「沢尻エリカ」タグアーカイブ

猫の良男も大満足『猫は抱くもの』の前売り特典 “猫抱く特製バンダニャ” キャンペーン


映画情報どっとこむ ralph 6年ぶりとなる沢尻エリカの主演、若手演技派俳優の吉沢亮出演、犬童一心監督がメガホンをとる『猫は抱くもの』が、6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となります。

そして!

この度、本作の前売り特典が猫の良男柄のバンダナ改め“バンダニャ“であることが決定! 劇中に登場する吉沢の衣装に合わせてグレーのボーダー柄のバンダニャとなっており、愛猫はもちろん愛するペットに巻いたり、ランチBOXに巻いたりと多種多様な使い方が出来る大判サイズ!

バンダニャの四つ角には「吹き出し」がついており、よだれかけのように巻くと、ペットが喋っているかのような写真が撮れる。 更にこの前売り特典SNS投稿プレゼントキャンペーンを実施することも決定!!

良男柄バンダニャをご自身のペットに巻いて写真を撮りSNSに投稿すると豪華賞品が当たるという、ペットを飼っている方には見逃せない内容!
是非、本キャンペーンに参加して、公開まで一緒に盛り上がろう!

映画情報どっとこむ ralph 《『猫は抱くもの』前売り特典SNS投稿プレゼントキャンペーン(ニャンペーン)概要》
◆名称:猫だくバンダニャ★キャンペーン
◆期間:4月21日~6月24日まで
◆商品:キャストサイン入りポスター(4名様)
前売り特典の良男柄バンダニャを、ご自身のペットに巻いて写真を撮り、#猫だく を入れてツイッター、インスタグラムに投稿いただいた方から抽選で4名様にキャストのサイン入り猫抱くポスターをプレゼント!

※その他、応募条件は映画公式サイトをご確認ください。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織(沢尻エリカ)と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”が、自分らしい生き方を見つけていく物語。

猫の良男の擬人化した姿を演じるのは、今最も注目されている若手演技派俳優の吉沢亮。吉沢扮する美形猫が、毎日帰りを待っていてくれる・・という、“きみはペット”を思わせる設定にも期待感が高まる。さらに、「水曜日のカンパネラ」のボーカル・コムアイが猫のキイロを擬人化した姿を演じ、銀幕デビューを果たしている。また、ロックバンド「銀杏BOYZ」(表記:「銀杏」と「BOYZ」間は空けずに詰めて下さい)でボーカル&ギターを務める峯田和伸も、物語のキーマンとなる画家・ゴッホとして登場。本作は、こじらせた1人と1匹の、妄想とリアルが入り混じる演出が見どころ。メガホンをとったのは『ジョゼと虎と魚たち』(2003)、『メゾン・ド・ヒミコ』(2005)など幅広いジャンルの作品を手掛け、大島弓子の名作『グーグーだって猫である』を映画版(2008)とドラマ版(2014、16)を撮り、「猫を撮らせたら日本映画界随一」と言っても過言ではない犬童一心監督。本作は“猫映画”の決定版にして、犬童ワールドの集大成となった。

猫は抱くもの

6月23日(土) 新宿ピカデリー他、全国ロードショー!

公式HP:
nekodaku.jp

物語・・・
こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれる―
思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。
うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

***********************************

監督:犬童一心 
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮 音楽:水曜日のカンパネラ

沢尻エリカ
吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了
藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠
伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人
企画製作・配給:キノフィルムズ 制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分
©2018「猫は抱くもの」製作委員会 


吉沢亮(猫)の片想いは届くのかニャ??『猫は抱くもの』ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph 『ヘルタースケルター』(2012)以来6年ぶりとなる沢尻エリカの主演、若手演技派俳優の吉沢亮出演、犬童一心監督がメガホンをとる『猫は抱くもの』が、6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となります。
この度、主要キャラクターが勢揃いし、一層華やかになったポスターが解禁となりました!

