「海獣の子供」タグアーカイブ

映画『海獣の子供』久石 譲 オフィシャルインタビュー映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 自然世界への畏敬を独自の漫画表現で読者を魅了し続ける漫画家・五十嵐大介の「海獣の子供」を、映画『鉄コン筋クリート』で第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、そのハイエッジな映像表現で世界から注目を浴びるSTUDIO4℃がついに映像化。主演は14歳ながらにして数々の映画・ドラマ・CMにて幅広く活躍する芦田愛菜が務め、石橋陽彩や浦上晟周といったフレッシュな若手から、森崎ウィン、稲垣吾郎、蒼井優、渡辺徹、田中泯、富司純子ら実力派キャストが集結。音楽は久石譲が手がけ、米津玄師が自身初の映画主題歌を書き下ろした事でも話題を集めている映画『海獣の子供』が絶賛上映中!
SNSを中心に、圧倒的な映像美とその絵を支える音楽の先で行き着く没入感と浮遊感に、驚嘆と賞嘆が溢れています。

映画情報どっとこむ ralph この度、映画『海獣の子供』の映画音楽を手掛けた、久石 譲のオフィシャルインタビュー映像が到着。

長編アニメーション映画の音楽を手掛けるのは、スタジオジブリ制作の『風立ちぬ』、『かぐや姫の物語』以来6年ぶりとなり、いったい今作ではどのようなチャレンジを仕掛けたのか、インタビューの中で語って頂きました。
映画音楽のセオリーである「音楽を状況に付けるか、心情に付けるか」という事から距離をとって、<従来誰もやっていない映画音楽の方法>で今回の音色を紡いでいったという久石 譲。

さらに、作品については「観る人のイマジネーションをきちんと駆り立てるもので、アンテナを貼っていればこれほど面白い作品はない」とその魅力を語りました。

五十嵐大介が生み出し、STUDIO4℃が色と動きを付け、新たな命を吹き込んだ、映画『海獣の子供』本編で堪能する“音”に是非、ご注目頂きたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 映画『海獣の子供』久石 譲 オフィシャルインタビュー映像 



久石 譲 プロフィール

作曲家、指揮者、ピアニスト。国立音楽大学作曲科卒業。在学中よりミニマル・ミュージックに興味を持ち、現代音楽の作曲家として出発。
映画『風の谷のナウシカ』以降、『風立ちぬ』まで宮崎駿監督の全作品の音楽を担当。その他、滝田洋二郎監督『おくりびと』、李相日監督『悪人』、高畑勲監督『かぐや姫の物語』、山田洋次監督『家族はつらいよ』シリーズなど国内外の映画音楽を多数手掛け、日本アカデミー賞最優秀賞音楽賞や紫綬褒章受章を含む数々の賞を受賞。
ピアノソロやオーケストラなど様々な演奏活動のほか、近年はクラシックの指揮活動や、世界の最先端の音楽を紹介するコンサート・シリーズ「MUSIC FUTURE」を主宰するなど、活動の場は多岐にわたる。


映画情報どっとこむ ralph 映画『海獣の子供』

絶賛上映中

【海獣の子供】劇場ポスタービジュアル
ストーリー

光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。
巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。
<本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた―――。

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。

琉花の父は言った――「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」

明るく純真無垢な“海”と何もかも見透かしたような怖さを秘めた“空”。琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく。三人の出会いをきっかけに、地球上では様々な現象が起こり始める。夜空から光り輝く流星が海へと堕ちた後、海のすべての生き物たちが日本へ移動を始めた。そして、巨大なザトウクジラまでもが現れ、“ソング”とともに海の生き物たちに「祭りの<本番>が近い」ことを伝え始める。
“海と空”が超常現象と関係していると知り、彼等を利用しようとする者。そんな二人を守る海洋学者のジムやアングラード。それぞれの思惑が交錯する人間たちは、生命の謎を解き明かすことができるのか。
“海と空”はどこから来たのか、<本番>とは何か。

