「浜辺美波」タグアーカイブ

菅田将暉x土屋太鳳『となりの怪物くん』前売券特典で原作マンガと夢コラボが実現!


映画情報どっとこむ ralph 何もかもが「初めて」同士の二人を中心とした、まっすぐだけど不器用な登場人物たちが織りなす繊細なヒューマンドラマが、女子高生だけではなく多くの層から支持を集めるさくコミック。この度遂に菅田将暉、土屋太鳳に、古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、浜辺美波、佐野岳と人気俳優が集結して待望の映画化!!

4月27日(金)公開となります。

そして!この度、3月3日(土)より発売となる前売券購入特典の情報が解禁となりました!

全国合計2万名様に、原作者・ろびこ先生描き下ろしイラストと映画ビジュアルを両面に使用したクリアファイルをプレゼント。
表面の実写映画ビジュアルは、今回のクリアファイルでしか見ることのできない自撮りをしているような仲睦まじいショットに。ろびこ先生によるイラストは12月より発売となっている「となりの怪物くん愛蔵版」の表紙と今回のためだけに描き下ろされた“みっちゃん”が組み合わさったスペシャルなものに!原作ファンの方々も、原作を知らないけれども映画の公開が待ち遠しい方々も、嬉しい特典になっています。

前売券概要
※前売券1枚につき、特製クリアファイルを1部プレゼント!
※数量限定のため、プレゼント終了の際はご了承ください。
※劇場限定の特典です。
※特典は非売品です。転売目的での購入はご遠慮ください。
※詳細は劇場スタッフにお問い合わせください。
※前売券販売劇場は、映画『となりの怪物くん』公式サイトでご確認ください。


映画情報どっとこむ ralph 主演の一人・吉田春に菅田将暉。同じく主演のヒロイン・水谷雫に土屋太鳳。その他、古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、浜辺美波、佐野岳ら、若手実力派俳優が集結。瑞々しいキャストの競演がスクリーンを彩ります。

監督を務めるのは、2017年の大ヒット作品『君の膵臓をたべたい』など、数多くの青春恋愛映画を手掛け、“新たなラブストーリーの名手“との呼び声も高い気鋭の月川翔。さらに多くのラブストーリーを手掛ける脚本家・金子ありさが、少女マンガ原作の枠に止まらない感動の人間ドラマを紡ぎだしました。2018年、『となりの怪物くん』が青春恋愛映画の新たな金字塔を打ち立てます。

そして先日、西野カナが主題歌&挿入歌を担当することが発表となりさらに話題沸騰中の本作です。


映画『となりの怪物くん

4月27日(金)より全国東宝系にて公開!

映画公式サイト:
http://tona-kai.jp

映画公式Twitter:
@MovieTonakai

ストーリー
行動予測不能な超問題児で“怪物”と呼ばれる春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、二人とも恋人はおろか、友達もいない。二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。
それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白。仕事で家にいない母親に認められるために、幼い頃から勉強だけを信じてきた雫にとって、友達や恋人などはただの邪魔な存在でしかなく、はじめは無関心だったが、やがて春の本当の人柄に触れ、次第に心魅かれていく。そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。初めての友情、初めての恋愛。そして、春のライバル・ヤマケン(山田裕貴)の登場により、初めての三角関係も巻き起こり、二人の世界が変わっていく。それは春と雫にとって、初めて“みんな”で過ごす時間だった。
そんなある日、兄の優山(古川雄輝)が春のもとに現れたことがきっかけで、春は絶縁状態だった父親の元へ突如連れ戻されることになり、雫の前からも姿を消してしまう。

なぜ、春は“怪物”になったのか?
そしてその真実が明らかになったとき、春と雫の恋の行方は―?