ティザーポスターでは良男に愛情を注ぐように下を向いて猫を抱きしめていた沙織だが、今回は良男(猫)とともにこちらに目線を向け、観客を“猫だくワールド”に誘いこむように、微笑んでいる姿が印象的だ。

澄ました表情の擬人化した良男も含め、一人と一匹が同じ方向を見据えて進んでいく、前向きな展開を想像させるビジュアルとなっている。

さらに、ティザーポスターにはいなかった画家・ゴッホと擬人化した猫のキイロも登場。ゴッホは、画家らしく絵の具のついた服を着てとぼけた表情。
迷い猫のキイロは猫の自由奔放な雰囲気が伝わってくるポーズなど、それぞれのキャラクターに合った愛らしい姿が見て取れる。
ゴッホと猫のキイロとの出逢いによって、こじらせた1人と1匹の日常が変化していく。

映画情報どっとこむ ralph また、チラシの裏面のビジュアルも解禁。
「君を守れるのは、僕だけ・・・のはずだった」という切ないセリフから、1人と1匹の言葉が通じない、もどかしい関係性が垣間見える。人と猫(飼い主とペット)は両想いの理想的な関係に思えるが、現実では沙織と良男は人間と猫。どんなに想いあっていても言葉は通じない。また、沙織にとっての良男はあくまでペットであり、恋愛下手の沙織へのアドバイスは届かず、助けられず、沙織が恋人と過ごす間は、良男は存在を忘れられてしまう・・。

それでも彼女がフラれた日にはじっと傍にいる…。そんな愛らしい良男をメインとしたビジュアルは猫好きにはたまらないものとなっている。劇中で、沙織のことが心配になった良男は、彼女のマンションをめがけて外の世界へ飛び出し、その途中で迷子になってしまう・・・。

こじらせた1人と1匹の想いは、それぞれ叶うのか、ご注目ください!

映画情報どっとこむ ralph 猫は抱くもの

6月23日(土) 新宿ピカデリー他、全国ロードショー!
nekodaku.jp

思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。

うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

***********************************

監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮 音楽:水曜日のカンパネラ
沢尻エリカ / 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了
藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠
伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人
企画製作・配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分 
©2018「猫は抱くもの」製作委員会 


柿澤勇人が過去と現在で2人のサイテー男を演じた『猫は抱くもの』コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 沢尻エリカの主演、若手演技派俳優の吉沢亮さんがエリカさまの猫役で出演。
犬童一心監督がメガホンをとる『猫は抱くもの』が、6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となります!
本作は、思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織(沢尻エリカ)と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”良男(吉沢亮)が、自分らしい生き方を見つけていく物語。

ロックバンド「銀杏BOYZ」でボーカル&ギターを務める峯田和伸さんが、物語のキーマンとなる画家・ゴッホとして登場。

また、「水曜日のカンパネラ」のボーカルのコムアイさんが猫のキイロを擬人化した姿を演じ、銀幕デビューを果たしています。

本作は、こじらせた1人と1匹の、妄想とリアルが入り混じる演出が見どころ。実写の猫に加えて、演劇風の演出、アニメーションなど数々の演出が織り込まれ、映画好きこそ見るべき、新鮮な演出が盛り込まれている話題作です。

そんな本作において沢尻さんを過去と現在で振る2人のサイテー男を演じたのが、若手演技派俳優・柿澤勇人さん。
映画情報どっとこむ ralph 柿澤さんは劇団四季出身で、近年では『デスノート The Musical』で主役を務めるなど次世代を担う実力派若手俳優として活躍していて、現在はミュージカル『メリー・ポピンズ』に出演中。

柿澤さんは、本作で過去と現在で一人二役を演じていて・・・。

過去では沙織の所属するアイドルグループに近づくTV局のプロデューサー・ササキ。
現在では沢尻が勤めるスーパーの本社社員・高橋という人物。
いかにも業界風なプロデューサーとして、また一見好青年ながら沙織に手酷い裏切りを加える上司として異なるサイテー男を演じています。

沙織はこの2人のモテ男に、フラれてしまい益々、自信を失い、こじらせ街道まっしぐら…と沙織の人生に大きな影響を与える役という重要な役どころです。

映画情報どっとこむ ralph 柿澤勇人(高橋/ササキ役)さんからコメントが届いています!

Q猫は抱くものに出演されて

柿澤さん:憧れの犬童監督の作品に出演でき1つ夢が叶いました。台本を読んだときはどんな作品になるかすぐにイメージが出来なかったのですが、事前の稽古を経てから撮影に入ったので、すんなりと参加できました。不思議な世界観の素敵な作品になっていると思います。

Q沢尻さんと共演されて

柿澤さん:沙織を惑わす高橋役とササキ役を演じました。沢尻さんは美しくてまっすぐで魅力的でしたので、自然と役に入り込めました。撮影の合間もいろいろと話をしたりして、リラックスして挑めました。今後もまた共演できるよう精進します!

