「池脇千鶴」タグアーカイブ

新人・金井浩人&池脇千鶴『きらきら眼鏡』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 『夏美のホタル』『ふしぎな岬の物語』など映画化が続く森沢明夫先生の小説「きらきら眼鏡」を原作に新人の金井浩人と池脇千鶴がダブル主演で映画化した『きらきら眼鏡』が2018年に公開することとなりました。

本作は、恋人の死を乗り越えられず苦しむ主人公、余命宣告を受けた恋人を持つヒロイン、そしてヒロインの恋人との触れ合いや心情を中心に、死生観と恋愛観を織り込みながら主人公の成長を描く人間ドラマです。

主人公・立花明海に抜擢された金井さんは、新人ながら演技力が高く評価され主役。
本作では、恋人を事故で失った喪失感から立ち直れずにいる青年・明海役を演じ映画デビューとなります。

そして、ダブル主演となるあかね役には、『ジョゼと虎と魚たち』、『そこのみにて光輝く』など確かな演技力が光る実力派女優池脇さんが挑みます。本作では、1冊の本を介し明海と知り合い、余命宣告された恋人を抱える女性を演じます。

映画情報どっとこむ ralph 金井浩人さんからのコメント:
未だに色んな思いが溢れんばかりにあって、言葉に詰まってしまいます。この作品に携わり本当に沢山の出会いがありました。
その多くの出会いや、またこの物語に感化されたことで、自分自身のこれまでを回顧し、今現在を肌身で感じ、これからを見つめ続けた日々でした。いつかのあの時、あることを思い、あるところへ行着き、人に出会って、あれをしてこれをして。そんな繰り返しがあって今自分はここにいて、この人達に出会って、一緒にものを創っていて。全てが繋がっていて今なのだと。なにか、この映画が物語っていることとその時の日々が、力強く通じているような気がしてなりませんでした。そんなことを心の片隅で小さく想い続け、全うした気がします。この映画を背負い、これからを生きていけることが幸せでなりません。多くの人に届くことを祈っています。

池脇千鶴さんからのコメント:
今思い返すと、撮影していた毎日がきらきらしていたのかもしれません。普段はそんなにきらきらなんてしませんが(笑)、心から信頼できるキャスト、スタッフ、そしてあかねという役のおかげでほがらかに毎日を過ごすことができました。繊細で傷つきやすく、それでも精一杯人生を生きようともがく優しい人間たちを、観てくださる皆さんにしっかりと見届けていただければと思います。

犬童一利監督からのコメント:
本当に沢山の人に支えられ、無事にクランクアップを迎えることができました。現在編集中ですが、原作の魂を引き継ぎつつ、映画ならではの「きらきら眼鏡」を皆さんに届けられると思います。素敵なスタッフ、俳優部、そして地域の方々と丁寧に作っています。今の日本にこそ必要な映画になると信じています。ご期待ください。

前田紘孝エグゼクティブ・プロデューサーからのコメント:
本作品、クランクイン前から、市民の皆さまに、制作プロダクションが今までにないくらい、踏み込んでいきます、ホンモノの共作にしましょう。と宣言してクランクインしました。その分、たくさん摩擦もありました。しかしながら、その摩擦で生まれた「温度」は、この作品にしっかり刻まれたと思います。大きな喜びと手応えでいっぱいです。多くの皆さまに届けたいです。支えてくださった皆さまに、心から感謝いたします。

映画情報どっとこむ ralph
さらに、あかねの恋人で余命宣告を受けた裕二には『キッズ・リータン』『サトラレ』など日本映画界を代表する安藤政信さん。さらに現在人気急上昇中の若手俳優『覆面系ノイズ』の杉野遥亮さん、ViVi専属モデルで『東京喰種トーキョーグール』などの映画でも活躍する古畑星夏さん、『富美子の足』で話題の片山萌美さん、『ひかりのたび』で長編映画初主演となり話題となった志田彩良さんら今注目の若手俳優陣が脇を彩ります。