これは、琉花が触れた生命の物語。

***********************************

【キャスト】芦田愛菜 石橋陽彩 浦上晟周 森崎ウィン 稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹 田中泯 富司純子
【監督】渡辺 歩 
【音楽】久石譲 
【主題歌】米津玄師「海の幽霊」
【アニメーション制作】STUDIO4℃ 
【配給】東宝映像事業部
©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会


稲垣吾郎が芦田愛菜、石橋陽彩、浦上晟周に会えて嬉しい!『海獣の子供』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph STUDIO4℃がついに漫画家・五十嵐大介の「海獣の子供」を映画化。6月7日(金)に全国公開となりました。

この度公開初日となる6月7日(金)に初日舞台挨拶を実施しました。
舞台挨拶には、芦田愛菜、石橋陽彩、浦上晟周、稲垣吾郎、渡辺歩監督が登壇! 豪華キャスト陣に加え、音楽・久石譲、主題歌・米津玄師といった異才たちの才気が結集した“唯一無二のアニメーション映画”の幕開けに相応しい5名の布陣での濃密なトークが展開されました。
映画 『海獣の子供』 初日舞台挨拶
映画『海獣の子供』初日舞台挨拶
日付:6月7日(金)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7
登壇:芦田愛菜(安海琉花役)、石橋陽彩(海役)、浦上晟周(空役)、稲垣吾郎(安海正明役)、渡辺歩(監督)

映画情報どっとこむ ralph ■初日迎えた感想、本作への想い

芦田さん:いよいよ本日から、たくさんの人にこの作品を観ていただけるのがとても嬉しいです。私は、琉花と“海”が水族館で出会うシーンが好きなのですが、久石さんの音楽がとても素敵で、何かが始まる期待・高揚感を、是非皆さんにも味わっていただきたいです。一つ一つ立ち止まりながら向き合って、こだわって演じました。この作品は、生命の誕生や起源、神秘が描かれていて、明確な答えのない作品だと思います。観ていただいた皆さんそれぞれに感じられることは違うと思いますし、違っていいと思います。身体全体で感じて、感じたことを大切にしていただけたら嬉しいです。
映画 『海獣の子供』 初日舞台挨拶
石橋さん:まだ映画館で観れていないのですが、学校の友達と観に行く約束をしているので、早く映画館で観たいです。変声期を迎えて、アフレコはいつ声が変わるか分からないタイミングで、でもその時やっと安定してくれた時期でした。アフレコの2日後くらいにまた声が変わり始めて危なかったです(笑)この作品は観終わった後に言葉では伝えられない感情が全身に溢れます。特に最後の30分は本当に圧倒されます。何回も見たくなるような、もう1回観て考え直したくなるような作品なので、是非楽しんでいただきたいです。
映画 『海獣の子供』 初日舞台挨拶
浦上さん:完成した作品を見て本当に圧倒されたので、ついに皆さんに観ていただける日が来たか!という思いです。久石譲さんの音楽と後半にかけての盛り上がりがすごいので、是非注目していただきたいです。観終わった後に、あれはどういうことかなと考えたり、誰かと語り合うことが出来る映画です。観る方によって解釈や感想が全く違う作品だと思うので、是非観終わった後に語り合っていただいて、この作品を心の中で深めていただけたら嬉しいです。
映画 『海獣の子供』 初日舞台挨拶
稲垣さん:僕らは声を通して作品と関わっていますが、スタッフは何年もかけてこの作品を作り今日を迎えたと思います。とてもおめでたい日ですね。収録は一人一人バラバラに行ったので、今日この舞台挨拶の場で3人(芦田さん、石橋さん、浦上さん)に会えたことが嬉しいです。キャラクターとして接していたので何だか不思議な気持ちですね。若いキャストの皆さんは、我々大人にはないパワーが詰まっていて、限りない永遠の可能性を秘めていると思います。とても大きなテーマが描かれいて、広い宇宙から見たら一人一人の人間はちっぽけでも、自分も宇宙の一部で、それぞれが宇宙と繋がっていると感じられると思います。『海獣の子供』は体験型の作品ですので、是非とも大きなスクリーンで楽しんでいただきたいです。
映画 『海獣の子供』 初日舞台挨拶
渡辺監督:全てのキャラクターに対して、これ以上ないほどぴったりの方に演じていただくことができ、本当に嬉しいです。役のイメージでキャスティングしましたが、琉花、“海”、“空”の3人はたまたまキャラクターと同じ年代で、同じブースに入ってアフレコをしていると、なんて脆くて儚いものを持っているんだろう、と胸を打たれました。この瞬間を、一言一言のセリフに込めて映画に記録していくしかないと思いました。稲垣さんは包容力を含めてキャラクターにイメージが重なったので、画のタッチも寄せて描きました(笑)海から来た少年2人が、琉花に何を語り、琉花は小さな体全身で何を受け止めたのか、本日公開を迎えて、この映画は皆さんのものになりますので、是非一人一人メッセージを受け取って、持ち帰っていただきたいです。
映画 『海獣の子供』 初日舞台挨拶
映画情報どっとこむ ralph ■本作のテーマの一つでもある“家族”について

