「津川雅彦」タグアーカイブ

SWORDの終わりだ!「HiGH&LOW THE MOVIE 2」本予告映像、解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「HiGH&LOW THE MOVIE」、第2弾映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」が大ヒットを記録。

そしてついに、待望の第3弾 新作・映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」が8月19日(土)より全国ロードショーになります!

この度、本予告映像をついに解禁!


最新の本予告映像には…新キャスト含めたSWORD全員がついに集結!

今作の軸ともなる最凶軍団・林蘭丸(中村蒼)率いる“DOUBT(ダウト)”とジェシー(NAOTO)率いる“プリズンギャング“の登場に加え…九龍グループの各トップを演じる岩城滉一、岸谷五朗、加藤雅也、笹野高史、髙嶋政宏、木下ほうか、中村達也、早乙女太一という豪華俳優陣も勢揃い!

さらに、九龍グループのボス・龍心(津川雅彦)が口にする「SWORDの終わりだ」という意味深発言…その理由とは一体何なのかー!?

映画情報どっとこむ ralph 主題歌は、昨年に引き続き「HIGHER GROUND」。

そして、挿入歌には、新曲「Valentine feat. Rui & Afrojack /Break into the Dark」が追加されています!

歌うのは、世界的DJ・音楽プロデューサーである「Afrojack(アフロジャック)」が発掘、プロデュースする実力派ヴォーカリスト“Valentine(バレンタイン)”。彼の”透き通るような優しい歌声と美しさでよりいっそう、劇中シーンを盛り上げる展開となっています!

【Valentine(バレンタイン)プロフィール】
世界的DJ、音楽プロデューサー「Afrojack(アフロジャック)」が発掘、プロデュースする実力派ボーカリスト。「Break into the Dark」が、Valentineのデビュー曲となる。

映画情報どっとこむ ralph 映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」
8月19日(土)全国ロードショー!

映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」
11月11日(土)全国ロードショー!

ⓒ2017「HiGH&LOW」製作委員会

***********************************



青柳翔:本当の強さを感じてください!「たたら侍」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、劇団EXILEの青柳翔の主演映画「たたら侍」の公開初日舞台挨拶が行われ、青柳翔さんのほか、AKIRAさん、小林直己さん、田畑智子さん、石井杏奈さん、甲本雅裕さん、宮崎美子さん、でんでんさん、佐野史郎さん、笹野高史さん、津川雅彦さん、早乙女太一さん、そして錦織良成監督、エグゼクティヴ・プロデューサーのEXILE HIRO、総勢14名が登壇しました。

日時:2017年5月20日(土)
会場:新宿バルト9
登壇:EXILE HIRO、錦織良成監督、青柳翔、AKIRA、小林直己、田畑智子、石井杏奈、甲本雅裕、宮崎美子、でんでん、佐野史郎、笹野高史、津川雅彦、早乙女太一

映画情報どっとこむ ralph 錦織監督:本物の日本映画を!という心でこの映画を造りました。あまたの映画の中でこの映画を選んでいただきましてありがとうございます。

HIRO:たたら侍は時代劇ですが現代の僕らに通づるところがたくさんあると思っています。主人公の成長を観ながら本当の強さとは何かを感じていただければと思います。

津川さん:この映画はスケールが大きくて、予算が凄いとおもう映画です。映画がきれいで、うまい役者がたくさん出ていて、そして、差し入れがコンビニ1軒。相当なスケールです。

青柳さん:こうして無事に初日を迎えられて嬉しく思っていますし、感謝しています。

田畑さん:すばらしい映画ができたと思います。入りいろな思いが詰まった作品です。日本っていいなと思いました。

小林さん:自分自身にとっても、皆さんに教わりながら、人生のターニングポイントになる作品い参加出来て光栄です。先日ハリウッド上映があって、自分自身知っているべき感覚を忘れていたのではないかと感じました。自分とリンクする役柄を見つけて自分のことと思って観てみてください。

石井さん:たたら侍を通して日本のすばらしさを感じました。皆様にも届けていけたらと思います。

映画情報どっとこむ ralph AKIRAさん:沢山の海外の映画祭で上映させていただいて、様々な方々に、観ていただいてきましたが、日本での上映は緊張します。一生懸命演じましたその魂が届くことを望んでいます。

