野一郎
配給:松竹

©2017「東京喰種」製作委員会
©石田スイ/集英社


オールキャスト揃い踏み『東京喰種 トーキョーグール』最新ビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph ヤングジャンプで連載され、日本だけでなく全世界37の国・地域で刊行され世界を席捲。そして、アニメ、舞台、ゲーム化を経て、実写映画が待望の7月29日(土)「東京喰種 トーキョーグール」公開となります。

この度、豪華オールキャストが揃った最新ビジュアルが解禁。

喰種の特徴のひとつである目が赤く変貌した「赫眼(カクガン)」状態で、身元を隠すためにマスクをつけた主人公・カネキ(窪田正孝)を背景に、オールキャストがズラリと並ぶビジュアルは圧巻!

戦闘服に身を包みながら半喰種となってしまった運命に戸惑いを隠せないでいるカネキを中心に、喫茶店「あんていく」で働く喰種の女子高生・トーカ(清水富美加)やカネキの運命を大きく変える喰種・リゼ(蒼井優)ほか、喰種であるヒナミ(桜田ひより)、芳村(村井國夫)、古間円児(浜野謙太)、入見カヤ(佐々木希)、西尾錦(白石隼也)、笛口リョーコ(相田翔子)、四方(栁俊太郎)、ウタ(坂東巳之助)に対して、人間側で喰種を敵対視するCCG捜査官の亜門(鈴木伸之)と真戸(大泉洋)、そして、カネキの唯一の親友・ヒデ(小笠原海)、総勢14人が勢ぞろいし、これから巻き起こる人間と喰種の壮絶な闘いを予感させるビジュアルに。

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ/窪田正孝)は、ある日、事件に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ/清水富美加)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつも、やがてカネキを助ける存在となっていく。そんな中、喰種にも人間と同じように、守るべき家族や大切な友人がいること、愛する気持ちや哀しみ、憎しみといった感情があることを知り、カネキは人間と喰種、二つの世界の価値観の中で葛藤する。一方、喰種を駆逐しようとする人間側の組織・CCG(Commission of Counter Ghoul)の捜査官・亜門(鈴木伸之)、真戸(大泉洋)が現れ、熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。



『東京喰種 トーキョーグール』

公式サイト:
http://tokyoghoul.jp/  
公式Twitter:
@tkg_movie 
公式Facebook:
@tkg.movie

***********************************

原作:石田スイ「東京喰種 トーキョーグール」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
出演:窪田正孝
清水富美加 鈴木伸之 桜田ひより 蒼井優 大泉洋
村井國夫 / 小笠原 海 白石隼也 相田翔子 栁 俊太郎 坂東巳之助
佐々木 希 浜野謙太 古畑星夏 前野朋哉 ダンカン 岩松 了
監督:萩原健太郎   
脚本:楠野一郎
音楽:Don Davis
主題歌:illion「BANKA」(WARNER MUSIC JAPAN)
配給:松竹
Ⓒ2017「東京喰種」製作委員会 Ⓒ石田スイ/集英社


「東京喰種 トーキョーグール」ARシューティングゲームの展開が決定


映画情報どっとこむ ralph 世界累計3000万部超えの発行部数を誇る話題沸騰の超人気コミック「東京喰種 トーキョーグール」。原作コミックから、アニメ化、舞台化、ゲーム化を経て、衝撃の実写映画化!


この度、本作のムビチケカード(映画前売券)と石田スイ原作コミックスの連動企画として、映画に登場するキャラクターになりきって、迫りくる障害物を撃墜する新感覚ARシューティングゲームの展開が決定しました。
今回、展開が決定となった本ゲームは、7月1日(土)より全国上映劇場(一部劇場を除く)、
前売券通販サイト・メイジャー にて発売となる映画「東京喰種 トーキョーグール」のムビチケカード、そして石田スイ原作「東京喰種」コミック1巻と連動させたARゲーム。


さらには、ムビチケカード限定で、カネキに加え、トーカ・亜門・真戸もプレイ可能となります。

映画情報どっとこむ ralph それぞれのキャラクターを選択し、個性豊かな赫子(カグネ)・クインケで、迫りくる障害物を撃墜する新感覚ARシューティングゲームを是非体感してみて下さい。

展開期間
2017年7月1日(土)~2017年9月末日 ​

【読み込む対象物】​
①石田スイ原作「東京喰種」コミック1巻​
⇒カネキのみプレイ可能​

②映画「東京喰種 トーキョーグール」ムビチケカード​
⇒カネキ、トーカ、亜門、真戸すべてのキャラクターでプレイ可能​
※ムビチケオンラインをご購入の場合は読み込みできません。ご注意ください。​


【プレイ方法】​
①App storeもしくはGoogle PlayからARアプリ【Blippar】をダウンロード。​
App store ダウンロードURL
Google Play ダウンロード

②アプリを起動し、ムビチケカード、またはコミックス1巻にカメラをかざす。​
※角度が重要!かざす対象物を机に置いたら、そこから直角に近い角度にするとOK​

③ゲームプレイ開始!​
画面の前方と側方から飛んでくる障害物を撃墜しよう!​
※原作コミック1巻:カネキのみプレイ可能​
※ムビチケカード:カネキに加え、トーカ・亜門・真戸もプレイ可能​

映画情報どっとこむ ralph 東京喰種 トーキョーグール

物語・・・
人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事件に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつも、やがてカネキを助ける存在となっていく。そんな中、喰種にも人間と同じように、守るべき家族や大切な友人がいること、愛する気持ちや哀しみ、憎しみといった感情があることを知り、カネキは人間と喰種、二つの世界の価値観の中で葛藤する。一方、喰種を駆逐しようとする人間側の組織・CCG(Commission of Counter Ghoul)の捜査官・亜門(鈴木伸之)、真戸(大泉洋)が現れ、熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。

公式サイト:
http://tokyoghoul.jp/
公式Twitter:
@tkg_movie
公式Facebook:
@tkg.movie

***********************************

原作:石田スイ「東京喰種 トーキョーグール」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
出演:窪田正孝
清水富美加 鈴木伸之 桜田ひより 蒼井優 大泉洋
村井國夫 / 小笠原 海 白石隼也 相田翔子 栁 俊太郎 坂東巳之助
佐々木 希 浜野謙太 古畑星夏 前野朋哉 ダンカン 岩松 了
監督:萩原健太郎
脚本:楠野一郎
音楽:Don Davis
主題歌:illion「BANKA」
配給:松竹
Ⓒ2017「東京喰種」製作委員会 Ⓒ石田スイ/集英社