監督は、石倉三郎主演、キム・コッピ共演の『つむぐもの』で観る者の魂を揺さぶると高い評価を得た1986年生まれの犬童一利がメガフォンを取ります。脚本は「相棒」シリーズなどの守口悠介。犬童監督とは『つむぐもの』以来の二度目のタッグとなります。『そこのみにて光輝く』、『つむぐもの』の前田紘孝がエグゼクティブ・プロデューサーを務めています。

た、エンディング曲「Reminiscence ~回想~」は、チェロ柏木広樹が書き下ろし、ヴァイオリン葉加瀬太郎、ピアノ西村由紀江という日本の音楽界を代表する豪華トリオでの演奏が決定しています。

2018年、全国公開

https://kirakiramegane.com/movie .jp

***********************************


金井浩人 池脇千鶴 古畑星夏 杉野遥亮 片山萌美 志田彩良 安藤政信
原作:森沢明夫「きらきら眼鏡」(双葉社刊)
エンディング曲:「Reminiscence〜回想〜」柏木広樹feat.葉加瀬太郎&西村由紀江
監督:犬童一利
脚本:守口 悠介
エグゼクティブプロデューサー:前田 紘孝
プロデューサー:相羽浩行
アシスタントプロデューサー:杉浦美奈子
キャスティング:前信介
撮影:根岸憲一
照明:左納康弘
録音:根本飛鳥
美術:吉川都和
助監督:加藤毅
制作担当:尾形龍一
衣装:阪上秀平
ヘアメイク:徳田芳昌
スチール:北島元朗
編集:佐々木弥生
音楽:神村 紗希
効果:勝亦さくら
協力:船橋市 船橋ロケーションガイド ふなばし撮ぉりゃんせ/千葉県 千葉県フィルムコミッション/
勝浦市 勝浦ロケーションサービス 制作:きらきら眼鏡制作実行委員会/ソウルエイジ
制作プロダクション:ソウルエイジ
配給:S・D・P
宣伝:ブリッジヘッド/エレクトロ89
製作: NPO法人船橋宿場町再生協議会/「きらきら眼鏡」製作委員会/ソウルエイジ
©森沢明夫/双葉社©2017「きらきら眼鏡」製作委員会
   


愛した人は、殺人犯なのか?『怒り』今週末9月17日公開


映画情報どっとこむ ralph 世界を席巻した『悪人』タッグが再び!
原作:吉田修一×監督・脚本:李相日のタッグに音楽:坂本龍一が加わり挑む意欲作は

怒り

411238ikari_image_B1愛した人は、殺人犯なのか?

家族や友人、ときに愛する人でさえ、簡単に疑ってしまう不信の時代に、本作は“信じる”とは?という根源的な問いかけを一つの殺人事件をきっかけに投げかける感動のヒューマンミステリー。

日本を代表する7人の豪華俳優陣が集結!

主演は渡辺謙。森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮﨑あおい、妻夫木聡といった人気・実力ともにトップクラスの俳優陣が魅せる迫真の演技は、重厚な人間ドラマを紡いでいます。

映画情報どっとこむ ralph 気になる物語は・・・・八王子から千葉と東京と沖縄

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。
窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。

犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。
事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。

千葉―――――――
3か月前に突然家出をした愛子(宮﨑あおい)が東京で見つかった。
彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。
愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺謙)は、千葉の漁港で働く。
%e6%80%92%e3%82%8a_s01 8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。
愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。
%e6%80%92%e3%82%8a_s03
東京―――――――
大手通信会社に勤める優馬(妻夫木聡)は、日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。
彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。
ある日、優馬は新宿で直人(綾野剛)に出会った。
%e6%80%92%e3%82%8a_s02
沖縄――――――
また男と問題を起こした母と、
夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)。
ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。
%e6%80%92%e3%82%8a_s04
映画情報どっとこむ ralph 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。
その顔は、出会った男に似ていた。

愛した人は、殺人犯だったのか?