映画情報どっとこむ ralph 実写、演劇、アニメーションが組み合わさった遊び心が満載の世界で、堂々と2人のサイテー男を演じ切る舞台の貴公子・柿澤勇人の演技に是非注目です。

猫は抱くもの

6月23日(土) 新宿ピカデリー他、全国ロードショー!

nekodaku.jp

こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれる。

思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。

うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。
灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

***********************************

監督:犬童一心 
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮
音楽:水曜日のカンパネラ
沢尻エリカ / 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了
藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠 / 伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人
企画製作・配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分 
©2018「猫は抱くもの」製作委員会 


小泉今日子「食べる女」“おいしい男”たちとの相関図到着


映画情報どっとこむ ralph 小泉今日子を主演にむかえ、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香という超豪華女優陣の共演で話題沸騰中の映画「食べる女」は2018年9月公開予定です。

構想に約10年をかけ、主演に小泉をむかえるために2年もの月日を待つなど、ストーリー、キャスティングともに並々ならぬ情熱が注がれた本作。

そうして実現した豪華女優陣演じる“食べる女”たちの人生に一味を加えるのは、実力派男性陣演じる“おいしい男”たち。

この度、『食べる女』を彩る、個性豊かな男性キャスト情報が解禁となります。
映画情報どっとこむ ralph “おいしい男”たち

「料理」と「セックス」をテーマに、恋や仕事に悩みながらも本来の自分を取り戻そうとする女性たちを描く本作品。自分の人生を充実させて“おいしい女”になろうとする“食べる女”たちの前に現れるのは、ユースケ・サンタマリア、池内博之、勝地涼、小池徹平、笠原秀幸、間宮祥太朗、遠藤史也、RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察)、眞木蔵人らが演じる個性豊かな男たち。ユースケ演じるタナベはちょっと頼りない会社員、池内演じる修治は妻との関係に見切りをつけようとする男、勝地演じる白石は恋に悩む小学校教師。小池演じる友太は朝陽のように爽やかな繊維メーカー勤務。職業も性格も様々な彼らは、はたして彼女たちが望む、人生を豊かにしてくれる“おいしい男”となりうる人たちなのでしょうか?豪華女優陣の共演に加え、世代・ジャンルの垣根を越えた個性豊かなキャストが勢ぞろいしました。

映画情報どっとこむ ralph 料理でつながり、紡がれる“おいしい”関係

料理をこよなく愛す敦子(小泉今日子)の家には夜な夜な迷える女たちが集まってくる。その1人、沢尻エリカ演じる編集者圭子(通称・ドド)は30歳を超え、自分のマンションを買い、つまらない男などよせつけまいと仕事をバリバリとこなす女性。そんな彼女が出会うのは、ユースケ・サンタマリア演じる、一見冴えないオヤジサラリーマンのタナベ。教習所の食堂でひょんなことから顔見知りになった2人。特別な関係になどなるはずもない彼らをつないだのは、本作のテーマの一つでもある“料理”。抜群の腕前を持つタナベを演じるために、ユースケはクランクイン前から料理学校に通うなどして、腕を磨くなど精力的に役作りに挑みました。そうして取り組んだ撮影では、太刀魚のムニエルといったフレンチから鯒のお造りといった日本料理まで幅広く挑戦しており、劇中でも華麗な腕前を垣間見ることができます。また、一見冴えない風貌に見え、脱ぐと実はいい体をしているという設定もあり、ドドとタナベが紡ぐエロスがどのように展開されるのかにもご期待ください。

男女の関係が“料理”によってつながり、紡がれる、意外な男と女の人間模様が見どころの本作。小泉今日子演じる敦子や、そのほかの“食べる女”たちは、どんな意外な男性と、どんな意外な場所で、どんな関係を築いていくのでしょうか。その関係はお互いの人生を充実させることができる“おいしい”関係になりうるのでしょうか。

映画『食べる女

2018年9月末公開予定

***********************************


監督:生野慈朗
原作・脚本:筒井ともみ

出演:小泉今日子 沢尻エリカ 前田敦子 広瀬アリス 山田優 壇蜜 シャーロット・ケイト・フォックス 鈴木京香/ユースケ・サンタマリア 池内博之 勝地涼 小池徹平 笠原秀幸 間宮祥太朗 遠藤史也 RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察) 眞木蔵人


映画『猫は抱くもの』:特報完成!沢尻エリカが魅せる!吉沢亮 一筋の涙が・・


映画情報どっとこむ ralph 『6年ぶりとなる沢尻エリカさんが主演、人気イケメン吉沢亮さん出演。
犬童一心監督がメガホンをとる『猫は抱くもの』が、6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となる。

そして本日、特報が解禁!