***********************************

キャストビリング
菅田将暉 土屋太鳳
古川雄輝 山田裕貴 池田エライザ 浜辺美波 佐野岳
佐野史郎 / 速水もこみち

原作:ろびこ『となりの怪物くん』(講談社「KCデザート」刊)
監督:月川 翔
脚本:金子ありさ
音楽:林ゆうき
主題歌:西野カナ「アイラブユー」(SMEレコーズ)
公開:4月27日(金)

撮影期間:2017年5月下旬~7月上旬
企画・製作:東宝
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝
©2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 ©ろびこ/講談社


桜田ひより、浜辺美波!シャッター音が鳴りやまない美少女祭!『咲-Saki-阿知賀編』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 大人気コミック「咲-Saki-」が実写ドラマ・映画化プロジェクト第2弾として制作されたもうひとつのガールズマージャンストーリー本格美少女麻雀物語『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』劇場版。

本日1月20日に初日を迎え、新宿バルト9にて美少女10名(阿知賀女子学院から桜田ひより、伊藤萌々香、恒松祐里、渡邉幸愛、中山莉子、白糸台高校から浜辺美波、志田友美、日比美思、RaMu、岩田華怜)と監督が登壇する舞台挨拶が行われました。

『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』初日舞台挨拶
場所:新宿バルト9
日時:1月20日(土)
登壇 :
阿知賀女子学院:桜田ひより、伊藤萌々香、恒松祐里、渡邉幸愛、中山莉子
白糸台高校:浜辺美波、志田友美、日比美思、RaMu、岩田華怜
小沼雄一監督
MC:川口智美

映画情報どっとこむ ralph 会場を埋め尽くしたファンは、ほぼほぼ男性!記者も心なしか男性比率が高い気が。

阿知賀女子学院の高鴨隠乃役の桜田さんは主演作の公開に
桜田さん:『咲』のCDもそうだし、PVもドラマ主演も映画も、すべてに初めてが詰まった作品。5年、10年経った後にも、いくつになっても初心に戻れる作品になった。このメンバーでまた仕事ができるように頑張りたい。

と感無量のご様子。

前作で咲役を務めた浜辺さんは今作では姉の白糸台高校の宮永照役で出演していて2作連続
浜辺さん:前作で咲、今作で照という役柄で出演するという貴重な経験ができた。初日を迎えられて嬉しいです。

と喜びをファンに向けて話しました。

映画情報どっとこむ ralph 浜辺さん:高校一年生の時に咲、高校2年生で照を演じて、このシリーズは私にとっての青春のようなもの。私の夏は毎年咲に捧げているので、3本目は18歳になって労働基準法がゆるくなったら、もう今昼?夜?みたいな感じで台本を変えてもらって、しかも1日で撮りきっちゃったりして、そんな『咲』の3年目があればいいですね。

とさらなる続編を希望。

そんな浜辺さんに

RaMuさん:みんなでモニターを見ながら『可愛いわ~!』と。本当に浜辺美波さんが美しくて、美しくて。

と美貌絶賛で、ほかの共演者からも「もはや異次元」との声が上がった。それに対して

浜辺さん:私もみんなを見ながら『この角度を耐えられるのはこの子しかいない』と見ていました

と話すと、全員一斉の「いやいやいやー!」の総ツッコミ状態に!
映画情報どっとこむ ralph 『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』への思いについて

阿知賀女子学院
伊藤さん:あと5年したら、ひよりちゃんは20歳。そこに驚くけれど、その時はこのメンバーで集まって思い出話をしたい。
恒松さん:ひよりちゃんが20歳になったら、お酒を飲み交わしながら祝福したい。この作品でそれだけのいいメンバーに出会えたから。
とシミジミ。

渡邉さん:夢を叶えてもらった作品。忘れられない思い出になった
中山さん:このドラマで演じたように、大人になったときに綺麗なスン!とした顔になれるよう、作品から学んでいきたい!
と既に皆将来を見つめる女優陣。

映画情報どっとこむ ralph 白糸台高校

志田さん:この作品で20歳の夏の1か月をマージャンに捧げた思い。それを5年後くらいに改めて今の自分に、『しぶいことしてるね!』と言ってあげたい
日比さん:この作品でアーチェリーに挑戦したので、将来はアーチェリー選手かも。
アーチェリーにハマった?ビックリ発言。

RaMuさん:将来この作品の自分の演技を見て恥ずかしいと思ったら、それは成長。5年後くらいに恥ずかしがって見ながら、お酒を飲みたい!
岩田さん:2作目を上映できるのはありがたいこと。この作品は、萌え系ファンタジー漫画を原作にしたレジェンド的映画になるのではと期待。出演したことは自分の誇りになりました。
と黒髪バッサリ、染めた甲斐があったと口にしました。

