「津田健次郎」タグアーカイブ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』×『ゴールデンカムイ』特別コラボ映像&イラスト3種が解禁


映画情報どっとこむ ralph 6月28日(金)に日本で世界最速公開となるスパイダーマン最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。

MCU”フェーズ3”完結作であることも明らかとなった本作。
このたび、原作コミックスがシリーズ累計970万部を突破した大人気TVアニメ『ゴールデンカムイ』との特別コラボ映像&イラスト3種が解禁となりました!

TVアニメ『ゴールデンカムイ』は、明治時代後期の北海道を舞台とした週刊ヤングジャンプ(集英社)で連載中の人気漫画『ゴールデンカムイ』を原作とし、2018年4月~6月(第一期)、 2018年10月~12月(第二期)にて放映されました。

今回、この世界的に注目度の高い2作品のコラボ映像では、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に登場する元S.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリーと、TVアニメ『ゴールデンカムイ』に登場する鶴見中尉が共に“カリスマ的な軍人”であることや、“顔にケガを負っている”点、何より“チームをまとめるためなら手段を選ばない”などの共通点の多さから実現!不死身と呼ばれる元兵士で主人公の杉元佐一と、金塊のカギを握る強く美しいアイヌの少女・アシ(リ)パの2人が『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の魅力を紹介するはずが、鶴見中尉の登場とともに一転、動画を支配されることに・・・。『アベンジャーズ/エンドゲーム』の戦いの後、新たな脅威を察したニック・フューリーは、スパイダーマンの力を必要とするあまり、夏休みの旅行でヨーロッパを訪れているピーターに先回り。さらに、ピーターの友人ネッドに麻酔銃を容赦なく打ち込むなど、その常軌を逸した姿に共感したり、“鉄の意志”を託され、アイアンスパイダースーツを着て華麗に舞うスパイダーマンのアクションに歓喜する鶴見中尉の狂乱ぶりは必見!


映画情報どっとこむ ralph 今回のコラボについて、これまで数々のキャラクターの声を吹き込み、声優界の重鎮として名高い鶴見中尉役の大塚芳忠さんは

大塚さん:遡ること40年近く前に、ある局の洋画劇場でスパイダーマンを吹き替えたことがあるのです。私鶴見が、『い〜ね〜!ぴ〜た〜くぅん。いいぞぅ〜!! 』と恍惚の表情で叫ぶのです。『蜘蛛のようにっ、蜘蛛のように踊るんだっ!』と、おそらく頭蓋骨から汁垂らしながら。こんな面白いことにはそうそう巡り会えるものでは有りませんね。『ファー・フロム・ホーム』大期待です。早くピーターくぅ〜んに会いたい!

とコメント。主人公・杉元佐一役の小林親弘さんは今回のコラボについて

小林さん:手から糸が出るのってカッコイイですよね!自分がスパイダーマンだったら、森とかに行って木々を凄いスピードで移動したいです。

と言えば、アシ(リ)パ役の白石晴香さんは

白石さん:世界中の誰もが知っている「スパイダーマン」とのコラボ!とても嬉しいです。初めて「スパイダーマン」を見たときは糸を出すマネをしていました(笑)

と続けた。さらに「谷垣狩りだぜ」の台詞でもファンにはお馴染み、尾形百之助役の津田健次郎さんも

津田さん:スパイダーマン×ゴールデンカムイのコラボは面白いです!世界観が全然違う2つの作品の交流を是非楽しんで頂きたいです。

とコメントを寄せるなど豪華声優たちからも期待を集めています。


映画情報どっとこむ ralph
さらに『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の舞台となっているヴェネチア、ベルリン、ロンドンのヨーロッパの3都市に出現するスパイダーマンのポスタービジュアルの構図を『ゴールデンカムイ』の人気キャラクターたちで忠実に再現した描き下ろしのコラボイラスト3種も解禁!そして、今回のコラボ企画を記念し、映画『スパイダーマン』公式Twitter(@SpidermanfilmJP)ではスパイダーマンのポスタービジュアル3種とコラボイラスト3種を用いたスペシャルアイテムのプレゼントキャンペーンも実施!

