「池脇千鶴」タグアーカイブ

金井浩人、池脇千鶴、安藤政信、犬童一利監督 登壇!『きらきら眼鏡』上海国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 犬童一利監督がメガホンをとった『きらきら眼鏡』が9月7日(金)より舞台となった千葉県船橋市のTOHOシネマズ ららぽーと船橋にて先行公開、9月15日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショーとなります。

新人の金井浩人さんと池脇千鶴さんがダブル主演で演じた本作は、恋人の死を乗り越えられず苦しむ主人公、余命死生観と恋愛観を織り込みながら主人公の成長を描く人間ドラマです。

6月16日(土)より開催中の第21回上海国際映画祭のパノラマ部門に出品され、オープニングのレッドカーペットイベントではW主演の金井浩人さん、池脇千鶴さんと共演の安藤政信さん、犬童一利監督が登場しました。

そしてこの度、6月17日(日)に舞台挨拶イベント付きの本作のワールドプレミア上映が開催されました!

会場で他の観客と共に作品を鑑賞していた金井さん、池脇さん、安藤さんと犬童監督は、上映が終了すると同時に800席にものぼる観客席からは大きな拍手が!拍手はしばらくの間鳴り止むこともなく、キャストや監督が舞台上に上がっても惜しみない拍手が送り続けられました。

『きらきら眼鏡』第21回上海国際映画祭パノラマ部門
舞台挨拶付きワールドプレミア上映


日 程:6月17日(日)
場 所:天山电影院剧院厅
登壇者:金井浩人、池脇千鶴、安藤政信、犬童一利監督

映画情報どっとこむ ralph
舞台挨拶が始まり、犬童監督が中国語で挨拶をすると、会場内からは暖かい拍手が!

犬童監督二年前『つむぐもの』で出品した時の映画館よりも、大きなところでたくさんの方に観て頂けて嬉しいです。

と喜びをあらわにしました。

また、本作で新人ながらも主演に抜擢された

金井さん:全部のシーンが印象に残っていて、全部の時間を立花明海という人間として生きていました。自分自身と役柄との間に境はなくなったように演じていたので、忘れられないかけがえのない時間になりました。

と初主演の喜びを噛みしめました。

お気に入りのシーンについて聞かれ

池脇さん:裕二さん(安藤政信)との最後のシーンで、柔らかく見送ってあげたい気持ちと、でも本当は揺さぶって抱きしめて生き返らせたい気持ちがぶつかりました。

と声を詰まらせると、池脇の溢れる涙と役柄への想いに、中国の観客たちに感動が広がり会場は静まり返りました。

映画情報どっとこむ ralph また安藤政信が流暢な中国語で挨拶をすると、会場内からは一際大きな歓声が上がりました!
上海での安藤さんの人気は非常に高く、多くのファンが会場に駆けつけており、特別にファンから安藤さんへの質問コーナーが設けられることに!

今まで演じた役柄は死ぬことが多かったですが、今回はどのように演じましたか?

という質問に対して

安藤さん:自分が演じる役の、死亡率の高さに驚いていますが、自分が出演するときはまたいつ自分が死ぬかと思いながら演じたりしています(笑)でも今回は頑張って生きる役なので、今まで演じてきたキャラクターとは違うので(笑)

と回答。

安藤さんが言葉を発するたびに、若い女性を中心とするファン達から黄色い声援が送られました。


きらきら眼鏡

一冊の古本がきっかけで出会った、それぞれの恋人の死に向き合う男女。
「最後の1ページまで切ない・・」と絶賛された恋愛小説、待望の映画化!
「時間って命と同じだから、もたもたしてたら時間切れになっちゃうよ」。
恋人の死を乗り越えられずにいた明海は、一冊の古本がきっかけで出会ったあかねから、そう教えられる。
いつも前向きで笑顔のあかねは、見たものぜんぶを輝かせる“きらきら眼鏡”をかけているという。
だが、彼女もまた余命宣告された恋人の裕二と向き合うつらい現実を抱えていた。
過去から立ち直れず、もがきながら生きてきた明海にとって、毎日を輝かせようとするあかねに、次第に惹かれていく―。
「最後の1ページまで切ない・・・」と絶賛された森沢明夫原作の恋愛小説「きらきら眼鏡」を『つむぐもの』で高い評価を得た犬童一利監督が映画化。期待の大型新人金井浩人と、多数の名作に名を刻んできた池脇千鶴がW主演を務める。