映画情報どっとこむ ralph 小沼監督:こういったジャンルの映画がシリーズとして作られ、このように初日を迎えられるのは奇跡。前作をファンの方が後押ししてくれたことで実写化できたし、ファンの方々の思いと、キャストの皆が仲良く真摯に取り組んでくれたことが大きい。

と数多くのエールに感謝。


最後に・・・
桜田さん:最初は不安で緊張したけれど、わからないことがあっても、現場のスタッフ・キャストの皆さんが温かく迎えてくれた。だから伸び伸びと演技ができたと思います!

そして!フォトセッションと
『咲』恒例、サイン入り牌投げの儀が行われて
桜田さんジャンプ投げ!!!
初日舞台挨拶を終えたのでした。


***********************************

原作:小林 立『咲-Saki-』(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
コミック作画:五十嵐あぐり(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
監督:小沼雄一
脚本:森ハヤシ
制作プロダクション:ダブ
©小林 立/SQUARE ENIX・「咲阿知賀編」プロジェクト


佐藤健VS綾野剛の壮絶な戦いをお手元にいかが!映画『亜人』BD&DVD、4月18日(水)発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 監督:本広克行×主演:佐藤 健×アクションチーム(「るろうに剣心」シリーズ)集結!

誰も見たことがない、壮絶な新感覚アクション大作『亜人』のBlu-ray&DVDが東宝より4月24日(水)に発売、4月4日(水)よりレンタル開始となります。
監督には、「踊る大捜査線」シリーズ、「SP」、「PSYCHO-PASS」など、数々の大ヒット作品のメガホンをとり、王道エンターテインメントの可能性を切り開いてきた本広克行。ある日突然“亜人”である事が発覚し、国家から狙われる逃亡者となってしまった主人公・永井 圭役には佐藤 健。

そして永井と死闘を繰り広げる「最強・最恐・最凶」な不死身のテロリスト・佐藤役には、役作りのために肉体改造をした綾野 剛。

『るろうに剣心』以来2度目の競演となる2大憑依型俳優が漫画原作実写化のハードルを幾度となく乗り越え、互いへの絶大な信頼を寄せながら、全編一瞬も目が離せない、壮絶なアクションシーンを作り上げました!

『亜人』
4月18日(水) Blu-ray&DVD発売
4月4日(水) Blu-ray&DVD レンタル開始
■Blu-ray豪華版 6,800円+税
■DVD豪華版 5,800円+税
■DVD通常版 3,800円+税

発売元:東宝・講談社 販売元:東宝
(c) 2017映画「亜人」製作委員会 (c)桜井画門/講談社

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
病気の妹を救うために研修医となった永井 圭はある日、事故で死亡。しかし直後、生き返る。亜人 と発覚し、崩れ去る圭の人生。国家に追われ続け、非人道的な実験のモルモットとなってしまう。 そんな圭の前に突如、人類に牙をむく亜人最凶のテロリスト【佐藤】が現れる。自分の運命に葛藤 する圭は、佐藤が描く亜人の未来に共感できないでいた。 やがて始まる、佐藤による衝撃の国獲りゲーム。衝突する人類と亜人、そして亜人と亜人。 【絶対に死なない男】と【絶対に死なない男】の終わることなき【エンドレス・リピート・バトル】が始まる。 亜人たちは、永遠の命をどう生きるのか―?

***********************************

キャスト:佐藤健 玉山鉄二 城田優 千葉雄大 川栄李奈 山田裕貴 浜辺美波 品川 祐 / 吉行和子 / 綾野 剛

監督:本広克行
原作:桜井画門(講談社「good!アフタヌーン」連載)
脚本:瀬古浩司 山浦雅大
音楽:菅野祐悟
主題歌:THE ORAL CIGARETTES「BLACK MEMORY」(A-Sketch)


浜辺美波が演じる宮永照verの予告映像が解禁『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』


映画情報どっとこむ ralph 大人気コミック「咲-Saki-」が実写化プロジェクト第2弾として、桜田ひより主演によるもうひとつの本格美少女麻雀物語(ガールズマージャンストーリー)『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』が、2017年12月のMBS/TBSドラマイズム枠にてOAされ話題となっておりますが、年明け1月7日(日)MBSのOAにて浜辺美波が宮永照役として今作でも登場することがわかり、さらに注目が高まっています。

そして!

