「清原翔」タグアーカイブ

映画「うちの執事が言うことには」コミカライズ描き下ろしビジュアルお披露目!


映画情報どっとこむ ralph 2014年3月に角川文庫にて刊行されるや、その個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、瞬く間に9巻までシリーズ化された極上のミステリー小説「うちの執事が言うことには」が、待望の実写映画化、2019年5月17日(金)より全国ロードショーいたします。

主人公の名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎には、今年5月に「シンデレラガール」で鮮烈にデビューを果たし、年末のNHK紅白歌合戦への初出場も決定するなど、今最も勢いがあるグループKing & Princeの永瀬 廉。当主としては未熟で世間知らず、しかし、頭脳明晰で色彩に関しては特別な感知能力を持っているという唯一無二の個性溢れるキャラクターを繊細に演じ、映画初主演に挑みます。
そんな実写映画化に期待が高まる中、12月22日に新刊、原作小説シリーズ「うちの執事に願ったならば」第6巻とコミック「うちの執事が言うことには」第9巻が発売、映画のビジュアルをあしらった帯の展開も始まります。

映画情報どっとこむ ralph また同22日発売、「うちの執事が言うことには」コミカライズ連載中・月刊ASUKA2月号の表紙では、同コミックの作画を手がける音中さわき氏が映画ティザービジュアルの構図を、コミックのキャラクターで描き下ろし完全再現!映画の世界観がコラボする、貴重なビジュアルが完成しました!
さらには、月刊ASUKA2月号では、撮影現場のレポートなどを掲載、「うち執」大特集号となっています。

映画公開まであと半年!
原作小説&コミックスを読みながら、映画の世界に飛び込む準備をすれば、上流階級、社交界、執事・・・妄想膨らむ非日常、
独特の世界感に魅せられることまちがいなし!

【書籍情報】
タイトル:うちの執事に願ったならば 6
著:高里椎奈
イラスト:佐原ミズ
定価:560円(税別)
ISBN:978-4041069912
角川文庫刊
書籍サイト

電子書籍[BOOK☆WALKER]


【書籍情報】
タイトル:うちの執事が言うことには 第9巻
作画:音中 さわき
原作:高里 椎奈/キャラクター原案:佐原 ミズ
あすかコミックスDX
定価:580円(税別)
ISBN:978- 4041077412
あすかコミックスDX
書籍サイト

電子書籍[BOOK☆WALKER]

映画情報どっとこむ ralph 映画「うちの執事が言うことには」

【STORY】 
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。
《肖像写真のWEB掲載に関する注意事項》
・本リリースにおける出演者の画像データは、お渡しした素材1点に限りWEBでもご使用いただけます。
・お渡しした素材に関して、本件記事以外の用途での二次使用はできませんのでご注意ください。
・トリミングでの使用はご遠慮ください。

公式サイト:
http://uchinoshitsuji.com/

***********************************

永瀬廉(King & Prince) 清原翔 神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青 神尾楓珠 矢柴俊博 村上淳
原日出子 吹越満 奥田瑛二
監督:久万真路 脚本:青島武
原作:高里椎奈『うちの執事が言うことには』(角川文庫)
公開日:2019年5月17日(金)全国公開
配給:東映

©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会


King & Prince 永瀬 廉 × 清原 翔 不本意コンビ 一触即発!? 『うちの執事が言うことには』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、King & Prince 永瀬廉 × 清原翔 不本意コンビ 一触即発!? 『うちの執事が言うことには』の公開日が決定しました!2019 年 5 月 17 日(金)より、全国ロードショーとなります。

さらには、主人公の烏丸家第27代目当主・烏丸花穎(永瀬)と仏頂面の新執事・衣更月蒼馬(清原)の、上流階級ならでは の1シーンを切り取った、ティザービジュアルが解禁!

優雅な空間の中に意味深な絵画と散りばめられる花、極上のミステリーの 雰囲気を漂わせ、美しさの中に独特の世界観を醸し出しています。 これから2人にふりかかる、陰謀や事件とは――?


