「沖田修一」タグアーカイブ

山﨑努×樹木希林が奇跡の初共演『モリのいる場所』コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する名優・山﨑努さんと、現在の日本映画をけん引する俊英・沖田監督がタッグを組んだ映画『モリのいる場所』は2018年公開となりますが、このたび、山崎さん演じるモリを陰日向に支える妻・秀子役に、樹木希林さんの出演が発表となりました。
山﨑努さんと樹木希林さん、なんとこれが初めての共演となります!

出会いは遡ること半世紀、1961年、文学座。しかし、二人の道のりはまったく異なるものでした。

長い年月を経ての初共演は、しかも夫婦役。
これが面白くならないわけはない!
撮影にあたって、山﨑努さん、樹木希林さんともに、クランク・イン前から、演技のみならず、衣装やメイク、小道具といった細部にいたるまで、知識・経験・アイデアを惜しみなく注ぎ、大いに刺激を受けた沖田監督をはじめ若いスタッフとともに、猛暑の中の撮影を乗り切りました。
映画情報どっとこむ ralph そんな、お二人と監督からコメントが届いています!
山﨑努さんからのコメント

樹木希林について
夫人役の樹木希林さんとは初めての共演だった。特別優れた才能は知っていたが、予想以上、はるかにすばらしい女性俳優だった。
さり気なく庭の小さな野花を摘み、全身を弾ませて祝福するようにモリカズに投げる演技は圧巻で、見ていて胸が熱くなった。七六歳の老妻が少女になっていた。
以前から体調が良くないと聞いていたので心配したのだが、とんでもない、僕より数倍も元気。真夏の暑い湘南のロケ地に自分で運転して通ってくる。アシスタントもマネージャーもいない。何もかも一人でやる。女優業はもちろん家事も好きらしい。人にやさしくて、ちょっと意地悪で、好奇心旺盛。なんと日本全国の土地の値段にまで関心を持つ。僕はこれまでの人生でこんな個性に出会ったことがない。」


樹木希林さんからのコメント
山﨑努先輩について
顔は恐いんです。私生活なんか聞いたらムッとされそうだから、じっと様子をうかがってるんです。私が見かけた頃の山﨑さんは『天国と地獄』の犯人役が好評で、と同時に宝塚の美しい女優さんと結婚した頃でした。光の中でオーラが歩いているようで、まともに顔など見られませんでした。あれから半世紀以上、まさか山﨑さんと仕事出来るなんて思いもしませんでした。
 役者として山﨑さんは、常につつましく謙虚で何より心が柔らかいんです。モリカズさんを嬉しそうに受け入れてて――
私は普通の妻のように生活できました。

沖田修一監督について
ヨーイ、ハイ! と声がかかる。
私は監督の顔を見ている。その顔を集めてつなげたら、映画の内容が解るほどだ。
うれしそうな、実に楽しそうな、そして芝居をよく見てて、まことに的を射たダメ出しをする。だから私は丸投げだ。出来が悪けりゃ監督のせいだ。
この人は今後も成長しつづけて、日本を代表する監督になる筈だ。――ただ、物を食べる時にも考えてるので、消化と排泄が?
なので、小太りだ。私の心配は身体だ。だって若いのに、足挫いても中々治らないんだもの。(お疲れ様でした。)


沖田監督コメント

樹木希林さんのこと
樹木希林さんは、撮影現場の家の縁側の、風通しの一番いいところにいつも座っていらして、目を瞑るその姿を見ていると、眠っているのかわからず、迂闊に声もかけられず、しかし、いざ撮影が始まると、面白さに貪欲で、また厳しく、たくさんのアイデアを持ち、持道具を考え、あとは、縁側にいた時と同じ、まるで住人のように、スッとカメラの前に入ってこられるので、監督としてはどうかと思いますが、もう何も言う事なんてなくて、ただただ、樹木希林さんとのお仕事が楽しかったのです。魔法使いのようでした。たくさん笑いました。
そもそも、自分の映画に、山﨑努さんと、樹木希林さんが出ていること自体が、奇跡みたいなものですから、僕は、この台本を撮りたいと言って見せ、あとは何もする事なんてなかったのかもしれません。