それでも、あなたを信じたい。

そう願う私に信じたくない結末の行方は・・・。

怒り

いよいよ9月17日全国東宝系にてロードショー。

公式サイト:
www.ikari-movie.com

***********************************

キャスト:
渡辺謙 森山未來 松山ケンイチ 綾野剛 広瀬すず 佐久本宝 ピエール瀧 三浦貴大 高畑充希 原日出子 池脇千鶴
宮﨑あおい 妻夫木聡

原作:吉田修一(「怒り」中央公論新社刊)

監督・脚本 李 相日

(C)2016映画「怒り」製作委員会
   

よいよt


池脇千鶴アジア・フィルム・アワード最優秀助演女優賞


昨夜(3月25日夜)マカオのザ・ヴェネチアン・マカオ内 「ヴェネチアン・シアター」にて、「第9回アジア・フィルム・アワード(以下AFA)」セレモニーが開催され日本からは池脇千鶴さんが『そこのみにて光輝く』の演技で最優秀助演女優賞を受賞。

また、女優の中谷美紀さんが優れた才能を持つ映画人にスポットを当て、その映画人のアジア映画界・アジア文化における業績と貢献を称える「Excellence in Asian Cinema Award」を受賞しました。

TAF池脇千鶴
最優秀助演女優賞を受賞した池脇千鶴さん(『そこのみにて光輝く』)は香港の名優アンソニー・ウォンさんよりトロフィーを渡され喜びの言葉を語りました。

Chizuru_IKEWAKI_3
池脇千鶴さんコメント
「みなさんこんばんは、池脇千鶴です。まさかこんな賞を頂けるなんて思わなくて、本当にビックリしています。『そこのみにて光輝く』という作品は、日本でとっても少ない予算で、とっても少ない人数で大事に作った作品なんですね。そのすごく小さな小さな作品をこんな大きな舞台にまで来させてくれて共演者の皆さん、スタッフの皆さん、関係者の皆さん、『そこのみにて~』を愛してくれた皆さんに本当に心から感謝申し上げます。この賞を宝物にします、本当にありがとうございました。」

シックな黒のドレス姿でステージに登壇した中谷さんは、AFAを運営する香港国際映画祭、釜山国際映画祭、東京国際映画祭の代表3名よりトロフィーを渡され、各国語にて挨拶をした後、英語にて
スピーチ。会場にいるアジア各国の映画人より大きな拍手が沸き起こりました。

Miki_NAKATANI_and_TIFFDG_Yasushi_SHIINA
中谷美紀さんコメント
「第一回のアジアンフィルムアワードにて、最優秀主演女優賞をいただいて以来、しばしの時を経て、このような身に余る賞を頂戴しますことをなんとお礼を申し上げたらよろしいのでしょうか。娯楽の多様化により、映画を取り巻く環境は年々厳しくなって来てはおりますが、それでもまだ、映画を通じて伝えられることはあるのだと信じて、今後もお客様の心に届く作品を作り続けたいと思います。最後に、政治的に緊張関係にある国家間でも、映画という共通言語をもってお互いに理解を示すことができるようになることを心よりお祈りしつつ、感謝の言葉にかえさせていただきます。」

また、主演女優賞にノミネートされた宮沢りえさんが助演男優賞のプレゼンターを務めるなど日本からも多数の映画人が出席しました。
Rie_MIYAZAWA
最優秀作品賞はロウ・イエ監督の、 “Blind Massage/推”(中国:日本未公開)が受賞、セレモニーにはアジア各国・地域から多くのスターが集まり、盛況のうちに終了しました。


第9回 アジア・フィルム・アワード 受賞結果一覧 (敬称略)

最優秀作品賞 “Blind Massage/推拿”(中国:日本未公開)

最優秀監督賞 アン・ホイ 『黄金時代』(香港/中国:第27回東京国際映画祭にて上映)