宮崎さん:青柳さんの母親役です。女性は彼の成長をはらはら見守る気持ちになると思います。本当に生真面目で。一生懸命で、応援したくなりますそんな映画です。

早乙女さん:日本の魅力が詰まった映画です。

甲本さん:青柳君のお父さんです。イメージする侍とは違った侍像だと思います。今日はしっかり侍魂を感じて帰ってください。

でんでん:今日はシニアの方が少ないですね。若い方が多い。とっても素晴らしい映画なので、お父さんお母さんに伝えてください。

佐野さん:戦国の戦の時代から次の時代へ受け渡す役。最後まで集中しないと佐野さんどこ?と思われるかもしれません。しっかり追っていくとなるほどと。出雲の美しい風景と平和への思いを込めた映画になっていると思います。ぜひ次世代につながるようにと思っています。

笹野さん:魂を込めて作ったそうです!私も魂を込めました。ただ、魂をコンビニに置き忘れてきてしまいました。問題は身長差。でも監督にうまくとっていただいてます。実は現場からたたらの欠片を持ち帰りました。

映画情報どっとこむ ralph 海外で19の賞を得ていますが・・・
青柳さん:海外の方の反応はストレートで。その中で評価いただいたのは嬉しかったですね。日本の美しさ、伝統を受け入れた気がして嬉しかったです。

HIROさんは初プロデュース、初日を迎えて・・・
HIROさん:監督との出会いで、指導していただいて、この作品に巡り合えて出発で来て、スタッフキャストの皆さんに支えられて最高の映画ができたと思っております。世界で評価されたことも嬉しいですし、日本中の人たちが日本の心を感じていただけたらと思っています。


最後に・・

監督:幸せです。多くの方たちに支えられて魂を込めました。本物を造れば若い人たちにも伝わると、HIROさんから力強いお言葉をいただきました。多くの世代に届けたいと思います。先人の命があってぼくらの命がある。主人公に自分を重ねて観てみてください。

青柳さん:いよいよ初日です。本当の強さを感じてください。


戦国時代中世の奥出雲の村を舞台に、伝統を継承し守ることを宿命付けられた青柳演じる青年・伍介が、葛藤や挫折を通して真の「侍」へと成長していく姿を描いた本格時代劇。

公式サイト:
tatara-samurai.jp



***********************************

監督 脚本:錦織良成
エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO

出演:
青柳翔、小林直己、田畑智子、石井杏奈、高橋長英、甲本雅裕、宮崎美子、品川徹、でんでん、氏家恵、橋爪遼、安部康二郎、菅田俊、音尾琢真、早乙女太一、中村嘉葎雄、佐野史郎、豊原功補、山本圭、笹野高史、
AKIRA/ 奈良岡朋子 / 津川雅彦

配給:LDH PICTURES
©2017「たたら侍」製作委員会


北海道ネイチャー・ドキュメンタリー『生きとし生けるもの』予告到着


映画情報どっとこむ ralph この度、北海道を舞台に、さまざまな生き物が織りなすネイチャー・ドキュメンタリー『生きとし生けるもの』を6月3日より公開となります。

その予告編が到着しました。

旭山動物園のポスターを手がけるカメラマン今津秀邦監督が5年の歳月をかけて撮影。
動物たちの個性あふれる表情から監督の温かなまなざしが感じられるものに。

監修には元旭山動物園の園長小菅正夫が、そして津川雅彦さんが自然の世界への“誘い人”として効果的なナレーションを担当し、わずか2か所の登場シーンに圧倒的な存在感を放つのも見どころ(聞きどころ)です。


2017年6月3日より角川シネマ新宿/

ユナイテッドシネマ札幌/シネプレックス旭川他にて全国順次公開予定!

***********************************

81分/ワイドスクリーン5.1ch/2017年/カラー/DCP
撮影、監督:今津秀邦
ナレーション:津川雅彦
製作:ワンドリームピクチャーズ
配給:「生きとし生けるもの」上映委員会
特別協賛:AIR DO
後援:北海道
©ONE DREAM PICTURES


青柳翔ら16名登壇「たたら侍」の刀剣授与式&完成披露上映会


映画情報どっとこむ ralph 劇団 EXILE の青柳翔さんが主演を務め、世界三大映画祭のひとつ、モントリオール世界映画祭での最優秀芸術賞受賞をはじめ、世界7 か国の映画祭で計16の受賞など、海外で高い評価を得ている5 月 20 日全国公開の映画「たたら侍」の完成披露上映会が行われました!