映画のこと 
熊谷守一さんの絵のような、映画を作りたいと思いました。
大きくはないけれど、シンプルで、奥深く、小さな生き物の一瞬を捉えたような。
熊谷守一さんの伝記ではなく、晩年の一日をモチーフにした、ある一日のお話にしようと思いました。それが、たくさんの長い時間を想像させることになるかもしれないと思ったからです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『モリのいる場所』
物語・・・
自宅の庭には草木が生い茂り、たくさんの虫や猫など、守一の描く絵のモデルとなる生き物たちが住み着いている。守一は30年以上、じっとその庭の生命たちを眺めるのを日課にしていた。普段、守一は妻の秀子と二人の生活をしているが、毎日のように来客が訪れる。守一を撮ることに情熱を燃やす若い写真家の藤田くん、看板を書いてもらいたい温泉旅館の主人、隣人の佐伯さん夫婦、郵便屋さんや画商や近所の人々、そして、得体の知れない男・・・
今日もまた、モリとモリを愛する人々の、可笑しくて温かな1日が始まる。

公式HP:
mori-movie.com
twitter @mori_movie
facebook @morimovie2017

2018年シネスイッチ銀座ほか全国公開
***********************************


監督 /脚本:沖田修一 主演:山﨑努 共演:樹木希林
配給:日活 制作:日活、ダブ 製作:2017『モリのいる場所』製作委員会

(c)2017「モリのいる場所」製作委員会


締め切り迫る!『オフィス作』ワークショップオーディション


映画情報どっとこむ ralph オフィス作さんが、3年ぶりに、俳優・女優、次世代のスター発掘を目的に、ワークショップオーディションを行います!
経験の有無は問わず!ただし!3日間全日程の参加が必須です!

たくさんの才能に出会えることを、スタッフさん一同楽しみにしているとのことですので、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか!!

応募は郵送のみ。7月20日(木)必着です!

映画情報どっとこむ ralph 応募の概要は以下の通りです。

【募集対象】
16歳〜25歳の男女
※事務所の所属・無所属は問いません。
※未成年の方は保護者の承諾が必要です。

【参加費用】
30,000円(税込)
※全日程を通しての受講料になります。1日ごとのお申込みは受け付けできません。
※全日程の参加必須。途中返金はいたしかねます。
※参加費用は、指定の期日までに事前入金となります(書類選考通過者には別途連絡)。

※会場までの交通費および宿泊費はご自身でご負担ください。

【応募方法・郵送先・締切】
7月20日(木)必着
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-54-6
「OFFICE作 ワークショップオーディション係」宛
オフィス作HPにてチェックして下さい!

【日程・会場】
2017年8月25日(金)、26日(土)、27日(日)@都内某所
※3日間全日程の参加が必須となります。
※詳細は書類審査通過者にのみ連絡。

映画情報どっとこむ ralph ワークショップの内容は以下の通りです!

■1日目:8月25日(金)
講師:沖田修一(映画監督・脚本家)
主な作品:「南極料理人」「キツツキと雨」「横道世之介」「モヒカン故郷に帰る」等。

■2日目:8月26日(土)
講師:蓬莱竜太(劇作家・演出家/劇団「モダンスイマーズ」作・演出)
主な作品:「まほろば」(第53回岸田國士戯曲賞)「楽園」「夜光ホテル」「母と惑星について、および自転する女 たちの記録」(第20回鶴屋南北戯曲賞)、赤坂歌舞伎「夢幻恋双紙
(ゆめまぼろしかこいぞうし)赤目の転生」等。

■3日目:8月27日(日)
講師:石井則仁(振付家/舞踏家/DEVIATE.CO芸術監督)
過去に様々なDance Companyの国内外の公演に参加する傍ら、故 蜷川幸雄や宮本亜門の演劇作品にも出演。2010年世界45カ国のべ700都市以上で公演をしている舞踏カンパニー山海塾に在籍し、21カ国60都市以上で公演を行う。

講師:松田美由紀(女優・写真家・オフィス作代表) 近作に映画『2つ目の窓』(第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品)『ちはやふる 上の句/下の句』ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『楽園』舞台『コメディ・トゥナイト!』等。

【オーディションを経た所属実績】
2013年9月開催 第1回:藤原季節、吉村界人


【注意事項】
・研究生として採用は若干名の予定です。採用なしの場合もあります。

***********************************





松田龍平、沖田修一『モヒカン故郷に帰る』イタリアの映画祭で


映画情報どっとこむ ralph 笑って泣けるホームドラマ『モヒカン故郷に帰る』が、全国にて絶賛公開中です。本日も、もたいまさこさんと千葉雄大さんがトークイベントを行って盛り上げていたところ。

モヒカン故郷に帰るin映画祭
そして、そのイベントでも紹介されていましたが、現在北イタリアの都市・ウディネで開催中の第18回ウディネ・ファーイースト映画祭で、現地時間4/29(金)19時30分から(※日本時間4/30(土)午前2時30分)映画『モヒカン故郷に帰る』のヨーロッパ・プレミア上映が1,200人収容の劇場「Teatro Nuovo」で行われ、主演の松田龍平さんと沖田修一監督が登壇し舞台挨拶を行いました