最優秀男優賞 リャオ・ファン 『薄氷の殺人』(中国)

最優秀女優賞 ペ・ドゥナ 『私の少女』(韓国)

最優秀新人賞 チャン・ホエウェン 『妻への家路』(中国)

最優秀助演男優賞 ワン・チーウェン 『黄金時代』(香港/中国:第27回東京国際映画祭にて上映)

最優秀助演女優賞 池脇千鶴 『そこのみにて光輝く』(日本)

最優秀脚本賞 ディアオ・イーナン 『薄氷の殺人』(中国)

最優秀撮影賞 ツェン・ジアン “Blind Massage/推拿”(中国:日本未公開)

最優秀美術賞 リュウ・チン “Gone With The Bullets /一.之遙”(中国:日本未公開)

最優秀音楽賞 Mikey MCCLEARY “Margarita, With A Straw”(インド:2015年公開予定)

最優秀編集賞 ギャレス・エヴァンス 『ザ・レイド GOKUDO』 (インドネシア)

最優秀視覚効果賞 Rick SANDER, Christoph ZOLLINGER “Gone With The Bullets /一.之遙”(中国:日本未公開)

最優秀衣装賞 ウィリアム・チョン “Gone With The Bullets /一.之遙”(中国:日本未公開)

Excellence in Asian Cinema Award 中谷美紀 (日本)

Lifetime Achievement Award イム・グォンテク (韓国)

********************************************************************



『凶悪』興収1億円突破!新作が公開も!


現在、全国79館で絶賛公開中の『凶悪』が、10/1に公開から11日間で興行収入1億円を突破いたしました。大作邦画の公開が相次ぐ中、堅調な興行を維持。

公開から11日間で、興行収入1億円突破!
9月21日(土)から10月1日(火)までの11日間で

【興行収入合計】107, 012,700円

映画『凶悪』ポスターメイン館の新宿ピカデリーでは、20代から30代のカップルの比率が高く、今後も順調な推移が期待されます。

【 白石和彌監督コメント 】
これほど多くの方が見てくださったことに、驚きと嬉しい気持ちとで一杯です。映画を作る過程で、本当に見てくれる方がいるのかと不安になることもありましたが、お客さんを信じて良かった。今まで感じたことのない感情を発見してもらえたら嬉しいです。

釜山国際映画祭へ正式出品、決定!
10/3から開催される第18回釜山国際映画祭ミッドナイト・パッション部門に出品されます。公式上映は、現地時間10/6(日)13:00ー@LOTTE CINEMA9 白石監督も登壇予定です。

さらに、本作の白石和彌監督が、撮り下ろしたショートムービーが、本日10/4に日本テレビ「未来シアター」(23:30から)にて、オンエアされます。

監督が、完成させたのは、日本テレビ「未来シアター」(毎週金曜日23:30から放送)の企画として撮影されたショートムービー。本番組は”一曲一人生”をコンセプトに、様々な分野で活躍する「革新者」たちを追ったドキュメントを紹介する内容で、10月4日放送回で、映画監督・白石和彌が紹介されます。

さらに、今回、白石監督は番組からの依頼で、未来を支える若者たちへのメッセージを伝えるオリジナルムービーの製作を依頼され、提案された楽曲とコンセプトを元に、オリジナルのショートムービーを撮りおろしました。番組としても番組がはじまって以来の初の試みです。

そして、このショートムービーには、映画『凶悪』の製作スタッフも協力。さらに同作で酒をのまされて殺される第三の容疑者・牛場を演じ、陰の立役者として、共演したピエール瀧やリリー・フランキーに絶賛された <ジジ・ぶぅ>も出演しています。過去のおもしろすぎる経歴からも注目を浴びる<ジジ・ぶぅ>は、ホームレスを経て、猫ひろしの付き人や白川和子とのお笑いコンビでM-1出演(予選1回戦敗退)するなど、現在、WAHAHA本舗に所属する56才の芸人。この<ジジ・ぶぅ>が『凶悪』とは全く別の顔(オカマバーのママ!?)を見せていることにもご注目ください。
日本テレビ「未来シアター」は、10/4(金)23:30から放送
映画『凶悪』は、大ヒット公開中!!です。

観る映画に困ったら是非是非 映画館へ!