映画情報どっとこむ ralph King & Prince 永瀬 廉初主演映画 極上の上流階級ミステリー

『うちの執事が言うことには』

2019 年5 月17 日(金)公開決定

uchinoshitsuji.com

主人公の名門・烏丸家第 27 代当主の烏丸花穎には、今年 5 月に「シンデレラガール」で鮮烈にデビューを果たし、今最も勢いが あるグループ King & Prince の永瀬 廉。

当主としては未熟で世間知らず、しかし、頭脳明晰で色彩に関し特別な感知能力を 持っているという唯一無二の個性溢れるキャラクターを繊細に演じ、映画初主演に挑みます。

永瀬演じる花穎の新執事・衣更月 蒼馬役には、清原翔。
雑誌「MEN’S NON-NO」のモデルとしても活躍しながらも、2016 年より俳優活動を開始。来年には NHK 連続テレビ小説「なつぞら」の出演も決定している若手注目株の1人です。タイトルにもあるとおり、この物語の軸となる“執事役”を さりげない存在感で体現。若き当主と、仏頂面の執事――気が合わないどころか“一触即発”の不本意コンビが、名門・烏丸家に ふりかかる難事件に挑みます。

監督は、廣木隆一・富岡忠文・平山秀幸・西川美和・李相日などの監督作品に助監督として参加し、映画『白鳥麗子でございま す!THE MOVIE』(16年)やWEBドラマ「火花」(16年/Netflix)でメガホンをとった久万真路。脚本を手がけたのは、『ツレ がうつになりまして。』(11年)『グラスホッパー』(15年)『追憶』(17 年、原案・脚本)の青島 武。日本を代表する国民的俳 優・高倉健の遺作となった『あなたへ』では第 36 回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞しています。


【登場人物】

◆烏丸 花穎(からすま・かえい)<永瀬 廉(King & Prince)> 名門・鳥丸家 27代目当主、18 歳。色彩感知能力が高く、目を庇うためにいつもメガネをかけている。

◆衣更月 蒼馬(きさらぎ・そうま)<清原 翔> 烏丸家の新執事。仏頂面であまり感情を表に出さない。前執事の鳳に心酔している。

◆赤目 刻弥(あかめ・ときや)<神宮寺勇太(King & Prince)> 大学生で企業家。パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー。花穎に親しげに近づくがミステリアスな面を持つ。


物語・・・
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、 しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から 戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青 年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になっ た花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎 は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にし て起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が 降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。 《肖像写真の WEB掲載に関する注意事項》 ・本リリースにおける出演者の画像データは、お渡しした素材1点に限り WEB でもご使用いただけます。 ・お渡しした素材に関して、本件記事以外の用途での二次使用はできませんのでご注意ください。 ・トリミングでの使用はご遠慮ください。

***********************************

永瀬 廉(King & Prince) 清原 翔 神宮寺勇太(King & Prince)
原 作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)
監督:久万真路
脚本:青島 武
配給:東映 ©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会


King & Prince の永瀬廉 初主演映画『うちの執事が言うことには』クランクアップ!執事役も解禁に!


映画情報どっとこむ ralph 5 月に「シンデレラガール」で鮮烈デビューを飾ったアイドルグループ King & Prince の永瀬 廉初主演映画『うちの執事 が言うことには』の撮影が、無事、クランクアップを迎えました。

原作は、角川文庫同名小説。
2015年11月からはコミックス(あすかコミックス DX1~8 巻)にもなり、さらに は 2017 年 3 月から新シリーズ「うちの執事に願ったならば」(1~4巻)も刊行される等、勢いが止まらぬヒットシリーズ作品です。

キンプリ永瀬さんは、本作が映画初主演ながら、英国帰りで、社交界の名門・烏丸家第 27 代当主となる主人公・烏丸花穎(からすまかえ い)役に挑みます。

5月 17 日にクランクインした撮影も、6月中旬に無事オールアップ。
永瀬さんは自身初主演の映画のクランクアップに、

永瀬さん:まだまだ未熟な僕だったので、皆さんにご迷惑をおかけしたことも多々あったと思いますが、この1ヶ月間、花穎として本当に楽し く演らせていただきました。僕の初主演映画がこの作品で、一緒に作り上げてくださった方々がみなさんで本当によかったと思って います!

と、感極まった様子で挨拶をしました。そして、すでに2日前にクランクアップをしていた King & Prince のメンバーであり、 本作では赤目刻弥役として出演をしている神宮寺勇太さんがサプライズで駆けつけ永瀬さんの労をねぎらうと、永瀬さんの目から大粒の涙が こぼれました。

映画情報どっとこむ ralph
さらに、本作には欠かせない物語の要となる、烏丸家 執事・衣更月蒼馬(きさらぎ・そうま)役を、俳優の清原翔さんが演じてい ることが遂に解禁!!!