【第18回ウディネ・ファーイースト映画祭コンペティション部門正式出品】

日時: 4月29日(金)19:30~(現地時間)
場所:イタリア・ウディネ Teatro Nuovo(プレミア上映)
登壇者:松田龍平(32)、沖田修一(38)
※クロージングセレモニー&授賞式は現地時間30日(土)。松田さん、沖田監督も出席予定。

映画情報どっとこむ ralph 沖田修一監督作品はこれまで、2012年『キツツキと雨』、2013年『横道世之介』、2014年『滝を見にいく』と3本が上映されてきていて、今年で4作品目。

沖田監督と松田龍平さんともに初のウディネ・ファーイースト映画祭参加とあって、1,200人満員で埋め尽くされた会場は熱気もむんむんで、二人が登場すると盛大な拍手が沸き起こりました。

<上映前のご挨拶>
MC:沖田修一監督です!(監督、客席から舞台へ)ようこそお越しくださいました。
MC:松田龍平さん、どうぞステージへ!(松田さん、客席から舞台へ)
モヒカン故郷に帰るin映画祭松田
MC:今のお気持ちは?

監督:ありがとうございます。興奮しています。過去に自分の作品をこの映画祭で上映して頂きましたが、来られなくて、ずっと来たかったんです。やっと来られて嬉しいです!

松田:チャオ!ボナセーラ!グラッツェ!(こんにちは&こんばんは!ありがとうございます!)
ウディネは初めて来ましたが、早速おいしいごはんと素晴らしい景色を楽しませていただいています。
みなさんぜひ映画を楽しんでお帰りください。

MC:ここにいるお客さんはみなあなたのお客さんですよ!

沖田:ボナ・ビジオーネ!(映画楽しんでくださいね!)
※イタリア語の挨拶のあとは、会場のお客様も嬉しそうに拍手をされていました。
モヒカン故郷に帰るin映画祭松田3
映画情報どっとこむ ralph <上映後の様子>
上映後に拍手が!観客に向けて答えるお二人。
モヒカン故郷に帰るin映画祭松田2
<上映を終えた今の気持ち>
沖田:ほっとしています。お客さんがわっと湧いた瞬間もあって、楽しかったです。
松田:楽しかったです、最高の時間を過ごすことができて、ありがとうございます。

松田: 沖田監督はスタンディングオベーションは初めてですか?
沖田:初めてです。だから、どうしたらいいかわからなかったです!

映画情報どっとこむ ralph モヒカン故郷に帰る

映画公式HP:mohican-movie.jp
テアトル新宿ほか全国公開中です。!

物語・・・
バカヤロー! だけど、ありがとう。
悲喜こもごもあふれる現代版究極のホームドラマ

モヒカン頭がトレードマークの売れないバンドマン永吉。妊娠した恋人・由佳を連れて、故郷・戸鼻島(とびじま)へ結婚報告をするため7年ぶりに帰る。永吉たちを待ち構えていたのは、矢沢永吉をこよなく愛す頑固おやじ・治と筋金入りのカープ狂の母・春子、そしてたまたま帰省していた弟・浩二の3人。家族がそろったかと思えば、のらりくらりの永吉に治が怒り心頭! いつもの一家総出でド派手な親子喧嘩が始まる。なんだかんだありつつも、二人の結婚を祝う大宴会が開かれたその夜、永吉は治が倒れているのを発見。病院で受けた検査結果はガンだった――。
動揺を隠せない5人の頭に渦巻く「どうする!?」 何をするのが正しいのかわからないけれど、不器用にぶつかりあいながら、喧嘩したり笑い合って離れた時を埋めていく。家族が集まれば、最高で最強! 現代版究極のホームドラマが、この春日本を熱く盛り上げる!

