「淵に立つ」タグアーカイブ

ディーン・フジオカ『海を駆ける』公開に向け、深田晃司予習上映に古舘寛治、二階堂ふみ 登壇!


映画情報どっとこむ ralph この度、深田晃司監督の最新作『海を駆ける』の公開に向け、深田晃司予習上映がキネカ大森にて行われました!

上映作品は第35回ナント三大陸映画祭グランプリ・金の気球賞&若い審査員賞受賞し、第17回タリン・ブラックナイト映画祭最優秀監督賞受賞した『ほとりの朔子』(‘14年)と第69回カンヌ国際映画祭にて、「ある視点」部門の審査員賞を受賞した『淵に立つ』(’16年)の2作品が上映されました。上映・イベント終わりは22時と遅いイベントにも関わらず、チケットは完売!!

イベントでは、深田晃司作品代表として、『ほとりの朔子』から古舘寛治さんと二階堂ふみさんが登場。
深田監督は来週26日には新作『海を駆ける』が公開することもあり、その撮影についても語っていただき、深田監督の作品にどっぷり浸れる濃密イベントとなりました!

日程:5月19日(土)
場所:キネカ大森
登壇:古舘寛治、二階堂ふみ、深田晃司監督

映画情報どっとこむ ralph 『ほとりの朔子』 について

深田監督:まず、またスクリーンで上映して頂き、この二人と語れるのはとても嬉しいですね!この作品は2012年に撮影したのですが、前作の『歓待』を二階堂さんが雑誌のベストテンに選んでいただいて、その少し後に多摩映画祭でお会いし、一緒に映画が作れたらいいですねと、言っていたのがきっかけでしたね。
この作品に出演されていた古舘さんは二階堂さんの印象について、

古舘さん:二階堂さんは当時17歳で、今と変わらないのですが、若かったですね~大人びてきて感慨深いですね。

と久々の再会に成長を感じたよう。これに対し、

二階堂さん:古舘さんは私が20歳になり、一緒にお酒を飲めるようになってからはそんなことなかったんですけど、当時は謎の多い人でしたね。お芝居を一緒にさせて頂き、先を意識しないで演技をしていて、普段の会話に近いような感覚で、素の反応が出来る不思議な感覚でした。

と、褒められ

古館さん:良いですね!プライベートだと絶対言ってくれないから、皆さん(お客さん)がいるからですよ!

と少し恥ずかしそうな古舘さん。

映画情報どっとこむ ralph 監督の演出に対しては・・・・

二階堂さん:深田監督はどういう風に息をするか、川を自分の体をどういう風に使い吸収するか、どう演出するかロジックを教えて頂き、物理の授業のようでした。

古舘さん:監督は当時は、みんなにどう言っていいのかみたいな感じはありましたが、いつの間にかそれを感じさせない“監督”になっていましたね。映画は監督の座組によって、色が全然変わってくるのですが、深田監督はとても穏やかですね。心地よくて、悪い意味ではなくてキャストみんなが生き生きして意見が言いやすい環境がありましたね。

との意見に

深田監督:やはりプレッシャーが強いと良いところや良い偶然が出にくいですよね、たまたまみんなと意見交換してて出てきたことを試す環境が楽しいですし、本作の中でもそういうシーンはありましたね。

と皆さんキャストが等身大で演じれたと監督の演出を語っていただきました。

映画情報どっとこむ ralph 『淵に立つ』について

本作で「ある視点」部門を受賞し、行ったカンヌについて聞かれ
古舘さん:まさか、自分が参加した作品が行くなんて、ずっと浮いているような感覚でしたね。でも財布無くしたり色々ありましたけど(笑)

と当時カンヌはホテル代が高いから基本相部屋だったそうで、

古舘さん:期間よりもう少し滞在したくて自腹でホテルとりましたよ!