芦田さん:家族ならなんでも分かるだろうとつい甘えてしまいがちですが、「ありがとう」や「ごめんなさい」などちゃんと言葉にしないと伝わらないこともあると思います。そこは私自身、いつも意識しているところです。 琉花は、お母さんとは同じ屋根の下で暮らしながら気持ちがすれ違ってしまったり、お父さんとは離れて暮らしているけれどいざという時に心配しあったりしています。家族とはこうあるべき、と考えるのではなくて、お互いを想い合うことが大切だなと思います。

浦上さん:“海”と“空”は血の繋がりは恐らくないのですが、兄弟として描かれていて、血の繋がりではないところで絆があります。そこにアングラードが入って、家族のように描かれている食事のシーンが好きです。そこを注目してもらえたら嬉しいです。

石橋さん:血の繋がりだけでなくて、同じ気持ちを持って、思いやりや絆があるからこそ家族だと思います。“海”と“空”にとってはジュゴンも大切な家族なので、愛情や絆さえあれば家族になれるんじゃないかと思います。

稲垣さん:家族にはそれぞれの形があって、何が正解という風には比べられないものだと思います。正明の家族も、別居していたり事情を抱えながらも、物語が進むにつれて、家族が再生していく姿も描かれます。この3人の家族は、ずっと絆を持って歩んでいくと思います。 家族といえば、作品の中では妻(琉花の母)役を先日ご結婚された蒼井優さんが演じていらっしゃいます。映画の中で夫婦の疑似体験を堪能していたので(笑)、ニュースを聞いた時は驚きました。でも山ちゃん大好きですし、とてもお似合いだと思いますし、会見を見て山ちゃんかっこいいと思いました。おめでとうと伝えたいですね。お二人の末長い幸せを願っています。ぜひ山ちゃんにもこの作品を観て欲しいですね!

映画情報どっとこむ ralph 映画『海獣の子供』全国公開中

【海獣の子供】劇場ポスタービジュアル
光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。
巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。
<本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた―――。

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。

琉花の父は言った――「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」

明るく純真無垢な“海”と何もかも見透かしたような怖さを秘めた“空”。琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく。三人の出会いをきっかけに、地球上では様々な現象が起こり始める。夜空から光り輝く流星が海へと堕ちた後、海のすべての生き物たちが日本へ移動を始めた。そして、巨大なザトウクジラまでもが現れ、“ソング”とともに海の生き物たちに「祭りの<本番>が近い」ことを伝え始める。
“海と空”が超常現象と関係していると知り、彼等を利用しようとする者。そんな二人を守る海洋学者のジムやアングラード。それぞれの思惑が交錯する人間たちは、生命の謎を解き明かすことができるのか。
“海と空”はどこから来たのか、<本番>とは何か。

これは、琉花が触れたの物語。

***********************************


原作:五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX刊)

キャスト:芦田愛菜 石橋陽彩 浦上晟周 森崎ウィン 稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹 / 田中泯 富司純子