***********************************

監督・脚本:沖田修一(『南極料理人』『横道世之介』)
出演:松田龍平 柄本 明/前田敦子 もたいまさこ 千葉雄大

主題歌:細野晴臣「MOHICAN」(Speedstar Records) 音楽:池永正二

(C)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会
配給:東京テアトル



  


千葉雄大からの花束にもたいまさこ笑顔!モヒカン故郷に帰る舞台挨拶


映画情報どっとこむ TJ 沖田修一監督オリジナル脚本最新作<最高で最強の家族>が繰り広げる現代版究極のホームドラマ

『モヒカン故郷に帰る』がテアトル新宿ほかにて全国公開中ですが

GW親孝行イベントとして、肝っ玉母ちゃん役のもたいまさこさん&甘えん坊の次男役 千葉雄大さんが登壇してトークイベントが行われました。

本作の撮影を通して仲良くなったお2人が、ゆるーくトーク。そして、母の日(5/8)目前ということもあり、千葉雄大さんから、母 もたいまさこさんに、感謝の花束を贈りました!
モヒカントークイベント_千葉雄大&もたいまさこ
日程:4月30日(土)
場所:テアトル新宿(新宿区新宿3-14-20 新宿テアトルビルB1F)
登壇:もたいまさこ(母・春子役)、千葉雄大(次男・浩二役)

映画情報どっとこむ TJ もたいさん:こんにちはGWの2日目こんな晴天の中、暗い映画館に(場内爆笑)。。。ありがとうございます。楽しんでいってください。
モヒカンもたいまさこ
千葉さん:またこうやって、モヒカン故郷に帰るに出られて嬉しいなと思っています。今日は宜しくお願いします。
千葉雄大モヒカン1
MC:イタリアで開催中の<第18回 ウディネ・ファーイースト映画祭>に出席中の松田龍平さん(主演・モヒカン息子役)、沖田修一監督!上映盛況だったようです。

もたいさん:イタリアって凄いですね。

千葉さん:誘われてもいないです。
もたいさん:松田さんは似合うけどね・・・監督は・・・

MC:イタリアって言っても少し田舎の方ですから。盛り上がってるそうです。

映画情報どっとこむ TJ 千葉雄大モヒカン2MC:沖田監督と初めてだと。

千葉さん:現場は凄く和やかでしたね。

もたいさん:かなり間抜けな映画でしょ。暗い話かなと思ってたんですけど。現場いったら。監督がどんどん面白い方向に持っていくんですよね。

千葉さん:コミカルですよね。監督の笑い声が本番中も聞こえてました。

MC:お二人は共演されていかがでした。

モヒカン_千葉雄大&もたいまさこもたいさん:もう少し、千葉さんのシーン欲しかったな。楽しく出来て。割と受け身でなんでも受けてくださるんで大人としては楽でした。

千葉さん:割と僕も大人なんですけど・・・(笑)お母さんが涙ぐんでるところジーンとしました。

もたいさん:千葉君のオロオロしている所が好きです。


MC:好きなシーンは

もたいさん:結婚式のシーンですね。家族が頑張っててね。最後もいいなーと思いました。

千葉さん:僕は、柄本さんと松田さんが海辺で話しているシーンですね。グッと来ました。


MC:SNSで船のシーンが印象に残ったと言われています。

もたいさん:舟のシーンは風が強くって何度も撮ったんですよ。

千葉さん:乗ってる僕は観光気分で楽しかったですね。ワーッとしてました。僕は友達から食べてるシーンが長いなと、鮭フレークをかき混ぜているシーンとか。あれ固まってて素なんですよ。そう言うところを


もたいさん:監督ご飯食べているシーン好きなんですよね。面白がってました。

千葉さん:いただきますってちゃんと言って!と言われて私生活でもするようにしてます。

もたいさん:私もするようにします。

映画情報どっとこむ TJ MC:ばかやろうだけどありがとうな、エピソードは?

千葉さん:柄本さんに雄大、寡黙だなって言われて、その後に前田敦子さんに凄い話掛けられて。よく話をする方だなと思ってたんです。実は前田さんも人見知りだって知ったんですけど。緊張溶けて良かったです。

もたいさん:あっちゃん居てくれてよかったです。みんな寡黙だったんで。ある日、柄本さんに「あきらさーん」って。周り凍り付いたんですけど。柄本さん「初めてだよー」って、そこからほぐれたんですよね。あっちゃん今、不倫してますけどね。あの嫁がね。

千葉さん:僕も見ました!びっくりしました。

花束 ここで、千葉さんからもたいさんに母の日の花束プレゼント!

もたいさん:花に合い過ぎ!

千葉さん:よく言われるんです。お母さんありがとう感謝しとるけ

映画情報どっとこむ TJ うれしそう
最後に、

もたいさん:ホントに今日はありがとうございます。何度も見ていただけている方もいるそうで、是非みなさん。家族に連絡してみてください。

千葉さん:凄く、楽しかったです。

最後までエスコートな紳士な千葉さんでした。
エスコート

バカヤロー! だけど、ありがとう。

不器用ながら一家総出で奮闘する、現代版究極のホームドラマ。
テアトル新宿他にて全国拡大公開中です!

