「深田晃司」タグアーカイブ

深田晃司~松本花奈まで多くの監督ら賛同!映画で寄付する『Donation Theater』西日本豪雨災害への支援金募集


映画情報どっとこむ ralph この度、西日本豪雨災害に対する支援金募集の為にDonation Theaterが立ち上がりました!
商業映画監督から若手監督まで総勢 商業映画監督から若手監督まで総勢30名以上が活動に参加し作品を提供しています。

西日本豪雨災害に対し、映画の作り手からも何かできないかという想いに、共感、賛同してくれた映画の作り手達が、被災地支援のための支援を開始しました。映画の作り手の方達に、作品を無償で提供していただき、8月中旬から1カ月間、専用のサイトでWEB配信いたします。その視聴権を一般の方々に広く購入頂き、決済手数料を除く全額を被災地域への支援。

『映画の作り手が何か自分達でできることから始めようということで、今回、このような寄付シアターが立ち上がりました。映画を撮って、被災地の状況を伝えることも大事ですが、「私達も、あなた達のことを思っています」ということを今、被災地の方々に伝えられたらと、願っています。』

との主催者側のクリエーターたちの想いが形となりました。

賛同監督の中には、2年前のカンヌ国際映画祭で審査委員賞を受賞した深田晃司監督を始め、国内外の映画祭で受賞した監督達の旧作など、なかなか、観る機会の少ない貴重な作品も含まれます。賛同作品は、現在60数作品ですが、権利を交渉中の作品など、これからも増えていく予定です。
(活動に賛同いただける団体、および映画監督、映画作品を募集しているそうです。 )

寄付は、1500円からお申込みいただけます。金額の大小に関係なく配信期間中の視聴権を得ることができます。Paypalか銀行振込が選べます。

映画情報どっとこむ ralph 「Donation Theater – 映画で寄付する 映画で寄付するWEBシアター」

平成30年7月西日本における豪雨災害、被災地支援活動に賛同する映画監督とともに、被災地のための支援金の募集を開 始いたします。WEB配信する映画作品の視聴権をご購入頂き、その全額(決済手数料を除く)を被災地域への支援とさせていただきます。

【寄付の概要】
■寄付の受付期間:2018/07/13〜8/31まで
■寄付方法:視聴権の購入がそのまま寄付となります。(クレジットカード決済もしくは銀行振込)
■寄付先:被災都道府県、被災市町村への義援金もしくは被災地支援団体への支援金(ピースウィンズ・ジャパン)
※期間中に集まった金額より、クレジット決済にかかる費用を除いた全額を寄付いたします。
■8月中旬より、参加する映画監督が提供する作品をWEB配信します。寄付いただいた方には金額の大小にかかわらず配 信期間中の視聴権を得ることができます。(8月中旬より配信開始。開始後30日間配信予定)

映画情報どっとこむ ralph 【インディペンデント映画界を代表する団体が協力として参加。総勢30名を超える映画監督が集結】
第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した『淵に立つ』の深田晃司監督をはじめ、国内外の映画祭 で高く評価される監督が集結。長編作品、短編作品、DVD化されていない初期作品や、完成してまもない最新作、ドキュ メンタリーやアニメーションまで、支援活動に賛同する監督たちがチョイスした様々な映画を視聴できます。参加監督、 制作団体や映画祭などの協力団体も引き続き募集します。

日本映画インフラストラクチャ協会
https://assoc.cinepu.com
本活動の主催団体。会費と企業スポンサー料をベースにした映画制作者や俳優・ 役者のための共済団体。会員数100名以上。

シネマプランナーズ
https://cinepu.com
18年続く映画スタッフ、俳優・役者募集サイト。国内外の映画祭で高く評価され る作品、映画監督俳優を多数輩出。会員数1.5万人弱。

特定非営利活動法人 独立映画鍋
http://eiganabe.net/
土屋豊監督、深田晃司監督が共同代表を務めるNPO法人。監督をはじめ多くの インディペンデント映画関係者が参加。会員数240名。

BABEL LABEL
http://babel-pro.com/
東京を拠点に活動する映画、CM、PV、テレビ制作など、映像メディアに特化し たディレクター集団。藤井道人監督が長編作品提供で活動に参加。