本日、浜辺美波が演じる宮永照verの予告映像が解禁となりました。

最強の高校生・宮永照に、新生阿知賀女子学院麻雀部はどのように挑んでいくのか!

宮永咲の姉であり、白糸台高校の絶対的エース「宮永照」役・浜辺美波の表情や演技をお楽しみ下さい。


宮永照ver 30秒予告



映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』

2018年1月20日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー


公式サイト:
http://www.saki-project.jp

公式Twitter:
@saki_project

***********************************

原作:小林 立『咲-Saki-』(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
コミック作画:五十嵐あぐり(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
監督:小沼雄一
脚本:森ハヤシ
制作プロダクション:ダブ
(C)小林 立/SQUARE ENIX・「咲阿知賀編」プロジェクト


竹内涼真が頭脳明晰ヒネクレ高校教師役で浜辺美波と“ラブコメ” 『センセイ君主』映画化


映画情報どっとこむ ralph 2013年から2017年まで別冊マーガレット(集英社)にて連載され、全13巻で約143万部を突破、連載終了後もなお支持されている幸田もも子先生(「ヒロイン失格」)原作の『センセイ君主』。

竹内涼真さん・浜辺美波さん大ブレイクを果たした旬すぎる二人で実写映画化です!
「教師×生徒の恋愛=禁断の恋」というイメージを「ハイテンション×コメディ=笑える楽しい学園ラブ」に昇華、まさに新感覚学園ラブコメディを生み出します!!弘光とあゆはは想いを通じ合わせることが出来るのか??初共演!の二人の熱演に期待です!

映画情報どっとこむ ralph 竹内涼真さんが演じるのはイケメンで頭脳明晰だけど冷徹でヒネクレ者な高校教師・弘光由貴。キャリア初の“ラブコメ映画初主演”、更に初の“教師役”という新境地に向けて強い意気込みをコメントしてくれました!

竹内涼真さんからのコメント
初のラブコメ映画主演ということで、とにかく楽しみですし、頑張らなくてはいけないなと感じています。今24歳なのですが、やっと先生役を演じられる年齢になって来たのかなという思いと同時に、今まで演じたことがない役なのでこれからどうやって演じようかといろいろ考えながらワクワクしています。こんなに早く主演をさせていただけるのは凄く有難いことですし、だからこそ自分が今持っている力を全部出し切りたいと思っています。そして、『センセイ君主』という作品を作っていくチームの皆さんと、愛される作品を作れるように頑張りたいです。クランクインまであと少しなので、自分をベストの状態にもって行って撮影に臨みたいです。僕が演じる弘光先生は数学の天才なので、先生という立ち居振る舞いを少しずつ勉強しながら取り入れていきたいと思っています。あゆはを演じる浜辺美波さんとは何度かお会いしていますが、まだあゆはを演じている姿が想像できません(笑)。この映画は弘光先生とあゆはの掛け合いがカギとなるので、これから一緒に演じていく上で、どう演じられるのか楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph そして、浜辺美波さんは竹内さん演じる弘光に恋するちょっぴりおバカなパワフルヒロイン・佐丸あゆ。今までにはあまり見せてこなかったコメディエンヌを演じるにあたり・・・

浜辺美波さんからのコメント
原作や台本を読んでいて、クスっと笑えるシーンが多かったので、モノマネやパロディ要素の部分も怖がらずに全力で演じたいと思います。
撮影はまだこれからなのですが、とにかくあゆはちゃんはまっすぐな子なので、観ている方が嫌な気持ちにならず、応援したくなるように演じたいです。今までにないくらいハジけて演じられたらと思います。これ以上やっていいのかというくらい顔芸もやりたいです。今は原作をしっかり読んで役作りを考えていく段階なので、私自身も想像が出来ていなくて。でも監督が「ここまでやってもいいんだ」と思ってくれるくらいあゆはとしてぶっ飛んでいきたいです。
弘光先生を演じる竹内涼真さんにはまだあまりお会いしたことがないので、どういう先生になるのかも全くわかりませんが、原作のように見ている人を虜にしてしまうような先生だといいですね。

と、気合は十分。

映画情報どっとこむ ralph さらに監督には『君の膵臓をたべたい』を大ヒットさせ、2018年も『となりの怪物くん』など話題作が続いている月川翔さん!