スタッフ:
監督/渡辺 歩 キャラクターデザイン・総作画監督・演出/小西賢一 美術監督/木村真二  
CGI監督/秋本賢一郎 色彩設計/伊東美由樹 音響監督/笠松広司 プロデューサー/田中栄子
音楽:久石譲
主題歌:米津玄師「海の幽霊」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
アニメーション制作:STUDIO4℃ 
配給:東宝映像事業部
©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
   


“海に一番近いアイドルSTU48 大谷満理奈と門脇実優菜 ゲスト出演決定!映画『海獣の子供』


映画情報どっとこむ ralph 映画『海獣の子供』がいよいよ今週7日(金)に全国公開となります。

主演は芦田愛菜が務め、石橋陽彩や浦上晟周といったフレッシュな若手から、森崎ウィン、稲垣吾郎、蒼井優、渡辺徹、田中泯、富司純子ら実力派キャストが集結。


音楽は久石譲が手がけ、米津玄師が自身初の映画主題歌を書き下ろした事でも話題を集めていルます。

そして!

この度、映画『海獣の子供』ゲスト声優として、瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ・STU48の大谷満理奈と門脇実優菜の出演が決定! “海に一番近いアイドル”として、『海獣の子供』へ参加することに。映画の舞台の1つでもある、6月4日(火)に新江ノ島水族館から生配信されたスペシャル番組で緊急発表されました! 
映画『海獣の子供』STU48 ■番組アーカイブ先(1週間限定)

①twitter:
STU48 公式アカウント

②Youtube:
TOHO animation チャンネル

③ニコニコ生放送:
公式

映画情報どっとこむ ralph 2人が演じるのは、芦田愛菜演じる主人公・琉花が所属するバンドボール部のメンバー。夏休み初日にハンドボール部のとあるチームメイトと問題を起こしてしまった琉花に、声をかける役どころ。

そして、本人たちからのコメントも到着! 

大谷満理奈/部活仲間役

~出演にあたってのコメント~

ゲスト声優として参加させて頂けて、嬉しかったです。夢だったアニメーション制作の現場が目の前に広がっていて、緊張もしましたがワクワク感が上回っていました!
映画では、美しい海や魚の描写にとても感動しました。STU48は船の上で活動するアイドルグループですので、この映画を通じて、海に興味を持ってくださる方が増えたらとても嬉しいです!

<大谷満理奈プロフィール>
2004年2月14日生まれ、山口県出身。17年にSTU48第1期生オーディションを経て、正式メンバーとなる。ニックネームはマリーナ。STU48 2ndシングルのカップリング曲ではセンターポジションに選ばれる。声優は本作が初挑戦。


■門脇実優菜/部活仲間役

~出演にあたってのコメント~

ゲスト声優として参加させて頂き、ありがとうございました。私の「声優になりたい」という夢を叶えて頂いて、感謝の気持ちを伝える大切な時間となりました!
「海獣の子供」はとても幻想的で、海をもっと好きになる素敵な作品です。海をテーマに活動する私たちSTU48と共感する部分がたくさんありました。たくさんの方に観ていただきたいです。

<門脇実優菜プロフィール>
2003年3月11日生まれ、兵庫県出身。17年にSTU48第1期生オーディションを経て、正式メンバーとなる。ニックネームはみゆみゆ。STU48 1stシングル、2ndシングルの表題曲の選抜メンバー。18年にはスマホゲームアプリのキャラクターの声を担当し、声優デビューしている。


4月には国内初となる船上劇場「STU48号」が出航し、先日7/31リリースの3rdシングルは全員選抜”で活動休止中のメンバーを除く全29人のメンバーで歌唱することが決定するなど、話題に事欠かないSTU48の新たな船出を祝うトピックとなりました。
©STU

映画情報どっとこむ ralph 光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。
巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。
<本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた―――。

映画『海獣の子供』

6月7日(金)全国ロードショー

映画公式サイト
www.kaijunokodomo.com

映画公式twitter
@kaiju_no_kodomo

【海獣の子供】劇場ポスタービジュアル
光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。
巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。
<本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた―――。