清原さんは、1993 年 2 月 2 日生まれ、神奈川県出身。2016 年より俳優活動を開始。雑誌「MEN’ S NON-NO」のモデルとしても活躍中。

【衣更月 蒼馬(きさらぎ・そうま)役 清原 翔 コメント】
出演のお話を頂いたとき「執事」というものが、日常ではほぼ触れないものだったので、作法や言葉使いが自分とは正反対すぎて 漠然と大変なんだろうなと想像していました。実際に撮影に入り、カメラが回っていてセリフもある中で執事の作法で動いてみると その大変さは想像以上でした。永瀬くんとは初対面、初共演だったんですが、すごく愛されキャラなんだと思います。現場でも明 るくみんなに愛されていました。 僕は最初なかなか馴染めずにいたんですが、永瀬くんがどんどん話しかけてきてくれてたおかげで 仲良くさせて頂きました。最初に脚本を読ませて頂いたときに思った「面白い」という感情が、観てくださる方にもちゃんと伝わる作 品になればと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 永瀬さんと清原さんは、「上流階級」という独特の設定だったため、日本バトラー&コンシェルジュ代表の新井直之さん氏に所作指導を受けるなどして撮影に挑み、当主と執事という日常では体験しにくい主従関係を初共演とは思えぬほどの絶妙なコンビネーションで魅せて います。

ちなみに、永瀬さんより一足先にクランクアップをしていた清原さんは、永瀬さんのクランクアップ当日は撮影が入っていたため、こちらも サプライズで電話にてクランクアップを祝ったとのこと。

映画『うちの執事が言うことには

烏丸家の優雅な朝食時の 27 代目当主・花穎と、執事・衣更月の場面写真が解禁!若き当主と仏頂面の執事が、 名門・烏丸家にふりかかる陰謀や事件の謎を解き明かす。

極上の上流階級ミステリーの誕生にご期待ください。

uchinoshitsuji.com


監督は、廣木隆一・富岡忠文・平山秀幸・西川美和・李相日などの監督作品に助監督として参加し、映画『白鳥麗子でございま す!THE MOVIE』(16年)やWEBドラマ「火花」(16年/Netflix)でメガホンをとった久万真路。脚本を手がけたのは、『ツレ がうつになりまして。』(11年)『グラスホッパー』(15年)『追憶』(17 年、原案・脚本)の青島 武。日本を代表する国民的俳 優・高倉健の遺作となった『あなたへ』では第 36 回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞しています。

物語・・・
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、 しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から 戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青 年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になっ た花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎 は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にし て起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が 降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。

***********************************

永瀬 廉(King & Prince) 清原 翔 神宮寺勇太(King & Prince)

原作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)
監督:久万真路
脚本:青島 武

配給:東映
©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会


桐谷美玲、清原翔2018年の抱負を一足早く“書き初め”で披露!映画『リベンジgirl』


映画情報どっとこむ ralph 12月23日(土・祝)に公開し、自分の目標に向かって真っ直ぐに突き進む美輝の姿や、鈴木伸之演じる政治秘書・門脇俊也との絶妙な掛け合いに「背中を押してもらえた!」「とにかく笑えるし、感動するし、胸キュンできる!!」との声がSNS上で続出中。そんな本作の公開を記念し、スペシャルイベントを実施する運びとなりました。
当日は主演の桐谷美玲さん、清原翔さん、そして三木監督が登場。観客とのティーチインに加え、年越しを目前に控え、新年へ向けての抱負を大発表!!

映画『リベンジgirl』 公開記念イベント
日時:12月27日(水)
場所:新宿ピカデリー
登壇:桐谷美玲、清原翔、三木康一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 暖かな拍手に迎えられて桐谷美玲さん、清原翔さん、三木康一郎監督が登場。

桐谷さん:今日は年内最後のイベントになります!沢山の方に来ていただけて嬉しいです!