注)映像もかなりエグイですし、人間性もかき乱される作品です。心の弱い方はお気を付けて。

公式HP:http://www.kyouaku.com/
********************************************************************


■出演:山田孝之 ピエール瀧 池脇千鶴 リリー・フランキー
■原作:新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
■監督:白石和彌 脚本:高橋泉、白石和彌
■企画協力:新潮社
■配給・宣伝:日活 
(C)2013「凶悪」製作委員会


映画『凶悪』初日舞台挨拶 イベントのレポート


映画『凶悪』初日舞台挨拶
映画『凶悪』初日舞台挨拶 イベントのご報告
山田孝之×ピエール瀧×リリー・フランキー話題沸騰の異色キャストが実話を元にした衝撃の映画で、お・も・て・な・し!!
日本震撼!!全く新しい映画エンターテイメントの幕が開けました!

映画『凶悪』初日舞台挨拶
【日程】9月21日(土) 【場所】新宿ピカデリー
【登壇者】山田孝之(29)、ピエール瀧(46)、リリー・フランキー(49)、池脇千鶴(31)、白石和彌監督(38)

映画『凶悪』が9月21日に初日を迎え、主演の山田孝之をはじめ、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴、白石和彌監督による舞台挨拶が新宿ピカデリーにて行われました。本作は、死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴き、真犯人逮捕への道筋をつけた異例の事件を活写し、日本を驚愕させたベストセラー・ノンフィクション新潮45編集部編『凶悪ーある死刑囚の告発ー』の映画化。中でも、凶悪な二人に対峙するジャーナリスト・藤井を演じた山田孝之の圧倒的な存在感、事件を告白する死刑囚・須藤を演じたピエール瀧と首謀者である”先生”を演じたリリー・フランキーのヒールぶりに話題が沸騰しています!

めっちゃ、すごい映画です。

映画『凶悪』ポスター実際にあった事件を題材にした本作が映画化になり初日を迎えられたことに対して、
監督は「半端な気持ちではできない、自分自身が凶悪にならないといけないと思い創りました。見に来ていただきありがとうございます」と感無量。人間の二面性を浮き彫りにした脚本に惚れ込んだキャストは、
「藤井の気持ちに変化があり、やりがいがありそうで、すぐにやりたいと思った」(山田)、
「モデルの死刑囚と遺族の方と間接的に関係を持つのは、それは嫌でしたよ。しかし、監督の堅い決意、リリーさんの誘いもあり悪に引き込まれました」(瀧)、「まずやりたいなと思った。けど、ひとりは嫌だなと思って、瀧を道連れにしました。僕と瀧を選んだということはシリアスな犯人像ではないので、二人でぶっこんじゃお!って思ったら普段通りの俺らでしたね」(リリー)、
「難しくてやりがいがありそうと思いこの役を引き受けました。すでにキャストが決まっていたのですごいことになりそうだなと思いました」(池脇)
と、それぞれの本作への出演経緯を語りました。

本作は重厚なドラマにも関わらず、撮影はたったの3週間。しかし、キャストは「辛かった」と口を揃えていました。

瀧は「極寒の日に一晩中撮影で、一度上着を脱いだことで着れなくなって失敗した」と半笑い。観客も半笑いだったため、すかさずリリーが「こんな映画を見て大笑いできないよね。楽しいシーンがまったくないからね」とツッコミが!瀧は本作で初濡れ場に挑戦しているが、「横に子供をおいて撮影した。監督の凶悪さを感じましたね」というエピソードを語ると、「様は見えないように気を遣いました」と笑顔で応える監督に対し、全員が「そういうもんだいじゃねーだろ!」とツッコミに、会場からはまたも笑いが起こった。今回被害者役を演じた一人のピン芸人ジジ・ぶぅはリリーたっての希望で決まったこともあり、リリー自身ジジ・ぶぅとのシーンを振り返る。