≪映画『スパイダーマン』×TVアニメ『ゴールデンカムイ』公式Twitterキャンペーン≫

■概要
コラボ映像&コラボビジュアル解禁を記念して、映画『スパイダーマン』公式Twitter(@SpidermanfilmJP)とTVアニメ『ゴールデンカムイ』公式Twitter(@kamuy_anime)にて、スパイダーマンのポスタービジュアル3種とコラボビジュアル3種を用いたスペシャルアイテムのプレゼントキャンペーンを実施。詳細は対象のアカウントでご確認下さいませ。

■日程
6月17日(月)7:00~6月23日(日)23:59
※TVアニメ『ゴールデンカムイ』公式Twitterでは6月17日(月)12:00より開始

■賞品
①コラボビジュアルポストカード(全6種セット)
②コラボビジュアルA3ポスター(全6種のうち2枚セット)
■応募方法
映画『スパイダーマン』かTVアニメ『ゴールデンカムイ』の公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRT

■応募の諸注意
※本プレゼントの応募にはTwitterアカウントが必要です。抽選時にアカウントが凍結・削除されている場合、または当アカウントのフォローを解除されている場合は対象外となります。
※応募はお一人様おひとつのアカウントからに限らせていただきます。お一人の方による複数のアカウントからご応募があった際には無効にさせていただきますので、ご了承ください。
※当選者の方へはTwitterのダイレクトメッセージで連絡いたします。当選者以外への連絡はございませんのでご了承ください。
※応募・発送は日本国内に限ります。
※賞品発送は(株)フラッグが行います。
※賞品の発送は2019年7月頃を予定しています。
※梱包には細心の注意を払いますが、万が一郵送中の事故により破損した場合でも返品・交換等は受け付けられませんのでご了承ください。
※ご提供いただいた個人情報は賞品の発送以外の目的では利用いたしません。

映画情報どっとこむ ralph 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
(原題:Spider-Man:Far From Home)』 


公式サイト:http://www.spiderman-movie.jp/ 

公式Twitter:@spidermanfilmjp

公式Facebook:@SpiderManJapan/ 
#スパイダーマン

ピーター(トム・ホランド)は夏休みに、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かける。しかしそこに待っていたのは、元S.H.I.E.L.D.長官であるニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)だった。迫りくる新たな脅威を察したニックは、その戦いにスパイダーマンの力を必要としていたのだ。目の前に立ちはだかる脅威にピーターは怖気づくが、ニックはその使命をスパイダーマンに託す。
 ヴェネチア、ベルリン、ロンドンといったヨーロッパ都市をはじめ、各国を危機に陥れるのは、“火”や“水”など自然の力を操るクリーチャーたち。世界に脅威が迫る中、ニックはミステリオ(ジェイク・ギレンホール)をピーターに引き合わせる。異次元から来たという彼もまた、ピーターと共に敵に立ち向かっていく。そしてこの戦いに、ソーやキャプテン・マーベルの力は借りられない。ピーター=スパイダーマンはこの危機にどう立ち向かうのか――今、世界は彼に託される・・!

映画情報どっとこむ ralph 【TVアニメ『ゴールデンカムイ』について】
 原作は「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の、野田サトルによる大ヒットマンガ(マンガ大賞2016受賞、第22回手塚治虫文化賞「マンガ大賞」受賞)。埋蔵金を巡るアクション&サスペンスを軸に、狩猟、グルメ、歴史などの五感を刺激する多彩な魅力が炸裂する極上のエンターテイメント。2018年4月~6月(第一期)、 2018年10月~12月(第二期)に放映。

【配信情報】
●月額見放題サービス
FOD、AbemaTV、dアニメストア、Amazonプライム・ビデオ、ひかりTV、バンダイチャンネル、ビデオパス、Hulu、milplus(みるプラス)

●個別課金サービス
Amazonビデオ、Rakuten TV、ビデオマーケット、HAPPY!動画、TSUTAYA TV、PlayStation Video、ニコニコチャンネル、ひかりTV、U-NEXT、バンダイチャンネル、ビデオパス、milplus(みるプラス)

【Blu-ray&DVD情報】
■第一期・第二期Blu-ray&DVD 全六巻 好評発売中!
アニメ公式HP: kamuy-anime.com
アニメ公式Twitter: @kamuy_anime

【原作コミック情報】
■『ゴールデンカムイ』 原作:野田サトル 
コミックス①~⑰巻絶賛発売中 /「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中(※毎週木曜日発売)
コミックス最新⑱巻 6月19日(水)発売!