【2018.07.27現在の賛同監督および作品ラインナップ】
※監督名50音順
■岩崎 友彦 (監督) 提供予定作品:Ami? Amie?つきあってねーよ!(40min) / 大きな春子ちゃん (4min)
■宇賀那 健一 (監督) 提供予定作品:Where do you live? (13min)
■内田 伸輝 (監督) 提供予定作品:その顔 (30min)
■海上 ミサコ (監督) 提供予定作品:ショコラ記憶珠 (22min)
■大原 とき緒 (監督) 提供予定作品:ナゴシノハラエ (108min)
■岡元 雄作 (監督) 提供予定作品:揺れるスカート (20min)
■北口 ユースケ (監督) 提供予定作品:ウィッシーウォッシー愛と青春のどん詰まり〜 (48min)
■久保 裕章 (監督) 提供予定作品:鳴く音な添へそ (15min)
■Kenjo McCurtain (監督) 提供予定作品:オートメーション (14min)
■香西 志帆 (監督) 提供予定作品:しまこと小豆島 (17min)
■東海林 毅 (監督) 提供予定作品:ぱんどせる (5min)
■小路 紘史 (監督) 提供予定作品:ケンとカズ短編版 (24min) ほか短編2作品
■下向 拓生 (監督) 提供予定作品:N.O.A. (15min)
■末長 敬司 (監督) 提供予定作品:爛れる/Becomes Sore (17min)
■谷 健二 (監督) 提供予定作品:コンティニュー (11min)
■塚田 万理奈 (監督) 提供予定作品:還るばしょ (36min)
■佃 尚能 (監督) 提供予定作品:鼻歌 (11min) / 私とわたし (5min) / The Sea (8min)
■土屋 豊 (監督) 提供予定作品:あなたは天皇の戦争責任についてどう思いますか?<96.8.15 靖国篇> (53min)
■戸田 彬弘 (監督) 提供予定作品:ねこにみかん (105min) / この音が聴こえているか (34min)
■永山 正史 (監督) 提供予定作品:飛び火 (58min)
■深田 晃司 (監督) 提供予定作品:東京人間喜劇 (139min) / 8月のアチェでアリさんと話す (8min)
■藤井 道人 (監督) 提供予定作品:光と血 (112min)
■舩橋 淳 (監督) 提供予定作品:echoes (72min) / Talkie and Silence (17min)
■松原 保 (監督)
提供予定作品:鬼の師匠と最後の弟子 (64min)
■松本 優作 (監督) 提供予定作品:明日なき空を背に (30min) / 空蝉の森 (24min)
■松本 動 (監督) 提供予定作品:公衆電話 (16min)
■道川 昭如 (監督) 提供予定作品:それでも映画は作られる (5min)
■八十川 勝 (監督) 提供予定作品:歌声を聴いてほしくて (34min)
■山岡 瑞子 (監督) 提供予定作品:The Lost Coin (30min)
■湯浅 典子 (監督) 提供予定作品:あの、ヒマワリを探しに (25min) / 空っぽの渦 (20min)
■夜西 敏成 (監督) 提供予定作品:サファイア -SAPPHIRE- (87min)
■横山 浩之 (監督) 提供予定作品:おとめ桜 (27min)
■吉村 元希 (監督) 提供予定作品:Visiting Grave〜お墓参り〜 (25min)
以上



「Donation Theater – 映画で寄付する 映画で寄付するWEBシアター」 シアター」
https://donation-theater.eiga-infra.org/

「一般社団法人 「一般社団法人 日本映画インフラストラクチャ協会」 日本映画インフラストラクチャ協会」
https://assoc.cinepu.com

***********************************









深田晃司監督、しりあがり寿、よしひろまさみちで裏話。『海を駆ける』イベント


映画情報どっとこむ ralph 第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を『淵に立つ』で受賞し、今や世界の映画人が注目する深田晃司監督の最新作『海を駆ける』。

自然は時に豊かに美しく、時に脅威となり人を飲み込み、また人間の生活は自然と共にあるという様を、インドネシアの美しい海、そして国籍や宗教を越えて育まれる若者たちの友情を通して描く、ファンタジー。

この度、深田作品の大ファンと公言する『真夜中の弥次さん喜多さん』等で知られる漫画家のしりあがり寿さんと映画ライターのよしひろまさみちさんがイベントに登場!

