「消された女」タグアーカイブ

映画『消された女』イ・チョルハ監督インタビュー到着!


映画情報どっとこむ ralph 映画『消された女』が2018年1月20日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開いたします。

つきましては、韓国の国民的アイドルGODや東方神起、神話のPVを制作しビジュアリストとしての地位を確立したイ・チョルハ監督のオフィシャルインタビューと、岩井志麻子さん、中村うさぎさん、杉野希妃さんからの絶賛戦慄コメントが解禁となりました

映画『消された女』イ・チョルハ監督オフィシャルインタビュー


Q.「保護者2人の同意と精神科専門医1人の診断があれば、患者本人の同意なしに「保護入院」という名も強制入院を実行できるという“精神保健法 24 条”を悪用した本作の題材に興味をもったきっかけ、映画にしようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?かなり社会問題になっていたのでしょうか?

イ・チョルハ監督:この映画の脚本を読んだ時、21 世紀の現代において人権を無視した拉致監禁事件が発生しているという事実に、驚愕しました。しかしその衝撃が大きかったからこそ、この主題に向き合う事ができたのです。これだけ発展した世の中で、こういった事件が発生するという事実に多くの人が問題意識を持つべきだと思いました。

この精神保健法第 24 条を悪用した拉致監禁事件は、一時期 TV ドラマでも流行りました。しかし現実ではまだ同様の事件が横行していたのです。映画制作をしている間もこういった事件がいまだに起きている事に懐疑的な人もいました。こういった事件は一般的ではなく、突如として起こる悲劇のような事としか捉えられなかったのです。

2015 年、本作の予告編がきっかけになり、ある有名なニュース番組で「人権に関する特集」が組まれました。番組内で実際にある病院に連絡し、特定の人物を入院させたいと依頼した所、驚くべき事に本当に病院がその人物を迎えに来て、入院させようとしたのです。韓国内の人権に対する意識とはこんなにも低いのです。この番組をきっかけに、その後も多くのニュース番組が人権に関する特集を組み、本作の映像を提供もしました。

低予算映画としてスタートしたので、宣伝も大変な点が多くありました。そんな中、多くのニュース番組で取り上げられた事は追い風になり、興行としても成功を納めました。韓国内では 2017 年 4 月に公開され、9 月裁判所から精神保健法第 24 条に関して「精神疾患患者の強制入院は、本人の同意なければ憲法違反である」との判決が下されました。

この法律を変える為には、多くの人の働きかけがありました。知識人への聞き取りや、国会議員への働きかけなど、それは多くの人による多くのプロセスがあったのです。その中で僕自身も本作の監督として、国会に行ったり、証言をしたりする事がありました。僕は映画監督であってそんなに力のある人間ではありません。でも本作を通して、こういった事に携わる事ができて誇らしい気持ちになりました。 映画や芸術、文化というものは、人々の意識に働きかける事ができます。だからこういった何かのきっかけを作るといった意味では、とても有効でもあるのです。本作がそういった意味で法律を変えるきっかけになった部分があったとしたら、映画制作者でもこうして社会に貢献できたことが、これほどまでにうれしい事はありません。

映画情報どっとこむ ralph Q.カン・イェウォンの体をはった演技も素晴らしかったです。アクションシーンもすごい迫力でした。どのような演出を心がけたのでしょうか?

イ・チョルハ監督:カン・イェウォンさんは、ヒット作も多いベテランの正統派女優ですから、何か演出的な事を言うというよりは、役に集中し入り込ませるという事に僕自身は注力しました。何かとしたとすれば、撮影の1か月前から話し合いを重ねて、役に向き合っていってもらいました。なので現場での細かい演出はありませんでした。
ひとつだけあるとすれば、元々の脚本は会話劇としての要素が強く、説明的な部分はかなりあったのですが、それはかなり削りました。むしろ感情を身体、表情で表現してほしいと思いましたし、そうした事で、演技に集中してもらえる事ができたと思っています。

Q.日本映画で好きな監督や作品、影響を受けた作品はありますでしょうか?