月川翔監督からのコメント
原作も脚本もゲラゲラ笑って読みました。
腹から笑ってキュンとして、ほろりと感動する娯楽映画にしたいと思っています。
主演の2人には期待しかありません。まさに旬な俳優です。
まず竹内涼真。彼がこれまで演じてきた役は、どれも最高に魅力的で好きでしたが、実際会ってみてもやっぱり最高。眩しい。物腰、目、左利きの大きな手…。挙げたらキリがないですが、こりゃ惚れてしまうに決まってます。
浜辺美波とは3作品目ですが、まったく新鮮な気持ちです。というのも、これまで見たことのない彼女の一面を見ることになりそうだからです。おバカで愚直なまでに真っすぐな今回の役をやり切ったら、相当な振れ幅を持つ女優さんになることでしょう。
今後発表されるキャストも素晴らしい面々が揃いました。愉快なスタッフ陣とも力を合わせ、極上のエンターテイメントをお届けできるよう、力を尽くします。

映画情報どっとこむ ralph 原作者の幸田もも子(原作者)先生からもコメントが届いています!

この度は「センセイ君主」を実写化していただけることになり、大変うれしく思います!キャストの方々も、本当に思い描いていたイメージぴったりで、、、!!!これからどんな作品に生まれ変わるのかとても楽しみです!!

『センセイ君主』

2018年全国東宝系にてロードショー

公式サイト:
http://sensei-kunshu.com/ 
公式Twitter:
@senseikunshu_m 


物語・・・
告白7連敗中の佐丸あゆは(16歳)は、恋に恋する元気娘。「彼氏が欲しい」しか頭にないあゆはは、新任の超横暴で冷徹なヒネクレ者の数学教師・弘光由貴(26歳)に「“イチャイチャしてくれる人募集”の張り紙でも背中に貼ってれば?」と冷たくバカにされる。

 あゆはは「絶対に彼氏を作って、先生にぎゃふんと言わせる!」と張り切るが、また失恋。挙句、弘光に「漫然と生きるのやめたら?」とまた嫌味を言われてしまうのだった。
ところが、弘光が悪気なく“アドバイス”をしてくれているのだと気付いたあゆはは、その途端に弘光のことが気になり始める。あゆはは必死に自分の恋心を抑えようとするが、雨の中、車で家まで送ってくれたり、個別で勉強を教えてくれたりする先生の天然タラシっぷりに陥落。完全に弘光を好きになってしまう。

そんなあゆはの恋は前途多難。感情がすべて顔に出てしまうあゆはは、告白する前に弘光から「高校生相手に恋愛なんてありえない」と速攻でフラれる始末。一方、どんなに冷たくされようともくじけないあゆはは、「先生をおとしてみせます!」と大胆宣言!弘光も、「そこまで言うならおとしてみなよ」と挑発するのだった。

あゆはの猛アタックと、弘光の冷たい防御。そんな二人の恋愛バトルに、あゆはに想いを寄せるあゆはの幼馴染で同級生の澤田虎竹(16)と、音楽教師として現れた弘光に思いを寄せる弘光の幼馴染の柴門秋香(27)も参戦!
果たしてあゆはと弘光の“秘密の恋”はどうなってしまうのか?

***********************************


原作:幸田もも子「センセイ君主」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:月川翔(『君の膵臓をたべたい』『となりの怪物くん』)
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』『恋と嘘』)
制作プロダクション:東宝映画
配給:東宝
撮影時期:2018年1月15日~2月17日(予定)
©2018 「センセイ君主」製作委員会 ©幸田もも子/集英社