主演の青柳翔さんのほか、小林直己さん、田畑智子さん、石井杏奈さん、宮崎美子さん、早乙女太一さん、AKIRAさん、奈良岡朋子さん、津川雅彦さん、そして錦織良成監督、エグゼクティヴ・プロデューサーのEXILE HIROさんらが登壇しての舞台挨拶が行われました。

また舞台挨拶前には、日本における最高峰の刀匠で知られる吉原義人さん、月山貞利さん、上林恒平さん、河内国 平さん、宮入法廣さんの 5 名から、青柳さん、小林さん、AKIRAさん、錦織監督さん、HIRO さんの 5 名へ、それぞれをイメージし た「たたら侍」特別作刀5振りの刀剣授与式を行いました。

日時:2017 年 3 月 31 日(金)
会場:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:青柳翔、小林直己、田畑智子、石井杏奈、宮崎美子、早乙女太一、AKIRA、奈良岡朋子、津川雅彦、錦織良成監督、EXILE HIRO
刀匠:吉原義人、月山貞利、上林恒平、河内国 平、宮入法廣

映画情報どっとこむ ralph 上映会の前に刀剣授与式が行われ、今回製作された刀匠の皆さん、吉原義人さん、月山貞利さん、上林恒平さん、河内国 平さん、宮入法廣さんの 5 名から、青柳さん、小林さん、AKIRAさん、錦織監督さん、HIRO さんの 5 名へ登録証を贈呈!
吉原先生:本日はおめでとうございます。我ら一同本当に心を込めて造りましたので愛刀としてお納めください。

HIROさん:みんなで感動してます。こんなに素晴らしい先生方につくっていただき光栄です。


映画情報どっとこむ ralph 続いて、本作の舞台挨拶に青柳翔さん、小林直己さん、田畑智子さん、石井杏奈さん、宮崎美子さん、早乙女太一さん、AKIRAさん、奈良岡朋子さん、津川雅彦さん、そして錦織良成監督、HIROさんが登壇し撮影時のエピソードなどを披露しました!

津川さん:伝統的にたたら鋼を使って刀を使ってる村がありまして、出雲の山奥で村を作って鍛冶場を作って撮影しました。が・・山奥で何にもない!そこでHIROさんが、差し入れしていただいたのが、コンビニを一軒持ってくれました!

と、驚きのエピソードを披露。

長岡さん:忘れられない映画になりました。劇場に足を運んでみるに値する映画になりました。映画を愛してください!

宮﨑さん:刀に魅入られて・・・吸い込まれそうです。素晴らしい日本を感じますし大切にしたいですね。共感するのは息子と村娘を見守る気持ちが見えるシーンが好きなんです。

早乙女さん:伝統がたくさん詰まった作品になっています。チャンバラではなく、刀の重みを感じる殺陣で一振り一振り思いを込めました。

石井さん:時代劇初挑戦で多くのことを学びました。若い世代にも観ていただきたいです。当時の女性のたたずまい、三歩下がっていることや、我慢することなど共感しました。是非若い世代にも観ていただきたい姿かと。

田畑さん:映像がとてもきれいです。人間の五感を刺激する作品になっています!印象に残ってるのは、最後のセリフを言い終えたところで、風が吹いて。凄い神秘的でした。(監督:森が騒いだんです。)

監督:刀匠の皆さんが伝統を受け継ぎ、刀はお守りとして祀ってあったそうです。それカッコいいねとHIROさんが企画が始まり。これを世界に知っていただこうとメッセージをフィルムに込めました。

本作が世界7 か国の映画祭で計16の受賞したことに

AKIRAさん:大先輩に囲まれながら学ばせて頂けて、その映画と伝統、侍道が海外で認められたのは嬉しいですね。

小林さん:自分はモントリオールとルイジアナの映画祭に行かせていただいて、現地の方に侍は戦士、刀も人を切るものでは?と聞かれ、受け継がれてきた文化や心が受け渡されているんだと。侍は人を守るために戦い、刀を抜かない強さを伝えました。現代にも通じるメッセージになっています。

HIROさん:日本に文化を世界にを主題につくった映画です。監督との出会いに感謝しています。こだわりが詰まった作品になっています。

映画情報どっとこむ ralph 青柳さん:この作品は多くの方たちに支えられて出来上がった作品です。日本美しい風景や伝統。憎しみの連鎖を断ち切る人を許す心など、沢山のものがこもっています。ぜひ、この作品を宜しくお願いします。



「たたら侍」

2017年5月20日(土) 新宿バルト9・TOHOシネマズ新宿ほか全国公開です。

公式サイト:tatara-samurai.jp
***********************************

監督 脚本:錦織良成

エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO
出演:
青柳翔、小林直己、田畑智子、石井杏奈、
高橋長英、甲本雅裕、宮崎美子、品川徹、でんでん、氏家恵、橋爪遼、安部康二郎、菅田俊、音尾琢真、早乙女太一、中村嘉葎雄、佐野史郎、豊原功補、山本圭、笹野高史、
AKIRA/ 奈良岡朋子 / 津川雅彦

配給:LDH PICTURES
©2017「たたら侍」製作委員会
   


涙の数だけ笑おうよ~林家かん平奮闘記~特報予告映像到着!


映画情報どっとこむ TJ 9月3日(土)より角川シネマ新宿ほか全国公開となります。

涙の数だけ笑おうよ~林家かん平奮闘記~

26年前、脳溢血で倒れ、リハビリ、母の介護、そして新作落語への挑戦!座布団から車椅子へ それでも落語を続けたい。頑張ることが生き甲斐になる。

林家かん平の1年に渡る奮闘の日々を追った魂のドキュメンタリー!

その特報予告映像が到着しました!



映画情報どっとこむ TJ 1990年10月31日、落語家・林家かん平は師匠林家三平の追善興行を終えた打ち上げの会場で倒れた。病名は脳溢血。まだ41歳の働き盛りだった。

落語家なのに座布団に座れない、さらに落語家の命とも言える言語にも支障が残る。

しかし、その過酷な運命の中で、右半身付随、言語障がいのリハビリを続けながら、落語家として高座に復帰、林家三平一門会や、周囲の仲間たちが開催してくれる落語会を中心に高座に上がり続けていた。

それから25年。

歳月は無情に流れ、かん平から体力と気力を奪っていく。彼が生き甲斐のひとつとしている初代林家三平追善興行の時も、持ち時間の10分であごがくたびれる始末。大好きな古典落語、特に時間をかけてじっくりと聞かせる人情噺ができなくなることに不安を感じる。
「涙の数だけ笑おうよ」s1
そんな折、いつも心の支えにしている言葉「頑張っていれば、きっと神様がご褒美をくれる」が思い浮かび、かん平を奮い立たせる。自分にしかできない落語を作ってみようと、かん平は新作に取り組む決意をする。
「涙の数だけ笑おうよ」
映画情報どっとこむ TJ この作品は、車椅子の落語家、林家かん平が体験する、苛酷なリハビリ生活と、同居する母への老々介護、そして仲間たちとの暖かいふれあいの日々の中で、自らの体験を創作落語として笑いとともに蘇らせ、ついに高座で語るまでを、昨年の春から一年に渡って撮影した魂のドキュメンタリー。
「涙の数だけ笑おうよ」s2
涙の数だけ笑おうよ〜林家かん平奮闘記〜

9月3日(土)より角川シネマ新宿1ほか全国公開です!

www.nkw -kanpei.com

***********************************

涙の数だけ笑おうよ~林家かん平奮闘記ポスター企画・製作:荻野和仁
製作補:原田雅昭
プロデューサー:安西志麻  
監督・編集:竹藤恵一郎  

出演:林家かん平  
出演協力:江戸家小猫 江戸家猫八 海老名香葉子 他

ナレーター:津川雅彦
製作:「涙の数だけ笑おうよ」製作委員会
配給・製作プロダクション:オフィス・シマ    

製作・配給協力:オギノ事務所
©2016NKW製作委員会