お二人の深田監督との出会いや、最新作となる本作の撮影方法など裏話について語りました。


日程:6月11日(月)
場所:テアトル新宿
登壇:深田晃司監督、しりあがり寿、よしひろまさみち

映画情報どっとこむ ralph しりあがりさん:観終わって、ここを(映画最後のシーンのように)駆けたくなりますね。

と映画上映終わりの観客と興奮冷めない様子。

深田監督:蝶のシーンなどCGもありますが、最後の海を駆けるシーンは力わざで橋を作って潮が満ちる前にCGなしで撮影しましたね。あと、花を生き返らせるシーンもアナログなのですが、花を枯れるまでずっと撮影し続けて逆再生したんですよね。

と映画ならではの撮影裏話から冒頭はスタート。

二人のご関係について

しりあがりさん:深田監督の『歓待』をきっかけに、私が毎年行っているさるハゲロックフェスティバルを行っており、その映像記録をお願いしているんですよね。

とまさかの関係に

よしひろさん:カンヌ(受賞)の監督にですよ!(笑)

とツッコミ!!


映画情報どっとこむ ralph 『淵に立つ』について聞かれると、

しりあがりさん:大好きですが、嫌な気持ちになりますよね(笑)

と同じく監督の作品が好きな

よしひろさん:言葉を許していただけるのであれば、深田監督の作品はすべてド変態だなと思っております(笑)監督はすごくいい人なのですが、映画はドSですよね。今回の作品ではインドネシア語と英語が話せるおディーンさんが喋らないなんて(笑)こんなドSなことありますか!

と今回の作品にもツッコミが。

深田監督:ディーンさんに喋らせないなんて贅沢だと葛藤しながら、会見のシーンも中国語をもっと増やそうかと思ったんですが、結局インドネシア語と英語のみにしましたね。

と、話す監督。

共演の太賀さん・鶴田さんのインドネシア語の話になり

深田監督:太賀さん・鶴田さんには2か月インドネシア語を勉強してもらい、鶴田さんは上手くなりすぎないように気を付けてもらい、太賀さんはネイティブに見えるようにしていただきました。また、太賀さんはリアクションが上手くて、ちょっとしたしぐさも現地の人も認めるくらい自然で、現地のキャストとも仲良くなっていたので、リアルなリアクションが撮れたと思います。

と太賀さんの演技を絶賛。それを聞いて

しりあがりさん:僕も太賀さんが現地の人に見えました、演技っぽくなく、そのおかげで作品がよりリアルに見ましたね。

と会場の観客も納得の様子。

また撮影は本作ほぼノーアドリブで、太賀とアディパティ・ドルケンのハンドシェイクを太賀からの提案で追加し、映画後半のシーンで歌も追加したそう。

しりあがりさん:その若い子の意見など、どんどん取り入れるのが追加するのが、素晴らしいですね。

歌を追加した経緯について

深田監督:インドネシア人スタッフは休憩の度に歌っていて、それがどんどん広がり、皆で合唱するんですが、日本人スタッフは皆が歌詞を知っているような歌がなくて、(長渕剛さんの)『乾杯』を歌ったりしてましたね。一生懸命iPhoneで歌詞を探しながら(笑)

と撮影も朗らかな雰囲気だった様子。

映画情報どっとこむ ralph 深田監督のSNSでの反応に対して話を振られ、

深田監督:今回SNSのキャンペーンで「#海を駆けてきた」のハッシュタグで感想が見れるので、観てしまいますね。あまり深追いすると地雷を踏んでしまうので、ほどほどで。

と実際SNSでも、多くのコメントに反応し、観客の感想が気になってしまう様子。

よしひろさん:みなさんもツイートしていただければ、(本日風邪で声の枯れ気味な監督に対し)声の枯れていないネット上の深田監督が降臨しますよ!