と当時の様子を振り返っていました。

映画情報どっとこむ ralph お客さんのQ&Aの時間になり、

Q.『ほとりの朔子』にはカラフルな衣装が印象深いですが、二階堂さんも衣装について思い出はありますか?

二階堂さん:衣装は荒木里江さんが入っていて、監督との打ち合わせで70年代っぽい衣装になっていましたね。あるシーンで私が黒いジャケットを着ているのですが、それ私物でして…(笑)

と思わぬ裏話に

深田監督:そうそう、スタイリストさんも用意して頂いていたんですけど、ばたばたしていて、いつの間にかカメラが回っていましたね(笑)

二階堂さんの劇衣装で、

古舘さん:チューブトップでホットパンツの衣装があり、気付いたらその衣装に変わっていて、びっくりして反射的に『ハダカじゃん!』って言ったら二階堂さんにめちゃくちゃ怒られましたね(笑)

Q.深田監督の作品に数々出演される太賀さんについて

深田監督:昔作った映画で“たかし”という役を出して、そこから男性のキャラクターで“たかし”という名前が一番自分の中でベタでして、そこで太賀さんには毎回“たかし役”を演じてもらってますね。太賀さんに嫌と言われない限り、また“たかし”でお願いしたいですね。

と、今までの太賀さんが出演した作品全て“たかし”という名前がついている裏話も話していただきました。

Q.新作『海を駆ける』について

深田監督:日本人スタッフの中に、インドネシア人スタッフが入るのではなくて、日本人スタッフが入り新鮮でした。時間の切り分けがしっかりしていて、何時から何時は撮影で、と集中した良い雰囲気でしたね。お昼休みには、すごくリラックスしていて急に皆で歌い出していて、日本人に合わせてくれて“乾杯”で歌ってくれたのですが、全然日本人が歌詞が分からなくて携帯で調べたりして、“完敗”でしたね(笑)

二階堂さんと古舘さんも『海を駆ける』是非、見たいですね!と観客ともども期待高まるイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 海を駆ける
2018年 5月26日 テアトル新宿、有楽町スバル座ほか全国ロードショー

公式HP:umikake.jp

物語・・・
インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すが正体は不明。その謎の男にラウ(=インドネシア語で「海」)と名付けて預かることになった、災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシたち。その周辺で謎の男・ラウは様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくーー果たしてラウは何者なのか…

***********************************

キャスト:
ディーン・フジオカ 太賀 阿部純子 アディパティ・ドルケン セカール・サリ 鶴田真由

スタッフ:
監督・脚本・編集:深田晃司

企画制作:日活
配給:日活 東京テアトル
©︎2018 “The Man from the Sea” FILM PARTNERS


いよいよ21日発表!!アジア版アカデミー賞は誰の手に!?


映画情報どっとこむ ralph アジア版アカデミー賞「第11回アジア・フィルム・アワード」の授賞式がいよいよ、来週3月21日(火)に、香港を代表する文化芸術ホールである、香港カルチャーセンター 「グランド・シアター」にて開催されます。授賞式にはアジア各国・地域より多数のゲストが参加し、各賞の受賞発表・表彰が行われます。

日本からは、浅野忠信さんや、前田敦子さん、深田晃司監督ほか、多くのゲストが参加します。

またアジア各国からもツイ・ハーク監督、女優のファン・ビンビンさん、ムン・ソリさん、マイケル・ホイさんほか、多数の豪華映画人が参加予定です。

アジア版アカデミー賞は誰の手に!?