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。

***********************************

原作:五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX刊)

キャスト:
芦田愛菜 石橋陽彩 窪塚愛流 
稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹 富司純子

スタッフ:監督/渡辺 歩 音楽/久石 譲 キャラクターデザイン・総作画監督・演出/小西賢一 美術監督/木村真二  CGI監督/秋本賢一郎 色彩設計/伊東美由樹 音響監督/笠松広司 プロデューサー/田中栄子
アニメーション制作:STUDIO4℃ 
製作:「海獣の子供」製作委員会 
配給:東宝映像事業部
©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会 
   


森崎ウィン、渡辺歩監督 登壇!映画『海獣の子供』トークイベント付き特別試写会


映画情報どっとこむ ralph 映画『海獣の子供』が6月7日(金)に全国公開となります。

この度、5月30日(木)に本作のTOHOシネマズ×錦糸町PARCO 『海獣の子供』トークイベント付き特別試写会が行われました。

トークイベントには、ダンスボーカルユニット・PRIZMAXのメインボーカルとして活躍しながら、俳優としてはスティーヴン・スピルバーグ監督にその才能を見出され映画『レディ・プレイヤー1』に抜擢、本作ではジュゴンに育てられた兄弟“空”と“海”の謎を追う若き天才海洋学者・アングラードを演じた森崎ウィンと、本作の監督を務めた渡辺歩監督が登壇! 本作の見どころやアフレコ時のエピソードなど、濃密なトークを展開しました。


TOHOシネマズ錦糸町楽天地×錦糸町PARCO 『海獣の子供』特別試写会
日付:5月30日(木)
場所:TOHOシネマズ錦糸町楽天地(錦糸町PARCO 6階)
登壇:森崎ウィン(アングラード役)、渡辺歩監督

映画情報どっとこむ ralph ●森崎さんはアニメーション声優初挑戦ですが、いかがでしたか

森崎さん:画が出来上がっているところに声を入れていったので、純粋に難しかったです。一番初めに、音の入っていない画のみのDVDをいただいて練習したのですが、これはどこでブレスを取っているんだろう、と。キャラクターの呼吸と合わせるのがすごく難しかったというのが印象です。人が喋る前のちょっとした息遣いなど普段意識せずに自然とやっているものも、いきなり画だけを見るとわからなくなってしまう。どこでこの人は息を吸っているのか、それってすごく大事なんだなと改めて感じました。
実際に立ち上がったりしてアングラードと同じ動作をすることで、彼と同じ息遣いを表現することができました。アングラードと僕は真逆ですが、これだ、と思うものが撮れると、「うわっ」とか「キタっ!」と感情が出てしまいましたね(笑)アングラードのセリフは内容が難しく、台本を読んでも理解するのに時間がかかりました。原作のファンの方が沢山いらっしゃる中でそれを演じるというプレッシャーもありましたが、アニメーションと合わせていく作業の前に、アングラードの言っていることをまず自分がどう理解するか・どう解釈するか、台本の解釈にとても時間をかけました。また、収録は田中泯さんとご一緒させていただき、田中さんの立ち姿や佇まいを隣でリアルに感じることができました。言葉よりも背中で見せてくれて、空気感をすごく作ってくださったので、田中さんがいてくださるからこそやりやすかったところがあります。

監督:ものすごく一生懸命に、前向きに探って突き詰めて考えてくださる、これは簡単なようでなかなかできるものじゃないです。アプローチの仕方が素晴らしかったです。映画の神様に森崎ウィンという才能と出会わせてくれて感謝しますと伝えたいですね。


●企画から5年、今のお気持ちをお聞かせください

監督:もちろん完成させなければならないものですが、制作期間中はいつか世に出せる、きっと驚いてくれるだろう、こんな風に感動してもらいたい、という気持ちを込めてスタッフ一同で作っていくその時間が楽しくて、なんだか終わってしまうのが寂しいです。
ですが、晴れて今日を迎えて、一般試写はこれが最後でまもなく公開を迎えるということで、一口には言えない思いがありますね。

●アヌシー国際アニメーション映画祭、新設のコンペティション部門への出展が決定しました。海外の方に特に注目していただきたいところは?