と告知も。

さらに撮影裏話で、最後の海を駆けたシーンでキャスト4人が同時に海に落ちるシーンに対し、

監督「橋を走っていたあと、本当に落ちるリアクションが欲しかったので、(バラエティ番組の)落とし穴みたいに一気に下を開けて4人同時に落としましたね(笑)

と笑顔の監督に、

しりあがりさん:人がわる~

とツッコミ。

深田監督:映画はいかに上手くウソをつくか、だと思うので、このぐらいが丁度いいんじゃないでしょうか。

と、締めました。

映画情報どっとこむ ralph 深田晃司×ディーン・フジオカ 心揺さぶる美しきファンタジー

海を駆ける
公式HP:umikake.jp
インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すが正体は不明。その謎の男にラウ(=インドネシア語で「海」)と名付けて預かることになった、災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシたち。その周辺で謎の男・ラウは様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくーー 果たしてラウは何者なのか…
***********************************

キャスト:ディーン・フジオカ 太賀 阿部純子 アディパティ・ドルケン セカール・サリ 鶴田真由

スタッフ:監督・脚本・編集:深田晃司
企画制作:日活
配給:日活 東京テアトル  
©︎2018 “The Man from the Sea” FILM PARTNERS   


スタジオジブリ・鈴木敏夫がコメント!『海を駆ける』深田晃司監督の魅力とは・・・コメント解禁


映画情報どっとこむ ralph 第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を『淵に立つ』で受賞し、今や世界の映画人が注目する深田晃司監督の最新作『海を駆ける』。

深田監督は、2011 年の東日本大震災の後に大学の研究チームの震災復興リサーチに参加。そこで、2004 年にスマトラ島沖大震災で津波で壊滅的な被害を受けつつも、今では完全に復興を遂げた町バンダ・アチェを訪れて本作のアイデアを想起したという。

自然は時に豊かに美しく、時に脅威となり人を飲み込み、また人間の生活は自然と共にあるという様を、インドネシアの美しい海、そして国籍や宗教を越えて育まれる若者たちの友情を通して描く、ファンタジー。


この度、映画の公開を記念して深田監督が特大ファンだというスタジオジブリの鈴木敏夫さんから、本作に対してのコメントが到着しました。

鈴木敏夫さんコメント
海は気まぐれ。海は人の命を奪いもするし、救いもする。サチコは、父が遺した古い一葉の写真をたよりに、時の止まった南の島へ旅をする。失われた時を求めて──。新しい日本映画の誕生です。スタジオジブリ 鈴木 敏夫

映画情報どっとこむ ralph また、コメントを受けて監督からの感動のコメントも到着しました!!

深田晃司監督コメント
鈴木敏夫さんからのコメントすごく嬉しいです。本当に子供の頃から、宮崎駿監督や高畑勲監督の作品を観て育ってきているので、その作品達を生み出してきた、鈴木敏夫さんに観てもらえるだけでも最高の事なのに、この映画が公開される前に最高のお祝いの言葉を貰ったと思っております。本当にありがとうございます。
深田晃司


海を駆ける

テアトル新宿、有楽町スバル座ほか全国ロードショー

2018年5月26日 

公式HP:
umikake.jp

インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すが正体は不明。その謎の男にラウ(=インドネシア語で「海」)と名付けて預かることになった、災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシたち。その周辺で謎の男・ラウは様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくーー 果たしてラウは何者なのか…

***********************************

【キャスト】
ディーン・フジオカ 太賀 阿部純子 アディパティ・ドルケン セカール・サリ 鶴田真由

【スタッフ】
監督・脚本・編集:深田晃司
企画制作:日活   
配給:日活 東京テアトル
©︎2018 “The Man from the Sea” FILM PARTNERS   


ディーン・フジオカ『海を駆ける』公開に向け、深田晃司予習上映に古舘寛治、二階堂ふみ 登壇!


映画情報どっとこむ ralph この度、深田晃司監督の最新作『海を駆ける』の公開に向け、深田晃司予習上映がキネカ大森にて行われました!

上映作品は第35回ナント三大陸映画祭グランプリ・金の気球賞&若い審査員賞受賞し、第17回タリン・ブラックナイト映画祭最優秀監督賞受賞した『ほとりの朔子』(‘14年)と第69回カンヌ国際映画祭にて、「ある視点」部門の審査員賞を受賞した『淵に立つ』(’16年)の2作品が上映されました。上映・イベント終わりは22時と遅いイベントにも関わらず、チケットは完売!!

イベントでは、深田晃司作品代表として、『ほとりの朔子』から古舘寛治さんと二階堂ふみさんが登場。
深田監督は来週26日には新作『海を駆ける』が公開することもあり、その撮影についても語っていただき、深田監督の作品にどっぷり浸れる濃密イベントとなりました!