©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会

***********************************


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『移動都市/モータル・エンジン』第二弾日本語吹き替えキャストに津田健次郎、井上麻里奈ら


映画情報どっとこむ ralph イギリス作家フィリップ・リーヴのファンタジー小説「移動都市」をピーター・ジャクソンが映画化。
“都市が移動し、都市を喰う世界”を舞台に、衝撃的で新しく、壮大な物語を圧倒的な映像迫力で描き出す冒険ファンタジー超大作『移動都市/モータル・エンジン』が、 3月1日(金)より全国公開となります。

圧倒的に巨大な移動都市との戦いに、追加豪華声優陣が参戦!!!


先立って第一弾日本語吹替え版キャストとして、石川由依、島﨑信長、大塚芳忠、大塚明夫、朴璐美、嶋村侑、下野紘といった錚々たる面々の出演が発表され、新鮮味溢れた若手声優陣×ベテラン声優陣による夢の共演が大きな反響を呼んでいた本作。

待望の第二弾日本語吹き替え版キャストを発表となりました!!

映画情報どっとこむ ralph
そして今回、待望の第二弾の追加キャストとして、朴璐美さん演じる反移動都市同盟リーダーのアナとともに同組織に所属し、アナやヘスター、トムとともに巨大な移動都市ロンドンへ進撃していく空賊のコーラ役に、アニメ「ゴールデンカムイ」で尾形百之助や、「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」シリーズで主人公のライバル海馬瀬人を演じ、声優の他にも舞台、映画監督と多岐にわたって活躍している津田健次郎さん。
◆コメント◆
壮大なファンタジー世界に入れたのが嬉しかったです。ワクワク、ドキドキに溢れたエンターテイメント作品は良いですね。そして、戦うカッコイイ男を演じる事も楽しかったです。是非劇場に足を運んで下さい。楽しんで頂けたなら幸いです。

同じく反移動都市同盟に所属する指揮官のサスヤ役に、アニメ「進撃の巨人」でアルミンや、アニメ「終物語」で老倉育を演じた井上麻里奈さん。
◆コメント◆
迫力満点です。既に期待されてらっしゃる方も多いと思います。どんな方でも楽しんで頂けるエンタメ性の高い作品になっています!是非劇場に足を運んで頂けると嬉しいです。実は今回サスヤはセリフ自体は少ないのですが、ミステリアスながらもしっかりと存在感を示しています。毎回スケールの大きい作品ばかりで、いちファンとして参加出来た事がとても嬉しいです。原作もこれから更に盛り上がっていくので、映画もシリーズ化して欲しいです!

巨大な移動都市ロンドンのトップに君臨するクローム市長役には「機動戦士ガンダム」シリーズでギレン・ザビを演じている銀河万丈さん。
◆コメント◆
クロームと申します。鉄っぽい名前でしょ?
ですから鉄っぽく演じてみました。(どういう役作りだ?)
市長からのお願いです。
どうぞ皆様、開演前にはオールドテクの最先端コミュニケーターの電源をお切り下さい。


最終戦争前に存在していたスマートフォンやテレビゲームといった古代技術が展示されているロンドン博物館の研究員のポムロイ博士役には、映画『ワイルド・スピード』シリーズや他作品でヴィン・ディーゼルの声を担当している楠大典さん。
◆コメント◆
存在感ある役だと思いました。いつも人に危害を加える役が多いので(笑)たまにはインテリジェントな役を演じるのも楽しかったです。物語を楽しむなら吹替版の方がより楽しめると思うので、ぜひ劇場でご覧ください。


物語の鍵を握る何かを見つけてしまうヘスターの母パンドラ役には「進撃の巨人」でカーフェンを演じた寺依沙織さん。
◆コメント◆
巨大移動都市「ロンドン」の超ド迫力は、是非劇場の巨大スクリーンで味わって頂きたいです。クスッとしてしまう遊び心がちりばめられつつも、手に汗握るピーター・ジャクソン最新作品をご堪能下さい。出来れば吹替えで!

の参戦が決定しました!

映画情報どっとこむ ralph “都市が都市を喰う”弱肉強食の世界で、巨大な移動都市ロンドンに戦いを挑む若者たちに超人気声優陣、そして希望を求めて抗う若者たちの冒険を支え、時には阻止する重要なキャラクターたちに超ベテラン声優陣が名を連ね、劇中のキャラクターたちの挑戦や葛藤が、それぞれの日本の声優界での活躍にも自然と共鳴していく日本語吹替え版は絶対に鑑賞必至!!!是非とも劇場の大きなスクリーンでお楽しみください!!!