冒頭を飾るのは、沢尻エリカさん扮する沙織が、アイドルスマイルで歌って踊る姿。主人公・沙織はもともとアイドルグループ「サニーズ」に所属していた過去があるという設定で、特報の冒頭で流れる懐かしい雰囲気の楽曲は、「サニーズ」の唯一ヒット曲「ロマンス交差点」。

今はアイドルの夢を断たれ、ペットショップで売れ残っていた猫・良男と平凡な日々を送る沙織だったが、峯田さん演じるゴッホが現れてから日常が一変。ふとした出来事で心から笑うようになったり、「頑張れば何とかなると思ったが、実は毎日折り合いばかりつけてきた・・」と自分を見つめるようになる。特に、ゴッホから言われた一言で、沙織の瞳から涙が溢れ出るシーンは本作の見所であり、沢尻エリカの演技に見入ってしまう。

そして、様々な表情をみせる沙織を傍でずっと見守り、どんな沙織でも受け入れようとする猫の良男(吉沢亮)。良男の日常にも変化が訪れ、家の外で迷子になってしまった良男は、「ねこすて橋」という猫の溜まり場で、捨て猫のキイロ(コムアイ)に出逢う・・・。こじらせた1人と1匹は新たな出逢いを通して、自分らしい生き方をみつける事が出来るのか―。それぞれの想いは叶うのか―。初めて劇伴を担当した「水曜日のカンパネラ」の劇中歌「マヨイガのうた」が、特報の後半を優しく包み込んでいる。

アイドルグループ「サニーズ」のメンバーは以下の通りです。

リーダー(センター)ナッツン:伊藤ゆみ(※元ICONIQ)
みるみる:佐藤乃莉
りんりん:末永百合恵
トッキー:林田岬優
さおりん:沢尻エリカ


映画情報どっとこむ ralph 猫は抱くもの

6月23日(土) 新宿ピカデリー他、全国ロードショー!
nekodaku.jp

本作は、思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織(沢尻エリカ)と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”が、自分らしい生き方を見つけていく物語。猫の良男の擬人化した姿を演じるのは、今最も注目されている若手演技派俳優の吉沢亮。吉沢扮する美形猫が、毎日帰りを待っていてくれる・・という、“きみはペット”を思わせる設定にも期待感が高まる。さらに、「水曜日のカンパネラ」のボーカル・コムアイが猫のキイロを擬人化した姿を演じ、銀幕デビューを果たしている。また、ロックバンド「銀杏BOYZ」(表記:「銀杏」と「BOYZ」間は空けずに詰めて下さい)でボーカル&ギターを務める峯田和伸も、物語のキーマンとなる画家・ゴッホとして登場。本作は、こじらせた1人と1匹の、妄想とリアルが入り混じる演出が見どころ。実写の猫に加えて、演劇風の演出、アニメーションなど数々の演出が織り込まれ、映画好きこそ見るべき、新鮮な演出が盛り込まれている。

メガホンをとったのは『ジョゼと虎と魚たち』(2003)、『メゾン・ド・ヒミコ』(2005)など幅広いジャンルの作品を手掛け、大島弓子の名作『グーグーだって猫である』を映画版(2008)とドラマ版(2014、16)を撮り、「猫を撮らせたら日本映画界随一」と言っても過言ではない犬童一心監督。本作は“猫映画”の決定版にして、犬童ワールドの集大成となった。


物語・・・
こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれる―
思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。
うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

***********************************

監督:犬童一心 
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮
音楽:水曜日のカンパネラ
沢尻エリカ / 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了
藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠
伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人
企画製作・配給:キノフィルムズ 制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分 
©2018「猫は抱くもの」製作委員会