日程:5月19日(土)
場所:キネカ大森
登壇:古舘寛治、二階堂ふみ、深田晃司監督

映画情報どっとこむ ralph 『ほとりの朔子』 について

深田監督:まず、またスクリーンで上映して頂き、この二人と語れるのはとても嬉しいですね!この作品は2012年に撮影したのですが、前作の『歓待』を二階堂さんが雑誌のベストテンに選んでいただいて、その少し後に多摩映画祭でお会いし、一緒に映画が作れたらいいですねと、言っていたのがきっかけでしたね。
この作品に出演されていた古舘さんは二階堂さんの印象について、

古舘さん:二階堂さんは当時17歳で、今と変わらないのですが、若かったですね~大人びてきて感慨深いですね。

と久々の再会に成長を感じたよう。これに対し、

二階堂さん:古舘さんは私が20歳になり、一緒にお酒を飲めるようになってからはそんなことなかったんですけど、当時は謎の多い人でしたね。お芝居を一緒にさせて頂き、先を意識しないで演技をしていて、普段の会話に近いような感覚で、素の反応が出来る不思議な感覚でした。

と、褒められ

古館さん:良いですね!プライベートだと絶対言ってくれないから、皆さん(お客さん)がいるからですよ!

と少し恥ずかしそうな古舘さん。

映画情報どっとこむ ralph 監督の演出に対しては・・・・

二階堂さん:深田監督はどういう風に息をするか、川を自分の体をどういう風に使い吸収するか、どう演出するかロジックを教えて頂き、物理の授業のようでした。

古舘さん:監督は当時は、みんなにどう言っていいのかみたいな感じはありましたが、いつの間にかそれを感じさせない“監督”になっていましたね。映画は監督の座組によって、色が全然変わってくるのですが、深田監督はとても穏やかですね。心地よくて、悪い意味ではなくてキャストみんなが生き生きして意見が言いやすい環境がありましたね。

との意見に

深田監督:やはりプレッシャーが強いと良いところや良い偶然が出にくいですよね、たまたまみんなと意見交換してて出てきたことを試す環境が楽しいですし、本作の中でもそういうシーンはありましたね。

と皆さんキャストが等身大で演じれたと監督の演出を語っていただきました。

映画情報どっとこむ ralph 『淵に立つ』について

本作で「ある視点」部門を受賞し、行ったカンヌについて聞かれ
古舘さん:まさか、自分が参加した作品が行くなんて、ずっと浮いているような感覚でしたね。でも財布無くしたり色々ありましたけど(笑)

と当時カンヌはホテル代が高いから基本相部屋だったそうで、

古舘さん:期間よりもう少し滞在したくて自腹でホテルとりましたよ!

と当時の様子を振り返っていました。

映画情報どっとこむ ralph お客さんのQ&Aの時間になり、

Q.『ほとりの朔子』にはカラフルな衣装が印象深いですが、二階堂さんも衣装について思い出はありますか?

二階堂さん:衣装は荒木里江さんが入っていて、監督との打ち合わせで70年代っぽい衣装になっていましたね。あるシーンで私が黒いジャケットを着ているのですが、それ私物でして…(笑)

と思わぬ裏話に

深田監督:そうそう、スタイリストさんも用意して頂いていたんですけど、ばたばたしていて、いつの間にかカメラが回っていましたね(笑)

二階堂さんの劇衣装で、

古舘さん:チューブトップでホットパンツの衣装があり、気付いたらその衣装に変わっていて、びっくりして反射的に『ハダカじゃん!』って言ったら二階堂さんにめちゃくちゃ怒られましたね(笑)

Q.深田監督の作品に数々出演される太賀さんについて

深田監督:昔作った映画で“たかし”という役を出して、そこから男性のキャラクターで“たかし”という名前が一番自分の中でベタでして、そこで太賀さんには毎回“たかし役”を演じてもらってますね。太賀さんに嫌と言われない限り、また“たかし”でお願いしたいですね。

と、今までの太賀さんが出演した作品全て“たかし”という名前がついている裏話も話していただきました。

Q.新作『海を駆ける』について

深田監督:日本人スタッフの中に、インドネシア人スタッフが入るのではなくて、日本人スタッフが入り新鮮でした。時間の切り分けがしっかりしていて、何時から何時は撮影で、と集中した良い雰囲気でしたね。お昼休みには、すごくリラックスしていて急に皆で歌い出していて、日本人に合わせてくれて“乾杯”で歌ってくれたのですが、全然日本人が歌詞が分からなくて携帯で調べたりして、“完敗”でしたね(笑)