映画情報どっとこむ ralph 「第11回アジア・フィルム・アワード」授賞式
開催日: 2017年3月21日(火)
場所: 香港カルチャーセンター「グランド・シアター」

現地入り予定の主な邦画ノミネート・ゲスト一覧

・ 最優秀作品賞ノミネート: 『淵に立つ』
・ 最優秀監督賞ノミネート: 深田晃司監督(『淵に立つ』)
・ 最優秀主演男優賞ノミネート: 浅野忠信(『淵に立つ』)
・ 最優秀助演女優賞ノミネート: 前田敦子『モヒカン故郷に帰る』)
・ 最優秀新人賞ノミネート: 佐久本宝(『怒り』)
・ 最優秀編集賞ノミネート: 今井剛(『怒り』)
・ 最優秀撮影賞ノミネート: 山崎裕(『海よりもまだ深く』)
・ 最優秀美術賞ノミネート: 部谷京子(『リップヴァンウィンクルの花嫁』)
・ 最優秀視覚効果賞ノミネート: 大屋哲男(『シン・ゴジラ』)

海外からの主な参加予定ゲスト(順不同・敬称略)

ジャ・ジャンクー/監督(審査委員長)、ツイ・ハーク/監督(特別功労賞受賞)、サミー・チェン
/女優(Excellence in Asian Cinema賞受賞)、ジェリー・リン/女優(Rising Star of Asia賞受賞)
マイケル・ホイ/俳優(主演男優賞ノミネート/『ゴッドスピード』)、ファン・ウェイ(主演男
優賞ノミネート/『Mr. No Problem』)、ファン・ビンビン/女優(主演女優賞ノミネート/『I Am Not
Madame Bovary』)、ムン・ソリ/女優(助演女優賞ノミネート/『お嬢さん』

※当日アワードの様子は、中国の動画配信サービス:Mango TV (www.mgtv.com)で生中継される予定です。
※上記の参加ゲストは変更の可能性あり。



アジア・フィルム・アワード
(主催:アジア・フィルム・アワード・アカデミー)
2007 年よりはじまったアジア映画を対象とした映画賞。東京国際映画祭は 2013 年より、香港国際映画祭、釜山国 際映画祭と共にアジア・フィルム・アワード・アカデミーを創設。アジアの映画業界と連携し、その前年に活躍されたアジアの 映画/映画人を表彰し、アジア映画ファンの創出、世界へのアジア映画の振興、文化交流を図っています。

アジア・フィルム・アワード公式サイト(英語):http://www.asianfilmawards.asia/
アジア・フィルム・アワード Twitter アカウント(英語):@AFAA
アジア・フィルム・アワード Twitter ハッシュタグ(英語):#11AFA #AFA #AsianFilmAwards #亞洲電 影大奬


***********************************



第11回アジア・フィルム・アワード各ノミネート発表


映画情報どっとこむ ralph 2017年3月21日(火)に香港にて開催される、アジア全域版アカデミー賞「第11回アジア・フィルム・アワード」(AFA)の記者会見が本日香港にて開催され、各ノミネートが発表されました。

本年は、アジア28カ国・地域、約1,600本の映画より12カ国・地域34作品73ノミネート(全15部門)があり、日本からは作品賞候補として深田晃司監督の『淵に立つ』が選出された他、全部門にてノミネートされました。

作品賞ノミニー

作品名 Film Title 電影名稱
製作国・地域 Country / Region 國家 / 地區

哭声 コクソン The Wailing 哭聲
韓国 South Korea 南韓

密偵(原題) The Age of Shadows 密探
韓国 South Korea 南韓

淵に立つ Harmonium 吹不響的小風琴
日本 Japan 日本

ゴッドスピード Godspeed 一路順風
台湾 Taiwan 台灣

I Am Not Madame Bovary I Am Not Madame Bovary 我不是潘金蓮
中国 Mainland China 中國大陸

映画情報どっとこむ ralph 本年の審査委員長は、中国社会の変化を描いた作品で、国際的に高い評価を得てきた、現代中国映画を代表する名匠ジャ・ジャンクー監督。審査委員は香港・台湾で活躍する人気女優カリーナ・ラムや、国際映画祭プログラマー、批評家、業界関係者などが務めます。

第11回アジア・フィルム・アワード授与式は、2017年3月21日(火)に、クリエイト香港/香港映画発展基金による支援のもと、香港を代表する文化芸術ホールである、香港文化センターのグランド・シアターにて開催されます。