『移動都市/モータル・エンジン』
原題:Mortal Engines


***********************************


製作:ピーター・ジャクソン
監督:クリスチャン・リヴァーズ
出演:ヘラ・ヒルマー,ロバート・シーアン, ヒューゴ・ウィーヴィング,ジヘ,ローナン・ラフテリー,レイラ・ジョージ,パトリック・マラハイド,スティーヴン・ラング
原作:フィリップ・リーヴ著/安野玲 訳「移動都市」(創元SF文庫刊)
(C)Universal Pictures




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『コードギアス 復活のルルーシュ』戸田恵子出演決定!本予告&家入レオら楽曲情報解禁!


映画情報どっとこむ ralph 現在、劇場総集編3部作Blu-ray&DVDが好評発売中の『コードギアス 反逆のルルーシュ』。その続編となり、未だ全貌が明かされない本作『コードギアス 復活のルルーシュ』は2019年2月9日(土)全国ロードショーとなります。


かつて世界を握り世界を壊した男がいた。

その男の名はルルーシュ・ヴィ・ブリタニア。彼の亡き後の世界、そこにあるのは秩序か混沌か、時代を席巻し一大ムーブメントを築き上げたコードギアスシリーズ、その新たな扉が今開く。監督・谷口悟朗、脚本・大河内一楼、キャラクターデザイン原案・CLAMPのコードギアスチームが完全新作を制作。コードギアスの新たな伝説が今再び華麗に開幕。

映画情報どっとこむ ralph 本作の新予告編映像第2弾が解禁となりました。


予告編はルルーシュ亡き後の世界が舞台となっており、テレビシリーズからのお馴染みのキャラクターで主人公ルルーシュにギアスの力を与えた少女C.C. (CVゆかな)や
ルルーシュの友人であり、ゼロの仮面を受け継いだスザク (CV櫻井孝宏)、
ルルーシュの実妹ナナリー (CV名塚佳織)、
元レジスタンス「黒の騎士団」メンバーの少女、紅月カレン (CV小清水亜美)
のゼロ・レクイエムから2年後の姿が映し出されています!




さらに、新たなキャラクター達も姿を現しており、
今回は戦士の国・ジルクスタン王国のシャムナ(CV戸田恵子)、

フォーグナー(CV大塚明夫)、

クジャパット(CV津田健次郎)

のキャスト3人が解禁となった。新たなギアスユーザーも登場しているが、新キャラクター達の正体は未だ謎!

映画情報どっとこむ ralph さらに、本作の楽曲情報が解禁され、オープニング主題歌を務めるのは、数々のCMソングで、その透き通った美しい声に定評のある福岡出身のシンガーソングライター家入レオ。エンディング主題歌は、友人同士だった5人でグループを結成し、メンバー全員がメインボーカリストというスタイルが話題となり、20代の若者に絶大な人気を誇るUNIONE(ユニオネ)。そして、「コードギアス」テレビシリーズの1期・2期のエンディングテーマを担当し、コードギアスファンにはお馴染みのALI PROJECTが挿入歌を担当。超豪華なアーティスト3組が決定しました!

オープニング主題歌
家入レオ「この世界で」

エンディング主題歌
UNIONE(ユニオネ)「リバイブ」

挿入歌
ALI PROJECT「美しき獣たちの為の」

映画情報どっとこむ ralph コードギアス 復活のルルーシュ

2019年2月9日(土)全国ロードショー

公式サイト:
http://www.geass.jp/R-geass/

公式Twitter:
@GEASSPROJECT


物語・・・
光和2年。世界は再編成された超合集国を中心にまとまり、平和な日々を謳歌していた。
しかし、平和は突如として終わりを告げる。仮面の男・ゼロとして、ナナリーの難民キャンプ慰問に同行したスザクが謎のナイトメアフレームに敗れ、2人は連れ去られてしまった。シュナイゼルの密命を受け、戦士の国・ジルクスタン王国に潜入したカレン、ロイド、咲世子はそこで、謎のギアスユーザーに襲われる。そして、その場には襲撃者に“元嚮主様”と呼ばれる、C.C.が居た。
かつて神聖ブリタニア帝国の大軍すらも打ち破った無敵の王国を舞台に、人々が描く願いは、希望か絶望か。
果たして、ギアスのことを知るジルクスタン王宮の面々と、C.C.の思惑とは――。