二階堂さんと古舘さんも『海を駆ける』是非、見たいですね!と観客ともども期待高まるイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 海を駆ける
2018年 5月26日 テアトル新宿、有楽町スバル座ほか全国ロードショー

公式HP:umikake.jp

物語・・・
インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すが正体は不明。その謎の男にラウ(=インドネシア語で「海」)と名付けて預かることになった、災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシたち。その周辺で謎の男・ラウは様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくーー果たしてラウは何者なのか…

***********************************

キャスト:
ディーン・フジオカ 太賀 阿部純子 アディパティ・ドルケン セカール・サリ 鶴田真由

スタッフ:
監督・脚本・編集:深田晃司

企画制作:日活
配給:日活 東京テアトル
©︎2018 “The Man from the Sea” FILM PARTNERS


ディーン・フジオカx深田晃司監督『海を駆ける』公開日決定&予告到着


映画情報どっとこむ ralph 第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を『淵に立つ』で受賞し、今や世界の映画人が注目する深田晃司監督の最新作『海を駆ける』。

この度、本作の初日が、5月26日(土)に決定し、合わせて予告篇映像、本ポスタービジュアル、メイキング画像が解禁となりました。

予告では本作の舞台であるインドネシアの北端に位置するバンダ・アチェの壮大な海が映され、そこに謎の男(ディーン・フジオカ)が現れ、「ラウ」と名付けられる。

TVで紹介されたラウは、不思議な力を見せようとするが、突然画面から消えたかと思うと一緒に過ごすことになるタカシ(太賀)とサチコ(阿部純子)がいるリビングのドアから現れ、彼らを驚かせる。ラウの思いもよらぬ登場により翻弄される人々を、インドネシア神秘的な空気感を漂わせた予告編が完成しました。



映画情報どっとこむ ralph そして本ポスターのビジュアルを使用したムビチケ第2弾が、3/24(土)より上映劇場の一部映画館にて発売開始!
前売り特典は、オリジナル葉書2枚セット(数量限定)。
船のへさきに座るディーン・フジオカのビジュアルの葉書、
そして、海辺でそれぞれの道を見つめる太賀、鶴田真由、阿部純子のビジュアルの2種類。
2つとも、インドネシアの雰囲気を感じさせるものとなっています。

映画情報どっとこむ ralph メイキング写真も公開!

『海を駆ける』
5月26日(土) 全国ロードショー

公式HP:umikake.jp

深田監督は、2011年の東日本大震災の後に大学の研究チームで、震災復興のリサーチに参加。
そこで、2004年にスマトラ島沖大震災で津波で壊滅的な被害を受けつつも、今では完全に復興を遂げた町バンダ・アチェを訪れた際に本作のアイデアを想起したという。自然は時に豊かに美しく、時に脅威となり人を飲み込み、また人間の生活は自然と共にあるという様を、インドネシアの美しい海、そして国籍や宗教を越えて育まれる若者たちの友情を通して描く、ファンタジー。

***********************************

出演:ディーン・フジオカ、太賀、阿部純子、アディパティ・ドルケン、セカール・サリ、鶴田真由

監督・脚本・編集:深田晃司

製作:新井重人 エグゼクティブ・プロデューサー:太田和宏荒木宏幸 江口航治 宮崎伸夫 梅村昭夫 澤田正道 Willawati

プロデューサー:小室直子紀 嘉久 コ・プロデューサー:澤田正道 Giovanni Rahmadeva 撮影:芦澤明子 照明:永田英則 美術:Dita Gambiro音楽:小野川浩行 VFX制作:太陽企画/+Ring 音響制作:K&AG

企画制作:日活
配給:日活 東京テアトル
製作:日活 東京テアトル アミューズ 太陽企画 朝日新聞社 TBSサービス/Comme des Cinémas Kaninga Pictures

特別協賛:ガルーダ・インドネシア航空会社 ガルーダ・オリエントホリデーズ・ジャパン株式会社
協力:インドネシア共和国観光省

助成:文化庁芸術文化振興費補助金

2018/日本・フランス・インドネシア/107分/5.1ch/ヨーロピアンビスタ/カラー/デジタル
©︎2018 “The Man from the Sea” FILM PARTNERS