映画情報どっとこむ ralph アジア・フィルム・アワード (主催:アジア・フィルム・アワード・アカデミー)
2007年に創設されたアジア映画を対象とした映画賞。東京国際映画祭は2013年より、香港国際映画祭、釜山国際映画祭と共にアジア・フィルム・アワード・アカデミーを創設し、アジアの映画業界と連携し、その年のアジアの映画人を表彰しスポットライトを当てることでアジア映画ファンの創出、世界へのアジア映画の振興、文化交流を図っています。

アジア・フィルム・アワード公式サイト(英語):
www.asianfilmawards.asia
***********************************

     


高崎映画祭で『淵に立つ』最優秀作品賞、筒井真理子が最優秀主演女優賞に!


映画情報どっとこむ ralph 自主上映を行う市民グループによって開設された映画ファンのための映画ファンによる純粋な真の映画祭として映画製作者からも愛されている映画祭の一つ。

国内ではいまだにムーブオーバー上映が続いていて、今後世界各国での上映が決定している深田晃司監督作『淵に立つ』がその第31回高崎映画祭で見事最優秀作品賞、筒井真理子が最優秀主演女優賞を受賞しました。筒井真理子はヨコハマ映画祭に続き二冠目。
高崎映画祭は1987年より群馬県高崎市にて、毎年3月下旬から4月上旬頃にかけて開催される大変由緒ある映画祭です。多くの俳優、監督らから愛されて今日まで続いています。3月26日(日)の授賞式には、深田晃司監督と筒井真理子がともに出席致します。

高崎映画祭HP:
takasaki.film.gunma.jp

『淵に立つ』は世界各国での公開も決まっており、フランスやカナダ、スイス、イギリス、トルコ、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、キプロス、ギリシャ、ブラジル、香港、中国、台湾、タイ、そして東南アジアや東ヨーロッパ地区など、現在20ヶ国以上での公開が決定している。フランス、アメリカ、イギリスは2017年前半公開を予定しています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『淵に立つ』

『歓待』『ほとりの朔子』『さようなら』など話題作を世に出し続け、本作で小説家デビューも決定した深田晃司監督。圧倒的な人間描写で“家族”を問い直す、2016年最大の衝撃作―郊外で小さな工場を営む夫婦とその一人娘。ある日、夫の旧い知人だという男がやって来て、奇妙な共同生活が始まるが、やがて男は残酷な爪痕を残して去っていく…。

30代の若さで世界の映画シーンにその名を刻み続ける深田晃司監督の最新作が、カンヌ国際映画祭に初参加でいきなり公式部門にノミネートされ受賞を果たした!カンヌでは「日本で最も創造的な映画監督の1人」「ロベール・ブレッソンや大島渚を彷彿とさせる」など世界が熱狂・絶賛した、未だかつて誰も見たことのない衝撃の家族ドラマ。

主演は、マーティン・スコセッシ監督『沈黙-サイレンス-』など国際的活躍もめざましい浅野忠信が、怪しくも魅力的な佇まいで家族を翻弄する男を熱演!

夫婦役には、深田組常連俳優の古舘寛治が寡黙な夫役で新境地を見せ、変幻自在な演技が評判の筒井真理子が妻の心身の変化を凄まじいまでの説得力で体現。そのほか、日テレ「ゆとりですがなにか」の強烈なキャラクターで話題となった若手俳優要注目の太賀が重要な役どころで出演している。また、本作の製作陣は、国内外で大ヒットした『あん』の主要メンバーによる製作チームで、フランス(COMME DES CINEMAS)と共同制作が行われた、日仏合作となる。

全国ロードショー中!渋谷アップリンク公開中。

fuchi-movie.com

***********************************

監督・脚本・編集:深田晃司

出演:浅野忠信、筒井真理子、太賀、三浦貴大、篠川桃音、真広佳奈、古舘寛治

主題歌:HARUHI「Lullaby」(Sony Music Labels Inc.)
小説:「淵に立つ」深田晃司著(ポプラ社/9月15日刊行)