監督:アニメーションは世の中に数多ございますが、非常に特農な作品です。人が線を一本ずつ書いていく、一枚ずつ描いていって動きを生み出すという最も原初的な、非常にシンプルなんだけれども一番尊くて大変だと言える作業を集積したものになっています。アニメーションは各国共通の技法を使っているので、その濃厚さは伝わるのではないでしょうか、その部分を是非とも味わっていただきたいですね。
生き物や生命がどこからきてどこへいくのかという非常に広いテーマではございますが、一つ一つ疑問や感じたことを観てくれた方一人一人の中で個人的なものとして受けとっていただいて、命や自分の存在について考えた時に、どんな考えのヒントがあるか、その思考が生まれてくるか。この少女は劇中、あるきっかけで自分のことを取り戻します。それは皆さんの中にもそれぞれの形であると思いますので、そう言った部分を感じてもらえたら嬉しいです。

森崎さん:『レディ・プレイヤー1』をイギリスで撮影していた時、現場にいらしたアニメーターやCGクリエイターの方々がみんなアニメ好きで、日本のアニメの話をすると熱くなるんです。日本のアニメの偉大さというのを肌で感じました。今回、日本から発信される新しい作品が世界に広がっていき、その中に自分も携わっていることを誇りに思いますし、新たな日本の魅力がお世話になった方々にも違った形で届くというのは嬉しいです。是非、スティーヴン・スピルバーグ監督にも観ていただきたいですね。
映画情報どっとこむ ralph 光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。
巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。
<本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた―――。

映画『海獣の子供』

6月7日(金)全国ロードショー

映画公式サイト
www.kaijunokodomo.com

映画公式twitter
@kaiju_no_kodomo

【海獣の子供】劇場ポスタービジュアル 自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。

琉花の父は言った――「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」

明るく純真無垢な“海”と何もかも見透かしたような怖さを秘めた“空”。琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく。三人の出会いをきっかけに、地球上では様々な現象が起こり始める。夜空から光り輝く流星が海へと堕ちた後、海のすべての生き物たちが日本へ移動を始めた。そして、巨大なザトウクジラまでもが現れ、“ソング”とともに海の生き物たちに「祭りの<本番>が近い」ことを伝え始める。
“海と空”が超常現象と関係していると知り、彼等を利用しようとする者。そんな二人を守る海洋学者のジムやアングラード。それぞれの思惑が交錯する人間たちは、生命の謎を解き明かすことができるのか。
“海と空”はどこから来たのか、<本番>とは何か。

これは、琉花が触れたの物語。
***********************************


原作:五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX刊)

キャスト:
芦田愛菜 石橋陽彩 窪塚愛流 
稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹 富司純子

スタッフ:監督/渡辺 歩 音楽/久石 譲 キャラクターデザイン・総作画監督・演出/小西賢一 美術監督/木村真二  CGI監督/秋本賢一郎 色彩設計/伊東美由樹 音響監督/笠松広司 プロデューサー/田中栄子
アニメーション制作:STUDIO4℃ 
製作:「海獣の子供」製作委員会 
配給:東宝映像事業部
©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会 



渡辺歩監督、小西賢一総作画監督、秋本賢一郎CGI監督登場『海獣の子供』ワールドプレミア上映会


映画情報どっとこむ ralph 自然世界への畏敬を独自の漫画表現で読者を魅了し続ける漫画家・五十嵐大介の「海獣の子供」を、映画『鉄コン筋クリート』で第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、そのハイエッジな映像表現で世界から注目を浴びるSTUDIO4℃がついに映像化。映画『海獣の子供』が6月7日(金)に全国公開となります。
海獣の子供[ この度、5月19日(日)に本作のワールドプレミア上映会を行ないました。

トークショーには、TVシリーズ「ドラえもん」の原画・作画監督・演出や劇場長編『ドラえもん のび太の恐竜2006』で監督を務めてきた渡辺歩監督、『かぐや姫の物語』で作画監督を務めた小西賢一総作画監督、『ベルセルク 黄金時代篇』3部作でCGIスタッフを務めた秋本賢一郎CGI監督が登壇!