さらに、安藤政信、古畑星夏、杉野遥亮、片山萌美ら旬な共演陣が脇を固めている。


***********************************


金井浩人 池脇千鶴/古畑星夏 杉野遥亮 片山萌美 志田彩良/安藤政信
鈴木卓爾 大津尋葵 成嶋瞳子 菅野莉央 大西礼芳 長内映里香 山本浩司 モロ師岡

原作:森沢明夫「きらきら眼鏡」(双葉文庫) 
エンディング曲:「Reminiscence〜回想〜」柏木広樹feat.葉加瀬太郎&西村由紀江 

監督:犬童一利 脚本:守口 悠介  
プロデューサー:相羽浩行
アシスタントプロデューサー:杉浦美奈子 キャスティング:前信介 
撮影:根岸憲一 照明:左納康弘
録音:根本飛鳥 美術:吉川都和 助監督:加藤毅
制作担当:尾形龍一 スタイリスト:阪上秀平
ヘアメイク:徳田芳昌 スチール:北島元朗
編集:佐々木弥生 音楽:神村 紗希 音響効果:勝亦さくら
協力:船橋市/船橋ロケーションガイド「ふなばし撮ぉりゃんせ」/勝浦市/勝浦ロケーションサービス/
千葉県/千葉県フィルムコミッション
制作:Chaos Entertainment/「きらきら眼鏡」制作実行委員会
配給:S・D・P
宣伝:アゲハテイル/エレクトロ89
製作: 「きらきら眼鏡」製作委員会/NPO法人船橋宿場町再生協議会
©森沢明夫/双葉社 ©2018「きらきら眼鏡」製作委員会 


池脇千鶴、金井浩人&安藤政信 登場!『きらきら眼鏡』in 第21回上海国際映画祭レッドカーペット


映画情報どっとこむ ralph 森沢明夫先生の小説「きらきら眼鏡」を原作に、『つむぐもの』の犬童一利監督がメガホンをとった『きらきら眼鏡』が9月7日(金)より舞台となった千葉県船橋市のTOHOシネマズ ららぽーと船橋にて先行公開、9月15日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショーとなります。

新人の金井浩人さんと池脇千鶴さんのダブル主演。

恋人の死を乗り越えられず苦しむ主人公、余命宣告を受けた恋人を持つヒロイン、そしてヒロインの恋人との触れ合いや心情を中心に、死生観と恋愛観を織り込みながら主人公の成長を描く人間ドラマです。

映画情報どっとこむ ralph そして!!

この度、本作が第21回上海国際映画祭のパノラマ部門に出品され、W主演の金井浩人さんと池脇千鶴さん、さらに安藤政信さんと犬童一利監督が6月16日(土)に実施されたレッドカーペットイベントに登場!レッドカーペットの会場内には世界各国から100名近くのマスコミが取材に訪れ、中国全土にその模様が中継されていました。

ヒロイン・あかねを演じた池脇千鶴挨拶をさんは、大人っぽい黒のシックなドレスを身に纏って登場。主人公・明海を演じた期待の大型新人・金井浩人さんと、あかねの余命宣告を受けた恋人・裕二を演じた安藤政信さんという、ふたりの男たちにエスコートされながらレッドカーペットを歩きました。

本作が本格映画デビュー作となる金井さんは少し緊張した様子を見せながらも、しっかりと池脇さんをエスコート。一方の池脇さんと安藤さんは、駆けつけた上海の映画ファンからの歓迎の拍手と歓声の嵐。
レッドカーペットを歩き終え

金井浩人コメント:

「素晴らしかったです。一瞬の出来事でしたが、最高の経験となりました」

池脇千鶴コメント:

「金井くん、安藤さんと歩けて幸せでした」

安藤政信コメント:

「千鶴と金井と3人で歩けてうれしかったです。『花の生涯〜梅蘭芳〜』以来、8年ぶりで懐かしかったです」

犬童一利監督コメント:

「『きらきら眼鏡』の主要の3人と一緒に初のレッドカーペットを歩けたのは、とても感慨深いです。日本の映画祭とは違う独特の雰囲気があるので、楽しかったです。明日の上映が楽しみです」

と、感激した様子でした。

映画情報どっとこむ ralph きらきら眼鏡

9月7日(金)より千葉県船橋市のTOHOシネマズ ららぽーと船橋にて先行公開
9月15日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー

一冊の古本がきっかけで出会った、

それぞれの恋人の死に向き合う男女―。

「最後の1ページまで切ない・・」と絶賛された恋愛小説、待望の映画化!

「時間って命と同じだから、もたもたしてたら時間切れになっちゃうよ」。恋人の死を乗り越えられずにいた明海は、一冊の古本がきっかけで出会ったあかねから、そう教えられる。いつも前向きで笑顔のあかねは、見たものぜんぶを輝かせる“きらきら眼鏡”をかけているという。だが、彼女もまた余命宣告された恋人の裕二と向き合うつらい現実を抱えていた。過去から立ち直れず、もがきながら生きてきた明海にとって、毎日を輝かせようとするあかねに、次第に惹かれていく―。

「最後の1ページまで切ない・・・」と絶賛された森沢明夫原作の恋愛小説「きらきら眼鏡」を『つむぐもの』で高い評価を得た犬童一利監督が映画化。期待の大型新人金井浩人と、多数の名作に名を刻んできた池脇千鶴がW主演を務める。さらに、安藤政信、古畑星夏、杉野遥亮、片山萌美ら旬な共演陣が脇を固める。

***********************************

金井浩人 池脇千鶴/古畑星夏 杉野遥亮 片山萌美 志田彩良/安藤政信

鈴木卓爾 大津尋葵 成嶋瞳子 菅野莉央 大西礼芳 長内映里香 山本浩司 モロ師岡

原作:森沢明夫「きらきら眼鏡」(双葉文庫)

エンディング曲:「Reminiscence〜回想〜」柏木広樹feat.葉加瀬太郎&西村由紀江

監督:犬童一利 脚本:守口 悠介
プロデューサー:相羽浩行 アシスタントプロデューサー:杉浦美奈子 キャスティング:前信介
撮影:根岸憲一 照明:左納康弘 録音:根本飛鳥 美術:吉川都和 助監督:加藤毅
制作担当:尾形龍一 スタイリスト:阪上秀平 ヘアメイク:徳田芳昌 スチール:北島元朗
編集:佐々木弥生 音楽:神村 紗希 音響効果:勝亦さくら
協力:船橋市/船橋ロケーションガイド「ふなばし撮ぉりゃんせ」/勝浦市/勝浦ロケーションサービス/千葉県/
千葉県フィルムコミッション
制作:Chaos Entertainment/「きらきら眼鏡」制作実行委員会
配給:S・D・P
宣伝:アゲハテイル/エレクトロ89

製作:「きらきら眼鏡」製作委員会/NPO法人船橋宿場町再生協議会
©森沢明夫/双葉社 ©2018「きらきら眼鏡」製作委員会


大切な人がいなくなる その時、どう生きる?金井浩人x池脇千鶴『きらきら眼鏡』本予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 『夏美のホタル』『ふしぎな岬の物語』など映画化が続く森沢明夫先生の小説「きらきら眼鏡」を原作に、『つむぐもの』の犬童一利監督がメガホンをとった『きらきら眼鏡』が9月7日(金)より舞台となった千葉県船橋市のTOHOシネマズ ららぽーと船橋にて先行公開、9月15日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショーとなります。