清原さん:今日は年内最後の・・・今年一良い舞台挨拶にしようと思っています。

三木監督:年内最後。今日は来ていただいてありがとうございます。

との挨拶。

MCが2回以上見た方!と観客に聞くとかなり多くの方の手が上がる会場。

桐谷さん:ありがとうございます。観てくれた友達は凄い強烈なキャラだね!って、それから、ずっと出っぱなしなので大変だったでしょうとねぎらいの言葉をくれて。テンポが良くて面白かったと言われました。

と、周りの反響を話すと

清原さん:嬉しいことに、「嫌な奴だった!」と言っていただけて、嬉しかったです。

と、演じた役になり切った事に対し役者冥利に尽きる言葉をもらったそう。

監督はお母さんから

三木監督:あの娘はずっと喋ってて大丈夫なのかい?って。大変だったんじゃないかと言ってました。

との話に桐谷さんは、大丈夫だと伝えて欲しいと回答。

映画情報どっとこむ ralph ここで、観客からの質問コーナーに。

Q:いろいろな服を着ていますが、お気に入りは

桐谷さん:47パターン着たので・・・印象に残っているのは、ピンクのワンピースとか、赤いドレスとか。白のジャケットとパンツですね。
清原さん:何度も言ってますが、海での白パーカーですね。ラフな格好なので好きですね。

と、答え、監督は塗れたピンクの衣装だそう。

Q:いろんな政党が出てきますが、もし自分たちが造るとしたら

監督:女性を大切にする政党。

清原さん:そこに僕入ります。あ、やっぱ男女平等党を作ります。

桐谷さん:なんだろ・・・ペットを大事にする政党。あとはおいしいものをみんなで食べようよ政党。前向きになるので。
監督:桐谷さん、トカゲとか大丈夫で、掴みますよね?

桐谷さん:好きなんです。犬を飼ってますし。道端にいるトカゲとかカエルも好きなんです。トンボこうやって指先に止めて捕まえてました。
と、動物全般が好きだと明かす桐谷さん。

映画情報どっとこむ ralph そして!年の瀬!と言うことで来年2018年の抱負を書初め(納め?)を発表!

清原さん:清原翔。徐々に認知していただけて、来年はもっと確立したいと思います。

三木監督:リベンジ。今年出来なかったことを来年したいです。私生活面で。

桐谷さん:トライ!リベンジgirlの中でも挑戦して頑張ってる。刺激を受けたので。。。何に挑戦するか・・・わたし、基本的に家で丸まってるので体を動かすとか。スポーツはハードルが高いので、ヨガをやります。漫画とかゲームはやめないですけどね。仕事面では28歳になってるので、年相応な大人な一面を見せたいと思います。

と来年は大人桐谷さんが見られそう。


最後に・・・

三木監督:コメディは演じる側は難しいチャレンジです。ありえない状況をどう演じるか、桐谷さんはすごく悩み、最後にはしっかりした答えをもって
演じてくれて出来上がった作品です。桐谷さん御演技と様々な表情を堪能してください!

清原さん:この映画を観て、何かを始める気抱えはどうでもよくて、過程が大事だなと思いました。頑張る気力が無くなったら、また見て見て下さい!

桐谷さん:9月に撮影が初なってから今日までリベンジgirl一色でした。皆一丸となって作りました。この後も引き続きこの映画を愛してください!

リベンジgirl

公式HP:
http://revengegirl-movie.jp/
Twitter:
@revengegirl1223

***********************************

監督:三木康一郎(『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『覆面系ノイズ』)

主題歌:JY「Seacret Crush~恋やめられない~」■原作:清智英・吉田恵里香「リベンジgirl」(KADOKAWA刊)
脚本監修:吉田恵里香(『ヒロイン失格』)
脚本:おかざきさとこ

出演者:桐谷美玲 鈴木伸之 清原翔 馬場ふみか 竹内愛紗・佐津川愛美/大和田伸也/斉藤由貴

製作幹事:ギャガ / ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(C)2017 『リベンジgirl』製作委員会


斎藤由貴 桐谷美玲の根性見たと絶賛!『リベンジgirl』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画『リベンジgirl』初日舞台挨拶が行われ、主演の桐谷美玲さんをはじめ、鈴木伸之さん、馬場ふみかさん、清原翔さん、竹内愛紗さん、斉藤由貴さん、そして三木監督が登壇した。

映画『リベンジgirl』 初日舞台挨拶
日時:12月23日(土・祝)10:00~10:30
場所:丸の内ピカデリー
登壇:桐谷美玲、鈴木伸之、馬場ふみか、清原翔、竹内愛紗、斉藤由貴、三木康一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 6名のキャストと監督が登壇すると満員の観客から、大きな歓声が上がり、クリスマスカラーの真っ赤なドレスで登場した桐谷さん。

桐谷さん:朝早くから、こんなにたくさん集まっていただき、ありがとうございます!撮影から初日までがすごく短かったんですが、その分すごく印象に残る作品になりました!クリスマスということと、初日なので華やかにしようと思い、このドレスを選びました。

と初日の喜びと共にコメント。

鈴木さんは、清原さん、監督ともにパーマ系の髪型であることから、

鈴木さん:今日は、男性3名全員の髪型が似ているんですよね(笑)

と挨拶し、会場を沸かせた。続き

斉藤さん:桐谷さんを見ているのが眼福でした!そして、敏腕政治秘書という役ですので、キャラクター的には自分とは遠いけど、“如月凪子”というすごく素敵な役名をいただいたので、凪のように美輝を育てていくことを念頭に演じました。

と役に対する思いを語った。

映画情報どっとこむ ralph 今回ほぼ初共演となるキャストたちは、リレー形式でそれぞれの印象を吐露。

桐谷さん:鈴木さんはすごく強そうと思っていたけれど、寒がりだったり、虫が苦手だったり、高いところが苦手だったり、可愛い印象に変わりました(笑)。

と話すと、鈴木は照れた様子。それに対し

鈴木さん:桐谷さんは、TVのイメージ通り、ずっと姿勢もよく、凛としていて、真面目なイメージ通りだったんですが、すごく気さくで初日から話しかけてくださったので、現場に参加しやすかったです。

と明かします。そして、急遽音声が途切れてしまうマイクトラブルにも、

鈴木さん:俺は地声でいけるから!

と場をつなぎ、先程の桐谷さんが鈴木さんに抱く印象とは違った男らしさを魅せました。

さらに監督は、斉藤の印象を

監督:ずっと若い時から大好きでして、現場ではセリフを小さい声で練習していて、小動物のようで可愛いと思っていました。

と完全にファン目線からコメント。すると

斉藤さん:正直に申し上げると、私はセリフ覚えが悪く、気をかけてまして(笑)でも、私からすると監督のほうが、小動物のような、ビーバーっぽいと思いました。

と冗談を交え場を和ましました。加えて

斉藤さん:桐谷さんの印象は最初に台本を読んだ時、すごくハードルの高い台本で、なんて難しい役柄なんだと思いましたが、桐谷さんがその役柄を作っていこうとチャレンジしている姿を見て、普段、華奢で可愛らしい容姿に注目が集まりがちですが、彼女の内面の根底にある根性みたいなものを感じました。そして、とにかくなによりも眼福でした!

と話すと、すかさず

桐谷さん:頑張って良かったなって思います!!

と嬉しそうに笑顔を見せた。

映画情報どっとこむ ralph また先日、京都の清水寺で毎年恒例の『今年の漢字』が発表されたことにちなみ、『リベンジgirl』を漢字一文字に例えるコーナーでは、

竹内さんは、“一番最初の映画で、一番緊張していて、一番心に残る作品になったらいいなという思い”から『一』、

清原さんは、“初めての経験が多かった現場だった”ことから『初』。

馬場さんは、“撮影の現場も愛のある暖かい現場で、愛される力を伝える役柄”から『愛』。

斎藤さんは、“総理大臣を目指し、困難を克服していくストーリー“から、『勝』。

鈴木さんは、“美輝のサポート役で 難しい役柄に挑んでいった桐谷”から、『挑』。

監督は、“キャスト、スタッフ全員が前に進んでいこうという気持ちが感じられた現場だった”ことから『進』。

と、それぞれチョイス!

桐谷さん:役名でもあり、みんなで一緒に一生懸命頑張って作った作品だし、宝のように皆さんの心に残ってほしいので『宝』にしました!

と作品に対する思いを語った。、

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・


桐谷さん:初日を迎え、これから見てもらえると思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。頑張る女の子の成長を描いた作品です。この映画を見た後に、また明日から何か頑張ろうって思ってもらえたり、一歩踏み出してみようと、背中を押せるような作品になったら良いなと思います!

語り、舞台挨拶を締めくくりました。

リベンジgirl

公式HP:http://revengegirl-movie.jp/
Twitter:@revengegirl1223

***********************************

監督:三木康一郎(『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『覆面系ノイズ』)

主題歌:JY「Seacret Crush~恋やめられない~」■原作:清智英・吉田恵里香「リベンジgirl」(KADOKAWA刊)
脚本監修:吉田恵里香(『ヒロイン失格』)
脚本:おかざきさとこ

出演者:桐谷美玲 鈴木伸之 清原翔 馬場ふみか 竹内愛紗・佐津川愛美/大和田伸也/斉藤由貴

製作幹事:ギャガ / ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(C)2017 『リベンジgirl』製作委員会