イ・チョルハ監督:大学では日本文学を学び、浄瑠璃を専攻していました。日本語は多少理解することはできるのですが、話すことはなかなかできないですね。
作家では恩田陸さん、映画監督では、黒沢清監督、特に『CURE』『アカルイミライ』、是枝裕和監督の『幻の光』『ワンダフルライフ』など好きです。日本の文学、映画などは韓国では禁止されていた時期がありました。1980 年代、僕が大学生時代はまだ一般的に観ることが出来ず、当時はビデオテープを借りて日本映画を観ていました。

映画情報どっとこむ ralph Q.日本の観客へメッセージと、観客の皆さんへ本作を観る際に、ここに注目してほしいというところがあればおしえてください。

イ・チョルハ監督:僕自身、子供もいて家族がいます。常に社会に対して問題提起をするような、意味のある作品を作りたいと思っています。韓国ではハーフの場合、差別を受けることが多くあります。そういった社会的弱者にフォーカスを当てたのが、前作『ハロー?! オーケストラ』でした。僕は刺激的な作品より社会的弱者についてフォーカスをあて、その問題について考えられるような作品を作りたいと思っています。日本の観客の皆様にもそういった所に注目してほしいです。 最近は皆、スマホに夢中ですが、もっと周りを見渡して、他人を思いやって、なにかあった時には励まし合えるような気持ちを持ってほしいです。

映画情報どっとこむ ralph 日本の著名人からもコメントが届いています!

■岩井志麻子/作家
誰かに憎まれるより怖いのは、誰にも信じてもらえないことだ。遠いあの世の地獄へ落とされるより恐ろしいのは、今自分がいる所こそが地獄と気づくことだ。

■中村うさぎ/作家
何が怖いって、この映画が「実話に基づいている」ことに背筋が凍る。健全な人間を精神病院に強制入院させるのは、無実の人間を刑務所に入れることに等しい人権侵害だ。そんな暴挙を許す法律は、いったい何を、そして誰を守るために存在してるんだろう。

■杉野希妃/女優・映画監督・プロデューサー
退廃的でポップで、社会派でエンターテイメント。緊迫感と熱量はさすが韓国映画。予想の斜め上をいく復讐劇に、最後は混乱と爽快感に包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『消された女

物語・・・

大都会の真昼間、通りを一人歩いていた女、カン・スア(カン・イェウォン)は、理由も分からないまま突如誘拐され、精神病院に監禁された。そこで待っていたのは、強制的な薬物投与と無慈悲な暴力、そしてこれまで経験したことのない非現実の世界だった。狂気の中で、彼女は病棟での出来事を手帳に記録し始める。それから一年後、テレビ番組で火災事故を追跡していたナ・ナムス(イ・サンユン)プロデューサー宛に1冊の手帳が届く。ナムスはその手帳に記録されていた信じがたい事件の真相を暴くために、事故の唯一の生存者であるスアに会いに行く。取材を重ねるごとに彼女が体験した衝撃的な拉致監禁の事実と、その背後に蠢く底なしの闇が明らかになっていく。

公式サイト:
www.insane-movie.com

***********************************

監督:イ・チョルハ 
出演:カン・イェウォン、イ・サンユン、チェ・ジノ ほか
英語題:『INSANE』 字幕翻訳:金 仁恵   
提供:キングレコード  配給・宣伝:太秦
【2016年/韓国/カラー/91分/シネマスコープサイズ/5.1ch/DCP】
(C) 2016 OAL, ALL RIGHTS RESERVED


マジっつ!これ実話なの『消された女』の予告映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 2018年1月20日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開する映画『消された女』の予告映像が解禁となりました!



ある日の白昼街中で突然、見知らぬ者に拉致され精神病院に強制入院させられた女(スア)の姿から始まる予告編には、自身が正常であることを切実に訴える姿が映る。
火災事件と殺人事件の謎を追うプロデューサー(ナムス)との緊迫したやり取りからは、彼女が拉致監禁された隠された理由とその背後にある深い闇が気になる内容になっています。

この物語が実際に韓国で多発している事件なのかと思いながら見ると、「本当の真実は何なのか?」とより一層興味をそそられます。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

大都会の真昼間、通りを一人歩いていた女、カン・スア(カン・イェウォン)は、理由も分からないまま突如誘拐され、精神病院に監禁された。そこで待っていたのは、強制的な薬物投与と無慈悲な暴力、そしてこれまで経験したことのない非現実の世界だった。狂気の中で、彼女は病棟での出来事を手帳に記録し始める。それから一年後、テレビ番組で火災事故を追跡していたナ・ナムス(イ・サンユン)プロデューサー宛に1冊の手帳が届く。ナムスはその手帳に記録されていた信じがたい事件の真相を暴くために、事故の唯一の生存者であるスアに会いに行く。取材を重ねるごとに彼女が体験した衝撃的な拉致監禁の事実と、その背後に蠢く底なしの闇が明らかになっていく。