新人の金井浩人さんと池脇千鶴さんがダブル主演で演じた本作は、恋人の死を乗り越えられず苦しむ主人公、余命宣告を受けた恋人を持つヒロイン、そしてヒロインの恋人との触れ合いや心情を中心に、死生観と恋愛観を織り込みながら主人公の成長を描く人間ドラマです。

この度、本作の本予告が解禁となりました。恋人の死から立ち直れない主人公・明海役の金井さんの物憂げな表情や、笑顔を絶やさないヒロイン・あかね役の池脇さんの笑顔の裏の寂しさ、そして余命宣告を受けたあかねの恋人役の安藤政信の涙が非常に印象的な予告編となりました。



映画情報どっとこむ ralph また先日、6月16日より開催される第21回上海国際映画祭での上映も発表され、国内外での注目度もどんどん上がってきております。

きらきら眼鏡

9月7日(金)よりTOHOシネマズ ららぽーと船橋にて先行公開
9月15日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次公開


一冊の古本がきっかけで出会った、それぞれの恋人の死に向き合う男女―。
「最後の1ページまで切ない・・」と絶賛された恋愛小説、待望の映画化!
「時間って命と同じだから、もたもたしてたら時間切れになっちゃうよ」。
恋人の死を乗り越えられずにいた明海は、一冊の古本がきっかけで出会ったあかねから、そう教えられる。
いつも前向きで笑顔のあかねは、見たものぜんぶを輝かせる“きらきら眼鏡”をかけているという。
だが、彼女もまた余命宣告された恋人の裕二と向き合うつらい現実を抱えていた。
過去から立ち直れず、もがきながら生きてきた明海にとって、毎日を輝かせようとするあかねに、次第に惹かれていく。
「最後の1ページまで切ない・・・」と絶賛された森沢明夫原作の恋愛小説「きらきら眼鏡」を『つむぐもの』で高い評価を得た犬童一利監督が映画化。

***********************************


金井浩人 池脇千鶴/古畑星夏 杉野遥亮 片山萌美 志田彩良/安藤政信
鈴木卓爾 大津尋葵 成嶋瞳子 菅野莉央 大西礼芳 長内映里香 山本浩司 モロ師岡

原作:森沢明夫「きらきら眼鏡」(双葉文庫)
エンディング曲:「Reminiscence〜回想〜」柏木広樹feat.葉加瀬太郎&西村由紀江

監督:犬童一利 脚本:守口 悠介
プロデューサー:相羽浩行 アシスタントプロデューサー:杉浦美奈子 キャスティング:前信介
撮影:根岸憲一 照明:左納康弘 録音:根本飛鳥 美術:吉川都和 助監督:加藤毅
制作担当:尾形龍一 スタイリスト:阪上秀平 ヘアメイク:徳田芳昌 スチール:北島元朗
編集:佐々木弥生 音楽:神村 紗希 音響効果:勝亦さくら
協力:船橋市/船橋ロケーションガイド「ふなばし撮ぉりゃんせ」/勝浦市/勝浦ロケーションサービス/
千葉県/千葉県フィルムコミッション
制作:Chaos Entertainment/「きらきら眼鏡」制作実行委員会
配給:S・D・P 宣伝:アゲハテイル/エレクトロ89

製作: 「きらきら眼鏡」製作委員会/NPO法人船橋宿場町再生協議会
©森沢明夫/双葉社 ©2018「きらきら眼鏡」製作委員会


是枝裕和監督 総合監修 『十年 Ten Years Japan』 特報&ティザービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 日本・タイ・台湾・香港の国際共同プロジェクト映画『十年 Ten Years Japan』(今秋、テアトル新宿ほかにて全国順次公開)の6/9(土)からの前売り発売開始に先立ち、特報映像とティザービジュアルを解禁いたします。


本作は、香港で社会現象となったオムニバス映画『十年』を元に、日本、タイ、台湾それぞれで、自国の現在・未来への多様な問題意識を出発点に、各国約5名の新鋭映像作家が独自の目線で10年後の社会、人間を描く国際共同プロジェクト「十年 Ten Years International Project 」 の日本版。