◇『コードギアス』シリーズとは◇
2006年に『コードギアス 反逆のルルーシュ』全25話、2008年に続編『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』全25話がTV 放送され、一大ムーブメントを巻き起こし、スピンオフ作品やコミカライズ、イベントや舞台化など、多方面に渡りメディアミックスを展開。放送から10 年以上経った現在でもファンから熱い支持を得る、2000年代を代表するヒット作品のひとつです。
2017年10月~2018年5月にかけて、TVシリーズ全50話を3本の映画に再編集し、全編新規アフレコ収録と新作カットを追加した劇場3部作が順次公開。2019年2月9日公開の完全新作映画『コードギアス 復活のルルーシュ』は劇場3部作の「その後」の物語です。

***********************************


キャスト
C.C. : ゆかな/スザク:櫻井孝宏/ナナリー:名塚佳織/カレン:小清水亜美/ロイド:白鳥哲/咲世子:新井里美
シャムナ:戸田恵子/シャリオ:村瀬歩/フォーグナー:大塚明夫/シェスタール:島﨑信長/ビトゥル:高木渉/クジャパット:津田健次郎

スタッフ
監督:谷口悟朗/脚本:大河内一楼/キャラクターデザイン原案:CLAMP
キャラクターデザイン:木村貴宏
ナイトメアフレームデザイン原案:安田朗/ナイトメアフレームデザイン:中田栄治/メカニカルデザイン・コンセプトデザイン:寺岡賢司
メインアニメーター:木村貴宏、千羽由利子、中田栄治、中谷誠一
美術監督:菱沼由典
色彩設計:柴田亜紀子
撮影監督:千葉洋之
編集:森田清次
音響監督:井澤基、浦上靖之
音楽:中川幸太郎
オープニング主題歌:家入レオ「この世界で」
エンディング主題歌:UNIONE(ユニオネ)「リバイブ」
挿入歌:ALI PROJECT「美しき獣たちの為の」
配給:ショウゲート
製作:サンライズ、コードギアス製作委員会
©SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design ©2006-2018 CLAMP・ST 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

入野自由・津田健次郎 吹き替え版予告篇解禁『君の名前で僕を呼んで』


映画情報どっとこむ ralph 第90回アカデミー賞で4部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞)にノミネート、見事脚色賞(ジェームズ・アイヴォリー)を授賞した『君の名前で僕を呼んで』。

ゴールデン・グローブ賞主要3部門ノミネートを含む92部門の授賞&308部門ノミネート、2017年度Rotten Tomatoesベスト・レビュー映画でNO.1にも認定と輝かしい実績を持つ本作は、80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びが描かれています。
君の名前で僕を呼んで©Frenesy, La Cinefacture

「★★★★★(最高点)胸が張り裂ける感動!」-タイムアウト紙/「息をのむほどの美を兼ね備えた傑作」-オブザーバー紙/「魅了され、恍惚となるほどに美しい映画」-ワシントンポスト紙/「今年最も魅惑的な映画」-アトランティック紙/「“傑作”という名前でこの映画を呼ぼう」-ニューヨークポスト紙 などの各誌レビューにあるように、世界中から熱狂的な賛辞が贈られ、男女を問わず、世代を問わず、世界中の映画ファンの注目を集める話題作です。いよいよ日本では4月27日(金)より公開となります。

映画情報どっとこむ ralph 今回、人気声優が主演二人を務めることで話題となった吹き替え版の予告篇が到着!

エリオ(ティモシー・シャラメ)役は「おそ松さん」などの入野自由さん、オリヴァー(アーミー・ハマー)役は『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レン役で知られる津田健次郎さんが演じることで大きな話題を呼んでいる『君の名前で僕を呼んで』吹き替え版。
今回解禁となった吹き替え版予告篇は、字幕版予告篇と同じく北イタリアの避暑地を舞台に17歳のエリオ(入野自由/ティモシー・シャラメ)とエリオの父の研究を手伝いにきた24歳のオリヴァー(津田健次郎/アーミー・ハマー)の出会いから、主演二人の揺れ動く感情とその魅力を盛り込んだ内容。瑞々しさ溢れる主演二人に、津田さんと入野さんの美声によって新たな魅力が加えられ、思わず胸が熱くなる美しいセリフの数々が吹き替え版の完成度の高さを物語ります。今ここにもう一つの『君の名前で僕を呼んで』、そして新たな感動が誕生しました。ナレーションは字幕版予告篇と同様に櫻井孝宏さんが務め、大人気声優3名の美声が聞ける必見の超豪華予告篇となっております!お見逃しなく!


<吹き替え版 主要キャスト一覧>
エリオ(ティモシー・シャラメ) :入野自由  
オリヴァー(アーミー・ハマー) :津田健次郎  
パールマン教授(マイケル・スタールバーグ) :星野充昭
アネラ(アミラ・カサール) :沢海陽子  
マルシア(エステール・ガレル) :下山田綾華 
キアラ(ヴィクトワール・デュボワ) :櫻庭有紗 
マファルダ(バンダ・カプリオロ) :伊沢磨紀



映画情報どっとこむ ralph 君の名前で僕を呼んで

cmbyn-movie.jp

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:『君の名前で僕を呼んで』(アンドレ・アシマン/オークラ出版)
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『レディ・バード』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム 
原題:Call Me By Your Name     

©Frenesy, La Cinefacture 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

入野自由・津田健次郎で日本語吹き替え版も公開決定!『君の名前で僕を呼んで』 


映画情報どっとこむ ralph 第90回アカデミー賞で4部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞)にノミネート、見事脚色賞(ジェームズ・アイヴォリー)を授賞した『君の名前で僕を呼んで』。

本作は、80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた秀作。

世界中から熱狂的な賛辞が贈られ、男女を問わず、世代を問わず、世界中の映画ファンの注目を集める話題作です

いよいよ日本では4月27日(金)より公開となります。
映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞でも大きな話題となり、さらに本作に期待するファン層が拡大。

日本語吹き替え版の上映を要望する声が高まったことを受け、当初予定になかった吹き替え版上映が決定しました。※本作で数々の主演男優賞にノミネートされ、ハリウッドで今最も注目を集めるティモシー・シャラメと、すでに高い人気を誇り演技力も定評あるアーミー・ハマーの吹き替えということで、キャスティングはファンならずとも気になるところですが、最高の組み合わせが実現しました。

ティモシー・シャラメ演じる主人公・エリオを演じるのは、話題沸騰の人気アニメ「おそ松さん」や映画『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などで活躍し、現在公開中の『さよならの朝に約束の花をかざろう』のキャストも担当している入野自由さん。入野さんは、17歳のエリオを瑞々しく演じながら、繊細な心の揺れや痛みを切なく見事に演じており、その姿はまさに“はまり役”。

◆入野自由さん コメント
エリオ役(ティモシー・シャラメ)

オファーを受けたときはまだ台本を読んでいなかったのですが、トレーラーを見た時点で、グッと引き込まれるような世界観だったので、迷わずお引き受けしました。収録の時は、「一度ミスをしたら終わる」くらいの緊張感をもっていました。集中を切らすことなく、津田さんと一緒に空気を作っているというこのアフレコの現場は、貴重で不思議でなかなか経験することのできない空間でした。余白がものすごくたくさんある作品なので、そこを是非楽しんでいただきたいと思います。

アーミー・ハマー演じる24歳の大学院生オリヴァー役には、『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レンをはじめ、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ブラックパンサー』など続々と人気作品の声優を務めている津田健次郎さん。


本作では、現実と向き合いながらも、それでも無垢なものに惹かれ心が揺れ動くオリヴァーを演じ、エリオとの微妙な距離感を見事に表現しています。すでに収録は終了しましたが、ベテランスタッフも思わず鳥肌がたつほどのクオリティ。

入野さん、津田さんが丁寧に繊細に息を吹き込んだ本作。

2人の間で起こる見事な化学反応に期待が高まります。是非、劇場で字幕版だけでなく、日本語吹き替え版もお楽しみください。

◆津田健次郎 コメント
オリヴァー役(アーミー・ハマー)

いざ台本をいただいて、映像をみせていただいて、空気感がすごくしっかり作られているので、「すごいな」と思いました。とにかく自由くんと二人で、丁寧にできたらと思い挑みました。細かいディテールを積み重ねて空気を作っていくというのが好きな ので、自由くんの出してくれるものだとか僕の出すものだとか、そういうものが細かく溢れていくといいなと思いました。 タイトルにもなっているセリフを僕が言うのですが、これは色々な解釈ができる言葉で、自分を相手に投影したり、相手と自分を同化させたり、このセリフを聞いた皆さんが、「どういうことなんだろう!?」と感じてくれるのではないかと思います。 是非観に来てください。


映画情報どっとこむ ralph 君の名前で僕を呼んで

公式HP:
cmbyn-movie.jp

物語・・・

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。

一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:『君の名前で僕を呼んで』(アンドレ・アシマン/オークラ出版)
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『レディ・バード』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか

提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム 配給:ファントム・フィルム 
原題:Call Me By Your Name     
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12

©Frenesy, La Cinefacture 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