公式サイト:
www.insane-movie.com

***********************************

監督:イ・チョルハ 
出演:カン・イェウォン、イ・サンユン、チェ・ジノ ほか
英語題:『INSANE』 字幕翻訳:金 仁恵   
提供:キングレコード  配給・宣伝:太秦
【2016年/韓国/カラー/91分/シネマスコープサイズ/5.1ch/DCP】
(C) 2016 OAL, ALL RIGHTS RESERVED    


映画『消された女』イ・チョルハ監督、カン・イェウォン、イ・サンユンのコメント解禁


映画情報どっとこむ ralph 映画『消された女』が2018年1月20日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開。

韓国で実際に起きた衝撃の拉致監禁事件をモチーフに作られた映画『消された女』が、ボックスオフィス3日連続1位をかざり話題をさらった。

韓国では、精神保健法第24条を悪用し、財産や個人の利益のために、合法的に健康な人(親族)を誘拐し、精神病院に強制入院させる事件が頻繁に起こり、社会問題になっていた。本作は、それら実際の事件をモチーフに、人間の欲望のおぞましさ、そして、正常な人間が非日常の世界に突如放り込まれる狂気の現実を我々に問う問題作!
そんな本作のポスタービジュアルと、イ・チョルハ監督、カン・イェウォン(カン・スア役)、イ・サンユン(ナ・ナムス役)のコメントが解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph 監督は、韓国の国民的アイドルGODや東方神起、神話のPVを制作しビジュアリストとしての地位を確立したイ・チョルハ。

イ・チョルハ監督からのコメント
映画『消された女』の日本公開の知らせを聞いて、大変興奮すると同時に、皆さんが見た時にどう感じてくださるのか反応が気になりました
 私は映画を演出しながらいつも悩むのが「誰のために」と「何のために」という2つです。
『消された女』は、私たちの周りにいる弱い立場の方たちのことを考え、不合理な社会システムに風穴を空けるために作った作品です。
 だからと言って、この映画を重く深刻なだけの作品にしたくありませんでした。ジャンルにこだわり、スピーディに物語を展開させ、衝撃的などんでん返しで観客を魅了したかったのです。
それから何よりも、主人公のカン・イェウォンとイ・サンユンの演技がとても素晴らしかったです。二人の俳優の体当たりの熱演が『消された女』の最大の見どころです。
私とスタッフ全員の汗と情熱が込められた『消された女』を、どうぞよろしくお願いします。ありがとうございます。


主演は『ハロー・ゴースト』『ハーモニー 心をつなぐ歌 』などで知られる女優カン・イェウォン。
これまでの愛らしいイメージとは異なり、誰もが認める圧巻の体当たり演技を披露。ぞっとするような表情の中にもどこかエロティックでミステリアスな美しさをもつ女性を怪演し、大鐘賞主演女優賞にノミネート。
女優 カン・イェウォン(カン・スア役)さんからのコメント
こんにちは。女優カン・イェウォンです!日本で映画『消された女』が公開されることになったという知らせを初めて聞いた時、日本の観客のみなさんがこの映画をどのように受け止めてくださるのか、ワクワクした気持ちになりました。映画の主人公“スア”は、これまでに演じてきたキャラクターの中でひときわ愛着のわく人物だったのですが、信じられないような状況の中、スアはどれほど大変で辛かっただろうか…という思いで役にのめり込んだのを覚えています。観客のみなさんもスアの感情に寄り添って見ていただけば、想像以上の驚きの結末とともに、悲痛な真実に達することができると確信しています。どうぞ、お楽しみください〜。ありがとうございます。


また、TVプロデューサー役のイ・サンユンは、日本でもファンクラ ブがある人気急上昇のソウル大物理学科出身のエリート俳優。主にTVドラマで活躍し、 「いとしのソヨン」で最高視聴率 47%を獲得。本作で映画に本格的に挑戦し、見事、大鐘賞と青龍映画賞で新人男優賞にノミネートを果たしています。
俳優 イ・サンユン(ナ・ナムス役)さんからのコメント
こんにちは。俳優のイ・サンユンです。
私が出演した映画『消された女』が、日本で公開されるという嬉しい知らせを聞きました。この映画を撮っている時、ドラマ「2度目の二十歳」を同時に撮影していたので、当時、とても忙しかった中でも様々な経験をしながら1日1日を濃く過ごしていたのを覚えています。本作は、裏の裏をかきながら複雑に積み重ねられる多様なストーリーが見どころです。謎の事件を解き明かしていく楽しみがある映画『消された女』!日本の皆様にもお見せできる機会ができたことを、とても嬉しく思っています。どうぞ、ご期待ください〜!

映画情報どっとこむ ralph 消された女
www.insane-movie.com

あらすじ
強制入院106日目、私は狂ってなどいない。
大都会の真昼間、通りを一人歩いていた女、カン・スア(カン・イェウォン)は、理由も分からないまま突如誘拐され、精神病院に監禁された。そこで待っていたのは、強制的な薬物投与と無慈悲な暴力、そしてこれまで経験したことのない非現実の世界だった。狂気の中で、彼女は病棟での出来事を手帳に記録し始める。

それから一年後、ヤラセ問題で干されかけていた有名TVプロデューサーのナ・ナムス(イ・サンユン)宛に1冊の手帳が届く。その手帳に記録されていた信じがたい出来事に興味をもったナムスは、カン・スアを訪ねるが、彼女は殺人事件の容疑者として収監されていた。取材を重ねるごとにスアが体験した衝撃的な事実とその背後に蠢く底なしの闇が明らかになっていく。

***********************************

監督:イ・チョルハ
出演:カン・イェウォン、イ・サンユン、チェ・ジノ ほか
英語題:『INSANE』 字幕翻訳:金 仁恵
提供:キングレコード
配給・宣伝:太秦
【2016年/韓国/カラー/91分/シネマスコープサイズ/5.1ch/DCP】
(C) 2016 OAL, ALL RIGHTS RESERVED


韓国衝撃の実話ベース拉致監禁事件映画『消された女』特報


映画情報どっとこむ ralph 精神病棟 に蠢く底なしの欲望と闇― 韓国で起きた 実在の拉致・監禁事件を基に描く、衝撃の社会派サスペンス!!

この度、映画『消された女』が2018年1月20日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次公開となります。

併せて縦型の特報映像が解禁となりました。


韓国で実際に起きた衝撃の拉致監禁事件をモチーフに作られた映画『消された女』。

ボックスオフィス3日連続1位をかざり話題をさらった。

韓国では、精神保健法第24条を悪用し、財産や個人の利益のために、合法的に健康な人(親族)を誘拐し、精神病院に強制入院させる事件が頻繁に起こり、社会問題になっていた。本作は、それら実際の事件をモチーフに、人間の欲望のおぞましさ、そして、正常な人間が非日常の世界に 突如放り込まれる狂気の現実を我々に問う問題作!

映画情報どっとこむ ralph 主演は『ハロー・ゴースト』『ハーモニー 心をつなぐ歌 』などで知られる女優カン・イェウォン。これま での愛らしいイメージとは異なり、誰もが認める圧巻の体当たり演技を披露。ぞっとするような表情の中に もどこかエロティックでミステリアスな美しさをもつ女性を怪演し、大鐘賞主演女優賞にノミネート。また、 TV プロデューサー役のイ・サンユンは、日本でもファンクラ ブがある人気急上昇のソウル大物理学科出身 のエリート俳優。主に TV ドラマで活躍し、 「いとしのソヨン」で最高視聴率 47%を獲得。本作で映画に 本格的に挑戦し、見事、大鐘賞と青龍映画賞で新人男優賞にノミネートを果たす。

監督は、韓国の国民的アイドル GODや東方神起、神話の PV を制作しビジュアリストとしての地位を確立したイ・チョルハ。

映画『消された女』
英語題:『INSANE』
が 2018 年 1 月 20 日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次公開

あらすじ・・・
強制入院 106 日目、私 は狂ってなどいない。
大都会の真昼間、通りを一人歩いていた女、カン・スア(カン・イェウォン)は、理由も分からないまま突 如誘拐され、精神病院に監禁された。そこで待っていたのは、強制的な薬物投与と無慈悲な暴力、そしてこれ まで経験したことのない非現実の世界だった。狂気の中で、彼女は病棟での出来事を手帳に記録し始める。 それから一年後、ヤラセ問題で干されかけていた有名 TV プロデューサーのナ・ナムス(イ・サンユン)宛 に 1 冊の手帳が届く。その手帳に記録されていた信じがたい出来事に興味をもったナムスは、カン・スアを訪 ねるが、彼女は殺人事件の容疑者として収監されていた。取材を重ねるごとにスアが体験した衝撃的な事実と その背後に蠢く底なしの闇が明らかになっていく

***********************************

監督:イ・チョルハ
出演:カン・イェウォン、イ・サンユン、チェ・ジノ ほか

字幕翻訳:金 仁恵
提供:キングレコード
配給・宣伝:太秦
【2017 年/韓国/カラー/91 分/シネマスコープサイズ/5.1ch/DCP】
(C) 2016 OAL, ALL RIGHTS RESERVED