公式HP:mohican-movie.jp

***********************************

物語・・・

モヒカン故郷に帰るモヒカン頭がトレードマークの売れないバンドマン永吉。妊娠した恋人・由佳を連れて、故郷・戸鼻島(とびじま)へ結婚報告をするため7年ぶりに帰る。永吉たちを待ち構えていたのは、矢沢永吉をこよなく愛す頑固おやじ・治と筋金入りのカープ狂の母・春子、そしてたまたま帰省していた弟・浩二の3人。家族がそろったかと思えば、のらりくらりの永吉に治が怒り心頭! いつもの一家総出でド派手な親子喧嘩が始まる。なんだかんだありつつも、二人の結婚を祝う大宴会が開かれたその夜、永吉は治が倒れているのを発見。病院で受けた検査結果はガンだった――。
動揺を隠せない5人の頭に渦巻く「どうする!?」 何をするのが正しいのかわからないけれど、不器用にぶつかりあいながら、喧嘩したり笑い合って離れた時を埋めていく。家族が集まれば、最高で最強! 現代版究極のホームドラマが、この春日本を熱く盛り上げる!

監督・脚本:沖田修一(『南極料理人』『横道世之介』)
出演:松田龍平 柄本 明/前田敦子 もたいまさこ 千葉雄大

主題歌:細野晴臣「MOHICAN」(Speedstar Records) 音楽:池永正二

(C)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会
配給:東京テアトル




松田龍平がデスメタル「断末魔」のボーカル画像到着!


映画『モヒカン故郷に帰る』で、松田龍平がデスメタルバンド「断末魔」のボーカルに挑戦!

その画像が到着しました!

「断末魔ー!」の声が鳴り響く印象的なシーン。

モヒカン故郷に帰る「断末魔」松田龍平1
断末魔のライブ撮影は広島市内のライブハウスで行われ、撮影時、松田はスタッフや監督の期待をはるかに上回る最高のパフォーマンスで観客役のエキストラ達を熱狂させました。
モヒカン故郷に帰る「断末魔」松田龍平2
沖田監督:まさに思い描いていた永吉。松田さんのパフォーマンスを見た瞬間に、この映画は絶対に面白くなるって確信しました。デス声の出し方というのがあって(笑)。劇中でも下手な出し方を続けていると声を潰してしまうって出ていて、かなり練習してもらいました。映画の中でもちょっと出てきますが、デス声でドレミファソを言うんです。

ライブシーンの前日、広島のホテルには松田の練習するデス声が響いていたそうです!

そんなモヒカン姿のバンドマン永吉(松田龍平)が、7年振りに故郷へ帰り、ガンが発覚した親父(柄本 明)のために何ができるのか、不器用ながらに「俺は俺なりに」と永吉流の親孝行に大奮闘するしています!
モヒカン故郷に帰る「断末魔」3
楽曲は、沖田監督書き下ろし、オリジナルソングな

映画『モヒカン故郷に帰る

は、3月26日広島先行、4月9日全国拡大公開!

映画公式HP:mohican-movie.jp

過去記事:松田龍平、柄本明、前田敦子、もたいまさこ、千葉雄大『モヒカン故郷に帰る』をヒット祈願記者会見
過去記事:松田龍平、柄本明、前田敦子、もたいまさこ、千葉雄大『モヒカン故郷に帰る』をヒット祈願記者会見
********************************************************************

恋人・由佳(前田敦子)の妊娠をきっかけに、瀬戸内海に浮かぶ故郷へ結婚報告をしに7年ぶりに帰郷したモヒカン息子・永吉(松田龍平)。

モヒカン故郷に帰る相変わらずの父・治(柄本 明)や広島カープ狂の母・春子(もたいまさこ)、そしてたまたま帰省していた弟・浩二(千葉雄大)。

久しぶり家族そろったと思いきや、いつもの一家総出で相変わらずのド派手な親子喧嘩が始まる。
そんな矢先、発覚した親父のガン。
なんだかんだ喧嘩してしまうけど…やっぱり家族が集まれば笑顔こぼれる!
誰しもに訪れる大切な親との別れが離れた時間を埋めていく――。
家族が集まれば最高で最強!
現代版究極のホームドラマが、この春日本を熱く盛り上げる!

監督・脚本:沖田修一(『南極料理人』『横道世之介』)
出演:松田龍平 柄本 明/前田敦子 もたいまさこ 千葉雄大

主題歌:細野晴臣「MOHICAN」(Speedstar Records) 
音楽:池永正二

(C)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会
配給:東京テアトル