『海獣の子供』にまつわる表現技法や、五十嵐大介の原作を映像化するにあたっての苦労など、ここでしか聞けないクリエイター陣による濃密なトークを展開しました!
映画『海獣の子供』ワールドプレミア上映会
映画『海獣の子供』ワールドプレミア上映会
日付:5月19日(日)
場所:イイノホール
登壇者:渡辺歩(監督)、小西賢一(キャラクターデザイン・総作画監督・演出)、秋本賢一郎(CGI監督)
パネラー:藤津亮太(アニメーション評論家)

映画情報どっとこむ ralph 原作のどんなところを魅力に感じ、どんな形で映画へ反映させようと思いましたか?

渡辺さん:原作はとても広いテーマと素晴らしいビジュアルで描かれていて、一言では言い表せない、魅力の塊のような作品です。なので、魅力を抽出するというよりは、すでにある魅力をいかに痩せさせないようにフィルムに焼き付けるか、というところに注力しました。原作の魅力を余すことなく映画の中に落とし込もうとするとボリュームが出てしまい、最初は欲張りなプロットを書いていましたが、映画として構築し直す中で、「琉花のひと夏の体験」を描くことで、描かなくてもいい部分や原作に任せられる部分が出るのではないか、1本の映画としてもまとめやすいのではないかと思いました。
映画『海獣の子供』ワールドプレミア上映会
小西さん:アニメーターの中でも五十嵐さんの原作を好きな人はとても多いので、自分がやっていいんだろうか、原作ファンをがっかりさせないだろうかと思うほどハードルが高かったです。ですが、せっかくやらせていただく機会があるのなら、やるしかないと思いました。今回はすでに五十嵐さんの完成された絵があったので、原作全てがイメージボードのようなものでした。セル画からイメージを想起させる力がとても高いので、それに負けないようにしようと意識しました。例えばアングラードの髪の毛は、原作で描かれている細かさが半端じゃないので、これをベタッとした色で描いてしまうと台無しになってしまいます。また、キャラクターの目も大きく印象的ですが、とにかく大変でした。絵コンテの段階から「アップを多用する」と監督から宣言されていて、一枚描くだけでもとても大変でしたが、そう言われたらやるしかないですよね(笑)。


秋本さん:私は、会社の人にオススメされて原作を読んでファンになりました。ピッチの細かさや圧倒的な白黒の絵の魅力にとても引き込まれたので、これをCGで表現するというのは、ものすごく遠いところにあるように感じていました。CGになると無機質になってしまうという危険があります。ただ、だからこそチャレンジしたいという気持ちが強くありました。私の役割は、主に魚群などの立体物をCGで作って動かしていくことです。例えばイワシの塊のシーンは、塊としての動きはもちろんですが一匹一匹の動きにも柔らかさや躍動感、生命力がないといけないよね、というお話を監督と小西さんから言われていました。なのでまずは一匹の動きから、こういう風に動いたらいいよねというアタリを頂き、そこから徐々に増やして塊として描いていきました。 CGの表現はどうしても硬さが出てしまうので、アニメーション特有の柔らかさを出しにくいものです。初めの頃は手書きの作画で表現されているものに追いついていませんでした。何が追いついていないのかという所を、監督と小西さんと何度も話し合いながら、ゴールとする表現へ”にじり寄って”いった感じです。作画とCGの境目を感じずに観ていただけていたら嬉しいですね。


キャラクターを描く上で気をつけたところは?