最新作『万引き家族』が日本人監督として史上4人目、21年ぶりのパルム・ドールを受賞する偉業を果たした是枝裕和監督が、初めてオムニバス映画の総合監修を務めます。

タイ版は、アピチャッポン・ウィーラセタクン(『ブンミおじさんの森』)が監督として参加し、「 第71回(2018)カンヌ国際映画祭特別招待作品」として選出。また、台湾版は「台北国際映画祭(6/28-7/14開催)コンペティション部門」に選出されています。

そんな世界中から注目されている本プロジェクトの満を持して完成した日本版の特報映像・ティザービジュアルの解禁。
映画情報どっとこむ ralph 昨年の釜山国際映画祭で行われた製作発表から始まる特報映像。

「フランス World Wide Festival」など国内外の大型フェスに出演しアジア、ヨーロッパでも活躍、ドラマ「僕たちがやりました」(CX/17)の劇伴を担当するなど、世界を舞台にマルチに活躍するKan Sano(origami PRODUCTIONS)が紡ぎ出す繊細なピアノの旋律にのって、是枝裕和監督によって脚本のオリジナリティ・クオリティ・将来性から選ばれた5人の新鋭監督たちが描く「5つの未来」が、美しく、そして力強く描き出されています。

各作品の主演、杉咲花、國村隼、太賀、川口覚、池脇千鶴の「未来を見据える表情」も印象的な特報映像となっております。

映画情報どっとこむ ralph
十年 Ten Years Japan

公式HP:
http://tenyearsjapan.com/


物語・・・・

『PLAN75』
【キャスト】川口覚、山田キヌヲ、牧口元美ほか
【監督】早川千絵
75歳以上の高齢者に安楽死を奨励する国の制度『PLAN75』。
公務員の伊丹(川口覚)は、貧しい老人達を相手に”死のプラン”の勧誘にあたっていた。

『いたずら同盟』
【キャスト】國村隼ほか
【監督】木下雄介
AIにより理想的な道徳を刷り込まれているIT特区の小学校。
用務員の重田(國村隼)が世話する老馬に殺処分の判断が下された時、クラスのはみ出し者の亮太(大川星哉)は…。

『DATA』
【キャスト】杉咲花、田中哲司ほか
【監督】津野愛
母の生前のデータが入った「デジタル遺産」を手に入れた舞花(杉咲花)。
データをもとに母の実像を結ぶことに喜びを感じていたが、知られざる一面を見つけてしまい…。

『その空気は見えない』
【キャスト】池脇千鶴ほか
【監督】藤村明世
原発による大気汚染から逃れるために地下の世界に住む少女・ミズキ(三田りりや)。
友達のカエデ(田畑志真)から地上の話を聞き、母(池脇千鶴)の意向に反発して地上の世界に憧れを抱くようになり…。

『美しい国』
【キャスト】太賀、木野花ほか
【監督】 石川慶
自衛隊徴兵制が導入された日本。
告知キャンペーンを担当する広告代理店の渡邊(太賀)は、
ベテランデザイナー・天達(木野花)のもとに、ある報告をしに訪れるが…。


***********************************

杉咲花、田中哲司/太賀、木野花/川口覚、山田キヌヲ、牧口元美/池脇千鶴/國村隼
エグゼクティブプロデューサー:是枝裕和
監督・脚本:早川千絵、木下雄介、津野愛、藤村明世、石川慶

エンディングテーマ 「I’m Still In Love」作曲・演奏 Kan Sano(origami PRODUCTIONS)
プロデューサー:髙松美由紀、福間美由紀、水野詠子、ジェイソン・グレイ
製作:分福、吉本興業、十年電影工作室、朝日新聞社、フリーストーンプロダクションズ
配給・宣伝:フリーストーン 〈 2018/日本/カラー/ビスタ&シネスコサイズ/99分〉
©2018 “Ten Years Japan” Film Partners


金井浩人&池脇千鶴 W主演『きらきら眼鏡』上海国際映画祭 パノラマ部門へ出品決定


映画情報どっとこむ ralph 映画「きらきら眼鏡」が、2018年6月16日(土)~6月25日(月)まで中国で開催される「第21回 上海国際映画祭 パノラマ部門」への出品が決定しました!