切なさと家族の温かさを・・・佐藤みゆきx福地祐介『真白の恋』


映画情報どっとこむ ralph 2 月25 日(土)よりアップリン ク渋谷より全国順次公開『真白の恋』のご紹介。

この作品『あん』『淵に立つ』のエレファントハウスが配給 第 4 回なら国際映画祭インターナショナルコンペテ ィション部門 観客賞を受賞したもの。

この映画祭では、切なさと家族の温かさと富山県射水市の風景が観客の心をつかんだ話題作。

監督は冨樫森監督、呉美保監督らのもとで助監督経験を積み、本作が初の長編となる坂本欣弘さん。

映画情報どっとこむ ralph
脚本は軽度の知的障がいのある実弟をもつ北川亜矢子さんによるオリジナル脚本。

本作にて映画初主演となる佐藤みゆきさんは軽度の知的障がいをかかえる女の子〈渋谷真白〉という難しい役どころを演じています。真白が想いを寄せるカメラマン〈油井景一〉にはシンガポールで活躍中の福地祐介。

真白を大切に思うあまり過保護になってしまう父を長谷川初範が演じています。

真白は兄の 結婚式で訪れた神社で、撮影のために東京からやってきた油井と出会う。真白 は地元住民のみぞ知っている撮影スポットへ油井を案内する代わり、カメラ を教えてもらうことに。無邪気にカメラを構える真白と無邪気な真白につられて笑顔を見せる油井の 2 ショットは撮影前日に奇跡的に降り積もった雪に よって、より魅力的なシーンとなっています。

映画情報どっとこむ ralph また 昨年末に結婚した及川奈央が真白の兄と結婚する美咲役を演じ、自身初となる白無垢姿を 披露している。 富山県出身の坂本監督による富山オールロケの本作。
公開を記念して、 本作の‟真白”にちなんだ地元産の白い商品(たまご、牛乳、蒲鉾、大福、 白モツ、昆布パン)とコラボレーション。コラボ商品を購入すると映画の チケットやグッズが当たるキャンペーンもスタート。よりご当地を盛り上 げている。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

『障がいをもっているからって、普通の恋しちゃいけないの?』 渋谷真白は、生まれてからこれまで、家族と共に富山で暮らしている。見た目にはそれとわからないが、真白 には、ごく軽度の知的障がいがある。日常生活に支障はなく、現在は父の営む自転車店の店番をしたり、飼い 犬の世話をしたりと、元気に暮らしている。ある日、兄の結婚式で神社を訪れた真白は、東京からやって来た フリーカメラマン、油井景一に出会う。真白の生まれて初めての恋。応援する人、心配する家族。その中で真 白は何を感じ、どう成長していくのか…。自然豊かな富山に暮らす、ひとつの家族の、「優しさ」と「葛藤」 を描く。この映画が、あなたの心に響くことを願って

真白の恋

2月25日アップリンク渋谷より全国順次公開/2月11日より富山県先行公開です。

公式 HP:
mashironokoi.com

***********************************

出演:佐藤みゆき 岩井堂聖子 福地祐介 山口詩史 杉浦文紀 及川奈央 村上剛基 深川格 内田もも香 長谷川初範

監督:坂本欣弘
原作・脚本:北川亜矢子

音楽:未知瑠
エグゼクティブプロデューサー:松下康平
協賛:プロデューサー:松尾直樹
プロデューサー:坂本欣弘 北川亜矢子 深川格 増田英明

制作プロダクション:sagan pictures
配給:エレファントハウス
協賛:株式会社ZEエナジー 優希株式会社 gallery COEXIST-TOKYO 株式会社ブライダルコアあなだ
特別協賛:株式会社アースプラス
Ⓒ sagan pictures