渡辺さん:琉花を描く上で、14歳の佇まい、身体つきを表現できるよう意識しました。アニメの琉花は、基本設計段階から、原作よりも少し小柄さを強調しています。一見非力にみえるのにチョロチョロしている感じを出したくて、華奢に描きました。アフレコの際はそれぞれのキャラクターのイメージを演者に重ねてアプローチしていくので、私がその場でディレクションしていくというよりは、彼らがどういうイメージで答えを持ってきているのか、すり合わせをするのが楽しかったです。例えば芦田さんはキャラクターと同い年で、私が思っていたよりもはるかにリアルでみずみずしい演技をしてくれました。彼女の表現するものに圧倒され、教えられましたね。収録作業をしながら改めて作品を捉えなおすような、不思議な時間でした。

小西さん:アニメ化するときに、キャラクターのデザインが多少変わるのはもちろんあることですが、原作ファンは五十嵐さんの絵が動くことを期待する。原作の良さを忠実に表現することと、監督のやりたいこと、どの辺りに落とし込むかが難しかったですね。描く上で大事にしたポイントは、ちゃんとそれぞれのキャラクターに見えるようにすることです。ラフ画の時点ではそれらしく見えても、最終形ではなぜか違って見えてしまう。細かいところまで作るには、最後の絵まで自分で描くしかない。通常の倍は手間がかかる、繊細なものでした。また、作画するときにアフレコの音声を聞いて、影響を受けた部分もあります。特に最後の琉花の長回しのシーンは、芦田さんの声があったおかげでより作りやすかったです。
映画『海獣の子供』ワールドプレミア上映会
作品全体を通して、意識したところを教えてください。

秋本さん:全体を通して壮大で密度のある映像が魅力ですが、もう一つ重要なのは日常に潜んでいるものの描き方です。例えば“光ってこういう風に光るんだ”、“水に濡れるとこういう表現になるのか”というような、この世界の秘密に触れているような感じがする部分を、面白いと思ってもらえたらいいなと思って作りました。
映画『海獣の子供』ワールドプレミア上映会
小西さん:「五感に訴える」ことは、アニメーターとして常日頃意識しています。触るとか、感覚を表現することは、派手さはないのですが、すごく自分も意識しているところで、そこはこの作品で伝わるといいなと思っています。

渡辺さん:「命の意味と在り処」というのがこの作品の大きなテーマにありますが、命というものを考えるときに何を思い浮かべるかは人ぞれぞれ違うと思います。たまたま琉花の場合は、お母さんに行き着き「個」としての自分を思い返しましたが、受け取った皆さんの中にもそれぞれ異なるものがあると思います。そういったことを考えるきっかけになれば、またそんな原作のメッセージが少しでも伝われば嬉しいです。今日、初めて作品が世に出ていきましたが、この作品がこれからどのように広がっていくかがとても楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『海獣の子供』 

6月7日(金)全国ロードショー

映画公式サイト
www.kaijunokodomo.com

映画公式twitter
@kaiju_no_kodomo

光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。
巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。
<本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた。

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。

琉花の父は言った――「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」

明るく純真無垢な“海”と何もかも見透かしたような怖さを秘めた“空”。琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく。三人の出会いをきっかけに、地球上では様々な現象が起こり始める。夜空から光り輝く流星が海へと堕ちた後、海のすべての生き物たちが日本へ移動を始めた。そして、巨大なザトウクジラまでもが現れ、“ソング”とともに海の生き物たちに「祭りの<本番>が近い」ことを伝え始める。
“海と空”が超常現象と関係していると知り、彼等を利用しようとする者。そんな二人を守る海洋学者のジムやアングラード。それぞれの思惑が交錯する人間たちは、生命の謎を解き明かすことができるのか。

“海と空”はどこから来たのか、<本番>とは何か。

これは、琉花が触れたの物語。

***********************************


原作:五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX刊)

キャスト:
芦田愛菜 石橋陽彩 窪塚愛流 
稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹 富司純子

スタッフ:監督/渡辺 歩 音楽/久石 譲 キャラクターデザイン・総作画監督・演出/小西賢一 美術監督/木村真二  CGI監督/秋本賢一郎 色彩設計/伊東美由樹 音響監督/笠松広司 プロデューサー/田中栄子
アニメーション制作:STUDIO4℃ 
製作:「海獣の子供」製作委員会 
配給:東宝映像事業部
©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会