主演の新人俳優・金井浩人さん、池脇千鶴さん、安藤政信さん、そして監督の犬童一利さんが映画祭開幕式に参加し、レッドカーペットを歩く予定だそうです。

上海国際映画祭は、世界12大映画祭のひとつで、アジア圏最大の映画祭です。
また、中国で唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭として、映画文化の普及と映画産業の発展を目的に、
毎年10日間の会期中に国内外500作品が上映されています。

この度、本作の出品に犬童一利監督から喜びのコメントも届きました。

犬童監督:「100年先の海外にも残る作品」を目指していたので、今回、海外映画祭に出品が決まって嬉しいです。上海国際映画祭は、前作の『つむぐもの』でも呼んで頂いたご縁があります。今回は開幕式に参加させて頂き、人生初のレッドカーペットを歩けるとのことで身が引き締まります。この作品をともに作り上げてくれた皆さんの想いを胸に参加してきます。中国の皆さんにも “きらきら眼鏡” が伝わると嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph きらきら眼鏡

9月7日(金)よりTOHOシネマズ ららぽーと船橋にて先行公開

9月15日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー


一冊の古本がきっかけで出会った、それぞれの恋人の死に向き合う男女。

「最後の1ページまで切ない・・」と絶賛された恋愛小説、待望の映画化!

「時間って命と同じだから、もたもたしてたら時間切れになっちゃうよ」。

恋人の死を乗り越えられずにいた明海は、一冊の古本がきっかけで出会ったあかねから、そう教えられる。
いつも前向きで笑顔のあかねは、見たものぜんぶを輝かせる“きらきら眼鏡”をかけているという。
だが、彼女もまた余命宣告された恋人の裕二と向き合うつらい現実を抱えていた。

過去から立ち直れず、もがきながら生きてきた明海にとって、毎日を輝かせようとするあかねに、次第に惹かれていく―。

「最後の1ページまで切ない・・・」と絶賛された森沢明夫原作の恋愛小説「きらきら眼鏡」を『つむぐもの』で高い評価を得た犬童一利監督が映画化。
期待の大型新人金井浩人と、多数の名作に名を刻んできた池脇千鶴がW主演を務める。
さらに、安藤政信、古畑星夏、杉野遥亮、片山萌美ら旬な共演陣が脇を固める。

***********************************


金井浩人 池脇千鶴/古畑星夏 杉野遥亮 片山萌美 志田彩良/安藤政信
鈴木卓爾 大津尋葵 成嶋瞳子 菅野莉央 大西礼芳 長内映里香 山本浩司 モロ師岡


原作:森沢明夫「きらきら眼鏡」(双葉文庫) 
エンディング曲:「Reminiscence〜回想〜」柏木広樹feat.葉加瀬太郎&西村由紀江 

監督:犬童一利
脚本:守口 悠介  

プロデューサー:相羽浩行 アシスタントプロデューサー:杉浦美奈子 キャスティング:前信介 
撮影:根岸憲一 照明:左納康弘 録音:根本飛鳥 美術:吉川都和 助監督:加藤毅
制作担当:尾形龍一 スタイリスト:阪上秀平 ヘアメイク:徳田芳昌 スチール:北島元朗
編集:佐々木弥生 音楽:神村 紗希 音響効果:勝亦さくら
協力:船橋市/船橋ロケーションガイド「ふなばし撮ぉりゃんせ」/勝浦市/勝浦ロケーションサービス/千葉県/千葉県フィルムコミッション

制作:Chaos Entertainment/「きらきら眼鏡」制作実行委員会
配給:S・D・P 宣伝:アゲハテイル/エレクトロ89
製作: 「きらきら眼鏡」製作委員会/NPO法人船橋宿場町再生協議会
©森沢明夫/双葉社
©2018「きらきら眼鏡」製作委員会