映画『凶悪』「アルコール度95℃のスピリタスを飲ませるシーンで、ずっと飲み続けているので、なかなか喉が通らない、疲弊してお腹がでてくるのがわらるんですよ。それをまた監督は隣で大笑いしてるんです。さらに4Lのスピリタスに変わる水を飲むジジ・ぶぅに対して撮影終了後、スタッフが『お水飲みますか?』って聞いていて、『飲むわけないじゃん!』って」とエピソードを語るとようやく会場がどっと笑いが起こった。池脇は「撮影2日間で何にも楽しくなかった。息が詰まりました。でも山田くんは楽しそうでしたよ」と言うと、山田は「池脇さんとの面会シーンがすごい楽しかったです。芝居っていいなって」との返しに、池脇も「いじめられてたみたいで。。。」と笑いながらコメント。

本作の雰囲気とは打って変わって和気あいあいとしたキャストのトークで会場を沸かせました。

今回、公開初日を祝して、原作者の著者であり主人公・藤井のモデルとなった宮本太一氏の<記者からの手紙>を紹介。

山田に対しては「殺気迫るものがありました。最初と最後で同じ人とは思えない」、瀧に対しては「実際の死刑囚よりはるかに凶暴で迫力があったことを保証」、リリーに対しては「得体のしれない怖さを垣間見せる絶妙の演技には感服しました。ラストは圧巻でした」、池脇に対しては「『楽しかったんでしょ?』の一言で不謹慎にも楽しんでいたという事実を再認識させられました」とキャスト陣ベタ褒め。
最後に監督に「演技力、想像力には何度も唸りました。監督のオリジナリティに満ち溢れている」と絶賛コメントを寄せ、熱いメッセージを受け、山田は「いい意味でも悪い意味でも原作があると比べられるが、純粋に映画として見てもらえてよかった」
とコメントし、感謝の言葉が綴られた手紙でした。

最後に「こういう映画が作りづらくなっているので、本作がヒットすると色々な作品を作れると思います。日本映画に元気を取り戻してほしい」と白石監督が本作のため、日本映画の未来のためにという言葉を残し、舞台挨拶は終了しました。

映画『凶悪』、モントリオール世界映画祭への正式出品が決定しました!!

9月21日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー中です。
是非是非是非、映画館へ

公式サイト:www.kyouaku.com
(C)2013「凶悪」製作委員会 

********************************************************************


映画『凶悪』
すべては、死刑囚の告発から始まったー。張り詰めた緊張感が支配する比類なき極限のドラマが幕を開ける。

死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴き、真犯人逮捕への道筋をつけた異例の事件を活写し、日本を驚愕させたベストセラー・ノンフィクション新潮45編集部編『凶悪 ーある死刑囚の告発ー』が個性溢れるキャストを迎え映画化。人間の深い心の闇へ切り込んだ究極のドラマとして完成!死刑判決を受けながら自らの余罪を告発する須藤(ピエール)が、雑誌記者の 藤井(山田)へ”先生”と呼ばれる全ての事件の首謀者・木村(リリー)の存在を伝えることから物語が始まる。人間はどこまで凶悪になれるのか?誰もが凶悪となりうるのか?人間の持つ正義とは?日本を震撼させた殺人事件の真相とともに、観るものの心を衝く極限のドラマが幕を開ける!!

出演:山田孝之 ピエール瀧 池脇千鶴 リリー・フランキー
原作:新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
監督:白石和彌 脚本:高橋泉、白石和彌 
企画協力:新潮社配給・宣伝:日活
(C)2013「凶悪」製作委員会 
公式サイト:www.kyouaku.com

9月21日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー